結晶ができるときに結晶の中心となる核ができますが、この核はどのような法則でできるのでしょうか

例えば、「分子の数N個に対して確率Pでできる」とか

A 回答 (2件)

> 統計力学の分配関数がこのような式になりますが


> 関連性がありそうですが

分配関数そのものでなくて,分配関数の定義に出てくるボルツマン因子
(1)  exp(-ε_i / kT)
と同じことです.
状態iのエネルギーがε_i で,その実現確率が(1)に比例するというわけです.
どうして(1)になるかは,統計力学の教科書でボルツマン因子,正準集合,
ヘルムホルツ自由エネルギー,などのあたりをご覧下さい.

> ちょっと古い本を読むと、
> 「結晶の核ができる最初の瞬間はまだよくわかっていない」
> とありましたが、現在はわかっているのでしょうか

私もよく知りません.
本当に見た人はいないような気もしますが....
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足回答ありがとうございました
言われてみれば、自由エネルギーのあたりでそんな話があったような気がします
もう一度じっくりと読み直してみます

お礼日時:2001/05/30 23:41

液体から結晶ができるというのは,液体状態より結晶状態の方が安定だからです.


ただし,これは無限に大きい系を考えたときのことで,
結晶の核は有限の大きさ(それもかなり小さい)ですから,
表面のエネルギーも考えないといけません.

単位体積あたり結晶の方がエネルギー(正確にはギブス自由エネルギー)が
εだけ低いとしましょう.
結晶の核の表面のエネルギーが単位表面積あたりγとすると,
半径Rの結晶の球形核ができたとして,エネルギーは液体状態から測って
(1)  ΔE = -(4/3)πR^3 ε + 4πR^2 γ
だけ変化します.
Rが大きくなるにつれ,最初は増加,最大値があってその後は減少ですね.
微分してみればわかるように,R0 = 2γ/εで最大値ΔE0 をとり
(2)  ΔE0 = 16πγ^3/ε^2
です.
したがって,R0 より大きい核ができれば勝手に成長しますが,
R0 より小さい核は液体状態に戻ってしまいます.
ΔE0 のエネルギーを熱ゆらぎで乗り越えないといけないので,
乗り越える確率は exp(-ΔE0/kT) に比例します.
k はボルツマン定数.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました
しかし、いろいろな本で調べても
どうしてもわからないことがあります
(調べ方が悪いのだとは思いますが)

ΔE0のエネルギーの壁を乗り越える確率はなぜ
exp(-ΔE0/kT)
になるのでしょうか
統計力学の分配関数がこのような式になりますが
関連性がありそうですが、私にはその関連性が見えてきません

それと、ちょっと古い本を読むと、
「結晶の核ができる最初の瞬間はまだよくわかっていない」
とありましたが、現在はわかっているのでしょうか

お礼日時:2001/05/29 23:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肩にしこり

肩から左腕にかけてだるさがとれず、痺れもあります。
左肩部にしこりがあるようなんですが、右肩と比べても大きいようです。
慢性的な肩コリが悪化して、しこりが出来る事ってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

整形を受診されると原因が分かるかもしれません。
整骨院なら電気の後にマッサージしてもらえます。保険外では整体、マッサージ、カイロ、鍼灸院等も御座います。お大事に^^

Q等核二原子分子と異核二原子分子の違い

等核二原子分子と異核二原子分子の分光学的違いについて教えて下さい。

Aベストアンサー

同じ原子で出来ていれば振動しても極性の変化が起こりません。
振動数は赤外線の領域にありますが赤外線の吸収に関しては不活性であるという事になります。
物理化学の教科書には必ず載っていることだと思います。

Q肩から背中にかけてのしこり

肩の後ろから、背中の肩甲骨の上辺りで背骨より少し右にしこりのようなものがあります。
肩も背中も痛く、シップを張ってもよくなりません。
一度内科にかかりましたが、わからないとの事でした。なんとなく毎年春に同じ症状が出ている気がするのですが、何科に行けばいいのかがわからなくています。
どなたかわかる方がいらっしゃったら、教えていただけると助かります。どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

背部に良くできる物に粉瘤というものがあります。肌色の腫瘍に真ん中に少し黒っぽいものがあればその可能性が高くなります。
皮膚科か外科が良いのではないでしょうか。
診断がつかなければ、皮膚の一部を切除して病理診断したほうがいいと思いますよ。

Q分子結晶と金属結晶

第一族の水素原子は分子結晶を、
ナトリウム原子は金属結晶をつくりますが
その相異点はなんですか?

Aベストアンサー

同じ1族でも水素原子は特別です。

水素原子はただ1個しか電子をもちません。その電子はK殻に入っています。K殻は最大2個の電子しか入らないので、水素原子の電子配置を安定させる方法は、電子を1個放出してH+になるか、電子を1個吸収するか、どちらも可能です。実際には共有結合によりH2という分子になります。そして低温では分子結晶をつくることになります。

一方Naは11個の電子をもち、最も外側のM殻には1個しか電子がありません。M殻は8個で安定なので、Naは電子を1個放出してNa+になります。そして放出された自由電子により金属結晶をつくるのです。

つまり、最も内側のK殻が2個で一杯になるなるという特殊性により、H原子は他の1族原子とは性質が違うわけですね。

Q16歳の糖尿病持ネコの肩にある黒いしこりが大きくなってます。

16歳になる飼猫の肩(肩甲骨の真ん中、背骨寄り)に2年前くらいから皮膚の表面に、黒いイボの様なモノが出来ており、少しずつ大きくなってきておりました。
一昨日までは皮膚表面から4ミリ程度の黒いイボがポコっと飛び出してる状態で、皮下に1センチ大の黒いシコりがあることは把握しておりました。(硬いカンジです)
昨日、上半身を座布団の上に乗り上げた状態で体を舐めていた為、例のイボを噛んでしまったらしくイボの中身が出たのか、毛と一緒に何かが固まった状態になっているのを発見しました。
消毒をし様子を診ていたら、皮膚表面の黒いイボは変わらずあり、皮下のシコリが1.5センチくらいになっている上に硬かったヤツがプヨプヨしているのです。
4年前から糖尿病と腎不全を患っており、マメに通院している主治医からは
「イボは良く出来るモンだから気にしないで良い」
とも言われていたので、検査もせず今までは気にしていませんでした。
年齢的なことも考え、手術等は本人への負担が大きいとも思いますので、よほど悪性で手術をすることで長生きするという保証がない限り避けた方が良いと考えています。
毎日のインシュリン注射の負担もありますし、ストレスは避けた方がいいことも考え病院に必要以上に連れて行くのも避けたいと思っているのですが、ここは本人に多少辛抱してもらって検査をしてもらった方がいいのでしょうか?
この歳ですし、今更ガンが発見されたとしても死に至る原因は一つではないので、なるべく本人に負担がかからないのが一番いいのではないかと思っています。
長文になってしまい、まとまりの無い文章になってしまいましたが、実際病気のペットをお持ちの方のご意見が御座いましたら、どうぞ宜しく御願い致します。

16歳になる飼猫の肩(肩甲骨の真ん中、背骨寄り)に2年前くらいから皮膚の表面に、黒いイボの様なモノが出来ており、少しずつ大きくなってきておりました。
一昨日までは皮膚表面から4ミリ程度の黒いイボがポコっと飛び出してる状態で、皮下に1センチ大の黒いシコりがあることは把握しておりました。(硬いカンジです)
昨日、上半身を座布団の上に乗り上げた状態で体を舐めていた為、例のイボを噛んでしまったらしくイボの中身が出たのか、毛と一緒に何かが固まった状態になっているのを発見しました。
...続きを読む

Aベストアンサー

まずは検査をしてそのしこりが何なのかをはっきりさせる必要があると思います。
その結果次第で手術の必要性を考えてみてはいかがでしょうか。
「後悔先に立たず」です。何事も早めが良いと思います。

Q分子結晶と共有結合の結晶の違いは?

分子結晶と共有結合の結晶の違いはなんでしょうか?
参考書を見たところ、共有結合の結晶は原子で出来ている
と書いてあったのですが、二酸化ケイ素も共有結合の
結晶ではないのですか?

Aベストアンサー

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素SiO2の場合も
Si原子とO原子が共有結合し、この結合が立体的に繰り返されて
共有結合の物質というものをつくっているのです。
参考書の表現が少しまずかったのですね。
tomasinoさんの言うとおり、二酸化ケイ素も共有結合の結晶の1つです。

下に共有結合の結晶として有名なものを挙げておきます。

●ダイヤモンドC
C原子の4個の価電子が次々に4個の他のC原子と共有結合して
正四面体状に次々と結合した立体構造を持つのです。
●黒鉛C
C原子の4個の価電子のうち3個が次々に他のC原子と共有結合して
正六角形の網目状平面構造をつくり、それが重なり合っています。
共有結合に使われていない残りの価電子は結晶内を動くことが可能なため、
黒鉛は電気伝導性があります。
(多分この2つは教科書にも載っているでしょう。)
●ケイ素Si
●炭化ケイ素SiC
●二酸化ケイ素SiO2

私の先生曰く、これだけ覚えていればいいそうです。
共有結合の結晶は特徴と例を覚えておけば大丈夫ですよ。
頑張って下さいね♪

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素Si...続きを読む

Q肩こりと首のしこりについて

私は20歳男の大学生ですが、昔から肩、首の慢性的なこりがひどいです。
時折首に激痛が走りますが一過性のものなのでそちらに関しては医者にかかったことがありません。
2年ほど前くらいから、耳の下・肩(首の付け根、鎖骨の上あたり)・のど仏の横、に大小さまざまなしこりができ数も増えたり減ったりを繰り返しています。

肩のしこり(リンパ節?)は直径1センチから程度で、2、3個あります。それだけはなかなか消えません。触っても基本的に痛みはありません。

去年耳の下のしこりが肥大化した際に皮膚科を受診しましたが触診だけで大丈夫だと言われました。
しかしまだ不安なので何科を受診すればいいのかこれは一体どのような症状なのかを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

私も最近首にしこりが出来ました。内科に行ったところ、耳鼻科にまわされました。リンパ節の腫れだとすると、耳鼻科か耳鼻咽喉科に行った方がよいかと思います。
私の場合は、触ると痛くて、それを医師に伝え、触診してもらったところ、「ウィルス性の急性のリンパ節炎」といわれました。1ヶ月くらいで消えないようなら組織をとって調べるといわれました。
痛みがあるほうが安心、みたいなことを言われましたので、痛みがないのは危険なのかも知れません。不安をあおるようなことを言ってごめんなさい。でも、早めに耳鼻科か耳鼻咽喉科に行ってみてはいかがでしょうか?
大変な病気でないと良いですね。お大事に。

Q分子結晶とイオン結晶の区別について

高校化学です。

固体状態において以下の物質についてイオン結晶・分子結晶の分類をお願いします。
もし、高校生にわかる解説があるようでしたら、よろしくお願いいたします。

塩化水素
硫化水素
フッ化水素

価電子の数が8に近いものと0に近いものの結合がイオン結合で、それによってできる結晶がイオン結晶だと習ったのですが、上記の物質についても固体にした場合はイオン結晶でよいのでしょうか。たとえば、塩化カリウムや硫化マグネシウムなどは常温で固体なので、イメージがしやすいのですが、上記の物質についてはどのように考えればよいのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何々化水素という名前の化合物の結晶は、すべて分子結晶です。イオン結晶ではありません。

> 価電子の数が8に近いものと0に近いものの結合がイオン結合で、それによってできる結晶がイオン結晶

水素の価電子数は1で0に近いです。ですけど水素原子のもつ全電子数も1で0に近いです。そのため、価電子数が1の他の元素は電子を1個失って1価の陽イオンになりやすいという性質を持つのですけど、水素だけは例外になります。というのは水素原子が電子を1個失って陽イオンになると、全ての電子を失うことになるので、水素の原子核が剥き出しになるからです。電子殻に包まれていない剥き出しの原子核、というものは非常に不安定なので、(高校化学の範囲内では)固体中に水素の陽イオンH+を含むものは、ありません。

水溶液中で水素イオンH+と呼ばれているものは、剥き出しの原子核ではなく、じつはH3O+(あるいはH3O+にH2Oが配位したもの)である、ということを高校化学で習うと思います。それと同じ理屈です。

> 塩化カリウムや硫化マグネシウムなどは常温で固体なので、イメージがしやすい

高校化学の範囲内では、常温常圧で気体の化合物は、常圧下で冷却して結晶にすると、どれも分子結晶になると考えていいです。

高校化学の範囲内では、常温常圧で液体の化合物は、常圧下で冷却して結晶にすると、たいていの場合、分子結晶になると考えていいはずです。こちらはちょっと自信がないので、学校や塾などで先生に確認してください。なお常温常圧で液体の単体には、常圧下で冷却して結晶にすると金属結晶になるものがあるので、注意してください。

何々化水素という名前の化合物の結晶は、すべて分子結晶です。イオン結晶ではありません。

> 価電子の数が8に近いものと0に近いものの結合がイオン結合で、それによってできる結晶がイオン結晶

水素の価電子数は1で0に近いです。ですけど水素原子のもつ全電子数も1で0に近いです。そのため、価電子数が1の他の元素は電子を1個失って1価の陽イオンになりやすいという性質を持つのですけど、水素だけは例外になります。というのは水素原子が電子を1個失って陽イオンになると、全ての電子を失うことになる...続きを読む

Qしこり

こんばんわ。質問させて頂きます。
かれこれ2年前ぐらいから、肩、腕、首、背中、足、のあたりにしこりができるようになりました。
もともとにきび体質なのですが、にきびみたいな赤いはれはなく、痛みもありません。生活上問題はないのですが、ふときづくと、肩のしこりはかゆくてよくかいてしまっていることがあります。他の所はかゆくないです。
何年か前に、首の所にしこりができ、(これは、にきびらしきものが悪化して硬くなったもの。直径1.5cmぐらいの脂肪の塊)大きくなってしまったため、手術して取り除いたことがあります。きになるので全て取り除きたいのですが、皮膚科へ行った所、顔のにきびは治してくれたのですが、他のしこりのことはなんにも言われませんでした。これの正体はいったいなんでしょうか?治すなら病院へ行ったほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。
全然自信ありませんが、なんだかそのようなしこりができるもので、「ふんりゅう」と言うのがありますけど。。。
痛くも、かゆくもないようですが。。。
「ふんりゅう」で検索すると、けっこういっぱい出てきます。
参考URLがなくて、ごめんなさいm(__)m
手術して取るみたいですよ。
別に、悪いものではないようです(^^)
参考になれば幸いです。
お大事になさってください。

Q分子結晶と共有結合の結晶について教えてください。

学校で、分子結晶は、分子が分子間力で繋がった状態。
共有結合の結晶は、原子どうしが共有結合でつながったものだと習いました。
そうすると、共有結合で原子が結びついてできた分子が、分子間力で繋がったものは分子結晶なのですか?
あと、分子結晶は、例を覚えておいたほうがいいのですか?
わかりにくくてすいません。
回答お願いします。

Aベストアンサー

>あと、分子結晶は、例を覚えておいたほうがいいのですか?
分子結晶に限らず、いくつか例を挙げられるようにしておかないと意味がない。脳の記憶容量の無駄遣いにしかならない。
ただ、共有結合の結晶を作る物質は、高校化学では4つしか問われることはないけれど、分子結晶を作る物質はなんぼもあります。
そして、共有結合の結晶というのは、その結晶1個で1個の分子という存在です。

で、分子間力で分子はほとんど繋がりません。なんとなく集まっちゃおうかなあ、くらいの弱い引力です。
(それに対して共有結合はちょっとやそっとでは切れない原子のつながり)
その分子間力で多数の分子が規則正しく配列している状態になったものが分子結晶です。

おわかりとは思いますが、結晶というのは構成粒子が規則正しく配列していないと結晶とは言いません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報