【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

1926年10月にかけて発生したという「魔女事件(山脇雪子)」について教えてください。

A 回答 (1件)

「魔女事件」というと一体何事か、と思うかもしれませんが、佐藤春夫が山脇雪子という女性と半年余り関係をもった、というだけの話です。



このラブ・アフェアの相手である山脇雪子をモティーフに、佐藤春夫は「魔女」という一連の詩を書きます。だからこのことは「魔女事件」と呼ばれるのです。たかだかの常時がどうして「事件」なのかというと、この前に「小田原事件」というのがあるからです。

佐藤春夫は大正六年、二十五歳のとき、六歳年長の谷崎潤一郎と出会います。当時、谷崎は千代子と結婚三年目で、生まれたばかりの長女がいました。

初期の谷崎はエドガー・アラン・ポーにあこがれ、「悪魔派」を標榜し、当時の文学の主流だった自然主義とは無縁の、耽美的、反道徳的な作品を発表する作家でした。その狷介な性格もあいまって文壇からも孤立し、理解者もいなかったのです。そこへ自分の作品を愛好し、しかも遠慮なく鋭い批評を浴びせかけてくる青年が現れたのですから、谷崎の喜びはどれほどのものだったでしょうか。ふたりの友情はたちまち深まっていきます。

一方、谷崎の妻、千代子は、従順で穏やかなひとがらで、どんな仕打ちをされても黙って我慢するという女性でした。それが谷崎の目には「彼女の存在が一つの悲しい音楽になった」と映り、「色彩の強烈な、陰影のない華麗な文章を志していたあの頃の僕には、彼女の奏でる悲しい音楽が……甚だ禁物であったからだ」(谷崎潤一郎『佐藤春夫に與へて過去半生を語る書』)として、冷酷なエゴイストとしてふるまうことが、「悪魔主義的傾向」をもつ芸術家としての義務であるように感じていたのです。

そこへ佐藤春夫の登場です。何の落ち度もないまま夫にステッキで殴り倒されるような千代子に対して、佐藤はいつも騎士的にふるまいながらも同情します。そうして千代子もまた、佐藤に惹かれるようになる。

そうして大正九年、以前から続いていた谷崎と千代子の妹のせい子との関係が千代子の知るところとなります。このせい子は、のちの『痴人の愛』のナオミのモデルとなったと言われる、大柄な美人で、しかも当時、別の若い男と恋仲である、というような女性でした。

谷崎はこのせい子と少なくとも一時期は結婚するつもりで、千代子に離婚を言い渡していました。そうして佐藤は当時同棲していた女優の米谷香代子と別れ、千代子に自分の思いを打ち明けます。

千代子はこれをきっかけに、谷崎との離婚を承諾し、佐藤と結婚することを決意、谷崎もそれを了解するにいたります。ところが翌年三月、谷崎は土壇場で決心を翻して離婚をとりやめ、佐藤と絶交したのです。このことをのちに谷崎は当時住んでいた小田原の地名を取って「小田原事件」と呼ぶようになります。

絶交後の佐藤は、有名な「秋刀魚の歌」が所収された『殉情詩集』や『都会の憂鬱』『侘びしすぎる』などの作品を書いて、自分の千代子への思いを謳いあげます。そうして花柳界にいた、少女の頃の千代子の面影のあるような、小田中タミと結婚します。

谷崎も「小田原事件」を『神と人との間』という作品にするのですが、佐藤も谷崎の「嘘」に抗議し、なるべく事実に近いかたちで描こうと、『この三つのもの』という小説の連載を始めます。

ところがその連載中、佐藤自身に恋愛事件が起こります。谷崎にたいする批判と非難が、そのまま自分に返ってくるような出来事に巻き込まれてしまったのです。その相手が山脇雪子です。

山脇雪子についてはわたしも詩集『魔女』と、未完の『去年の雪いまいづこ』を通してしか知らないのですが、それによると、嫁ぎ先から離婚して、上京して、幼なじみの妻子ある男の囲い者となっているような女性だったようです。教育はないけれど、本も読み、字も美しく、手紙も書けた女性だったようで、佐藤も最初はそれほどの気持ちでもなかったのですが、タミの焼きもちがひどく、そのことでかえって夢中になっていったらしい。

佐藤にとってこの恋愛は、まさに谷崎と義妹せい子の恋愛を、自分が生き直しているような経験でした。そうして、「三十五六になつた男の心持は、二十臺ではわかりにくい。僕はかう氣がついて見るともう以前の、終生消えまいとまで思込んだ怨恨は根こそぎどこかへ行つてしまった。時が經つにつれて復活してゐた友情ばかりが残つてゐる」と、自分が谷崎に対して無理解であったことを詫びる手紙を書き、和解を求めます。こうして谷崎と佐藤の友情は復活するのです。

ただの情事が「事件」となったのは、友情が途絶えることになった出来事が「小田原事件」と呼んだのに対し、復活することになったきっかけがこの山脇雪子との情事だったことから「魔女事件」と称せられるようになったのです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答者殿にはたまたま知っていた偶然かもしれませんが受け取る側にとっては予想外の過去最高の回答でした。ありがとう。

お礼日時:2013/09/07 13:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太宰治と志賀直哉の確執について

最近太宰治の「如是我聞」を読んだのですが、その中で太宰が志賀のことを名指しでけちょんけちょんにけなしていました。
ウィキペディアで調べたところ、太宰が最初に「津軽」の中で志賀を批判し、それに立腹した志賀が太宰をけなす発言をし、だんだんエスカレートして遂に「如是我聞」が発表されたということらしいのですが、この対立の経緯について詳しく知りたいのです。
参考になる書籍やHPがあったら教えてください。また、上に書いたこと以外のことをご存じであれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

太宰は「津軽」で、蟹田町に行った時に旧友達が太宰を囲んで宴を開いてくれた
時のことを書いています。その中で、当時、大作家として名を馳せていた"五十
年配の作家"(志賀直哉と名指しはしてないが「神様」と呼ばれている、と書い
たことで明白)について聞かれ、人の悪口を言って自分を誇るのは甚だいやしい
ことだが、と前置きしながらも、世間も文壇も、その大作家を畏敬に近い感情で
評価していることに、一種、腹立たしい感情を持っていたのか、彼の作風を厳し
く批判しています。きっと志賀直哉自身にというより、彼に象徴される世間の偏
った高尚趣味(と太宰は思っている)若い作家達の彼へのとりまき、へつらい、
に嫌悪感を抱いていたのかもしれません。(やっかみも少しはあったかもしれま
せん)(^^) それを読んだ志賀直哉が、座談会の席上で仕返し(?)に
太宰の作風をけなすなどしてバトルが始まったようです。

でも、私は、ことの発端は、有名な、太宰と井伏鱒二との確執のような気がします
。井伏は太宰が故郷青森から上京した時から頼っている文壇の先輩であり、私生
活でもいろいろと面倒をみてもらっていた作家です。太宰は候補になっていた第
一回芥川賞を逸したり、その後もあの手この手で受賞の依頼をするなどしても
(川端康成におねだりの手紙を書いたりしていますね)思うように行かず、また
女性問題等でもトラブルがあるなど、徐々に生活に行き詰まりを感じ、
薬物中毒に陥ったりしていきます。
井伏も当時は貧乏作家で、さほど将来を嘱望されるような作家ではありませんでした。

そんな中、井伏が「ジョン萬次郎漂流記」で直木賞を取りますが、
その作品に盗用が見られるとし(後に大傑作とされる「黒い雨」にも盗用
論争)それに嫌悪した太宰が、井伏批判、そしてその背後にある文壇、世間、そ
の象徴である"老大家"の志賀直哉批判、と日頃の不満が発展し、たまりにたまったうっぷんを
はき出すように、意を決して「如是我聞」を発
表するに至ったのではないでしょうか。
遺書には「井伏さんは悪人です」とありますね。

「如是我聞」で太宰は「その者たち(老大家)の自信の強さにあきれている。
……その確信は……家庭である、家庭のエゴイズムである」などと言ってますが、
私は、津軽の名家に生まれながら真の家庭的愛情に恵まれなかった太宰の本音が
そこに伺えるかなぁという気がしています。

「如是我聞」は、死ぬ数ヶ月前、心中した山崎富栄の部屋で、
新潮社の編集者、野平健一が口述筆記し、死後に発刊されていますね。

参考文献といえるかどうか判りませんが、「ピカレスク」(猪瀬直樹・小学館)
にはとても興味深いものがあります。

私見ですが書いてみました。

こんにちは

太宰は「津軽」で、蟹田町に行った時に旧友達が太宰を囲んで宴を開いてくれた
時のことを書いています。その中で、当時、大作家として名を馳せていた"五十
年配の作家"(志賀直哉と名指しはしてないが「神様」と呼ばれている、と書い
たことで明白)について聞かれ、人の悪口を言って自分を誇るのは甚だいやしい
ことだが、と前置きしながらも、世間も文壇も、その大作家を畏敬に近い感情で
評価していることに、一種、腹立たしい感情を持っていたのか、彼の作風を厳し
く批判しています。き...続きを読む

Q山手線を一周の所要時間を教えてください。

友人からの何気ない問いでしたが、気になっております。お分かりになりましたら、ご回答の方を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

山手線は
大崎駅~五反田駅=2分
五反田駅~目黒駅=2分
目黒駅~恵比寿駅=2分
恵比寿駅~渋谷駅=2分
渋谷駅~原宿駅=3分
原宿駅~代々木駅=2分
代々木駅~新宿駅=2分
新宿駅~新大久保駅=2分
新大久保駅~高田馬場駅3分
高田馬場駅~目白駅=2分
目白駅~池袋駅=2分
池袋駅~大塚駅=3分
大塚駅~巣鴨駅=2分
巣鴨駅~駒込駅=2分
駒込駅~田端駅=2分
田端駅~西日暮里駅=2分
西日暮里駅~日暮里駅=1分
日暮里駅~鴬谷駅=2分
鴬谷駅~上野駅=2分
上野駅~御徒町駅=2分
御徒町駅~秋葉原駅=3分
秋葉原駅~神田駅=2分
神田駅~東京駅=2分
東京駅~有楽町駅=2分
有楽町駅~新橋駅=2分
新橋駅~浜松町駅=2分
浜松町駅~田町駅=3分
田町駅~品川駅=3分
品川駅~大崎駅=3分
となり、一周するのに64分程かかります。また電車によって所要時間は若干変わって来るので、これは参考ということにしておいて下さい。

Q「怖い」と「恐い」の違い。

「こわい」には、「怖い」と「恐い」が有りますが、この意味の違いが解る方、教えて下さい。

Aベストアンサー

「こわい」を辞書で引けば、「怖い/恐い」のように出てきて、どちらも同じということです。
しかし、一般的には「こわい」は「怖い」という風に書きます。
「恐い」という書き方は、「常用外」ということになっています(でも、そう書いてはいけないということはありません)。

似たような形容詞に「おそろしい」があります。
この場合は大抵「恐ろしい」と書きます。「怖ろしい」とは、あまり書きません。

以上のようなことから、私も「こわい」→「怖い」、「おそろしい」→「恐ろしい」と書くようにしています。

「こわい」と「おそろしい」の意味や用法は少し違います。
辞書には次のように出ています。

――「草原で恐ろしい毒蛇にあい、怖かった」
「恐ろしい」は、「怖い」に比べて、より客観的に対象の危険性を表す。

ということは、「怖い」のほうが、より主観的というわけです。

また、それぞれの漢字の使われ方は、
「怖」:こわい、心配しておびえる。
「恐」:おそれる、おそろしい。
というのが、常識的なところだろうと思います。

以上のようなことから、私は、毒蛇にあった場合などは「怖かった」と書きます。
「恐かった」と書くと、ちょっと感じが違いますし、「わざわざ常用外の書き方をするのは、何か意味があるに違いない」と、気を回されても困りますので。
まあ、普通の「こわい」は 、「怖い」でよろしいと思います。

「こわい」を辞書で引けば、「怖い/恐い」のように出てきて、どちらも同じということです。
しかし、一般的には「こわい」は「怖い」という風に書きます。
「恐い」という書き方は、「常用外」ということになっています(でも、そう書いてはいけないということはありません)。

似たような形容詞に「おそろしい」があります。
この場合は大抵「恐ろしい」と書きます。「怖ろしい」とは、あまり書きません。

以上のようなことから、私も「こわい」→「怖い」、「おそろしい」→「恐ろしい」と書くようにして...続きを読む


人気Q&Aランキング