冬の風邪予防は「鼻○○○」が新常識!?>>

リニアーモーターカー壮大な無駄遣い。
必ず起こるのに信じない新幹線事故  は原発と同じ精神構造。
首都圏大災害も人口分散化で回避可能。

殺人的ラッシュアワー、お盆や正月の渋滞問題、その他住宅問題

東京一極集中をなくすことは多くの問題解決の糸口になるとおもいます。

一方、地方は過疎化で成人が東京へ出て行って種々な問題が起こっています。

首都移転や一極集中はいつも理論上は問題になりますが直す気配がありません。
リニアモーターカーなどは20年とか先の話です、結局東京一極集中が無くならないと読んで工事しているのでしょう。

東京に直下型地震が来たら大変だ大変だ・・知るかそんなもの・・勝手に人をみんな東京に集めたのだから大変にきまってるわ。

一方本気で東京一極集中を緩和する気があるなら例えば首都圏での法人税を上げるとか、各種税対策で結構簡単に出来そうに思います

なぜ東京一極集中政策をなくさないのですか?
またなくそうとしないのでしょうか?
高度に発達した国において一極集中はマイナスだと思うのですがどういうメリットが有るのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

>その偏りをなくすのが政治ではないでしょうか。



しつこいようですが、もう一点だけ。
質問者さんは、政治がしっかりすれば、人口を都市から地方に散らすのは簡単だろうと、心の中で思っていませんか。
現実の社会では、これが口にするほど簡単ではありません。
政治は、決して万能ではないんです。
実例を挙げましょう。

ブラジルという国があります。
最大の都市は、大西洋沿岸のサンパウロで人口は1100万人です。
ブラジルは、開発の遅れているアマゾン流域の開発を促進するため、1960年代にブラジリアという都市を新しく作り、そこに首都を移転しました。
現在の人口は、約200万人です。決して、成功していません。

質問者さんが考えるように、国家が自由に人口を移動できるのでしたら、少なくとも首都移転から40年たった今ではサンパウロと同じくらい発展しているはずですが、現実はそうなっていません。
ブラジルと日本を比べても意味ない(ブラジルの方には失礼ですが、まあ国力・民度諸々を比べると……)かもしれませんが、失敗は失敗として、厳然と存在することを意識してください。


日本でも、1990年代の末くらいに、首都機能移転の議論が、主に国会でですが盛んになりました。
すると、「俺も俺も」といろんな地方が立候補してきたのです。
なぜかといえば、もし首都機能移転が実現したら、公共工事がドカンと舞い込んでその地方の土建屋さんと地元の議員がウハウハになるから。

しかし、その後の公共工事削減に伴う財政削減路線で、その頃の議論は立ち消えとなりました。
主導したのは、小泉政権です。

今になって、主に地震対策と財政支出を主眼とした経済対策として、国土強靭化とそれに伴う首都機能移転が、日の目を見ようとしています。
しかし、ようやく政策課題として上がっただけであり、予算も何もすべてはこれからです。

よほど、中央が手綱を引き締めないと、地方が「俺が俺が」と主張して、結局議論がまとまらない過去の失敗を繰り返す恐れは十分にありますし、また政府機関を移転させれば、必然的に公共工事がそこで発生します。野党とかマスゴミが、「また無駄な公共工事うんぬん……」と批判して、潰そうとしてくるでしょう。

首都機能移転という方向性自体は賛成ですが、決してその道は容易いものではないことを、よくよく理解してください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

首都機能ではありません。国の人口を一箇所に集めるのは損失が大きく危険が多いと思うのです。
東京が首都でも構いませんが人口が集中する事を問題視しているのです。
例えば東京大学など大学を東京以外に移すとか、東京の住民税や固定資産税を極端に上げるとか・・

イベントでもなんでも一箇所に人が集まりすぎると危ないですよね。
その人が住み着いてしまったのが東京です。

あまり出稼ぎ人口が増えたので帰省のため新幹線だけでは足りなくなってリニアーまで必要になった。
これって無駄遣いだと思うのですが・・

首都機能移転の経緯は存じております
その問題も始めは一極集中は危ないという事から始まったと思うのです

お礼日時:2013/09/01 17:43

まあ、首都機能を分散すべしという点では意見の隔たりはないと思いますが、たぶんその実現方法についての理解の差があるのでしょうか。



質問者さんは、今何歳ですかね?
ある程度、会社とかの仕組みに通じれば少しずつ理解できるようになるかと思うのですが、例えば本社とか工場を地方に移そうと思った際に、新幹線も高速道路もない場所に移したいか、ということなんです。

私も最初に就職した企業が、たまたま大手企業だったものですから、さんざん地方に出張しました。
それで感じたのは、やはり新幹線も空港もない場所に移動するのは大変だってことです。
朝、大阪に出かけて、夜に東京に帰って次の出張の支度なんてことをしていると、正直新幹線ではやはり遅くて、2時間以内で移動できるリニアが欲しくなります。

これは、首都機能を地方に分散しても同じで、かえって本社とか分散した支社や工場を移動するのに、今以上に移動が多くなりますよ。
ですので、リニアをやめるってのはやはり論外で、リニアも作って新幹線も増やすのが、地方分散していく上で必須となります。

この辺は、正直社会経験の積み方しだいなので、質問者さんが地場の平社員で出張もごく稀にしかしないのであれば、実感は難しいと思います。
しかし、世の中を動かす立場の経営者とか、お役所の高級官僚といった人たちはそれこそ会議・会議で頻繁に移動するのです。
そういう人たちが決定権を握っているのですから、正直移動の時間が少ない首都集中の方に自然と考えが流れます。
ただ、地震のリスクが東日本大震災で明白になったので、首都機能の分散はやはり必要ですし、そうなった場合はリニアも新幹線も、もっと多く作らなければならないでしょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

真面目なご意見をありがとうございます。
おっしゃっていること判らないではないですが、東京集中は行き過ぎていませんかね。
昔は東京だけだったのが首都圏という名前で周辺にまで人が溢れ出し、その分地方は人も会社もなくなっています。

その偏りをなくすのが政治ではないでしょうか。

お礼日時:2013/09/01 15:40

(Q)なぜ東京一極集中政策をなくさないのですか?


またなくそうとしないのでしょうか?
高度に発達した国において一極集中はマイナスだと思うのですがどういうメリットが有るのでしょうか
(A)一極集中のメリットは何でしょうか?
それは、すべてにおいて、効率が良いのです。
東京一極集中がはじまったのは、今ではなくて、
極端に言えば、江戸時代。
実質上は、明治時代でしょう。
当時は、今みたいに、通信や交通が発達していなかったので、
近くにいるというのが、とても大きなメリットだったのです。

東京一極集中を改善する機会は、敗戦時にあった。
だけど、一極集中の危険性を誰も気にしなかった。
結果、再集中がはじまった。
政治、経済、司法などなど、すべてが東京に集中すると、
メリットがとても拡大したのです。

もちろん、一極集中によるデメリットもクローズアップされてきた。
そのために色々な手も打たれています。
例えば、免震構造のビル、データのバックアップを別の場所で取る
などなど。
つまり、そのような技術の発達が、一極集中のデメリットよりも、
メリットを維持し続ける理由となっているのです。

一度、これほどに集中してしまったものをばらすのは、
デメリットの方が大きいのですよ。
誰が、その貧乏くじを引くかと言うと、誰も引かないのです。

例えば、国会。
政治の中心である国会は、自分たちが決議すれば、
国の最高決定機関なので、国会を移転させることが可能です。
でも、誰もそれをしない。
つまり、東京に居座ることのメリットが大きいのです。

なぜなら、国会議員は、自分たちが日本を動かしたいのです。
そのためには、東京にいて、権力をふるうことにメリットがある。
どこかに「何やっているんだ」と圧力をかけに行くには、
自分も相手も、東京にいる方が便利でしょう。
相手も、相手で、時々怒鳴られるけれど、自分のお願いをしに行くには、
やはり、近くにいて、顔を会わせた方が良い。

つまり、デメリットは感じているけれど、
それ以上のメリットを感じているのです。

先に、データの話をしました。
かつては、東京集中型で、東京に万一があったとき、貴重なデータが
失われるのではないか、機能が停止するのではないか、
という危惧が論議されたこともあります。
例えば、東京からちょっと離れたところに本社を置いて、
データを震災から保護すべきではないか、機能停止にならないように
保護すべきではないかと……
でも、技術がそれを解決してしまったのです。

今、多くの企業が、データ保存を複数化、つまり、シングルバックアップ
どころか、ダブル、トリプルでバックアップしています。

今日、誰かが東京本社で重要なデータを保存したとします。
彼は、ただ、決められた場所に保存しただけと思っていますが、
そのデータは、リアルタイムで別の場所にも保存されるように
なっています。
万一の時には、そのバックアップデータが利用されるというわけです。
だから、かつてのような、貴重なデータの喪失というリスクは
極端に減ってしまったのです。

最近は、クラウドという方法が注目を集めています。
大企業のように自前のネットワークを作れない中小企業にとって、
このクラウドはリスク管理に有用です。
自分の会社のコンピューターがダウンしても、クラウドの会社が
データだけは、保護してくれるからです。

つまり、今、東京集中のデメリットは、個人に集約されつつあるのです。
会社としての資産はすでに保護されつつあるのです。
しかし、個人の家、個人の資産、個人の命は別です。
会社としても、社員の命は重要です。
しかし、大震災で10万人が死亡しても、1000万人の人口では
100人に1人。
会社は、そのようなことを考えるのですよ。
CEOなど一部の幹部の命さえ確保すれば、あとは何とかなる、
これが会社の考え方です。
政治も同じようなものです。
だから、トップは、誰も、この危機状態を真剣に考えないのです。

首都圏の法人税を上げても、名目上の本社だけを地方に移せばよい。
名古屋市が住民税の法人税をさげて、企業誘致を図っています。
それは、本社の名前だけでも、「名古屋にきてちょ」というわけです。
そうすれば、法人税は名古屋で払えば良い。
なので、首都圏の法人税上げても意味ないのです。
それに、東京都が大反対するでしょうし、
国会議員も反対するでしょうから、成立しないでしょう。

リニアは、40分で名古屋まで行くならば、10分、20分県内で、
遠くへ行ける。
本社を東京駅にするか、池袋駅にするか、
という問題があったとき、ここに、甲府駅にするか、
という選択肢が加わることになります。

東海道新幹線は、単なる輸送時間の短縮によって、
経済にドラスティックな影響を与えることになりました。
それは、大阪の没落です。
大阪に拠点を置くのではなく、東京から大阪へ行けばよい
という発想が生まれたのです。
そのときには、東京直下型地震の恐ろしさは、
今ほど、言われていませんでした。

リニアも同じように、単なる輸送時間の短縮が、
経済にドラスティックは影響を与えようとしています。
今までは、だったら、東京から……
という発想だったのが、
だったら東京「でなくても」、という発想です。
何しろ、東京駅から池袋駅へ行くよりも、甲府駅の方が
早く着くのですから。
(東京-池袋 17分 リニアの東京-甲府 15分を予定)
もちろん、料金は桁違いに高いです。
でも、本当に東京に住まわせなければならない社員は、
実は少ない。ならば、住宅費の安い甲府に本社社員を
住まわせればよいという発想も出てくる。

長くなりましたが、東京一極集中がなくならないのは、
デメリットよりも、メリットが大きいからです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>デメリットよりも、メリットが大きいからです。
メリットって何ですか? 効率がいい とか書いてありますがその事ですか?

原発事故が起こる前の原発計画の論理と似ているように思います。

どう考えても一極集中の弊害はもはや爆発寸前だと思います
新幹線のダイヤだっていつ事故が起こってもおかしくないような状態であり、その上に重ねて第二新幹線まで作って人口を一箇所に集めようとする。

私が思うに、事故が起こるまで結局その異常さ怖さはわからないんだと思います。

東京直下型大地震とかに見舞われて初めて一極集中の弊害に判り。
30年以内に東京の人口を半分にするとか言う政党が出てきたりする・・

それまで地方から出稼ぎで東京に行き、おいら東京人だっち!
地方は働き場所もなく東京の法人税を交付税として分配してもらう。

どうもあきらめないといけないみたいですね
かなり真剣な回答を有難う御座いました

お礼日時:2013/09/01 15:33

 リニアは国が重い腰を上げないから、JR東海が「なら自分でやりますワ」と言って、自腹で建造するという話です。



 新幹線のバックアップというのと、最新技術の見本にして海外に売り込むためのモノで、黒字になるとは誰も思ってないでしょう。

 --------

 一極集中は良くないので分散させた方が良いと思いますね。リスクヘッジのためにも、地方経済のためにも。
 名古屋、大阪、福岡あたりに分散させるのが良いと思います。

 それでも首都機能の移転が進まないのは、効率的には一極集中の方が良い(首都機能を分散させるとお金がかかる)のと、議員がほとんど東京に住んでるので、引っ越ししたくない…とかそんな理由では。

 東京には仕事がたくさんありますから、何もしなくても普通に人が集まってくるというのもありますね。

 あれだけ国土の広い中国だって、上海に人が集まって、高層ビル建てて道路が大渋滞してるって言うんだから。。
 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

原発をエネルギー革命といいことばかりのように進めました。今になってなぜ事故を予測しなかったのかなど言われます。
私が思うに必ず将来、新幹線事故やリニアーのトンネル内大事故が起こり・・コメンテーターが 東京にばかり人を集めた結果過密ダイヤになり新幹線があるのにリニアーなんか作るからだと・・言うと思うんだけど・・
今から 東京にばかり人を集める政策をなおさなきゃ 

お礼日時:2013/09/01 10:59

地方へ戻る事の出来ない犯罪者がたくさん東京へ流れるのです。

    • good
    • 5
この回答へのお礼

質問を読むのに結構エネルギーが要る。なのに、
質問を読んで・・よし答えを書こうと 行動し
そしてこの答えを書いた・・

その心理を考えるとなかなか興味深い行動パターンだと思いました

お礼日時:2013/09/01 11:03

首都圏の法人税を上げるとか?


<外形標準課税>
むかし 石原都知事が銀行に課税するといって廃案になりましたね。

地方の法人税を下げて誘導するとか?
<既に、固定資産税の優遇措置、軽減措置をしていますけど、新規企業誘致が進みません>
法人事業税と 法人市民税も自治体独自で税率を緩和するなど、過去に試してはみたものの結局増税に今ではなっています。

税が万能ではないと思いますが、やる気が見えません。
<税収だけでは、財政基盤が成り立たなくなってきています>

都会に出なくても地方で働ける場所があればいいですよね
(地方で働ける場所といえば、老人介護施設しかありません)

そもそも産業基盤が崩れてきてしまってるんです。
地方では高齢化と少子化がめまぐるしく進み、限界集落(65歳以上の市町村に締める割合が25%を超えています)なのです。

もう10年もすれば、東京の人口密度に対する高齢者の比率も25%を超えると総務省では見込んでいます。

日本は今後は、海外からの観光客をタ-ゲットとして観光立国を目指さないと財政も破綻します。
ですから、今!リニアモ-タ-カ-の開発を急いでいるんです。
これが、政府の狙いなのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>そもそも産業基盤が崩れてきてしまってるんです。
直す手立てはないでしょうか? 諦めですか?
>ですから、今!リニアモ-タ-カ-の開発を急いでいるんです。
それが出来れば次は空路の二重化次は第三東名高速・・

国の人口を一箇所に集めたら・・良くないことが次々に出る
 と思いませんか?
仕方ないですか?

お礼日時:2013/09/01 10:49

>新幹線だって作るも作らないもJRではなく政府の政治政策ですよね。



新幹線は作るのに国がお金出していますので、口をはさむのも当然でしょう。しかし、


>ましてリニアーなんて国家問題だと思いますよ。

でも、リニア推進なんて政策は、私は聞いたこともありませんが。
「JR東海でやりたい? まあ反対する理由はないけど。認可だけは出すから、あとは自分たちで頑張ってね」
くらいじゃないでしょうか?

できれば、リニアが国家政策だと思うソースを提示してください。


旧国鉄の借金返済をJR東海というのは、旧国鉄の清算問題を蒸し返すので、これは政治マターですね。
政策変更が必要なら、仲間を集めて政権獲得、頑張ってください。


あと、ソースが何となく赤旗くさいと思うのは、私の気のせいですね。(苦笑)
    • good
    • 4
この回答へのお礼

私は自民党支持者です。質問はイデオロギーではありません。
東京一極集中は弊害が多い・・地方分散をしようと思えば出来ると思うのになぜ出来ないのでしょうか・・これが質問です。

一極集中の弊害の例でリニアーを作る費用、首都災害時の被害の甚大化、道路や空路の渋滞をあげました。

一極集中を直す方法としてまず企業を地方に誘導する方策、法人税を例に上げました

少子化に比べ地方分散は政治の力で出来ると思うのですが不思議です。

お礼日時:2013/09/01 10:43

>リニアーはJR東海という民間会社という話はよく出ますね。


>民間会社が東京の大深度地下や山の中に自由にトンネル掘れますか?

私が集めた情報では、大手ゼネコン数社に発注していっせーのせで掘り進めるようです。
まあ、お役所への許認可は、当然取っているという前提です。

ですので、リニアを妨害したいのであれば、
 1)JR東海の過半数の株を買い占める
 2)政権を獲得して、国土交通省に圧力をかけてトンネルを掘らせないようにする
の2つがあります。

どうしても制止させたいのであれば、お仲間を集めてどちらの方法でもお好きなようにしてください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

原発事故を東京電力という民間会社の問題だと言えるでしょうか?
高速道路はNEXCO東日本という一民間会社のものだと言えるでしょうか・・そりゃやっぱり国だと思いますよ。

新幹線だって作るも作らないもJRではなく政府の政治政策ですよね。
ましてリニアーなんて国家問題だと思いますよ。
そんな金があるなら昔の国鉄の赤字を税金負担させないでJR東海に払わせればいいとおもいます。
そこまでして東京に人を集める理由が判らないのですよ
回答有り難うございました

お礼日時:2013/09/01 00:28

まあねえ、詳しいところはJR東海の関係者でないのでわかりませんが、私の推論では



>なぜなら、莫大な金をかけてリニアーを作ろうとしている
>地方分散になれば今の新幹線に並行してリニアーは採算が取れないと思いますよ。

地方分散っていうけど、首都圏のバックアップという意味ではまず大阪を整備するのが先決でしょう。
よって、東京と中間地点の名古屋、そして大阪の移動人数は減らないと読んでいるのでは?

まあ、国土強靭化が本格化すれば、JR東海も名古屋で建設を止めるかもしれませんし、どちらにしても民間の会社のやることなので、彼らが責任をとるでしょう。


あと、「国土強靭化」には、異論はないわけね?
質問者さんが「足を引っ張る野党・マスゴミ・自民党政権内の反安倍勢力」の一員ではないと、理解しておきます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私は全くイデオロギー色はありません。
さっきNHKで東京に地震が起こったら大変だというような番組をしてました。
私が思ったのは、だから、一箇所に人口を集中させてはいけないという 問題提起をすればいいのにと感じました。

回答ありがとうございました

お礼日時:2013/09/01 00:11

>なぜ東京一極集中政策をなくさないのですか?またなくそうとしないのでしょうか?



東京一極集中によって経済活動の効率を向上し、もって増大した収益から納税させることができるからです。

したがって、納税事業以外の組織(=政府官庁、独立行政法人)は、東京に一極集中するメリットがありませんので、全国各地の過疎地において用地収用し、そちらに移転してゆくものとし、東京、横浜、大阪等の大都市圏に政府保有不動産を換金処分する事で、政府の借金を返済するのが正しい政策です。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京に人が集まりすぎるのは問題だと思わないのですか?

東京の一極集中は、地方の衰退と共に語られることが多いですが、なぜか一極集中を誇らしいことのように書いている人が多いことに驚きます(東京は素晴らしい都市だから人が集まる、大阪は酷い都市だから人口が減る等)。

でも、東京に人が集まるということは過密が酷くなるということであり、通勤や住宅事情が悪化するということです。また、どこに行くにしても渋滞、何時間待ち、人ごみを彷徨うなどになりがちです。本当にこんなのでいいんですか?
確かに東京には優秀な人が多いかもしれませんが、人口が多いので、そうでない人の方が圧倒的に多いです。また、競争が激しいのはわかりますが、優秀な人同士の消耗戦になっていて、それに見合った生産性は上がっているのでしょうか?お互い空気を読み合うのが上手になっても、それだけでは何も生み出しません。

都市が寂れるのはよくないかもしれません。でも、海外の人気ある都市、例えばパリ、ロサンゼルス、ローマ、シカゴといった大都市は、せいぜい大阪とか名古屋と同規模の都市であり、また大阪や名古屋と同様、東京のような人口増加は起きていません。一極集中が起きているのは海外だとソウル、マニラ、バンコク、ジャカルタ、ラゴスのような新興国の都市であり、これらの都市と東京は同じだとは言いませんが、同様なことが起きているというのは少なくとも全然誇れることではありません。
東京一極集中が起きて喜んでいいのは東京に土地を持っている人だけだと思いますよ。

東京の一極集中は、地方の衰退と共に語られることが多いですが、なぜか一極集中を誇らしいことのように書いている人が多いことに驚きます(東京は素晴らしい都市だから人が集まる、大阪は酷い都市だから人口が減る等)。

でも、東京に人が集まるということは過密が酷くなるということであり、通勤や住宅事情が悪化するということです。また、どこに行くにしても渋滞、何時間待ち、人ごみを彷徨うなどになりがちです。本当にこんなのでいいんですか?
確かに東京には優秀な人が多いかもしれませんが、人口が多...続きを読む

Aベストアンサー

>東京に人が集まりすぎるのは問題だと思わないのですか?
思います。大問題です。
都内ではありませんが、ずーーと関東のいろんなところに住んでいて、東京の一極集中はとても問題だと思いました。

たとえば
埼玉の熊谷に住んでいた時のことです。
熊谷は東京駅から60キロ程度、新幹線もありますが、ほとんどの人は在来線で都心まで通勤します。片道2時間以上ラッシュにもまれて到着し、帰りも2時間以上かけて帰ってくるのです。1日4時間から5時間通勤に費やさなければならない都市など、すでに人間性を失っていると言っていいでしょう。

また、土日はレジャーもままなりません。これも一例ですが、たとえば関東圏から行けるスキー場というのは、土日リフトが30分待ち程度に必ずなります。苗場などの人気がある場所ならもっと待ちますが、小さめの人気のないスキー場でも30分ぐらいまつのです。

ところが、東北あたりの関東圏から脱したスキー場になると(大体蔵王より北)待ち時間というのはほとんどなくなります。一番下のリフトが10分待ちぐらいで後はほとんどのりほうだいです。もちろん帰りの道が大渋滞ということもありません。

東京の一極集中は「生活を豊かにする」という意味で真逆の方向を向いているといえます。

ではなぜ、東京一極集中なのかというと、それは「国がすべての権限を握っているから」です。ヨーロッパでもフランスやイギリスは国土の広がりの割には首都への一極集中がひどいですが、これらの国も中央集権的な国家です。ドイツやアメリカは人口が分散しており、首都よりも人口を抱えている都市がありますが、これは連邦制国家で権限を分散しているからです。

なぜ中央集権だと首都(政治的な首都)に人があつまるかというと、すべての権限がそこに集まるからです。国のすべての予算配分、地方の活動費までも国の予算として決定し配分しますし、大きな事業(橋を作る)などは国が予算を出してくれなければ、地方のお金だけで作ることができません。
また企業も新しいことを行うのに官僚とすり合わせを行いますが、そのために大手企業は東京に本社をおくことになります。
たとえば、自動運転自動車の試験を行うときに道交法とのすり合わせをしますが、日本の場合は当然国土交通省と協議することになります。しかしアメリカの場合は、各州で道交法が違うので各州と折衝ができ、カルフォルニア州などは自動車問題の解決に前向きなので許可が下りやすい、のです。
 こういう先進的な取り組みは、試験を許可した州に実験施設やその他の施設そして雇用が生まれるため、各州が争って誘致をすることもあります。

このようなことから州ごとに予算権限と立法権限をもっているアメリカやドイツなどでは、各州に権限があるため、条件のよい場所に本社を構えて人口が分散していくのです。(たとえば農業に関わる企業ならアメリカの中西部のほうがいいだろうし、ITならカルフォルニア、自動車関連ならデトロイトのように、企業そのものが分散するから人口も分散する)

この間の大阪都構想の否決は非常に残念でした。東京都並の権限をもつ地方自治体の例ができれば、その他の地方も道州制のイメージをもちやすかったのですが、本当に残念です。

>東京に人が集まりすぎるのは問題だと思わないのですか?
思います。大問題です。
都内ではありませんが、ずーーと関東のいろんなところに住んでいて、東京の一極集中はとても問題だと思いました。

たとえば
埼玉の熊谷に住んでいた時のことです。
熊谷は東京駅から60キロ程度、新幹線もありますが、ほとんどの人は在来線で都心まで通勤します。片道2時間以上ラッシュにもまれて到着し、帰りも2時間以上かけて帰ってくるのです。1日4時間から5時間通勤に費やさなければならない都市など、すでに人間性を失...続きを読む

Q東京一極集中の理由

現在はIT技術の発達において都市部でなくてもオンライン
で繋がっているのでビジネスは出来るようになっているは
ずですが、それでも東京に人口が流入し続ける理由はなぜ
でしょうか?他の三大都市部は減り続けているのに東京だ
けが増え続けている理由も合わせて疑問に思っています。
ぜひご教示いただければと思います

Aベストアンサー

近くにある取引先と実際対面して直接話す、というのが交渉事では重要とされています。
既に大手企業が大量に存在し、なんといっても海外の企業が日本に進出する時その殆どの拠点を東京に置くのが大きいです。
ブランド物海外企業の90%は東京に支社を起きます。
特にメディア(TV、新聞、出版)等は物理的に政府が東京にあるので、取材などの関係で全て東京に本社・支社を構えるようになります。
取引先とのやり取り、情報の集積という面で東京がずば抜けてるのです。

大阪に本社を置くシャープの社長が、東京に本社がないデメリットといえば?という質問に「移動時間が多くて大変」という事でした。
仕事をする限り、やはり東京に脚を運ばなければいけないのが現実なのです。

その結果そこに企業が集るので、そこに働き口も集まり人口も増えます。
さらに重要なのは大学など人材育成の充実。
有名私立大学が大量に存在するのでそこからの新規採用を期待している企業が多いです。
関西圏にも有名大学の数が多いので、そこからの新規採用に期待をかけて大阪にとどまる大企業も結構あります。

大学に行く時に東京に出る地方出身者が物凄い多い事から、地方には東京ほど教育機関が揃ってないのです。これが非常に重要だと思います。

近くにある取引先と実際対面して直接話す、というのが交渉事では重要とされています。
既に大手企業が大量に存在し、なんといっても海外の企業が日本に進出する時その殆どの拠点を東京に置くのが大きいです。
ブランド物海外企業の90%は東京に支社を起きます。
特にメディア(TV、新聞、出版)等は物理的に政府が東京にあるので、取材などの関係で全て東京に本社・支社を構えるようになります。
取引先とのやり取り、情報の集積という面で東京がずば抜けてるのです。

大阪に本社を置くシャープの社長が、東...続きを読む

Q首都一極集中。外国はどうなの?

日本の東京一極集中はすさまじいものがあります。
大昔、大阪も東京と肩を並べる大都市でしたが、明治維新後すさまじい東京一極集中が進んでしまいました。
その一極集中は今も加速を続けているのを社会人になって、いっそう感じるようになりました。

さて、外国はどうなんでしょうか??
韓国は日本以上にソウル一極集中と聞きますがどれくらいですか?
イギリス、中国、インド、ひろーーいロシアetc...などなどはどうなんでしょう?

P.S
アメリカは首都はワシントン、オーストラリアはキャンベラですが、実際第一の都市はそれぞれ、NYとシドニーなので、
質問は「首都 対 他の地方都市」というより、「第一の都市 対 他の地方都市」とします。

Aベストアンサー

 国土が広く、連邦制またはそれに準じる制度を持つ国では、あまり顕著な一極集中は起こりません。アメリカやロシアに比べると遥かに狭いドイツも、多極的な都市システムをとっています。これに対し、政治・経済体制が中央集権的なイギリス、フランス、日本などは、集積の利益を求めて企業が立地するために、首位都市への集中が顕著です。日本の場合、戦前までは政治は東京、経済は大阪という2極構造でしたが、重化学工業への産業構造の転換、戦時中の統制経済以降の官の優越、さらに金融や情報の分野での世界都市化の進展などのために、東京の独走体制が確立しました。
 もちろん、過度の集積はいわゆる過密の弊害をもたらすだけでなく、地域格差の拡大が進行します。このため、イギリス、フランス、日本では首都圏への集中を抑制する政策が長年にわたって行われてきました。
 しかし、「国土の均衡ある発展という政策がもたらしたヒト、モノ、カネの非効率な分散の弊害」を是正すると銘打った最近の規制緩和によって、こうした施策は見直され、都心地域には高層のオフィスビルやマンションが林立しています。ヨーロッパでは歴史的環境やコミュニティに配慮して高層化を規制していますが、災害多発国日本では非効率なものを追放するという大義名分のもと、ヒューマンスケールを無視した再開発が進められています。
 不思議なことに、最近実施された各種の世論調査によると、団塊の世代だけでなく、若い世代でも「豊かな自然に囲まれた生活」を希望する割合が高率を占めています。問題は、働く場所が限られていることでしょう。ITの発達により、田舎に居ても仕事ができる時代になるかどうかが一極集中の今後を占う鍵だと思われます。

 国土が広く、連邦制またはそれに準じる制度を持つ国では、あまり顕著な一極集中は起こりません。アメリカやロシアに比べると遥かに狭いドイツも、多極的な都市システムをとっています。これに対し、政治・経済体制が中央集権的なイギリス、フランス、日本などは、集積の利益を求めて企業が立地するために、首位都市への集中が顕著です。日本の場合、戦前までは政治は東京、経済は大阪という2極構造でしたが、重化学工業への産業構造の転換、戦時中の統制経済以降の官の優越、さらに金融や情報の分野での世界都...続きを読む

Q欧州の国はなぜ一極集中していないのでしょうか?

日本は東京への一極集中が激しく進んでいますが、欧州の国は日本ほど集中が進んでいないように見えます。

例えばパリは人口が220万人ほどで大阪や名古屋と同程度、ロンドンもグレーターロンドンで800万人と、大阪府や愛知県程度です。

ロンドンやパリは大阪や名古屋と同程度の規模に収まっている一方で、東京のように一極集中が進んでいる都市はソウル、バンコク、ジャカルタなどアジアに多いです。

どうして欧州の首都には一極集中が進まないのでしょうか?
欧州の中でも、ドイツは連邦国家だからそうなのだろうとは思いますが。

Aベストアンサー

少し数字が間違っています。

パリはパリ市の人口だけで220万人ですが、これに比較できるのは東京23区で916万人、4倍も人口があるように見えますが、パリ市の面積は105.40km2で人口密度は21,347人/km²、東京23区は622.99km²で人口密度は14,727人/km²、都市中心部の人口密度で比べればパリのほうが断然大きいといえます。

また、パリ市と周辺部の企業などで就業してる人たちを含むいわゆる都市圏(首都圏)で比べると、東京圏は埼玉・千葉・神奈川を含んで首都圏とよび、人口は約3,400 - 3,700万人とされています。人口密度は4400人/km²とされています。
これに対してと呼ばれるフランスの首都圏は人口11,694,000人を数えます。人口密度は5400人/km2と日本と同程度か少し多いぐらい、国土人口の比率でみると、日本の首都県は人口の35%、フランスは約20%が首都圏に住んでいます。

フランスは国土の人口集中から見て日本と同様一極集中であるといえます。

ロンドンは東6,091京首都圏やイル=ド=フランス地域圏と比較するならばロンドン大都市圏が8,382km2 (東京首都圏は6,091km2) で人口は12,653,500人、人口密度は1510人/km2です。
イギリスの人口は6200万人程度ですからフランス同様、全人口の20%がロンドン圏に住んでおり、首都への人口集中が激しいといえます。

これに比べてドイツはいずれの都市でも数百万単位であり、首都圏の郊外に広域な人口を抱えている、ということもありません。またアメリカもニューヨークは世界的な都市であるわけですが、首都であるワシントンD.C.はそれほどの人口ではありませんし、それよりもロスやサンフランシスコのほうが大きな都市になっています。

この差は主に「中央集権国家」であるか「連邦制国家」であるかの違いが大きく、アメリカやドイツなどの連邦国家は州ごとに予算権限や立法権限があるため、連邦政府がある国の首都にはそれほどの魅力がないのにたいして、中央集権国家はすべての予算配分や立法を国(日本でいえば大手町の省庁。特に財務省)が決めるため、予算や立法に関わりたい大手企業や地方行政府が集まることになります。
日本でも意外と知られていませんが、各都道府県や市町村の出先機関が都内にあり、毎日大手町と折衝する地方公務員が仕事をしていたり、首長が官僚や政治家と会うために必要な会議室や事務室などが備えられていますし、地方銀行の支店も都内にはほとんど必ずあります。
連邦制であれば自分の州の中で完結できるのでほとんどいらないのにたいして、中央集権国家はどうしても中央に金と情報と権力が集まるからです。
日本もフランスもイギリスも世界的に有名な中央主権国家です。

ではなぜ東京にくらべて人口が少ないか、というと元々欧州はアジアに比べて人口が少ないからです。これは何を主食にしているかによって決まり、コメは小麦の3倍の人口増生能力があります。

その国が中央集権かどうかは、国土人口の何パーセントぐらいが首都圏に集中しているかを考慮すべきで、大体20%ぐらい集まっているとかなりの人口集中国家といえます。

その点でいえば韓国などは首都の一極集中がひどく、全人口の49%以上がソウルとその周辺都市に住んでいます。韓国は道州制ですが、軍政だった期間が長かったため、事実上中央集権国家です。企業も大財閥がいくつかあるだけですので、ソウルは異常なほど人口集中がひどいといえます。

他のアジア諸国も先進国並みの民主国家はひとつもありません。すべて中央集権的ですし、いまだに軍政のなごりを残しているところも多くあります。こういう国だとすべての権力が中央に集中するため、仕事も集中せざるをえませんし、なによりインフラの整っていない途上国は仕事も都市に集まる傾向があります。

国家の人口は地域差が大きいですから、一極集中しているかどうかは比率でみる必要があります。

少し数字が間違っています。

パリはパリ市の人口だけで220万人ですが、これに比較できるのは東京23区で916万人、4倍も人口があるように見えますが、パリ市の面積は105.40km2で人口密度は21,347人/km²、東京23区は622.99km²で人口密度は14,727人/km²、都市中心部の人口密度で比べればパリのほうが断然大きいといえます。

また、パリ市と周辺部の企業などで就業してる人たちを含むいわゆる都市圏(首都圏)で比べると、東京圏は埼玉・千葉・神奈川を含んで首都圏とよび、人口は約3,400 - 3,700万人とされてい...続きを読む

Q一夫多妻や一妻多夫が日本で認められてない理由ってなんですか?

一夫多妻や一妻多夫が日本で認められてない理由ってなんですか?


歴史的にみると昔は一夫多妻の制度はありましたが、今は普通にそのようなことを望む人はいないからですか?

Aベストアンサー

まずは一夫多妻の合理性を述べましょう。

一夫多妻は原始的な女性に対する福祉制度なのです。
女性に対する差別や従属的なものをまず初めに浮かべる方が多いのですがそうではありません。寧ろ逆なのです。
それが文化だから!と頭ごなししに言われても納得が行かない人はおおはず。それなりの現実性と合理性があります。

・一夫多妻を行う理由の一つとして「戦争」があります。
原始から、部族間の戦争で男達が死にました。
さらに狩での事故や獣に殺される危険もあります。

・二つ目は寿命が短かったこと
昔の平均年齢は二十歳を超えていません。多く生まれ多く死んでいくわけです。そして何時、病気にかかり夫が死んでもおかしくは無いわけです。
そんな世界では一生を共に添い遂げる可能性など寧ろ低いのです。


一人残された女性はどうなるでしょうか?差別や現金収入を得にくい環境で晒されながら子供を育て、働いていく人もいるかもしれませんが、飢え死にしたりする者も多かったのです。

一夫多妻制では、一人の有力な男に性関係と家事という労働と引き換えに養ってもらうことができます。

さらに女性にとって家事を分担できるため非常に楽です。
とても家事の巧い女性がいた時、第一夫人からの推薦で第ニ夫人、第三夫人を招き入れることもあるようです。



本題に入りましょうか。

日本のように明日の飯に困ることもなく、病原菌にあふれてもいない国で、
砂漠国家のように驚異的自然に囲まれており炎天下に放り出されれば間違いなく死ぬという事もない国
明日、獣に襲われたり、隣町との抗争に巻き込まれて死ぬ可能性のないよう文明が進んできた国々

そのような国では女性が一人でも生きていけるので男性に無理に付き従うことがなく、自然に権利も大きくなっていき一夫一妻になって行くわけです。

つまり現代日本では一夫多妻は
社会的に必要とされていないし合理性も無い。


一夫一妻の国々では未亡人を「キズモノ」とか「純潔が既に無い」とかそういう扱いになってしまいますね。残念なことに。


ちなみに日本は大昔は自然に恵まれ人口が500万人程度であれば田畑など耕さなくても野山に行き芋や山菜や果実をとって生きていけたわけです。

そのような国々では女が定住地として家を持ち男は蝶のように自由に飛び回っているという母系国家が形成され、子供は女性が養うもの、財産も女性に付くものでした。結婚と言う取り決めは無く。
彼氏、彼女位の恋愛関係ですね。しかし今のように町にデートに行くような関係ではありません。

女性は多くの男性と関係を持ち、男は種を付けに夜這いに来るわけです。
短歌や笛などを吹いて女の家に入ってもよいか確認をとる時に読まれるような句が今でも教科書に載ってますね。あれは短歌集というと堅苦しいですが、口説き文句集といっても過言ではないもので昔の人々はセックスをするために一生懸命短歌を勉強したわけです。

日本では廃れましたが国によっては現代でもそういう文化は残っています。


一夫一妻は現代の貞操観念を強調した宗教感によるものでもあります。
それを気にしすぎて逆に心を痛めてしまうこともありますし、一長一短ですね。
南米のある部族ではセックスは特定の相手を決めるものではなくスポーツ感覚で楽しむものであり。子供は村全体で養うものという考え方があったようですがキリスト教が入りこみ貞操観念が付いてからはなくなってしまったようです


セックスと結婚の形態はその国々の事情にあっているという事です。
脱線が過ぎましたね。そういう事です。

まずは一夫多妻の合理性を述べましょう。

一夫多妻は原始的な女性に対する福祉制度なのです。
女性に対する差別や従属的なものをまず初めに浮かべる方が多いのですがそうではありません。寧ろ逆なのです。
それが文化だから!と頭ごなししに言われても納得が行かない人はおおはず。それなりの現実性と合理性があります。

・一夫多妻を行う理由の一つとして「戦争」があります。
原始から、部族間の戦争で男達が死にました。
さらに狩での事故や獣に殺される危険もあります。

・二つ目は寿命が短かっ...続きを読む

Q大阪の会社(大企業)の本社はなぜ東京移転するの

大阪の主要な会社の本社は大半が東京にあります。たとえ本社所在地が大阪でも、実質的本社は東京にあります。大企業の場合、東京に本社があるのは、大阪などに比べどんなメリットがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

官公庁が近くにある。
取引先の本社が近くにあるので、役員間の情報交換が密にできる。
全国区のマスコミが多いので、利用しやすい。

などでしょうか。
ビジネスをする環境が整っていることが大きいかと。

なお、地方に本社を置く有名企業も多くありますよ。本社機能が地方にあるメリットも大きいですから。ただ、大阪はこの面では、中途半端なんだと思います。

Q関東の電車も関西を見習う気はないのですか

出張でよく関西へ行きます。
いつも感心するのは、電車が、高級(というか)上質、スタイリッシュであることです。
また、とても高速で走っている感じがします。高速なのに揺れも少ない気がします。

JRでは、

・神戸線・京都線快速や新快速の電車と、東海道線の電車を比べると質感が雲泥の差で違う気がします。窓もとても大きくとってある。
蛍光灯がむき出しでない。特急電車みたいにカバーがかかっている。たったこれだけでも高級感がある。

