『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

少しマニアックな質問になってしまいますが、ご回答頂けたら幸いです(-"-)

シャナがヴィルヘルミナを呼ぶ時にはそのまま名前で「ヴィルヘルミナ」と素っ気無く呼んでいましたよね。一方でヴィルヘルミナがシャナを呼ぶ時にはどの様に呼んでいたのでしょうか。
私が思い浮かぶのは「ですが…」や「しかし…」と言ったシャナの言い分に対して反論するキャラのイメージで具体的に何か「シャナ」とか「お嬢様」と言った風な呼び方をして居る記憶がありません。
手元に何かあれば良いんですが、生憎アニメは放送時に一度視聴を嗜んだ程度でDVDショップにも実際に呼んでいるシーンの話数を知らずに全巻借りるだけでも痛い出費ですので、こちらで質問させて頂きます。多分自分で見るまで落ち着かないと思うので、覚えていらっしゃる方が居ましたらアニメや本の巻数も教えて頂けたら尚嬉しいです。(正に『百聞は一見に如かず』という奴ですが)

ご存知の方が居ましたらよろしくお願いしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

シャナ本人に対して会話している際は「貴女」と呼びます。


また、他人との会話中においてシャナを呼称する際は「炎髪灼眼の討ち手」です。

何話かまでは分かりません、がアニメなら一期15、16、20~24話にヴィルヘルミナが登場してますのでその中にあるかと。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございますm(__)m
「炎髪灼眼の討ち手」は確かに聞いた覚えはありますが、果たして全ての会話で一々その会話の都度そう呼ぶかな?なんて疑問に思っていました。助かりました。

お礼日時:2013/08/28 18:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング