カタツムリが這った後は白いすじが残りますが、
それは酸化するのでしょうか?

A 回答 (2件)

(かたつむりのねばねばの正体)


カタツムリの這った後に残る粘液の主成分は、コンドロイチン硫酸という高分子化合物だそうです(http://www.healthy-net.com/escargot/escargot21.htm

(コンドロイチン硫酸の役割)
コンドロイチン硫酸は、内部に水分を貯えることができるそうです(http://www.hs-p.co.jp/same/same/caption/kondoroi …)または(http://www.skk-jouhou.gr.jp/same1.html)。

(コンドロイチン硫酸の色)
コンドロイチン硫酸は、黄味がかった白色の粉末だそうです(http://www.biocon.co.jp/itiran/funct/chond.htm

(なぜカタツムリが這った後は白いすじが残るか)
カタツムリが這った直後は、まだ粘液には、コンドロイチン硫酸と水分が含まれているので透明です(砂糖水のような状態)。 しかし、時間と共に、水分が蒸発しますので、コンドロイチン硫酸が残り、コンドロイチン硫酸自身の色、すなわち、白色になるようです(砂糖水が蒸発して、砂糖が残るのと同じ)。 よって、すじが白く変化するのは、酸化というよりも、コンドロイチン硫酸の色であると考えられます。

(ちょっと、脱線)
かたつむりが、金属の上を這うと、金属がさびるのかどうか、ホームページにて、調査しました(YAHOO USAも調べた!しかし、不十分かも)けれど、まったくありませんでした。 しかし、なんか日本のゲームキャラクターになんでもサビさせるナメクジなるものが載っていました。 はたして、そのような現象が見れられるのでしょうか。 この疑問は、まだ解けません。 
    • good
    • 0

質問の内容が分かりました!!


先程、述べましたように、後に残るすじの成分は、コンドロイチン硫酸ですが、この物質は、ムコ多糖というグループに属しているそうです(http://www.hs-p.co.jp/same/same/caption/kondoroi …)。つまり、コンドロイチン硫酸は、砂糖と同じ、高分子の多糖であります。 多糖は、化学的安定性が高いらしく(http://www.alpha-line.co.jp/ffc/3/2/2.html)、砂糖と同様に、コンドロイチン硫酸は、酸化されにくい考えられます。

大変、勉強になりました。 ありがとうございました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカタツムリの飼育

カタツムリが家の中にまぎれこんでいたので
育てているのですが、飼育方法がよくわかりません。
下記は、自分で調べて実行している事ですが
間違っている事や、他にしてあげたら良い事があれば
教えて下さい。

・赤玉土を湿らせて敷詰めている
・たまに霧吹きで湿らせる
・土を日光消毒している
・エサは、きゅうりと卵の殻のかけら

 ※卵の殻は粉々に砕いた方が良いのでしょうか?

カタツムリは、6月のイメージがあるのですが、
今の時期は、冬眠するのですか?
それとも、夜行性なのすか?
昼間覗いた時は、いつも、もぐっています。

ちなみに、カタツムリは5mmないくらいです。
これは、そういう小さい種類なのでしょうか?
大きくなるのですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>今の時期は、冬眠するのですか?
そろそろ冬眠の時期でしょうね。見かけなくなりましたから。夜行性かどうかはよく知らないのですが、ナメクジが夜行性なので、同じかも知れません。

>大きくなるのですか?
さすがにそれは判断できません。特徴は何かありますか?
貝の巻き方向や、とんがり具合とか…

昔の飼育雑誌にはガラスケースで飼うと出ていました。乾燥防止のためでしょう。ふたも付けてました。
その際えさは、ゆで卵の黄身や食パンを水でドロドロにといたものをガラスに塗り付ける。となってた記憶があります。
そうそう、ケースに落ち葉も入れると出ていましたが、結構カビだらけになるので長続きしませんでした。

Qカタツムリの殻が白くなってきた!

題名の通りなんですが...
2年前に捕まえた時は、既に大人でした。
それ以来、ずっと1匹で飼ってます。
ニッポンマイマイです。

白いというのは、殻の先端部分から白くなってます。

もしかしたらカルシウム不足なのかな、と思い、
いつもあげている卵の殻の他に、貝殻とボレー粉も入れました。
食べている気は全然しないのですが...

元気はいつも通りで、活発に動いています。
今は冬なのですが、部屋に観葉植物がたくさんあるので、基本暖かくしているせいでしょうか。
食欲も盛んです。
にんじんとキャベツを基本入れているのですが、にんじんが好きみたいです。

昔、道端で死んでしまったカタツムリの残骸を見たことがあるのですが、
殻全体が真っ白白でした。
その白さと似ています。

カタツムリの寿命を調べてみたら、数年とも、数十年とも出てきて、よく分かりません。
もしかしたら、死んでしまうのでしょうか?
私ができることなら、何でもやるつもりです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

殻の先端というのはどこなんでしょうかね。
殻について知りませんが、冬だから乾燥もあるのではありませんか。暖房したらなおさらでしょう。
また、越冬して数十年も生きる物であるならば冬は冬の方が自然な気もします。活動しない方が正しいとか。冬、自然のカタツムリはどうしているんでしょう。
ニンジンが好きな事とニンジンが体に良い事は別だと思います。カタツムリにとっての自然食の方が健康的だと思います。ニンジンの食いすぎで赤くなってきませんか(笑)
去年の冬は白くならなかったのでしょうかね。自然の物を捕獲したのですから、せめてそれが死の兆候なのかどうかをよく観察して学ばれることですね。冬はまだまだ続きます。

Qカタツムリを飼っていましたが、飼育が大変なので放すことにしたのですがどこがよいのでしょうか?

タイトルどおりですが、どなたか参考意見・ホームページ等ご案内ください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

日本のカタツムリであれば、近所のお墓やお寺などの草木の茂る、比較的ウェットな環境に放してあげれば良いですよ。

外国産であれば、生態系を壊してはいけませんので、可哀相ですが飼い主として処分されるべきですね。

Qなぜ白くなる? 虫さされやじんましんはなぜ周りの皮膚は赤くなるのに、膨れている所は白いのですか?

なぜ白くなる?

虫さされやじんましんはなぜ周りの皮膚は赤くなるのに、膨れている所は白いのですか?

Aベストアンサー

晴れていて血液が通っていないからではないでしょうか。

Qカタツムリ

晴れている日にはカタツムリはどこにいるのでしょうか?

またかたつむりって身近に生息しているのですか??

わかる方答えお願いします☆

Aベストアンサー

先の方の回答の場所には確かに多いのですが、這っている途中で雨や夜露などによる湿性環境が中断されると、その場所で殻の中に閉じこもり、殻の口を粘液で塞ぎます。その場合平らな地面でない場合は、その粘液が接着剤のようになって、垂直なブロック塀などにでもくっついた状態になります。餌が葉っぱですので、地面にくっついた葉っぱの裏などには大概います。また夜行性なので暗くなったら懐中電灯などで探すと見つけることができるでしょう。

Qカタツムリの殻は有利か不利かをきめられますか?

どうもカタツムリよりナメクジのほうがたくましくどこへでも出没するように思えるのですが、カタツムリは殻を持つことによってかえって行動が制限されているということはないでしょうか。

Aベストアンサー

殻なしのカタツムリは、乾燥に弱いです。
殻の部分には渦巻き状の体があり、それだけ表面積が広いですから乾燥時には水分がどんどん飛んでいきます。
(小学生の時に渦巻き状の体をみたような気がします)

Qカタツムリ って何を食べて生きていますか?

 アジサイの葉にかたつむり  あじさいの葉を食べた形跡無し
葉を食べ無いとすると何を食べて生きているのですか?

Aベストアンサー

コケや葉っぱを食べます
コンクリートのカルシウムも食べます
写真はカタツムリが洗い場の苔を食べた後です
このような痕を見たらナメクジかカタツムリの食べた後だと思ってください

Qカタツムリの寿命

 我が家に甥っ子が捕まえてきたカタツムリ(1匹)がいます、ばあちゃん(母)にプレゼントされたものですが、お世話係は私です。

 アクリルの虫かごに砂と落ち葉と敷き、充分水分を含ませて、えさはほとんどキュウリです、(たまに卵の殻)これで5年が過ぎましたが、カタツムリはいったいどれくらい生きるのでしょうか?

 ここまで来ると愛着も出てできれば長生きしてもらいていですし・・・。
 今まで大丈夫だったので飼育方法に大きな間違いは無いと思うのですが、他に良い工夫はありますか?

 あと3年目に目?と目の間に黒い短い突起が何本か出てきてイゾギンチャクのようになっています。目と触角?のように出てきたり収まったりします、これは「何」でしょうか、ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは suiranといいます。カタツムリは食べる以外は全く詳しくはないのですが…

カタツムリは雌雄同体ですが,頭瘤(とうりゅう)というものを頭部から出しまして交尾します。参考URLの写真をご覧下さい。もし,同じでしたら何ら問題ないと思います。
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark/2102/seisyokukou/seisyokukou.htm

しかし,カタツムリは寄生虫の住処といえる程の動物です。ご質問の件は,ロイコクロリジウムかも知れません。良いURLが残念ながらありませんが,下記にあげておきます。

「終宿主の餌そっくりの動きまでもして、食べられようとする。ロイコクロリジウムの幼虫は、宿主であるカタツムリの触覚に入り込み、イモムシのような動きをする。次なる宿主である鳥に、カタツムリを襲わせるためである。」
http://www.hakubutu.com/museum/MU_meguro.html

参考URL:http://www.geocities.co.jp/AnimalPark/2102/seisyokukou/seisyokukou.htm

こんにちは suiranといいます。カタツムリは食べる以外は全く詳しくはないのですが…

カタツムリは雌雄同体ですが,頭瘤(とうりゅう)というものを頭部から出しまして交尾します。参考URLの写真をご覧下さい。もし,同じでしたら何ら問題ないと思います。
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark/2102/seisyokukou/seisyokukou.htm

しかし,カタツムリは寄生虫の住処といえる程の動物です。ご質問の件は,ロイコクロリジウムかも知れません。良いURLが残念ながらありませんが,下記にあげておきます。

...続きを読む

Qカタツムリの広東住血線虫について

カタツムリの広東住血線虫は、犬や猫には、感染しますか?実は、来年からカタツムリ飼育をしようと思っているのですが室内で犬や猫を飼っているので犬や猫に広東住血線虫が感染するかしないかを知りたくて質問しました。犬や猫がカタツムリの粘液をなめただけで犬や猫は、広東住血線虫に感染するのでしょうか?沖縄県に住んでいるシュリマイマイやヤンバルマイマイや東北に住んでいるアオモリマイマイや全国的に住んでいるオナジマイマイを飼育しようと思っています。依然ネットの動画でキリンがアフリカマイマイを舐めていた動画があったのですがキリンは、アフリカマイマイの広東住血線虫に感染してしまった可能性が高いと思いますか?回答お願いします。余談ですが柴犬のブログで柴犬が本土のカタツムリを舐めていた写真のブログがあったのですが、ブログでは、その2カ月後、何ともない元気な柴犬の写真がアップされていました。

Aベストアンサー

寄生虫感染ですが、大前提として不顕性感染が含まれます。
【不顕性感染:固体として感染したにもかかわらず、感染症状の発症がない】

語弊を怖れずにいってしまうと、感染症状を発症するのは一部で、大部分は不顕性感染となります。


>犬や猫には、感染しますか?

犬や猫に留まらず、もちろん人にも感染しますし死亡例もあります。
基礎知識として感染経路を書きます。
(ネズミ)→(カタツムリ)→(ネズミ)
基本はこういう形です。
ネズミは終宿主。
カタツムリは中間宿主です。
ネズミがした糞便をカタツムリが餌と一緒にたべ、糞便に混じっていた幼虫が感染能力を持った成虫に育ちます。
このカタツムリをネズミが食べるというサイクルが基本です。
寄生虫から見れば、これが最も子孫繁栄できる方法ということになります。
自然状態での感染の広がりという点から見れば、カタツムリの移動距離は微々たるものですので、ネズミが非常に困った存在となります。

このサイクル以外の感染ですが、カタツムリが這った後の野菜をよく洗わずに食べたり、直接舐めたりといったことがあります。犬や猫なら這った後を舐めること、カタツムリの世話をした飼い主さんの手を舐めるといったことが含まれます。
サイクルから除外されているというのは、感染するけれども、感染した卵や幼虫が成虫にまで育たないということです。(幼虫は血液やリンパを巡り、脊髄や脳に侵入し成虫にならずに死亡します)
冒頭で書きました不顕性感染とならず、症状が出てくると肉芽腫形成・好酸球性髄膜脳炎といった恐ろしい症状となることがあります。


>キリンは、アフリカマイマイの広東住血線虫に感染してしまった可能性が高いと思いますか?

その地域での流行があれば感染している可能性があります。


>余談ですが柴犬のブログで柴犬が本土のカタツムリを舐めていた写真のブログがあったのですが、ブログでは、その2カ月後、何ともない元気な柴犬の写真がアップされていました。

1)そもそもカタツムリが寄生虫を持っていなかった。
2)柴犬は不顕性感染している。
3)柴犬の防御免疫が働いている。

1)と2)はここまで書いたことになります。
3)について説明すると、寄生虫に対しての排除です。ほんの30年ほど前までは粗大寄生虫に免疫はないものとされていましたが、今日的には貧食作用と溶解酵素・細胞障害因子による虫体殺滅が確認されています。
ざっくばらんには感染時に健康状態が著しく良ければ、それだけ防御免疫が働いているとも考えられます。


広東住血線虫に限らず、防疫上ネズミは極めて注意が必要になりますので、港周辺ではネズミの捕獲検査が実施されています。
これによると、おおよそ日本全国で広東住血線虫が見つかっています。


以下、あまり聞きたくない話だと思いますが老婆心故お許しを。

>来年からカタツムリ飼育をしようと思っている

現実問題として飼育されるカタツムリが寄生虫感染を起こしているかどうかは、調べることが困難だと思います。
ですので飼われるならば、手洗いの徹底と、飼育スペースからの漏洩防止が必要になるはずです。
飼育ボックスから出たゴミ類の処分にご注意ください。
野良猫のゴミあさり等も考えられますし、それがネズミならば他人を巻き込む地域的な流行を引き起こす危険性も拭えません。
保健所にご相談の上、ゴミ類は持ち込み焼却されるのがベストになるかと思います。

寄生虫感染ですが、大前提として不顕性感染が含まれます。
【不顕性感染:固体として感染したにもかかわらず、感染症状の発症がない】

語弊を怖れずにいってしまうと、感染症状を発症するのは一部で、大部分は不顕性感染となります。


>犬や猫には、感染しますか?

犬や猫に留まらず、もちろん人にも感染しますし死亡例もあります。
基礎知識として感染経路を書きます。
(ネズミ)→(カタツムリ)→(ネズミ)
基本はこういう形です。
ネズミは終宿主。
カタツムリは中間宿主です。
ネズミがした糞便をカタツム...続きを読む

Qカタツムリの殻

カタツムリの子供は生まれたときから殻がついてるのですか?それとも何時の頃からか突然出来てくるのでしょうか?どなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

生まれたときから殻はついています。小さい頃によく庭で見ました。とても小さな殻を背負って卵から出てきますよー。

成長して体が大きくなると、殻は外へと伸びていきます。生まれた時に背負っていた殻が大人の殻の中心部分になっているわけです。

カタツムリの観察日記がありましたのでどうぞ。
うまれたてのカタツムリの画像も載っています。
(3世代目の赤ちゃん関連のところです)

http://www6.plala.or.jp/GRASSYPLAIN/tumu/tumu-top.html

参考URL:http://www6.plala.or.jp/GRASSYPLAIN/tumu/tumu-top.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報