ネットが遅くてイライラしてない!?

母が、一年前、近くの整形外科で腰部脊柱管狭窄症と診断されました。
MRI画像など、詳しく調べるために、大きな病院に行きたいと思っています。
兵庫県に住んでいるのですが、兵庫、京都、大阪あたりで、良い病院はありませんか?
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.1です。

補足ありがとうございます。


>医師からは、この病気は治りませんと言われ、ショックを受けているようです。次は手術しかないとも言われたようです。

治らないというのは少し語弊があるかもしれません。LSCSとは骨が変形する病気です。要するに“構造上の異常”があると言えますが、この構造上の異常と症状は必ずしも一致しません。例えば腰椎椎間板ヘルニアを持っている人でも症状もなくケロッとしている人は結構います。LSCSもそうで、構造の異常は老化の要素もあるので治りませんが、症状は軽快もしくは消失に向かうことができます。それができない場合は手術しかありません。


>ご回答者さまが、年数はかかるけれど、治ると言われているのを聞きますと、他の病院に行ったほうがいいのかなとも思うのですが・・・。

薬の内容は定番のようなものがありますので、日本全国どこの病院にっても大差はないと思います。ご質問内容を拝見すると薬だけのようですが、LSCSの場合電気治療や牽引治療なども有効です。#1はこの意味で週五回と言ったのですが、リハビリや鍼治療をプラスすすることも一つの方法です。

病院では
・薬物療法
・リハビリ(週5)
・鍼治療

ご自分では
・屋外ウォーキング
・腹筋を中心にした筋トレ

以上が個人的に考えるベストな治療方法だと思います。長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々と詳しく分かりやすくご回答頂き、大変有難うございます。
次回、診察時にはリハビリ等、医師に相談してみようと思います。
鍼治療も考えてみます。
歳のせいもあり、腹筋も出来ないようですし、ウオーキングはごくたまにしているようですが、少し歩くと足がだるくなるようで、座りたくなるようです。
病院に通いながら、筋力をつけることも並行して行うことが大切のようですね。
まだまだ認識不足ですが、母が毎日を明るく暮らしていけるように、又、少しでも良くなるように考えていければと思います。

色々とご親切に有難うございました。
うまくお礼のご返事が出来なくてすみません。

参考にさせて頂きます。

お礼日時:2013/08/13 09:01

どこが良いかは分かりませんが…



内視鏡手術が行われている様で、身内の者も只今探しています。
参考まで。

http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/ver …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考にさせていただきます。

大変有難うございました。

お礼日時:2013/08/13 08:34

おいくつか分かりませんが、腰部脊柱管狭窄症(LSCS)の治療は今までされてきたのでしょうか?大体の場合まずは保存療法から行いますので、通いやすい整形外科にいかれるのが一番かと思います。

どんなに評判が良くても、数年間毎週、週5回通うことはほぼ不可能です。MRIは通常個人クリニックなら、基幹病院や検査専門病院にオーダーを出しMRIを取ってきてもらうということをしますので、その施設にMRIがあるかないかは関係ありません。

手術が必要な状態でそれを見極めるというのであればよいご質問だと思いますが、保存療法や検査に関してであれば行動範囲の中で探されたほうがいいと思います。LSCSの治療は3~5年かかることもざらにあります。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

この回答への補足

ご回答有難うございます。
年齢は70歳です。現在近くの整形外科に通い、薬を3ヶ月分ずつもらって様子を見ています。初診時から、進行はあまりないようには思いますが、痛みやしびれやだるさはあるようで、辛そうです。
医師からは、この病気は治りませんと言われ、ショックを受けているようです。次は手術しかないとも言われたようです。
ご回答者さまが、年数はかかるけれど、治ると言われているのを聞きますと、他の病院に行ったほうがいいのかなとも
思うのですが・・・。
このまま今の状態を維持していてもいいものなのか、悩んでいるようです。

補足日時:2013/08/12 09:53
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脊柱管狭窄症手術を決断すべきか?

81歳の高齢者です。十数年前から水泳クラブやウォーキングを日課として楽しんでいましたが、6年前に腰痛が酷くなり、整形外科を受診しました。X線検査(その後MRI検査)で脊柱管狭窄症と診断され、痺れて歩けなくなったら手術と言われました。処方された血流をよくする薬(オパルモン錠)の服用と疼痛時の湿布貼付を続けると同時に札幌の「川井筋系帯療法」に月1回通い、朝晩2回の骨盤ゆらゆら体操で手術回避に努めてきました。その結果、昨春には腰痛が消えて、両足の裏側が常時痺れを感じるものの水泳は月平均20,000m前後、ウォーキングは月平均200km前後はクリヤーしてきました。
ところが、今年からプールまでの歩行が億劫になり、運動後の爽快感よりも苦しみの方が強くなってきました。「これは、いよいよ手術でなければ」と思うようになり、昨日(4/14日)の定期診断日に最近の状況を話したら、整形の先生から「手術は1時間程度、入院は2,3週間、狭い部分を除去して・・・」と言われました。不安があるので、家族とも相談してみることで、5月末に再度受診することにしました。
看護師の妻と長女はいずれも勤務病院で手術を受けた患者さんの事例から反対していました。
でも、自分の事ですし、不安と希望の狭間で戸惑っています。
このプログでの経験者や専門家からの回答が頂ければ大変有難いです。

81歳の高齢者です。十数年前から水泳クラブやウォーキングを日課として楽しんでいましたが、6年前に腰痛が酷くなり、整形外科を受診しました。X線検査(その後MRI検査)で脊柱管狭窄症と診断され、痺れて歩けなくなったら手術と言われました。処方された血流をよくする薬(オパルモン錠)の服用と疼痛時の湿布貼付を続けると同時に札幌の「川井筋系帯療法」に月1回通い、朝晩2回の骨盤ゆらゆら体操で手術回避に努めてきました。その結果、昨春には腰痛が消えて、両足の裏側が常時痺れを感じるものの水泳は月平...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_184.htm
によると「脊柱管狭窄のために除圧手術を受けた患者を7~10年後に追跡調査したところ、1/4の患者が再手術を受け、1/3が重度の腰痛を訴え、半数以上が2ブロック程度の距離も歩けない」とあります。ただし1996年の論文です。その一方で76%の患者が手術の結果に満足していると回答、82%が必要あれば再度手術を受けるつもりであると答えているそうです。藁にも縋りたい気持ちがよくわかります。

http://www.nanbyo-study.jp/?page_id=2367
には手術の失敗例が書かれています。この失敗例を読んで意味がよく理解できるようになってから主治医と議論されたら如何でしょうか。技術論は医師にお任せ、では失敗します。先生と議論してみることが大事です。

備考:私の感想ではあなたの運動量(水泳+歩行量)はすこし多きすぎたような気がします。歳を考えて半減されてもよかったのではないか?

以上、勝手な意見ですが、ご参考までに。


人気Q&Aランキング