英語の教員志望の大学2年生です。

大学の交換留学制度を利用して、英語圏の大学に留学したいと思っています。目的は英語力の上達です。

しかし、スピーキングやリスニングが全くの苦手でして、大学のネイティブ授業でも内容がよく分からず、でたらめに答えたり、聞き取れた単語だけで推測して、適当に答えたりしています。

このままでは、せっかくの交換留学を利用しても、今と同じままで、ある程度土台が必要ではないかと考えました。

そこで、一度交換留学をする前に私費で来年の夏休みにフィリピンで語学留学をして、ある程度スキルを身に付けてから、3年の後期に交換留学をしたいと思っています。

2年の春休みにフィリピン留学を考えましたが、部活が忙しいので、行けそうにないんです。

英語のコミュニケーション力の上達のためですが、教員になるのが最優先なので、対策を留学によって怠りたくはないです。

この予定はどうでしょうか?アドバイスをください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

交換留学はいいですが


学業優秀ですか?
それに足りるTOFLEのスコアはありますか?

留学先でスコアが決められていると思いますので確認してみてください

今、フィリピンは語学留学の流行りですかね?
我が子も2ヵ月行きました
フィリピンの人はとても親切だそうです

こちらの拙い英語を根気よく聞き
そして、わかりやすいように話してくれるそうですよ
我が子は留学する人の為のスクールに行ったようです


いろいろ対策をたてないと、交換留学生には選ばれないようですよ
10人と書かれてあっても合格するのは1人の時もあるので・・・
準備するなら早め早めが大切です
    • good
    • 0

海外で起業してる37歳です。



留学を経験したことがない人は『海外留学に1年も行けばペラペラになる』みたいなイメージを持っている人がかなりいますけど、現実的には『1年いったけど少しだけしか話せない』という人は少なくありません。質問者さんの言うように場所がかわっても『グループレッスンをネイティブから受けている』こと自体は何もかわりません。

また文面からの印象ですが『英語教師になること』が目的化していて、少し近視眼てきに思います。質問者さんのように学校で英語教育を受けてきても話せない人が大勢います。当然のように『今の英語教育自体を見直そうという動き』がおきています。仮に英語教師になれたとして、ろくに話せなくて10年後に教師を続けていられるか??・・・と考えると僕なら不安で仕方ありませんね。

少しキビシイことを書きましたが最後に現実的なアドバイスを・・。

個人的にはまずは『オンライン英会話』がオススメします。低価格で毎日英会話をするのに適していますよ。
    • good
    • 0

英語の先生が必ずしも英語が喋れなければいけないとは思いませんが、苦手なスピーキングやリスニングを何とかしたいというお気持ちは尊重したいです。

人によって上達の方法や速度は違うので何とも言えませんが、個人的には何らかのリスクを背負わなければ真剣になれないと思います。例えば、一年休学してイギリスやアメリカの語学プログラムで勉強するとか。

それは兎も角、現時点での計画としては“来年の夏休みにフィリピンで語学留学をして、ある程度スキルを身に付けてから、3年の後期に交換留学を”するというのも悪くはないと思いますよ。
    • good
    • 0

問題は無い。


但し、海外に興味のある層なら2年の夏終わりでは既に1,2回も行ってる人がたくさんいる。


4年の6月に採用試験なら3年の12月ぐらいには試験対策が必須になってくるだろ?(留年を考えているのかもしれないが)
全体的に、かなり尻つぼみスケジュールになるだろ。
それに将来、テロや病気、親の失業など何が起こるか分からない。そう考えれば後回しになればなるほどリスクだよ。
君の歳だとこの辺軽く考えてると思うけどそういうケース結構多いよ。先々に予定組み込んじゃわないと一生行けないよ。



ただ中高英語(特に中学)なら、若い先生は部活の顧問必須だし、英語力よりもそっちが問われたりする(部活教えられるとか、そこで培った年上、年下とのコミュ力)。
そう考えれば部活は4年やった方がいいかな。

あとは自由だよ。とにかく早めに動かないと何も出来ずに4年が終わっちゃうよ。
そういうケースはよくある。
フィリピンで語学留学自体は凄くいいと思うよ。
(部活や留年などの理由があるなら)留年もそんなには問題ないしね。

この回答への補足

回答ありがとうありがとうございます!

留年は考えておりません。

ただ、ちょうど3年の12月の時期には交換留学の予定なので、教員採用試験対策をどうすればいいかと思っています。

海外で試験対策するのも何か気持ちが乗らないですし、、、

補足日時:2013/09/06 15:21
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q● アメリカ高校留学(私費留学)

アメリカの高校へ留学を考えています。

原則として、アメリカの公立高校への私費留学は不可なのですが、ユタ州では公立高校への私費留学が可能というような話を聞きました。
その他に、公立高校へ私費留学が可能な地域があるのでしょうか?
アメリカでなくても、知っている人がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

アメリカの公立高校は、外国人用の授業料を払えば(1万ドル以上だと聞きます)、1年限定でI-20を出してくれるそうです。
別にユタ州だけが可能なわけではありません。

でも、高校からI-20を貰っても、学生ビザ申請時に移民局からビザ発給を拒否されるんだそうです。
F-1ビザを出すかどうか決めるのは、学校ではなく、移民局なので。
「大学入学時に出なおしておいで」と門前払いで、そのため公立高校の私費留学は殆ど不可能になっていると聞きます。
親が帰国のため、子供だけ残って高校を卒業したいとビザ書き換えに挑戦した駐在員のお子さんたちがほぼ玉砕してます。

ただ、SEVISに承認されている高校は全体の9%と統計に出ています。
参考サイトを貼り付けておきますので、SEVIS認定High Schoolを探してみてください。

参考URL:http://www.ice.gov/graphics/sevis/pdf/ApprovedSchools.pdf

Q高校私費留学するとき留学団体に頼む必要は?

高校の世紀留学を考えているものですが、
留学団体の企業に払う費用がもったいない気が
しなくありません。留学団体に頼む必要性はどれくらい
あるのでしょうか。両親はあまり英語は得意ではないのですが、
自力で行うことはかなり無難なことでしょうか。

Aベストアンサー

我が家の場合はまったく個人でやりました。

まずは「高校留学」に関する参考本(本屋に行けばたくさんあります)やネットサイトで基礎知識(日本との教育制度の違い、出願方法など)を調べた上で、業者(斡旋業者)の「無料説明会」にはできるだけ参加し(利用はしませんでしたが)、最終的にはYahooアメリカ(ネット)から私立高校を一つずつ洗い出して自分(子供)の個性と希望に合う学校を選び出しました。手続きもすべて志望校のサイトに載っているので、要求される試験を受けたり、わからない点は相手の学校の留学生担当官と直接やり取りをしながら、願書をそろえて出願しました。

これまでに知り合った高校留学生の親御さんは、ほとんどが自力で手続きしていましたが、やはり海外経験があるか英語力がある程度(完璧ではありませんが)ある方々でした。熱心なご家庭では、学校選びの段階で渡米してキャンパスビジット(学校訪問)もしていたようです。

もしご両親や周囲の方で留学経験がなかったり英語にまったく自信がない場合は、業者の助けを借りることもいいかと思います。
(特に海外のサイトを読みこなせないと「学校選択」の部分が一番大変かもしれません)

ただしその場合は、決して業者任せにしないこと。必ず「自分が主体的に調べて、疑問点を専門家に聞く」、「業者がいったことは鵜呑みにせずに、多方面から自分で調べて確認する」というスタンスで行かないと危険です。場合によっては、まったく個性の合わない学校にやらされてしまったり、日本人だらけの学校を進められたり(このケースは多いです。業者といえど、全米の学校を知っているわけではなく、自分の実績のある学校しかつかんでいないからです)する場合があります。

希望を出して、自分の能力と希望に合った学校を数校紹介してもらったら、必ず自分で調べて自分で決めることが必要です。辞書を引き引きでも、親子で学校の公式HPを丹念に読んだり、過去に在校していた日本人学生を探して話を聞くなど、慎重に調べてください。
(もっとも、どうしても合わなければ途中で転校することも可能です)

高校の場合は、入学後も親の出番が多いですから、親御さんにも頑張ってもらって学校の先生と直接話し合う(メールや電話でも)ことも必要になってきます。業者を頼るのは、あくまでも入学まで(あるいは学校が決まるまで)で、その後は自力で乗り切る気持ちが必要だと思います。(高額を出して在米中もサポート、などという謳い文句には乗らないほうがいいと思いますよ)。

基礎知識として次のサイトをご覧になってください。
http://www.jasso.go.jp/study_a/oversea_info_27.html (JASSO)
また、アメリカの寮制学校は年に一回日本にリクルートに来ます(10月後半)直接学校の担当官と話し合う良いチャンスで、たくさんの留学希望者(親子)が訪れています。
http://www.schools.com/ (TABS)

我が家の場合はまったく個人でやりました。

まずは「高校留学」に関する参考本(本屋に行けばたくさんあります)やネットサイトで基礎知識(日本との教育制度の違い、出願方法など)を調べた上で、業者(斡旋業者)の「無料説明会」にはできるだけ参加し(利用はしませんでしたが)、最終的にはYahooアメリカ(ネット)から私立高校を一つずつ洗い出して自分(子供)の個性と希望に合う学校を選び出しました。手続きもすべて志望校のサイトに載っているので、要求される試験を受けたり、わからない点は相手の学校の留学生...続きを読む

Q個人で行く私費留学と大学で行く派遣留学のそれぞれのメリットって何ですか?

こんにちは。

私は来年、フランスへの一ヶ月程度の短期留学を考えています。
私は現在大学生で、私の大学ではフランスのとある大学への派遣留学制度があります。
そこで質問なのですが、大学の派遣留学のメリット、また、自分一人で行く私費留学のメリットをそれぞれ教えてください。

私の考えでは、大学の派遣留学で行くと、留学するまでこちらの大学で、派遣留学生のための授業が設けられるのでそれにより語学力がアップすることや、同じ派遣留学生同士で友好関係が増えるなどが考えられます。あるいは、奨学金制度があるなど・・・(あくまで私の考えですが)
しかし、個人の私費留学となると大学の派遣留学に比べて何かメリットはあるのか、と疑問に思います。

もし、個人で短期留学したことのある方、または大学での派遣留学と両方経験したことのある方などいらっしゃればそれぞれのメリットをお教えください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私費(1ヶ月間)と派遣(1年間)のロシア留学経験がある者です。

◆派遣のメリットとデメリット

経費が安い…最大のメリットだと思います。交換留学生なので、寮費・学費が無料、渡航費のみ負担、大学からの奨学金がある等、経済的にかなり有利です。
大学によっては国費の申請もできるので、それに通ればほとんどタダでいけます。

ただし、これは最大のメリットにして最大のデメリットでもあると思います。自分が払うお金が少ない分、やる気が出ないということです。

身銭を切った分だけとりもどそうと必死で勉強するタイプならば、自分でお金を払う私費の方が気持ち的に真剣になれます。

語学のUP…これは大学によって異なるところです。
派遣留学生のための授業があれば、語学力のアップにもつながりますが、もし日本人の交換留学生だけでかたまる様なことがあれば、せっかく留学しても普段日本語で話してしまって、思ったより上達しなかったりということもあります。

「絶対日本語で話さないようにしよう!」と言っても、つたない外国語での意思疎通が難しかったり、逆に変な用法を覚えてしまったりしては本末転倒かなと。なので、日本人の知り合いが少ないほうが、語学力のUPにつながる場合もあります。

ちなみに私が入ったクラスはほとんどがロシア人のハーフでした。すごくきつかったけれど、逆にしゃべらないと意思疎通ができないので、調べてがんばって話すことで上達のスピードも上がったと思います。

◆私費のメリットとデメリット

経費が高い…上にも書きましたが、これはある意味メリットでもあります。

待遇が良い…お金を払っている分、住むところや授業内容の待遇が良い場合があります。私の経験では、私費のときは赤じゅうたんが敷いてあるような寮、交換のときは壁紙がほとんどはがれかけた寮(しかもゴキブリやネズミが出る)でした。
授業数も交換は私費と比べて3分の1程度と少なかったです。その分自分でやったときの差が出ます。

ただ、私費の場合、授業をサボっても文句を言われないので、引きこもりになってた人などもいました。

手続でも、交換は結構ほったらかしというか、自分でやらなければならないことが多かったのに対して、私費は至れり尽くせりだったりします。


相手先大学とどういう条件で交換協定を結んでいるかが大きく関わってくると思いますが、結局は自分自身がどう動くかに関わってくるのではないかな、と思います。

こんな回答ですが、参考になれば幸いです。

私費(1ヶ月間)と派遣(1年間)のロシア留学経験がある者です。

◆派遣のメリットとデメリット

経費が安い…最大のメリットだと思います。交換留学生なので、寮費・学費が無料、渡航費のみ負担、大学からの奨学金がある等、経済的にかなり有利です。
大学によっては国費の申請もできるので、それに通ればほとんどタダでいけます。

ただし、これは最大のメリットにして最大のデメリットでもあると思います。自分が払うお金が少ない分、やる気が出ないということです。

身銭を切った分だけとりもどそ...続きを読む

Q「高校生交換留学」高校生交換留学への参加

「高校生交換留学」高校生交換留学への参加
上記のとおり留学をしたいと考えています。
公立高校の普通科から、低費用で留学するには奨学金が出る
この留学が一番いいと思っています。
実際10ヶ月で100万程度らしいので月10万と何とか行く事が出来ます。

そこで留学斡旋団体を調べ結果多くの団体がありました。
その中でオススメの団体を教えていただきたいです。

1、オススメ団体

2、他の留学プロジェクト(上記のもの意外で)

3、奨学金について

4、語学力について(英検何級、TOEFL何点etc...)

5、試験の内容と合格条件

6、試験者数と合格者数

分かる範囲で結構ですのでお願いします

Aベストアンサー

私は現在アメリカのオレゴン州に交換留学中の高2です。私はEFを利用しています。アメリカの大学に留学中の姉に勧めてもらったのと、ホストファミリーの質が比較的高い団体だからです。
奨学金は出ますが、作文などの課題が出されかなり競争率は高いです。私は何とか手に入れることができましたが、私の友人はほとんどが一次選考落ちです。奨学金は運が良ければとれる程度に考えた方がいいです。語学力は私自身EFの選考試験を受けた時には英検2級でした。TOEICは留学前に受けたのが665点でした。それでも現地では英会話に苦労しますよ。TOEFLは高校交換留学にはあまり関係ない気がしますが。
選考試験内容は、SLEP(英語能力試験、英検3~準2程度)と日本語と英語の面接と英語の作文です。SLEPはある期限までに65~75パーセントまでとることと(行く国によって違う、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダぐらいならこれぐらいだけどイギリスは基準が高くなる)、面接と作文に関しては積極的な態度で行けば、まあ選考試験は簡単に通る。
試験者数は分からないが、真面目にやってれば大体の人は合格していた。
ほかに質問があればどうぞ。

私は現在アメリカのオレゴン州に交換留学中の高2です。私はEFを利用しています。アメリカの大学に留学中の姉に勧めてもらったのと、ホストファミリーの質が比較的高い団体だからです。
奨学金は出ますが、作文などの課題が出されかなり競争率は高いです。私は何とか手に入れることができましたが、私の友人はほとんどが一次選考落ちです。奨学金は運が良ければとれる程度に考えた方がいいです。語学力は私自身EFの選考試験を受けた時には英検2級でした。TOEICは留学前に受けたのが665点でした。それでも現地...続きを読む

Qフィリピン留学かフィージー留学か

今年の秋から英語圏への留学を考えています。第一目的は語学上達です。
しかし、費用の面からアメリカやイギリスなどを諦めタイトルにあるようにフィリピンかフィジーに絞りました。
このふたつの国のどちらかにするかで迷っています。そこでこの二つの国を比較してメリット・デメリットを教えてください。
何となく思うのは
フィリピン→周辺国へ行きやすい
フィジー→治安が良い

です。是非お願いします。

Aベストアンサー

ゴルゴ13、笑ってしまいました^^
先週までフィリピンの方と仕事してましたが、
今のフィリピンは大統領の事件で大騒ぎだそうです。

発音ですが、フィリピン人もフィジー人も
そんなに訛っている!とは感じませんでした。
逆にニュージーランド人の方が分かりずらかった私。

実際フィリピン留学してきた人も、英語上手でしたよ。
私があったフィリピン人も小学校からみんな勉強してる
そうで、難しい英語も沢山知っていましたよ。
中にはスペイン語できる人もいるし。
(静電気という単語知ってるのにはびっくりした)

フィリピンは今は治安悪いけど、来年はどうなってるのかな?
両国とも長期住んだこと無いので的確なアドバイスはできませんが
以下のURL参考にしてください。
とても素敵な留学会社だと思います。

参考URL:http://www.southpacificfreebird.co.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報