親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

レンタカーで借りたデミオで峠を下っていたときのことです。
カーブの手前で減速し、曲がり始めたのですが思った以上に曲がりが急で、下り坂だったためスピードが乗ってしまい、途中で「曲がりきれないかもしれない」という恐怖がよぎりました。それとほぼ同時にタイヤが鳴り出しました(初めて自分の運転で聞きました)。ブレーキを踏むのはまずいような気がしたのでハンドルを維持したまま「曲がりきってくれ!」とただ念じるしかありませんでした。
幸いタイヤが持ちこたえてくれたようでその場は曲がりきることができました。
ここで質問なのですが、

(1)あとわずかでもスピードが出ていたらスリップしていた状況だったのでしょうか。
(2)ブレーキを踏まなかったのは判断として正しかったのでしょうか

速度ははっきりとは覚えていませんが40km前後だったと思います。
後で振り返ったときに、これがどのような状況だったのかわからなかったので詳しい方に聞きたいと思い投稿させて頂きました。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

ABSはタイヤをロックさせない装置です。


したがって、ABSを過信してタイヤロック寸前までのブレーキは安全の保証しかねます。
だまし、だましの感じでのブレーキは有効です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

少しずつであれば安定を保ちつつ減速できていたということですね。

お礼日時:2013/08/13 23:59

こんばんは


かなりの回答が付いていますね。私もとても興味があります。ないおつむで回答します。

回答は大別して2種類と理解しました。
その1
 ABSが付いているので回頭中でもブレキーを踏め! という回答。

その2
 回頭中にはブレキーを踏むな、タイヤ泣きではまだ余裕がある。

ではわたしの迷...回答は...
 その2に賛成です。
理由
経験はなく、推察、推論ですが...
 ABSは直進時にブレキーをパニック的に踏み込み、この状態を維持(ABS作動)して危険回避の旋回が安定して可能になる。ものと理解してます。

今回の質問者様の内容は すでにカーブに進入して旋回中でのタイヤ鳴きの状況でのブレーキングが安全か否かを尋ねる質問と理解しますので、
....ここが一番肝心な状況...つまりタイヤ泣きする程度の旋回中にABSを作動させるほどのブレキーを掛けることが安全であるとはとうてい考える事が...私には出来ないと考える訳です。

以上 私の回答はあくまで正解ではなく推論ですのであてにはしないで下さい。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

皆さんの回答を整理して頂きありがとうございます。ブレーキを踏むにしてもしっかりと踏むか少しずつ踏んでいくか、見解がわかれていらっしゃいますね。私も強くブレーキを掛けるのは却って心配です。
今後はこうした状況に陥らないような運転を心がけます。

お礼日時:2013/08/13 23:58

状況により一慨に言えませんが。


時速40Km程度ならブレーキを踏むのが正解でしょう、ただしパニックブレーキはダメです。
速度が速くなれば、遠心力等は二乗に比例して大きくなりますので(速度が2倍になると遠心力は4倍)事情が違ってきます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

今回の場合であればブレーキを踏んだ方が良かったということですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/08/14 00:01

どんなプロドライバーでも、カーブに突入する前にオーバースピードだった時点で、既に安全に曲がりきれないリスクを抱えます。


峠の事故の原因のほとんどは事前のオーバースピードのせいです。オーバースピード後の操作次第で事故の確率や規模は変わりますが。


(1)スキール音の鳴り始めはタイヤのグリップ性能をフル活用できている状態です。タイヤの性能にもよりますが、通常スリップが始まるまではもう少し余裕があります。が、デミオレベルのタイヤなら突然限界がきて一気に操縦不能になる可能性が高いのでそれ以上無理をするべきではありません。

(2)冒頭書いたとおり、もうオーバースピードの時点で100%安全は無理なので、後は少しでも抵抗するしかないです。プロドライバーのようなテクニックは無理だと思うので、そういう意味ではABSの性能に頼ってブレーキをしっかり踏むべきです。挙動は乱れるでしょうけど、スピードさえ落とせば事故時の被害を少しでも抑えられますので。ブレーキを踏まずに事故ったら死亡確率(あなただけではなく周りも)が跳ね上がるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

突然限界が来ることもあるのですね。無理はしないように心がけます。
ブレーキをしっかり踏む方が良い判断であったということですね。

お礼日時:2013/08/13 23:55

思い通りのラインを維持出来ていない段階で、既にスリップしています。

スリップしなければ遠心力で横転していたでしょうね。またその段階でもブレーキを踏んでスピードを落とすべきです。基本はカーブの手前で充分にスピードを落して、低いギアでエンジンブレーキをかけた状態か、多少アクセルを踏んだ状態、すなわち駆動輪にパワーが伝わっている状態が、一番安定する状態です。オートマならDレンジから2や1にチェンジすれば、エンジンブレーキがかかります。まあ対向車がなくて運が良かったですね。対向車がいて正面衝突して大型車だったら間違いなくアウトでしたね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ラインははみ出しておらず、車線に沿って曲がることはできていました(説明不足でしたが右カーブです)。但しこれ以上速度が出ると無理かもしれないと思われる状況でした。事故にならなかったのは幸運だったと思います。

お礼日時:2013/08/14 00:04

多くの人がブレーキを無意識に掛けて衝突します。


なので、あなたの判断が正解です。

カーブで鳴いていたのは外側の前輪です。
横Gに耐えられなくなり、操舵角度に堪えられずに滑っています。

もしここでブレーキなんか掛けたら、荷重オーバーが加算されてさらに滑ります。
減速も旋回も不可能です。
(氷上のダンス)

グリップが回復するのを静かに待ったあなたの行為が正解。

山坂道の事故のほとんどが、旋回中のブレーキによるアンダーステアの事故です。


先の角度の分からないコーナーでは、入りながら意識的に尻を出してアンダーを殺すほうが安全ですが、
いきなりは出来ないから、何処かで腕を磨きましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

音は外側の前輪から出ていたのですね。やはりこの場合ただ耐えるしかありませんか。
こうした状況に陥らないように腕を磨きたいと思います。

お礼日時:2013/08/13 23:50

そりゃガツンとブレーキを踏めば飛ぶかも知れないけれど、踏まないのはダメでしょ。


僅かでも踏んでいけば速度は落ちるから回復はしていきます。

どの程度のスリップを考えているのかは分かりませんが、スリップより貴方自身が耐えられない状態です。
まぁ、タイヤにはまだ余裕はあったと思うけれど。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

僅かでも踏んで速度を落とすことが大事ということですね。ありがとうございました。

お礼日時:2013/08/13 23:48

1)限界はまだまだ先


2)間違い、ブレーキを踏みましょう

よくある誤解は「カーブを曲がっている時にブレーキはダメ」というもの。おそらくこれは二輪からきたもので、二輪の場合フロントがロックすれば即転倒ですので、基本的にはブレーキはカーブの手前までとなります。
また、タイヤのグリップの限界は曲がるものとブレーキのを足して100%なので、曲がっている途中でブレーキを踏むとタイヤのグリップの限界を超えてしまう、という考え。曲がるのが限界ぎりぎりなら正しいのでしょうが、大抵は限界まで余裕があるのでフルブレーキングのようなことをしなければ限界は超えない。
さらにABSの、限界を超えるものではないという注意書き。

逆に、カーブを曲がっている時に(信号で停止するとき程度の)ブレーキを掛けたとき、どのような状況になるのか、書いておきます。
ブレーキを掛けると車の前のほうに荷重がかかります。止まるときに前のめりになるあれです。前輪に荷重がかかると前輪のグリップの限界があがります。つまり曲がっている時にブレーキを踏むとより安全に曲がれるといえます。もしこのとき、上記のタイヤグリップの限界を超える状況になったとしても、ABSが働きますので前輪はロックしませんし、ブレーキも効きます。つまり前荷重を掛けることができ、前輪のグリップの限界が上がり、車はより安全に曲がっていきます。ABSが動作してガガガとなりながら曲がるのは、最初は怖いと思うかもしれませんが、慣れればそんなものと思えます。もし間違えて、曲がれないほどの超過速度であっても、ブレーキは効くので2~3mも滑れば後は曲がっていきます。それ以上の速度超過は、ただの自殺行為と見られるでしょう。
またカーブを曲がる手前まででブレーキを終わらしておくという考えも、安全運転の心がけなら正しいですが、ある程度の速度で走るときには、カーブの進入すぎまでブレーキを掛けて前輪に荷重を掛け続けたほうが安全になります。ブレーキ残しやブレーキ引きずりと言われるものです。逆に前荷重を掛けずにカーブに進入するのは、限界を低くする危険なことだと分かってくると思います。

タイヤの鳴きですが、タイヤの接地面は地面とまったくずれない状況で走っています。曲がるときは車の進行方向(=タイヤの接地面の方向)とタイヤ全体の向きにずれが生じるので、タイヤが接地面でZを縦長に斜めにしたような感じに変形します。さらにハンドルを回すと、タイヤの接地面の後ろの端がのびきれずに接地面からずれてタイヤ全体の方向にもどります。この接地面からずれたときにスキール音が発生します。スキール音が発生し始めても全体の9割以上は接地したままなので、限界はまだまだ先です。

ちなみにハンドルの限界というのは、ハンドルをどんどん回していくと一定以上ですっと回す力が少なくなります(ハンドルが戻ろうとする力が小さくなる)。この辺りまで、限界内です。さらにハンドルを回しても車の回転半径は小さくならないという状態になります。これもいわば限界内。さらにハンドルを回していくと車の回転半径が逆に大きくなっていきます。これでやっと限界越えです。大抵の人は、ハンドルを回す力が小さくなった時点で限界を超えたと思ってハンドルを戻しますが、限界はもう少し先にあります。

このように車の限界というのは、大抵の運転手の思っているより先にあります。しかしながら誤解などによってハンドルを回しきらないで事故を起こしていることなどが実は非常に多いです。ハンドルを回しきることができない運転姿勢で運転している人も多いです。
安全運転を心がけることはもちろんですが、正しい知識を持ってより安全な運転をしたいものです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

前輪に荷重がかかると前輪のグリップの限界が上がるのですね。ブレーキ残しやブレーキ引きずりも頭に入れて安全な運転技術を身につけていきたいと思います。詳細な解説ありがとうございました。

お礼日時:2013/08/13 23:47

1:既にスリップしていた状態です。


  最も旋回しているときでスリップ率は2割ほど。
  その時のスリップ率は6割以上あったのでは?
  ちなみにスリップ率10割で横っ飛びします。


2:全くノーです。大間違いです。
  姿勢制御装置、或いは最低限ABSは付いています。
  ブレーキを踏んで減速すべきでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

6割以上ということは危険な状態だったということですか。。今後は気をつけたいと思います。

お礼日時:2013/08/13 23:46

カーブの手前で減速するのは正しいですが、いくら減速したって下り坂なんだからブレーキ放したらスピードが上がるのは当たり前ですよね。


時速40キロで下りの急カーブを曲がるのは無謀運転以外の何でもないでしょう。
すぐに加速して50キロ以上出てしまうでしょうから。
対向車でも来たら恐ろしい話です。
フットブレーキの使い方を間違ってます。いつ踏むんですか?今でしょ!って話です。
さらに下りの峠道ではエンジンブレーキを使いましょうね。
下りきった後にフットブレーキが効かなくなってて街中で激突なんてことになりますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ブレーキを踏んでも問題なかったということですね。ギアはローにしていたと思います。

お礼日時:2013/08/13 23:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコーナー(峠道)で上手に運転する方法

コーナー(峠道)で上手に運転する技術をどなたか教えて下さい。
いつブレーキを離すのか?
いつアクセルを踏み込むのか?
サーキットではなく、日常の運転にもきっと上手・下手があると思います。
調べていると、荷重移動やアクセルで曲がる、
といった言葉が出てきますが、
日常の運転にもそういうことを意識したほうが良いのかどうか。
少なくとも
オーバースピードで突っ込み
惰性で曲がり終えるというのはダメだと思いますが。

ちなみに車はマークXに乗っています。
またドリフトなどには興味ありません。
安全に速く走れるようになりたいと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スムーズに峠道を流すということでよければ、直線でのスピードを抑えて極力加減速をしない方が良いです。コーナリング速度が限界を超えなければ、挙動が乱れるのは減速と加速の時です。
そして、一番大事なのは走行ラインです。
コーナーリングに入ったら舵角を一定のまま旋回するラインをイメージして、何度か走ってハンドルを固定して旋回できるラインを見つければ、安定してスムーズに走れます(コーナリング中に舵角を修正すると挙動が乱れやすい)。
下りの場合は、クリッピングポイント(一番インに近づく点)を少し奥に取ると余裕が出ます。
勾配が急な上りの場合は、クリッピングポイントを奥に取ると失速しすぎてしまうので、アクセルに軽く足を乗せて理想のラインに乗るようにアクセルを微調節すると良いです。
途中からRがきつくなるコーナーでは、2つのコーナーが連続した複合コーナーとしてイメージして、手前のクリッピングポイントを通過したあと、奥の2つ目のクリッピングポイントに向けてハンドルを切り足して旋回すると、ヒヤッとすることなくスムーズに回れます(切り足しのときに舵角をミスして修正すると挙動が乱れるので注意)。

自分はS2000なのでマークXの旋回性能はわかりませんが、直線を40km/h程度に収めておけば、エンジンブレーキだけできれいなラインで旋回できるかもしれません。(ヘアピンはしっかり減速)
コーナーの侵入と脱出で加減速が少なくてすめば、コーナー進入時に余裕ができ、安定した走行ラインに乗せられます。コーナーリング中に失速してアクセルを踏み足すというのが一番危ないです(横Gがかかっている時の加速のコントロールは難しく、挙動が乱れやすい)。
コーナー進入前にシフトダウン(ATだと2速か+-のスポーツモード?)してエンジンブレーキをかけておくことも重要です。コーナーリング中の挙動が安定します。

スムーズに峠道を流すということでよければ、直線でのスピードを抑えて極力加減速をしない方が良いです。コーナリング速度が限界を超えなければ、挙動が乱れるのは減速と加速の時です。
そして、一番大事なのは走行ラインです。
コーナーリングに入ったら舵角を一定のまま旋回するラインをイメージして、何度か走ってハンドルを固定して旋回できるラインを見つければ、安定してスムーズに走れます(コーナリング中に舵角を修正すると挙動が乱れやすい)。
下りの場合は、クリッピングポイント(一番インに近づく点...続きを読む

Q山道って、このくらいのスピードで走れなきゃダメなんですか?

ある山道(制限30km/h)で必ず煽られるのですが、今日は車列の最後尾で追いかけてみました。

そうしたら制限速度なんてとんでもない。ちょっと直線があれば70km/h程度出します。道が狭いので、対向車が来るたびに強い恐怖を感じます(頼む!ぶつからないでくれ!と)。カーブもあまり減速しないので、すごい遠心力を感じますし、タイヤも高い音で鳴ります。

そんな走り方だったので、途中で懲りていつもの走り(制限+10程度)に戻りました。そうしたら1分もしないうちに後ろから別の車が来て、ハイビーム攻撃されました・・・。

しかし、車列はいわゆる走り屋の車ではなく、車列にいるのはワゴンや営業車、軽といった、ごく普通の車です。
それを考えると、山道ってこのくらいが常識なのだろう、そしてそれができない私は運転の技量が不足しているのではないか。そんな風に感じてしまいました。
どう思われますか?

Aベストアンサー

人それぞれ 自分のペースがあります。
当然そのペースは人それぞれ違うので、直線で速い人やカーブで速い人、速度も常に一定速ではなく臨機応変に変則(変速)して、追い着いたり追い着かれたり 平均して同じペースになると車列が形成されますね。

ただ単に そう言った速い速度で走る人と比べて、質問者様の走行ペースは違う ただそれだけの事です。
劣等感など感じる必要はありませんよ。

技量という言葉を使うなら
後方から来た速い車を安全な所で速い時点で先に行かせてあげる。
慣れると、速い車が追い着き 減速させずに追い抜かせてあげれるようになります。
すると 追い抜いて行った方も、先に行かせた方も 気分良く走行出来ます。
これも技量 私はそう思います。

Q山道での車の運転を教えてください(AT車)

私は免許をとって約1年なのですが曲がる時に不安があります。それは山道に行けばあからさまにわかります。運転を変わってほしくなることも多々で困っています。山道で前の車と同じ速度ぐらいで走っているのですがブレーキランプが点燈する時間が私より短いのにどんどん離されます。しかも友人の運転のときとは違い明らかに重力が大きくかかっています。よく曲がるまでにスピードを落としきると言いますが、ハンドルを切るときにはブレーキって離してるものなのですか?もうよく分からなくなっていて困っています。決してブレーキを踏む力が弱いというのではないと思います。そこでブレーキの踏むタイミングと離すタイミングを教えてください。あとハンドルはゆっくり切った方がいいとよく言いますが、山道のようなカーブでもある程度ゆっくり回すのでしょうか?当然普段より早く回さなければいけないのはわかっていますが、ハンドリングにも問題があるような気がします。早く回しすぎているような気がします。どうかハンドリングの面からもアドバイスを下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

40代。男性。

御質問者様は御車を運転して日がまだ浅いので安全第一の運転を先ずおすすめします。それから徐々に上手な運転を身につけていけば良いと思います。

以下にあげた項目を実践する前に、安全な道で多少なりとも練習をしてください。安全が第一です。

1.カーブの見極めが大切です。

カーブのRの様子、坂道の上がりか、下りかで、通過できる速度を見極めます。進入スピードはその見極め速度に落として進入します。
よくカーレースではスローイン・ファストアウトといいますが、抑えたスピードでカーブを進入し、アクセルをジワーと踏んで加速しつつカーブを抜けていくことが重要です。
カーブ中にアクセルを踏んで駆動をタイヤにかけることにより、安定した姿勢で回ることが出来ます。

2.坂道ではAT車はDレンジ以外に、2レンジを使用する。

Dレンジでは、アクセルワークによるエンジンブレーキがききません。2レンジにレバーを入れると2(2速:セカンド)ホールドになりエンジンブレーキが使用できます。ブレーキによるスピード調整より、きめ細かな調整が出来ますので坂道の上り、下りに効果があります。

3.ハンドルの切り方

ハンドルは、カーブに合ったR(半径)にあわせて切っていく(回す、戻す)ものです。

スピードをあげたから早く切るとかの思いこみは大変危険です。

スピードをあげればあげる程、ハンドルの切り角は小さくなるのが普通です。高速道路で、手でVサインを作った人差し指と中指の角度だけさっと切って御覧なさい。車体が急激な姿勢変化で方向を変えるでしょう。スピードをあげればあげる程ジワーと挙動を確かめながらハンドルは切る物です。

4.カーブの進入に際して、前輪荷重をかける。
  (上級者向け1)

カーブでの進入で車を曲げやすくするため、ブレーキを少し残して進入します。操舵である前輪に車の重心を移動して荷重をかけグリップ力をあげます。これにより速いスピードでも鼻先を曲げカーブを抜ける事が出来ます。

5.カーブに際してブレーキのかけ方
  (上級者向け2)

