祝Queenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

カントの「実践理性」「判断力」という言葉の意味がよく分かりません。

純粋理性については、純粋に思弁的・論理的な認識を行う理性ということで意味は理解できます。

しかし、「実践理性」については、神や道徳法則や自由について語っているのに、なぜ「実践」理性なのだろうと思いました(どちらかといえば、「道徳理性」とかではないかと)。

信仰や道徳的行為は「実践」されるものであるから「実践理性」だといわれれば、確かにそうかもしれませんが……。

あと、「判断力」については、「美」という思弁でも実践でもない認識だから「判断」、ということでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問の題名が、ちょっと気になったので追加です。



自分に問うてみるとわかります。
人は判断をするときって何かの選択に迫られた時ですよね。

例えば、あなたが「洋服を買う」とします。
その時、「かっこいい」とか「似合うだろう」とか「色が気に入った」とか「デザインがいい」とか
自分の美意識や美学で判断しますよね。
デザイン性の美や機能美など、その美の基準の置き方はそれぞれでしょうが。

判断の主な要因として人は「美」なのです。

正しいか正しくないかの判断も、正しいほうが美しいと私たちはどこかで感じている。
道徳的なことも、人間は美で判断しています。

部屋の片付けでも基本「美」が判断基準ですし、彼女をドライブに誘うときの景観も美が選択基準、つまりは判断力の根底の美を使いますよね。
数式に美しさを感じる人なども、合理的でシンプルさに美を感じているんでしょう。

カントの概念という捉え方は、別のところにたどり着くように思えます。
自分の中に存在するものを問うことで確認して、人間の中身をある程度明確にしたものが三大批判です。

自己批判するものには、本の内容は自明の理なのです。
    • good
    • 0

純粋理性批判


哲学的批判を、今風に言い換えると「問いかける」と言うことです。
自分自身に理性的に問いかけることによって、思弁・論理・認識を問うこととなります。

実践理性批判は、実践・つまりは行動を起こすことにおいて理性的に問いかけていくことになりますが
その際に自分の中に浮上するのは、道徳性などが上がってきます。
道徳性などは悟性の働きが関係してくるので、そのあたりはなんやかんやと書いてあると思います。

判断力批判は、判断すると言うことに対して自身に問いかけたときですから
カントにとって、美を判断するという事を自身の内面の動きを洞察し表現することによって
伝えたいものがあるのだと思っています。

自身への問いかけが、自分に対してどういう働きかけになり
自分と言うものがどういったものかを理解し、それによって外部にどう働きかけをしていくのか。
そのあたりを自己の体験から表現している本だと、私は捉えています。

カントの趣旨は、自分に問い自分を見つめなおそうぜって言ってるように思えますが
残念なのは、方法論が一般化されたものではないので分かりづらいor使えないと言うことです。

本来であればカントを読み解くより、自身でやってみれば
彼の言うところは内容的には非常に優しい話しなのですがね。
たどり着くまでには、時間はそれなりにかかりますが。

いづれにせよ、カントは面白いと思いますので頑張ってみてください。
    • good
    • 0

あのさ、カントが美とか道徳だの言ってる?人間とはなんだって言ってるの?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

> カントが美とか道徳だの言ってる?
何をおっしゃりたいのかさっぱりですが、『実践理性批判』は道徳法則に関する書物ですし、『判断力批判』は美的判断に関する本ですが……。
失礼ですが、カントのことを少しでも知った上でその発言をされているのですか?

お礼日時:2013/08/30 13:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカントにおける図式、構想力と悟性との関係について

カントの哲学、特に感性的認識においての、現象を知覚する時点から悟性による認識までのメカニズムがいまひとつ分かりません。下記の点が特に気になっているので、教えていただけないでしょうか。

(1)図式と構想力との関係。
(2)『判断力批判』では「構想力と悟性の遊動」と書かれています。これは構想力がデータを送り、悟性がデータを受けようとするときにうまく一致せず、それゆえ美を感じるということなのだと理解していますが、では通常美的判断でない状態では、構想力はどんなデータを送り、悟性はどんなデータを受けているのでしょうか?

Aベストアンサー

お礼欄、拝見しました。

うーん。ここらへんめちゃくちゃややこしいとこなんですよ。
検索してもいいサイトが見つからなかったんで、がんばって書いてみよう。
ただあんまり信用しないでください(参考の一助というぐらいで)。

◎直観が赤くて丸いものを認識する
 ↓
◎悟性の中で、カテゴリーがスタンバイ:カテゴリーっていうのは、判断の機能です。

・分量を判断(すべてのものか、特殊なものか、それともこのひとつか)
・性質を判断(これは~である、といえるものか、これは~でない、といえるものか、これは非~である、といえるものか)
・ほかのものとの関係を判断(いついかなる場合であってもこれは~である、といえるのか、もし…なら、~である、という条件付きのものか、これは~か…のどちらかである、といえるのか)
・様相(ものごとのありよう)を判断(~であるだろう、といえるのか、~である、といえるのか、かならず~でなければならないといえるのか)
 ↓
◎カテゴリーがデータに適用できるように、図式というアプリケーションが起動する:図式はカテゴリーを感性化するよう、変換する機能です(直観は空間と時間しか認識できませんから、カテゴリーを空間と時間に変換していくんです)。

・分量のカテゴリーの図式は数である(数という概念は時間に結びついていくから)。
・質のカテゴリーの図式は度である(時間を充実する感覚の有無によって判断できるから←これは相当苦しい)。
・関係のカテゴリーの図式は時間順序である(時間との関係で因果関係は把握できるから)。
・様相のカテゴリーは時間総括である(~であるだろう、といえるのは、いずれかの時間においてそうなる、ということであり、~である、といえるのは、一定の時間においてそうなる、ということであり、かならず~でなければならない、というのは、あらゆる時間においてそうなるということだから)。
 ↓
◎アプリケーションが情報を取り込んで、カテゴリーに分類。判断成立。

え?図式って空間がないじゃん、って思うでしょ?
空間は外的現象の形式であって、心理的な内的現象は、空間的なものではない、とカントは考えた。
それに対して時間は、外的、内的を問わない、あらゆる現象にあてはまる。
したがって、カテゴリーが感性化されるという場合、カテゴリーは時間という形式と結びつくと考えたんです。
だから、先験的図式は悟性のカテゴリーに従った「先験的時間限定」ということになります。

質問者さんのあげられた例に即すると、数量は理解できるのですが、「赤い」「丸い」という性質が、カントの図式のカテゴリー表に照らし合わせてどのように判断されるのか、私にはちょっとよくわかりません。

ただ、#1の回答ではっきり書かなかった部分の判断の流れを詳しく書くと、こうなると思います。
おおよその流れを汲み取っていただければ良いのではないかと思います。


『純粋理性批判』というのは、いわばカント哲学の“ルールブック”みたいなもので、ひとつひとつ言葉を措定し、意味範囲を規定しているので、これを押さえておかないと、『実践』『判断力』もよくわからないことになってしまいます。
ただ、実際、読んでいくのは大変です(^^;)。
私の場合、カント自身による『純粋…』の要約である『プロレゴメナ』と岩崎の『カント』を先に読んで、岩崎の本はいつも手元に置いてアンチョコとして活用しつつ『純粋…』を読みました。ナビゲーターがないと、やっぱりちょっと辛かったです。

お礼欄、拝見しました。

うーん。ここらへんめちゃくちゃややこしいとこなんですよ。
検索してもいいサイトが見つからなかったんで、がんばって書いてみよう。
ただあんまり信用しないでください(参考の一助というぐらいで)。

◎直観が赤くて丸いものを認識する
 ↓
◎悟性の中で、カテゴリーがスタンバイ:カテゴリーっていうのは、判断の機能です。

・分量を判断(すべてのものか、特殊なものか、それともこのひとつか)
・性質を判断(これは~である、といえるものか、これは~でない、といえる...続きを読む

Qカントの純粋理性と実践理性について

この2つの違いについて教えてください。

Aベストアンサー

 非常に簡単に違いを説明すると、
純粋理性は形而上学的テーマが主題であり、観念的考察である。それに対して実践理性は実際的な問題が主題となっており、行為の問題である。

 双方の共通点はアプリオリな総合判断はいかにして可能かという問題である。『純粋理性批判』ではそれが観念上可能であることを述べることにとどまるが、『実践理性批判』ではそれが実際的に、つまり、人間の行為として出現するときにはどのようなものかを論じた。


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較