プロが教えるわが家の防犯対策術!

スズキのキャリイがフルモデルチェンジされましたが、とりあえずトラックの「キャリイ」がフルモデルチェンジして、箱型のバンやワゴンの「エブリィ」がしばらくしてから出る流れだと思うのですが、少し気になる記事がありました。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130829/biz …

この様にネットの記事を見ているとマツダ、三菱、日産にOEM供給することが出ていました。

マツダにはかなり以前からトラック、バン、ワゴンと「スクラム」シリーズとして供給されていましたが、三菱に供給すると言うことは三菱のトラックやバンの「ミニキャブ」、今は無いワゴンの「タウンボックス」が「キャリイ」や「エブリィ」ベースになると言うことでしょうか?

乗用は日産と手を組んではいますが、すると三菱は軽自動車の将来をどうしたいのでしょうか?

ミニキャブの電気自動車の「ミーブ」は生産中止になるのでしょうか?

日産は「NV100」「クリッパー」が供給先が三菱からスズキになると言うことでしょうか?

スズキの「ソリオ」が三菱「デリカD:2」になったり、日産の「セレナ」がスズキ「ランディ」になったり、日産「NV200バネット」が三菱「デリカD:3」「デリカバン」になったり、「eKワゴン」と「DAYS」など一定のつながりはありますが。。。

詳しい方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 初めまして。


 基本的な日産/三菱連合の軽自動車ラインナップ戦略については他の方が書かれている通りですが、スズキの軽1ボックス商用車系のモデルチェンジは、当面ないと思われます。
 それと言うのも実は今年の5月に既に燃費改善やバンパー形状の変更などの改良を受けています。当然この改良に伴う投資の回収を行わなければならない訳で、1~2年はフルモデルチェンジはしないのではないかと思われます。

 日産/三菱連合が自社での軽商用車生産から撤退する理由ですが、一言で言ってしまえば「自社で作るには儲からないから」ですね。
 実際過去10年の軽商用車全体の販売台数の推移は以下のとおりです(軽自動車販売協会HPデータ)。
2003:512,866 2004:519,067 2005:536,648 2006:516,021 2007:472,713 2008:442,914 2009:404,742 2010:441,755 2011:382,393 2012:421,765

 一方で軽乗用車は以下の通りです。
2003:1,291,889 2004:1,372,083 2005:1,387,068 2006:1,507,598 2007:1,447,106 2008:1,426,979 2009:1,283,429 2010:1,284,665 2011:1,138,752 2012:1,557,681

 いかがですか?そもそも市場規模において乗用車は常に商用車の2倍以上あり、商用車市場は10年前の8割程度に減少していますが、逆に乗用車市場は2割程度拡大しています。
 日産/三菱連合としてはこうした状況を踏まえた上で、自社の販売力や開発力を踏まえて今回の決定(軽乗用車系への特化)を行ったものと思われます。
 実は小型車の世界では同様の商用車の集約化は先行して行われており、ライトバンの世界は事実上トヨタ・プロボックス(サクシード)と日産ADバンのみとなってますし、小型1ボックスバンはトヨタ・タウンエース(ライトエース)と日産NV200バネットのみで、日産が三菱やマツダにOEM供給しています。
 軽自動車の世界も、こうした流れが遂に及んできたと見ることが出来ると思います。

参考URL:http://www.suzuki.co.jp/release/a/2010/0518/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>実は今年の5月に既に燃費改善やバンパー形状の変更などの改良を受けています。

確かにカタログなどを見てみると小まめにマイナーチェンジをしていることに気づきました。
さすがに軽自動車に力を入れているメーカーだけあって簡単にトラックの箱型のバン、そしてそのワゴンって言う作り方ではないのがわかりました。

>自社で作るには儲からないから
多少状況が違うかもしれませんが、歴史や特徴的なモデルが多かったスバルが軽自動車の生産を撤退して資本関係にあるトヨタの子会社のダイハツの軽自動車をOEM供給を受けたのを思い出しました。

数字を見るとなかなか軽自動車の商用車が案外厳しい市場と言うのがわかりました。

そう言えばランサーカーゴも今はADバンでしたっけ。

お礼日時:2013/08/31 08:53

「軽商用車」の製造から撤退する、と


三菱自動車自身がアナウンスしてます。

「軽乗用車」は、NMKVが製造する、とも。

ただし、「電気自動車」の軽商用車は
自社生産する、とも言っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

NMKVは一応日産と対等な立場の触れ込みですが実質主導権は日産のようですね。

電気自動車は「意地で継続」って言う感じがしてしまいます。

お礼日時:2013/09/04 20:53

>ただ三菱は主要のクラスが殆どOEMでしまいには、自社生産もすべてアジア中心の外国製になるような気がしてなりません。



三菱は、自社製でほとんど売れる車も販売力もないとゆうのが現状でしょう。

よくわかりませんがかなり厳しい経営状況ではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

確かに自社製で売れる車は少ないですね。

ここ数年の新モデルは性能は良くなっても昔のモデルの方が思い入れが入る感じで、おまけにライバルに勝てるほどのものが少なくて、やれば出来るメーカーだけに現状は停滞しすぎです。

三菱自動車は「パジェロ」と言う過去の栄光と、ランエボの呪縛、例のリコール問題が「終わりの始まり」だったような気がしてなりません。

ことある毎に囁かれる他社との合併も現実味を帯びて、アジア向け車種の生産部門になってしまう気がします。

お礼日時:2013/09/04 20:51

>乗用は日産と手を組んではいますが、すると三菱は軽自動車の将来をどうしたいのでしょうか?



販売台数が少ないのであれば自社で開発、製造するよりも
OEMで供給してもらったほうがコストが掛からず
自社の販売できる車種も増やせるメリットがあるとゆうことでしょう。

車1台を製造するコストはものすごく掛かるので
販売台数が見込めない場合、赤字になり
製造するには多数の部品や製造ライン、補修部品の確保+開発費なので
合理化しないとやっていけないのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>販売台数が少ないのであれば自社で開発、製造するよりも
>OEMで供給してもらったほうがコストが掛からず
>自社の販売できる車種も増やせるメリットがあるとゆうことでしょう。

確かにコストを考えるとそうなりますよね。

ただ三菱は主要のクラスが殆どOEMでしまいには、自社生産もすべてアジア中心の外国製になるような気がしてなりません。

販売ディーラーが売る車が無くて困るでしょうね。

そう考えると度々浮上する他社との合併が現実味を帯びるような気がします。

お礼日時:2013/08/31 08:59

日産も、三菱自も本日プレスリリースで発表してますよ。



日産自動車、スズキと軽商用車のOEM供給につき基本合意
http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2013/_STORY …

三菱自動車、スズキからのガソリン軽商用車のOEM供給受けについて
http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressre …

>乗用は日産と手を組んではいますが、すると三菱は軽自動車の将来をどうしたいのでしょうか?

乗用ガソリンは、NMKV。商用ガソリンはスズキからのOEM。
そしてiもガソリン車を廃止しi-MiEVに一本化にしたように、EVの開発に専念
するってことでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

日産のプレリリースを見ると供給元が「三菱からスズキ」と言う内容がしっかり書いてありました。

日産は軽自動車全てをスズキからの供給だったのを、三菱を含めるようになり「NMKV」を作るようになってからスズキとの距離を置くように感じましたが、これで一定の関係は続くことになりますね。

数年後3社が合併したり、持ち株会社で同じグループになるかもしれませんね。

お礼日時:2013/08/31 09:05

こんにちは。


今日付け(8月29日)の三菱自工のプレスリリースを検索してみてください。
概要:ガソリン仕様のミニキャブバン・トラックは生産をやめ、スズキからOEM供給を受ける。
ミニキャブバンとトラックのミーブ(EV)だけは継続生産・販売をする。
それにより経営も合理化をする。(要は日産との軽乗用に特化する・古くなった水島工場の合理化でしょう)
多分ですが、日産のプレスリリースにも「NVとクリッパーはスズキからのOEMにする」との記事があると思います。
三菱自動車は日産と軽の共同開発事業を始めた時点で、もう軽全般についての主導権は無くなったでしょうね。
ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そう言えば三菱の軽トラやバンの「ミニキャブ」はここ最近のマイナーチェンジは極々僅かなものでしたし、ワゴンバージョンの「タウンボックス」は生産中止になっていましたし。

「NMKV」も対等の立場で三菱の工場を使っていますが、資金力や販売力を考えると日産が主導権を握っている感じですね。

ご指摘の古くなった水島工場も資金を投入してまで立て替えたりする価値がなくなると、3社で軽自動車は主にスズキ、小型車は日産&三菱、普通車以上は日産が担当するのでしょうね。

それに日産と言えばルノーですし、その辺も絡んでくるのでしょうか?

お礼日時:2013/08/31 09:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング