色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

除斥期間と時効の違いを教えてください。

・民法724条
「不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から20年を経過したときも、同様とする」

3年間行使しないときは、時効によって消滅するのであれば、この20年という数字はどういう意味なのでしょうか?

不法行為の時から、20年経過していた場合は、たとえ損害及び加害者を知った時から3年以内であっても損害賠償の請求権がないということですか?そうだとして、
これっていわゆる時効と同じような気がしますが…。

法律に関してはまったく無知なので、質問文がおかしいかもしれませんが、調べたのですが良くわからないので教えて頂けるとありがたいです。

教えて!goo グレード

A 回答 (4件)

>不法行為の時から、20年経過していた場合は、たとえ損害及び加害者を知った時から3年以内であっても損害賠償の請求権がないということですか?



そのとおりです。

時効とは一定の事実状態が継続する場合に、それが真実の権利関係と一致するか否かを問わず、そのまま権利関係として認めようとする制度のことで、その存在理由は
1.長期にわたって継続した事実状態を法律上も尊重することで、社会の法律関係全体の安定を図ることが必要
2.長期にわたって権利を行使しないことにより、権利関係の立証が困難となりがちである。そこで継続的事実は真実を反映する蓋然性が大きく、これを法定の証拠として裁判を行わせることが好ましい
3.権利を有しながらこれを行使しないものは法の保護を受けるに値しない
などと説明されます。

時効と似たような制度ですが、除斥期間とは一定の権利について法律が定めた存続期間のことです。権利消滅の蓋然性とかかわりなく、時が経つと権利自体の存否が不明確になること、あるいは公益上の必要から権利関係を確定しようとする趣旨に基づき、行使期間を制限することです。

ただし、条文上「除斥期間」という語は存在しませんし、条文に「時効」という表現を用いているものについても、それが時効期間なのか除斥期間なのか判断が困難であり、学説に対立があるものもあります。

消滅時効と除斥期間との違いは次のようなものと言われています。
1.時効に中断はあるが、除斥期間に中断はない。
2.時効に停止はあるが、除斥期間に停止はない。ただし、あるべきとする学説が有力
3.時効は当事者が援用しなければ、これに基づいて裁判をすることができないが、除斥期間については、当事者が援用しなくても、裁判所が職権で用いることができる。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

教えて頂きありがとう御座います!
時効と除斥期間にはいろいろと違いがあるのですね。

お礼日時:2013/09/15 03:39

『時効』は伸びたり、延長されたりします。


『除斥期間』は不変です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

教えて頂きありがとう御座います。
除斥期間は時効と違い、不変なんですね!

お礼日時:2013/09/15 03:43

3年の方は時効ですね。


だから、被害者や法定代理人が損害及び加害者を知って
いるのに、放置して3年経ったら時効が完成して
請求できなくなりますよ、ということです。

逆に言えば、損害や加害者を知らないでいれば
3年経っても時効は完成しません、ということに
なります。

これに対して20年の方は除斥期間とされています。
これは、例え、損害や加害者を知っていなくても
20年経てば、もう請求できませんよ、ということです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

解りやすく教えて頂きありがとうございます!

お礼日時:2013/09/15 03:41

> この20年という数字はどういう意味なのでしょうか?


体裁は法律の問題ですが、本質は国語の読解力の問題ですね。

> 加害者を知った時から3年間
加害者が誰か判らないと、誰に請求したら良いのかわからないですね。
なので、「加害者を知った時から3年間」となっているのですね。
20年のほうは、結局誰か判らないままその期間が来たら、その後誰か判っても時効として請求権が無いという事ですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

教えて頂きありがとうございます!
ご指摘ありがとうございます。読解力のほうも頑張りたいと思います!

お礼日時:2013/09/15 03:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング