マーベルの伝説はこの男から…。アイアンマンを紐解く! >>

希釈の意味がいまいち分からないので教えてください
塩分濃度1%の食塩水100mlを二倍に希釈するには、精製水をどれくらい入れて塩分濃度何%の食塩水を作れば良いのでしょうか?
希釈とは、単に食塩水の体積を二倍にするのか濃度を1/2にするのか何なのかのかよくわかりません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

No.4です。


追記します。

極論すれば、精製水ではなく、同じ1%食塩水で体積を2倍にしても、
溶液は、希釈できませんよね?

「希釈」とは、濃度を薄くすることです。

じゃあね。
    • good
    • 2

食塩水100mLを二倍に希釈するには、精製水を加えて食塩水の体積を200mLにすればいいです。

そして、濃度の定義により、体積を二倍にすると食塩水の濃度は1/2になります。

ただし、ここでいう濃度とは、モル濃度や質量濃度などの、本当の意味での濃度に限ります。

質量パーセント濃度は、濃度という名前がついてはいるものの、本当の意味での濃度ではありません。ですので、食塩水100mLに精製水を加えて二倍に希釈したとき、食塩水の質量パーセント濃度は、ちょうど1/2倍にはなりません。だいたい1/2倍になります。逆に、質量パーセント濃度をちょうど1/2倍にすると、体積はきっかり二倍にはなりません。だいたい二倍になります。

何の説明もなく単に「塩分濃度1%の食塩水」とあるときに、それが質量濃度1g/100mLの食塩水を指すのか、それとも質量パーセント濃度1g/100gの食塩水を指すのかは、分野・業界の慣習に依ります。だいたい二倍に希釈するのであれば、どちらでも大した違いはありません。ですけど、正確に二倍に希釈する必要があるならば、ここのような多様なバックグラウンドを持つ人たちが集まるところで尋ねるよりも、もっと身近な人たちに確認してもらった方が安全でしょう。
    • good
    • 3

No.3です。

読み返してみて反って混乱させてしまいそうなのでもう少し丁寧に説明しておきます。
まず濃度(割合)ですが、
[全体の量]=[溶質の量]+[溶媒の量]とすると
 [濃度]=[溶質の量]/[全体の量]・・・・(1)
  です。この式は、
 [全体の量]=[溶質の量]/[濃度]・・・・(2)
 [溶質の量]=[濃度]×[全体の量]・・・・(3)
と書き換えることが出来て、これらはまったく等価です。

 この「食塩水を二倍に希釈する」で、食塩水は、全体を現します。100mLは、(全体)の[量]ですから、『食塩水100mlを二倍に希釈する』は[全体の量]を二倍にするという意味です。
 その結果、
(1)式から、
 [濃度]=[溶質の量]/[全体の量]×2・・・で濃度は1/2に
となりますが、それは目的であり結果です。
    • good
    • 1

濃度を1/2にする。


という考え方が正解。

高学歴になると、重量あたりの濃度、とかあ表しかたが出てきますので、
希釈とは、濃度を薄くすると覚えましょう。

現時点や、一般的には体積あたりの濃度を意味しますので、
体積を2倍に増やしても、答えは同じですが。

「倍」に引っ掛かったなら、
二倍に濃縮しなさい。なら濃度を濃くする方に二倍です。
二倍に希釈しなさい。なら濃度を薄くする方に二倍です。
あれ?逆にわかりにくかった?

とにかく、体積で考えないで、濃度で覚えておくべし。
ただ、うえの書き方だと、体積で考えた方が分かりやすそうだね。
でも、正確には、濃度です。
    • good
    • 1

二倍に薄めるなら分かりますか?・・・小学校5年生の割合(

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youry … )を復習すること。
 希釈とは薄めるという意味です。

「食塩水100mlを二倍に希釈する」
 ^^^^^^^^^^^^^(目的)^^^^^^^^(述語)
  食塩水(溶液)を  希釈する

 ですら、この場合、
  溶液    を   希釈する

 という意味です。

 計算したら分かるように、いずれも同じですが、ご自身で言われているように『1/2』は2倍とは言いませんよ。その場合は、「濃度を半分にするように希釈しなさい」ですね。

 算数と言うより、国語の問題です。文章を裸にしていって、何が言いたいかを読み取る力を身につけましょう。
    • good
    • 0

希釈って要は薄めるって意味ではないのですかね?



100ml中に1%の塩分が含まれているものを2倍に希釈(薄める)っていうことは

単に100mlの精製水を追加して濃度1%だったものを濃度0.5%にするってことだと私は思いました。
    • good
    • 3

希釈といえばだいたい、水を入れて薄めることなので、2倍に希釈するのであれば、濃度が1/2になるまで水を入れればいいです。



1%食塩水100gには、塩1gと水99gが入っているので、水100gを足せば、200g中に塩が1g入っている0.5%食塩水になります。

めんつゆを5倍に薄める、という場合は、めんつゆ20mlに水80mlを入れて、Total 100mlのつゆができます。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q○倍希釈とは

濃縮タイプの出汁や麺つゆ、飲料などで
3倍希釈とか5倍希釈の薄め方を教えてください。

例えば、5倍希釈の原液を100ml使うとしたら、
原液100mlを含めて5倍量の500mlにする=400mlの水を足すのか、
100mlの5倍=500mlの水を足すのか、
どちらが正しいですか?

はじめは500mlの水を足そうとしてたのですが
よく考えたら水は400mlかな?と思ったり…
考えてるうちによくわからなくなりました(>_<)

Aベストアンサー

希釈総量を先に決めた場合

5倍希釈の条件は、原液の割合は20%希釈用の水は80%
CC(合成量)に置き換えて必要量を計算すれば簡単です

500CCの希釈液が必要
20X5=100+80X5=400ですから400CCの水に100CCの原液で500CC完成です

比率を基に計算すればややこしい量でも作れます

Q希釈倍率の計算の仕方

ガーディニングをしていますが50倍から100倍で使って下さいと
希釈倍率が書いています。
例えば1Lパックの水にどのくらいの蒸留木酢液を入れたら
良いのですか?ゴミの臭い消しに使います。
いつも希釈倍率がわからず困っています

Aベストアンサー

農薬(質問の木酢液なども含めて)の場合、単純に「全体の水量÷倍数=原液量」でいいんです。
1Lの水に50倍から100倍だったら、
1L(1000mL)÷50倍=20mL
1L÷100倍=10mL
ですので、木酢液(原液)は10mL~20mL入れるといいんです。

ちなみに液体は体積「mL」、固体(水和剤などの粉剤)は重さ「g」で計りましょう。
(今回の場合でしたら、木酢液=液体なのに、10g~20g入れたらダメ!って事)

Q希釈倍率について分かりやすく教えてください。

農薬の希釈倍率についての質問です。例えば、希釈倍率が100倍と表示されていたとします。すると2つの考え方が頭に浮かびます。

1、水99ml+溶媒1mlとして最終的な液量を100mlとする方法。

結果として、1/99+1=1/100としての分数としての希釈倍率をだす考え方。

2、水100ml+溶媒1mlという方法。
100÷1=100倍として計算する考え方。

この考え方を1において2の考え方で、2においては1の考え方でやると・・・

1、99÷1=99
これでは99倍の希釈倍率になってしまう・・・。

2、1/100+1=1/101
これでは希釈倍率が101倍になってしまう・・・。

このように、どうしても希釈倍率と聞くと混乱してしまいます。

この2つの考え方は、どちらかが間違っていてどちらかが正しいと思います、または両方ともおかしいかもしれません。この考え方について指摘などあればよろしくお願いします。また、希釈倍率についての基本的な正しい考え方など教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

前の方も書かれていますが、ここは「農学」のカテとして考えると、100倍にするときは、水100に農薬1を加え、1000倍にするときも水1000に農薬1を加えることが多い遠見ます。
 実際の農家は、100L。200Lの単位で薬液を作りますので、1000倍液を作るのに、999+1で1000倍。それを200L作るとはしていないと思います。(誤解があるといけませんので、もちろんきちんとされている農家もあると思います。)
 これが、化学や数学の計算であれば事情は異なると思います。

Q濃度計算について教えてください!

濃度計算の方法をわかりやすく教えていただけませんか?

(1)70%の食塩を溶かして、10%の食塩水を作りたい。
水を何g加えればよいか。

(2)30%のアルコール水溶液に水を加えて18%のアルコール水溶液を1000gつくりたい。
30%のアルコール水溶液は何g必要か。

(3)40%のアルコール水溶液50gに30%のアルコール水溶液50gを加えると。何%のアルコール水溶液がつくれるか。

(4)5%の食塩水が60gある。
この食塩水から水を蒸発させて6%の食塩水をつくりたい。
水を何g蒸発させればよいか。





どのように解いていけばいいのかさっぱりわかりません(ーー゛)
初歩的な問題で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)70gの食塩でしょうか。70gの食塩が食塩水全体(水と食塩の質量の合計)に対して10%、つまり1/10であればいいので、水は食塩の9倍、つまり630gです。また、70gが10%(1/10、つまり0.1)に相当するので
70÷0.1=700
とすると食塩水全体の質量が出て、これから食塩の70gを引くと水の量になります。

(2)18%のアルコール水溶液1000gに含まれるアルコールは
1000*0.18=180g 
です。この量のアルコールが薄める前のアルコール水溶液に対して30%、つまり0,3に相当するので
180÷0.3=600

(3)それぞれのアルコールの量をまず計算します。
40%のアルコール水溶液50g→50*0.4=20g
30%のアルコール水溶液50g→50*0.3=15g
従って合計のアルコール量は35gで、溶液全体は100gです。よってその濃度は
35÷100*100=35%

(4)5%が60gあるので食塩の量は
60*0.05=3g
です。これが濃縮後の溶液の6%に相当すればいいので
3÷0.06=50g
まで濃縮すればいいことになります。

基本は
溶けているものの質量÷(溶液の質量)*100
あるいは
溶けているものの質量÷(溶けているものの質量+溶媒の質量)*100
が%濃度になるということです。

(1)70gの食塩でしょうか。70gの食塩が食塩水全体(水と食塩の質量の合計)に対して10%、つまり1/10であればいいので、水は食塩の9倍、つまり630gです。また、70gが10%(1/10、つまり0.1)に相当するので
70÷0.1=700
とすると食塩水全体の質量が出て、これから食塩の70gを引くと水の量になります。

(2)18%のアルコール水溶液1000gに含まれるアルコールは
1000*0.18=180g 
です。この量のアルコールが薄める前のアルコール水溶液に対して...続きを読む

Qめんつゆの薄め方方

素朴な質問で申し訳ないのですが、
3倍希釈用のめんつゆがあったとします。
例えば200ccのめんつゆを使えば、水の量はいくら使えばよいか教えてください。400のような気もするし600のようなきもしているのですが・・・。

Aベストアンサー

こういう考え方をすれば簡単ですよ。
1倍希釈⇒水で1倍の量にする(希釈しない)⇒1:0⇒つゆ200cc+水0cc=200cc(ストレートタイプ)
2倍希釈⇒水で2倍の量にする⇒1:1⇒つゆ200cc+水200cc=400cc
3倍希釈⇒水で3倍の量にする⇒1:2⇒つゆ200cc+水400cc=600cc

Q看護学生*希釈の計算

看護学生です。
2%の薬液が5mlあり0.9%の生食で10倍に希釈する。
生食は何ml必要か?答えは45mlなのですが
式が分かりません。
お願いします。

Aベストアンサー

2%の薬液が5ml
 ⇒ 0.02 * 5 = 0.1 ml
つまり薬自体は0.1mlあるという事。
10倍に希釈するのだから0.2%の薬液を作りたい。
 ⇒ 0.1 / ( 5 + x ) = 0.002
(0.1ml÷(最初の薬液5ml+加える生食の量x ml)) = 0.2%
xについて解くと、加える生食の量は45 ml

Q有機物と無機物の違いはなんですか?

稚拙な質問ですいません。
有機物の定義とはなんでしょうか?
無機物とどこで線が引かれるのでしょうか?
有機化学と無機化学の違いはなんですか?
髪の毛は有機物?無機物?
ご教授ください

Aベストアンサー

有機物とは基本的に生物が作るもので炭素原子を含む物質です。また、それらから派生するような人工的で炭素を含む化合物も有機物です。ただ、一酸化炭素や二酸化炭素は炭素原子を含みますが無機物に分類されます。
無機物とは水や空気や金属など生物に由来しない物質です。

Q市販の濃縮めんつゆ 4倍に薄めるって・・・???

教えて下さい<(_ _)>

よくペットボトルで売られている濃縮の
徳用めんつゆ みたいなものありますよね、

あれで、説明書に、
そうめんかけつゆ・・・5倍、
そうめんつけつゆ・・・4倍、
茶碗蒸しの味つけ・・・・6倍

とかかかれてありますが、
今まで、そうめんつけつゆを作る際には
4倍にすればいいのだから・・・

原液50ccあったとすると、水を150cc足して
全体量を200ccにしていました。

でも、昨日、旦那にめんつゆ作りを頼んだところ
4倍だから・・・といいつつ
50ccの原液に対し、水200ccを足して
全体量を250ccにしました!

私が違うといっても
旦那は理系出身で、計算すればわかるだろ!
みたいな感じで、頑として、自分の希釈があっていると
言い、譲りません。

どなたか、理論を教えて下さい。

そして、私と旦那、どっちが正解なのでしょうか?

味で比較しても、理論が気になり、よくわかりません(>_<)

お願いします。

Aベストアンサー

1:4なので
50:200です
ですから250ccのめんつゆができます

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング