『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

2020年の夏の五輪は、やっぱりスペインマドリードが優位なのでしょうか。?
東京はやっぱり福島原発の汚染水漏れが、原因で厳しいでしょうか?
それに加え竜巻まで発生して被害が出てしまった。
トルコはシリア情勢と反政府デモのやつで多分厳しい。
やはりスペインとなってしまうのでしょうか。まだ東京が優位だよと言っているところもあるにはあるけど。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

マドリード優勢で間違いないでしょう。

元々マドリードは金だけが心配だったわけですから、IOCが2020までに経済状況が好転すると言われたら最有力候補に挙がると言われてましたから。開催計画もコンパクトで、2016も最終2都市に残ったぐらいですから。

あとはかけひき。2024年に欧州で立候補を検討している国があるそうなので、マドリードになると連続欧州はさすがに厳しくなるので、その国の委員が東京に投票するように働きかけているという話もある。しかし2024はアメリカの有力都市(大きなスポンサーがつくと言われているため)が立候補も視野に入れていると言われ、2024での戦いは不利になるという説もあって、その前に2020に欧州にしておこうとする考えもある。またその後に行われる会長選挙に欧州の委員が有力とされているが、マドリードになってしまうと、5大陸公平にという五輪の精神からすると欧州の会長になってほしくないという動きもあるとのこと。もちろん外交力もあって日本は下手だけど、各国の思惑に左右される部分があるので、何とも言えないでしょう。

要は票が読めない部分が多いが、その中でもやはりIOC委員の一番多い欧州の基礎票があるマドリードは優勢で、最終2都市に残るのは確実と言われています。そうなるとイスタンブールがどこまで「信用回復」するかによっては、汚染問題で後手後手となってる東京の票を食って、東京が最初に落選する可能性も出てくる。2016は一番評価の低かったリオが当選し、評価の高かったシカゴが最初に落選するなど「一番人気は当選しにくい」というジンクスが生きてくるかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとう。
2016のジンクスが起きたのかな。ややリードのマドリードが先に落ちたので。
マドリードと東京の決選投票だと思っていたからちょっとびっくり。

お礼日時:2013/09/08 09:20

東京です。

不安要素はありますが応援しましょう。招致をきっかけに原発問題(事故処理だけでなく、電力会社の処遇やエネルギー問題を含めた全般)を一気に解決へ動かしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

東京になりましたね。マドリードが先に落ちたのに驚き
マドリードと東京の決選投票だと思っていたので

お礼日時:2013/09/08 09:18

今の段階で、むしろマドリードを選ばない理由がどこにもない。



他の2都市は自国・他国の努力でどうにかなる問題ではない。イスタンブールを抱えるトルコの治安問題は今に始まったことではなく、もともとイスラム圏とキリスト教圏の境目にあるトルコにとっては、それこそ1000年単位の大問題。世界中で起こっている宗教対立を「ゆる~く、長~く続けている」地域と言っていい場所。

一方東京。日本に住んでいるから福島原発の影響は…と思いがちではあるものの、外国にとっては日本は”狭い国”。東京と福島なんて他国の首都から隣町のベッドタウンに移動する、その程度の距離だと思われているようで(確かに移動手段を考えれば福島が首都圏のベッドタウンになるのは不可能ではありませんが)。それゆえ、福島原発からの汚染は当然東京近郊にも進んでいる、と思われても仕方ありません。地図上に限れば届かないはずのない距離でもありますからね。
(場所の東西の位置関係なんて外国人は見やしません。円周上ですべて該当すると思うでしょう。日本人は日ごろの感覚(この辺りは天気予報に感謝)で、汚染地域の西側にあまり拡大することはないことは知っているのですが)

一方スペイン・マドリード。当初はトルコ有利、中盤で日本有利だったのがなぜ?と思いますが、スペインの懸念材料なんて「金がない」ことだけ。金もなく、また何をするにも動きが鈍いので、今や外国もテロリストも好んで手を出す魅力ある国ではなくなりました。でも、もともと文化も産業もこの3カ国の中では最も経済的ポテンシャルの高い国であったので、先立つものの手配さえ可能なら、そもそもマドリードが負けるわけがなかった。
(先立つものがなければ、EUにたかればいい。EUが渋ったら、今度は招致で負けて結果的にコストをダブつかせている”我が日本”に出してもらえばいい。日本は頼まれれば領土掠め取ってる近隣国にもカネを出すような極甘な国です、民間スポンサーの形で協力させて喜んでカネくらい出すでしょう。他にも投資したい国は世界中にありますから、金の問題なんて実際はないに等しい)

もし大逆転で東京が選ばれるとしたら、センセーショナルな一言を現在総会訪問中の安倍首相が言うしかないでしょう。
「2020年までに福島原発は全基廃炉。」

これをすると確かに票は集まるでしょう。ただし今度はEUの固定票がすべてスペインに流れます。特にフランスを中心とする(一応)親原発国は日本の原発政策継続が命綱のようなもの。それを切られて東京に投票するほどヒマな代表はいません。

他よりマシ、という理由でマドリードが選ばれる可能性が高くなったのでしょう。いやはや、市民の反対を押し切って東電支援をねじ込んだ都が、よりによって一番大事な時に東電に後ろ足で砂を引っ掛けられるとは。今頃東電幹部はほくそ笑んでるかも知れませんね。

「そんなイベントにカネ出すヒマがあったら東電によこせ。原発の修理復旧&新規建設に使う。」

…と。さすがに穿った見方でしょうが、五輪が東電に大したうまみをもたらさない事くらい理解できているはずですし。

最後にとどめとも言える談話を現IOC会長が言いましたね。

「今回決定されるオリンピックは”7年後”に行われる。」

7年で原状(現状ではなく)を回復し、さらにオリンピック開催のための発展が見込める都市…東京は絶望的ですわな。

今頃日本中の「取らぬ狸」がお腹叩きながら勝利のフラメンコ踊ってることでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2013/09/08 09:24

マドリードの可能性は高いと思います。

スペインの地元紙はIOCの50人がマドリードに投票を約束したと報じています。(もちろん嘘かもしれないし本当かもしれませんが・・)
マドリードと東京で決選投票で最終的にはマドリードのなるのではないのでしょうか?
あとはテレビでも言っていたのですが2024年のオリンピック開催地の候補の一つにヨーロッパの地域が力を入れて立候補しているとありました。同じ地域から2年連続の開催地はないに等しいのでどうなるか?疑問ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

イスタンブールと東京で決選投票でしたね。
マドリードが先に落ちたのが驚きです。

お礼日時:2013/09/08 09:26

イスタンブールです




シリア問題が2020年まで続くとは思えませんが…
そのてん福島問題は100年先も続いてます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとう。東京に決まりましたね

お礼日時:2013/09/08 09:24

現時点ではマドリードが僅差でチョットだけ優位でしょう。


浮動票もあるし、現時点で決めて居ても最後のプレゼン次第で変わる可能性を持って居る理事も居るらしいので、最終プレゼンの内容と出来が左右するのでしょうね。
日本の政治力や外交力の弱さから見れば、マドリードに決まるのではないでしょうか!?
汚染水の問題に関しても、やる気が無く国がやってくれるのを待っている様に見える東京電力。
その国も危機感も無くメンツだけを追い掛けている様にも見えますし。
福島以外の東日本大震災被災地の復興も全く進んでいないし、このままでは軽く10年20年、或いは半世紀ぐらいの時間が掛かりそうですしね。
そんな中、局地的経済効果に一過性景気上昇及び増税の理由作りの為の東京オリンピックなど決まらない方が良い。
『富める者は更に富み、貧しき者は更に貧しく』効果しかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはり日本は外交面で弱いところがあるから、もうオリンピックは呼べないかもしれませんね。
総理が最後のプレゼンでどんなことを話すのか。

お礼日時:2013/09/06 14:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング