日本語がちょっと危ういものからの質問です。作家が亡くなって50年以上たった場合、著作権というものがなくなるのですか?いろいろのサイトで日本文学、また外国文学がテッキストとしてでているのですが、、、。ということは、誰でもその本を売ったり、翻訳したりして売ってもよいということなのですか?この事に関して、各国の法律に拠るのですか?その権を遺産として相続した者、また出版に際、権利を買った会社の場合はその権利は無効になるのですか?
良く解らないので、そのことが説明してあるサイトを紹介していただけるとうれしいのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

(日本国)著作権法




第四節 保護期間

(保護期間の原則)
第五十一条 著作権の存続期間は、著作物の創作の時に始まる。
2 著作権は、この節に別段の定めがある場合を除き、著作者の死後(共同著作
物にあつては、最終に死亡した著作者の死後。次条第一項において同じ。)五
十年を経過するまでの間、存続する。

(無名又は変名の著作物の保護期間)
第五十二条 無名又は変名の著作物の著作権は、その著作物の公表後五十年を経
過するまでの間、存続する。ただし、その存続期間の満了前にその著作者の死
後五十年を経過していると認められる無名又は変名の著作物の著作権は、その
著 作 者の死後五十年を経過したと認められる時において、消滅したものとす
る。
2 前項の規定は、次の各号のいずれかに該当するときは、適用しない。
一 変名の著作物における著作者の変名がその者のものとして周知のものであ
るとき。
二 前項の期間内に第七十五条第一項の実名の登録があつたとき。
三 著作者が前項の期間内にその実名又は周知の変名を著作者名として表示し
てその著作物を公表したとき。

(団体名義の著作物の保護期間)
第五十三条 法人その他の団体が著作の名義を有する著作物の著作権は、その著
作物の公表後五十年(その著作物がその創作後五十年以内に公表されなかつた
ときは、その創作後五十年)を経過するまでの間、存続する。
2 前項の規定は、法人その他の団体が著作の名義を有する著作物の著作者であ
る個人が同項の期間内にその実名又は周知の変名を著作者名として表示してそ
の著作物を公表したときは、適用しない。
3 第十五条第二項の規定により法人その他の団体が著作者である著作物の著作
権の存続期間に関しては、第一項の著作物に該当する著作物以外の著作物につ
いても、当該団体が著作の名義を有するものとみなして同項の規定を適 用 す
る。

(映画の著作物の保護期間)
第五十四条 映画の著作物の著作権は、その著作物の公表後五十年(その著作物
がその創作後五十年以内に公表されなかつたときは、その創作後五十年)を経
過するまでの間、存続する。
2 映画の著作物の著作権がその存続期間の満了により消滅したときは、当該映
画の著作物の利用に関するその原著作物の著作権は、当該映画の著作物の著作
権とともに消滅したものとする。
3 前二条の規定は、映画の著作物の著作権については、適用しない。

(写真の著作物の保護期間)
第五十五条 写真の著作物の著作権は、その著作物の公表後五十年(その著作物
がその創作後五十年以内に公表されなかつたときは、その創作後五十年)を経
過するまでの間、存続する。
2 第五十二条及び第五十三条の規定は、写真の著作物の著作権については、適
用しない。
    • good
    • 0

校訂者の持つ権利は、著作隣接権ではありません。

校訂したことにより生ずる著作権です。これも、校訂者の死後50年(原則として)で消滅します。
取り急ぎ、訂正だけさせていただきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これはとても興味ある題目なのですが、とても詳しい資料、回答ありがとうございました。
小説のイラストとして描かれた絵などは、小説の“解説”ではなく、独立した絵としての創作者(イラストレーター)の権利があるのでしょうね。

点数をあげるという制度困ってしまうのですが、一応こうさせていただきました。どうもありがとう御座いました。

お礼日時:2001/05/29 10:01

 いわゆる、純粋にテキスト部分に関しては、著作者の死後五十年で著作権は消滅しますが、それらの校訂・解釈・評論部分については、それらの著者の著作権が存在します。



 つまり、確定していない本文については、(永遠に、校訂者の)著作権が存続する事となりますので、注意が必要です。

 これらは、「著作隣接権(ちょさくりんせつけん)」として保護されています。




第四章 著作隣接権

第一節 総則

(著作隣接権)
第八十九条 実演家は、第九十一条第一項、第九十二条第一項及び第九十五条の
二第一項に規定する権利並びに第九十五条第一項に規定する二次使用料及び第
九十五条の二第三項に規定する報酬を受ける権利を享有する。
2 レコード製作者は、第九十六条及び第九十七条の二第一項に規定する権利並
びに第九十七条第一項に規定する二次使用料及び第九十七条の二第三項に規定
する報酬を受ける権利を享有する。
3 放送事業者は、第九十八条から第百条までに規定する権利を享有する。
4 有線放送事業者は、第百条の二から第百条の四までに規定する権利を享有す
る。
5 前各項の権利の享有には、いかなる方式の履行をも要しない。
6 第一項から第四項までの権利(第一項及び第二項の二次使用料及び報酬を受
ける権利を除く。)は、著作隣接権という。

(著作者の権利と著作隣接権との関係)
第九十条 この章の規定は、著作者の権利に影響を及ぼすものと解釈してはなら
ない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これはとても興味ある題目なのですが、とても詳しい資料、回答ありがとうございました。
小説のイラストとして描かれた絵などは、小説の“解説”ではなく、独立した絵としての創作者(イラストレーター)の権利があるのでしょうね。

点数をあげるという制度困ってしまうのですが、一応こうさせていただきました。どうもありがとう御座いました。

お礼日時:2001/05/29 10:02

かの有名サイト『青空文庫』に、判り易い記述があります


のでご参考下さい。

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/KOSAKU/MESSAGE.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これはとても興味ある題目なのですが、とても詳しい資料、回答ありがとうございました。
小説のイラストとして描かれた絵などは、小説の“解説”ではなく、独立した絵としての創作者(イラストレーター)の権利があるのでしょうね。

点数をあげるという制度困ってしまうのですが、一応こうさせていただきました。どうもありがとう御座いました。

お礼日時:2001/05/29 10:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q翻訳文学作品の著作権、翻訳権

翻訳文学作品のうちで著作権が切れたものを探しています。
海外の翻訳文学作品の著作権(あるいは翻訳権)は何年したら切れるのでしょうか?
翻訳された場合は、出版社に翻訳権というものがあるのでしょうか?その場合、著作権はどのように考えたらよいのでしょう?
すみませんが詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

海外の作品でも日本のものと同じように保護されるので、原作の著作権は、原作者の死後50年まで保護されます。

↓外国の著作物の保護は?(社団法人 著作権情報センター)
http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime5.html

↓著作権の保護期間を教えてください。(文化庁 著作権なるほど質問箱)
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000185


ただし、戦時加算のというものがあるので、第二次世界大戦中に日本と戦った連合国のものについては約10年ほど延期されます。

↓「戦時加算」について教えてください。(文化庁 著作権なるほど質問箱)
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000179


また、翻訳されたものは、二次的著作物として扱われ、翻訳者に、著作権があります。これも翻訳者の死後50年まで保護されることになります。

↓著作物にはどんな種類がある?(社団法人 著作権情報センター)
http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime1.html


そして、著作権の切れていない翻訳された著作権を利用したい時には、原作者と翻訳者の両方に許諾を得る必要があります。

↓英語の「原作」を日本語に翻訳した「小説」をコピーしたい場合、「原作者」「翻訳者」のうち、どちらの了解を得ればいいのでしょうか。(文化庁 著作権なるほど質問箱)
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000307


また、出版社が持つのは、版権で、これは著作者と特段の契約がなければ、出版から3年で消滅します。

↓著作権法 第八十条(出版権の内容)
http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html#080

↓私が著作権を有する著作物を、第三者に利用させる方法には、どのようなものがありますか。(文化庁 著作権なるほど質問箱)
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000098

↓著作権法 第八十三条(出版権の存続期間)
http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html#083

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1453370

海外の作品でも日本のものと同じように保護されるので、原作の著作権は、原作者の死後50年まで保護されます。

↓外国の著作物の保護は?(社団法人 著作権情報センター)
http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime5.html

↓著作権の保護期間を教えてください。(文化庁 著作権なるほど質問箱)
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000185


ただし、戦時加算のというものがあるので、第二次世界大戦中に日本と戦った連合国のものについては約10年ほど延期されます。

↓「戦時加算」につい...続きを読む

Q牡丹灯記に似た世界各国の文学作品

『剪燈新話』の「牡丹灯記」がありますよね?有名な怪談のひとつです。
その「牡丹灯記」に似た世界の文学作品を教えて下さい。(国、内容など)たとえば韓国の『金鰲新話』「萬福寺樗蒲記」のように「死んだ女と生きている男」の恋愛ものなど、大きなモチーフが似ていればよいのですが・・。幅広くお考えいただければ幸いです。また参考になるサイト(訳がのってるとか)や本などございましたらあわせて教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

今晩は。またまた出ました。
 いつ頃だったか忘れましたが、確かにここで「牡丹灯記」に関する質問が出たことが有りました。その際に私も検索をして、これなら多少は役に立つかも、というサイトを見つけていました。しかし、結局それほど有効な回答をすることも出来そうに無かったためか、私は回答をせず、質問も回答無しのまま自動的に削除になったようです。
 この質問を見てから、先の質問を捜してみたもののどこにもありません。googleで検索して見たものの、↑で見つけたサイトが何故か見つからない。それで質問検索をしたわけですが、こちらも無し。これは困ったと思いつつ、自分のPCのお気に入りを良く良く見ると、何やら妙なものが一つ。前置きはこれくらいで止め。

 あまり真剣に読んでいない(読む気が有るのでお気に入りに入れてある)のですが、↓のサイトにはいくつか類話が出ているようです。こちらの方はそのような物語りにかなり関心を持っているようですし。とにかく参考までに、先ずはこちらを読んでみて下さい。

参考URL:http://lulu3.hp.infoseek.co.jp/tales_top.html

今晩は。またまた出ました。
 いつ頃だったか忘れましたが、確かにここで「牡丹灯記」に関する質問が出たことが有りました。その際に私も検索をして、これなら多少は役に立つかも、というサイトを見つけていました。しかし、結局それほど有効な回答をすることも出来そうに無かったためか、私は回答をせず、質問も回答無しのまま自動的に削除になったようです。
 この質問を見てから、先の質問を捜してみたもののどこにもありません。googleで検索して見たものの、↑で見つけたサイトが何故か見つからない。それ...続きを読む

Q心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。 イギリス文学 心理学 イギリス文学を用いて心理学

心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。

イギリス文学 心理学

イギリス文学を用いて心理学の論文を書こうと思っています。
特にサスペンスやミステリーが好きなので、犯罪心理学の路線で行こうかなと考えていますが、未定です。
集団心理、思い込み(幻想、幻聴など)、多重人格でも何でも、何か心理学的なヒントが見つかりそうなイギリス文学作品があれば教えて頂きたいです。時代は問いません。
和訳されていない作品でも大丈夫です。英語で論文を書くので、むしろそっちがやりやすいかもしれないです。

どんどん挙げてくれたら嬉しいです!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シャーロック・ホームズはコカイン中毒だったとのことですから、病理心理学はダメですか?
ルイス・キャロルは幼児性愛者だったそうですが、これも病理心理学として使える?

Q近代文学史の本って、どこかで安く売ってないの?

読み漁りたいのですが、文庫本で一冊500円は高いと感じます。
中古で構わないので一冊100円程度で買えるお店は無いでしょうか?
当方埼玉在住です。

Aベストアンサー

神田の古本屋街を回ってみればあるでしょう。
通信販売だと送料のほうが高くつきそうですので。

Q日本の純文学作品内でしばしば言及される海外文学

日本の純文学作品内に高い頻度で登場する海外文学を教えてください。
たとえば太宰なら聖書やドストエフスキーの小説を引き合いに出すことが多かった気がするのですが、
他に頻繁に引き合いに出される作品には何があるのでしょうか。

Aベストアンサー

同じく、太宰はギリシア神話からも引いていますね。
例:走れメロス

順位から云えば、
1.中国文学(近現代では「中島敦」とか、江戸期以前の文学では当たり前)
2.佛教経典(芥川・・蜘蛛の糸なんか・・)
3.聖書(現代では、「森山周一郎」・・クリスチャンだった)
4.ギリシア神話(太宰、白樺派辺りでも引用が多い)
5.ドストエフスキー(近代で引用が多い)
6.シェークスピア(大正期文学では多い)

特に自然主義文学と呼ばれる作品群(大正期から昭和初期にかけて)は、西洋文学の引用が増えているような気がします。そして、新古典主義と呼ばれた、芥川らによって、佛教経典や日本古典から引用があり、その後の現代に続くようです。

では。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報