このカテゴリでいいのかどうかは分かりませんが・・・

よく電車の中でジャンプすると、着地場所は、ジャンプする前に居た場所と変わらないと言いますよね。もう、二十歳もとうに過ぎましたが、未だに、納得いく答えに出会ったことがないんです。いつも、電車は動いているのにどうして?などと思ってしまいます。

それと、例えば自分に羽根が生えているなどして、飛び続けている(非科学的ですが)場合はどうなるのですか?やはり、同じ場所に居続けることになるんですか?

幼稚な質問かとは思いますが、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

「止まっているものは止まり続けようとするし、動いているものは動き続けようとする」慣性の法則ですよね。


羽根が生えている場合でも同じことです。発車時、停車時の事を考えれば納得いただけると思いますが。車内でボールを真上に投げても後ろのほうへ遠ざかりはしませんよね。

羽をはやしてその場にこつ然と現れた場合も『箱』(電車の車両の空気)全体が動いているのでそれに押されて同じ場所に居続けることになると考えてますが。

車内が真空で、しかもボールが宙に浮いてれば後ろに行くのじゃないですか?
どこかおかしければ誰か御指摘下さい。
    • good
    • 0

慣性の法則だったかな?全然違うかな?


100キロの電車に乗っている場合,自分も100キロで走っていることになるんですよ。走り幅跳びで言うと、100キロで走ってジャ~ンプってすると何メートルか飛びますよね。その距離が滞空時間×速さかな?
実際、電車でジャンプすると滞空時間×電車の速度だけ人間が進むことになるのですが、電車もその速度で走っているから電車もその距離を進んでいるのです。
よって同じ位置に着地するって事?
わー。書いててワケわかんなくなった。

羽の話はたしか気圧の問題?
うまく説明できませんでした。(自分でも分かっていなのかな)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報