確定申告とは働いている限り、毎年しなくてはならないものなんですか?私は会社を辞めて数年間、アルバイトで生活をし、現在給与は日払いで、額に応じた税金をその都度払っているのですが、一度も確定申告をしたことがないのです。何年もしていなかったのに、いきなり申告などは出来るものなのでしょうか。全く物知らずで恥ずかしい限りですが、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

1.確定申告は毎年あります, その年の1/1~2/31までの収入が対象です.


2.アルバイトしていても 勤務先が給料等の支払いを税務署に知らせています.
 従ってある一定の金額までの年収ならば,税金がかからないので,申告しなくてもかまいませんが,勤務先が税務署に代って給料分の税金を取るように義務付けられています。 バイトでも給料から税金を引かれているときがありますので,ある一定の収入以下のときは確定申告すれば,税金が戻るときもあります.
3.もう今年は終わりましたが,確定申告は毎年2/15~3/15ごろと決まっています.
4.別に申告は自由ですが,あまり収入が多くて,申告しないといと,税務署から,呼び出しか,税額決定書(税額通知書)が送られてくるかもしれません.このときは市町村からも地方税も来るでしょう.これの異議申立ても大変です.
5.それによって,健康保険があれば,保険料が高くなるか,安くなるかでしょう.
6.確定申告の時期になると,税務署関係の納税協会が無料で教えてくれます。一度されたら,後はなれてきますので,節税を心がけるようになると思います.
7.去年,今年しなくても,来年申告されたら,いいと思います.国民健康保険でしたら,今までの健康保険はどうされていましたか,確定申告されると同時に市町村の地方税についても申告していることになりますので,今までの健康保険料は勤めを辞められたときのままの収入を基にしているかもしれません.バイトの収入が少なければ,確定申告すれば,健康保険料が安くなるときもあります.もし国民健康保険でしたら,年間の保険料の通知が着ていますので,過去の保険料を一度調べられたらと思います.
8.バイと以外に自営をされていたら,青色申告(これも確定申告です)されるといいでしょう.税金、税務署で検索してみてください.
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 分からない点を、細かく回答いただいて本当に助かりました。これまでの事を考えると、かなり損をしていたのかもしれません。自分の権利、社会の義務を果たすには、知識が大事だという良い勉強になりました。有難うございました!

お礼日時:2001/05/29 13:05

#2の補足です。



>3.もう今年は終わりましたが,確定申告は毎年2/15~3/15
>ごろと決まっています.

これは、誤りです。

通常の確定申告は、毎年2/16~3/15ですが、#1でも書いたように、税金が戻る(還付)場合は、その年の1月4日から確定申告を受け付けています。
更に、過去にさかのぼっての還付の場合は、期限がなくいつでも受け付けています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答いただきまして、本当にありがとうございました。これからの生活に役立てて行きたいと思います。

お礼日時:2001/05/29 13:00

毎年するものですよ。


現在払ってる税金のほかに年金や個人での保険。健康保険などの支払があれば還付がある場合があります。

もしかしたら損してるかもしれないですよ。

税務署から悪質だと判断されるまえに申告される事をすすめます。

普通3月までにやるものですが、前年度分については最寄の税務署にて処理してくれます。
持ってくものを教えてくれるので、電話してから行ってみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 丁寧な回答本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/05/29 13:01

会社などの勤め先で年末調整をしていない場合は、確定申告をする必要があります。



あなたの場合、日払いとのことですから、その時に払っている税金は概算に近いものです。
そうなると、確定申告をすると税金が戻ってくる可能性が高いです。
特に、健康保険料や国民年金の保険料を払っている場合は殆どの場合、還付になります。

確定申告は5年間遡って出来ますから、今からでも申告された方が宜しいと思います。

還付のための確定申告は、いつでも受け付けていますから、必要書類を持って、お近くの税務署へ行ってください。書き方などは教えてもらえます。

必要書類は。
給料と、控除された税金の明細書。
健康保険料や国民年金の保険料の金額が分かるもの(メモでも可)
1年間に10万円以上の医療費がかかった場合は、その領収書(医療費控除ができます)
印鑑。
戻ってくる税金を振り込んでもらう銀行口座名と口座番号のメモ又は通帳。(郵便局でも可) 

税務署の所在地は参考URLで分かります。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/syoukai/syozaiti.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 具体的に用意する書類等の情報まで教えていただき、ありがとうございました!お世話になりましたが、この回答を生かしていきたいと思います。

お礼日時:2001/05/29 13:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告 青色申告 個人事業主の確定申告

2005年9月1日より、契約社員として、決まった給料を振込まれ、その額で仕事をすることになりました。その中で、国民保険、年金、住民税、経費などを支払っています。
帳簿は、現金出納帳をVectorから単票式をDLし(Excelデータ)
、入金と出金のみをつけています。
来年の3月には確定申告が必要ということですが、初めてのためサイトを調べていても検索で引っかかるのは、税理士経由のところが多く煩わしいです。自分でやるためのサイトを探しています。
そこで、有名なアプリでは、弥生会計がいいということは見つけました。
又、確定申告は、控除額の大きな青色でやりたいと思います。
このためには現在記帳している単票式ではダメなのでしょうか?
できれば、記帳したデータは最悪でもコピーペーストで活かしたいので、複式出納長にしても、なるべく扱いに慣れ、データ移行をしたいです。
Vectorのフリーソフトでいいのがあればご紹介ください。
また、工数の観点とメンテのやりやすさかららいって、弥生ほかシェアウェアがいいという場合もご紹介ください。
私としては、毎日仕事が終わって帳簿をつけるものですから、工数がかからない、まとめやすい、あとで見やすい、メンテしやすいなどが優先です。

また、確定申告自体の流れについても全く読めてないので、流れを絵で説明しているサイトなどがあったら教えてください。

保存している領収書は月別で纏めています。
定期代、食費、交通費(燃料プリペイド)、接待費、パソコン購入、備品、アプリ、通信、宅配などなど。
レシートも混在しています。OKでしょうか?

なにぶん初心者なので、あとあと、確定申告時に抜け目なくスムーズに処理できるよう取り組んで行きたいと思います。
よろしくお願いします。

2005年9月1日より、契約社員として、決まった給料を振込まれ、その額で仕事をすることになりました。その中で、国民保険、年金、住民税、経費などを支払っています。
帳簿は、現金出納帳をVectorから単票式をDLし(Excelデータ)
、入金と出金のみをつけています。
来年の3月には確定申告が必要ということですが、初めてのためサイトを調べていても検索で引っかかるのは、税理士経由のところが多く煩わしいです。自分でやるためのサイトを探しています。
そこで、有名なアプリでは、弥生会計がいいということ...続きを読む

Aベストアンサー

青色申告とのことですが、まず税務署で「個人事業の開廃業等届出手続 」 「所得税の青色申告承認申請手続 」をとっていますか。まだなら事業開始から二ケ月以内でないと17年分の青色申告は認められません。
用紙・手続きは、
http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syotoku/mokuji.htm
確定申告期に多いお問い合わせ事項Q&A
http://www.nta.go.jp/category/kakutei/qa/01.htm
確定申告の情報(用紙・書き方)
http://www.nta.go.jp/category/kakutei/kakutei.htm
ソフトについては、ごめんなさい、私はエクセルだけでしているので分かりません。
 記帳については、現金出納帳・売上帳・仕入(経費)の3冊あれば十分。もちろん事業用の預金通帳等も必要。収入先が1社で、振込みであれば、売上帳は省略可能。(通帳で代用)。
 証拠書類(領収書等)は、月ごとに綴ってあれば分かり易いです。パソコン等の資産(経費で処理できても)は、減価償却をしなければいけませんので、納品・請求書を別綴りで保管が楽かも。
 あとは、個人的な費用か・事業用の費用かを明確に区分出来る基準(特に事務所がなく、自宅での仕事の場合などのときの電気代等)を決めとくこと。
 前職が不明なのですが、退職されたならば、退職時までの源泉徴収票が必要となります。

青色申告とのことですが、まず税務署で「個人事業の開廃業等届出手続 」 「所得税の青色申告承認申請手続 」をとっていますか。まだなら事業開始から二ケ月以内でないと17年分の青色申告は認められません。
用紙・手続きは、
http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syotoku/mokuji.htm
確定申告期に多いお問い合わせ事項Q&A
http://www.nta.go.jp/category/kakutei/qa/01.htm
確定申告の情報(用紙・書き方)
http://www.nta.go.jp/category/kakutei/kakutei.htm
ソフトについては、ごめんなさい、私は...続きを読む

Q確定申告について教えて下さい。 私は4年ほど前に新築を建て毎年

確定申告について教えて下さい。 私は4年ほど前に新築を建て毎年
住宅取得控除をやっていましたが、今年の9月にリストラにあい
現在は無職です。 実は9月以降の毎月の住宅のローンの返済ができませんでした。
こういった場合でも確定申告をすると戻ってくるのでしょうか?
教えて下さい。   残高は本来だと12月末現在だと16,000千円だったのでが
9月から払っていないのでまだ残高は多いはずです。 

Aベストアンサー

源泉徴収表は持っていますよね。
比較的簡単に、確定申告書を作成できます。
いくら還付されるかはっきり分かります。

http://www.nta.go.jp/

Q2009年の確定申告をした後2008年以前の確定申告はできますか?

よろしくお願いします。
質問内容はタイトルの通りです。

現在、2009年の確定申告を今月中にしなければいけない状況ですが、
2006年、2007年の分をもし確定申告すれば税金が戻ってくることが分かりました…
しかし……、当時、複数の仕事お掛け持ちしていたのですが、源泉徴収票が一部しか見つからないので
また出てきた時に確定申告したいと思っています。

ところが、できるだろうと思っていたのですが、何かの記事で
「確定申告をしていない場合なら遡ってできる」と書いてありました。

今まで一度も確定申告をしたことがありません。
しかし今回2009年の分は今月行う予定です。
確定申告をした場合、遡ってそれ以前の年の申告はできなくなってしまうのですか?

調べたけれど分かりませんでした… orz

教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2009年の確定申告をした後2008年以前の確定申告はできますか?>
年末調整しかしていないのなら、5年前まで遡って出来ます。ただし、一度確定申告をした年については申告期限から1年間までに、校正の請求をすることになります。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q04
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

現在、2009年の確定申告を今月中にしなければいけない状況ですが…>
還付申告だけなら3/15まででなくても問題無いです。これは遡って申告出来るのと、徴収される方ではなく還付される方は遅れても余計に取られることがないからです。
なお、還付申告だけなら2/16~3/15の申告期間にする必要はなく、それ以にも出来ますので空いている年明けがお勧めです。還付金が振り込まれるのも早いというのもあります。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q02

当時、複数の仕事お掛け持ちしていたのですが、源泉徴収票が一部しか見つからないのでまた出てきた時に確定申告したいと思っています。>
勤務していた会社に源泉徴収票の再発行して貰ってください。

確定申告をした場合、遡ってそれ以前の年の申告はできなくなってしまうのですか?>
大丈夫です。

2009年の確定申告をした後2008年以前の確定申告はできますか?>
年末調整しかしていないのなら、5年前まで遡って出来ます。ただし、一度確定申告をした年については申告期限から1年間までに、校正の請求をすることになります。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q04
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

現在、2009年の確定申告を今月中にしなければいけない状況ですが…>
還付申告だけなら3/15まででなくても問題無いです。これは遡って申告出来るのと...続きを読む

Q私の子供(被相続人にとっては孫)に毎年100万円を、3,4年間、他の兄

私の子供(被相続人にとっては孫)に毎年100万円を、3,4年間、他の兄妹には内緒で子供の口座へ送金してもらったことがあります。 被相続人が亡きあと、他の相続人にこの事がわかってしまい、子供は小学生であるので、実質は私がもらったとみなされ、特別受益にあたると言われましたが、孫は今回の法廷相続人ではないし、孫の口座に振り込まれてる以上、私が特別受益を受けたことにはならないですよね。 それとも使い方によって変わりますか?例えば私がそれを降ろし住宅ローンに当てたりした場合はみなされ、純粋に子供の教育費に使った場合はみなされないなど。

Aベストアンサー

 民法を本当に読んだことがあるのか疑わしい方からの意見がありますので、勘違いされないように追記します。

 今回の争点は、受け取った子供の意思を証明できるかが唯一のポイントです。

 民法上、贈与の定義が書いてあります。贈与をした人のことを「贈与者」といい、贈与を受けた人のことを「受贈者」といいます。民法第549条では、「贈与は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる。」と規定してあり、受け取り側の意思が明確になるかがポイントになります。


 特に中学生、小学生等、法律を認識するにいたってない年齢の場合贈与を受ける意思表示ができていなかったとみなされ、贈与契約が無効となり、贈与が無かったことになる可能性があります。よくあるケースとして、祖父母から孫への贈与が考えられます。したがって、公正証書で贈与契約を作成しておくのが望ましいです。そこまでしなくても、NO3で書いたように、納税証明というのもひとつの方法かとは思います。

 いずれにせよ、現状では、裁判のときに証明できるものとしては唯一通帳だけでしょう。これでは、振込み側の意思は確認できますが、受け取り側(孫)の意思がまったく確認できず証明できないので、孫に対する贈与とはみなされないでしょう。親に対する贈与と判断されます。
 

 民法を本当に読んだことがあるのか疑わしい方からの意見がありますので、勘違いされないように追記します。

 今回の争点は、受け取った子供の意思を証明できるかが唯一のポイントです。

 民法上、贈与の定義が書いてあります。贈与をした人のことを「贈与者」といい、贈与を受けた人のことを「受贈者」といいます。民法第549条では、「贈与は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる。」と規定してあり、受け取り側の意思が明確に...続きを読む

Qもしかしたら自動車税2重払い?請求の時項は何年ですか?

平成10年3月末に自動車を購入した際中古車センターへ平成10年度分として
納めました しかし県税事務所へも納めた記憶が・・・
先日書類の整理をしていてその領収書(中古車センターからの)が見つかり
あれっと思い今日県税事務所へ確認しているし次第です
確かに平成10年度分の納税はこちらでしますからお預かりします
とのことだったんですが  もしも2重払いだと今からでも請求は可能ですか?
どうぞ宜しくお願いします

Aベストアンサー

 県税事務所では、重複納付の確認をしていますので、重複納付はないと思われます。中古車センターの領収書と、県税事務所へ収めた領収書があるのでしたら、中古車センターが預かった税金を納めていないことになりますので、確認をしてください。

 自動車税はその年の4月1日現在の、車検証の登録者に対して課税がされます。3月末に購入をされた場合には、その段階では自動車税の納付書が届いていません。おそらく、納付書が発行されるのは5月上旬頃だと思われます。又、納付書は新しい所有者である、あなた宛に送付されますので、中古車センターのかたに税金を預けても、あなた宛の納付書がなければ収められないことになります。
 中古車センターの方が、その車の登録番号を覚えていて、直接県税事務所へ支払うこともできないことはないですが、可能性は薄いかと思います。県税事務所へ支払った領収書を探して、中古車センターの領収書と共に中古車センターへ確認をしてください。県税事務所の領収書がない場合は、県税事務所に問い合わせると、県税事務所が発行した納付書で納付がされたか、窓口で作られた納付書で納めたか(中古車センターが直接納めた場合)の確認が可能です。

 県税事務所では、重複納付の確認をしていますので、重複納付はないと思われます。中古車センターの領収書と、県税事務所へ収めた領収書があるのでしたら、中古車センターが預かった税金を納めていないことになりますので、確認をしてください。

 自動車税はその年の4月1日現在の、車検証の登録者に対して課税がされます。3月末に購入をされた場合には、その段階では自動車税の納付書が届いていません。おそらく、納付書が発行されるのは5月上旬頃だと思われます。又、納付書は新しい所有者である、あな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報