前立腺がんの摘出手術を行った60代前半の男性です。
グリーソンスコア4+4
TNM分類 T2a (右側のみ)
術前は骨やリンパ含めて転移はないという診断。
病理検査結果で前立腺の表面まではがん組織は出てきていない状態という結果でした。

ですが前立腺の摘出手術を行ってもPSAが12→5程度しかさがっていません。
(手術時に所属リンパ節ば切除した、精嚢は切除していない)

術後に行ったCT画像診断においてリンパ節にガンと思われるものが発見されている状態です。
主治医からは「PSAが下がらないのはよくあることだから7週間の放射線治療を行っていきましょう」
と言われており内分泌療法はすでに開始しています。
主治医の話からは大したことがない印象を受けます。
つまり完治の可能性が十分あるような説明です。



・転移しているのに放射線治療を行うことは適切な治療方針なのでしょうか?

・低分化腺癌であり、すでに転移が一箇所見つかっている状態ですが余命は何年と予想されるでしょうか。
 例えば、内分泌療法を行うも4~6年再燃しその後2年、で「6~8年」など
それとも寛解の可能性はあるのでしょうか。


・以下の参考URLによると
 「リンパ節に前立腺がんが転移しても、すぐに命に関わるということはほとんどありませんが」
 とあります。
 素人考えではリンパ節への転移し腫れている状態ではもう全身にがん細胞が運ばれているような
 印象を持ちますが、リンパ節へ前立腺がんが転移してもすぐに命にかかわることがほとんどない
 ということはなぜでしょうか?

参考URL:
 http://前立腺がん.name/other/Prostate-cancer-spread/

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

素人です。



手術前の状況は、
PSAが12ng/ml、前立腺生検で右葉のみより、グリソンスコア4+4の前立腺癌が検出された。
そのほか、画像検査などで、前立腺に限局すると判断?され、
治療法として、前立腺全摘が行われた。

手術後の時期は不明だが、PSAは、5ng/mlであった。
手術で摘出した前立腺の状況は不明。(前立腺被膜に癌があるかないか、摘出した組織の断単に癌があるかないか、精嚢に癌があるかないか)
手術で摘出したリンパ節の状況は不明。(摘出したリンパ節に癌があるかないか)
手術後の時期は不明だが、CTでリンパ節転移と考えられる所見がある。

そして、手術後の時期は不明だが内分泌治療が開始され、放射線療法の併用が勧められているという状況でしょうか?

説明から受ける印象は、人それぞれですから、受け取った印象が正しいかどうかを主治医に確認してみるのがよいのではないでしょうか?
治療方針に疑問があるのであれば、まずは、主治医の時間に余裕があるときに、しっかりと相談するのが良いのではないかと感じました。

また、前立腺の生検と前立腺の手術を行った施設が違うのであれば、生検を行った施設で一度、現状について相談してみるという方法もあるのではないかと感じました。

また、相談されるときには、疑問点を箇条書きにしておくと、その場で質問内容や聞きたかったことを忘れずに聞けると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

術後18日で測定したPSA値が5となります。
また病理検査結果で前立腺被膜までは達していないと診断されました。
リンパ節郭清の結果、所属リンパ節には転移はみられませんでした。
8月10日に手術を行い、9月3日から内分泌療法を開始しています。

放射線治療はこれからとなります。

箇条書きにして聞きたいことをまとめるようにしたいと思います。

なお病院は10年来同じ病院にかかっています。

お礼日時:2013/09/11 00:05

PSAが12→5程度しかさがっていません


手術後安全圏は0.1以下であると思いますが
これでは手術の効果がまったく無いように思えます
気になるのは
精嚢は切除していない
これは勃起は無しで射精機能を残したということですね?
この切除しないは術前に医師より説明がありましたか?
それを質問者は希望したのでしょうか?
これが結果を大きく左右したかは分からないので
早まって解釈しないでください

抗癌剤と放射線治療はします
これの効果があれば寛解の可能性はあります
余命はこれ次第で変化してきます
すぐに命にかかわることがほとんどない
と言われてるのは
前立腺癌は他の癌に比べて進行が遅いの特徴なのです
したがって治療する時間が有り余裕が有るのが理由です
要は普通の癌はたとえば余命3ヶ月だが前立腺癌は3年あると言うことです
だが危険を回避できると言う意味ではありません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなりました。

所属リンパ節含め、精嚢も切除していました。
精巣は残っているということでした。

一般的には前立腺がんは進行が遅いようですが、グリーソンスコア9で
2月に生検で前立腺がんが見つかって以後3月にMRIを行いT2N0M0という診断でしたが
手術を行った8月には所属外リンパ節に転移していたことになります。

悪性度によっては前立腺がんによっても進行が早いことがあるのではないかなと考えました。

また病院からもらった冊子にも転移した場合の主要な治療方法は内分泌療法となっていました。
「放射線治療開始までとりあえずリュープリンを2回(2ヶ月分)は行う」というような言い方で、放射線治療が開始されたら内分泌療法は停止するように聞こえる病院の説明でした。
そこが疑問に思っているところです。

お礼日時:2013/09/15 21:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前立腺がんの治療法

父が前立腺がんになりました。
心臓病を患っているので出血の多い手術となる全摘除術は思いとどまりました。
いろいろ本を読んでみようと思い、前立腺がんに関する最新の本を見たのですが「ステージA,Bの10年生存率が何も治療しないで77%、放射線療法で76%、全摘除手術で87%の報告がある。ステージCの何も治療しない10年生存率でも74%の報告あり」といった事が書かれてありました。
放射線療法は、直腸に穴があいてしまうこともあると、泌尿器科の先生からも聞き、これは絶対避けたいと父親は言っておりますし私もそう思います。実際どうなのでしょうか。
やはりホルモン療法が一番良いのでしょうか。
こういうケース(心臓病を患っていて前立腺がんを治療する)の場合、どういう治療法を取る事が多いのでしょうか。

Aベストアンサー

私は前立腺ガンに関しては経験者ではありませんが、他のガンを患い、初めの手術の後、1年後さらにその半年後と2回の再発し、計3回の手術を受け、その過程でガン一般にも興味を抱き、多くの代替療法を知り使用してきたという意味で「経験者」を選びました。
また、自分の経験などから「代替療法も大いに検討に値する」という意味で「自信あり」を選びました。

■下記URLに前立腺ガン(ステージC)で重粒子線治療を受けた方の体験談が綴られています。具体的に書かれていて参考になるものと思われます。

http://fwie3809.hp.infoseek.co.jp/essays/gan_kiroku/Part1.htm#1.

■小線源治療に関してはネット上に沢山出ていますが、下記はその一例です。

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/saisin/sa391601.htm


■下記の珠光会診療所で行われている樹状細胞ワクチンの一種であります「DCAT療法」も検討に値すると思います。最先端の免疫療法で、体にやさしいです。ハスミワクチンをやっている珠光会では理事長で研究者でもあります蓮見先生は月の1週目と2週目の月曜日と木曜日に診察してます(確認下さい)ので、出来ればこの日にも行き、相談して意見を訊くのがよいと思います。他の治療法を決定する前が良いと思います。

http://www.shukokai.org/

■一般治療(手術、放射線、抗癌剤など)を選択した場合の再発予防には上記「珠光会診療所」で行われているハスミワクチンを併用することをお薦めします。

また、末期ガンから生還した医者の体験を綴った下記の本はとても訴える力があります。早めに一読されたらよいと思います。この本に記載されております「マイタケDフラクション など」と上記の「ハスミワクチン」との併用は再発予防に効果的と思います。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9975982255


下記に記入させて頂いた Ano.7、Ano.13、Ano.14 を参考下さい。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?qid=961263

私は前立腺ガンに関しては経験者ではありませんが、他のガンを患い、初めの手術の後、1年後さらにその半年後と2回の再発し、計3回の手術を受け、その過程でガン一般にも興味を抱き、多くの代替療法を知り使用してきたという意味で「経験者」を選びました。
また、自分の経験などから「代替療法も大いに検討に値する」という意味で「自信あり」を選びました。

■下記URLに前立腺ガン(ステージC)で重粒子線治療を受けた方の体験談が綴られています。具体的に書かれていて参考になるものと思われます。

http:...続きを読む

Q胃癌の抗ガン剤治療後の胃全摘出手術 今年2月に 父64歳ステージ4の胃癌になりました 転移もあり手術

胃癌の抗ガン剤治療後の胃全摘出手術

今年2月に 父64歳ステージ4の胃癌になりました
転移もあり手術は不可能で 余命宣告は13ヶ月から18ヶ月とゆわれました

それから父は癌専門の病院で抗ガン剤治療で1週間入院 2週間は自宅で抗ガン剤を服用 1週間は薬は休み

とゆう1ヶ月のサイクルでの抗ガン剤治療が始まりました。とかも辛そうでした。。。尿の出が悪かったり、腹水の可能性、検査もしながら、本当に辛そうでした。

そして2ラウンド目の事でした 急な高熱や便秘食欲は毎日なく急遽入院し1ヶ月ほど、点滴だけ水しか飲めず食事はなく間食の制限もされ、痛み止めのテープを貼り、やっと食事を出して貰えるようになっても、美味しくはなく、そして食べるのが怖いといい一切手を付けない日々がしばらく続きました。
本当にあのままじゃ、胸に埋め込みをされ、衰弱していき小林麻央ちゃんのような急変が起きていたかも知れません。お母さんも凄く心配し、そして、凄くいろいろ治療法に対して悩んでいました。

それでも家族が親戚がみんなが諦めてはいませんでした。
母もお薬と思って食べないとと毎日のように言っていました、本当はダメだけど ふりかけをかける許可を貰ったり、父はパンが食べやすかったようで、朝食はパンにして貰ったりと、私も少しずつでも食べてね お父さん大好きだから食べれるようになって早く回復して欲しいと励まし、沢山の孫がいる父に子供の日にみんなジィジに会うの楽しみにしているんだよと励まし、みんなが支えてくれたお陰で、父は食べてくれるようになり 父は見事に回復をしてくれたのです!!

回復したら…さぁまた抗がん剤治療のスタートです。
ちょうどこれで3ラウンド目です やはり辛くて、父は弱音を苛立ちを口にし出しました。もう抗がん剤治療を辞めたいと…寿命が縮まろうが、薬なく元気ではありませんが、元気にラクに好きな物め食べて過ごしたいと…でも、尿も問題なかって腹水の心配も消え、抗がん剤治療をまた続けられているのに勿体無いよ
先生と本当にちゃんと話しを聞いて、相談して結論を出すのはそれからにしよう!と説得とゆうか励ましとゆうか、父の抗がん剤治療に対しての検査結果はいつも本当に効いてくれていて、カンマカー指数はみるみる下がっていってくれていました!弱音や苛立ちや涙を流しながら、父は今まで頑張ってきてくれました!
その結構、先生から転移していた癌が何十ヶ所?何百ヶ所?もあったものに対して抗がん剤が効いてくれて全て消えている!癌その物も縮小しているよ!と嬉しい結果報告でした!検査次第ですが、この状態であれば手術に臨む事が可能ですと先生が!!

本当に奇跡だって思いました!!
余命宣告を受けた時には、抗がん剤治療をして回復してからの手術も不可能だと覚悟しておいて下さいと始めはゆわれていました。

検査の検査、父は手術が可能とゆう結果を頂きました!そして…本日2017/06/29 父は胃全摘出手術に臨んでいます!!

胃全摘出した後は一年をかけて食べるのを慣らしていって徐々に食べれるようになっていくそうです。

ここまで頑張ってくれた父に本当に感謝
そして、支えてくれた お母さんに本当に感謝
いつも治りますようにと祈っていてくれた親戚や子供達に感謝

でも…やっぱり不安なのは手術で完治するの??
やはり、寿命は限らているの??

ステージ4だった胃癌リンパ節への転移は無数にあった父、他の臓器での再発の可能性は??

嬉しいのですが、不安だらけで…

どなたか似た経験をされている方とお話しができれば嬉しいです!よろしくお願いします

胃癌の抗ガン剤治療後の胃全摘出手術

今年2月に 父64歳ステージ4の胃癌になりました
転移もあり手術は不可能で 余命宣告は13ヶ月から18ヶ月とゆわれました

それから父は癌専門の病院で抗ガン剤治療で1週間入院 2週間は自宅で抗ガン剤を服用 1週間は薬は休み

とゆう1ヶ月のサイクルでの抗ガン剤治療が始まりました。とかも辛そうでした。。。尿の出が悪かったり、腹水の可能性、検査もしながら、本当に辛そうでした。

そして2ラウンド目の事でした 急な高熱や便秘食欲は毎日なく急遽入院し1ヶ月ほど、点滴...続きを読む

Aベストアンサー

とにかく良い方向に向かっていて何よりです。
不安に思っても仕方無いことですから、やれることはすべてやればよいことです。
以下は参考までに

手術の知識に
https://www.google.co.jp/search?q=%E8%83%83%E3%80%80%E5%8D%81%E4%BA%8C%E6%8C%87%E8%85%B8%E3%80%80%E7%A9%BA%E8%85%B8&hl=ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=bzt1U_jXDM-GuASymYCYDA&ved=0CFkQsAQ&biw=1288&bih=598&gws_rd=cr

術後の注意
下記サイトの胃切除後症候群はどれも重要なので知識を得ておきましょう。
ただ少し加えると胃切除後貧血のところでビタミンB12不足によって悪性貧血は3年以上後とありますが、そこに至る前にビタミンB12不足による認知症様神経障害が発生する可能性があります。定説にはなっていませんが福井大学の濱野氏がレポートされていますので、1年後からはビタミンB12の血液検査項目を入れておく方が良いでしょう。
http://www.cool-family.com/i/syougai.html

術後の腸閉塞の薬の一つの知識に
https://allabout.co.jp/gm/gc/405186/

癌に良いと思われる食品
http://ww35.tiki.ne.jp/~genese63/tranquil/foods.html
http://www.minamitohoku.or.jp/kenkokanri/201008/yasai.html
もたれない為に癌に良いジュースを加えるのも良いと思います。
https://www.amazon.co.jp/%E4%BB%8A%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%8C%E3%82%93%E3%81%AB%E5%8B%9D%E3%81%A4%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9-%E6%B8%88%E9%99%BD-%E9%AB%98%E7%A9%82/dp/4405091897

万が一の為の知識の一つに
今は自由診療薬代ですが今年秋ごろうまくいけば保険診療になるかも?
http://kusuri-jouhou.com/medi/cancer/nivolumab.html

頑張ってください。

とにかく良い方向に向かっていて何よりです。
不安に思っても仕方無いことですから、やれることはすべてやればよいことです。
以下は参考までに

手術の知識に
https://www.google.co.jp/search?q=%E8%83%83%E3%80%80%E5%8D%81%E4%BA%8C%E6%8C%87%E8%85%B8%E3%80%80%E7%A9%BA%E8%85%B8&hl=ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=bzt1U_jXDM-GuASymYCYDA&ved=0CFkQsAQ&biw=1288&bih=598&gws_rd=cr

術後の注意
下記サイトの胃切除後症候群はどれも重要なので知識を得ておきましょう。
ただ少し加えると胃切除後貧...続きを読む

Q前立腺がんの放射線治療について

前立腺がんの放射線治療について

上記の件で経験をされた方がおられましたら、お教えいただけませんか?
私、77歳で昨年前立腺がんと診断されました。
たとえば、間 寛平さんがアースマラソンを中断して、アメリカで治療されているようですが、2ヶ月間ほどの療養をされるとの報道をみました。

国内で上記治療を経験され方がおられましたら、その期間 入院されたのか、通院されたのか、主治医の先生の判断でしょうが、如何されましたでしょうか?

Aベストアンサー

ガンの種類にかかわらず、放射線治療は通院で行う例が殆どです。

通院でなく、入院するケースとは、
身体的機能の問題(足が悪いなど)があるなど、頻繁な通院が困難で、
且つ本人が入院を希望し、且つベッドに空きがあった場合くらいでしょうか。
最終的には主治医の判断ですが、例としてかなり少ないと思って頂いて良いです。

Q前立腺がんと言われました。 psaは11、グリーソンスコアは6でした。 ただ背ぼねが最近痛みがありも

前立腺がんと言われました。
psaは11、グリーソンスコアは6でした。
ただ背ぼねが最近痛みがありもしかして転移しているのではないか、心配で毎日仕事も手につかない状態です。
明日、骨シンチの結果を聞きにいくのですが可能性として転移しているのでしょうか?どなたかアドバイスいただけたら少しは心の、準備ができます。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

PSA ~20 mg/ml で骨転移が見つかったのは、1人/61人 (1.6%)
PSA 20.1~40 で骨転移が見つかったのは、2人/38人 (4.7%)
PSA 40.1~60 で骨転移が見つかったのは、3人/20人 (15%)
PSA 60.1~100 で骨転移が見つかったのは、7人/19人 (36.8%)
PSA >100 で骨転移が見つかったのは、19人/38人 (50%)

上記のようなデータが取られています

確かに骨に転移していたらアウトですが
psa11で骨転移は少ないです、しかし無いというわけでは無いのです

グリーソンスコアは6は中の進行度です、これ以上進むと危険です

したがって現在の状況は
ぎりぎりセーフとみます

そんなに悲観なさるまで無いと思われます
背ぼねの痛みは健康体でも胃が不調時とかに時折あります

Q【前立腺がんの治療方法について】教えてください。

父(72歳)が前立腺がんと診断されました。グリソンスコアは4+3で7、PSA値は22.7、ステージT3aです。担当医師の方からは、治療方法として ホルモン療法→手術(全摘除術)→ホルモン療法の順で行うと言われましたが、前立腺がん治療の本を読むと最近では、まずはじめに手術(全摘除術)を行ってから次にホルモン療法と記載されいます。どちらの治療法が根治する確立が高いのでしょうか?
また、、手術等の治療をお願いする病院を探しているのですが、有名な先生は、2ヶ月待ちくらいとなってます。前立腺がんは進行が遅い癌と言われてますが、骨への転移等が避けたいため極力早く治療を受けさせたいのですが、あせって手術経験の少ない先生にお願いするのも避けたいので、どのくらいまで病院決定しなければならないのでしょうか?
なお、平成23年2月でPSA値が22.7と判明し、グリンスコアが4+3で7と判明したのが平成23年6月下旬です。
血液検査から生検やるまで、かなり期間があいてしまったのは、事の重大さに気ずかずに放置してしまったからです。

Aベストアンサー

有名ではない先生でも翌日に手術できることはないでしょう
通常手術までに2週間くらいかかりませんか ?
するとその差は1.5ヶ月です。

ステージT3aでは心配なところですが1.5ヶ月でそれほど差があるのとも思えませんが

下記は他の回答者のための参考です
グリソンスコア
http://www.zenritsusen.jp/towa/gleeson.html
ステージT3a
http://www.zenritsusen.jp/towa/tnm.html

Q子宮頸がん腺がんで広汎子宮全摘出手術後の排尿障害

私は子宮頸がん腺がんと診断され来月 広汎子宮全摘出手術を受けます。医師からは「リンパにも3センチ大の癌が転移しているといわれており、手術後神経もどうしても傷つけるため 排尿障害が起こりますが、個人差はありますが・・・リハビリで大体の方は回復します」といわれましたが、実際同じ手術をされた方の話を見たりしますと・・・
回復はしなかったとか1年以上かかったし未だ大変・・などの話を聞きます。入院手術の説明を看護師に受けましたが・・排尿訓練に関して
不安を助長させる説明をされ・・・「安易に考えないで下さい。ショックは大きいですよ・・・」など説明され不快感さえ覚えました。
初めての経験なのに・・とても不安になりました。
ご経験者および専門家の方で 情報提供いただけないでしょうか。
個人差があることは 素人の私でも重々承知しております。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 過去に子宮がんの手術などを受け、膀胱を支配する神経が損傷されたために起こる、神経因性膀胱が排尿困難、頻尿の原因になります。
参考URLの治療の欄などいいかと思います。

 医師の説明の言葉を見ると
>リハビリで大体の方は回復します
とは数日で回復しても、10年かかっても同じ言葉ですむのです。
それも個人差です。
 看護師は病院で働いていて、同じような患者さんを看てきていて、そう伝えておきたかったのでしょうね。
結局は手術時にどれだけ神経を損傷したか、どれだけリハビリができたかにかかっています。 

参考URL:http://health.goo.ne.jp/medical/search/10J40800.html

Q前立腺がんD1(リンパ転移)の場合の治療法。

世話になってる知人が、前立腺がんD1(リンパ節転移)なのですが、病院では内分泌療法(ホルモン療法)しか無いと言われたそうです。
D1リンパ節転移の場合、ホルモン療法となるのは理解しているのですが(ネットで調べて理解した)、
PSAが17でも、リンパ転移ってあるものなのでしょうか?
(尿の出が悪くて人間ドックの際にPSA検査したら16台、その後病院でPSA17台でした)
CTやらPETやら検査してるみたいなので間違いないとは思うのですが、どうしても本当にリンパに転移しているのか疑問なのです。
グリーソンスコアは7か8だそうです。
骨には転移無いみたいです。

大学病院では無いのですが、泌尿器科医師6名以上、年間手術件数500件以上(うち前立腺がんの手術は40件ぐらい)の大きな病院での診断です。

IMRTなど他の治療は出来ないものでしょうか?

何かやり残しというか、調べたり確認した方が良さそうなことが残っていたら教えて下さい。

患者の年齢は50才半ばです。

Aベストアンサー

(Q)PSAが17でも、リンパ転移ってあるものなのでしょうか?
(A)あります。
PSA値と癌の進展度とは、必ずしも一致しません。

PSA値というは、前立腺特異抗体の略称で、そのまま検査値の
名前になっています。
というのは、前立腺特異抗体は、そもそも血液中に漏れ出しては
ならないからです。
これが血液中で検出されるということは、
前立腺の組織が壊れている証拠となるわけです。
主な原因は、前立腺肥大と前立腺がん。
なので、組織が壊れているか、どうか、という検査値であって、
転移しているかどうかは、関係ないのです。

もちろん、数値が高ければ、転移している可能性も高くなりますが、
高くても、転移しているとは限りません。
逆に、低くても、転移をしている場合もあります。
低くて、転移をしている場合は、運が悪いとしか、
言いようがないです。

ご友人の場合、すでにリンパ節転移があるということは、
TNM分類でいえば、N1ということです。
ステージで言えば、IVとかD1と呼ばれるレベルです。
手術や放射線による根治治療は適用外です。
ホルモンか抗がん剤による化学療法となります。
骨転移をして、痛みを伴う場合には、緩和療法として、
放射線を使う場合があります。
IMRTは、放射線療法なので、適用外だと思ってください。

なぜ、リンパ節転移があると、手術や放射線療法が
適用外となるのか?

放射線や手術で治療するのは、病巣を取り除くのが目的
ではなくて、命を救うのが目的です。
でも、癌は、それ自体が、毒素を発生するわけでもないので、
癌があっても、死にません。
「人は、癌では死なない」という逆説的な言葉があるのは、
このためです。

では、どうして、癌で死ぬのか?
それは、肝臓、腎臓、肺などの重要臓器に浸潤・転移して、
その臓器を破壊するからです。

早期に、手術や放射線治療をするのは、この「転移防止」に
他なりません。
転位を防止することで、命を救うのです。
なので、すでに転移してしまったのでは、手術や放射線治療を
する意味がないのです。
だから、適用外なのです。

すでに、リンパ節に転移していると言うことは、
他の臓器にも目に見えない転移があると考えた方が良いです。

化学療法(ホルモン、抗がん剤)しかないというのは、
このような理由からです。

最後に……
民間療法では、ザクロジュースが有名です。
ただし、一部の業者が言っているような
特定のザクロジュースでなければならないとか、
効果がない、ということはありません。
「前立腺がん ザクロ」で検索すればヒットします。

(Q)PSAが17でも、リンパ転移ってあるものなのでしょうか?
(A)あります。
PSA値と癌の進展度とは、必ずしも一致しません。

PSA値というは、前立腺特異抗体の略称で、そのまま検査値の
名前になっています。
というのは、前立腺特異抗体は、そもそも血液中に漏れ出しては
ならないからです。
これが血液中で検出されるということは、
前立腺の組織が壊れている証拠となるわけです。
主な原因は、前立腺肥大と前立腺がん。
なので、組織が壊れているか、どうか、という検査値であって、
転移している...続きを読む

Q乳がんの骨転移 遠隔転移 今年62歳になった母の事です。 10年ほど前に乳がんになり切除し元気に生活

乳がんの骨転移 遠隔転移

今年62歳になった母の事です。
10年ほど前に乳がんになり切除し元気に生活してきました。
それが11年目に入った先週、骨に転移してるということが検査でわかりました。
腰が痛くて圧迫骨折と診断されて不安に思って検査した結果です。
医師には即抗がん剤を使い、6回やったら放射線治療をしようと言われました。
とりあえず説明を聞いたら腰骨と背骨に3箇所転移しているとの事です。
肺とか脳とか内臓は全て綺麗だと言われました。
ただ不安なのでネットとかで色々調べたら骨転移は余命何年とか言われるみたいなんですが母は何も言われていません。
これはまだ大丈夫という事なのでしょうか?
それとももう危ないけど言わない感じ?
小林麻央さんが乳がんで亡くなったばかりだし、会社の人も乳がんの再発で亡くなったばかりなのでとても怖いです。
どなたか何か分かることありますか?
ネットももう怖くて見たくありません。
本も怖いです。
ただ覚悟はしようと思います。

Aベストアンサー

いつ死ぬかではなく、これからをどう生きるか、ではないですか?
私も乳ガンの治療を終えて10年以上経っていますが、死は誰にでも平等に訪れる以上、死ぬまで生きるだけかと。
それこそ今日交通事故で死んでしまう可能性だってあるのですから。

泣いても笑ってもその時は訪れます。
ならば、笑っている方が良いだけだと思います。

Q前立腺がんの放射線治療HIFUについて

下記父の前立腺がんの状態では内分泌療法しかないといわれましたが、一応前立腺内に収まっているのでHIFU(高密度焦点式超音波療法)も効き目がないでしょうか。
・PSA:4.70
・グリソンスコア:5b+3b=8
・MRI:T2bN2 両側のリンパ節腫大

HIFUについて何か詳しい方、情報をお願いします。

Aベストアンサー

HIFUも、局所前立腺癌に対する治療です。
リンパ節転移があれば、局所前立腺癌とは考えません。
リンパ節転移があると判断すれば、進行性前立腺癌となります。
進行性前立腺癌では局所療法では制御不能であるため、期待余命に関わらず内分泌療法が適応になるような気がします。

CQ14:局所前立腺癌に対するHIFU治療は治療成績の期待できる治療法である。
推奨グレード C
可能性を秘めた治療法の一つであるが,現状では長期成績,治療の評価方法などのエビデンスが不足している。
http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0032/1/0032_G0000094_0114.html

一応、前立腺癌のリンパ節の評価の方法ですが、
CQ16 リンパ節の評価(N-病期診断)にはどのような検査が勧められるか?
推奨グレード B
リンパ節の評価(N-病期診断)は根治的治療が予定されている場合にのみ重要である。正確なリンパ節の評価は両側リンパ節郭清によってのみなされ,CTやMRIは感度の低さから限界がある。
http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0032/1/0032_G0000094_0052.html

CTの特異度は93-96%と報告されています。
CTでリンパ節が腫れていて、実際には転移がない確率は5%前後のようです。

進行している癌と信じたくない気持ちは、わかります。
担当医とよくご相談の上、納得のいく治療をご選択されることを祈ります。

HIFUも、局所前立腺癌に対する治療です。
リンパ節転移があれば、局所前立腺癌とは考えません。
リンパ節転移があると判断すれば、進行性前立腺癌となります。
進行性前立腺癌では局所療法では制御不能であるため、期待余命に関わらず内分泌療法が適応になるような気がします。

CQ14:局所前立腺癌に対するHIFU治療は治療成績の期待できる治療法である。
推奨グレード C
可能性を秘めた治療法の一つであるが,現状では長期成績,治療の評価方法などのエビデンスが不足している。
http://minds.jcqhc.o...続きを読む

Q大腸がんの転移について 家族が大腸がんで切除手術をした1年半後の血液検査で腫瘍マーカーのCEAが90

大腸がんの転移について
家族が大腸がんで切除手術をした1年半後の血液検査で腫瘍マーカーのCEAが90まであがり転移が疑われたため、CTとPETを受けましたが転移を確認することができませんでした。
現在は抗ガン剤を使っており、CEAは下がってはきているものの大きな奏功ではありません。このまま抗ガン剤を続ける場合、ガンは小さいながらもそこにあり、他臓器への転移もあるのではと思います。
ドクターからは肝臓への転移があるのだろうと言われましたが、抗ガン剤をやめて存在を確認したら切除できるのでは?とも思いますが切除できない場所である可能性もあり、このまま抗ガン剤を続けたほうがよいのかとも思います。
ご意見をいただけると助かります。

Aベストアンサー

>CEAは下がってはきているものの大きな奏功ではありません

CEAが下がれば奏功が有るということです。
抗がん剤は、固形ガンには効果がないと言われますが
血液やリンパにある細胞レベルのガンには効果があります。

>なので抗ガン剤を受けないでガンが見えたところで切除するっていうのはどうなのかと楽観視に考えてしまいます。

CTでもPETでも5mm以下のガンは確定できません。
大腸や胃は、カメラで見るから1mmのガンでも見つかるんです。
肝臓はCT、PET、MRI以外に見つけられません

私は、最初に見つかった時は7個です。(次が3つでしたが大きかった)
大腸ガンからの転移は、小さいのが沢山できます(肝臓癌は大きいのがドンと一つ)
また、怪しいのがポツポツとできるんです
(何度も見せられました)

>1クール目で胆嚢炎にまでいたる重い副作用があり抗ガン剤に対して積極的になれません。

肝臓に転移し手術を受けたら胆嚢も取ってしまいます。
胆嚢とは、胆汁を貯める袋だから無くても良いそうです。
胆嚢炎では死にません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報