出産前後の痔にはご注意!

出来ない(法曹は除き)との認識なのですが、今日友人宅に突然元妻から戸籍の附票をたどって、知らないはずの住所へ養育費などの請求通知が来たとの事なのです。本人はパニックになってしまい・・ネット環境もないので当方で質問させて頂きます。
もしかしたら、子供は離婚しても父親の戸籍らしいので、そのせいで取得出来たのでしょうか?
お詳しい方、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

戸籍は、「配偶者、親、子」等であれば、請求が可能です。


以下に、あなたの事例と同じもの「離婚した妻の場合」が記載されていたので、ご参考にどうぞ。


Q.戸籍や戸籍の附票は、本人以外でも取得が可能か教えて下さい。
http://xn--pqqy41ezej.com/?p=2593
    • good
    • 1

問題なく、住民票は取得できます。



養育費請求ということであれば、取得理由としては正当な理由となります。

養育費は、親権者の権利ではなく「子供の権利」になりますので、今の親権者が代理申請をすることで市役所は開示します。
    • good
    • 0

>戸籍・又は戸籍の附票は、基本的に本人以外取得出来ない(法曹は除き)との認識なのですが



 例えば、お金の貸主が借主に督促状を送付するため、借主の戸籍の附票の写しの交付を請求することができます。貸主は借主に対して、貸金返還請求権を有しているわけですから、自己の権利を行使するために戸籍の附票の記載事項を確認する必要がある者に該当し、督促状の送付先を確認するために、戸籍の付票を取得するのは、相当な理由として認められます。ですから、弁護士等でなければ、他人の戸籍の付票を取得できないわけではありません。
 もっとも、本件では、子供は父親の直系卑属ですから、そういう観点からも、父親の戸籍の附票の写しの交付を請求することは当然可能です。
 養育費の請求と言うことは子供は未成年者であり、母親(元妻)が子供の親権者になっているのでしょうから、元妻は子供の法定代理人として請求したものと思われます。

住民基本台帳法
(戸籍の附票の写しの交付)
第二十条  戸籍の附票に記録されている者又はその配偶者、直系尊属若しくは直系卑属は、これらの者が記録されている戸籍の附票(第十六条第二項の規定により磁気ディスクをもつて戸籍の附票を調製している市町村にあつては、当該戸籍の附票に記録されている事項を記載した書類。以下この条及び第四十七条において同じ。)を備える市町村の市町村長に対し、これらの者に係る戸籍の附票の写しの交付を請求することができる。
2  国又は地方公共団体の機関は、法令で定める事務の遂行のために必要である場合には、市町村長に対し、当該市町村が備える戸籍の附票に記録されている者に係る戸籍の附票の写しの交付を請求することができる。
3  市町村長は、前二項の規定によるもののほか、当該市町村が備える戸籍の附票について、次に掲げる者から、戸籍の附票の写しが必要である旨の申出があり、かつ、当該申出を相当と認めるときは、当該申出をする者に当該戸籍の附票の写しを交付することができる。
一  自己の権利を行使し、又は自己の義務を履行するために戸籍の附票の記載事項を確認する必要がある者
二  国又は地方公共団体の機関に提出する必要がある者
三  前二号に掲げる者のほか、戸籍の附票の記載事項を利用する正当な理由がある者
4  市町村長は、前三項の規定によるもののほか、当該市町村が備える戸籍の附票について、第十二条の三第三項に規定する特定事務受任者から、受任している事件又は事務の依頼者が前項各号に掲げる者に該当することを理由として、戸籍の附票の写しが必要である旨の申出があり、かつ、当該申出を相当と認めるときは、当該特定事務受任者に当該戸籍の附票の写しを交付することができる。
5  第十二条第二項から第四項まで、第六項及び第七項の規定は第一項の請求について、第十二条の二第二項、第三項及び第五項の規定は第二項の請求について、第十二条の三第四項から第六項まで及び第九項の規定は前二項の申出について、それぞれ準用する。この場合において、これらの規定中「総務省令」とあるのは「総務省令・法務省令」と、第十二条第七項及び第十二条の二第五項中「同項に規定する住民票の写し又は住民票記載事項証明書」とあり、並びに第十二条の三第四項第四号及び第九項中「第一項に規定する住民票の写し又は住民票記載事項証明書」とあるのは「第二十条第一項に規定する戸籍の附票の写し」と読み替えるものとする。
    • good
    • 0

本人ではなくても直系親族ならば取得できます。


まして子供が父親の戸籍に入っているなら本人の戸籍ですから何の問題もなく取れますね。
    • good
    • 0

元妻が自分の戸籍を調べれば、そこからあなたの戸籍がわかりますが?

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q元夫の行方を知るには?

6年前に調停離婚をしました。調停調書が有ります。

養育費を子ども20歳まで支払う約束ですが、この3年間未納となっております。

元夫は調停時の住所には住んでおらず現住所が分かりません。

離婚後、私は新しい戸籍を自分で作り子どもと2人の籍となっております。

元夫の本籍地は分かりますが、戸籍附表は私が子どもの代理で取り寄せることは可能でしょうか?

また附表から元夫の現住所は分かりますか?

Aベストアンサー

お子さんには親の戸籍関係の資料を取り寄せる権利があります。そして子供が未成年であれば親権者として法定代理人となりますので、お子さんの権利行使をあなたが行えることでしょう。
したがって、あなたが元夫の戸籍を調べるのではなく、あなたがお子さんの法定代理人としてお子さんの父親を調べるのです。

言い回しによっては、役所は戸籍の附表などを交付しないかもしれませんからね。そして、権利行使には親子関係とあなたの身分の確認が必要ですので、あなたとお子さんの戸籍謄本が必要でしょうね。

役所に電話で手続きについて聞けば、必要な証明書類などを教えてくれることでしょう。

注意点として、本籍地は自由に異動ができます。異動するたびに戸籍が作成されます。婚姻や養子縁組によっても戸籍が異動する場合があります。そうなると、現在有効な本籍地を調査しなければなりません。あなたが知っている本籍地から異動していなければ簡単かもしれませんが、異動している場合には、除籍謄本などを取得して異動先などの記載から追いかける必要もあるでしょう。

他の回答にもありますが、あくまでも住民票の届出住所がわかるだけで、手続きを忘れている場合や隠そうとするような人の場合には、正しい手続きをしていないこともあるでしょうね。その場合には、専門家の力が必要でしょう。
調停証書などにより、財産の差し押さえなどをするにしても、人をみつけても財産がわからなければ意味がありませんからね。

ご自身である程度まで頑張られることは良いですが、すべてができることととは限らないことを理解してください。
弁護士が敷居が高いなどと考えるのであれば、司法書士への相談も方法の一つです。裁判書類作成や法的な請求手配なども可能でしょうからね。

お子さんには親の戸籍関係の資料を取り寄せる権利があります。そして子供が未成年であれば親権者として法定代理人となりますので、お子さんの権利行使をあなたが行えることでしょう。
したがって、あなたが元夫の戸籍を調べるのではなく、あなたがお子さんの法定代理人としてお子さんの父親を調べるのです。

言い回しによっては、役所は戸籍の附表などを交付しないかもしれませんからね。そして、権利行使には親子関係とあなたの身分の確認が必要ですので、あなたとお子さんの戸籍謄本が必要でしょうね。

役所に...続きを読む

Q住民票や戸籍謄本を勝手に取られない方法

本人の知らない間に、住民票や戸籍謄本を勝手に取られてしまう事を防ぐ方法はありますか?
身分証明のコピーさえ添付すれば、郵送でも戸籍謄本まで取れてしまうようなのですが、本人に断りなく取れてしまうということなのでしょうか?
個人情報について厳しく言われる今日なのに、あまりに無防備だと思うのですが・・・
恥ずかしい話なのですが、ほぼ無理やり別れた元妻が、私の再婚状況を気にして 
今後勝手に私の住民票や戸籍謄本を取りそうなので、
何かよい方法があれば 教えていただきたく 質問させていただきます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず1点確認を・・・
>身分証明のコピーさえ添付すれば~~本人に断りなく取れてしまうということなのでしょうか?
そのようなことはありません。
基本的に『住民票は同一世帯の人』『戸籍謄抄本は直系親族』以外の第三者が請求する場合は、請求事由が正当と認められなければ交付できません。
少し安心されたのではないですか?
ですが、#1の方が言うとおり、委任状を偽造されてしまえば請求事由など関係無しに交付されます。何度本籍を移しても、順番に請求すれば最新本籍まで追えてしまいます。

それ以前に・・・
あなたの現在戸籍に、離婚した妻が除籍として記載されていた場合、元妻は自由に戸籍を請求できます。(自分の載ってる戸籍だから)

元妻が委任状偽造などの違法行為をしないのであれば・・・
貴方が別市町村に転籍を1度すれば取られなくなります。
でも、二人の間の子供がいて、あなたの戸籍に残っていれば取れてしまいます。(自分の子供の戸籍は取れるので)

#3の方の言う、特定の者からの交付請求に対応しないようにロックをかける・・・
というのは、あくまで行政側の苦渋の処理であり、実際には・・・
窓口で『委任状の偽造を立証する』か『本人申請の場合は請求事由の虚偽を立証する』をしない限り、交付申請の拒否はできません。(実際窓口で立証なんぞできません)
逆に行政側が違法と言われかねません。

後手といわれるでしょうが、『自分の戸籍や住民票を取った人を情報公開してもらい、訴えを起こす』しかできないのが現状でしょう。

まず1点確認を・・・
>身分証明のコピーさえ添付すれば~~本人に断りなく取れてしまうということなのでしょうか?
そのようなことはありません。
基本的に『住民票は同一世帯の人』『戸籍謄抄本は直系親族』以外の第三者が請求する場合は、請求事由が正当と認められなければ交付できません。
少し安心されたのではないですか?
ですが、#1の方が言うとおり、委任状を偽造されてしまえば請求事由など関係無しに交付されます。何度本籍を移しても、順番に請求すれば最新本籍まで追えてしまいます。

それ...続きを読む

Q親子なのに住民票を取るのに、なぜ委任状が必要?

たびたび同カテゴリーへの質問お許し下さい。

親は本籍地と住所の地名は違いますが同じ東京都北区です。
私は今は結婚して別の区に住んでます。

本日北区まで行き、身分証明書を提示して親の戸籍を取りました。
その後、親の住民票を取ろうとしたら
「親子でも別世帯の場合は委任状が必要」と言われました。
これってなんか変じゃないですか?
ちなみに行ったのは北区区民事務所豊島分室です。

住所は別でも戸籍を取った直後ですから、
親子である証明は十分されてると思いますが
なぜで委任状が必要なのでしょうか??

Aベストアンサー

これは北区さんの個人情報保護条例に
依るかもしれませんけども、
一般的にいえることは、戸籍照会によって
委任状無しでも親御さんの住民票が取れます。
という処置はとれないでしょうね。
それほど戸籍の権限と住民票の権限は
別ものと考える自治体もあります。
親子関係が確認できればOKという所もあるんです。
これは自治体によってしまいます。

それと、これが大事なことです。
親御さんが載っている戸籍には除籍者として
貴方が記載されているようですね。
なので、親御さんの戸籍は貴方の従前戸籍です。
で、あれば親御さんの戸籍の謄抄本を請求する
権利は当然貴方にも与えられるわけです。
ですが、住民票の場合貴方が消除者として
記載が残っているかどうか、あるいは消除者で
あっても別世帯になれば請求の権利はありません。
という場合もあります。
住民票の方が経済活動に直結するので、
ナーバスな自治体は多いです。むしろ戸籍よりも。
戸籍が取れたんだから…住民票くらい…。
という感覚…意外と逆なことがあります。
以前にご質問になった時に気がついてあげれば
良かったです。気が利かなくてごめんなさい。
「住民票を請求する際に必要なものはありますか?」
と、「別世帯の親のもです」という内容も伝えて、
必要書類について
徹底的に聞いちゃった方がいいです。
No.3さんの言う通り杓子定規と職員も思っている
のは事実ですけど、そういう規定がある限り、
公務員が法に従って仕事をすることが義務付け
られている限り、貴方のこの場合にだけは
特別な扱い…は、できないんですよ。
公務員の立場からみたって窮屈さを感じることは
しょっちゅうです。あ…、こんなことを言っては
怒られちゃいますね。(^_^A

これは北区さんの個人情報保護条例に
依るかもしれませんけども、
一般的にいえることは、戸籍照会によって
委任状無しでも親御さんの住民票が取れます。
という処置はとれないでしょうね。
それほど戸籍の権限と住民票の権限は
別ものと考える自治体もあります。
親子関係が確認できればOKという所もあるんです。
これは自治体によってしまいます。

それと、これが大事なことです。
親御さんが載っている戸籍には除籍者として
貴方が記載されているようですね。
なので、親御さんの戸籍は貴方の従...続きを読む

Q元妻から探されないか心配、養育費を請求されている

 <質問内容>
 1、元妻が元夫の現住所を確認したい場合に、戸籍の閲覧は許されるのでしょうか?
 2、養育費の支払いを約束した書面を作成していないケースでの民事裁判は起こせるのか?
 
 <具体的な現状>
  私の古くからの友達がいまして、現在は結婚し家庭を持っているのですが、
 以前に別の人と結婚して子供を一人設けていました。

 元妻とは離婚する際に口約束で「養育費を払う」と約束していたのですが払っていないそうで、職場にも電話をしてくるそうで、それに悩み転職しました。新しく結婚した奥さんは口約束ならば養育費を払うことに反対で、家計にうるさいタイであり、払おうとしても完全小遣い制で財布の紐を握られているそうです。養育費の支払いに関しての書面は作成していないようです。

 離婚してから、それほど遠い場所に引っ越したわけではないもの元奥さんは具体的な住所を知りません。できれば、このまま元妻には違う男性と結婚してもらい、養育費の約束は忘れてほしいと願っているようなのですが、現在の奥さんとの住居に乗り込んでこられたらどうしようと心配しているそうです。
 
 元妻が現住所を確認する方法としては
 1、元勤務していた会社の同僚が現住所を漏らす可能性もあります
 2、探偵を雇う
 など考えられますが、戸籍の附表には現住所が記載されていますよね?

