61歳、男性です。4年前に膀胱ガン《3a》で、膀胱、前立腺及びリンパの全摘を受けました。
その後は順調に推移していたのですが、先日の検診で、骨に転移しているのがわかりました。
入院前に色々な拠点病院に尋ねたところ、皆さんほぼ同じ回答で、GCと放射線が標準治療法で、お世話になっている病院でも同様の処置をしてくださるとのことで、病院でも、ベストの方法をとっていただいているものと確証しております。
色々な論文を見ますと、生存期間中央値が12ヶ月~14ヶ月となっており、逆に24ヶ月以上生存された方は、その後長期に渡り存命されておられるようなデータがあります。そこで、質問させて下さい。
早くなくなられた方々の原因と考えられる事、逆に永く存命される方の秘訣を教えてください。どうか助けて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

素人です。


治療対象が均一でないから、生存期間が異なるのだと思います。
癌の状況も人それぞれ。
さまざまなルールで同じような人の集団にしても、違うものが混じっているから
生存期間が異なるのだと思います。
何が違うか?わかれば新しい治療戦略が生まれると思います。
それがわかったら、新しい発見だと思いますよ。

治療前の癌の状況が違うから、生存期間が長かったり、短かったりするけど
どういう癌が治療が非常によく効くかは、よくわからないってことではないでしょうか?

ところで、生存期間が長い、短いとあっても、その生存の質はだれが判断するのでしょうか?
生存期間 × 生活の質 = 人生の豊かさ という計算式で考えた時に、
質を高めれば、生存期間が短くなっても、より豊かで実りある人生を送れるという考えもあると思います。
人間は不老不死ではありません。もともと、限られた命です。
終わりが見え隠れしたことに、あせらずに、人生を楽しまれることをお祈りします。
    • good
    • 0

癌治療を現代医学に任せることは自由ですが、現代医学のがん治療は悪い結果をもたらします。



確率的になら、逆にゲルソン博士の栄養療法は良い結果をだしています。

参考までに下記をごらんください。
    • good
    • 0

人間、個人個人で違うのです。

他の人が長生きできたのは偶々かもしれない。
お医者さんを信じて心安らかに過ごしなさい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qがいこつしゅ(外骨腫瘍)と言われました?

昨日、子供が”外骨腫瘍 ”と診断されました。
(内容は:左骨盤の上 マウスのボール位の骨のように硬いもの)
経過:8月の下旬に子供の腰をマッサージしているときにきづき
かかり付けの病院へ行き、レントゲン・CTスキャン・MRI
の診察を受け、結果が”外骨腫瘍 ”と診断されました。
今後は、切除しそれを詳しく調べるとの事です。
もしかしたら、悪性の腫瘍・・
どなたか詳しい情報をお願いします。

Aベストアンサー

下記のページを参考にしてください。
お大事に。

多発性外骨腫
http://www.sankei.co.jp/databox/karada/html/174.html

外骨腫
http://naoru.com/gaikotusyu.htm

外骨腫切除術
http://www02.so-net.ne.jp/~tomos/document/ictumor/icexostr.htm

Q先日リンパ癌が見つかりました。転移した可能性が大きいと医師に言われ、もし転移前の腫瘍が見つかった場合

先日リンパ癌が見つかりました。転移した可能性が大きいと医師に言われ、もし転移前の腫瘍が見つかった場合ステージ4の末期だと宣告されました。しかし、自覚症状は全くなく、癌は痩せると言いますが食欲も有り、むしろ最近太ってきたと思うほどです。さらにステージ4の癌が身体に潜んでいるとは思えないほど元気です。こんな事あるのでしょうか??

Aベストアンサー

金銭面にもし余裕があるのならセカンドオピニオンを活用してみては?

Q転移性骨腫瘍?

転移性骨腫瘍?

MRI検査で、「一部左椎弓に異常信号がみられる点気になります。転移性骨腫瘍の好発部位でもあります。…腸腰筋に一部高信号な領域がみられる点気になります。念の為全身検索にて悪性病変+転移性骨腫瘍の初期病変が反映されている可能性を臨床的にも除外してください。」との結果がでました。

腰痛で通っている鍼灸治療院からの紹介で検査を受けたのですが、思いがけない結果に戸惑っています。

鍼灸師より、早めに大きな専門の病院で精密検査を受けるよう勧められたのですが、具体的にどんな検査をするのでしょうか。

10月に人間ドックを受ける予定だったのですが、それでは事足りない、もしくは急を要するほどの事態なのでしょうか…。検査費用も気になります。

Aベストアンサー

>転移性骨腫瘍?

ご心配お察しします。

私は医療関係者ではなく、癌患者の一人としてお答えします。

原発不明の骨転移を疑っておられるものとして、私の体験を交えお答えします。

私は、肺癌の手術を六年前にうけ、術後経過観察として頭部のMRI、胸部と腹部のCT、全身のRI(骨シンチ)検査を、半年から1年おきに受けて参りました。
目的は、癌の再発、転移の有無にあります。

全身のRI(骨シンチ)検査は、骨に転移の有無を調べる検査であります。

現在では、PET CT検査があり、最悪どこかに原発の腫瘍がある場合もチェックできるのではないかと思います。
これは医療の素人考えとご理解ください。

PET 検査費用ですが、健康保険が3割適用になる場合は約3万円くらいかかります。

人間ドックも健康管理上結構ですが、何をさておいても転移性骨腫瘍であるかないかを調べ、最悪の場合、次の手を考えるべきだと老婆心ながら申し上げておきます。

Qガンの転移について 手術が原因でガン細胞が散って転移する可能性は?

ガンの転移について、以前より気になっていたことを質問します。ガンの手術をすれば誰でもいくらかは出血しますが、その時ガン組織からこぼれおちたガン細胞が血流に乗って全身を漂流し、どこかに漂着するという危険性はないのでしょうか?
つまり、手術によってガンの移転を促進するリスクがあるのでは?と昔からぼんやりと思っていたのですが。

Aベストアンサー

>ガンの手術をすれば・・・・ガン組織からこぼれおちたガン細胞が血流に乗って全身を漂流し、どこかに漂着するという危険性はないのでしょうか?

当然、そのリスクがあります。手術以前に、ガンか否かを調べるために患部の細胞を一部とってきて病理検査(細胞診)をしますが、そのときにさえに転移することが考えられる、と言われます。このことの危険性は一般に知られてないですね。

私の2回目の転移と思われる症状が出たとき、検査(細胞診)をするにあたってこの点を主治医に訊ねたことがありました。主治医は「実は、そのリスクがあるんです。」との回答でした。結果、私は他の所見からガンの転移の可能性が高かったので細胞診を受けず直接手術を受けた経緯がありました。術後の切除物の病理検査の結果はガンでした。そして散ったかもしれないガン細胞や取り残された小さなガン細胞を排除するために、手術と平行して免疫療法を受け、そのときから6年以上経っている現在でも免疫療法を受けてます。

「検査のための細胞診」や「手術を行う際に微細に散るかも知れないガン細胞」「取り残されるかも知れない微細なガン細胞」を排除するためにも、免疫療法の併用が有効と私は考えてます。尚、免疫療法に関しては、私の過去の回答を参考になるものがあるかも知れません(下記URLはその一例)。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?qid=2285689

>ガンの手術をすれば・・・・ガン組織からこぼれおちたガン細胞が血流に乗って全身を漂流し、どこかに漂着するという危険性はないのでしょうか?

当然、そのリスクがあります。手術以前に、ガンか否かを調べるために患部の細胞を一部とってきて病理検査(細胞診)をしますが、そのときにさえに転移することが考えられる、と言われます。このことの危険性は一般に知られてないですね。

私の2回目の転移と思われる症状が出たとき、検査(細胞診)をするにあたってこの点を主治医に訊ねたことがありました。主...続きを読む

Q骨腫瘍?骨が飛び出ているのですが…がん?!

今日、ふと左手首を触っていたら、親指の下の方の手首に、小さい骨?のようなものが、飛び出ていました。

全然痛くはないのですが、見た感じで、わかる程度の大きさで、1センチ程度です。固いです。

親とかにメールで聞いたのですが、もしかして、骨腫瘍じゃない?と言われました。
けど、私は親と離れて生活しているので、詳しく聞ける人がいません!!

ネットでも調べてみたのですが、詳しい症例、どのくらいの大きさなのかなど全然わからず、良性なのか、悪性なのかの特徴すらわかりません。
10代に多いらしいので、もしかしたら…と思ってますが。(16歳・女です)

テスト前で、あせっているので、なるべく早く詳しく知りたいです。

怖い病気(がん)であるかもと考えると…。

初めての質問で失礼な部分もあると思いますが、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

痛みがないようなので心配する必要性は低いですが、気になるようなら整形外科を受診しましょう。
恐らくガングリオンですね。私も左手首の内側にできます。大きくなったり小さくなったり。痛みや痺れが出たら抜くと医師から言われていますが、かれこれ10年以上なんら問題ありません。

Q甲状腺乳頭ガン 骨転移 診断

甲状腺乳頭ガンの摘出手術を二ヶ月前に受けました。峡部のみ切除、リンパ節転移もあり全部で7個の腫瘍が見つかりました。いずれも5ミリ程度の微小ガンですが縦にずらりと並んでいて、とても珍しいケースだと説明を受けました。今後の転移について不安があります。肺転移や骨転移があった場合どのような自覚症状があるのかとても気になります。10日ほど前から左腕付け根の痛みが続いています。整形でレントゲンを撮りましたが異常は無いと言われましたが、実際に痛いのです。脇の痛みは他に原因があるのかとても不安です。

Aベストアンサー

転移を調べたいならば、PET検査を受けてください。
X線では、大きくならないと発見できません。
CT、MRIでも1cmぐらいにならないと厳しい。
5mmぐらいで発見しようと思えば、PETしかありません。

また、その程度で発見できれば、転移の自覚症状はありません。
逆に言えば、自覚症状が出てから、転移が見つかったのでは
遅いということです。

さらに言えば、転移が見つかると言うこと自体、
非常に厳しい状況になります。

癌は、それ自体が毒素を出すわけではないので、
単に「ある」だけならば、問題ありません。
しかし、癌細胞が大きくなると、正常細胞を破壊して、
機能が失われることがあります。
それが、肺、肝臓、腎臓などの重要な組織で起きると
困るので、そうならないように、転移予防として切除手術をします。
つまり、手術をするのは、転移予防が目的です。
癌を切り取ること自体が目的ではないのです。

従って、転移があると、非常に厳しい状態ということになります。

それでも、転移が起きてしまった場合、
限定しているならば、放射線や再切除という方法もありますが、
複数の転移が見つかると、打つ手なし、ということにも
なりかねません。
従って、早期発見がとても重要です。

さて、痛みについてですが、術後2ヶ月で、
転移で痛いということは、まず、考えられません。
痛みが出るほどの転移ならば、すでに手遅れです。
手遅れのような転移ならば、X線で見つけられます。
それ以前に、手術前にわかっているはず。

なので、別の要因と考えるべきです。
このような痛みで可能性があるのは、まず、運動不足。
手術後の痛みを抑えるために、体を動かさない
ということをする方が多くいますが、そうすると、
体の筋肉が徐々に固まって、限界を超えると、
痛みとなって現れます。

などなど、色々な要因が考えられます。
まずは、整形の医師に相談してください。

転移を調べたいならば、PET検査を受けてください。
X線では、大きくならないと発見できません。
CT、MRIでも1cmぐらいにならないと厳しい。
5mmぐらいで発見しようと思えば、PETしかありません。

また、その程度で発見できれば、転移の自覚症状はありません。
逆に言えば、自覚症状が出てから、転移が見つかったのでは
遅いということです。

さらに言えば、転移が見つかると言うこと自体、
非常に厳しい状況になります。

癌は、それ自体が毒素を出すわけではないので、
単に「ある」だけなら...続きを読む

Q転移性骨腫瘍が月曜日に見つかりました。

61歳男性ですが、4年前に膀胱がん3aで膀胱・前立腺・リンパの摘出を受けました。その後の経緯は良好でしたが、3ヶ月前より尿道が痛くなり、また座ると骨盤が痛く車の運転なども辛い状態でした。
その前のCTでは異常がなく痛みを訴えると精神的なもので、精神科へ行くほうがいいですねと言われました(7月5日)。しかし、7月29日に血液検査をするとALPが高くなっており、それを受けて、8月2日に骨シンチ・CTを行い転移が発覚いたしました。病院では化学療法と放射線療法(痛みの緩和のため)を来週から行うので土曜日に入院するように言われました。そこで、3つほど質問させてください。
転移性骨腫瘍は生存率が調べても載っていないのですが、なぜでしょうか。次に、原発癌(膀胱がん)の手術では大変ランキングも高い病院なのですが、転移性ガンでは未知数なところがあります。時間がなかったので、信頼度(ランキング)の高い病院を検索する時間がありませんでした。中部で転移性ガンの治療に対し、信頼性の高い病院を教えていただけませんでしょうか。
最後に転移性骨腫瘍の標準的な治療はGC+放射線なのでしょうか。先端の治療法を教えていただけませんでしょうか。時間がないので乱筆乱文お許し下さい。

61歳男性ですが、4年前に膀胱がん3aで膀胱・前立腺・リンパの摘出を受けました。その後の経緯は良好でしたが、3ヶ月前より尿道が痛くなり、また座ると骨盤が痛く車の運転なども辛い状態でした。
その前のCTでは異常がなく痛みを訴えると精神的なもので、精神科へ行くほうがいいですねと言われました(7月5日)。しかし、7月29日に血液検査をするとALPが高くなっており、それを受けて、8月2日に骨シンチ・CTを行い転移が発覚いたしました。病院では化学療法と放射線療法(痛みの緩和のため)を来週...続きを読む

Aベストアンサー

抗がん剤の癌に対する攻撃破壊効果は99%以上ですが、その破壊力に周りの環境は耐えられないのです。
そのために、免疫力が低下して癌以外の病気の攻撃に耐えることが出来なくなるです。免疫を維持し出来るだけ高めることが、健康と美容の源ですね、抗がん剤は、がん細胞を攻撃して死滅させます。
ところがこの作用は、がん細胞と同時に正常な細胞まで傷つけてしまうことが多く、その結果、強い副作用(薬物有害反応)が現れることがあります。
頻繁に分裂する細胞が狙われる抗がん剤の多くは、細胞自体あるいは細胞の中にあるDNAに致命的な障害を及ぼすようにつくられています。
がん細胞は細胞分裂が活発なため、その分、抗がん剤の攻撃にさらされやすいわけです。
しかし、さかんに分裂・増殖をするのは、がん細胞だけではありません。
正常細胞でも、血液をつくる骨髄の造血細胞や口腔粘膜、消化管、(胃腸)粘膜毛根細胞などは頻繁に細胞分裂をしているため、がん細胞と同様に抗がん剤の作用を受けやすく、傷つきやすくなります。
造血細胞が傷ついて十分に分裂・増殖できなくなると、赤血球や白血球、
血小板などがつくられなくなり、貧血や深刻な感染症、出血などを引き起こしやすくなります。
また、傷ついた正常細胞が毛根制胞であれば脱毛、口腔粘膜なら口内炎、消化管粘膜なら、吐き気や下痢といった症状が副作用としてあらわれます。
吐き気・脱毛・白血球減少に注意とくに起こりやすい副作用は吐き気、脱毛、白血球の減少などです。
副作用の起こりやすさは抗がん剤の種類によって速い、個人差もかなりあります。

しかし、副作用がまったくない抗がん剤は、残念なことに現時点ではまだ開発されていません。
抗がん剤の多くは、その効果を得るために、どうしても副作用が避けられないことがあります。

抗がん剤の主な副作用と発現しやすい時期

投与日
アレルギー反応、吐き気、嘔吐、血管痛、発熱、血圧低下
2~7日
疲れやすい、だるい、食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢
7~14日
口内炎、下痢、食欲不振、胃もたれ、骨髄機能の抑制
(貧血・白血球減少・血小板減少)
14~28日
脱毛、皮膚の角化やしみ、手足のしびれ、膀胱炎

がんは、多くのきっかけや遺伝子の異常が積み重なった時に発症します。実際、私たちの体においては、どんなに健康であろうとも、毎日3000~4000個ほどのがん細胞が存在しているだろうと推測されています。
にもかかわらず日々、日常生活に不都合のない健康がそのまま維持されるのは、常に発生しているであろうがん細胞が、自然治癒力(免疫力)によって排除され続けているからです。

個々のがん細胞の形成は、たしかに食生活や環境汚染などによる遺伝子の異常によって生じます。しかしがん細胞が腫瘍にまで増殖するのは、様々な要因、中でもストレスが私たちの体に変調を来たし、免疫力低下という免疫異常によって引き起こされます。
今日、がんばかりか、生活習慣病である動脈硬化・高血圧、あるいはそれらが温床となって発症する脳や心臓の循環器系疾患、および糖尿病(2004年現在「糖尿病が強く疑われいる人」と「可能性を否定できない人」を合わせると1620万人、日本人の6,3人に1人の割合)なども、その発症の根底には免疫の異常が大きく関与していることが分かってきました。

EF-2001は、エンテロコッカス・フェカリス・EF-2001株 (Enterococcus faecalis EF-2001) の乳酸菌の名称。
日本ベルム・BRM研究所(東京都国分寺市)により、保存性を高める処理をした乳酸球菌体「BRM含有乳酸球菌EF-2001(特許・第3151442号)」が開発されている。
2001年8月オランダで開催された国際微生物学会での論文発表によると「各種乳酸菌の免疫活性能比較」で最も免疫活性能が高い乳酸菌であると発表された。この免疫力を高める有効成分は「細胞壁(殻)」にあるため、加熱安定化することによって他の乳酸菌素材にはなかった特性が生まれる。
miharuの免疫乳酸菌で検索して参考にして下さい。

抗がん剤の癌に対する攻撃破壊効果は99%以上ですが、その破壊力に周りの環境は耐えられないのです。
そのために、免疫力が低下して癌以外の病気の攻撃に耐えることが出来なくなるです。免疫を維持し出来るだけ高めることが、健康と美容の源ですね、抗がん剤は、がん細胞を攻撃して死滅させます。
ところがこの作用は、がん細胞と同時に正常な細胞まで傷つけてしまうことが多く、その結果、強い副作用(薬物有害反応)が現れることがあります。
頻繁に分裂する細胞が狙われる抗がん剤の多くは、細胞自体あるいは細...続きを読む

Q肺ガンの骨転移 今後の経過について

肺ガンの骨転移 今後の経過について

67歳男性、私の父です。
最初の診断からこの2月で5年になります。
以前にも質問させて頂いておりますが、病状が変わったのでまた質問させて下さい。
今までは肺内転移だけでしたが先日のアイソトープで骨転移を起こしている事がわかりました。
相当に痛むらしく、オキシコンチンとオキノームという鎮痛剤が処方されました。
医療用麻薬との説明を受け、服用を始めましたが効き方が緩やかなのが気に入らない様です。

医師の説明では腫瘍自体は4か所の肺内転移、リンパ節転移、骨転移という事で
そのうちの腫瘍のひとつが直径8センチになっているとの事です。
間質性肺炎も患っており、急性増悪は免れているものの、
肺の線維化も着実に進んでいるという事です。
咳も継続的に出ていますし、息切れも強くなって来ています。

ちなみに骨転移には放射線も有効だそうですが
担当医は転移部位が肋骨で、間質性肺炎が悪化するリスクが高いので
放射線は使えないと言っていました。

一般的に骨転移を起こすと、どのような弱り方をしていくのでしょうか。
またどのような事が起こり得るのでしょうか。
癌の種類によっても違うのでしょうけど、
色々なHPなどを見ると余命には直接的に影響はしなそうですが
結局痛み止めがどんどん強いものになり、
その影響で弱っていく様な事が多く書かれているように思います。
本人いわく「今までの痛みとはレベルが違う。これが始まりのレベルだとしたら
この先どんなに痛いのか想像出来ない。」と言っています。
余命に関してはもう時間の問題だろうという見立てです。
また本人も「あまりに辛いようなら十分頑張ったからもういい」
などと言っています。

もう5年も闘病していますので、多少厳しい内容でも遠慮なくご回答頂ければと思います。
ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願い致します。

肺ガンの骨転移 今後の経過について

67歳男性、私の父です。
最初の診断からこの2月で5年になります。
以前にも質問させて頂いておりますが、病状が変わったのでまた質問させて下さい。
今までは肺内転移だけでしたが先日のアイソトープで骨転移を起こしている事がわかりました。
相当に痛むらしく、オキシコンチンとオキノームという鎮痛剤が処方されました。
医療用麻薬との説明を受け、服用を始めましたが効き方が緩やかなのが気に入らない様です。

医師の説明では腫瘍自体は4か所の肺内転移...続きを読む

Aベストアンサー

No.1回答者です。
記憶障害、とのこと。
お薬(麻薬)の所為か、脳への転移の所為かはわかりませんが、
そのような状態になっていく、そして眠る時間が長くなってくる、とお考え下さい。
起き上がれなくなり、夢の世界に住む時間が長くなってきて
(ありもしないことを言ったり、どこにいるのかわからなくなったり。いわゆるせん妄)、
だんだんろれつも回らなくなってくると思います。
(脳への転移の場合は小脳なのかそうではないか転移場所によって症状が違ってくるとは思いますが)

でも、それでよいのだと思います。
癌は痛く苦しいもののようです。特に肺がんは呼吸がくるしく、最期は全身を使ってつねに全力疾走のような口呼吸をするようになりました。
亡くなったとき、硬くかたまってしまい、口を閉じさせることができませんでした。
口を閉じさせる目立たない針金のようなもので顎のしたから押さえる形で病院が閉じさせてくれましたので、きっとよくあることなのでしょう。

そんな状態で意識がしっかりしているのはつらすぎるとは思いませんか。
本来の「骨転移」の質問と回答はずれていきますが、「どのような弱り方をしていくのか」という質問に対しては、
「麻薬の作用と副作用」により、夢のなかへ旅立つという最期を迎えられるのではないでしょうか、と言う回答になります。

そのうち病院側から「24H麻薬点滴で眠らせる(セデーション)」
「心肺停止時に蘇生を行うかどうか」などの説明があると思います。

看病しているみなさんでよくお話し合いをもって、良い時間をすごしてください。

No.1回答者です。
記憶障害、とのこと。
お薬(麻薬)の所為か、脳への転移の所為かはわかりませんが、
そのような状態になっていく、そして眠る時間が長くなってくる、とお考え下さい。
起き上がれなくなり、夢の世界に住む時間が長くなってきて
(ありもしないことを言ったり、どこにいるのかわからなくなったり。いわゆるせん妄)、
だんだんろれつも回らなくなってくると思います。
(脳への転移の場合は小脳なのかそうではないか転移場所によって症状が違ってくるとは思いますが)

でも、それでよ...続きを読む

Q助けて下さい。先日、転移性骨腫瘍が見つかりました。

61歳、男性です。4年前に膀胱ガン《3a》で、膀胱、前立腺及びリンパの全摘を受けました。
その後は順調に推移していたのですが、先日の検診で、骨に転移しているのがわかりました。
入院前に色々な拠点病院に尋ねたところ、皆さんほぼ同じ回答で、GCと放射線が標準治療法で、お世話になっている病院でも同様の処置をしてくださるとのことで、病院でも、ベストの方法をとっていただいているものと確証しております。
色々な論文を見ますと、生存期間中央値が12ヶ月~14ヶ月となっており、逆に24ヶ月以上生存された方は、その後長期に渡り存命されておられるようなデータがあります。そこで、質問させて下さい。
早くなくなられた方々の原因と考えられる事、逆に永く存命される方の秘訣を教えてください。どうか助けて下さい。

Aベストアンサー

素人です。
治療対象が均一でないから、生存期間が異なるのだと思います。
癌の状況も人それぞれ。
さまざまなルールで同じような人の集団にしても、違うものが混じっているから
生存期間が異なるのだと思います。
何が違うか?わかれば新しい治療戦略が生まれると思います。
それがわかったら、新しい発見だと思いますよ。

治療前の癌の状況が違うから、生存期間が長かったり、短かったりするけど
どういう癌が治療が非常によく効くかは、よくわからないってことではないでしょうか?

ところで、生存期間が長い、短いとあっても、その生存の質はだれが判断するのでしょうか?
生存期間 × 生活の質 = 人生の豊かさ という計算式で考えた時に、
質を高めれば、生存期間が短くなっても、より豊かで実りある人生を送れるという考えもあると思います。
人間は不老不死ではありません。もともと、限られた命です。
終わりが見え隠れしたことに、あせらずに、人生を楽しまれることをお祈りします。

Q義父が肺ガン(腫瘍11.5センチリンパ転移) の治療を開始しました。 新薬のオプジーボを使っての免疫

義父が肺ガン(腫瘍11.5センチリンパ転移)
の治療を開始しました。
新薬のオプジーボを使っての免疫治療だそうです。
病院の先生は効果があると言っていますが
本当に腫瘍が小さくなったり消滅する事があるのでしょうか?
事例が少なく調べようがありません。
詳しい方宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

肺がんには種類が有ります、非細胞がんと小細胞がんです、オプジーボが使用できる条件は同じ肺癌でも非細胞がん(腺がん、扁平上皮がん、等で)小細胞がんには使用出来ません、オプジーボは保険適用になりましたが毎月の治療費は高額医療費を使用しても10万円強係ります、オプジーモも未だ新薬の為にデーターが不足しているのが現実です、今は約25%位の人に効果が確認されています。転移がなければ癌が小さくなれば手術にて癌が有る葉を切除するのが一番ですがね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報