最大35,000円進呈!IPoEはOCN光

教えてください。Access2000です。

Private Sub 次へ_Click()
On Error GoTo Err_次へ_Click
On Error Resume Next
DoCmd.GoToRecord , , acNext
Exit_次へ_Click:
Exit Sub
Err_次へ_Click:
MsgBox ERR.Description
Resume Exit_次へ_Click

End Sub

って書いたのですが、最後のレコードまで行った後
「次へ」をクリックすると実行時エラーになってしまいます。
移動できませんとかメッセージで逃げたいのですがどうすればいいのでしょうか?
お願いします。

A 回答 (2件)

こんにちは。

maruru01です。

先頭レコードや末尾レコードは以下のように判定出来ます。


Dim tempRecNum As Long

tempRecNum = Me.CurrentRecord
Select Case tempRecNum
  Case Me.Recordset.RecordCount
    MsgBox "一番後ろのレコード"
  Case 1
    MsgBox "一番前のレコード"
  Case Else
    MsgBox tempRecNum & "番目のレコード"
End Select
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
無事できました。感謝いたします。
Dcountでしかレコード件数を数える事を知らない私には
大変勉強になりました。
今後もこのケース文はいろんな場面で使用できそうです。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/04/05 13:27

If Err.Number = 2105 Then


  MsgBox "移動できません。"
Else
> MsgBox ERR.Description
End If
> Resume Exit_次へ_Click

のようにしてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
エラーが発生するのが移動時でしたのでIf文で分岐する
ことができませんでした。
説明不足で申し訳ありませんでした。
また、よろしくお願いします。

お礼日時:2004/04/05 13:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAccessの更新前処理について。DoCmd.GoToRecordが動かないのはなぜ?

Accessの更新前処理について知っている方いらっしゃればお願い致します。

Accessでformを作り、ある項目Aに対して入力後に更新前処理(A_BeforeUpdate)のプロシジャーを実行させ、その中にDoCmd.GoToRecord acDataFormを記述したところ、指定したレコードに移動できません(実行時エラー2105)が出てしまします。

1日悩んで何気なしに更新後処理(A_AfterUpdate)に変えたらすんなりと動いてしまいました、A_Clickや他のアクションでも正常に動きます。
更新前処理が特殊なのだと思いますが、どうも納得が行かないのでご存知の方いらっしゃれば宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

テーブル(やクエリー)と連結されたテキストボックスなどのコントロールの値が変更されていた場合、レコードの移動によって(元になるテーブルのレコードの)値の更新が行われます。

従って、更新前イベントでレコードの移動を行おうとすると、更新の前に更新を行うという矛盾が生じ、エラーが発生(結局移動ができない)します。

Qサブフォームに対してGoToRecordするには?

フォームに対してRequeryすると先頭のレコードへ移動してしまうので
Requeryする前のレコードの番号を取得して
Requery後にそのレコード番号へ移動したいのですが

Sub test()
i = Forms("Form").Controls("SubForm").Form.CurrentRecord
Forms("Form").Controls("SubForm").Requery
DoCmd.GoToRecord acActiveDataObject, Forms("Form").Controls("SubForm"), acGoTo, i
End Sub

これをすると、実行時エラー2498
指定した式は、いずれかの引数とデータ型が対応していません。
になりますが、
どこがおかしいのでしょうか?

Aベストアンサー

【要旨】
サブフォームのレコード移動では、対象サブフォームは引数で指定するのではなく、
SetFocusメソッドで移動後、引数を省略したGotoRecordを使用します:
  Forms("Form").Controls("SubForm").SetFocus
  DoCmd.GotoRecord , , acGoto, i

但し、「Requery前後でのレコード移動の回避」が目的の場合は、Requeryの
対象を「親フォームまたはサブフォームのFormオブジェクト」ではなく「サブフォーム
コントロール」とすればOkです。
 <現状・例1>
  Forms("Form").SetFocus
  DoCmd.Requery
 <現状・例2>
  Forms("Form").Requery
 <現状・例3>
  Forms("Form").Controls("SubForm").Form.Requery
 <代替策>
  Forms("Form").Controls("SubForm").Requery
  ※「現状・例3」との違い(→途中の「.Form」の有無)に注意。


【詳細】
> 実行時エラー2498

このエラーの直接の原因は、GotoRecordメソッドの第2引数に指定している
「Forms("Form").Controls("Subform")」の部分です。

ここに指定するのはオブジェクト名になりますが、そのデータ型は文字列型です。
一方、「~.Controls(~)」の形で指定した場合、取得できるのは
 a)オブジェクトそのもの
 b)そのオブジェクトのデフォルトプロパティ
のどちらかです(→状況によって変化します)。
(例えばテキストボックスなら、TextBoxオブジェクトまたはValueプロパティの値)

サブフォームのデフォルトプロパティは調べていませんが(汗)、少なくとも文字列
型のプロパティではないため、「型が一致しない」とのエラーとなります。
サブフォームのコントロール名を取得する場合は、
  Forms("Form").Controls("SubForm").Name
というように、Nameプロパティを明示的に指定する必要があります。

ただ、「サブフォームのレコード移動」の場合、明示的に「Name」プロパティを
指定しても解決には至りません(汗)
これは、GotoRecordメソッドの第2引数には、直接開いているオブジェクトの
名前のみが有効なためで、サブフォームを直接的に指定することはできない、
ということです。
(注:Microsoftの資料を探したわけではなく、経験則から記述していますので、
 私の勘違いでしたらご容赦願います(汗))

サブフォームのレコード移動には、冒頭に記述したとおり、「フォーカスの移動」と
「一部の引数を省略したGotoRecord」を使用します:
  Forms("Form").Controls("SubForm").SetFocus
  DoCmd.GotoRecord , , acGoto, i

なお、これも冒頭に書きましたが、サブフォームのRequeryの仕方には幾つか
方法がありますが、Requeryの対象を「コントロールとしてのサブフォーム」にすれば、
レコード移動が発生しませんので、GotoRecord自体が不要になります。
http://www.f3.dion.ne.jp/~element/msaccess/AcTipsFrmHowToRequeryAndReturn.html

【要旨】
サブフォームのレコード移動では、対象サブフォームは引数で指定するのではなく、
SetFocusメソッドで移動後、引数を省略したGotoRecordを使用します:
  Forms("Form").Controls("SubForm").SetFocus
  DoCmd.GotoRecord , , acGoto, i

但し、「Requery前後でのレコード移動の回避」が目的の場合は、Requeryの
対象を「親フォームまたはサブフォームのFormオブジェクト」ではなく「サブフォーム
コントロール」とすればOkです。
 <現状・例1>
  Forms("Form").SetFocus
  DoCmd.Requery
 <現...続きを読む

QAccessのRefresh・Requery・Repaintの違い

Requeryはもう一度ソースレコード(テーブル)を読み込むようです。このとき、テーブルの先頭レコードに移動してしまいます。
Refreshは最新のレコード(テーブル)を再表示するような気がします。レコードの移動は起こらない気がします。
Repaintは、VBAでキャプションなどを変更したとき使っています。
でも、よくわかっていません。
どんなときにどんなメソッドを使えばいいのでしょうか?
詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たびたびすみません。
調べてたらこんなのがでてきました。
http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

参考URL:http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

QAccessのフォーム上にレコード数とレコード番号の表示

Accessでクエリを元に表示するフォーム上で、テキストボックス等に関数を使って、レコード数とレコード番号を表示する方法がありましたら教えてください。

フォームの書式設定で「移動ボタン」の表示をすれば目的の事は出来るのですが、表示の大きさが調整できない為、とても見難いのです。

以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

レコード番号のコントロールソースを
=[CurrentRecord]
レコード数のコントロールソースを
=Count("*")-[NewRecord]
としてみてください。

QアクセスVBAのMe!と[ ]

基本的なことですみません。

アクセスのイベントプロシージャで、Me!ってありますけど、これはどういう意味なんでしょうか?

また、Me!の後に、Me!.~~と書く場合と、Me!.[~~]と書く場合がありますが、どこが違うのでしょうか?

Aベストアンサー

>プロシージャ内で[]を使う場合は、そのフォーム外のオブジェクトを使う場合と考えてよろしいでしょうか?
別のオブジェクトを使う場合だけではありません。
Hensu = Me![Text1]のようにHensuという変数に自身のTest1の値を代入する場合のように。
[]で括られているのがオブジェクト名やコントロール名だよという事。
クエリの抽出条件に存在しない[?]とすれば?というコントロール等が参照できないので?というダイアログが表示されるように?というオブジェクトやコントロールは何?と聞いてくるように。
>フォーム内のオブジェクトの場合はあくまでMe!で良いのでしょうか
Forms.[フォーム名]![コントロール名]やForms![フォーム名]![コントロール名]が構文。
アクティブなフォームが自分自身ならForms![フォーム名]の変わりにMeでもOKですという事。

と言う解釈の方が良いと思います。

QAccess サブフォームでの選択行の取得

こんにちは。

Access初心者です。

サブフォームでテーブルの項目を表示させていますが、
選択された行を取得する方法はありますか?
サボフォームの下の方に現在選択されているレコード数が表示されてますが、その値でかまいません。

調べているのですが、なかなか検討がつきません。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フォーム名がフォーム1、サブフォームコントロールの名前がサブフォーム1だとすると、

Forms!フォーム1!サブフォーム1.Form.CurrentRecord

で取得できます。
(「Forms」と「Form」がありますのでご注意下さい)


また、フォーム1にコードを記述する場合であれば

Me!サブフォーム1.Form.CurrentRecord

サブフォーム1へのコード記述であれば

Me.CurrentRecord

という構文によっても、それぞれ取得が可能です。

Qaccess の 最終レコードの判定はどう記述しますか

月間スケジュールテーブルを新規生成するルーチンです
月初~月末まで各日にちの曜日を[曜日TMP]に求めてこのルーチンに入ります
("マスタFORM"には週間計画のテーブルのフィールドを設定したフォームです。
(週間計画:月曜日の○○時~◎◎時に○○の作業)
Private Sub 分析RTN()
DoCmd.GoToRecord acForm, "マスタFORM", acFirst
Do While Not EOF(1) ‘ここでエラーが発生します
If 曜日No. = 曜日TMP Then
追加RTN ’レコードの追加ルーチンです
End If
DoCmd.GoToRecord acDataForm, "マスタFORM", acNext
Loop
End Sub
他にお気づきの点はご指導ください

Aベストアンサー

こんにちは。

これかな~
DoCmd.GoToRecord acForm, "マスタFORM", acFirst
'Do While Not EOF(1) 'ここでエラーが発生します
Do While マスタFORM.NewRecord = False
  If 曜日No. = 曜日TMP Then
    '追加RTN 'レコードの追加ルーチンです
  End If
  DoCmd.GoToRecord acDataForm, "マスタFORM", acNext
Loop

QAccessで別テーブルの値をフォームに表示したい

初めてのAccessで分からない事があり質問させてください。

<会社テーブル>
会社ID
会社名
住所

<社員テーブル>
会社ID
社員名
ソート番号

*1社に対し複数の社員レコードが存在

以上のようなテーブルがあるとします

現在「会社テーブル」を表形式で一覧表示しています
会社ID,会社名、住所とフィールドが並んでいるのですが、その後ろに「社員テーブル」のソート番号が一番若い社員名を表示したいと考えています(現状は番号関係なく表示させる方法すら分かりません)

色々いじくりまわしたのですが、初めてAccessをさわる事もあってよくわかりません

リレーション等でひっぱってくる事ができるのでしょうか?

どなたか教えて頂けませんでしょうか

何卒よろしくお願い致します

PS.Access2013で作成中です

Aベストアンサー

単純にテーブル[会社]のみでフォームを作成し、社員表示用テキストボックスを追加。そして、そのプロパティを表示し

コントロールソース=DBLookup("SELECT 社員名 FROM 社員 WHERE 会社ID=" & [会社ID] & " ORDER BY ソート番号")

これは、以下の標準モジュールに登録したユーザ関数 DBLookup()を使っています。これで、クエリを用意しなくても目的を達成できます。

さて、かかるユーザ関数を標準ライブラリに登録したくない場合、

1、"社員ソートクエリ"を作成します。

SELECT 社員.会社ID, 社員.社員名
FROM 社員
ORDER BY 社員.ソート番号;

2、コントロールソースに次のように書きます。

=DLookUp("社員名","社員ソートクエリ","会社ID=" & [会社ID])

http://office.microsoft.com/ja-jp/access-help/HA001228825.aspx

DLookup()については、マイクロソフトの解説を参照されてください。

【DLookup()の限界を破るにはVBAで同じ関数を作るしかない】

マイクロソフトの解説を読めば判りますが、ORDER BY 節を指定する引数が用意されていません。ですから、どうしても、"社員ソートクエリ"を作成するという手間が必要となります。そこで、SQL文を引数とするDBLookup()をVBAで書けば、その手間を省けるという算段になります。この辺りは、好みと趣味の問題。どっちでも良いと思います。そういうお断りをした上で DBLookup()を紹介しておきます。なお、ADOは、つぎのように参照設定しないと利用できません。

http://www.happy2-island.com/access/gogo03/capter00307.shtml

Public Function DBLookup(ByVal strQuerySQL As String, _
             Optional ByVal ReturnValue = Null) As Variant
On Error GoTo Err_DBLookup
  Dim DataValue
  Dim rst     As ADODB.Recordset

  Set rst = New ADODB.Recordset
  With rst
    .Open strQuerySQL, _
       CurrentProject.Connection, _
       adOpenStatic, _
       adLockReadOnly
    If Not .BOF Then
      .MoveFirst
      DataValue = .Fields(0)
    End If
  End With
Exit_DBLookup:
On Error Resume Next
  rst.Close
  Set rst = Nothing
  DBLookup = IIf(Len(DataValue & ""), DataValue, ReturnValue)
  Exit Function
Err_DBLookup:
  MsgBox "SELECT 文の実行時にエラーが発生しました。(DBLookup)" & Chr$(13) & Chr$(13) & _
      "・Err.Description=" & Err.Description & Chr$(13) & _
      "・SQL Text=" & strQuerySQL, _
      vbExclamation, " 関数エラーメッセージ"
  Resume Exit_DBLookup
End Function

単純にテーブル[会社]のみでフォームを作成し、社員表示用テキストボックスを追加。そして、そのプロパティを表示し

コントロールソース=DBLookup("SELECT 社員名 FROM 社員 WHERE 会社ID=" & [会社ID] & " ORDER BY ソート番号")

これは、以下の標準モジュールに登録したユーザ関数 DBLookup()を使っています。これで、クエリを用意しなくても目的を達成できます。

さて、かかるユーザ関数を標準ライブラリに登録したくない場合、

1、"社員ソートクエリ"を作成します。

SELECT 社員.会社ID, 社員.社員名
FR...続きを読む

QAccessでテーブルの値をテキストボックスに代入するには?

[ID][文字列]の2つのフィールドからなる単純なテーブルがあり、削除クエリを併用して常に最新のデータしか格納されていない状態に工夫できました。(データは常に1つ)
そこでフォーム上にあるテキストボックスにこのテーブルの[文字列]フィールドのデータを表示させたいのですが、
どうしたらよいでしょうか?

また、このテーブルの[文字列]フィールドのデータを直接変数として使いたい場合はVBAでどのように記述すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

テーブルに"データは常に1つ"ならコントロールソースに
「=DLOOKUP("文字列のフィールド名","テーブル名")」
IDごとに"データは常に1つ"ならコントロールソースに
「=DLOOKUP("文字列のフィールド名","テーブル名","[ID]='" & Me.ID & "'")」

Dlookup関数のヘルプ
http://office.microsoft.com/ja-jp/assistance/HP010496551041.aspx

Qアクセエスのレコードの更新をVBAでするには?

アクセスで、一覧表のフォームにボタンを取りつけています。レコードの内容を変更したら、ペンの形のマークが現れますね。これは変更中ということですが、そこでボタンを押しても変更は確定されないから、更新確定させたいのです。

それで、DoCmd.Requery を最初の行に入れてみたら、元の一覧表は最初のレコードに飛んでしまう。

元の一覧表の位置を動かさないために、Ctrl+Enter キーを押して更新確定させたような状態をVBAで実現する方法あるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No1 です。
今回の場合には
Docmd.RunCommand acCmdSaveRecord の方が良かったですね
文字通りレコードを保存します。
Requery に引きづられてしまいました (^_^;)

Recalc、Refresh、Requery の使い分けは下記が参考にはなりますか?
http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング