個人事業主です。

仕事で使用しているPCの保守サービス契約が期限切れになりました。
延長する場合、勘定科目は何で切ればいいでしょうか。

検索したところ「消耗品費」「修繕費」「支払保険料」など諸説入り乱れ、どれも「これが正しい!」とばかりの記述だったので、かえってわからなくなりました。

購入時は本体込みで「消耗品費」としていました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>青色申告用紙(手書き)に転記する時にどうしようかと悩んでいるのですが



損益計算書
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

のことであれば、経費の項目に「保守料」と記入すればいいです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
確かにそのための空欄=科目記入欄ですよね。失礼しました。

お礼日時:2013/08/31 14:08

消耗品費で別に構わないぜ。

消耗品を維持し継続して使用するための費用だからな。国語の問題だ。少額といえるだろうから、悩まなくていい。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
それなら取得時の分類に合わせられるし、少額なので問題ないですね。

お礼日時:2013/08/31 14:05

「消耗品費」・・・国語の問題でもありますが、保守サービスは「品」(物品)ではないので不適切という気がしますが、いかがですか。


 パソコン本体を購入したときは、パソコンという「品」があり、保守料はその付随費用として本体に含めて「消耗品費」にしたのですね。それはそれでいいのですが、だからといって保守料がまた「消耗品費」でないといけないということはありません。
 
 そして、「パソコンの保守料」で検索してみましたが、1台につき年1万~2万円というところですね。何十台も契約していて年数十万になるのであればともかく、その金額(1~2万)は貴方にとって重要ですか。私なら「雑費」で十分と考えます。
 いえ、たとえ少額でも貴方が重要と考えるのであれば「保守料」という科目を作成して使用してかまいません。
 勘定科目において「これが正しい!」ということは多くはないものです。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

はい、数万といったところです。確かに重要性は本体ほどではないです。
内部で管理するのであれば「保守料」が一番妥当なのかもしれませんね。それを青色申告用紙(手書き)に転記する時にどうしようかと悩んでいるのですが……。

お礼日時:2013/08/30 23:09

No.1です。



>青色申告の勘定科目に「保守料」があれば問題ないのですが、無かったので悩んでいます。

会計ソフトに、新しい勘定科目「保守料」を作れば良いのです。どの会計ソフトも、新しい勘定科目を設定できるようになっていますよ。マニュアルで調べて下さい。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

それは知っています。会計ソフトの開発を手掛けていますので。
税務署に提出するための青色申告用紙に、保守料に相当する勘定科目がないので悩んでいます。

お礼日時:2013/08/30 23:01

既存の科目の中で、相応の科目だと判断されるものに計上すればいい。

過去に同様のものを仕訳した実績があれば、それに倣えばいい。


勘定科目は、外観(形態、客観)や目的(理由、機能)で決めるものと考えられている。個々の費用は一般的に両方の性質を有するものであり、どちらに着目してもよい。

PC保守サービスでいえば、保守サービスを享受する手数料との性質もあれば、保守サービスを受ける目的での支出との性質もある。前者に着目すれば、支払手数料や消耗品費などが相応の科目といえる。後者に着目すれば、修繕費や保守料などが相応の科目といえる。

あとは、会計主体ごとに決めればよい。つまり、決め事だ。


もっといえば、相応の科目でなさそうなものでも、重要性に乏しければ、問題ないことになる(重要性の原則)。例えば、PC保守サービスでいえば、旅費交通費に計上しても少額なら問題ないことになる。ただ、これをやり過ぎると自分でも訳が分からなくなるから、判断のつく限り相応の科目に計上するのがいいけどな。


外観に着目する場合と目的に着目する場合とで少なくともひとつずつ、計ふたつの勘定科目を推奨する回答なら格別、これが正しいと言わんばかりの回答は、基本的に眉唾ものとしてスルーして大丈夫だ。

ただ、質問者の経理に対する知識量などを想像して、これに決めるといい、とする回答はありうる。あなたの質問のように、実は経理の本質を問う質問に対して、これひとつが最もよいとする回答は読むに値しない。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

検討させていただいたところ、自分としては、やはり購入時に合わせて「消耗品費」としておくのが妥当なのかなと感じています。

お礼日時:2013/08/29 23:24

パソコンの保守費は、パソコンのハードまたはソフトが故障を起して正常に作動しなくなった時に備えて、保険として予め支払う費用ですから、故障を起したら新たにお金を支払うことなく修繕してもらえます。



ですから「保険料」も悪くないですが、ここではズバリ「保守料」がベストだと思います。

「消耗品費」は完全に間違い。「修繕費」は、故障を起したら修繕してもらって支払う費用を意味するので、やはり間違いと言えます。

この回答への補足

青色申告の勘定科目に「保守料」があれば問題ないのですが、無かったので悩んでいます。

補足日時:2013/08/29 23:18
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/08/29 23:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHW保守、SW保守とは?

社内で行ったテストみたいな問題の中に、以下のような問いがありました。
・HW保守に該当するのは?
・SW保守に該当するのは?
で、選択肢の中には以下のようなものがありました。
・定期保守
・予防保守
・修正保守
・改修保守
などなど。
選択肢には他に3、4個ありましたが忘れてしまいました。
で、選択肢の中から3つ選べ、という問題でした。

「HW保守」、「SW保守」というのは、一般的に
定義されているのでしょうか?
迷わせるために出題者が創った言葉かもしれませんが、
「修正保守」と「改修保守」の違いも私にはわかりません。。。

「HW保守」、「SW保守」の定義についてご存知の方がいれば
ご教授願います。

Aベストアンサー

全ての選択肢がHW保守にもSW保守にも該当する様な気がしますが、強いて言えば、

・定期保守:ソフトウエアは物理的には壊れないので必要がない。HWは劣化があるので定期的に保守する。
・予防保守:上記と同じでたとえばHDDは軸受けが摩耗してくると壊れやすくなるので、3万時間(←でたらめ)したら交換してしまう。
・修正保守:バグがあったので修正する。従ってソフトだと思いますが、ハードでもバグはまれにあります。
・改修保守:仕様が変わった、仕様が間違っていたので修正する。

Q個人事業主の事業系費用クレジットカードでの事業外出費は事業主貸として処理できるか。

質問内容はタイトル通りです。

先代より事業継承をした個人事業主です。今までは専従者として従事しておりました。個人のクレジットカードは作ることが出来ました。個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、事業経費用にクレジットカード作ろうと思っています。
そこで質問なのですが、逆に事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、事業主貸として処理することは問題ありませんか?

※以下は気が向きましたらお答えいただければ結構です。
また、個人事業主におすすめのクレジットカードなどがありましたら、お答え頂きたいと思います。

そもそも事業としては長く続けていても(大正元年創業です)、開業したばかりと判断され、クレジットカードを作ることができないかもしれないですけど^^;

Aベストアンサー

>個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、
>事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、
>事業主貸として処理することは問題ありませんか?

上のようなことは適切な経理処理がされ、利用代金引き落としが確実に行われてればほとんど問題になりません。(キャシングの利用規約に事業用資金の借り入れはできないようなことを書いてあるのを見るような気がするのと同様、一部カードの利用規約には事業用の支払はできないようなことを書いているものもあるかもしれませんが)

個人事業主向けクレジットカード(の一例)
http://www.orico.co.jp/merchant/exbiz-ls/
https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/business_mmc.jsp
年会費が安い割に利用枠が多いのが特徴です

(質問タイトルの)>個人事業主の事業系費用クレジットカードでの事業外出費は事業主貸として処理できるか。
 そういう処理が必要なときはできます。
 (一例) 事業に関係のないプライベートな費用5,000円を事業用カードで支払い、その代金が事業用口座から引き落とされた
  事業主貸 5,000 普通預金 5,000

>個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、
>事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、
>事業主貸として処理することは問題ありませんか?

上のようなことは適切な経理処理がされ、利用代金引き落としが確実に行われてればほとんど問題になりません。(キャシングの利用規約に事業用資金の借り入れはできないようなことを書いてあるのを見るような気がするのと同様、一部カードの利用規約には事業用の支払はできないよう...続きを読む

Q反米保守とは?

右翼やサヨクが反米なのは判ります。反日、もしくは理想主義者が多いと思うので。
しかし、反米保守が判りません。保守で反米とは一体どういう思想なんでしょうか?反米で一体どうやって日本を保守するつもりなんでしょうか?

反米保守を自称する人たちには、アンチ安倍が多いような気がします。
やはり反米保守は"偽装"保守なんでしょうか?

それとも、深い意味はなく、主観的な親米保守の対義語として反米保守を自称他称しているだけなんでしょうか?でも、それだと保守ではないような……

Aベストアンサー

簡単に言うと

尊王攘夷一国平和主義永世中立非同盟核武装含む高度国防国家
という
ガラパゴス思想です


保守にせよ革新にせよ自称では本質隠すラベルに すぎません\(^^;)...

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

Q個人事業の事業主貸と事業主借の期末処理

個人事業で、
事業主貸と事業主借は、
期末で相殺して、
残高が残った方を元入れに振替るのが正しい処理でしょうか?

それとも、両科目とも相殺せずに、残高を残しておいて、決算を作成し、翌年の期首残高の段階で、上記の相殺処理をするのでしょうか?

Aベストアンサー

>翌年の期首残高の段階で、上記の相殺処理をするのでしょうか…

こちらです。

>期末で相殺して、残高が残った方を元入れに振替るのが…

事業主貸も事業主借も、貸借対照表に期末の数字を記載しなければなりませんので、早々と相殺してはいけません。
しかも、元入金は、期首の数字がそのまま 1年間は変わりませんので、繰り入れたり繰り戻ししたりしてはいけません。

Qシステム年間保守契約加入について

あるシステム会社に業務システム開発を依頼しています。
その際、システム年間保守に加入するよう提案されました。
1年目は何かと必要かと思い加入するつもりですが、2年目以降は割高でもスポット保守にしたいと考えています。
しかしシステム会社から、システムをご使用いただく間は2年目以降も年間保守契約は必須で年間保守契約しない場合は、
システムに関わる納品物を全てお渡しし(システム会社側には何も残さない)スポット保守はせずシステム保守は完全に終了になりますと言われました。
理由として年間保守は保守の為、社内に納品システム環境(ドキュメント管理含む)を構築し維持管理する事も含んでいるので年間保守契約しない場合はその環境の維持管理しなくなる為、スポット保守には応えられないという事だそうです。
そういう考え方はありなのでしょうか。

Aベストアンサー

なんの契約だったか忘れたのですが、年間保守契約を結ばないのは勝手だけど、後日、サポートを要求すると、最初にサポートが切れたときから、サポートを要求したまでの空白期間の年間保守契約料を上乗せするという契約を見かけたように思います。

システム会社にとっては保守体制を維持しておくだけでも、コストが発生するので、その経費を捻出するために、質問者さんのあげられたような考え方もあると思いますよ。

システム会社への保守料以外にも、業務システムの運用開始すれば、それにともなって、さまざまな経費が発生すると思います。そういったシステム経費を惜しむと、システム運営上、問題が出ることが多いと思います。

Q「事業主借り」勘定科目は法人では使えませんか?

今年法人を起こしたばかりの新人です。
仕事が軌道に乗るまでは給料を会社へ置いておきたいのですが、その時の仕分けを教えて頂きたいのです。
個人事業者は「事業主借り」の勘定科目を使用できるようですが、法人はどのように仕訳けすれば良いのでしょうか?
その仕訳をしないとどうしても前に進めなく、急ぎ回答が欲しいです。
どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

「仕事が軌道に乗るまでは給料を会社へ置いておきたい」とは、
1)「給料を質問者さんに支払うと、会社の財務内容が悪化するので避けたい」
2)「しかし将来軌道に乗ったら合算して遡ってもらいたい」という意味でしょうか?

だとしたら、1)と2)を同時に実行することは不可能です。

1)は給料を支払った時点で、所得税や保険料が徴収されます。例えば50万円の給料として、所得税などを控除した金額40万円だとします。40万円をキャッシュとして受け取らない場合、(借方)給料(貸方)未払金となりますので、バランスシート上は負債(未払金)が記載されます。

Q明確な保守範囲を契約で定義していなかった場合、保守の範囲はどのように判断されるでしょうか。

私はある中小企業で社内SEのようなことをしています。

先日、当社の会計システムの保守契約が
保守会社との間で書面で結ばれていないことがわかり、大変困っています。
(書面での契約は結ばれていませんが、保守費用は支払っており、
 また、日常的な細かい質問等にはレスポンスを貰っており、
 保守会社も当社も保守契約を結んでいるという認識でおりました。)
なお、本番化されてから1年程度経っています。

保守の内容を詰めようと保守会社に問い合わせたところ、

1.ハードウエア保守は保守の対象外
2.ソフトウエア障害に関しては「解決のための助言を行う」のみであり、
  復旧には責任を負わない

という主張をされました。

1.については、
ハードウエアが壊れれば当然、当社の業務は止まってしまいますので
当社としては保守の対象にしたいと思っています。

開発・導入時には、障害に関する会話を全くしていなかったようなのですが、
今回のように、
保守の範囲を契約で明確に定義していなかった場合、
法的には保守範囲はどのように判断されるのでしょうか。
(ハードウエア保守は対象にはなり得ないでしょうか)

2.についても同様に、保守の範囲を契約で明確に定義していなかったのですが
法的には保守範囲はどのように判断されるのでしょうか。


以上です。
ご回答のほど、よろしくお願い致します。

私はある中小企業で社内SEのようなことをしています。

先日、当社の会計システムの保守契約が
保守会社との間で書面で結ばれていないことがわかり、大変困っています。
(書面での契約は結ばれていませんが、保守費用は支払っており、
 また、日常的な細かい質問等にはレスポンスを貰っており、
 保守会社も当社も保守契約を結んでいるという認識でおりました。)
なお、本番化されてから1年程度経っています。

保守の内容を詰めようと保守会社に問い合わせたところ、

1.ハードウエア保守は保守...続きを読む

Aベストアンサー

>法的には保守範囲はどのように判断されるのでしょうか
文面から判断する限り、保守会社には何も義務はないでしょうね。


>1.ハードウエア保守は保守の対象外
ハードが壊れても直せないんでしょうね。
ハードはどこから納品ですか?メーカーがあるなら、そちらと保守契約を結べないか(難しいでしょうけど)調べましょう。

それと、ハード保守というのが「ハードウェアが壊れたときの修理」なのか「ハードウェアが壊れたときの、システム復旧サポート」なのかで違うでしょう。
後者についてはSIerなら可能なはずです。ただし、通常運用でのバックアップが常にとられている必要がありますので、そちらの運用がどうなっているか、今後誰が行うかまで詰めて契約し直しましょう。
#そういう場合はハード保守とは言いませんが。「システム保守」かな。

>2.ソフトウエア障害に関しては「解決のための助言を行う」のみであり、
>  復旧には責任を負わない
つまり、「瑕疵担保は切れている」と言いたいんでしょうね。
一年経ってバグを見つけられても、今更だと。

こういうのは、障害が出たときの原因究明までの金額と、実際に障害を修正する金額を分けて、都度調査を依頼するしかありません。
無料で何年もサポートはあり得ませんし、有料でも障害対応するかどうかは金額次第です。

>法的には保守範囲はどのように判断されるのでしょうか
文面から判断する限り、保守会社には何も義務はないでしょうね。


>1.ハードウエア保守は保守の対象外
ハードが壊れても直せないんでしょうね。
ハードはどこから納品ですか?メーカーがあるなら、そちらと保守契約を結べないか(難しいでしょうけど)調べましょう。

それと、ハード保守というのが「ハードウェアが壊れたときの修理」なのか「ハードウェアが壊れたときの、システム復旧サポート」なのかで違うでしょう。
後者についてはSIerな...続きを読む

Q個人事業主が、事業用トラックを無料であげたら事業主貸になるんですか?

個人事業主が、事業用トラックを無料であげたら事業主貸になるんですか?

個人事業主が、事業に使用しているトラックを、親戚や友人などに無料であげてしまえば、
事業主貸/車両運搬具  という仕訳になるそうです。
なぜ、そのような仕訳になるのかがわかりません。除却したわけですから、除却損でいいのではないでしょうか?その考え方を教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。


また、トラックを売った場合には譲渡所得で事業主貸し。
廃車にしたら除却損というのは正しいのでしょうか?

この様なことにお詳しい方がおられましたらご回答の程よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

友人にあげるというのは事業するうえで必要な行為ではないにもかかわらず事業用の財産を減少させる行為だから、事業の必要経費にはならず、事業からその財産を切り離すために事業主貸にします。
トラックを売った場合は、事業所得とは別の譲渡所得を構成するものだから、いったん事業から切り離すため事業主貸とします。
事業専用のトラックを廃車にする場合には、通常は事業上の損失なので必要経費になり、除却損として事業の損益に組み入れます。仮にそのトラックを事業以外のことに使っていて事故になって廃車したような場合だと、事業上の損失ではないので必要経費にはならないと考えられます。

Q保守的な人の深層心理

保守的ではない方に質問いたします。

人のタイプ(性格)を大まかに2分化すると、「保守的」「革新的」
とに分かれると思うのですが、保守的な方の心理はどういうものなのでしょうか?
何故、ものに保守性を求めるのでしょうか?


保守・革新。全く違う価値観だと思います。価値観は客観的に見た方が良く分かると思うので、保守的ではない方に質問いたしました。

Aベストアンサー

保守的か革新的かって、相対的なものなので、極端な人を除くと判断は難しいように思いますが・・。

保守的な人の心理ですよね。なぜ保守性を求めるか。

私は刺激を求めるタイプで、保守的ではないと思いますが・・私が考える「保守」について少し書いてみます。
それが心地よいと思うから。
そういう人は概して安定性を求める傾向にあるから。
他で刺激を受けているので、そこには変わらない普遍性を求めたいから。
新しいことをするのが億劫で、今を守りたい。

こんな風に考えました。

先の方も書かれておりますが、保守性や革新性は人の中に混在しておるものだと思います。どっちが多いかによって、その人の個性が出来上がるものなんですよね。おもしろいですね。

Q個人事業主が個人と業務委託契約をする場合について

初めて質問させて頂きます。

私の身内のものが、建築リフォームの個人事業を行っておりまして、
営業を請け負ってくれる個人の方(以下パートナーさんと呼称します)を募集したいと言い出しました。
もしも契約が取れて、工事が終了した際には、粗利の数パーセントをお支払いしたいとの事です。
営業という程でなくても、例えばお知り合いの方を紹介してくださっても同じようにお支払いします。

そこで経理関係の質問なのですが、

(1) 個人の方と業務委託(という言い方で合っているのか不明ですが、雇用ではないと思うので・・・)契約を締結し、実際に報酬をお支払いする時には、勘定科目は何にすればいいでしょうか。

(2) お支払いするときには、所得税を引くような事を他のサイトで見たのですが、当方のような個人事業主がお支払いするときも所得税を引いてからお支払いするのでしょうか。

(2)につきまして、以前勤めていた会社(株式会社)が同じようにパートナーさん(普通の個人の方・学生さんなど)と契約を結んでおりまして、紹介料というかマージンのようなものを支払っていましたが、所得税など一切引かなかったので、疑問に思いました。金額の多少も関係するのでしょうか。
また、当方は職業柄、一人親方のような方にもお支払いすることが多く、その際にも所得税を引いたりはしていないのですが、これは間違っているのでしょうか。

出来るだけ自分で調べてみたのですが、確信を得ることが出来なかったので、こちらで質問させていただきました。
私は経理補助程度の仕事しかしたことが無いので、無知でお恥ずかしいですが、今後の為にご教示頂ければ非常に嬉しいです。
宜しくお願いいたします。

初めて質問させて頂きます。

私の身内のものが、建築リフォームの個人事業を行っておりまして、
営業を請け負ってくれる個人の方(以下パートナーさんと呼称します)を募集したいと言い出しました。
もしも契約が取れて、工事が終了した際には、粗利の数パーセントをお支払いしたいとの事です。
営業という程でなくても、例えばお知り合いの方を紹介してくださっても同じようにお支払いします。

そこで経理関係の質問なのですが、

(1) 個人の方と業務委託(という言い方で合っているのか不明ですが、雇用ではない...続きを読む

Aベストアンサー

>営業を請け負ってくれる個人の方…

営業外交員。

>例えばお知り合いの方を紹介してくださっても同じように…

ただの謝礼。

>実際に報酬をお支払いする時には、勘定科目は…

外交員なら「外交員報酬」。
謝礼なら「販売促進費」でも何でも適当に。

>お支払いするときには、所得税を引くような…

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収しなければならないわけではありません。
源泉徴収するのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にその職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2011/pdf/07.pdf

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

要するに、外交員なら源泉徴収義務があり、販促費なら源泉徴収など無縁ということです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2804.htm

>一人親方のような方にもお支払いすることが多く、その際にも所得税を引いたりは…

だから指定された職種なのかどうか。

税金について詳しくは国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>営業を請け負ってくれる個人の方…

営業外交員。

>例えばお知り合いの方を紹介してくださっても同じように…

ただの謝礼。

>実際に報酬をお支払いする時には、勘定科目は…

外交員なら「外交員報酬」。
謝礼なら「販売促進費」でも何でも適当に。

>お支払いするときには、所得税を引くような…

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収しなければならないわけではありません。
源泉徴収するのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にその職種が載っているかどうかどうかお確かめください...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報