61歳、男性です。4年前に膀胱ガン《3a》で、膀胱、前立腺及びリンパの全摘を受けました。
その後は順調に推移していたのですが、先日の検診で、骨に転移しているのがわかりました。
入院前に色々な拠点病院に尋ねたところ、皆さんほぼ同じ回答で、GCと放射線が標準治療法で、お世話になっている病院でも同様の処置をしてくださるとのことで、病院でも、ベストの方法をとっていただいているものと確証しております。
色々な論文を見ますと、生存期間中央値が12ヶ月~14ヶ月となっており、逆に24ヶ月以上生存された方は、その後長期に渡り存命されておられるようなデータがあります。そこで、質問させて下さい。
早くなくなられた方々の原因と考えられる事、逆に永く存命される方の秘訣を教えてください。どうか助けて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

素人です。


治療対象が均一でないから、生存期間が異なるのだと思います。
癌の状況も人それぞれ。
さまざまなルールで同じような人の集団にしても、違うものが混じっているから
生存期間が異なるのだと思います。
何が違うか?わかれば新しい治療戦略が生まれると思います。
それがわかったら、新しい発見だと思いますよ。

治療前の癌の状況が違うから、生存期間が長かったり、短かったりするけど
どういう癌が治療が非常によく効くかは、よくわからないってことではないでしょうか?

ところで、生存期間が長い、短いとあっても、その生存の質はだれが判断するのでしょうか?
生存期間 × 生活の質 = 人生の豊かさ という計算式で考えた時に、
質を高めれば、生存期間が短くなっても、より豊かで実りある人生を送れるという考えもあると思います。
人間は不老不死ではありません。もともと、限られた命です。
終わりが見え隠れしたことに、あせらずに、人生を楽しまれることをお祈りします。
    • good
    • 0

癌治療を現代医学に任せることは自由ですが、現代医学のがん治療は悪い結果をもたらします。



確率的になら、逆にゲルソン博士の栄養療法は良い結果をだしています。

参考までに下記をごらんください。
    • good
    • 0

人間、個人個人で違うのです。

他の人が長生きできたのは偶々かもしれない。
お医者さんを信じて心安らかに過ごしなさい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膀胱がんの検査で膀胱鏡使用します。先生はキシロカインゼリーを膀胱鏡に塗るだけで、すぐ挿入してきます。

膀胱がんの検査で膀胱鏡使用します。先生はキシロカインゼリーを膀胱鏡に塗るだけで、すぐ挿入してきます。これでは麻酔にならないと思いますが、通院している病院ではこのやり方を採用しているようです。インターネットを見ると、どこの病院でも麻酔は時間を決めてしばらく置いてからカメラを挿入するようですがそのようなやり方をしている病院を教えてください。

Aベストアンサー

清瀬市なら、東京病院はいかがですか?
軟性スコープを使用していたはずです。

Q私は5年前に膀胱がん(3a)で膀胱、前立腺の全摘

を受けました。
それが、先日骨盤に転移しているのが分かり、抗がん剤(GCを3クール)と放射線3ダイン10回
を受けました。その結果、がん組織は半分ほどの大きさ(3.5cm)に縮小し、それなりの結果が得られたとの判断を主治医がしています。
現在は肝機能(GPT;104、GOT値;80)が衰えており、現在自宅で療養(3クール後;2週間)しています。
体調が落ち着いたら治療が再開されると思うのですが、そこで5点ほど質問させてください。
5点全てにご返事をいただけなくともいいのですが、教えていただけないでしょうか。
質問1放射線の治療を受けたわけですが、今後陽子線の治療を受けることは可能でしょうか。
担当医から放射線では痛みを取るだけで癌組織を駆逐する役割はあまりないと施術後言われ、がっかりきました。陽子線・重粒子線では効果があると聞いたのですが?
質問2副作用が落ち着いてきており、自分としては4クール目をしてもらいたいのですが、12月下旬にCTを撮り、それを見てからと考えておられるようです。効果があったと言われるから続けてやってもらいたいのですが、開けたほうがいいのでしょうか。
質問3主治医はGC療法に変わりGDC療法(ゲムシュタビン+ドセタキセル+カルボプラチン)を主治医は考えている(先日学会で発表)ようなのですが、学会で主治医はGCで効果が見られないようになったら、GDC療法がセカンドライン治療として使えると発表(ネットテで発表したものの概要集を入手)しており、まだ3クールしかしていないのにGDCをやりたいような口ぶりに聞こえます。入院当初GCで効果があるときには、GCで治療していくということだったのですが、本当に、早くからGDCをやったほうがいいのでしょうか。
質問4放射線、抗がん剤の治療後GPT値、GOT値が高くなっており、なかなか正常値の戻りません。原因はどのようなことが考えられるでしょうか。
質問5 4の質問に関連してですが、GPT、GOT値を下げる方法(食事等)を教えていただけないでしょうか。
  以上 質問させていただきましたが、一部だけでも結構ですからご教示いただけないでしょうか。

を受けました。
それが、先日骨盤に転移しているのが分かり、抗がん剤(GCを3クール)と放射線3ダイン10回
を受けました。その結果、がん組織は半分ほどの大きさ(3.5cm)に縮小し、それなりの結果が得られたとの判断を主治医がしています。
現在は肝機能(GPT;104、GOT値;80)が衰えており、現在自宅で療養(3クール後;2週間)しています。
体調が落ち着いたら治療が再開されると思うのですが、そこで5点ほど質問させてください。
5点全てにご返事をいただけなくともいいのですが、教えていただけないでしょ...続きを読む

Aベストアンサー

陽子線の治療を受ける条件があります
残念ですが
病巣が原発であること
また限局であること(転移していない)
となっています

肝臓機能の低下については
原因として
放射線の影響(副作用)により肝臓が損傷していると思われます
肝臓は特に放射線の影響を受けやすいとされています
この場合の治療法については医師にお尋ねに
なるのが一番よろしいです

Q心臓付近(少し下の中央)の骨が痛いです。

こんにちは。
今日、クラスの人にいきなり殴られまして、心臓付近(少し下の中央)の骨が笑ったり、走ったりすると痛みます。骨にひびでもはいったのでしょうか?

Aベストアンサー

うーん
この辺は医者に見てもらったほうがよいです

あと人間関係が良い方なら
その事をやった相手に言い謝罪などを受けるべきです

まぁこのてはなーなーになりがちですが
少なくともおやと担当教師には言った方がいいかなぁ

Q群馬近辺の病院で骨ガンに強い病院

閲覧ありがとうございます。

私の父親が重度の骨ガンを患っており、生活にも支障が出始めてしまっています。
現在は群馬県の実家にて休養生活を送っているのですが、すこしでも楽にという本人の希望もあり、通院している病院以外の病院・医師のかたを探すことになりました。
そこで質問させていただきたいのですが、群馬県の富岡市から車で通える範囲の病院もしくは医院などで骨ガンに強いところはありますでしょうか。

ご回答をどうぞよろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

おはようございます!

公立富岡総合病院に一度、問い合わせされてみては、いかがですか?

http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/vKihon/A10010

参考まで!

後、癌には、紅豆杉がいいと聞きました! 副作用もないようです?

大丸、高島屋デパートでも、販売してあります! 

http://www.kotosugi.co.jp/

後、骨転移治療の闘病記のホームページありましたので、参考にしてください!

http://next-daylife.com/hone/



少しでも、病状良くなるよう、お祈りしています!

Qがんの生存率

がんは一般に術後5年生存で治癒といわれていますが、生存曲線をみると、5年経過以降も同じ様な傾斜で下降していくものをよく見ます。やはり何年経っても再発したり、治療によるダメージなどで、生存率が下がり続けるのでしょうか。

Aベストアンサー

私の身の回りの方をみた経験上のデーターですが、5年以内に再発されなくても、癌になる方というのは体質なのか食べ物なのか良く分かりませんが再度別の癌にかかられる方が多いように思います。

もちろん、5年経ち癌が完治したとは言え、臓器を摘出したりしているわけですから、抵抗力や免疫力が普通の人より弱っているという点も見逃せないと思います。

5年というのは再発が考えられる可能性の年数だと思うので、5年という年数も一概に言えないとは思うのですが、5年を目安に下降曲線が描かれるという事だと思いますが。

癌の原因が何なのか・・・?は分かりませんが、私の周囲ではそういった人が多いなあと感じています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報