痔になりやすい生活習慣とは?

今月末、成田→バンコク乗り継ぎ→プーケット(TG便)を利用します(復路はこの逆順です。)
スワンナプーム国際空港で免税店を利用することは、往復とも可能でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まずおさらいです。


TGの乗り継ぎの場合、そのルートで往路の入国審査はスワンナプーム、
復路の出国審査はプーケット空港です。
TG バンコク・スワンナプーム国際空港 スワンナプーム空港にてお乗り継ぎのお客様へ
http://www.thaiair.co.jp/travelinfo/airport/nbk/ …

まず復路は問題ありません。プーケットの出国審査後(大して店ありませんが)、
スワンナプームの手荷物検査の手前でいくらでも買えます。
※スワンナプーム出発時手荷物検査を過ぎると、免税店はありませんのでお気を付けを

問題は往路です。往路にスワンナプームで免税店に行こうと思ったことが無いので
分からないです。他の回答者さんの回答を参考にしてください。

入国審査前に出発階に上がれば買えるはずですが、
通常そんなことができたらセキュリティ上問題があるのでできません。
(成田や羽田の到着時に免税店に寄れないのと同じです)
入国審査前に出発階の国際線セクションに行かないので、
入国審査に戻ってこれるか不明です。TGや空港のスタッフにでも聞いてみてください。

スワンナプーム国内線の出るコンコースA,Bの出発フロアに店舗はありますが、
入国手続きをしているので、当然「免税店」ではないうえ大したことないです。

スワンナプームのマップは、空港サイトですがどうぞ。

参考URL:http://www.bangkokairportonline.com/node/85
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタイのスワンナプーム空港の免税店一覧と場所

タイのスワンナプーム空港の免税店一覧と場所がわかるサイトは無いでしょうか?

いろいろ探したのですが、見落としているのか探し方が悪いのか見つかりません。

Aベストアンサー

 
http://www.thaiair.co.jp/special/nbk/index3.html
ここにあります。

 

Qバンコク→プーケットの乗り継ぎで、できること

近く、日本からバンコク経由でプーケットに行きます。

スワンナプーム国際空港に朝の4時くらいに着き、乗り継ぎ待ちの時間が3時間ほどあって過ごし方に困っています。

おススメの待ち時間の過ごし方がありましたら、ぜひアドバイスをお願いします!

ちなみに、バンコクの空港の免税店でタバコを買い、プーケットへの便に持ち込むことは可能でしょうか?
日本の免税店で購入するより安く買えると聞いたので、できればスワンナプーム国際空港で買いたいのですが…。

Aベストアンサー

質問1 乗り換え時間3時間で何が出来るのか。
回答 まず、乗り換えの手順を説明します。タイでは、最初に到着した空港で入国手続きをすることになっていますので、プーケットが目的地であってもバンコクで入国手続きをしなければなりません。
但し、バンコク空港で国内線に乗り換える場合は、国内線乗り換え専用入国審査場で手続きをしなければなりません。なお、機内預け荷物は、プーケットで受け取り、税関検査もプーケットで行われます。
つまり、バンコク空港到着後、国内線乗り換え専用入国審査場で入国審査、セキュリティチェックを受け、そして、国内線出発ロビーに向かい、搭乗便の搭乗開始アナウンスを待つということになります。また、現在のバンコク空港は大変広く、飛行機を降りてから、国内線乗り換え専用入国審査場まで、20分位かかることもあります。更に、到着した飛行機が、滑走路から、ターミナルに着いて、お客が外に出るまでも10分から20分かかります。国内線出発も余裕を持って30分前には、搭乗口の近くで待ちたいものです。以上、乗り換え時間が、3時間あってもせいぜい余裕時間は1時間位でしょうか。なお、今、説明したのは、あくまでもプーケット行きの搭乗券を事前にお持ちの場合で、お持ちでない場合は、更にバンコクで搭乗手続きが必要になります。また、タイ航空とバンコクエアー以外を利用される場合は、バンコクで入国してプーケット行きの搭乗手続きが必要かしれません。事前に確認されることお勧めします。したがって、出発前にロビーでお茶する位でしょうか。
質問2 バンコク空港で免税タバコは、買えるか。
回答 買えます。到着ロビーの通常の入国審査場手前に酒やタバコが売られています。国内線乗り換え用入国審査場に行く前に購入して下さい。

質問1 乗り換え時間3時間で何が出来るのか。
回答 まず、乗り換えの手順を説明します。タイでは、最初に到着した空港で入国手続きをすることになっていますので、プーケットが目的地であってもバンコクで入国手続きをしなければなりません。
但し、バンコク空港で国内線に乗り換える場合は、国内線乗り換え専用入国審査場で手続きをしなければなりません。なお、機内預け荷物は、プーケットで受け取り、税関検査もプーケットで行われます。
つまり、バンコク空港到着後、国内線乗り換え専用入国審査場で入国審査...続きを読む

Qバンコクでの7時間強のトランジット時間の過ごし方についてお知恵をお貸しください

今夏、関空からパースにタイ航空で行く女性です。
その往路が10時間弱、帰路が7時間強、バンコクでのトランジットの時間があります。
タイ入国は可能なチケットなので、空き時間を利用しまして街中に出て、レストランや屋台等でバンコクムードを味わいたいのですが、短時間ならここ!というお勧めスポットがあれば教えてください。
行くのは男女4人の30代~40代のグループです。

Aベストアンサー

#2です、復路に絞ります。
(但し、チェックイン済が前提です。万一関空行きの搭乗券を受け取っていない場合は、空港で手続き後市内に向かって下さい。)
往路では、トランジットツアーでお茶を濁して下さい。
レスが必要なら補足下さい。


予定通りの到着なら今一腹がこなれていないので、先ずはタイマッサージ。
TAXIで、ウェスティン・グランデ・スクンビットの辺りまで行きましょ。
メータだけなら百数十バーツです。これに通行料や空港利用料が加算されます。
全部(時間制メータを)入れても三百バーツは超えません。
(混み合う時間帯ですが、スクンビットに降りてから車が動かないようなら、歩きましょう。歩いても十分余りです。)

通り(スクンビット)の反対側に渡り、"soi12"角に"スクンビットプラザ"があります。
所謂韓国人ビルです。
soi12側に"King & I"(マッサージ)があります。
http://www.checkinspa.com/spa/thai/kingandi/kingandi_top.html
街中店より少しは高いですが、ホテルスパより安いです。
私は待ったことはありませんが、ご心配なら予約をお勧めします。
(出来れば、100THB迄のチップを上げてください)


マッサージの後は、最後の打ち上げです。

【タイ料理コース】
その"soi12"を少し入ると、"Cabages & Condoms"があります。
http://www.checkinspa.com/spa/thai/kingandi/kingandi_top.html
良くも悪くも「無難なタイ料理」なのですが、数百バーツ/人で飲み食い出来ます。

【中華系コース】
MRTで、「ホイクアン」駅まで移動します。
(進行方向)左後ろの出口(三番出口?)を上がると、「ソンブーン」が見えます。
http://www.bangkoknavi.com/food/restaurant.php?id=8
(画像は本店のもの)
名物の「プー・パップン・カリー」をお召し上がり下さい。
予算は同じくらいです。

十時前には切り上げましょう。
この時間帯なら、どちらからでも空港まで一時間掛かりません。

関空行きの夜行便は、軽食+朝食ですので、腹一杯飲み食いしてもオーケーです。

※本当はもっとディープなお店が沢山ありますが、トランジットということなので、行きやすく戻りやすい+時間が読める+まあ外れでない、が基準です。


空港の第二ターミナル端の三階だったか四階だったかに、"Brew House"という自家製ビールを飲ませる店もあります。
値段は安くはないですが、料理も旨いです。

時間が心配だったら、早めに戻って時間調整がてら飲み直しでもいいです。

#2です、復路に絞ります。
(但し、チェックイン済が前提です。万一関空行きの搭乗券を受け取っていない場合は、空港で手続き後市内に向かって下さい。)
往路では、トランジットツアーでお茶を濁して下さい。
レスが必要なら補足下さい。


予定通りの到着なら今一腹がこなれていないので、先ずはタイマッサージ。
TAXIで、ウェスティン・グランデ・スクンビットの辺りまで行きましょ。
メータだけなら百数十バーツです。これに通行料や空港利用料が加算されます。
全部(時間制メータを)入れても三百バ...続きを読む

Q早朝のスワンナプーム空港

9月下旬に、昨年に引き続きタイのクラビに行くのですが、今回は中部空港の深夜出発便を利用するので、バンコクに朝5時(現地時刻)に到着します。
乗り換えの国内線出発が8時なので、随分時間があります。
入国は、クラビを予定しているので、早朝のスワンナプーム空港内でどのような時間の過ごし方があるか、店舗・施設(観光案内・マッサージなど)は営業しているか、お教えください。
スワンナプームは今までに、夜3回利用したことがありますが、深夜12時を過ぎると殆どの店が閉まってしまい(ドンムアンの時も)、活気が無くなってしまいます。
仮眠して過ごすのは、避けたいです。

Aベストアンサー

ご存知かもしれませんが、スワンナプーム空港の国際線コンコース(C~Gコンコース)は到着階と出発階を自由に行き来できます。スワンナプーム空港は24時間運用の空港です。免税店エリアでは各店が24時間営業と色々な情報に書かれてあります。

私自身は6時過ぎに入ったことが何回かありますが、各店は普通に開いていました。

早めに国内線コンコースに入ってしまうと、何もなく、時間を潰すのに苦労しますが、国際線コンコースであれば色々な過ごし方があるように思います。
免税店エリアのフロアマップです。下の方に3F、2Fもあります。これを見れば、大体の過ごし方がプランできるのではないでしょうか。マッサージなんかもあるみたいです。観光案内は、24時間営業は確実です。
http://www.bangkoknavi.com/area/area_r_article.html?id=41&area2=

個人的興味もあって5~6時台の出発便を調べてみたら、国際線だけでもこんなにありました。
KBP Kiev VV 172 Aerosvit Airlines 5:00 AM
SHJ Sharjah LH 8443 Lufthansa 5:05 AM
CCU Kolkata KB 125 Druk Air 5:50 AM
NRT Tokyo NW 22 Northwest Airlines 6:00 AM
CGK Jakarta FD 3671 Thai AirAsia 6:00 AM
TPE Taipei BR 76 EVA Air 6:15 AM
SGN Ho Chi Minh City 8K 201 Angel Airlines 6:15 AM
GYD Baku CV 7495 Cargolux Airlines International 6:20 AM
HAN Hanoi FD 3700 Thai AirAsia 6:45 AM
NRT Tokyo UA 838 United Airlines 6:50 AM

これは、次で調べたものです。最初はちょっと戸惑いますが、興味があったら探ってみてください。
http://www.flightstats.com/go/Home/home.do 

ご存知かもしれませんが、スワンナプーム空港の国際線コンコース(C~Gコンコース)は到着階と出発階を自由に行き来できます。スワンナプーム空港は24時間運用の空港です。免税店エリアでは各店が24時間営業と色々な情報に書かれてあります。

私自身は6時過ぎに入ったことが何回かありますが、各店は普通に開いていました。

早めに国内線コンコースに入ってしまうと、何もなく、時間を潰すのに苦労しますが、国際線コンコースであれば色々な過ごし方があるように思います。
免税店エリアのフロアマ...続きを読む

Qタイのチップの支払いについて

タイのチップについて詳しく教えてください。

メータータクシーには、1バーツもメーターの金額以上に支払う必要はありませんか?

ホテル内でのチップはハウスキーピングのチップだけですか?

チップが必要な場所はマッサージ店でサービスを受けた後。
中級以上のレストラン。他にはどんなところでチップは払うものでしょうか?
チップの習慣がないと言っても、ガイドブックにはマッサージ店とレストランは支払いましょうみたいなことが書かれているもので気になります。合っていますでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

タイ在住です。チップの件、結構人によって、考え方が違います。私の場合を紹介させて下さい。但し、私は、タクシー、マッサージ、ホテルなどすべてタイ語で対応していますので、観光で来られた日本人とは、タイ人側も対応方法が異なるかもしれません。
1.メーター付きタクシー
もし、DODA1234さんが、メーター通り1バーツ単位で、きっちりと支払いが出来る、つまりおつりなしなら、メーター以上の金額を支払う必要はまったくありません。でも、数バーツ程度のおつりなら受け取らないというのが普通の様です。逆に、私の場合、小銭がなくて、数バーツ料金を負けて貰ったことも何度かあります。
2.ホテル
ベルボーイが、部屋に荷物を運んでくれた場合、ハウスキーピングにそれぞれ20バーツ支払っています。レセプションのスタッフには、一切支払いません。
3.普通のマッサージ屋
 マッサージのおばさんには、1時間50バーツ、2時間100バーツを支払っています。実際、マッサージのおばさんの収入は、お客さんからのチップが入るという前提で成り立っています。つまり、お店から貰える金額は大変安いのです。
4.中級以上のレストラン
 金持ちのタイ人と良く一緒に、食事をしますが、彼は、クレジットカードの場合は、チップは払っていません。逆に、現金で支払った場合には、小銭(20B程度)をおつりの中から置いています。ちなみに、タイには、割り勘の習慣はありませんので、タイ人金持ちとの食事では、常に支払は相手持ち、逆に、一般のタイ人と食事をする時は、常に私が支払となります。
 もし、ホテル手配の車で、空港に行ったりしたした場合には、運転手に50か100バーツ、個人で観光ガイドを雇った場合にもチップを渡しています。
 その他、自宅のお手伝いさんや会社の運転手にもチップを払っていますが、これは観光で来られている方には当てはまらないと思います。

タイ在住です。チップの件、結構人によって、考え方が違います。私の場合を紹介させて下さい。但し、私は、タクシー、マッサージ、ホテルなどすべてタイ語で対応していますので、観光で来られた日本人とは、タイ人側も対応方法が異なるかもしれません。
1.メーター付きタクシー
もし、DODA1234さんが、メーター通り1バーツ単位で、きっちりと支払いが出来る、つまりおつりなしなら、メーター以上の金額を支払う必要はまったくありません。でも、数バーツ程度のおつりなら受け取らないというのが普通の様です...続きを読む

Qスワンナプーム国際空港での国際線→国際線の乗り継ぎ

ベトナムからカンボジアへ行くのにバンコクのスワンナプーム国際空港で以下のように乗り継ぎをします。

ホーチミン→バンコク(スワンナプーム):ベトナム航空

           ↓約2時間

バンコク→シェムリアップ :バンコクエアウェイズ

どのように乗り継いだらよいのでしょうか?預けた荷物はどうすればよいのでしょうか?乗継までの審査などはどのようなことを行うのでしょうか?などできるだけ詳しく説明していただけると嬉しいです。

初めての海外旅行かつ1人旅行なのでわからないことがありすぎて不安でしかありません。楽しい旅行にしたいと思っていますので、ぜひ回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もし、機内預け荷物があるとすると最終目的地まで届く様に手続きが必要です。
まず、ホーチミンのチェックインカウンターで荷物を預ける時にバンコクまでの航空券の他にシュムリアップまでの航空券も見せて荷物をシュムリアップまで運ぶ様にバンコクで乗せ換えを依頼します。次に、バンコクに着いたら、バンコクエアウェーズ乗り換えカウンターで航空券を提示し同時にホーチミンで貰った荷物の引き換え証を見せ荷物の積み換えを依頼します。なお、バンコクの到着ロビーに各航空会社の乗換カウンターがありますのでここでチェックインしますので、間違えてもタイに入国しない様に注意して下さい。同カウンターでチェックイン終了後、エスカレーターで出発階に移動しセキュリティチェックを受けます。その後、免税店などを見て搭乗までの時間をつぶします。

Qタイにいきます!お金はどれくらい必要ですか

毎回、お世話になっています。

今度、3泊4日でタイのバンコクに旅行にいきます。初めての海外で今からドキドキしています。
それに関して、いくつか質問があります。

1.お金はどれぐらい持っていけばいいですか。
ホテル代はすでに払ってありますので、必要なのは食費や観光費のみです。
おみやげも買う予定はありません。また、3泊4日ですが、最初と最後の日は移動時間にあてがわれるので、実質自由に観光できるのは2日のみです。

2.私は、住友VISAカードを持っているのですが、クレジットカードで支払いは可能ですか。
また、現地でお金が足りなくなった場合、クレジットカードで現金を引き落とすことは可能でしょうか。

タイに行ったことがある皆さん、教えていただけると幸いです。
また、両替はここでしたほうがいいよ!とかその他諸々のアドバイスがございましたら、そちらも併せてよろしくお願いいたします!!

Aベストアンサー

>1.お金はどれぐらい持っていけばいいですか。

食費に関しては、どこで何を食べるかによってかなり変わります。
現地人と一緒に屋台で食べるなら、1食50B(現在のレートで約135円)もあれぱOK。ただし、衛生面と味に関しては保障できません。
スーパーやショッピングセンターに併設されているフードコートは屋台より少し高くなりますが、それでも80Bくらい出せばちゃんとしたものが食べられます。
観光客向けのレストランは、料金も味も日本とあまり変わりません。
スターバックスなど外資系ファストフードも日本と同じです。

交通に関しては、やはり電車(BTSやMRT)がおすすめです。手頃な料金で時間も正確、車内も安全です。
タクシーやバスは、タイ語ができないなら、あまり積極的に乗らないほうがいいでしょう。特にタクシーは、ドライバーがタイ語しかできないことが多く、行き先が伝わっていなく全然違う場所に連れて行かれたとか、金銭トラブルも多いです。ち
トゥクトゥクは料金が高いのですが、日本で言うところの「人力車」感覚で、観光用と割り切って乗ればいいかと思います。
不安であれば、タイの名所を巡るオプショナルツアー等を利用するのがいいでしょう。料金は旅行代理店にお問い合わせください。

>クレジットカードで支払いは可能ですか。

VISAを扱っている店なら使用可能ですが、他の回答者の方も仰るように、スキミングなどのトラブルが怖いので、空港の免税店やデパート等、まともな店でしか使わないほうがいいでしょう。
キャッシングも可能ですが、もしキャッシングの機械が故障してカードが吸い込まれてしまったらどうしますか。
自力でセキュリティを呼び、カードが取り戻せるなら、どうぞ使用してくださいという感じです…。
基本、現金を持参して、その日使う分だけ両替するのが賢いと思います。

また、どうでもいいことですが…
○バンコクでは日本語はほとんど通じません。
英語は観光客が多い場所(ホテルや観光地など)では通じますが、屋台や、街中の普通の店では期待しないほうがいいでしょう。
○3月のタイはものすごく暑いと思います。以前、この頃に行ったことがあるのですが、日中、表を30分ほど出歩くだけで汗だくになります。
とにかく体力を消耗しますので気をつけてください。
水分はこまめにとってください。ただしがぶ飲みは避けましょう(下痢を誘発します)。
○あまり話題にならないのですが、タイでは迷彩柄の衣類の着用が法律で禁止されています。民間人が軍隊と同じ衣類を着ていると混乱を招くからという理由です。迷彩柄は避けましょう。
ちなみに私が昨年暮れに渡航した際は、ピンクの衣類が流行していたようで、男女関係なく、ピンクのTシャツを着ている人が多かったです。
また、黄色は王様の色、オレンジ色は僧侶の袈裟の色…など、服の色にはいろいろな意味があります。

>1.お金はどれぐらい持っていけばいいですか。

食費に関しては、どこで何を食べるかによってかなり変わります。
現地人と一緒に屋台で食べるなら、1食50B(現在のレートで約135円)もあれぱOK。ただし、衛生面と味に関しては保障できません。
スーパーやショッピングセンターに併設されているフードコートは屋台より少し高くなりますが、それでも80Bくらい出せばちゃんとしたものが食べられます。
観光客向けのレストランは、料金も味も日本とあまり変わりません。
スターバックスなど外資系ファストフードも日本...続きを読む

Qスワンナプーム国際空港での液体手荷物検査について

成田→プーケット(スワンナプーム空港乗り継ぎ)をタイ航空で行く予定です。
成田免税店で購入した化粧品(口紅、化粧水など)を、スワンナプーム空港で国内線に持ち込むことはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

現在のTGのサイトの記述では下記ですね。

・空港内 及び 機内でご購入の液体類の免税品は、密閉式の透明な袋に、購入を証明するレシート等が見えるように入っている場合に限りお持込が可能です

これが他の空港内での購入の場合はどうなのか?ということですね。

以前は下記の様な記述がありました。
「タイ空港社によりますと、2009年4月現在、タイの空港では航空機内または免税店で購入された液体物は、不正開封防止用透明プラスチック袋にレシートと共に入れられ、なおかつ未開封の場合に限り、搭乗ゲートの前のセキュリティー・チェックポイントで没収されることはありません。
タイ国際航空機内の免税品販売で液体類をご購入になる場合は、乗務員に目的地をお知らせいただき、必要であれば不正開封防止用透明プラスチック袋の用意があることを確認されたうえで、ご購入いただきますようお願い致します。国により、その国の空港を出発・経由・到着する場合の取り扱いが異なります。詳しくは、下記のホームページでご確認いただけます。」

この「不正開封防止用透明プラスチック袋」はSTEBというものだそうです。
参考:エミレーツのHP (手荷物について)
http://www.emirates.com/jp/japanese/help/faqs/FAQDetails.aspx?faqCategory=214913#faq5

タイもSTEBを認めています。
私はEU圏で液体扱いの品を購入しSTEBに入れてもらい、その袋でバンコクでのセキュリティを通過しました。(国際線 2006と2007)
ただ、STEBは世界標準になっておらず、日本は認めていません。
EUでも、セキュリティを通過出来るのはEU内の空港で購入した際のSTEBに限ります。
日本がSTEBを認めていない以上、成田の免税店がSTEBを用意していない可能性は大です。
その場合、通常の液体制限と同じなので、バンコクでのセキュリティ通過は無理でしょう。

※私の経験は少しばかり古いので、現在のバンコクで、EU同様に購入地域を限定しているかどうかはわかりません。

現在のTGのサイトの記述では下記ですね。

・空港内 及び 機内でご購入の液体類の免税品は、密閉式の透明な袋に、購入を証明するレシート等が見えるように入っている場合に限りお持込が可能です

これが他の空港内での購入の場合はどうなのか?ということですね。

以前は下記の様な記述がありました。
「タイ空港社によりますと、2009年4月現在、タイの空港では航空機内または免税店で購入された液体物は、不正開封防止用透明プラスチック袋にレシートと共に入れられ、なおかつ未開封の場合に限り、搭乗ゲート...続きを読む

Qタイ国際航空のプーケット直行便

7月の予定でプーケット旅行を計画しているのですが、東京からプーケットへの直行便が見つかりません。もとから毎日出ている便ではなかったようなのですが今はもう直行便はなくなってしまったのでしょうか。
色々調べるのですがちゃんとした情報が見つかりません。ご存知の方情報をいただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

タイ航空の成田→プーケット便は以前はTG671便として週2便(成田発が木曜日と土曜日)に飛んでいましたが、2011年10月の冬期スケジュールからなくなっています。
http://www.thaiair.co.jp/corporate/newsrelease/2011/09/#a000306
このTG671便は成田→プーケット→バンコクというフライトだったのですが、プーケット寄港を取りやめて成田→バンコクの直行便を増やしたわけです。
プーケット経由を取りやめた理由は、おそらくプーケットまでのお客さんよりもバンコクまでのお客さんの方が多かった(特にビジネス需要ーービジネスクラスではありませんーーではバンコク行きの方が圧倒的に多い)ためだと思います。

その後は成田からプーケットへの直行便が復活したーーという話は聞いていませんね、残念ながら。


人気Q&Aランキング