以前、カラオケBOXの一部を壊してしまい修理代などを請求されている者ですが、先週の金曜日に呼び出され請求金額を提示されました。内容につきましてはまあ、納得がいったのですが代金を5月中に支払えと言われ勿論支払いはするつもりですが日数的に時間がきつく困っているところです。

こんな場合は、相手方に提示された期日までに支払わなくてはなりませんか?それと、先方が「5月末に決算があるから」との事でした。決算って3月末じゃないのですか?

皆様、回答をお待ちしております。

A 回答 (4件)

相手から提示された金額は納得されるのでしたら、少額訴訟や供託などの問題ではありません。



企業の決算は一律に3月と決まったものではなく、企業毎に違いますから、そう言うのであれば5月なのでしょう。
ただ、このようなときに早めに決着をつけたいので、決算だから払ってということは良く使う手段でもあります。

相手が、一方的に5月末と言っているだけで、どうしても支払わなければいけないことは有りません。
こちらの事情も話して、もう一度交渉されたら宜しいと思います。
金額によっては、分割払いの交渉も可能です。

こちらは、払わないと言っているのでは無いので、先方も無茶な要求は出来ないはずです。
どうしても、先方が5月末に拘る場合は、出来ないとつっぱねて、相手の出方を見るのも作戦の一つです。
    • good
    • 0

もう日にちもないでしょうが、もしその請求額が30万円以下であれば、近くの裁判所で「少額訴訟」されては如何でしょうか?



詳細は裁判所に問い合わせては如何でしょうか?
1回で結審するようです。

ご参考まで。
    • good
    • 0

 この決算というのは、カラオケ店、または、修理業者どちらでしょうかねえ。

決算といって、月次決算か知れませんし、本決算であっても、未払い計上すればすむ話です。
 どちらにせよ、5月末について、同意したわけではないですので、店の方には、業者と直接交渉しますといってみたらどうでしょうか。店の方で一部、金額を抜いている可能性もあります。
    • good
    • 0

一括で支払いしたくないのであれば裁判所だったと思いますが供託という手があります


裁判所のほうで支払いをして二度目も裁判所で支払えばカラオケ店どいえどお上が相手なので強くは言えません

ちなみに決算に関してですが場所によりいろいろです
半年毎とかいろいろなので五月に有っても不思議では有りません

あまりに金額が高額なら弁護士さんとかに聞いて妥当な金額を供託すればいいはずですので・・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昨年6月に口論の末怪我押して慰謝料請求

私の女房と92歳の老女がマンション駐車場の事で口論となり 女房曰く老女から腕を掴まれ振りほどいた。
ところが今月10日に突然裁判所から通知があり 通院治療費・介護タクシー代・将来に亘る慰謝料として総額280万請求訴訟を弁護士連名で送られてきました。

私の反論として
1.原告は5月にトラブルがあったとしていますが 女房曰く6月の事との事。
  期日が異なるので訴え其の物が成立しない。
2.女房は看護婦の為少しの常識は持っているので老人には手を出さない。
  一般人なら興奮したという事もあるだろうが女でしかも看護婦を職業にしている者で叩いたりは   可能性は低いと思う。
3.教員のカルテを添付されているが通院も夏場の7・8月は半分くらい休んでいる。
  病院に行く主になる他の原因があってその序に腕も痛いと言っているのでは?
  口にはしずらいが 一般的に老人は意味もなく病院へ行っている気がする。
4.診察所見に腰痛が最初に書かれ次に腕が痛いと書かれている。
  腰が痛い序に腕も痛いと言っていると思う。
5.基本的には湿布を出しているだけで治療の形跡がない。
  病院も碌な治療もせず湿布を出す程度の症状と思う。
6.湿布で腕がかぶれているのに更に湿布を出している。
  湿布を出すのが治療なのか。
7.原告が高齢で万が一訴訟の途中で死亡した場合どうなるのか。
  考えてはいけない事だがないとは限らないので。

他いろいろと考えがまとまらないが 基本的には喧嘩両成敗で女房が手を出した証拠はない。
喧嘩して怪我したのなら警察を呼んで暴力事件にしないといけないと思う。
原告側が弁護士名で訴訟を起こしているので女房を守る方法があれば教えてほしい。

私の女房と92歳の老女がマンション駐車場の事で口論となり 女房曰く老女から腕を掴まれ振りほどいた。
ところが今月10日に突然裁判所から通知があり 通院治療費・介護タクシー代・将来に亘る慰謝料として総額280万請求訴訟を弁護士連名で送られてきました。

私の反論として
1.原告は5月にトラブルがあったとしていますが 女房曰く6月の事との事。
  期日が異なるので訴え其の物が成立しない。
2.女房は看護婦の為少しの常識は持っているので老人には手を出さない。
  一般人なら興奮したという事もあ...続きを読む

Aベストアンサー

今やるべきことは、
・弁護士を雇う
・事実を整理して弁護士に伝える
・今後の予定を指示してもらう
です。

あなたの想像や意見は裁判には必要ありません。
プロの意見を聞きましょう。

Q事前契約なし、事後の支払請求に支払い義務はあるか

昨年6月に震災による生活困難になり、実家に引越をしました。
ペット飼っていましたが、両親より反対され、困った私は友人に相談しました。
その友人とは9年近い付き合いになります。
相談した結果、預かってもらることになり、7月から今現在まで預かってもらってます。
預かってもらう際には金銭的な話はいっさいなく、友人として好意で預かっていただけたものと受取っていました。
私は友人から広告等のデザインの仕事も依頼されます。
預かっていただく前は、友人価格にして請求するか、友人から購入したものと相殺してました。
友人ですから、著作権等の話もなく、データも渡してました。
その他わからないことにも対応し、料金を取ることもありません。
預かってもらっている時には、お世話になっているのでと話し、料金はいただいてません。
病院代等がかかった場合は、速やかに支払いをしました。
長い間友人としての付き合いで、お互いに得意なことで助け合ってきたと思ってきたのです。

両親の病気等いろいろ事情があり、今現在まで預けたままですが、今月どうにか費用もたまったので独立しようと動いてました。
友人も家庭のことと仕事で忙しそうでしたので、連絡するのも悪いと思い控えていました。
何かあれば連絡してくるだろうし、何もなければ元気にしているんだなと。
先月、入稿締切ギリギリで広告製作依頼をしてきて、その時にペットの状態の悪さと治療費のことを知らせてきましたが、速やかに支払いをし、デザインも入稿しました。
独立することも報告し、なるべく早く引取るようにすると報告もしました。

なのに突然「早く引取れとは言っていません。他者からも1日1000円で預かっているのだから、あなたからも預かり代を請求します。あなたは生活力がないのだから、無理に独立しても、また生活できずにペットを犠牲にしてしまう。ならば、最低料金で預かって最後まで面倒みさせていただこうと思います」というような内容のメールがきました。

預かっていただいていることには感謝しています。
私がするべきことは、早く引取れるようにすることだと思ってきましたが、まさかの支払い請求に戸惑っています。支払えば独立はできません。
「友人として」という行為が、お互いに間違えていたのでしょうか。
契約が何もなされてないのに、突然支払い請求が来た場合、それは支払わなくてはいけないものでしょうか。
請け負った仕事分は請求していいので、残りの代金を支払えと言ってきました。

金額はまだ提示してきていないのでわかりませんが、9ヶ月分ですから安くはないでしょう。
友人だからシビアにはデザイン料の請求はしていませんが、入稿直前でデザイン変更を何度もかけてきたり、とにかく細かいことにこだわるので変更が多くて、それでも通常の半額近い料金請求です。
通常ならば著作権契約をして、相手が印刷や二時使用をするのなら料金をもらうべきなのですが、それもしてきませんでした。
私もお世話になってきたことは感謝してますし、心ばかりの品物を贈ったり、気持は伝えてきました。
先月の仕事で無茶な要求をしてきたので、他社さんなら。。。というような友人だからこそ注意する意味で話をしたところから態度が変わってしまいました。
ペットともう一度一緒に暮らしていきたいと頑張ってきたのに、ショックで何も手につきません。
ホテルとして預かってもらうなら、きちんと報告してくれたり、遊んでくれたりする他のホテルに預けました。
いえ、最初からわかっていたなら、預けなかったでしょう。生活が困難なのですから。
それでも、9ヶ月も面倒みてくれことに感謝して、支払わなくてはいけませんか?

昨年6月に震災による生活困難になり、実家に引越をしました。
ペット飼っていましたが、両親より反対され、困った私は友人に相談しました。
その友人とは9年近い付き合いになります。
相談した結果、預かってもらることになり、7月から今現在まで預かってもらってます。
預かってもらう際には金銭的な話はいっさいなく、友人として好意で預かっていただけたものと受取っていました。
私は友人から広告等のデザインの仕事も依頼されます。
預かっていただく前は、友人価格にして請求するか、友人から購入したものと...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

ここでは,質問者さんと友人との人間関係の話は無視して,法律的な話だけします。

本件では,友人が質問者さんために保管をすることを約してペットを受け取っているのですから,法律的には,質問者さんと友人との間には無償の寄託契約(民法657条)が成立していると考えられます。
預かり料の約束をしていなかった以上,預かり料を支払う必要はありません。
また,寄託契約においては,「寄託者は、いつでもその返還を請求することができる」ことになっており(民法662条),友人がペットの返還を拒むことはできません。

【民法】http://www.houko.com/00/01/M29/089.HTM#s3.2.11
(寄託)
第657条 寄託は、当事者の一方が相手方のために保管をすることを約してある物を受け取ることによって、その効力を生ずる。
(寄託者による返還請求)
第662条 当事者が寄託物の返還の時期を定めたときであっても、寄託者は、いつでもその返還を請求することができる。

Q内容証明で請求しても未払賃金が支払われないので、相手に支払督促や少額訴

内容証明で請求しても未払賃金が支払われないので、相手に支払督促や少額訴訟などを考えている事を電話で伝え、二、三日後に雇用保険を遡って支払いたいから、 雇用保険の加入手続きについて伝えようと電話したら、「裁判をすると言われたから、そういった人(法律関係の方だと思います。)相談して、裁判でしか話さない。」と言われました。これは、当たり前の主張なのでしょうか?
電話する前に労働基準監督署に相談し、相談した上で、訴訟を考えているのは、本当ですが、まだ考えている段階であり、訴訟を申し立てなかったら、脅しなどに取られますか?
これから先不利になりますか?
また、請求書の支払期日に「一応、支払期日だから電話した。お金がないから払えない。分割で少しずつ払う。」と電話があり、病院に行きたかったので「少しだけでも払えないですか。」と請求したら、次の日に、3万円支払われ、電話がきて、請求書に書いたように労働基準監督署に相談に行くと伝えました。その後、もう一度電話がきて、今週中にもう3万円払うと言われ、一括で払ってくださいと伝えるが流された感じで、支払うと言われました。その後の相手に支払督促や少額訴訟などを考えている事を電話で伝えた時に、今週中にもう3万支払うと言われていたので、これ以上少しずついただくと分割払いを認めることになると思ったので、分割での支払は認めていないので少しずつの支払ではなく、一括で払ってくださいとも伝えてたが、支払拒否などに取られますか?
これに対してもこれから先不利になりますか?
無知で、詳しく書いたら、文字数制限で書ききれず、簡単に書き、乱文かもしれず、回答しづらいかもしれませんが、ご回答、宜しくお願いします。

内容証明で請求しても未払賃金が支払われないので、相手に支払督促や少額訴訟などを考えている事を電話で伝え、二、三日後に雇用保険を遡って支払いたいから、 雇用保険の加入手続きについて伝えようと電話したら、「裁判をすると言われたから、そういった人(法律関係の方だと思います。)相談して、裁判でしか話さない。」と言われました。これは、当たり前の主張なのでしょうか?
電話する前に労働基準監督署に相談し、相談した上で、訴訟を考えているのは、本当ですが、まだ考えている段階であり、訴訟を申し...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。

経験上、労働基準監督署からの連絡が来ても「本人が提訴すると言ってるから、訴外での話し合いはしない」と応えれば、それ以上、労働基準監督署では対応はできません。
相談者が「提訴する」と言った時点で、労働基準監督署は相談も打ち切りです。

すでに言っちゃってるから、ねぇ。

Q賃貸の大家が保証会社に月の延滞金を請求しても支払わなれない場合・・

大家が保証会社に家賃の月の延滞分を請求しても会社が立替えをしない場合、
賃借人に督促をしないと賃借人の遅延が解消されないままになりますが、
賃借人は立替えられていると思っているままだと、知らぬ間に不利益が発生します。
そこには大家と保証会社に何かの瑕疵があるのではないでしょうか?

Aベストアンサー

>その為の保障会社の連帯保証となっていますよ。

 大家と保証会社の契約が(連帯)保証契約、賃借人と保証会社との契約は、保証「委託」契約です。保証契約と保証委託契約は別物です。保証委託契約というのは、保証会社が(連帯)保証人になることを委託する契約、言い換えれば、大家と(連帯)保証契約を締結するように保証会社に依頼する契約です。保証料というのは、保証人になることの対価であって、賃料の不払いにならないように保証会社に支払わせることに対する対価ではありません。
 御相談者が私の依頼を受けて大家の保証人になったとして考えてみてください。「大家に賃料を払うきはないから、払ってね」と私に言われて納得しますか。私があなただったら「大家に言われるのであれば、保証人になった以上、もちろん仕方がないが、おまえがそんなこと言える立場か。賃料を払う義務はお前にあるんだよ。何で俺に払わせようとするんだ。」と言いますよ。

>保証会社が立替支払すれば、一時的な債務不履行の履歴は残るでしょうが、滞納は解消するはずです。

「・・・本件保証委託契約のような賃貸借保証委託契約は,保証会社が賃借人の賃貸人に対する賃料支払債務を保証し,賃借人が賃料の支払を怠った場合に,保証会社が保証限度額内で賃貸人にこれを支払うこととするものであり,これにより,賃貸人にとっては安定確実な賃料収受を可能とし,賃借人にとっても容易に賃借が可能になるという利益をもたらすものであると考えられる。しかし,賃貸借保証委託契約に基づく保証会社の支払は代位弁済であって,賃借人による賃料の支払ではないから,賃貸借契約の債務不履行の有無を判断するに当たり,保証会社による代位弁済の事実を考慮することは相当でない。なぜなら,保証会社の保証はあくまでも保証委託契約に基づく保証の履行であって,これにより,賃借人の賃料の不払という事実に消長を来すものではなく,ひいてはこれによる賃貸借契約の解除原因事実の発生という事態を妨げるものではないことは明らかである。よって,控訴人の上記主張は理由がない。」(大阪高裁判決H25.11.22 判例時報2234号20頁)

>その為の保障会社の連帯保証となっていますよ。

 大家と保証会社の契約が(連帯)保証契約、賃借人と保証会社との契約は、保証「委託」契約です。保証契約と保証委託契約は別物です。保証委託契約というのは、保証会社が(連帯)保証人になることを委託する契約、言い換えれば、大家と(連帯)保証契約を締結するように保証会社に依頼する契約です。保証料というのは、保証人になることの対価であって、賃料の不払いにならないように保証会社に支払わせることに対する対価ではありません。
 御相談者が私の依...続きを読む

Q代金支払が滞りそうな方への販売条件提示

相手は農家です。
農家販売の場合、米の収穫時期である秋に代金を頂くのが慣例となっております。
あるお客様から約20万円分の水稲用肥料の注文頂きました。
ここまでは良いのですが、このお客様は地元の業界で有名な「支払を踏み倒す」方なのです。とうとう当社に来てしまいました。
注文の段階では「秋に払うから」なのですが、口約束だけのようで、いざ秋になると米の代金は自分の懐にだけ入れ、経費一切支払わなくなるのだそうです。
(どうやって青色申告しているのかも不思議です。)
そこで販売するにあたり、「今年の秋に全額支払っていただくのを条件に販売致します。」という内容と、お客様からの「私は貴社から購入した商品を本年度秋に全額精算致します。」という内容を入れた誓約書のようなものに判を押してほしいと考えております。
法的に認められる文書にしたいのですが、見本も無く作成できかねております。
よい見本等があれば、アドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

詐欺罪で捕まらないのが不思議ですね。
公正証書で強制執行特約をつければ、裁判なしで強制執行できます。ただし、面倒なのと、公正証書を作れる人は資格(何かは忘れた)がいりますので勝手に作成できません。
でも、先払いにしないのは、何か事情があるようですね。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報