カタツムリが這った後は白いすじが残りますが、
それは酸化するのでしょうか?

A 回答 (2件)

(かたつむりのねばねばの正体)


カタツムリの這った後に残る粘液の主成分は、コンドロイチン硫酸という高分子化合物だそうです(http://www.healthy-net.com/escargot/escargot21.htm

(コンドロイチン硫酸の役割)
コンドロイチン硫酸は、内部に水分を貯えることができるそうです(http://www.hs-p.co.jp/same/same/caption/kondoroi …)または(http://www.skk-jouhou.gr.jp/same1.html)。

(コンドロイチン硫酸の色)
コンドロイチン硫酸は、黄味がかった白色の粉末だそうです(http://www.biocon.co.jp/itiran/funct/chond.htm

(なぜカタツムリが這った後は白いすじが残るか)
カタツムリが這った直後は、まだ粘液には、コンドロイチン硫酸と水分が含まれているので透明です(砂糖水のような状態)。 しかし、時間と共に、水分が蒸発しますので、コンドロイチン硫酸が残り、コンドロイチン硫酸自身の色、すなわち、白色になるようです(砂糖水が蒸発して、砂糖が残るのと同じ)。 よって、すじが白く変化するのは、酸化というよりも、コンドロイチン硫酸の色であると考えられます。

(ちょっと、脱線)
かたつむりが、金属の上を這うと、金属がさびるのかどうか、ホームページにて、調査しました(YAHOO USAも調べた!しかし、不十分かも)けれど、まったくありませんでした。 しかし、なんか日本のゲームキャラクターになんでもサビさせるナメクジなるものが載っていました。 はたして、そのような現象が見れられるのでしょうか。 この疑問は、まだ解けません。 
    • good
    • 0

質問の内容が分かりました!!


先程、述べましたように、後に残るすじの成分は、コンドロイチン硫酸ですが、この物質は、ムコ多糖というグループに属しているそうです(http://www.hs-p.co.jp/same/same/caption/kondoroi …)。つまり、コンドロイチン硫酸は、砂糖と同じ、高分子の多糖であります。 多糖は、化学的安定性が高いらしく(http://www.alpha-line.co.jp/ffc/3/2/2.html)、砂糖と同様に、コンドロイチン硫酸は、酸化されにくい考えられます。

大変、勉強になりました。 ありがとうございました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qナメクジやカタツムリの出す粘液は何のためですか

彼らは粘液を出さないと移動できないのでしょうか。

Aベストアンサー

カタツムリは「腹足」といって筋肉だけでできた足
と粘液(ビンガム流体)で移動します。
 粘液がなくても平地なら移動できるかもしれませんが
粘液がないと垂直の壁を登ることはできないかもしれません。
粘液には接着姓と流動性があるので、どんなところでも
移動できます。剣山や刀の刃の上でも移動可能です。
http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/07/06/0603.html

Qかたつむりのえさは何?

かたつむりって葉っぱを食べるのでしょうか?
何をあげたらよいのか知っている方が
いらっしゃいましたら
ぜひ、教えてくださいm(. .)m

Aベストアンサー

参考URLからの引用です。

 娘がかたつむりを飼い始めました。えさは何がいいのでしょう。
 また、どんなことに気をつけて飼えばいいのでしょう。
 教えてください。

園長:かたつむりのえさは、キュウリ、ニンジン、レタス、こまつな などの野菜くずが使えます。あと、殻を作るカルシウムを補給するために、卵の殻や、イカの甲なども入れてあげてください。
 直射日光は避け、ケースの中をいつも適度に湿らせておくことが必要ですが、ケースの底に水がたまるほどやるのはよくありません。
 夏の間は、殻に入り込んで膜を張り、夏眠することがあります。
 人間側の注意事項としては、カタツムリが寄生虫の感染源になるという話がありますので、さわったあとはよく手を洗うこと、傷のある手でさわらないこと を心がけてください。

参考URL:http://www.kcn.ne.jp/~tkawabe/hiroba64.htm

Qカタツムリが産卵。どうすればいい???

子供が飼っていたカタツムリが朝起きると卵を産んでいました。
スグに逃がす予定だったのでまさか卵を産むなんて思っていなくて・・・

ちょっと調べてみたら土が必要のようですがなくても孵化するとかイロイロでパニック中です。

カタツムリは虫かごで飼っていて底部分に産んでしまいました。
1日1~2回掃除をしているのですが卵があっては掃除ができないので別の容器に移したいのですが傷付けないように移したいです。
どうやって移せばいいのでしょうか?

また、別容器に土を入れて孵化させたいのですがその場合は土の中に埋めてしまうのですか?
水遣りはするのでしょうか?
孵化した場合虫かごでは空気口部分から小さい赤ちゃんカタツムリは出てしまいますよね・・・

どのようにすればいいのでしょうか?
無知の素人ですので詳しく教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

昔カタツムリを飼っていました。

カタツムリは土の中(虫かごの中の場合底に)卵を産んでました。
霧吹きで乾かないように水をやっていました。

しかし今回の場合は難しいですね・・・
掃除は諦めた方がよさそうです。

土を入れるのであれば卵を潰さないようにしてあげてください。

赤ちゃんカタツムリは小さいですので目の粗いカゴだと脱走しちゃいそうです。
蓋の部分のみネットになっているのであれば排水溝のゴミ袋みたいなものを利用しては?

かなり小さいですが ちゃんとカラがついているので大きな目でなければ大丈夫です。

がんばってください!

Qタニシやカタツムリはなぜくっつく?

タニシがガラスにくっつくのはなぜでしょうか?
カタツムリも同様です.
粘液とか出しながら吸盤の原理でくっついているのでしょうか?
吸盤なら,なぜ移動できるのでしょうか?
そもそも,解明されているのでしょうか?

Aベストアンサー

貝の腹足綱の仲間の中には,粘液を分泌するものが多いようです。カタツムリも這った後に粘液が残っているのはご覧になったことと思います。この粘液は,接着性と流動性を併せ持つ特殊な粘液です。この粘液でガラス等に接着しながら,腹側のぜん動運動で移動します。粘液上をカタツムリは移動しますから,摩擦等もなくカミソリの刃の上でも剣山の上でも何ら問題なく移動できます。カタツムリの腹側のぜん動運動については下記をご覧下さい。
http://science-oasis.tv/modules/x_movie/x_movie_view.php?cid=11&lid=1024


人気Q&Aランキング