カーブを進入するにあたってのブレーキのかけ方は、「すっと踏んで」「ぐっとかけ」「ジワーと抜く」です。
最初の、「すっと踏んで」は前輪に荷重を移動させる物です。いきなりハードブレーキングをしますとタイヤがロックするためです。
「ぐっと踏んで」はその荷重でグリップが増したタイヤに本ブレーキをかけます。「ジワーと抜く」は挙動を確認しつつ鼻先を曲げ、カーブでの加速体制の準備です。

御参考になれば幸いです。

40代。男性。

御質問者様は御車を運転して日がまだ浅いので安全第一の運転を先ずおすすめします。それから徐々に上手な運転を身につけていけば良いと思います。

以下にあげた項目を実践する前に、安全な道で多少なりとも練習をしてください。安全が第一です。

1.カーブの見極めが大切です。

カーブのRの様子、坂道の上がりか、下りかで、通過できる速度を見極めます。進入スピードはその見極め速度に落として進入します。
よくカーレースではスローイン・ファストアウトといいますが、抑えたス...続きを読む

Qカーブを曲がる時の速度について

最近、脱ペーパードライバーをしたばかりです。
いろいろ不安だらけです。

カーブを曲がる時の速度についてなのですが、カーブに入る時に速度を落として、カーブを曲がりきったところで、速度を出すという走り方で、正しいでしょうか???

Aベストアンサー

基本的には[スローIN ファストOUT]と教習所の本には書いてありますが・・・
ただこれは車の走らせ方と路面状況と駆動方式で臨機応変ですよ
例えばカーブ旋回時は惰性で走るのと加速していくのとでは加速していった方がタイヤはグリップします
特に雪道など体験すると分かるのですが4WDとしてカーブ旋回時にアクセルを踏まずにハンドルを切ると車が流れます ただしハンドルを切りながらアクセルを踏み加速状態にすると流れません WRCなど見てると分かると思いますが,カーブではアクセルを踏みパワードリフトで車体をカーブ脱出口へ傾けます
私はスノーボードが好きなので夏でもつるつるタイヤでわざと雪道路面みたいに運転しています
カーブの曲がり方で,下手な人はカーブに入るとブレーキを踏み直線になった所で加速していきます
このような人はカーブに入った時に速度オーバーしていると間違いなく事故る人達です
私が推奨する運転はカーブ前に速度を落としMTなら2か3速に入れておきます(できればブレーキと同時にギアも変えれるとスムーズに減速できます 属にヒール&トゥと言いますが)そしてカーブにはいりハンドルを切っていくと同時に少しずつ加速してカーブを抜け終わった時には直線を走っているのと同じ程度の速度(50~60Km)になっていれば相当上手に曲がっているでしょう これがマスターできればスムーズに曲がっているのにこれができない後方車がカーブ旋回後に車間が広がるのがすぐ分かります あとこんな事はないと思いますがこれができる人に車で特に4WDで追われたら上記運転ができなければ絶対逃げ切れません
基本は[スローIN ファストOUT]ですよ

基本的には[スローIN ファストOUT]と教習所の本には書いてありますが・・・
ただこれは車の走らせ方と路面状況と駆動方式で臨機応変ですよ
例えばカーブ旋回時は惰性で走るのと加速していくのとでは加速していった方がタイヤはグリップします
特に雪道など体験すると分かるのですが4WDとしてカーブ旋回時にアクセルを踏まずにハンドルを切ると車が流れます ただしハンドルを切りながらアクセルを踏み加速状態にすると流れません WRCなど見てると分かると思いますが,カーブではアクセルを踏み...続きを読む

Qフロントに荷重移動して曲がる??

荷重移動を使う事で前輪のグリップが上がるのは理解できますが、
それってブレーキを踏みながら曲がるという事ですか?
(だってブレキーを離すorアクセルを踏むと前荷重がなくなりません?)

でもブレーキを踏みながら曲がる(カーブの途中で踏む)
のは運転が下手クソと言いますよね??

別にサーキットで走るとか峠を走るワケではありませんが、
日常の運転の中にうまく取り入れられたらなと思い質問させてもらいました。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>日常の運転の中にうまく取り入れられたらなと思い質問させてもらいました。

まずはこういう技術を日常に取り入れることは必要ありません。というかそういう状況にすべきではありません。
コーナー手前で確実に減速し終わり安全確認をしゆっくりと曲がることをすべきです。

回答といたしましては・・・ブレーキを踏みながら曲がり始めます。
まず、減速でタイヤの縦のグリップを使用します。これが本当に目一杯であればハンドルを切っても曲がりません。
そこで、ブレーキを少し戻すことにより曲がるための横のグリップを使えるようにしてあげます。減速しながら曲がっていくわけですね。そしてクリッピングポイント手前までには横のグリップのみにスムーズに変換し終わった時には車の向きの変更を終えている状態になっているようにしているので今度は加速開始です。このへんのバランスは人やマシンによって違うかもしれません。(わかりづらい文章で済みません)。タイヤの縦のグリップを横に変換する荷重移動・サスの動作をスムーズ仕事させるということが大切です。

>でもブレーキを踏みながら曲がる(カーブの途中で踏む)
>のは運転が下手クソと言いますよね??
これは速度が出すぎてしまい曲がれなくなったため途中で余計なブレーキをかけると言うことだと思います。結果的にロスになり速く走れません・・・よって下手と言うことに。

>(だってブレキーを離すorアクセルを踏むと前荷重がなくなりません?)
ある意味、一番悪いパターンです。前荷重抜けてコーナリング開始するので遅いし、なおかつギリギリまで突っ込んでいることが多いでしょうから危険でもあります。サスの動作も派手に伸び縮みしてパッタンバッタンさせるのでマシンは不安定になります。

最後にもう一度、荷重など考えずにゆっくり走ることが一番です。事故を起こさない、他人に迷惑をかけないことが大切です。

>日常の運転の中にうまく取り入れられたらなと思い質問させてもらいました。

まずはこういう技術を日常に取り入れることは必要ありません。というかそういう状況にすべきではありません。
コーナー手前で確実に減速し終わり安全確認をしゆっくりと曲がることをすべきです。

回答といたしましては・・・ブレーキを踏みながら曲がり始めます。
まず、減速でタイヤの縦のグリップを使用します。これが本当に目一杯であればハンドルを切っても曲がりません。
そこで、ブレーキを少し戻すことにより曲がるため...続きを読む

QFF車とFR車のコーナリングの違い

つい先日までFF車に乗っていまして、最近FRに乗り換えたのですが、
コーナリング時に、隣に乗った先輩に「前にFF乗ってた?」といわれました。その場は良く分かりましたねで済んだのですが、後々考えてみると、何故分かったのかな??と不思議になり、この場で質問させていただきます。
コーナリング時のブレーキ、アクセル、ステアリング等のタイミングや踏み方などにより、分かるものなのでしょうか?
また、それなら、FFとFRで基本的にどのように違うものなのでしょうか?ご教授下さい。お願いいたします。

Aベストアンサー

コーナリング中にアクセルを踏み込むと、外に膨らむのがFF、内に切れ込むのがFRです。
ですので、オーバースピードでコーナーに入った時、FF乗りは無意識にアクセルを緩める
のですが、FR乗りはアクセルを踏み込んでカウンターで逃げます。

・・・なんてことを公道上でするかどうかともかく(苦笑)

ナンにせよFRに慣れてくると、コーナーを曲がるときは右足がアクセル上にあることが
普通なんです。FFだとブレーキ上にあっても大丈夫なんですが、FRだとコーナリング中に
ブレーキを踏むと確実にスピンしますからね。多分同乗者はここらへんを見たんだと。

Qアンダーステア対策に効果的なのは?

質問させていただきます。


当方車でドライブをするのが趣味でして、近所が峠&山道ということもあり暇なときは車を走らせにいっています。
最近車を乗り換えたのですが、唐突にアンダーステアが出て意図しない動きをし、気持ちよく走れない事があります。
スキール音を鳴らすほど攻め込むような「走り屋」的な走行ではなく、ワインディングをスポーティに走行する程度です。



車種はインプレッサスポーツワゴン(丸目の初期型、NA)→コロナエクシヴ(最終型3S-FE搭載車)です。
以前にST202(3S-GE搭載、ノーマルストラット)のセリカを乗っていたので似たようなものかなと思っておりましたが、全く別物でした。

気になるアンダーですが、フロントに強く加重のかかっている時に
軽くかかっている時と比べると予想外に膨らんでしまいます。
今までの車では他の動作の時の挙動からある程度は予測できたのですが…。
「これぐらいかな?」と思っていると反対車線に出てしまいそうなぐらいのドアンダーになります。



本題ですが、アンダーステアに対して効果的な対策となるパーツは何があるでしょうか。
スタビライザーを社外の物にしようと考えていますが、社外スタビの効果ってどんなものでしょう?
本当は車高調でセッティングしたいのですが今年引っ越しをして初雪国なので
とりあえずこの冬を越えるまでは車高調を入れない方向で考えています。(どの程度の積雪がわからない為)


インプレッサやセリカの頃は早い段階からそれなりに意のままに操れたのですが
エクシヴはなかなか挙動が掴めないでいます。
下手くそ+慣れていないからというのもありますが、車に手を入れるとしたら効果的なパーツを教えていただけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

質問させていただきます。


当方車でドライブをするのが趣味でして、近所が峠&山道ということもあり暇なときは車を走らせにいっています。
最近車を乗り換えたのですが、唐突にアンダーステアが出て意図しない動きをし、気持ちよく走れない事があります。
スキール音を鳴らすほど攻め込むような「走り屋」的な走行ではなく、ワインディングをスポーティに走行する程度です。



車種はインプレッサスポーツワゴン(丸目の初期型、NA)→コロナエクシヴ(最終型3S-FE搭載車)です。
以前にST202(3S-GE搭載、ノーマ...続きを読む

Aベストアンサー

もともとフロントヘビーなFFですから、アンダーステアは物理的に発生するものです。
その特性を理解した運転をすれば、アンダーステアを消すまではいかなくても軽減することはできます。

>気になるアンダーですが、フロントに強く加重のかかっている時に
 軽くかかっている時と比べると予想外に膨らんでしまいます。

これは逆のような気がします。フロントに荷重がかかればグリップは増えるのです。消しゴムも強く押
し付けなければ滑りますが、強く押し付けると食いついてなかなか動かないはずです。路面も同じです。
フロントタイヤに強く荷重がかかっていれば、しっかり食いついて曲がってくれます。フロントよりも
相対的にリアのグリップが高いため、曲がりにくいのかもしれません。メーカーはそういうセッティン
グをしますから。

アンダーステアはフロントタイヤのグリップが遠心力に負けてしまうことが一つの原因です。つまり前
に進む縦グリップより、カーブの遠心力が強くなりズルズルと引っ張られてしまうからなんですね。簡
単に言えば、遠心力より縦グリップを強く保てる走り方をすればいいのです。

となると結論は、他のみなさんがおっしゃっている「スピードを落とす。」これに尽きます。
これで縦グリップが確保でき、アンダーステアは出にくくなります。
しかし、この答では質問者さんの意向にそぐわないですね。

車庫調やスタビ、タイヤの交換でも効果はあるかもしれませんが、FF車の特性を理解した運転をし
なければ物に頼ってもお金がかかるばかりで満足度は低いと思いますよ。

要はコーナーリング時のフロントタイヤ荷重を増やす走りをすればいいのです。
コーナー進入時にきっちりとブレーキングをしてフロントタイヤに荷重をかけてやれば、アンダーステ
アは軽減できます。それでもアンダーが出るのであれば、ブレーキの踏み方が足りないかタイヤの
性能を超えた進入速度ということになりますね。

あまりお勧めはできませんが、安全な場所でしっかり練習できるなら左足ブレーキという方法もありま
す。相当なれないと危険なので、普段は使わないでいただきたいのですが、コーナーのRを読み違え
てオーバースピードで進入した場合などに左足でブレーキをちょんと踏むことで前荷重か増え、反対
車線へのはみ出しを防ぐ効果があります。(アクセルは緩めないこと。突っ込むかスピンする。)
危険回避の方法としては有効ですので憶えていて損はないと思います。

運転スキル以外では、フロントを若干ネガティブキャンバーにする方法もあります。こうすることで、
コーナーリング時に車体がロールしても、外側のタイヤが路面と広く接地するためグリップが確保し
やすいです。(編摩耗しやすいのが難点ですが…)

いずれにせよ、まずはインプレッサと同じ感覚で運転することを改めなくてはいけませんね。エクシブ
にはエクシブの走らせ方がありますから、それを理解した運転をしてください。

もともとフロントヘビーなFFですから、アンダーステアは物理的に発生するものです。
その特性を理解した運転をすれば、アンダーステアを消すまではいかなくても軽減することはできます。

>気になるアンダーですが、フロントに強く加重のかかっている時に
 軽くかかっている時と比べると予想外に膨らんでしまいます。

これは逆のような気がします。フロントに荷重がかかればグリップは増えるのです。消しゴムも強く押
し付けなければ滑りますが、強く押し付けると食いついてなかなか動かないはずです。路面も同...続きを読む

Qショックやサスのヘタリ具合の判断方法について

標記の質問ですが、どこで判断するのでしょうか?走行中突き上げ感が大きくなったとか?

Aベストアンサー

車重、普段の荷物の積載量などによりけりですが、おおよそ普通に使ってれば7万kmないし、7年程度でショックが抜けて気が付く頃だと思います。

抜け始めを感じたら後は完全に抜けるまで時間の問題です。走行中の突き上げが大きくなる場合、タイヤが原因である事もあります。サイドウォールが硬かったり、扁平率を落とす、空気圧が高いと乗り心地に響きます。

完全に抜けた場合は、車高が落ちるので見た目で判断もつきますね。良く見るのは平成1桁、それも前半だと大抵の車が抜けて車高ぺたぺたになってます。
要はショックが抜ける→スプリングのみで車高維持→スプリングもすぐへたる→ストローク量0ですから一番車が沈んだ状態になります。乗り心地は最悪ですよ。

Q『トラクションをかける』とはどういう意味ですか

大変に幼稚な質問で恐縮なのですが、
運転しているときに、『トラクションをかける』とはどういう意味なのでしょうか?
「コーナーではトラクションをかけて・・・」 等とよく読むのですが、運転について全く無知なので、意味がわかりません。
どういう意味で、運転中にどういう作業をするのでしょうか。

わたしは全くの素人ですので、やさしくご説明していただけると幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

●以前、車の開発実験耐久に携わっていた者です。

●運転しているときに、『トラクションをかける』とはどういう意味なのでしょうか?

