今、ふと疑問に思ったのですが、明るいところでは、物に反射した光が
目に入ってきて、色々な色が見えますよね。では、光がない暗闇が黒く
見えるのはなぜでしょうか。なぜ、白でもなく、赤でもなく青でもない
のでしょうか。光がないときは、脳がそのように判断する(?)という
のは、回答としてはちょっといまいちなので、何か誰もが納得できる答え
を求めています。暗闇はなぜ黒い?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中11~17件)

 えと、これはたしかあれです。


 人間の目は「物を映し出す」ための器官ではないのです。「色覚情報を脳に送る」ための器官です。
 その情報をもとに、脳は映像を構成します。その構成された情報こそが、今我々が見ている「景色」です。
 ですので、我々が見ている「景色」は、脳が1から作り上げたものです。ですから、脳の視覚を司る器官が一部破壊されれば、目が正常でも人間は物をあるがままに見ることができなくなります。
 このとき脳は、何も光の返ってこない状態を「黒」と認識します。なぜ黒なのかは、進化の過程で偶然そうなったとしか言えないんじゃないかと思うんですが、実際、NHKスペシャルの人体2で、闇が違う色に見える人の話をしていたようなしていなかったような……。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

闇が違う色に見える人がいるんですか。それは知りませんでした。

やはり脳がそのように認知するから仕方ない、ということですね。

どうも有り難うございました。

お礼日時:2001/06/03 19:22

>なぜ、白でもなく、赤でもなく青でもない のでしょうか。


そもそも、世の中の全ての人が同じ色を感じているのでしょうか?ぼくの赤とあなたの赤は同じ色なんでしょうか?共通しているのは赤という名前の色がこの色だというだけなのでは?という疑問につきあたります。
物理学専攻の方なので波長に関しては理解されているという前提で回答すると、「可視光がかえってこない状態を黒と定義されているから」そして「他の色との違いを識別できるから黒を感じる」というのでは答えになりませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>可視光がかえってこない状態を黒と定義されているから・・・・・・黒を感じる

私が知りたいのは、ちょっと違うんですよね。何というか、何もない状態に感じる
物、というか色、というか感覚はなんなのか、何が原因か、なぜそのように感じ
るか、を知りたいのであって、実際感じる色(と言っておきます)がどんな色でも、
関係ないんです。
ちょっと説明するのが難しいんですが、分かってもらえますでしょうか。

有り難うございました。

お礼日時:2001/06/03 19:17

「黒」が「見える」ということ自体が間違えているのではないでしょうか?


hiropiroさんは、本当に黒を「感じて」いるのでしょうか?感じるとはどういう事でしょうか?
すでに回答があるように「黒」は「色」ではありません。
目の神経細胞を刺激するほどの強度の光が来ないとき、そこを「黒い」と認識するのでしょう。
いままでの補足を見ている限り、
生物学的(神経細胞の刺激の伝達と脳について)あるいは
哲学的(感じるとは?、認識するとは何か?)な方向で考えた方が
hiropiroさんの求める答えに向かうと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私はあまり哲学が好きではないのですが、そうすると、「脳の認知」の方向でしか答えようが
ないみたいですね。質問に、そういうことはつまらないので、と書いてしまいましたが、それは
やはり無理があったような気がしてきました。
どうも有り難うございました。

お礼日時:2001/06/03 19:00

>何も感じないといっても、実際黒く感じますよね?


触覚にしても何もさわっていない時は「何もさわっていない」と「感じ」ますよね?

目の「光を感じる」構造は、フィルムを関連させて想像していただければ判りやすいと思うのですが、「感光していない(光を感じていない)所」は「黒」と「現像(認識)」されると考えるのはいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何も感知しないときは、脳でそのように(黒)感じる、としか言いようがないのでしょうかね。
どうも有り難うございました。

お礼日時:2001/06/03 18:54

人間にとっての闇は黒い色があるのではなくて、人間の目に見える光がないと言うだけの状態ではないでしょうか。


赤外線や、紫外線はあるかもしれませんよね。
たまたま人間に見える光が無いだけで、特殊な能力(赤外線を見ることのできる人)を持っている人には黒くないかもしれませんよね。
まるっきり光(全ての波長の光)のないところだとどんな素晴らしい目を持っていたとしても感じることはできません。
これって黒ではなくて闇ではないですか。
何も感じられないから闇なんだと思うのですが、答えになっていませんかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

闇・・・ですか。
確かにそうかもしれませんね。
でも、「黒い色」が見えるのではないですが、何も感じないといっても、実際黒く感じますよね?
単純に、その黒ってなんだろうって思ったんですよ。
まだ、腑に落ちません・・・。

これって意地悪な質問ですかね。でも、純粋に知りたかったんです。
医学のカテゴリーがあれば、そちらに聞く質問ですかね。
う~ん。むつかしい。

お礼日時:2001/05/29 03:23

太陽光には赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の波長の光が含まれていますね。


これを可視光線といいますが、私たちは700ナノメーターと波長の長い赤から、
400ナノメーターと波長の短い紫までが見えています。

それが物体に当たると、ある波長の色が物体に吸収され、吸収されなかった色が
反射され、私たちにはその物体の色として見えます。

例えば、りんごの皮が700ナノメーターの波長を持っているので、光があたると
他の6つの色が林檎に吸収され、吸収されなかった赤色が反射されて赤く見えます。

白色の物体はすべての波長の色が吸収されずに反射されたもので、
黒色の物体はすべての色を吸収します。

当然暗闇は一切の光を吸収された状態と同じですので白でも赤でも青でもなく、黒です。

この回答への補足

うーん、色々と説明を書いていただいたのですが、私は一応、物理専攻です(ならこんなこと聞くなって?)。
光のスペクトルや、反射、吸収等の理解は十分にしています。
全ての光が吸収された状態が、なぜ黒く見えるのか、を知りたいと思っています。

補足日時:2001/05/29 02:36
    • good
    • 0

 質問に回答する前に、もし、光がない状態が 「赤」だったら、暗闇はなぜ赤い?と質問したかもしれない かな なんて 意地悪に思ったりも…



 基本的に、色は、赤、青、緑の光線をブレンドすることで 構成されます。

そのいずれもない状態が「黒」なわけです。

 「黒」は「色」を示すというより「明暗」を示す色といわれています。
(ちなみに、赤、青、緑すべて同一輝度に混ぜると「白」即ち無色に見えます)

人の視覚野で関知できない領域では、すべての色素の輝度がゼロの黒になる…ということだと思います。


 

この回答への補足

>もし、光がない状態が 「赤」だったら、暗闇はなぜ赤い?と質問したかもしれない かな

はい。間違いなく、そのように質問したと思います(笑)。

>「黒」は「色」を示すというより「明暗」を示す色といわれています。
>人の視覚野で関知できない領域では、すべての色素の輝度がゼロの黒になる

ということは、明るい時には色が見えるとして、暗い時には「黒い色」ではなく「黒く見える」ということですよね?
輝度がゼロの時はなぜ「黒く見える」のか、が知りたかったんですが。
そのように見えるから、としか言いようがないんですかね。

補足日時:2001/05/29 02:26
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q理科 光が全吸収されると黒??

小学3年生の息子と一緒に理科の[光]を学習しておりましたら、

息子が、

『「光を全部吸収するものが黒色、全部反射するものは白色。」って言うけど、おかしくない?だって、色は全部混ぜると黒色になるよね。だったら、光が全部反射したら黒になる…?!?!?』

と言うので、

『光って、この光だよ。これがあたりました~。そのまま全部はね返って○○君の目に入ってきました。だよね。光はそのまま光だよね。黒って暗闇の事だから、光が反射して暗闇っておかしいよね・・・。』

と言うと、それは事実として納得してくれたのですが、

『分かるけど。変だよ。色は全部混ぜると黒くなるのに・・・。なんか変!』

と言いますし、

親の私自身も、『そうだよね…???』
と、息子と同じ???状態でおります。

ネットで調べておりましたら、
こちらに、

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/76825.html
【色の三原色と光の三原色について】
『光の場合、赤色の波長のみが反射して人間の目に映るので、赤く見えると思うのですが、絵の具の赤色もその反射で赤く見えるのならば、絵の具の場合のような、色の三原色である赤・黄・青の三色を混ぜると黒くなってしまうのに、光の三原色である赤・緑・青色を混ぜると白くなって見えるのはおかしく思うのですが。
絵の具の赤色と光の赤色とは違うと思わなければならないのでしょうか。』

とのご質問に、
下記のご回答があるのに辿りつきました。

『赤い絵の具からあなたの目に赤い光が届くので、あなたは絵の具の色を「赤だ」と認識するのです。
その点では、赤い絵の具から出るのは「赤い光」です。

ですが、赤い絵の具が赤く見えるのはなぜでしょう?
下で皆さんも書かれている様に、赤の光だけを反射するからです。

もう少し詳しく書きます。

「青い光」と「緑の光」と「赤の光」が、「赤い絵の具」にあたっているとします。
この中から、「青の光」と「緑の光」が「赤い絵の具」に吸収され、「赤い光」だけが反射してきます。
あなたは、この反射してきた「赤い光」を見ているのです。
ここで、「赤い絵の具」に「青い絵の具」を混ぜてみましょう。
「青い絵の具」は、「緑の光」と「赤い光」を吸収します。
すると、「赤い絵の具」に吸収されずに残った「赤い光」は、「青の絵の具」に吸収されてしまいます。
つまり、戻ってくる光が無くなってしまいます。
このように、絵の具を混ぜるときは「何色の光が吸収される(無くなる)のか?」を考えるのです。

今度は光を混ぜてみましょう。
ある所に「赤い光」があったとします。
ここに「青い光」が混ざりました。
光同士を混ぜているので、吸収する物はありません。
素直に、青色+赤色=マゼンタ色(紫に似ている)の光になります。
このように、吸収する物が無いので、光同士は単純に足し算(引き算も)していいのです。』


やっと、あ!なんだか分かりそう?!?!
という感触のご回答を探し出せたのですが・・・

『・・・すると、「赤い絵の具」に吸収されずに残った「赤い光」は、「青の絵の具」に吸収されてしまいます。
つまり、戻ってくる光が無くなってしまいます。
このように、絵の具を混ぜるときは「何色の光が吸収される(無くなる)のか?」を考えるのです。』

の部分が理解できないで困っております。

[全部の色が反射された光を目は白と感じる。全部の色が吸収されれば、目に光は届いてないので黒と感じる。]

という理解で宜しいのでしょうか。

もし、上記理解で宜しかったとしましても、
それ以前の、[光の全ての色が吸収される]が理解できず困っております。

私の頭の中では、
例えば、赤を反射するもの(赤)・黄を反射するもの・青を反射するもの、3つを混ぜる=三色を混ぜても、計算上黒にはならないのでは・・・???
(割合的に吸収される光と反射される光のは同じなのでは・・・)
と理解できないでおります。

例えば、それぞれに対して、1/10づつ、それぞれの色を反射すると考え、3色を混ぜると、赤(1/30)・青(1/30)・黄(1/30)なので、混ぜたものも反射するのは1/10なのでは・・・と考えておりまして、
これ以上理解がすすみません。

私にも、小学生の息子にも理解できる噛み砕いご説明を頂ければ大変有難いです。

宜しくお願い致します。

ちなみに、息子は、入射角や焦点距離などの理解はできており、鏡・金属の反射などもある程度理解できている様なのですが、
この『光は全反射されると反射している物質は白。全吸収されると黒。』
というのが理解できず、モヤモヤ感いっぱいでおります。


何卒ご回答宜しくお願い致します。

小学3年生の息子と一緒に理科の[光]を学習しておりましたら、

息子が、

『「光を全部吸収するものが黒色、全部反射するものは白色。」って言うけど、おかしくない?だって、色は全部混ぜると黒色になるよね。だったら、光が全部反射したら黒になる…?!?!?』

と言うので、

『光って、この光だよ。これがあたりました~。そのまま全部はね返って○○君の目に入ってきました。だよね。光はそのまま光だよね。黒って暗闇の事だから、光が反射して暗闇っておかしいよね・・・。』

と言うと、それは事実として納...続きを読む

Aベストアンサー

 #1です。

>【例えば30席にサポータが座っていて、赤サポーターなら赤のボールだけ投げ返す。他の色(波長)は、膝の上の大きな袋の中へ。ですので、赤・緑・青のサポーターがその30席に10人ずつ座れば、30席すべてに赤のサポーターが座っていた時の1/3しか赤は返ってきませんし、光は直進するので、緑や青のボールはそのまま赤サポーターの袋の中に入ってしまい、他の席の緑や青のサポーターのところへは行かない。】

 なるほど、ミクロでみた場合のことですね。お考えの通りなのですが、ボール(光)とサポーター(絵の具)が一つの層しかないモデルになっていますね。絵の具の分子が1層だけしかない場合ということです。

 実際には絵の具の分子は何層にもなっています。赤の絵の具の分子1つは2%の確率で赤の光を反射し、4%の確率で他の色を吸収し、光の94%は何色であれ通過してしまいます(数字は適当です)。それが何百と層を成しています。表面より深い所で反射した光は、表面に出ようとするまでに、また絵の具の分子と反応します。

 絵の具の三原色が均等に混ざっていると、いちばん表面の絵の具分子の層では仰ることが起きます。でも反射・吸収される光はごく僅かです。ほとんどの光はさらに奥へ進みます。説明の便宜上、模式的に仰るような層がきれいに積み重なっているとしまして、2番目の層でも少しの光が反応し、赤の光が外へ向かって反射されても、そこには2/3の確率で赤でない絵の具の分子があり、赤の光は外に出にくくなります。緑や青の光も同じです。

 3層目、4層目…と奥に進んだ光ほど、どの色の光であれ、外に出られる確率は低くなります。

 とはいえ、少しは反射がありますね。光が三原色混合の絵の具の外まで反射される確率が低いだけですから。ですので、理想的な絵の具を仮定しても、分子レベルでみれば真っ黒というわけにはいかず、非常に濃い灰色となります。

 先の回答では、そういう分子レベルのことには目をつむって、マクロなレベルで留めました。理屈を単純化するためでしたが、絵の具をミクロのレベルで考えるなら、上記のようになります。

 #1です。

>【例えば30席にサポータが座っていて、赤サポーターなら赤のボールだけ投げ返す。他の色(波長)は、膝の上の大きな袋の中へ。ですので、赤・緑・青のサポーターがその30席に10人ずつ座れば、30席すべてに赤のサポーターが座っていた時の1/3しか赤は返ってきませんし、光は直進するので、緑や青のボールはそのまま赤サポーターの袋の中に入ってしまい、他の席の緑や青のサポーターのところへは行かない。】

 なるほど、ミクロでみた場合のことですね。お考えの通りなのですが、ボール(光)...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む


人気Q&Aランキング