関東の電車は、ドアには蛍光色のテープが張ってあったり、全般に機能に重きを置き、快適性はどうでもよいかのように感じました。

同じく、京都線神戸線 普通電車 と 似たような性格であろう京浜東北線の電車でも、西に軍配をあげたくなります。 とにかく揺れない感じがします。

また古い電車もきれいに使っているように感じました。

私鉄は関東関西とも多数乗ったわけではありませんが、
関東の場合、JRと同じように、蛍光色がけばけばしく、座席が、ポールで仕切られたり、狭苦しい感じを受けました。

自分が関東でよく乗るのは、東急 小田急 京王
関西でよく乗るのは、阪急 阪神 京阪 近鉄

阪急の電車は、これは会社のこだわりもあるのでしょう。
車内は木目 シートは渋い緑色で統一。梅田の駅の床は、ワックスでピカピカ気持ちいい。
昭和40年代のプレートがある電車もきれいにリフォームしている感じ。

阪神の電車は高さを大きくとった窓が印象的。

京阪の電車 お札があることにこれもびっくり。でも安全は大切。
青いほうの特急電車、二階席などはないものの、ドアの内側はダークグレー 全般にシックにまとめています。
赤と黄色の特急電車は、二階席もあったり、これで料金とらないのが不思議に感じるレベルです。
初めて見たとき、これは有料だろうと、見送ってしまったことがあります。

また、関西の私鉄で感じることは。全般に銀色の電車がないこと。
京阪 阪急 ではもしかして銀色の電車はない?
  
関東の電車は、銀色の車体に安っぽいステッカーを張ったように感じます。

なぜ、こんなに関東と関西の電車は質感が違うのでしょうか?

願わくば、関東の電車に関西の電車の息吹が吹き込まれてほしいと感じます。
   

出張でよく関西へ行きます。
いつも感心するのは、電車が、高級(というか)上質、スタイリッシュであることです。
また、とても高速で走っている感じがします。高速なのに揺れも少ない気がします。

JRでは、

・神戸線・京都線快速や新快速の電車と、東海道線の電車を比べると質感が雲泥の差で違う気がします。窓もとても大きくとってある。
蛍光灯がむき出しでない。特急電車みたいにカバーがかかっている。たったこれだけでも高級感がある。

関東の電車は、ドアには蛍光色のテープが張ってあったり、全般に...続きを読む

Aベストアンサー

一般論で言うと、特に鉄道業界では以下のようになります。(以下すべて一般論です。当然ですが一般論が成立しない部分も祟ることをご了承ください。
関西はどちらかと言うと、顧客のことを考えて、何かをすることが多い。
関東はどちらかと言うと、自社の都合を顧客に押し付けることが多い。

ではなぜ、そのような違いが生じたかと言うと、鉄道と言うよりは人文地理学、歴史学の範疇でしょうが、以下のようなことが影響している可能性があります。
・関西は巨大な田舎、すなわち都会のいい部分と田舎のいい部分がちょうどミックスされた状況がある。(もちろん、両者の悪い部分が重なった悪い部分もあるでしょうけど)たとえば、適度に都会なのであえて東京など他地方に出ないですむ人が多くなるので、ずっと地元に住んでいる割合が高くなる。そうすると、多くの人が地元意識を持ち、他人でも知り合いのような感覚になる。そうすると、その人のためと思えば言いにくいことでもずけずけということが増える。そのため、企業に対して、クレームの前段階である「要望」が多く寄せられることになる。
・俗に商人の町と言われていたように、他地域と違い江戸時代に(事実上)武士に支配されていないように感じ、上(支配者層)の意向に関係なく、純粋に顧客との関係でのみいろいろなことを進めることができた。
・首都圏のように他地域からの何十年以上も継続するような巨大な人口流入がないので、乗客増に対する設備投資等は早めに行うことができ、戦後の高度経済成長は乗客増に対する対応と快適性の向上との両方を進めることができた。(逆に首都圏は常に乗客が増え、大量の旅客を輸送する手段を提供するので精いっぱいな部分がある)
・人口増加が限定的な上関西全域の広さは首都圏より狭いよりので、人が多く住む商売になる地域は限られ、どこに路線を設けてもどこかと競合することになる。
・競争のため、そして上述のように元々顧客重視の土壌のため、各社とも顧客サービスを重視しなければならない。しかも最近はマイカーとの競合も意識しなければならない。

要は、元々の土壌と競争原理で、鉄道会社自身が「サービス業であり、電車はそのサービスを提供するための大事なもの」と認識しているからだと思われます。国鉄ですら、新快速などのサービスは国鉄時代からあり、国鉄時代個々の職員にはサービス業としていかがなものか思われる態度の駅員がみられたのは事実ですが、大阪独自の方針で実現できることは今のJR西日本につながるようないろいろなことをやっていました。(もちろん本社が東京故やりたくてもできないことも多数あったようです)

ですので、各社とも車両は大事にし、車内も他社との区別化、差別化のため少しでも独自色のあるしかも快適性を考慮したものとなります。
質問で指摘された蛍光灯ですが、これは室内環境の重視もありますが、ラッシュ時に乗客の持ち物が当たって破損するのを防ぐのが本来の目的です。(そういう意味では首都圏こそカバーをすべきと思います)
顧客の重視は阪急がダントツで、定評がありますので、さすがに関東の他社を阪急と比べるのはかわいそうです。阪急は蛍光灯カバーは当然の話で、関東の技術者が驚いた話としてガラスも連結部の小さなガラスまで、「破損時に細かな破片が生じない特殊なガラス」を使用していることがあります。(関西他社はもちろん、関東ではせいぜいフロントガラスなどに使う程度です。もちろん値段が全然違います)

また、上述の事情から車両自体の考えが東西で大きく変わったのです。
東は、乗客増に対応するため、そもそも車両自体を増やす必要がある、また、老朽化で更新する車両も大量に発生するので、できるだけ安く大量に導入します。その代り、長持ちしないものにすることが多いです。また、各社共通デザインのいわばセミオーダーメードの車両にして、費用や製造期間を短縮する流れになっています。(そのためどこも同じようなステンレスの車両が多い)
西は、乗客増に対する車両自体の増加はほぼ必要なくなり、おおむね老朽化車両の更新のみです。であれば、中途半端な車両を購入して短期間で再更新するより、(しかも他社と差別化した)立派な快適な車両を作って、それを長期間使い続ける方がよいと判断されているようです。JR西日本になって最初に作った大阪近郊用の車両は、一条件等すべてを考慮して、JR西日本どの電化路線でも使えるような車両を設計し、まず大阪近郊に導入しました。これが少し時間が経って陳腐化し、さらに新型を導入することになった場合は、これを他の地方に転属させて、その地方の老朽化した車両より快適にするわけです。(実はこの考え自体は国鉄の考えです。ただ、国鉄の場合は必要最低限のやや低性能な車両を大量に発注して安くすることにこだわったのに対して、JR西日本ではできるだけいいものを設計し、それ1種類を大量に発注するという考えにしたようです)

車両以外のサービスでも関西の方が乗客視線が多いです。
例えば、ICカード乗車ですが、関東ではチャージ額が初乗り運賃より多く残っていないと改札入場自体ができません。これは鉄道営業法と言う法律で、運賃は前払いしなくてはいけない原則があるためで、せめて初乗り分のチャージがないと「前払い」したことにならないと考えたからです。但し、そのためにチャージ額が少ないときはICカード使用前(通常急いでいることが多い)に駅の券売機等に並ばなければならなくなります。鉄道側も利用が減るであろう券売機を大幅には減らせなくなります。
一方、関西では同じ鉄道営業法の運賃前払いの原則規定の但し書きに、特段の定めをすれば前払いでなくて思いいことに目を付けました。どうせ、ICカード乗車するために今までの紙の切符とは別にルールを決めなければいけないのですから、そのルールの中にチャージが10円以上あればとりあえず入場はできるように定めたのです。
そうすれば、チャージは駅のホームや精算機で行えばよく、駅間窓口や券売機瀬でチャージする必要性が大幅に減り、鉄道側としては券売機等を大幅に減らすこともできます。つまり、乗客にも喜ばれ、しかも鉄道側にもメリットが生じるわけです。
鉄道に不通が生じた場合も、関東ではICカードで振替乗車ができないのが当然になっていますが、関西ではICカードチャージ額を利用して入場したのちに不通が発生すれば、当然のように振替乗車を受けることができます。

とにかく、首都圏に比べて人が少なく、しかも実質本位の土壌が、少なくとも質問事例ではいい面として表れているのです。

一般論で言うと、特に鉄道業界では以下のようになります。(以下すべて一般論です。当然ですが一般論が成立しない部分も祟ることをご了承ください。
関西はどちらかと言うと、顧客のことを考えて、何かをすることが多い。
関東はどちらかと言うと、自社の都合を顧客に押し付けることが多い。

ではなぜ、そのような違いが生じたかと言うと、鉄道と言うよりは人文地理学、歴史学の範疇でしょうが、以下のようなことが影響している可能性があります。
・関西は巨大な田舎、すなわち都会のいい部分と田舎のいい部分が...続きを読む

Q日本三大都市を「東京、大阪、名古屋」だとか、「東京、大阪、福岡」だと勘違いする人が多いのは何故ですか

日本三大都市を「東京、大阪、名古屋」だとか、「東京、大阪、福岡」だと勘違いする人が多いのは何故ですか?

Aベストアンサー

>いや、愛知県よりも神奈川県のほうが都会です。

何を持ってして都会だと言えないんですから田舎ですよ

東京の横にあるから都会なら、千葉も埼玉も都会ですよ



で、都市の話じゃないの?

Q住んでよかった都道府県。二度と住みたくない都道府県をきかせてください。

住んでよかった都道府県。二度と住みたくない都道府県をきかせてください。

1.住んでよかったなあ。また住みたいなあと思う都道府県は?(複数可)
2.二度と住みたくない都道府県は?(複数可)

なぜ、そう思われるのか理由もお聞かせくださると幸いです。

Aベストアンサー

1 奈良は比較的のんびりしていて暮らしやすいです。

2 京都はなんだか街も人も冷たく感じられるので
 2度と住むのは嫌ですね。

QNHKが民営化または完全国営化できない理由

NHKは6500億円の事業支出中、受信料徴収に740億円も使っています(全体の11%)。

フジテレビや日テレは3000億円強の売り上げなので、全国区のNHKがその2倍も納得できますが、何故総合TVは民営化されないのでしょうか?今でも十分偏った放送をしていて民放で売れているコンテンツを利用しており、公共放送としての品位はありません。教育TVの番組制作費の200億円は逆に国営化して税金で賄うようにして、放送設備利用費をNHK総合側やその他民放と業務提携して放送すれば国民負担は1/20以下になると思います。

これまで民営化検討や国営化検討がありましたが、何が原因ですすまないのでしょうか?やましい使途不明な金の使い方が問題視されるからでしょうか?それとも国家公務員に対して極端に高い給料を減額される恐れがあるから嫌がっているのでしょうか?だぶついている受信料を他人に取られたくなく、蜜月な関係のある政党や官庁と享受するがあり、既得権益が脅かされるのが嫌だからなのでしょうか?

少なくとも現行体制でも個人的には赤字財政で厳しい市町村税と一緒に徴収してもらえれば、とりっぱぐれは無いし不公平感もないし、徴収費用740億円を市町村に支払えば少しは財政が潤うし、人員削減につながるし、受信料徴収に出歩いている人は要らなくなるし、良い面が沢山あると思うのですが。

http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/yosan/yosan24/pdf/siryou2.pdf

NHKは6500億円の事業支出中、受信料徴収に740億円も使っています(全体の11%)。

フジテレビや日テレは3000億円強の売り上げなので、全国区のNHKがその2倍も納得できますが、何故総合TVは民営化されないのでしょうか?今でも十分偏った放送をしていて民放で売れているコンテンツを利用しており、公共放送としての品位はありません。教育TVの番組制作費の200億円は逆に国営化して税金で賄うようにして、放送設備利用費をNHK総合側やその他民放と業務提携して放送すれば国民負担は...続きを読む

Aベストアンサー

"何故総合TVは民営化されないのでしょうか"
 ↑
民営化する、ということはCM収入で喰っていけ
ということです。
そうすると、スポンサーの不利になることは
放映できなくなります。
つまり、公平な報道が出来なくなるからだ、と
いうことです。

ま、これは建前で、実際はどうなんだ、民放と
何処が違うんだ、多少お上品ぶっているだけじゃ
ないか、民放よりある意味偏向報道しているじゃん
ということはあります。

こういうことを考えると、さっさと民営化しろ、
それが出来なければ、解散してしまえ、NHKなど
無くても、全く困らない。
困る、必要だという人が金を出し合って支えろ。
と考えたりします。


”完全国営化できない理由”
   ↑
国営化したら、今度は政府の批判が出来ず
公平な報道が出来なくなるからです。
マスコミ最大の役目である権力の監視
が機能しなくなります。

これも建前で、NHKが今のような反日
偏向報道をやるなら、百害あって一利無しです。
国営化してもよいと思います。


”何が原因ですすまないのでしょうか”
    ↑
御指摘の通り、儲けが減るからでしょう。


”個人的には赤字財政で厳しい市町村税と一緒に徴収してもらえれば”
    ↑
受信機の有無とか、譲渡、廃棄などをどうやって
管理するのですか。
公務員にやらせると、もっと非効率になると
思いますが。
それとも受信機の有無に関わらず、一律に徴収しますか。
それも一つの方法ですね。

"何故総合TVは民営化されないのでしょうか"
 ↑
民営化する、ということはCM収入で喰っていけ
ということです。
そうすると、スポンサーの不利になることは
放映できなくなります。
つまり、公平な報道が出来なくなるからだ、と
いうことです。

ま、これは建前で、実際はどうなんだ、民放と
何処が違うんだ、多少お上品ぶっているだけじゃ
ないか、民放よりある意味偏向報道しているじゃん
ということはあります。

こういうことを考えると、さっさと民営化しろ、
それが出来なければ、解散してしまえ、N...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報