人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

8cm CDとMDの中身のディスクは大きさも見た感じも同じですよね。このふたつには企画や記憶方式などでのちがいがあるんでしょうか?

たとえば、MDの中身をプラスチックケースから出して8cm CD用の溝にはめ、CDプレイヤーで再生するとどうなるのでしょうか?
逆に、8cm CDをMDケースのなかに入れてMDプレイヤーで再生すると??

自分でやってみろといわれても壊れそうで怖いので、くだらない質問ですみませんがもしもご存知の方がいたら教えてください。
よろしくお願いします☆

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

記録方式が全く異なります。

CDは光ディスクですがMDは光磁気ディスクという技術の応用で成り立っています。CDでは光の反射率の異なりによって反射光の強弱を検出し信号を読み出す方式をとっていますし、CD-RやCDーR/Wの記録もレーザーによる色素の変質や金属皮膜のアモルファス化・結晶化の違いを利用したものです。MDでは反射光の強弱ではなく照射したレーザー光が磁気によって偏光面を変える事を利用したもので、CDよりMOに近い技術です、記録する際には光ではなく磁気を利用してメディアに磁気情報として記録します。MDでは反射する光の強さの変化ではなく偏光の変化を読み取っているのです。従って両者の間に互換性は無く全く読み取りも書き込みもできません。また、データを記録する際にデジタル化しているのは同じですが、デジタル化するときに用いる方式が全く異なります。従ってハード面・ソフト面両方の面で全く異なるのでどちらの場合もだめです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

記録方式の違いがよくわかり、納得できました。
MOもMDのようにケースに入ってますが、記録方式上の理由でそうなっているのですかね。
回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/04/04 19:03

確かに偏光の偏光軸の回転を利用するので、反射の強弱を利用する方式に比べて汚れには弱いと思えます。



質問者のコメントを見るまでそんな事は考えなかったのですが、調べてみる価値はありそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2004/04/06 22:59

こちらで実際に実験しています。


あたりまえながら再生できません。

参考URL:http://f12.aaacafe.ne.jp/~sukima/sukima/mdcd.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分と同じようなくだらないことを考えそして実践する人がいることが非常にうれしいです・・・。
回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/04/04 19:01

自分も昔同じようなことを考えたのですが、もちろん無理です。



よく勘違いする人がいるのですが、大きさや形が同じだからといって同じ形式、と断言するのは危険です。DVDが良い例です。あれをCDプレーヤーで再生しようとしても無理なように、MDの中身を出してもCDプレーヤーでは再生できません。

さらに、MDの場合はCDと違い音楽が圧縮してあり、さらに読み取りは困難なようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかにDVDとCDを考えるとわかりやすいですね。
MDには圧縮がなされているというのも初めて知りました。
回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/04/04 19:00

 MDの場合、ATRACという圧縮技術により、8cmCD並みのサイズでも、12cmCDと同じくらいの記録を可能にしています。


 一方、8cmCDは、あくまでCDの規格での記録ですから、MDの中身をCDプレーヤーで再生したり
8cmCDをMDプレーヤーで再生することは、方式が全く異なりますので不可能です。

参考URL:http://e-words.jp/w/ATRAC.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

方式が違うのですね。MDには圧縮がなされていることもはじめて知りました。
回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/04/04 18:59

全く別物ですので無理です。


記録方式もMDは光磁気方式ディスクですし、CDはCD-Rは溶融混合型、CD-RWは相変化型でMDとは互換性はありません。

更に、大きさですが、MDは8cmではありません。
直径64mmのディスクを縦68mm、横72mm、厚さ5mmのケースにいれてあるので、8cmCD-Rも物理的に入りません。

ご参考までにどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今CDとMDを実際に比べてみました。違いますね直径が・・・(汗)

回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/04/04 18:58

CDはサンプリング周波数44.1KHz/16ビットPCMの非圧縮データとして記録されてますが、MDはソニー独自の圧縮形式ATRACや更に圧縮率を高めたATRAC3(MDLP)形式として記録されてます。



また、MDは、光磁気記録(MO)方式を用いて読み書きしていて、この点もCDやDVDとも違ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

MDには圧縮がなされているんですね。読み取り方が違うのも初めて知りました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/04/04 18:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMDとCDって大きさ以外に何がどう違うんでしょうか?

今更こんなこと恥かしくて人に聞けません。(v_v;
簡単にでいいので教えていただけますか?

MDとCDって根本的にどう違うんでしょうか?
さすがに私もこの二つが大きさが違うってゆーのは知っています。(^-^;
聞きたいのは、丈夫さってゆーか、音の耐久性ってゆーか、そういう部分です。

例えばテープでしたら何度か聞いてたらのびてきて音が『びよ~ん』ってカンジになってきますよね?
またダビングしたらダビング先のものは音が悪くなってます。

MDって見たカンジはCDと同じ様に丈夫そうに見えるのですが、何度も聞いてるとテープみたいに音が『びよ~ん』ってなることあるんですか?
またダビングしたらどんどん音が劣化していくんですか?
あと、暑い車の中とかにおいといたらテープみたいにのびちゃう事ありますか?

CDはダビングしても音の劣化ってないんですよね?
今はコピーガードがかかってるモノが沢山ありますが、あれって劣化しないからコピーがジャンジャンできちゃうからコピーガードしてるって事なんでしょうかね?
でも、なんでMDにはよくって、CDにはダメなんでしょう??

ヘンな質問ですみません。
CDもMDも同じ様なもんだと思ってた私は、何故一部の人は、でかいCDウォークマンを持ち歩くのか、なんでコンパクトなMDウォークマンにしないのか前から不思議だったんです。

お時間のある時に教えて下さい。

今更こんなこと恥かしくて人に聞けません。(v_v;
簡単にでいいので教えていただけますか?

MDとCDって根本的にどう違うんでしょうか?
さすがに私もこの二つが大きさが違うってゆーのは知っています。(^-^;
聞きたいのは、丈夫さってゆーか、音の耐久性ってゆーか、そういう部分です。

例えばテープでしたら何度か聞いてたらのびてきて音が『びよ~ん』ってカンジになってきますよね?
またダビングしたらダビング先のものは音が悪くなってます。

MDって見たカンジはCDと同じ様に丈夫...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

CDもMDもデジタルデータで記録しますので、
テープなどで言う「音の劣化」はありません。
(音が伸びたりすることは無いってこと)
ただ、データの損傷による劣化はありえます。

CDとMDの違いはいくつかありまして、
CDにはCD-DAという形式のファイルが書き込まれています。これは非圧縮というか元の音源そのままのファイル。
MDにはATRACまたはATRAC3という形式のファイルが書き込まれます。これは圧縮形式の一種で、MP3みたいなものです。人間の耳では聞き取りづらい音をカットして軽量化するということですが、よく聴けば若干CDより音質が悪いのが分かります。
また、MDは2世代以上のデジタルコピー不可になっており、基本的にMDからMDへ完全にデジタルコピーすることは出来ません。(アナログ経由はオーケー)
ですからMDにはコピーしても良いわけです。

以上の理由により、音質を重視する人はCDを持ち歩くことになります。
また現在では、MDのシェアがどんどん下がっており、昔のカセットみたく消えてなくなるのではないかと思ってます。
Hi-MDなんていう妙なものまで出てますが、今のHDDプレーヤーへの流れは止められないでしょう。
いくら「半永久的に聴ける」ことが売りでも、MDそのものが無くなっては意味ないですね(苦笑)。

あ、耐久性もでしたね。
これはケースがある分、MDの方が上でしょう。ディスクの耐久性も問題ですがそれよりは傷がつくかどうかの方が身近な問題ですからね。

こんにちは。

CDもMDもデジタルデータで記録しますので、
テープなどで言う「音の劣化」はありません。
(音が伸びたりすることは無いってこと)
ただ、データの損傷による劣化はありえます。

CDとMDの違いはいくつかありまして、
CDにはCD-DAという形式のファイルが書き込まれています。これは非圧縮というか元の音源そのままのファイル。
MDにはATRACまたはATRAC3という形式のファイルが書き込まれます。これは圧縮形式の一種で、MP3みたいなものです。人間の耳では聞き取りづらい音をカットして軽量...続きを読む


人気Q&Aランキング