友情って言うと男、って感じがして悔しいので、女の友情を描いた本を探しています。
なるべくさっぱりしてて感動するもので、現実味があったら最高です。
注文が多くて申し訳ありませんが、どなたか「これは!!」と思う本があったら教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

う~ん、思ったより見つからないですね…。



個人的に「女の友情」を感じたのは
吉本ばななさんの「アムリタ」でしょうか。
主人公とさせこという女の子の間に友情を感じます。
吉本さんの本には、女の友情が描かれているものが多いような気がしますね。特に初期の作品。
「マリカの永い夜」でも、主人公とマリカの間に友情を感じます。

それから、恩田陸さんの「蛇行する川のほとり」。
ミステリーですが、これも女の友情なのかも。

海外小説でアン・ブラッシェアーズの「トラベリング・パンツ」
これは、女の子の友情?どちらかというと、不思議なパンツに重きを置いているかも。

ただ、私が挙げた本はいずれも、まったく現実味がないですね…。
女の友情は描きにくいのでしょうか!?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。とても参考になりました。
不思議なパンツ??なんだか凄そうな話ですね。
女の友情は、書きにくいというよりも一般的ではないんではないでしょうか?

お礼日時:2004/04/12 16:34

藤堂志津子さんの「きららの指輪たち」はいかがでしょう。


元クラスメートの30台独身女性4人が同じマンションに入居するところから始まりますが、
等身大の女性の描き方と付かず離れずの関係が、藤堂さんらしいユーモアを含んだ文章で
描かれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
興味がありますし、ぜひ読みたいと思います。

お礼日時:2004/04/22 19:03

吉本ばななさんのTUGUMIなんかは?


有名な本だからもう読んでもすよね??あれは女同士の友情じゃないですか?
あとは山本文緒さんの「きっと君は泣く」も最後の最後でおんなの友情を感じました。これは友情のことを書いた本ではないですが・・・(>_<)
やっぱり友情といえば男同士ですよね(ーー;)
それってやっぱり女には、本当の友情は存在しないってことののこな~??チョット悔しいですよね!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「TUGUMI」は前に半分くらいまで読んでそのまんまになってますが、もう一度読んでみようと思います。
「きっと君は泣く」はぜったい読みます。
女は友情よりも恋って傾向があるんですよね。きっと。
でも、友情だって信じたいんですよ。

お礼日時:2004/04/11 09:50

マンガしか思い浮かびません。

庄司陽子「生徒諸君!!」里中満智子「アリエスの乙女たち」田渕由美子「フランス窓便り」あたりはいかがでしょうか?でも確かに、女子同士の友情物語を描ききっているとはいえないと思います。ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、そんなことはありませんよ。どちらかといえば私は漫画よりも本派ですが、機会があったらぜひ読んでみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/04/10 15:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあらすじって誰が書いてるんでしょうか?

私にとって、なくてはならないが、時に手ひどく裏切られるもの。それは、文庫のあらすじ。

ハードカバーや新書にはあまりないが、文庫には大抵ついているあらすじ。

あらすじを読んで本を買ったら、中身が大して面白くなかった場合は、まぁいいとします。相手も売るためにがんばっているのだから。

しかし、許せないのは、あらすじでほとんど話が終わっている場合!

あらすじ
「幼馴染のAとB。お互いに相手を意識しているが、すれ違う二人。そんな時に親友のOがAを好きだと言い出して?!Aを体育館裏に呼び出したB、果たして二人の関係は?!番外編AB君の日常も同時収録!」

本文を読み始める、すれちがうAとB。文庫の半分まで来ている。体育館裏、5分の4ページまで来てしまった。

あれ、もうページが残り少ないぞ・・・。

もしや、このパターン・・・。

あらすじで話がほとんどおわってるぅ~!

こんなことなら、あらすじ読んで、最後の1~2ページ立ち読みすればよかったよ!

あらすじを書いたやつが悪いのか?あらすじで語られる内容しか書けない作者が悪いのか?!

一体、あらすじって、誰が書いてるんでしょうね?

私にとって、なくてはならないが、時に手ひどく裏切られるもの。それは、文庫のあらすじ。

ハードカバーや新書にはあまりないが、文庫には大抵ついているあらすじ。

あらすじを読んで本を買ったら、中身が大して面白くなかった場合は、まぁいいとします。相手も売るためにがんばっているのだから。

しかし、許せないのは、あらすじでほとんど話が終わっている場合!

あらすじ
「幼馴染のAとB。お互いに相手を意識しているが、すれ違う二人。そんな時に親友のOがAを好きだと言い出して?!Aを体...続きを読む

Aベストアンサー

ホント、たまに腹立つあらすじとか、ありますよね!
結末さえ書かなきゃいいと思ってるのか、前半のクライマックス書いてくれたりして「このあらすじさえなきゃ、もっと楽しめたのにー!」って、悔しい思いをします。

あらすじを書いてるのは(多分ですが)編集者が多いんじゃないかと思います。
まず最初の読者というのは担当編集者でしょうし。
そういえば「世界の中心で愛を叫ぶ」というパクリタイトルも編集者が付けたそうですね。
あれだけ売れたのもこのタイトルによる所が大きいと思われるので、この場合はいい仕事をしたわけですね。

>あらすじで語られる内容しか書けない作者が悪いのか?!
中にはそういう作者もいるでしょうが、まともな小説でもこういうことがありますので、やはりあらすじを書いたやつが悪いんでしょう。

「売るためなら全部書いちゃうぜ!後は知ったことか!」と思ってるのか、単に読者の気持ちがわからなくて真っ正直に「あらすじ」を書いてるのか、どっちなんでしょうね_ _;

Q海外が舞台で友情が描かれてる感動的な小説は?

海外が舞台で友情が描かれてる感動的な小説とか
ありますか?例えば、ニューヨークが舞台で、
そこから繰り広げられる日常生活を描いた感じの、、、。
結構、現実的+偶然も入っているような感動的な友情で終わる
みたいな、、。

Aベストアンサー

○ボブ・グリーン著「十七歳(上・下)」

だいぶ以前に読んだので細かい部分は忘れていますが、ボブ・グリーン自身の
自伝的小説で、アメリカの田舎町を舞台にした青春ものです。
アメリカの普通の高校生(いつもいつも”そのこと”ばっっっかり考えて悶々と
生活している愛すべき男子高校生達)の楽しくもほろ苦い日常生活が、にぎやかに
綴られています。読み終わった時、なんだか充実した気分で「ふぅ~っ」と思わず
ため息が出ました。

Q男女の友情が成り立つという方に質問です。

男女の友情が成り立つという方に質問です。
男女の友情が成り立つのは理解できますが
将来的に友情から愛情、または友情から赤の他人(決別)になる可能性は
否定しないですよね?

たとえば、ある女性の発言として
”あの男友達とは、男女の友情が成り立っている”と言うときは

暗黙の了解として
”今は友情だが将来的に友情関係が変わらないとは必ずしも言えない”
ということを含んでいますか?

Aベストアンサー

こんにちは。

男女の友情について、私は「男女双方が『男女の友情が成り立つ』と信じている場合」にのみ成立するものと考えています。
なので、男女どちらかの考えが、将来的に変化する可能性は否定しません。
=友情関係が変わらないとは必ずしも言えない。

Q感動する本

感動する本

今、わりと読書にハマっていて、感動する、なけるという本を探しています。
私が今まで読んだ作品をいくつかあげると、
1「博士の愛した数式」 小川洋子
2「流星ワゴン」 重松清
3「いちご同盟」 三田誠広
4「カラフル」 森絵都
5「つばさものがたり」雫井脩介
1~4は文庫本です。
ケータイ小説はあまり読みません。ホラー系とか、猟奇的なのも好きですがNGです。ラノベはOKです。
できれば作者名、出版社名も載せていただけるとうれしいです☆
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

いつもの朝に(上、下) 今邑彩 集英社文庫

償い 矢口敦子 幻冬舎文庫 

レベル7 宮部みゆき 新潮文庫

3つ全ておすすめです。

Q男同士の友情

男同士の友情を描いた小説でオススメの小説(ライトノベルは除く)を教えてください。
熱い友情、何となく友情、むしろ愛情?、とにかく友情だ!と思えたら何でも教えてください。
よろしくお願いします。

ちなみに私が男の友情!!と感じた小説は高村薫氏の小説全般です。

Aベストアンサー

男性の友情ですか。例えば高村薫「李歐」レベルの友情となると、そう滅多にあるものではないと思いますが、下に挙がっていないもので思いつくところを書きます。6つありますが、上のほうが「強い友情の話」度合いが強く、下に行くに従って「何となく友情」になって行きます。

飯嶋和一「黄金旅風」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093861323/qid=1142872336/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/503-5063891-0859924
朱印船貿易家・末次平左衛門とその親友、内町火消組惣頭・平尾才介が、長崎の人々の暮らしを守るために、知恵と行動力と正義感で立ち上がる話です。これはかなりお勧めです。

高橋克彦「火怨」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062735288/qid=1142871680/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/503-5063891-0859924
蝦夷と大和朝廷の戦いの話ですが、阿弖流為と母礼やその他の仲間達の友情、阿弖流為と敵の坂上田村麻呂の友情が軸になっています。#2の方の挙げていらっしゃる「炎立つ」の前の話なので、雰囲気が似ていますが、両方とも良いですよ。

藤原伊織「テロリストのパラソル」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062638177/qid=1142873513/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/503-5063891-0859924
友情がメインの話ではありませんが、主人公の島村とやくざの浅井との友情なくしては話が成り立ちません。

恩田陸「ネバーランド」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087475778/qid=1142872911/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/503-5063891-0859924
資質と環境に恵まれた高校生達の友情物語

椎名誠「哀愁の町に霧が降るのだ」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410144806X/qid=1142871266/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/503-5063891-0859924
若かりし頃の椎名誠の、友人達との共同生活を題材にした青春小説です。弁護士の木村晋介、イラストレーターの沢野ひとし等、個性的な友人との貧しくても楽しい、ハチャメチャな生活の話に引き込まれます。

金城一紀「レヴォリューション No.3」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048736000/qid=1142873042/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/503-5063891-0859924
おちこぼれ高校生達が「世界を変えよう」と団結して立ち上がる!ひたすら楽しい話です。

男性の友情ですか。例えば高村薫「李歐」レベルの友情となると、そう滅多にあるものではないと思いますが、下に挙がっていないもので思いつくところを書きます。6つありますが、上のほうが「強い友情の話」度合いが強く、下に行くに従って「何となく友情」になって行きます。

飯嶋和一「黄金旅風」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093861323/qid=1142872336/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/503-5063891-0859924
朱印船貿易家・末次平左衛門とその親友、内町火消組惣頭・平尾才介が、長崎の人々の暮らしを...続きを読む

Q感動する本教えてください

 こんにちは。今大学二年です。最近は大学の方が忙しく、本を読む時間がありません。時間がない分、精錬された本を読みたいと思っています。でも、自分で探そうと思っても、当たり外れが大きいような気がします。そこで、今まで読んでこれはとんでもなく感動してといういちおしの本を教えてはいただけないでしょうか?どうかよろしくお願いします(^O^)

Aベストアンサー

「テスタメンメント」とうい本がお勧めです。
読後のさわやかな本として私が他の方にも
推奨した事がありますが、実にいい本です。
110億ドルの遺産を残して、米国の実業家が
飛び降り自殺をします。
遺書には相続人が指名されています。
その相続人を探すために、酔いどれの弁護士が
一人、アマゾンの奥地にまで足を踏み入れます。
40度近い熱帯雨林の中を、何日もかかって
その相続人に会います。
だが、そこには、全く現実の世界とは別の世界があり、
酔いどれ弁護士は言葉を失ってしまうほどです。
110億ドルの相続人はいったい誰か。
何故、相続人に選ばれたのか。
数々のナゾがストーリーとして展開されています。
著者はジョン・グリシャムという法廷作家で
ストーリーはミステリー仕立てになっていますが、
結末は実に感動的です。涙が出るほどです。
新潮社の出版の本で定価2400円のかなり厚い本ですが
図書館でお探しになり、お読みください。私のとっておきの一冊です。

Qジャンプあらすじ

ジャンプあらすじ


週刊少年ジャンプを次の木曜日から買おうとおもうのですが
漫画のあらすじがぜんぜんわかりません
各まんがの簡単なあらすじをおしえていただけませんか
おねがいします

Aベストアンサー

http://www.shonenjump.com/j/rensai/index.html

Q感動、泣ける本

心が温かくなる泣ける本を探しています。
恋愛系希望です。
私が好きな本は「きみに読む物語」なので
そういう感じの純愛ものでオススメがあったら教えてください。

Aベストアンサー

市川拓司 そのときは彼によろしく 小学館文
飯田雪子 夏空に、きみと見た夢 ヴィレッジブックス
などどうでしょうか

Q目をそらす男女の友情あり派

事実として

恋愛感情なし、性的関係ありの男女の友情は存在するのに


自分の恋人がそれ(恋愛感情なり、性的関係ありの男女の友情)を認めて欲しいといっても

容認する"男女の友情あり派”の人はほとんどいません。


男女の友情あり派の人も本音の部分では"男女の友情なんてない”と思っているのですね。



私はこういう男女の友情があると言ってる人が他人がいう男女の友情を否定するところを幾度となくみてきましたがこう考えると

最初から"男女の友情なんてない”と言ってる方がまともに思えてきました。


あなたはどう思いますか?

Aベストアンサー

No.1です。
長文なので、無視していただいても結構です。
繰り返しになりますが、質問者様と私の「友情」、「性的関係」の解釈が違うだけです。

>この意見って”男は女性と異性としてみるのが普通だから男女の友情はない”という友情なし派の発想と同じですね。

別に私はすべての女性を性的関係を前提として見るわけではありません。
「異性と認識する」ことと「性的関係の対象と認識すること」はイコールではありません。
また「友情」と「友人関係」も違うと思います。
あくまで私の発想ですが、友情も恋愛感情も広くは愛情の一分類だと思います。
対象が友人であれば「友情」でしょうし、親兄弟であれば「愛情」と呼ばれるでしょうし、性的欲求を伴えば「恋愛感情」でしょう。
性的欲求を伴わない愛情を異性に感じるのであれば、それは男女の友情です。
プラトニックな恋愛というのは、私の中では恋愛ではなく男女の友人関係です。
「性的欲求はあるが愛情はない場合」は、「友人関係」でも「恋愛関係」でもなく、それこそただの「性的関係」です。
あえて明確に線引きするなら、それまで「友人関係」であっても性的関係をもてば、恋愛感情の有無に関わらず「友人関係」でなくなるというのが私の考えです。

>男女の友達。男性は事故で手が使えなくなりました。でもまだ若いので性欲は旺盛です。この男性は収入がないので風俗にもいけません。自分でオナニすることもできません。親にシゴいてもらうわけにもいきません。そこで女友達が手でしてあげました。

特殊な事例(例外)をもって一般論を論じるのはどうかと思いますが…。
個人的意見ですが、風俗における「ビジネス」とご例示の「ボランティア」は、性行為はあっても「性的関係」ではないと思います。
それは個人の人間関係ではなく、あくまでビジネスでありボランティアだからです。
その例で言えば、私は「友人関係」でなく「性的関係」だと思います。
普通の女友達ならそこまでしません。
「どうしても可哀想だから」と言い張るなら、「友人がボランティアとして介助した」と認めなくもないです。
ただし際どい行為だからこそ、ボランティアならしかるべき機関を通じて依頼するのが本来です。
無理なら、AV見ながら親にシゴいてもらってください。
実際のセックスボランティアはそんな感じのようです。
ただ、セックスボランティアは行為そのものへの介助は一般的に行わないようですね。

>お互いが男女の友達と言ってもその二人が一夜を過ごせば、周囲は性的関係にあるとみなすのが世間一般ですよね?

その通りだと思います。

>ということは、男女の友達でも一緒にねるとセックスするということです。一緒に寝てセックスするような関係が友達なのでしょうか?

それまで「友人関係」であったとしても、セックスした時点で「友人関係」ではなくなります。
それまで「友情」だったものが、セックス一つで「友情」とみなされなくなります。
お互いの言い分は関係ありません。
セックスという事実が、関係の分水嶺になり得るくらい大きなものだということです。

逆にセックスさえなければ、男女でもお互い良い友人関係でいられるということです。

No.1です。
長文なので、無視していただいても結構です。
繰り返しになりますが、質問者様と私の「友情」、「性的関係」の解釈が違うだけです。

>この意見って”男は女性と異性としてみるのが普通だから男女の友情はない”という友情なし派の発想と同じですね。

別に私はすべての女性を性的関係を前提として見るわけではありません。
「異性と認識する」ことと「性的関係の対象と認識すること」はイコールではありません。
また「友情」と「友人関係」も違うと思います。
あくまで私の発想ですが、友情も恋愛感情...続きを読む

Q感動、面白い本

感動できて、面白い本、ファンタジーな本を教えてください。どれか一つにに当てはまる本で良いです。
条件としては
1.300ページ以内
2.サイズは15~20cm
3.日本人が書いた本
4.1990以降の本
5.中学生向けの本
これぐらいです。
もっと詳しく書くと・・・、森絵都さんの「カラフル」や、山田悠介さんの「リアル鬼ごっこ」のような本がいです。
お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

私のオススメは…

宮部みゆきさんの「ステップファザー・ステップ」。
登場人物は双子の中学生と泥棒のミステリーです。
とっても楽しく、面白いです!
http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=19774352

あさのあつこさんの「バッテリー」シリーズ。
登場人物は、中学生男子。
でも、野球がわからないとあまり楽しくないかもしれません。
http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=31303076

もう一度、あさのあつこさんの、「テレパシー少女「蘭」事件ノート 」シリーズ。
条件の全てに当てはまります。
超能力や友情、恋などいろいろなことがあって楽しいと思います。
http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=30520424

森絵都さんの「宇宙のみなしご」。
この本も、条件の全てに当てはまります。
登場人物がみんな個性的で楽しいです。
中学生生活を送っている方におすすめです。
森絵都さん、私もとっても好きです。
http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=19418714

その他、この三名の著作には、他にも楽しいものがたくさんあります。
興味があったら参考URLで検索してみて下さいね。

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/

こんにちは。

私のオススメは…

宮部みゆきさんの「ステップファザー・ステップ」。
登場人物は双子の中学生と泥棒のミステリーです。
とっても楽しく、面白いです!
http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=19774352

あさのあつこさんの「バッテリー」シリーズ。
登場人物は、中学生男子。
でも、野球がわからないとあまり楽しくないかもしれません。
http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=31303076

もう一度、あさのあつこさんの、「テレパシー少女「蘭」事件ノート 」シリーズ。
条件の...続きを読む


人気Q&Aランキング