→結論から申しますと、『トラクションをかける』=『アクセルを踏み込む』です。

自動車の場合、『トラクション』とは、主に『駆動力』を意味します。

●『駆動力』とは?

これは、人間で例えると分かりやすいです。
人間が歩いたり走ったりする時、路面を足の裏で蹴り出すのを繰り返しますよね。
この蹴りだす行為を車に置き換えると・・・
『タイヤ(足の裏)で路面を蹴り出す事』
=『タイヤを回転させる事』
=『アクセルを踏み込む事』
=『駆動力』なのです。

車の駆動力を上げるには、アクセルを深く踏み込めばいいのです。
人間が走る時も、速く走ろうとすればする程、路面をより強く蹴り出すと思います。

*この時に路面との摩擦が無い場合は、いくら駆動力を大きくしてもそれは路面には伝わりません。(タイヤが空転する、又はスリップする)
人間が氷の上で走ろうとしても、足の裏との摩擦が無いと、いくら足の裏で蹴り出しても走れないのと同じです。

●「コーナーではトラクションをかけて・・・」 等とよく読むのですが、運転について全く無知なので、意味がわかりません。どういう意味で、運転中にどういう作業をするのでしょうか?

→これは、『カーブの方向へハンドルを切り、前輪タイヤを曲がる方向へ向けて、アクセルを踏み込みながら(駆動力を掛けながら)曲がる事』です。

これも人間で例えると理解しやすいと思います。
あなたが走って交差点を曲がる時、足の裏で曲がる方向とは反対の方向へ蹴り出すはずです。

●以前、車の開発実験耐久に携わっていた者です。

●運転しているときに、『トラクションをかける』とはどういう意味なのでしょうか?

→結論から申しますと、『トラクションをかける』=『アクセルを踏み込む』です。

自動車の場合、『トラクション』とは、主に『駆動力』を意味します。

●『駆動力』とは?

これは、人間で例えると分かりやすいです。
人間が歩いたり走ったりする時、路面を足の裏で蹴り出すのを繰り返しますよね。
この蹴りだす行為を車に置き換えると・・・
『タイヤ(足の裏)...続きを読む

Qヒールアンドトゥのコツを教えてください

H&Tを練習しているのですが、停車時ならブレーキを踏みながらアクセルをあおれるのですが、走っている時にやるとブレーキを踏みすぎてかなり速度が落ちてしまいます(止まるくらい)。なんかコツとか、いい練習方法があったら教えてください。ちなみにペダルはノーマルペダルで、車はインテグラタイプRです。

Aベストアンサー

まず、一般公道ではやらないようにしましょう。
失敗すると事故の危険があります。
ヒールトゥはいきなりやろうと思ってもできません。
まず、回転数を合わせることから初めてはどうでしょう?
高いギアからのほうが感覚がつかみやすいと思います。
5速から4速、4速から3速と落とす時にクラッチを切り、
アクセルあおってギアを繋いでガクっとならないように
きちんと合うまで練習してください。
最初はタコメーター見てどのくらいの回転数が合うのか
確認する。
慣れてきたらマフラー音、エンジン音など感覚だけで
繋げられるようにする。
以上ができれば止まった状態でヒールトゥが出来てれば
すぐ出来ますよ。
というのは、神経をブレーキの方に集中できるからです。
つま先でブレーキの加減をつけてかかとでアクセルを踏む
わけですが、感覚でアクセル開度をもう体が覚えてるので
その感覚を信じてあおってやれば何回かやるだけで
できるはずです。
私はこの方法でできましたよ。
もう数年以上前の話になりますが(笑)
一度覚えた感覚というのは消えないもんです。
今はATに乗ってますが、MTに乗ればまだ出来ますから。
頭より体で覚える方が良いです。
ただ、やる時は場所を考えてやりましょう。
最初は低い回転数からやるといいですよ。
頑張ってください。

それと、私はFRでしか攻めたことないのでFFはわからないですが、FFは下の方の言うように左足ブレーキが肝になってくるみたいなのでヒールトゥが完成したら挑戦してみるのもいいかもしれませんね。
私は右足が疲れるとよく左足でブレーキしたりしますが。
これも慣れです。

まず、一般公道ではやらないようにしましょう。
失敗すると事故の危険があります。
ヒールトゥはいきなりやろうと思ってもできません。
まず、回転数を合わせることから初めてはどうでしょう?
高いギアからのほうが感覚がつかみやすいと思います。
5速から4速、4速から3速と落とす時にクラッチを切り、
アクセルあおってギアを繋いでガクっとならないように
きちんと合うまで練習してください。
最初はタコメーター見てどのくらいの回転数が合うのか
確認する。
慣れてきたらマフラー音、エンジン音な...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング