ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

代理と代行はどう違うの?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「代理」とは本人が行う意思表示を代理人が代わって行うことができることを言います。


たとえば土地を買う時に、自分より土地の売買に詳しい知人に
自分の代わりに適当な土地について代わりに契約してもらい
その結果自分が契約したのと同じ効果が発生し、
当然に売買の代金を本人が支払わなくてはならないことになります。

一方「代行」とは、法律上は「使者」と呼ばれ、
「代理人」は本人のために自分で意思を決定し、意思表示をするのに対して、
自分では意思決定をせず、本人の決定した意思表示を本人の手足となって相手方に表示し、
または完成した意思表示を本人の手足となって相手方に伝達するものを言います。
「使者」は単に使いのものであって、相手方に何かを質問されても、
そこで答える権限はありません。
持ち帰って本人に伝えることしかできません。

つまり、代行というのは、使いっ走りのことです。
だから、意思無能力者は、代理はできませんが
代行はできます。
    • good
    • 1

 「父の代理で結婚式に出てきた」とか「運転代行」みたいな「社会的な用法」もありますが、法律分野なので法律的な違いをお尋ねなのですよね?



★ 「代行」は、法律行為とか事実行為も含めて「代わりに行う」ことです。

 例えば、社長が欠けた時に、専務が社長職を代行します。他者と契約(法律行為)もすれば、なにかの会で式辞を述べた(事実行為)りもします。

 大臣が不在の場合、(大臣の命を受けて)副大臣が大臣の職務を遂行します。法律で「職務を代行する」となっています。

 運転代行は、代行者が自分の免許と自分の責任において運転している状態なので、社会的には代行ですが、法律的な代行ではありません。

 これが、本人が大型免許を持っていれば、代行者が免許をもっていなくても大型自動車を運転していい(本人の権限に依存する)という話なら、法律上も「代行」になります。

★ 「代理」は、ふつう、法律行為について代わりに行うことを意味します。

 したがって、子供が父親に代わって父の土地の売買契約を結ぶのは法律上の「代理」ですが、父に代わって親戚の結婚式に出てくるのは、法律上の「代理」ではありません。 
 
    • good
    • 2

代理は代わって責務を行うこと。



代行は代わって作業を行うこと。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q担当、代理、代行の違いは

役職の前後に担当、代理、代行等が付きますがどのような違いが
あり、どの人が一番偉いのでしょうか?
例)担当課長、課長、課長代理、課長代行
とか。

Aベストアンサー

もちろん会社によって違いますが、
課長はその課の総責任者でライン課長とかいったりしますよね。
担当課長は課長よりは下の役職、同じ部署に課長は2人いるのはおかしいので誰がライン課長なのか明確にするために担当をつけることがあります。課長は同じ部署に2人はいませんが担当課長は複数いることもあります。
課長代理、代行は仮の役職というような位置付けでしょうか?

Q代表代行と副代表の違い

民主党では管直人代表代行と他に副代表がいますが、代表代行と副代表とはどう違うのでしょうか?

同じように自民党には幹事長代理と副幹事長という職がありますがこれもどう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

代表代行は、代表が外遊や病気療養等による不在時には、必ず代表としての職務を行ない、通常でも他党との折衝やマスコミ取材等で代表を代行するので、代表と同格に近いです。
副代表は、代表を補佐する役割ですが、7人もいるので、実際は各分野(経済とか外交とか福祉とか・・・)を分担して指導するのもと思います。
序列的には、代表>代表代行>副代表 でしょう。

自民党の幹事長代理も、文字通り幹事長を代理する権限があり、力量のある閣僚経験者が就任するケースが多いです。
副幹事長は十数名おり、閣僚未経験の若手が就くもので、幹事長の手足になって奔走する役割です。

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q職務代行者の権限の範囲

債務者B社の代表者が行方不明(というか連絡が全くつきません。いわゆる夜逃げ状態です。)です。
A社(私の会社)は、このB社の債権者で、B社の団体保険積立金を差し押さえています。
しかし、この保険の解約手続きはB社でなければ出来ないので、現金化できません。
そこで、団体保険の解約手続を進めてもらうために、裁判所にてB社の職務代行者を選任してもらうつもりです。
この場合、職務代行者の出来る行為は、その選任目的の範囲内に限られるのでしょうか?
それとも、普通の代表者と同じだけの業務執行権限を有するのでしょうか?
また、職務が限定されているとしたら、その職務終了後に辞職できるのでしょうか?
以上、ご指導お願いします。

Aベストアンサー

1 「団体保険積立金」の返還請求について
 私が不勉強なために、「団体保険積立金」がどのような法的性格を有するのかが理解できていないのですが、仮に、生命保険契約における解約返戻金と同種のものであるとすれば、取立ては可能です。

 生命保険契約の解約返戻金請求権を差し押さえた債権者は、これを取り立てるため、債務者の有する解約権を行使することができます(最高裁平成11年9月9日判決)。
 したがって、「団体保険積立金」が生命保険契約における解約返戻金と同種のものであるとすれば、あえてB社(の職務代行者)に解約手続をとらせるまでもなく、差押債権者であるgotetsuさんご自身が、解約権を行使し、積立金の返還をご請求になればよいと考えます。
 「団体保険積立金」が生命保険契約における解約返戻金とは別種のものであるならば、本件の債権執行申立てを取り下げて、改めて、解約返戻金請求権を被差押債権とする債権執行を申し立てることも考えられます。
 いずれにせよ、執行裁判所と事前に協議なさる必要があると考えます(執行裁判所が、どこまで踏み込んだ協議に応ずるかは、裁判官の考え次第という面がありますが。)。

2 職務代行者の権限範囲
 仮に、上記1の取立方法が困難であれば、B社について、代表取締役の職務代行者の選任(いわゆる仮地位仮処分(民事保全法23条2項)の一類型です。同法56条本文ご参照)を申し立てる必要があります。

 ところで、職務代行者は、仮処分命令に別段の定めがあるか、または裁判所の許可を得た場合でなければ、「会社の常務」に属さない行為をすることができません(商法271条、70条の2第1項・ご質問を拝見するに、この点は、gotetsuさんもすでにご検討済みかと拝察します。)。ここで、「会社の常務」とは、会社事業の通常の経過にともなう業務をいいます。
 団体保険契約の解約は、その性質上、巨額の金員が動く(解約時期によっては、払込済保険料に比して解約返戻金が著しく少額になるなど、会社にとって不利な場合もあり得ます。)という点からみても、被保険者である従業員の福利厚生に影響するという点からみても、会社の重要な経営政策に属する事項であると考えられますので、取締役会の決議事項である「重要なる業務執行」(商法260条2項柱書。なお、同項1号ご参照)にあたるとされる場合が多いでしょう。

 ところで、取締役会において会社の常務に属さない事項につき決議をしようとするときは、代表取締役の職務代行者は、その議決権を行使することについて裁判所の許可を要するほか、その決議に基づいて業務執行をなすことについても裁判所の許可を要するというのが、東京地裁商事部の見解です(判例時報1293号にその旨の報告があります。)。
 職務代行者の選任をご検討になる際には、以上の点を念頭におかれる必要があります。

 なお、職務代行者は辞職できないと解されます。職務代行者の地位は、裁判所の選任命令に基づくものであり、職務代行者の意思に基づく(職務代行者と会社との契約に基づく)ものではないからです。
 職務代行者をおく必要がなくなった場合には、保全の必要性が消滅したことを理由として、仮処分命令の取消し(民事保全法38条1項)を申し立てることになります。

 余談になりますが、本件において、代表取締役の職務代行者をおく意義が団体保険契約の解約にしかないのであれば、そもそも代表取締役の職務代行者を選任するに足りる保全の必要性が認められるかどうかが疑問となります。
 執行裁判所との協議にあたっては、逆に、この点を裁判所の説得材料に用いることが考えられます。

 以上、ご参考になれば幸いです。

1 「団体保険積立金」の返還請求について
 私が不勉強なために、「団体保険積立金」がどのような法的性格を有するのかが理解できていないのですが、仮に、生命保険契約における解約返戻金と同種のものであるとすれば、取立ては可能です。

 生命保険契約の解約返戻金請求権を差し押さえた債権者は、これを取り立てるため、債務者の有する解約権を行使することができます(最高裁平成11年9月9日判決)。
 したがって、「団体保険積立金」が生命保険契約における解約返戻金と同種のものであるとすれば...続きを読む

QTBS系列の新聞社は、どこでしょうか?

・日本テレビ:読売新聞
・フジテレビ:産経新聞
・テレビ朝日:朝日新聞

すると、TBSは、どこの新聞社なのでしょうか?

 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

TBSは、元来、朝日読売毎日などが共同出資して
作ったので、どこの系列ともいえません。
朝日読売が手を引き、毎日も倒産したとき債務返済のため
TBS株を売ってしまいました。なお毎日新聞新社には
TBSも、すこし付き合いで出資しています

大阪のネット局が、朝日放送から毎日放送に変わった事もあり、
他紙よりは、毎日と親しいですが、
「フジ・サンケイ」グループ
「読売」「日本テレビ」のような関係ではありません(^^♪

Q代理と委任の違いについて

代理、委任と法律用語がありますが、どのように違うのでしょうか?強弱があるとしたら権限がどちらが強いのですか?また、同じ行為において代理と委任を同時にさせることはできるのでしょうか?代理者に委任する・・・??質問が的をえていないかもしれませんが、詳しく教えてください。

Aベストアンサー

>どのように違うのでしょうか
法律的には全く違います。
が、実体的にはほとんど重なります。

委任というのは契約の種類。代理というのは法律関係の一つ。
委任契約は代理権の授与を伴うのが通常なのでほとんど重なりますが、概念としては、全く別ものです。
委任契約とは、簡単に言えば「法律行為(≒契約)を誰かに頼む契約」です(なお、法律行為以外の場合は、準委任と言って一応委任とは別の契約です。ただし、実際にはほとんど違いはありません。)。
代理とは、簡単に言えば代理人の意思表示の法律上の効果が本人に直接帰属して代理人には帰属しないという関係を言います(なお、意思表示以外の行為を代りに行う場合は、準代理と言って一応代理とは別の関係です。)。
委任契約は多くの場合代理権の授与を伴いますから、多くの場合重なるので、実体的には委任≒代理ですが、委任が代理権の授与を伴わないこともありますし、また、委任以外でも代理権の授与を伴う場合はあるので、両者は概念的に別のものということになります。

例:佐藤さんが鈴木さんに「なんか飲み物買ってきて」と頼んで、鈴木さんが「いいよ」と言って飲み物を買いに行き、自分で選んだ飲み物を買って帰ってきました。

これは、佐藤さんと鈴木さんの間で、「鈴木さんが飲み物を売っている誰かと飲み物の売買契約を締結して引渡しを受けて持って帰って佐藤さんに渡す」という「委任契約」です。この委任契約の中核は、「鈴木さんが飲み物を売っている誰かと飲み物の売買契約を締結」することです。

ここで二つの考え方ができます。
一つは、鈴木さんは佐藤さんの代理人として代理権の授与を受けて誰かと当該代理権の行使として佐藤さんに代って売買契約を締結した。
もう一つは、鈴木さんは佐藤さんの代理人としではなく、鈴木さん自身が売買契約の当事者として誰かと売買契約を締結した。
理論的にはいずれもあり得ます。鈴木さんと誰かとの間の契約は、代理かも知れないしそうでないかも知れないということです。
代理と考えた場合には、代理人である鈴木さんと誰かとの売買契約の効果は本人である佐藤さんに直接に帰属します。すると、代理人鈴木さんの売買契約によって本人佐藤さんが直接に飲み物の所有者になります。従って、佐藤さんは、鈴木さんに対して、所有権に基づく引渡しと委任契約の履行としての引渡しの二種類の請求ができることになります。
代理でないと考えた場合には、売買契約の効果はあくまでも鈴木さんに帰属するので飲み物の所有者は売買契約の当事者である鈴木さんです。佐藤さんは、鈴木さんに対して、委任契約の履行としての引渡しだけを請求できることになります。
なお、仮に代金を鈴木さんが立て替えていたならば、鈴木さんは佐藤さんに委任事務処理の費用として代金を請求できます。

とまあそんなわけで、委任とは、他人に何かしてもらう「契約」、代理とは、他人が「本人の代りに」何かしてくれる「関係」だと思えば大体合ってます。

ちなみに、代理権授与契約というものを考えることができますが、この契約は、「代理権を授与する」という内容の契約であって、それ自体は代理ではありません。代理権授与契約で授与された代理権を根拠に代理行為を行うことが代理です。

>?強弱があるとしたら権限がどちらが強いのですか?
次元が違うので比較はできません。

>同じ行為において代理と委任を同時にさせることはできるのでしょうか?
意味が解りません。
委任契約と同時に代理権の「授与」を行うことはできます。
委任により授与された代理権を以て実際に代理行為を行うのは委任よりも後の話なので「同時」などということはあり得ません。
「委任契約を締結することを内容とする」委任契約を締結してそのために代理権を授与すれば、代理行為で委任をするということになるので、代理と委任を同時にしていると言えますが、それは委任であろうとなかろうと同じですし、多分そういう意味ではないでしょう。

以上

>どのように違うのでしょうか
法律的には全く違います。
が、実体的にはほとんど重なります。

委任というのは契約の種類。代理というのは法律関係の一つ。
委任契約は代理権の授与を伴うのが通常なのでほとんど重なりますが、概念としては、全く別ものです。
委任契約とは、簡単に言えば「法律行為(≒契約)を誰かに頼む契約」です(なお、法律行為以外の場合は、準委任と言って一応委任とは別の契約です。ただし、実際にはほとんど違いはありません。)。
代理とは、簡単に言えば代理人の意思表示の法律上の...続きを読む


人気Q&Aランキング