痔になりやすい生活習慣とは?

複数の部品から一つの製品を製作する場合の生産数、生産時間の
出し方
生産数 20台(20台が1set)
A 60分 使用数 1個 (20台に1個使用)
B  4分 使用数 20個 (各台に使用)
C 3分30秒 使用数 20個 (各台に使用)
D 3分 使用数 20個 (各台に使用)
E 10分 使用数 2個 (20台に2個使用)
F 1分 使用数 5個 (4台に1個使用)
G 1分 使用数 20個 (各台に使用)
H 15分 使用数 20個 (各台に使用)

1台の製作時間と20台の製作時間を出す場合は
単純にプラスして20台で÷ばいいのでしょうか?
全てプラスしたものが20台分の時間??
それを20台で÷れば1台分の時間??

そこから1日(8H)の生産数をだしたいのですが
合計558分÷20台=27.9分(1台分の製作時間)
  480分(1日)÷27.9分=17.2台(1日/1人の製作数)
              2人 34.4台
              3人 51.6台
              4人 68.8台

このような出し方であっていますでしょうか
各部品の工数、使用数が違うのが気になり分からなくなってしまいました

ご指導お願いいたします

A 回答 (2件)

質問者さんの計算では、1人1日で17.2台 となっていますが、17.2台を作るときの部品Aの作業時間は 60分×(17.2/20)で計算されています。

しかし部品Aの作業には、60分が必要です。

質問者さんの計算は、すべての部品で20台分ずつ生産をする、という生産方法になっています。すると、20台生産するのに558分=9.3時間かかります。1日8時間労働とすると、1日目には1台も出来上がりません。
1日目にできるのは、生産作業が8/9.3だけ行った仕掛品が20台です。完成品はありません。

1ヶ月間生産してから、1か月分まとめて出荷するときに何台出荷できるか、というような計算なら良いのですが、毎日何台出荷できるか、という計算には不適切です。

また、2人以上で作業を行う場合は、一人が部品Bを使う作業をしながら同時にもう一人が部品Cを使う作業をし、さらに3人目が部品Dを使い・・・というような方法が考慮されていません。全員で部品Bを使う作業をし、次に全員で部品Cを使う作業をし・・・というようにして、 20台×作業人数 だけの数を生産する場合の計算になっています。これはとても効率の悪い方法ですし、上記の1人のときと同じで、1日目には完成品は1台もありません。


計算の目的は何でしょうか?
生産管理の練習問題であるのなら、もう少し条件があるはずです。
これが練習問題であるとして、1人で作業を行った場合に1日に出荷できる完成品の数の最大数を求めさせる問題であるのなら、以下のように計算します。


まず、各作業の投入個数を考えます。

Aは、(20台に1個使用) とあります。
これが、常に20台を投入しなければならないのか、部品Aを無駄に使えばもっと少ない数、たとえば10個とか5個、あるいは1個でもよいのか、によって、計算が変わります。
ここでは、20個を投入しなければならないということにしておきます。

すると、常に複数を投入しなければならないのは、
E (20台に2個使用)
F (4台に1個使用)
があります。
ここでFについては(4台に1個使用)と書いてあるのに、Eについては(10台に1個使用)ではなく(20台に2個使用)となっています。とすると、Eも20台を投入しなければならない工程であると解釈できます。
ということは、Eまでは20個を生産しなければならないわけです。ここまでに要する時間は

60+4×20+3.5×20+3×20+10=280分

となります。1日8時間=480分ですから、あと200分あります。この200分で残りのFGHの工程を行って、最大何個作れるかを考えればよいわけです。

工程Fでは4台ずつ作業を行います。そこで、4台生産するときにFGHでどれだけの時間が必要かを計算すると、

1+1×4+15×4=65分

となります。時間は200分ありますから、4台ずつ3回(12台)生産すると

65×3=195分

で、残りが5分です。
Eまで20個生産し、12台を使ったのでEまで終了したものが8台あります。
部品Fの工程で、4台ずつ2回生産すると、残りは3分です。
Hは15分必要ですから、残りの3分で部品Gの工程を3台生産します。

結局、1人で作業すると、完成品が12台、Fまで終了が5台、Gまで終了が3台になります。
複数の作業者で生産する場合は、同時に複数の工程で作業するので、もう少し複雑になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大変参考になりました。

会社から問題を出されて悩んでいました。
参考にして頑張ってみます。

お礼日時:2013/08/22 23:44

生産数は現場の仕事の組立て状況から算出しますので、もう少し詳しい品物の流れ方がどんな


状況なのか判らないと無理です。
=組み立てあるいは製造に対する人数は一人で時系列で並行して行えるのか、機械の台数から
 Aなど条件的に制約を受ける事はないか。

工数(原価)を計算する場合には、1セット分の時間を全部たせば20台分の時間は出るね。
各種の1個の時間数に対して、すべて工場の経費や工賃を同じ水準で使っているのか加重平均を
考えなくても良いのか。

そして、人間も機械も働くためには準備・整備点検・掃除・休憩・打合わせなどの時間がいります。
(正味の時間だけで計算してもそこまでは出来ないと言うこと)

また、効率を考えると同じ物を連続してやる方が段取り変えの時間が節約できます。
これらの組み合わせをどのように考えるのかひと工夫でしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
組み合わせを考え工夫してみます。

難しいですね
ありがとうございます。

お礼日時:2013/08/22 23:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生産の「時間当たりの出来高」を計算したいのですが、どのように計算すれば

生産の「時間当たりの出来高」を計算したいのですが、どのように計算すればいいですか?
例えば、製品を8時間で1072個作ったとします。作業人数が5時間に6人で作業し3時間に5人で合計時間は8時間です。
この時間当たりの出来高の計算方法を教えていだけたら嬉しいです。

★補足です。
1人あたりではなくて、1時間当たりの出来高なのですが・・・。
8時間をすべて6人で行った場合は、1072個÷8時間で134個ですよね。
今回は、6人と5人で人数が変わってしまっている場合はどうしたらいいのでしょうか。

Aベストアンサー

延べ時間で計算すればいいと思います。
今回だと(5X6)+(3X5)=45時間作業が発生しました。1072個をそれで割ります。
それが一人1時間あたりの出来高です。
通常6人で行うのなら、それを6倍すると
いつもの「時間当たりの出来高」と比較しやすくなるでしょう。

Q工程管理計算

会社で製造の仕事をしています。現場の朝礼で、工数、作業能率、の言葉を
聞きますがよく解りません。それに、標準工数の意味も関わるのか?教えて下さい。

Aベストアンサー

どれも生産管理の基本的な言葉ですね。

 ・工数:モノを作る上で必要な時間
 ・作業能率:資源(機械や作業員のこと)が生産活動を行う際の効率のことで、通常は新人よりもベテランの方が作業能率が高いです。
 ・標準工数:会社が規定したモノ造りに掛ける標準的な工数
        標準工数と比べて短時間でモノ造りが出来れば作業能率は高いと評価されますが、標準工数に比べて多く時間
        が掛かると作業能率が低いと言われます。


話が逸れますが、
標準工数は前述の通り会社が規定した工数で、全ての管理の指標となるものです。

例えば、生産管理業務では標準工数を基に納期や資材の発注時期を決めますので、実際の工数が標準工数からズレると予定外の残業が発生したり、納期遅れが発生したりします。

もし残業代が予定よりも多くなれば、製品原価が予定以上に高くなり、利益が減少します。


逆に、標準工数よりも効率を上げて作業をしたとすると、一見、良い事をしているように見えますが、現場では必要な資材が届いていなかったりして生産活動が出来ず資源の余剰が発生します。

このような問題が起こらないように、標準工数は「適正な値」を設定することが重要です。

どれも生産管理の基本的な言葉ですね。

 ・工数:モノを作る上で必要な時間
 ・作業能率:資源(機械や作業員のこと)が生産活動を行う際の効率のことで、通常は新人よりもベテランの方が作業能率が高いです。
 ・標準工数:会社が規定したモノ造りに掛ける標準的な工数
        標準工数と比べて短時間でモノ造りが出来れば作業能率は高いと評価されますが、標準工数に比べて多く時間
        が掛かると作業能率が低いと言われます。


話が逸れますが、
標準工数は前述の通り会...続きを読む

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

Q生産能力の算出について

スミマセン、どなたか教えて下さい。 メーカー勤務です。 会社は組立工場です。外から部品を購入し 組立 試験をして 製品を販売しています。特に機械を使って組立てるのではなく 作業員が 組立てをしていく工場です この場合の 生産能力とは どういうふうに算出するのでしょうか?

Aベストアンサー

特に規定や方式といったものはありません。

ただ考え方として、一例として品種ごとに最大組立能力をあらゆる条件が満足に整った状態での
単位時間あたりの最大個数で表すものがあります。

実際にはそれぞれの条件が(ラインの段取り替え、工程間の手待ちや作業ロットの都合、
作業員の習熟度、その他)で100%になるわけはありませんから、そのあたりを係数で
補正は必要です。

もし、機械を使用する条件ですと工程上一番ネックになるところでの制限が加わってきます。
多品種を同時に流されている場合には、全体的な売上金または工賃の額で示すしかないでしょう。

Q稼働率の解き方・計算式を教えてください。

問題は
ある装置では100日間に合計600分の障害が発生した。
この装置の稼働率を求めなさい。
なお、この装置は毎日10時間稼動している。

答え
ア.0.97
イ.0.98
ウ.0.99

この計算式を教えてください。お願い致します。

Aベストアンサー

装置は毎日10時間稼動で100日なので総稼働時間は


10時間×100日=1000時間

故障しない時間(稼働時間)は
障害600分なので 時間に直すと10時間


稼働時間は1000時間ー10時間=990時間

稼働率は



稼働時間÷総動作時間=990÷1000=0.99

Qエクセルで生産性を求め方

エクセルで生産性を求め方

生産金額 1,000,000  A1

労働時間 100 時間  A2

労働 分 30 分  A3

の時どのような計算をすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

質問内容がよく理解できませんが…

求めたい生産性とは、「生産金額」/「労働時間」という概念でよいのでしょうか?
また、表中で「労働時間100時間」と「労働分30分」の意味するところは、全労働時間が100時間30分ということを表しているのでしょうか?

という解釈があっているのなら、
 生産性 = 生産金額(A1) / 労働時間(A2+A3) ということになり
 生産性 = A1/(A2 + A3/60)

はずしてるのかも。

Q一分あたりの数の出し方

Excelで、一分辺りの数の出し方を教えていただけますでしょうか。

例えば、
60, 3:00

となっていた場合、一分あたりなので、
20となるような計算式を教えて頂きたく思います。

Aベストアンサー

60, 3:00
は」、3分で60ということですよね
=60/"00:1:00"/"00:03:00"
といった式になります。
仮に A1セルに 60
   A2セルに 00:30:00
なら
=A1*"00:01:00"/A2
で表示形式を 数値へ変更します。

Qエクセルで1分あたりの作業量を知りたいです

下記のようなエクセルのタイムシートがあります
1分あたりの作業量をエクセルで計算して知りたいです。
どのような式で計算すればよろしいでしょうか?

日付|開始時間|終了時間|作業時間|作業量|1分あたりの作業量
3/17|17:30  |18:45  | 1:15  |  94 |【ここの計算を教えてください】

いろいろやってみたのですが、見当違いな数字が出てきてしまい困っています。
どうぞ宜しくお願いいたします。。

Aベストアンサー

日付|開始時間|終了時間|作業時間|作業量|1分あたりの作業量
3/17|17:30 |18:45 | 1:15 |94 |

セル番号左寄 a1 a2 a3 a4 a5 a6

とすれば 作業時間 a6に=a5/24/60と入力してください

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Q作業時間をエクセルで計算させたい

作業時間をエクセルで計算させたいのですが、よろしくお願いします。
生産ラインにインしてからアウトまでの作業時間を関数で計算したいです。

条件は下記になります。

1.作業時間 09:00~17:30
2.休憩時間 01:00(12:00~13:00)
3.残業はしない
4.時間は秒単位(もしくは分単位)
5.休日、祝祭日はカレンダーを参照にしたい
※別シート参照など
6.できればマクロではなく関数で計算させたいです。
7.作業を開始してから作業終了までが日をまたいだり、
 週をまたいだりすることがある。
※例としては金曜日(10:00)に作業を開始して、
 月曜日(15:00)に作業終了する場合など、

作業時間の結果はE列にできるようにしたい

どうかご教授のほど、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

E2セルには
=(C2+D2)-(A2+B2)
これで開始から終了までの経過時間は計算できる。
日を跨いでも問題ない。

しかし休憩時間を考慮する必要があるので、別途休憩時間が経過時間の中に含まれるかを計算する必要がある。
(金曜日の10:00から仕事をして月曜日の15:00に作業終了するにあたり、休憩は12:00から13:00までの1時間で良いのかは別問題とし、追加の条件はないものとする。)
24時間毎に1時間の休憩があるわけだ。

条件を考えてみる。
・開始時間が13:00に開始して翌日の11:00に終了したら休憩は0回。
 開始時間が14:00に開始して翌日の13:00に終了したら休憩は1回。24時間に満たない場合、開始時間によって休憩回数は0回または1回。

・開始時間が12:00に開始して翌日の12:00に終了したら休憩は1回。何時に開始しても24時間では休憩回数は1回。

・開始時間が12:00に開始して翌日の13:00に終了したら休憩は2回。
 開始時間が13:00に開始して翌日の14:00に終了したら休憩は1回。
 開始時間が11:00に開始して翌日の12:00に終了したら休憩は1回。24時間+1時間、は開始時間によって休憩回数は1回または2回。

経過時間を24で割って余りの時間と開始時間から判断できると言う事になり、
・24時間経過するごとに1回休憩時間が増える。
・(開始時間+経過時間を24時間で割った余り時間)が13:00よりも大きければ休憩回数は1回増える。
と結論付けられる。

ならば、
=INT( ((C2+D2)-(A2+B2))/24 )
で24時間毎の休憩回数。
=MOD( (C2+D2)-(A2+B2),24 )
で経過時間を24時間で割った余りの数が求められる。
したがって、
=(経過時間)-(24時間毎の休憩時間)-((開始時間+経過時間を24時間で割った余り時間)が13:00よりも大き時1時間。小さい時は0時間)
の計算で作業時間を求められる。
数式は、
=(C2+D2)-(A2+B2) - INT( ((C2+D2)-(A2+B2))/24 )*"1:00" - IF(B2+MOD( (C2+D2)-(A2+B2),24 )>"13:00","1:00",0)
こうなると思う(未検証)。


・・・
深夜作業のおける休憩時間を考慮する必要があれば、上記のように条件を考えて対処しよう。

E2セルには
=(C2+D2)-(A2+B2)
これで開始から終了までの経過時間は計算できる。
日を跨いでも問題ない。

しかし休憩時間を考慮する必要があるので、別途休憩時間が経過時間の中に含まれるかを計算する必要がある。
(金曜日の10:00から仕事をして月曜日の15:00に作業終了するにあたり、休憩は12:00から13:00までの1時間で良いのかは別問題とし、追加の条件はないものとする。)
24時間毎に1時間の休憩があるわけだ。

条件を考えてみる。
・開始時間が13:00に開始して翌日の11:00に終了したら休憩は0回。
 開始...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング