よろしくお願いします。
お隣との土地の区分けをする石(上が十の字になっている)が抜いて
あり我が家との間に置いてあります。我が家とお隣の家との間には
ブロックなどの塀はなくこの石と車庫のフェンスで区切っているようです。
将来 土地を売却する場合この石が立てていないためにトラブルになるのも困ります。このような場合の処置の仕方。またはどこに相談すればいいのでしょうか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

境界の杭が復元できるかどうかです。

最寄りの法務局(土地の管轄の法務局)で地積測量図を閲覧してください。それで杭が復元できそうな図面かどうか判断してください。閲覧には1件500円かな。お隣とあわせても1000円です。
復元できるかどうかわからない時は、最寄りの土地家屋調査士に相談することです。
全国会の電話番号も載ってますし、そこに電話して調査士を紹介してもらってくださいな。
ただし、今すぐ、境界が復元できないからといって、問題が生じるわけでもないし、実際上、隣の人との話し合いによって境界が確定します。しかし、境界確定の費用は、面積やその周辺の長さなどのよっても変化しますが、100万円くらいいると考えてください。ひどいところでは200万円以上かかった事例もあります。それも調査士側は赤字で。
私は土地家屋調査士しているので、住んでいるところが近くだったら、もっと詳しいアドバイスできるんですけどね。

それから、境界確定はした方が隣地から土地を食い込まれる傾向にあります。相続とか売買とか、土地を動かす時に境界確定するのですが、動かす必要がないなら、そっとしておくべきです。隣地の相手から境界を確定してもらえるよう何十年でも待っている方が得です。

蛇足ですが、地積測量図がいいかげんで境界が復元できない場合に、杭を抜いたら、刑法262条の2境界損壊罪となってしまい、通常の器物損壊罪よりも重くなりますから、杭は専門家以外いじったらだめですよ。しらずに、塀や建物の施工業者が勝手に抜いて、あとで後で適当に復元している場合が多いのですが、土地は1cm杭がズレても面積あたりの単価が高いですから、実質損害が何百万円にもなる事があります。

参考URL:http://www.chosashi.or.jp/
    • good
    • 0

境界石が抜かれているなんて普通ではありません。


それは将来もめる原因になりますから、時間の経たないうちに速やかに解決しましょう。
一番良いのは、土地家屋調査士の相談することです。
わからなければ、法務局に行けば、その管轄地域の土地家屋調査士の一覧が掲示してあります。
作業としては、現在法務局に備え付けてある地積測量図やお手持ちの測量図などの資料から現況復元させ、新たに境界確認書に関係者全員の記名・押印を印鑑証明書付でもらい、新たな詳細図面(現況測量図)を作成しておくのが安心です。
多少の費用はかかりますが、将来売却する際には、同じように隣地に立会いを求め、境界確認をしなければなりませんから、早いうちに片付けた方が良いでしょう。
またこのポイントだけでなく、ついでに他の3点のポイントについても、境界石があるのかどうか、境界線はブロック塀の外側か、内側か、中心なのかを再認識しておくべきでしょう。
隣地とのお話合いについても、直接いくより、土地家屋調査士に事前に調査してもらい、根拠をもった上で推測点を明示し、第三者的な立場で確認してもらうほうが良いでしょう。
    • good
    • 0

境界標が不明または紛失した場合は、土地家屋調査士(事務所)に依頼すれば、


必用な手続きの後、再設置可能です。元設置してあった場所が分かれば、隣の了解を得て自分で標識を埋めても構わないと思います。なぜならその土地を売る場合は、買い手は土地の実測図を売り手にもとめたり、自ら登記簿の閲覧を行うからです。土地や建物は法務局(実際は居住地の登記所)の登記簿に登録されています。
登記簿の面積と実測が異なる場合もあり、このような時は土地家屋調査士に依頼して登記の修正が必要です。隣家が土地を売る場合、境界線の確認(同意)を求めて来る事もあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q民法上の境界線の離れについて

民法上(第234条)の境界線の離れについてですが
法律の文言上は境界線からの離れを50CM以上離しなさい
とありますが、境界線とは隣地境界線のみでしょうか?
それとも文言とおり全ての境界線(例えば道路境界線)と判断していいのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

民法234条は隣地付近の建築の便宜や火災の延焼防止さらには日照、採光、通風等の環境利益の確保のため、土地所有者の建築内容を制限し、隣人等私人間の権利関係の調整を図ったものであるため。質問者の言う>民民境界だとする根拠は何でしょう?の答えは、道路上には、建築物の占用が道路法、建築基準法、都市計画法等で禁止されているため、民地間しか抵触する理由が無いからです。ただし「防火地域又は準防火地域内にある建築物で、外壁が耐火構造のものに付いては、その外壁を隣地境界線に接して設けることが出来る」と、建基法65条でうたわれています。条件が揃えば、民法234条は、必要なくなります。

Q隣の敷地の持ち主が我が家の塀を壊せるか

我が家の隣にマンションが建つ事になり現在工事が始まっています。
しかし、我が家の敷地に建つ、隣との堺のブロック塀の土台が隣の敷地に入り込んでいることが判りました。

状況としては、私の家は建売住宅で、購入後10年と5ヶ月ほど経過しています。ブロック塀も我が家の敷地内に建っていてブロック塀も建築された状態で購入しました。
隣の敷地についてはマンションが建つ前に売却され新しい土地所有者がマンション業者に依頼して建築をする予定です。


相手のマンションの業者が言うには私の方では何もすることはなく、土地売買のために間に入った不動産会社か、我が家を建てた建築業者に相談する、と言っています。
我が家を建てた建築会社は私が購入後10年経過しているので、ブロック塀土台工事はしないと言っています。
間に入った不動産会社には連絡を取っていませんので、どのような対応をするのか判っていません。

この場合、仮に、

1.マンション業者と不動産業者の話の中で不動産会社が我が家のブロック塀の土台を壊しても良いと許可すれば、相手方は私どもの意思を無視して壊すことが出来るのでしょうか。
<土台を壊されるのが仕方ないとして>
2.もし、土台を壊すことになってもブロック塀が壊れた場合の保障はしないと言われましたが、保障されないのが当然なのでしょうか。
3.もし、間に入った不動産会社が私の方にブロック塀の土台を壊してくれと要求されたら呑まなくてはならないのでしょうか。(取得時効というものがあるらしいですが、建売だから主張できないことなのかという不安も含まれた質問です)

相手側に、数日中にブロック塀の事で立ち会ってくれ、という文面の文書が届きました。具体的内容ではありませんでしたが、壊すことが決まっているのかと思うと不安です。



専門家ではないので説明不足等あるかもしれませんが
どうかよろしくお願いいたします。

我が家の隣にマンションが建つ事になり現在工事が始まっています。
しかし、我が家の敷地に建つ、隣との堺のブロック塀の土台が隣の敷地に入り込んでいることが判りました。

状況としては、私の家は建売住宅で、購入後10年と5ヶ月ほど経過しています。ブロック塀も我が家の敷地内に建っていてブロック塀も建築された状態で購入しました。
隣の敷地についてはマンションが建つ前に売却され新しい土地所有者がマンション業者に依頼して建築をする予定です。


相手のマンションの業者が言うには私の方では何...続きを読む

Aベストアンサー

まず、そのブロック塀が越境している場合には、隣地所有者は当然にしてその越境の解消を要求できます。結果としてご質問者はブロック塀を壊さねばならなくなります。

ところがご質問者は越境していないと思い購入したわけですから、その損害は購入時の建築業者や不動産業者に損害賠償請求できます。

以上が上記の法律的な位置関係です。

マンション業者は、そのため、まずその建築業者や不動産業者に「賠償する気があるのか」を聞いているわけです。

ブロック塀をどうするかは勿論ご質問者の所有物ですから決定権はご質問者にあるものの、越境していることに対しては隣地所有者の権利侵害をしているわけですから、そのまま放置は出来ません。
いやだといえばマンション業者はご質問者に撤去を要求する訴訟提起するでしょう。勝手にご質問者の塀は壊せないけど、裁判で勝訴すれば強制執行という形で出来ます。

本来はマンション業者はあくまでご質問者に撤去を要求し、ご質問者が購入時の業者に賠償を求めるという構図なのですが、マンション業者が代わりにご質問者がする賠償要求の交渉をしているというだけなのです。

ご質問のような場合、2通りの解決策があります。
一つは普通に塀を壊してという解決策です。ただ問題はご質問者の損害を弁済してもらえるかどうかと言う話が残ります。

もう一つはその越境部分が少しであればご質問者が買い取るという話です。

ご質問では10年超えているということで、取得時効というのも確かに視野に入れた方がよいかもしれません。

何にしてもまずはどういう話まで進んだのか、相手がどういう話を持ってくるのかお聞きになり、その上で弁護士に相談されたほうがよいでしょう。

おそらく10年過ぎているので、業者に対する賠償要求は難航しそうですし、現に建築業者はいやだといっているようですから、簡単には決着しないものと思います。

まず、そのブロック塀が越境している場合には、隣地所有者は当然にしてその越境の解消を要求できます。結果としてご質問者はブロック塀を壊さねばならなくなります。

ところがご質問者は越境していないと思い購入したわけですから、その損害は購入時の建築業者や不動産業者に損害賠償請求できます。

以上が上記の法律的な位置関係です。

マンション業者は、そのため、まずその建築業者や不動産業者に「賠償する気があるのか」を聞いているわけです。

ブロック塀をどうするかは勿論ご質問者の所有物で...続きを読む

Qword2007の脚注の境界線

wordで文末脚注を付けると、本文と分けるために境界線が出て来ると思います。
その境界線を削除したのですが、境界線があった場所が改行扱いのようになっています。
どういうことかというと、
本文
--------(境界線)--------
1脚注
    ↓
本文
(1行分の行間)
1脚注
のようになっています。また、文末脚注が数頁に渡るとき、頁の頭に境界線が出てきますが、この境界線を削除しても同様の状態になります。
自分の理想としては、本文と脚注部分が隣り合うようにしたいのですが、可能でしょうか。

Aベストアンサー

foolboyさん 今日は!
>その境界線を削除したのですが、境界線があった場所が改行扱いのよ
>うになっています。
■脚注境界線の消し方 - Word2007↓
http://digitalmemo.jugem.jp/?eid=13
内容:1.表示タブ→文書の表示を下書きにします。
2.さらに参考資料タブ→脚注→注の表示の順に選択します。すると下に脚注が表示されます。
3.「すべての文末脚注のところを「文末脚注の境界線」にすると、境界線だけ表示されます。ここで境界線をDeleteキーで削除してください。
■脚注と本文の境界線を変更したい↓
http://www.relief.jp/itnote/archives/000826.php
内容:脚注の境界線を変更することはできますが、特にバージョン2000以降ではじめてワープロソフト・Wordを使い始めた方の場合、なかなか納得しづらい操作をする必要があります。
●脚注や文末脚注の境界線を変更または削除する(Word2003)↓
http://office.microsoft.com/ja-jp/word/HP051862361041.aspx
内容:本文と脚注または文末脚注との間は、短い横線 (脚注の境界線) で区切られます。また、脚注や文末脚注が次のページへ続く場合は、長い横線 (脚注の連続時の境界線) で区切られます。罫線、文字列、図などを追加して、独自の境界線を作成することもできます。
●文献目録を作成する(Word2007)↓
http://office.microsoft.com/ja-jp/word/HA100674921041.aspx?pid=CH100626361041
内容:文献目録は、文書の中で参考にした文献や引用した文献の資料文献をまとめた一覧で、通常は文書の末尾に掲載されます。Microsoft Office Word 2007 では、文書に追加した資料文献に基づいて、自動的に文献目録を作成できます。
新しい資料文献を追加するたびに、その情報がコンピュータに保存され、簡単に検索して使用できるようになります。
■脚注の付け方 - Word2007↓
http://digitalmemo.jugem.jp/?eid=12
内容:1.脚注をつけたいところをクリックします。
2.「参考資料タブ」→「脚注」→「脚注の挿入」を選択し、
脚注を挿入します。文末脚注の場合は、文末脚注の挿入を選択します。
サンプルにない場合は任意の脚注番号を設定したい場合は、右下のボタンをクリックし[脚注と文末脚注]を開き任意の脚注記号に入力します。
※卒論で使われる1)は「任意の脚注記号」のところに「1)」と入力すればOKです。
■脚注番号のスタイルや表示位置を変える(Word2007)↓
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/technique/20080806/1006730/
内容: Word 2007の初期設定では、脚注に「1、2、3…」という番号が振られ、脚注文章はページの最後に表示される。もちろん番号のスタイルや表示位置は、文書に合わせて変更可能だ。ここでは番号を「A、B、C…」、表示位置を本文のすぐ下に変えてみよう。
●脚注や文末脚注を挿入または削除する(Word2007)↓
http://office.microsoft.com/ja-jp/word/HP012265221041.aspx
内容:脚注と文末脚注について
脚注や文末脚注を挿入する
脚注や文末脚注の番号書式を変更する
脚注や文末脚注の継続時の注を作成する
脚注や文末脚注を削除する
以上が解説されてます。
>自分の理想としては、本文と脚注部分が隣り合うようにしたいのです
>が、可能でしょうか。
基本設定では同やら無理の様です。(選択肢は文末脚注と改ページしたに一括表示だけです)
本文と脚注部分が隣り合うようにしたいの意味が少々判り難いですが、
文末脚注をコピー&ペーストで脚注番号の所に()内にされるしか無いと思います。

foolboyさん 今日は!
>その境界線を削除したのですが、境界線があった場所が改行扱いのよ
>うになっています。
■脚注境界線の消し方 - Word2007↓
http://digitalmemo.jugem.jp/?eid=13
内容:1.表示タブ→文書の表示を下書きにします。
2.さらに参考資料タブ→脚注→注の表示の順に選択します。すると下に脚注が表示されます。
3.「すべての文末脚注のところを「文末脚注の境界線」にすると、境界線だけ表示されます。ここで境界線をDeleteキーで削除してください。
■脚注と本文の境界線を変更したい↓
htt...続きを読む

Q隣のAさんの土地と私の土地との共有登記が出来ますか

隣のAさんの土地と私の土地をお互いに利用して家に出入りしております 片方の方が土地を売却したら困るので 土地を共有登記をしたらどうだろうか?と言う話がAさんとで出ています 共有登記と言うことが出来るのでしょうか?又、共有登記した場合片方の方が売却された場合はどうなるのでしょうか お互いに素人でわかりませんので質問させていただきます。

Aベストアンサー

共有登記は可能です。例えば、Aさん所有の甲土地と、Bさん所有の乙土地があり、それぞれA名義、B名義と登記されているとすると、両土地とも、所有権一部移転をして、持分をAさん1/2,Bさん1/2とすることが出来ます。しかしこれは、お互いに土地の半分ずつを贈与しあう事に他なりませんから、次年度に贈与税がかかってきてしまいます。ですから、あまりお勧めできる方法とは思えません。特にお互いに今の状態で困っていなければ、そのままでもいいと思いますし、どうしても何か権利を付けたいと思うのなら、両土地に、地役権を設定し合う、という方法も考えられます。

Q敷地内の用途地域境界線について

計画敷地が二つの用途地域にまたがっているのですが、
その用途地域の境界線が道路端から25mと都市計画図に書いてあった場合、
その境界線は公図の道路境界線をそのまま25mセットバックして考えるのでしょうか?

例えば道路に隅切りがあった場合、その隅切りの形状そのまま25mオフセットして良いのですか?

それとも、役所等で境界線の基準や境界線の位置そのものを教えてもらえるものなのでしょうか?

初歩的な質問で申し訳御座いませんが、
ご指導のほどよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

都市計画法の用途地域がまたがっている場合
道路境界から○○mまでとは
公図の境界線ではなく、実地による官民境界の杭からです
境界確定をしてあればの、前提つきですが、役所の道路課、土木課、建設課(役所により名称は異なります)にて、道路境界の確定図面が備え付けてありますので、それを確認してください。
尤も、公図からの机上測量でもそれほど誤差はないとは思います。

因みに隅切りでのオフセットは聞いたことはないですね
通常は道路境界線から垂直に○mというように決めているの多く見受けられます

Q祖父の時代に自分の土地に隣と共用で掘った井戸を隣が引っ越した後、隣の土

祖父の時代に自分の土地に隣と共用で掘った井戸を隣が引っ越した後、隣の土地を買取った業者が使う権利はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、「共用」とは如何なる(法律上の)権利を設定したのか、確定して下さい。それがはっきりしないと、「業者に使う権利」があるのか無いのか、確定できません。契約書があれば、それを見て下さい。無ければ、裁判になった場合に、その点(「如何なる権利を設定したのか」)から争うことになります。

 文面からは、「隣の土地の人が、お祖父さんの土地の井戸を使う権利を設定する契約をした」と読めますので、恐らくは地役権(民法280条)を設定したのではないかと考えられます。そこで、以下は地役権であると仮定してお話します。
 地役権の場合、随伴性があります(281条1項本文)。つまり、要役地(隣の土地)が売却されると、地役権も土地所有権に付いて、買った人のものになるということです。したがって、「隣の土地を買った業者」が使う権利はあるということになります。
 ただし、随伴性は任意規定(契約で排除できる)なので(281条1項但書)、お祖父さんが「随伴しない」という内容で契約していれば、使う権利はないことになります。

Qibmオームページビルダーにおいてフレームの境界線の消し方を教えて

ibmオームページビルダーにおいてフレームの境界線の消し方を教えてください。

もとより、「境界線属性」タブを選択し、「境界線の表示」を「ナシ」としました。ところが消えないのです。

よろしくご教授願います。

Aベストアンサー

↓追記です。

neecheさんの仰るシャドウとは境界線の表示をナシにしたために
数字項に入力できないのでは無いでしょうか…?

Q土地の件で隣の土地の持ち主ともめています

昭和39年に住宅を建てる際、建材を持ち込むのに道幅が狭いので隣の畑の持ち主の方に相談したところ、1坪ほどの土地を譲って頂きました。
しかし、その当時は正式な契約を結ばず、登記もそのままにしてありました。
以後何事もなかったのですが、平成13年頃から現在の持ち主(前の持ち主の息子さん)から突然土地を勝手に使ってると言われるようになり、その後
ずっと私の父が対応していましたが、決着はしないまま、昨年秋に父が亡くなってしまいました。
最近ではお金が欲しいという感じの事を相手の方が言ってくるようになりました。お金で解決するのならとも思いますが、あまりに法外な金額を言われると困りますし、現段階では具体的な金額等は何も言ってきません。
登記上は相手の方の土地なのでこちらが不利なのは十分承知していますが、ベストな対処方をご存知の方がいらしたらアドバイスをお願い致します。(ちなみに当事者は皆亡くなっています)

Aベストアンサー

昭和39年から建材置き場?としてあなたが占有していたという事が認められれば契約も登記も関係なくあなた(お父様)の土地として時効取得が認められる可能性があります

ですから土地の写真や経緯を簡単にまとめた資料と建材置き場に使っていたのであればその写真等を用意して弁護士さんと相談してみて下さい

民放第162条に下記のように規定されています。
「20年間、所有の意思をもって平穏かつ公然に他人の物を占有することによって所有権を時効により取得できる」

ご質問の土地が時効取得できるかどうかの判断について弁護士さんとご相談下さい

Q大手ハウスメーカーによる隣家の境界線無視し強行建築

大手ハウスメーカー、『ミサワホーム』により私の隣家が家を新築しましたが、『ミサワホーム』と言えば大手ハウスメーカーとして有名でしたから、境界線のことなどきちっとなされていると思っていました。がしかし、私の家を壊して新地(さらち)にしようと業者に見積もりを依頼したところ、私がお金を出して作った境界線(コンクリート)にそのまま砂利を寄せてありましたから、業者は古い境界線を新しく境界線を作ると、『ミサワホーム』で建てた家の砂利がこちらに流れ出すから『境界線のケリが付いてからでないと見積もり出来ない』と言われました。こんな小さな業者でも境界線の大事さを熟知しているのに、当の『ミサワホーム』に再度電話しても、下請け業者の責任だと言って電話に出た人は迷いもなく堂々と自分の名前を『小林』と私に告げました。『ミサワホーム』と言う名前に安心しきっていました。こういった場合どうしたらいいのでしょうか?教えてください。ちなみに境界線はすこし控えて建ててあります。

Aベストアンサー

社名が大きいのは それだけ荒っぽい事を大きく遣っているのだろう

お客さんの隣家建替えに説明に遣ってきた 住友不社員は平気で嘘を言った

その後抗議の手紙を会社に送るも 上司も同調し自社利益しか考えない会社です

ミサワも同様かと思います 第三者を動かすしかありません

役所はどちらかと言うと大手に付く 最後的には良い弁護士と相談しての対応になろうか?

Q隣人から我が家のブロック塀をどうにかしてほしいと

お世話になります。
我が家のブロック塀をどうにかしてほしいというクレームが、隣に住んでいる人からありました。
そこで以下にに要点をまとめますので、どのように対処すべきか、ご教示いただければ幸いです。

・隣人が、我が家に対し、「こちらの方にお宅のブロック塀が徐々に傾いてきているから、ブロック塀を取り壊すなどして、どうにかしてほしい」というクレームを寄こした。
・我が家のブロック塀と隣家の間は50~60cmほど。
・肉眼で見ると、確かにブロック塀が隣家の方に(5cmくらい?)傾いている箇所がある。
・どれくらいの月日で、どのくらい傾いているのかは不明。また、いつごろから傾き始めたかも不明。
・震度5強以上の地震が何回かあっても崩れなかった(だからといって今後も崩れないだろう、とは言えないと思うし、もしかしたら地震が原因で傾いているのかもしれないが、傾いた原因は詳しくは不明)。
・我が家は築50年以上経っており、ブロック塀もその時建てたもの。もちろん、初めから傾けて建てたとは思えないので、「徐々に傾いてきている」という隣人の言葉に嘘はないと予想できる。
・隣家と我が家、どちらが先に建っているかは不明。

これはどのようにすれば良いでしょうか。
隣人の言う通り、ブロック塀を取り壊さなければならないのか、それ相応の補強をするべきなのか、あるいは何もしなくても良いのか。
隣家の方が先に建っている場合と、我が家の方が先に建っている場合とでは、何か違いが生じてくるのか。
何もしなかった場合に、本当にブロック塀が崩れて隣家に対して損害を与えてしまった場合、賠償が必要なのかどうか。

アドバイスのほど、よろしくお願いいたします。

お世話になります。
我が家のブロック塀をどうにかしてほしいというクレームが、隣に住んでいる人からありました。
そこで以下にに要点をまとめますので、どのように対処すべきか、ご教示いただければ幸いです。

・隣人が、我が家に対し、「こちらの方にお宅のブロック塀が徐々に傾いてきているから、ブロック塀を取り壊すなどして、どうにかしてほしい」というクレームを寄こした。
・我が家のブロック塀と隣家の間は50~60cmほど。
・肉眼で見ると、確かにブロック塀が隣家の方に(5cmくらい?)傾いている箇所...続きを読む

Aベストアンサー

○隣人の言う通り、ブロック塀を取り壊さなければならないのか、それ相応の補強をするべきなのか、あるいは何もしなくても良いのか
→質問者様が補修か改修をしなければなりません。
ブロック塀は建築基準法上の建築物であり、建築基準法第8条では、建物の所有者・管理者は規模の大小に関わらず、自らの責任において、建築物の敷地、構造、防火、避難、衛生及び建築設備等(換気設備、排煙設備、非常用の照明 装置、昇降機等)について、状況に応じた補修、改修をして安全で良好な状態の維持に努める責任があります。

○隣家の方が先に建っている場合と、我が家の方が先に建っている場合とでは、何か違いが生じてくるのか
→違いは生じてきません。

○何もしなかった場合に、本当にブロック塀が崩れて隣家に対して損害を与えてしまった場合、賠償が必要なのかどうか
→民法第717 条1項は、「土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。」と規定しており、当該ブロック塀の設置又は保存に瑕疵があることは現に傾いていることで明らかですから、これが倒壊して隣人に損害を与えると、たとえ地震や台風が原因であっても責任を免れることはできません。無過失責任です。

○速やかにブロック塀の補修または改修をしてください。費用は質問者様がご負担されることになります。質問者様の建物の価値を高めることにもなりますので、この点はご理解ください。

○隣人の言う通り、ブロック塀を取り壊さなければならないのか、それ相応の補強をするべきなのか、あるいは何もしなくても良いのか
→質問者様が補修か改修をしなければなりません。
ブロック塀は建築基準法上の建築物であり、建築基準法第8条では、建物の所有者・管理者は規模の大小に関わらず、自らの責任において、建築物の敷地、構造、防火、避難、衛生及び建築設備等(換気設備、排煙設備、非常用の照明 装置、昇降機等)について、状況に応じた補修、改修をして安全で良好な状態の維持に努める責任があります。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報