 元妻が元夫の戸籍の附表を確認するのは可能なのでしょうか?
 
 そして、このケースで元妻が民事裁判を起こすことは可能でしょうか?

 <質問内容>
 1、元妻が元夫の現住所を確認したい場合に、戸籍の閲覧は許されるのでしょうか?
 2、養育費の支払いを約束した書面を作成していないケースでの民事裁判は起こせるのか?
 
 <具体的な現状>
  私の古くからの友達がいまして、現在は結婚し家庭を持っているのですが、
 以前に別の人と結婚して子供を一人設けていました。

 元妻とは離婚する際に口約束で「養育費を払う」と約束していたのですが払っていないそうで、職場にも電話をしてくるそうで、それに悩み転職しました。新しく結...続きを読む

Aベストアンサー

ひどいご友人ですね。

養育費と慰謝料は全く別物です。
養育費はあくまでもお子さんのためのものです。
離婚は夫婦の問題であり、親の義務が亡くなったわけではありませんよ。
口薬草どころか、裁判で訴えられれば、払わなくてはならないものですよ。

元妻が子の権利の代理・親権者として元夫に養育費の請求を理由とする場合には、正当な理由に該当することでしょう。正当な理由となれば、元夫の住所や戸籍の状況は、確認できるものです。
もちろん、元夫の本籍や住所地の管轄する役所の判断となりますが、訴訟や調停の申し立てを理由とすれば、専門家は簡単に調べることは可能です。

本籍地を異動して戸籍を変えたとしても、戸籍はたどることができます。
元妻は別としても、子をほったらかしにしての自分の幸せだけを守ろうとしていては、元妻の言いなりにされることでしょう。

私は司法書士事務所の職員ですが、専門家用の職務上請求書を利用すれば、依頼者の要望とする戸籍などの入手は簡単に行えます。もちろん、専門家が守るべき法律に従うわけですが、養育費請求のためとなれば、簡単にとることでしょうね。

民事訴訟ではなく、家事調停や審判になるように思いますよ。
ご友人と再婚相手の二人で専門家に相談すべきでしょう。
書面がないから逃げられるのではなく、口約束が守られないのであれば書面を作成する、協力しなければ、裁判所で書面作成するとなるのです。
もしも、家事審判などの裁判形式で元夫が欠席するのであれば、元妻の訴えのみで判決が出される可能性もあります。そうなれば、元夫の財産の差し押さえなどができてしまうことでしょう。
話し合いであれば、元夫の生活を守ることも視野に入れて離せますが、裁判形式となっても再婚相手がどうこう言っていれば、新しい幸せが壊れることでしょうね。
もしも、再婚相手との間に子がおり、さらに離婚となれば、両方の子のための養育費を稼ぐので精いっぱいになり、新しい幸せなどは難しくなるかもしれませんね。

あなたの立場でいえなければ、子の権利であり、離婚相手である元妻の権利ではなく、逃げ道が少ないようである。再婚相手とよく相談し、専門家のアドバイスを受けるべき、と進言しましょう。

ひどいご友人ですね。

養育費と慰謝料は全く別物です。
養育費はあくまでもお子さんのためのものです。
離婚は夫婦の問題であり、親の義務が亡くなったわけではありませんよ。
口薬草どころか、裁判で訴えられれば、払わなくてはならないものですよ。

元妻が子の権利の代理・親権者として元夫に養育費の請求を理由とする場合には、正当な理由に該当することでしょう。正当な理由となれば、元夫の住所や戸籍の状況は、確認できるものです。
もちろん、元夫の本籍や住所地の管轄する役所の判断となりますが、訴訟...続きを読む

Q戸籍を変えたため住所の証明ができません。対処法は?

こんにちは。
このたび車を新しく購入することになったのですが、
前の車検証の住所との整合性を調べるため、戸籍の附票を取ってきてくださいといわれました。
しかし、今の車を購入してから、結婚の際に戸籍の変更をしており、5年以上経過してしまったため、住所の証明をすることができません。

具体的に記しますと、以下の通りです。

2001年 A市で車購入(戸籍の住所は甲市(父の生家)。父の戸籍に入っていました)
2003年 結婚の際戸籍を独立(住所は実家の乙市)、A市からB市に引越(乙市とB市は別)。
2004年 B市からC市に引越。
2005年 現在のD市に引越。

本日乙市に問い合わせたところ、B市からD市までしか記載されておらず、
甲市に問い合わせたところ、すでに除票はありませんでした。
週明けにB市に問い合わせて住民票の除票があるかどうか確認しますが、五年半経っているため、可能かどうかは分かりません。

今回の車に関しては、ディーラーとも相談したところ、仮に週明けの問い合わせで住民票がダメだった場合でも、A市とB市のつながりを証明する方法が何とか有るようですが、A市の前の住所の証明は難しいようです。

家族にそのことを話すと、相続の際に大変になると言われました。
私が死んだ後の相続人に迷惑がかかるのであれば、今のうちに打てる手があれば打っておきたいのですが、
何か対処法はあるのでしょうか?
多少お金がかかっても、今のうちに出来ることはしておきたいのですが。

こんにちは。
このたび車を新しく購入することになったのですが、
前の車検証の住所との整合性を調べるため、戸籍の附票を取ってきてくださいといわれました。
しかし、今の車を購入してから、結婚の際に戸籍の変更をしており、5年以上経過してしまったため、住所の証明をすることができません。

具体的に記しますと、以下の通りです。

2001年 A市で車購入(戸籍の住所は甲市(父の生家)。父の戸籍に入っていました)
2003年 結婚の際戸籍を独立(住所は実家の乙市)、A市からB市に引越...続きを読む

Aベストアンサー

戸籍の附票は、その戸籍が除籍になってから5年間保存されます。
お父様の戸籍から婚姻により除籍になったと言われますが、その戸籍自体が除籍になっていますか?戸籍が除籍になるには、戸籍上に記載されている方が全員除籍にならないと、戸籍自体は除籍になりません。

確認ですが、乙市に問い合わせたのは、結婚後の戸籍の附票ではないでしょうか?kita33dr様が婚姻される前のお父様の戸籍の附票を確認すれば、そこにkita33dr様の婚姻前までの住所の変遷が記載されているはずです。

Q戸籍の附票を世帯全員分取りたいのですが

こんにちは。ご質問させて頂きます。

質問の内容がわかりづらいようでしたらすみません<m(__)m>
同じ世帯で3人分の戸籍の附票を取りたい場合は1人づつの名前で附票を取るのでしょうか

(戸籍の謄本は世帯全員ですが、戸籍の抄本だと個人の名前になっているように)
郵送で請求するので手数料の計算をしたいので教えて下さい。
(何度も役所に行っているのでこのくらいの事で聞きづらいので(^_^;)

宜しくお願い致します<m(__)m>

Aベストアンサー

 世帯というのは、住民基本台帳法上の概念であって、戸籍法にはそのような概念はありません。例えば、父A、母B、子C、子Cの配偶者Dが、世帯主Aとする同一世帯として住民登録をしているとします。
 世帯全員の住民票の写しを請求すれば、その住民票の写しにはA、B、C、Dが載っています。
 しかし、戸籍の付票を請求する場合、AとBは夫婦ですから同一の戸籍ですが、C及びDも夫婦ですから、ABの戸籍とCDの戸籍は別の戸籍になります。
 この場合、ABの戸籍(筆頭者は、Aの氏を称する婚姻であればAが、BであればBになるので、世帯主がAだからと行って戸籍の筆頭者がAとは限りません。)の付票の全部の写しと、CDの戸籍の附票の全部の写しを請求する必要があり、戸籍の附票は合計で2通取得することになるわけです。ですから、3人が同じ戸籍なのかどうなのかによって答えが変わります。
 御相談者の場合、住民票は、世帯主A(父)、B(母)、C(子)の同一世帯で登録されており、戸籍簿は筆頭者A、配偶者B、子C(未婚)を前提とした質問なのかなとは思ったのですが、家族のあり方は千差万別なのですので、細かいようですが、上記の説明をさせて頂きました。

 世帯というのは、住民基本台帳法上の概念であって、戸籍法にはそのような概念はありません。例えば、父A、母B、子C、子Cの配偶者Dが、世帯主Aとする同一世帯として住民登録をしているとします。
 世帯全員の住民票の写しを請求すれば、その住民票の写しにはA、B、C、Dが載っています。
 しかし、戸籍の付票を請求する場合、AとBは夫婦ですから同一の戸籍ですが、C及びDも夫婦ですから、ABの戸籍とCDの戸籍は別の戸籍になります。
 この場合、ABの戸籍(筆頭者は、Aの氏を称する婚姻であ...続きを読む

Q行方不明の父親を探すには?

 こんにちわ、宜しくお願いします。実は私には7年前に離婚していなくなった父親がいるのですが、その父親のことが最近気にかかってきていて、どこで何をしているのか知りたいのです。その方法をできたら教えてほしいのです。
 まず住民票が気にかかってチェックしたのですが、確かに次に移った住所は書いてあったのですが、母親の話によると今はまた別の所に移った模様です。
 他に父親の勤めていた会社はある程度の大企業だったので、なんとかうまい嘘を言えば、どの支店に勤めているかとかは教えてくれそうですが、住所まで教えてくれるかは、多分無理でしょう。
 父親の実家は確認してあるので、そこに行けば教えてくれるかも知れませんが、できれば行きたくないのです。また母親にも余計な心配や気苦労をさせたくないのでこの件については黙っているつもりです。また学生のため興信所を雇ったりするお金もありません。つまり自分一人で何とかして父親を見つけてみたいのです。
 どなたか同じような経験をした方で、私はこうしたと言うようなことがありましたら、ぜひ教えて下さい。多少非合法的な方法でもかまいません。ではよろしくお願いします。

 こんにちわ、宜しくお願いします。実は私には7年前に離婚していなくなった父親がいるのですが、その父親のことが最近気にかかってきていて、どこで何をしているのか知りたいのです。その方法をできたら教えてほしいのです。
 まず住民票が気にかかってチェックしたのですが、確かに次に移った住所は書いてあったのですが、母親の話によると今はまた別の所に移った模様です。
 他に父親の勤めていた会社はある程度の大企業だったので、なんとかうまい嘘を言えば、どの支店に勤めているかとかは教えてくれそ...続きを読む

Aベストアンサー

私は本業に付随して、他人の戸籍謄本・住民票を申請するセミプロです。

娘が実父の住所を調べることそのものは、非合法でも何でもありません。その方法に非合法な興信所まがいもあるかと思いますがそのときは費用も高いでしょう。

年頃の娘が離婚した母親に相談できない事情に<いろいろ>あって当然で、単独で調査することに法的は勿論、道義的にも悪いこと浮かびません。(現在未成年でも‥‥‥)

さて、その方法ですが1番の回答者の方法をお奨めします。(以下、全員記載ある謄本の申請がよい)
1.あなたの住民票で「戸籍欄」の記載(希望しないと記載してくれません)あるものを申請します。
2.ついで、本籍地へ戸籍謄本を申請します。本籍地が他の市町村なら郵送でも可です。そのときは切手を貼った返信用封筒と、定額小為替(郵便局で500円、但し戸籍謄本は450円)を同封します。申請書はどこの市町村のものでもよいですから戸籍謄本用の申請書をもらって「本籍地の市町村名に直して」あなたとの関係に「長女等」何に使いますかに「就職の相談等なんでも」適宜記入します。本籍地の役所は、どこの市町村役場でも、図書館でも、インターネットでも調べたり教えてくれます。
3.あなたの戸籍謄本が入手できましたら、父の現在の戸籍を追いかけましょう。離婚していますので当然他の本籍の戸籍となります。今度は、定額小為替(郵便局で800円、但し、戸籍謄本は450円、転籍で除籍なら750円)を同封します。
又、あなたと父との関係が判明する戸籍謄本をコピーして同封しておきます。(他人の戸籍を無断で請求できないことより)その他は2と同じ要領ですので熟読して下さい。
再婚しているかも知れません。転籍しているかも知れません。転籍していたら次を追いかけます。父の現在の戸籍謄本が入手できるまで。
4.父の現在の戸籍が入手できましたら、今度は、1の回答者のとおり「戸籍の附票」(本籍地の役所で現在の住所地を掌握する制度で住民票と同旨)を申請します。2.3.の要領で申請下さい。尚、定額小為替(郵便局で400円、役所により200ないし400円)を同封します。

戸籍の記載等(転籍地等)何でも判らないときは、近くの役所(戸籍係)で教えてくれます。申請書もどこの役所のものでも可です。便せんでもよいですが‥‥‥。但し、役所名は正しく。オツリの定額小為替は郵便局でお金に交換してくれます。

父の住所が判明すると電話局で電話を教えてもらいお話できれはよいですね‥‥‥(^_^ )。頑張って下さい。

私は本業に付随して、他人の戸籍謄本・住民票を申請するセミプロです。

娘が実父の住所を調べることそのものは、非合法でも何でもありません。その方法に非合法な興信所まがいもあるかと思いますがそのときは費用も高いでしょう。

年頃の娘が離婚した母親に相談できない事情に<いろいろ>あって当然で、単独で調査することに法的は勿論、道義的にも悪いこと浮かびません。(現在未成年でも‥‥‥)

さて、その方法ですが1番の回答者の方法をお奨めします。(以下、全員記載ある謄本の申請がよい)
1.あ...続きを読む

Q債務者の勤務先の調べ方を教えてください

タイトルのとおりです

債務名義(判決)を持っている債権者です。
ようやく、本人の所在が判明しましたので、
勤務先を調べて給与差し押さえを行いたいと
考えています。

私が督促しても、裁判所から出廷命令や判決を
受けても、なんの連絡も出廷も、もちろん返金も
ありませんでした。

あげくのはてに、居所不明になっていたのです。
免許の更新もあってか?最近、住所が判明しました。

給与差し押さえの強制執行を行うのは勤務先が
わからないとできません。
勤務先を調べるには、興信所や弁護士に依頼して、
調査すればいいのでしょうが。費用もバカになりません。
したがって、自分でなんとかしたいのですが、
勤務しておれば、市役所や官公庁でわかるかと思いますが、開示してもらえないものでしょうか?

いたずらや犯罪目的ではなく、正規の債権者です。
個人的に貸したものなので、裏切られて悔しくて
たまりません。

どなたか、そのへんのところお詳しい方、
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

>日本郵政公社に対して開示請求できるでしょうか?
開示請求する必要はないです。本人の名前と住所で差押すればよいです。口座番号等の特定は不要です。
ただ確か郵便の場合は預金センターを第三債務者として差押するから、どこの預金センターなのかですね。
可能性のある複数の預金センターに対して差し押さえればよいかと思います。
もし該当口座がなければ該当なしで空振りするだけです。(費用は多少かかりますが)

また、住居の敷金についてですが、本人契約とか他人契約とか事前に調べる必要があると思いますが、

>問い合わせた時点で大家に事情を話さないといけないかも知れません。
本人が借りている前提で差押してみればよいのでは?本人でなかったら該当なしということで差押できないだけです。ただ敷金は差し押さえてもそれだけで直ぐに換金できるものではないし、戻ってくるかどうかの保障はないです。嫌がらせとしては十分でしょうけど。

どのように強制執行を申し立てるかといえば、参考URLを参考にして下さい。(裁判所のサイトです)

参考URL:http://courtdomino2.courts.go.jp/K_tetsuduki.nsf/0/7c85a4286b94ed3e49256f6100176d41?OpenDocument

>日本郵政公社に対して開示請求できるでしょうか?
開示請求する必要はないです。本人の名前と住所で差押すればよいです。口座番号等の特定は不要です。
ただ確か郵便の場合は預金センターを第三債務者として差押するから、どこの預金センターなのかですね。
可能性のある複数の預金センターに対して差し押さえればよいかと思います。
もし該当口座がなければ該当なしで空振りするだけです。(費用は多少かかりますが)

また、住居の敷金についてですが、本人契約とか他人契約とか事前に調べる必要があると...続きを読む

Q住民票や戸籍謄本で元妻が再婚してるか解りますか?

お詳しい方、アドバイスお願い致します。

私は30代の男性です。
3年程前に離婚をしました。
一人の幼い息子がおりましたが、
離婚当時、大きなトラブルにあってしまい、
突然の離婚となってしまい、
離婚協議書なども作成できず、元妻側に親権がいき、
息子と一度も会わせて貰えないまま、現在に至っております。
養育費だけ、毎月振り込んでおります。
それだけが息子との繋がりです。

どこに住んでいるのかも、再婚しているのかも解らない状態です。

子どもを突然離れ離れとなり、
死ぬほど苦しみ続けた3年であり、
先日、子どもの面会交流の調停を申し込むため、
市役所に、
・元妻と息子の戸籍謄本と、
・元妻と息子の住民票を
取り寄せに行きました。
(住民票はいらないそうですが、念のため取り寄せました)

すると、元妻の住民票や戸籍謄本を確認した所、
元妻の名字(旧姓)のままであり、
住所は、元妻の実家になっておりました。

再婚しているか、非常に心配だったため、
なんとなくホッとしました。

この住民票や戸籍謄本で、本当に再婚はしていないと、
判断はできるのでしょうか?

住民票や戸籍謄本は、旧姓や、元妻の実家になっていても、
再婚している可能性など考えられますでしょうか?

何卒、アドバイスのほど宜しくお願い致します。

お詳しい方、アドバイスお願い致します。

私は30代の男性です。
3年程前に離婚をしました。
一人の幼い息子がおりましたが、
離婚当時、大きなトラブルにあってしまい、
突然の離婚となってしまい、
離婚協議書なども作成できず、元妻側に親権がいき、
息子と一度も会わせて貰えないまま、現在に至っております。
養育費だけ、毎月振り込んでおります。
それだけが息子との繋がりです。

どこに住んでいるのかも、再婚しているのかも解らない状態です。

子どもを突然離れ離れとなり、
死ぬほど苦しみ続けた3年で...続きを読む

Aベストアンサー

そんなに難しく考えなくても「戸籍謄本(昔型の縦書きの戸籍)」「戸籍の全部事項証明(現在風の横書きの戸籍)」のどちらかを取得されたのであれば、元奥様が再婚されている場合、記録のどこかに相手の男性の名前が書かれていますのでそれがないのであればとりあえずは安心でしょう。

ただし、過去に婚姻して再び離婚しているとわからない可能性がありますし、相手が外国人の場合は元奥様の
身分事項欄まで詳しく見る必要がありますので可能性はかなり少ないでしょうが断言は出来かねます。

Q戸籍謄本の離婚歴の記載内容について

最近の戸籍謄本には離婚歴が記載されないのですか?


確か、昔はそれこそ『×=バツ』等の記載で『離婚』の字が表記されていたと記憶してますが、
最近は、記載されないのですか?


それでは逆に離婚歴があったかどうかは、どうやって分かるのでしょうか?
まさか、本人が言わない限り分からないとでも? 大問題にもなり兼ねませんが?


私の記憶が曖昧なので、いつからどのように変更されたのか教えて下さい。

Aベストアンサー

>最近の戸籍謄本には離婚歴が記載されないのですか?

戸籍には「その戸籍に入った理由」が記載されます。

>確か、昔はそれこそ『×=バツ』等の記載で『離婚』の字が表記されていたと記憶してますが、最近は、記載されないのですか?

・男の場合

結婚して自分が筆頭者になる時に「婚姻により」と言う内容で「自分の戸籍に入った理由」が記載されます。

で、離婚しても「自分の戸籍は自分のまま」ですから、自分に関しては、何も記載されません。

しかし「除籍された元配偶者」は記載され、その「除籍された元配偶者」は「バツ印」で消されます。

バツ印が付いた元配偶者が1人居れば「バツイチ」で、2人居れば「バツニ」になります。

・女の場合

結婚して旦那の戸籍に入ると「婚姻により」と言う内容で「旦那の戸籍に入った理由」が記載されます。

で、離婚すると「新たに自分の戸籍を作って、自分が筆頭者になる」か「実家の両親の戸籍に戻る」か、どちらか選びます。

そして、どちらを選んだとしても「離婚により」と言う内容で「今の戸籍に入った理由」が記載されます。

戸籍にバツは付きませんが「離婚により今の戸籍に入った」ってのが残ってしまうのです。

んで、男のの場合も、女の場合も、転籍により本籍地を「他の自治体に変更する」と「今の戸籍に入った理由」が「転籍により」になり離婚歴が消えます。男性の場合の「除籍された元配偶者」も消えてしまいます。

また、自治体が、紙の戸籍原本を電算化したりして作り直すと、離婚歴や除籍された元配偶者の記載が消えてしまう事があります。

>それでは逆に離婚歴があったかどうかは、どうやって分かるのでしょうか?

前述の方法で離婚歴を戸籍から消したとしても、戸籍謄本ではなく除籍謄本を取れば、離婚歴が判ります。

但し、除籍謄本も戸籍謄本も「正当な理由」か「本人の委任状」が無ければ、本人以外が取る事は出来ません。

>まさか、本人が言わない限り分からないとでも? 大問題にもなり兼ねませんが?

本人が戸籍謄本や除籍謄本の請求に同意しない(委任状を書いてくれない)なら、他人には離婚した事が判りません。

第三者が戸籍謄本を請求出来る「正当な理由」とは、以下のQ9、Q10に記載されているようなケースのみです。
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji150.html

昔のように「誰でも戸籍謄本が請求できてしまう」と言う状況の方が「大問題」と言う事になってます。

離婚歴があるか知りたいなら、本人に「戸籍謄本と除籍謄本を持ってきて」と言えば済みます。

やましい事がなければ(離婚歴が無ければ)、すぐに持ってきてくれるでしょう。

やましい事があれば(離婚歴があれば)、持って来るのを拒むか、なかなか持ってきてくれないので、それにより「離婚歴がある臭い」と勘付きます。

調べるのが出来ないのは「本人にバレないようにコッソリ調べる場合」だけで、ストレートに本人に要求すれば事足ります。

>最近の戸籍謄本には離婚歴が記載されないのですか?

戸籍には「その戸籍に入った理由」が記載されます。

>確か、昔はそれこそ『×=バツ』等の記載で『離婚』の字が表記されていたと記憶してますが、最近は、記載されないのですか?

・男の場合

結婚して自分が筆頭者になる時に「婚姻により」と言う内容で「自分の戸籍に入った理由」が記載されます。

で、離婚しても「自分の戸籍は自分のまま」ですから、自分に関しては、何も記載されません。

しかし「除籍された元配偶者」は記載され、その「除籍された...続きを読む


人気Q&Aランキング