日産のモコ(茶色)が可愛いと思い、探したところ
24年式、走行距離6988km、車検27年5月
保証ワイド保証、ナビ付き、ETC付き
車両本体価格878,000 円
整備・付属品2,625 円
定期点検整備代金21,000 円
車両代合計901,625 円
付帯費用 (非課税)47,370 円
付帯費用 (課税)72,450 円
リサイクル受託金相当額合計8,930 円
計1,030,375 円
付帯費用 (非課税)
自賠責保険料(22ヶ月) 24570円
法定費用預り(登録・車庫・他) 6400円
メンテプロパック12 16400円
付帯費用 (課税)
手続代行費用(登録・車庫・他) 66150 円
納車準備費用 6300 円

なのですが、はじめての車購入なので
この価格がお得なのか妥当なのか全く検討がつきません…
教えていただけますでしょうか。
長くてすみません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

メンテプロパックということは、日産のディーラー(新車販売併設)からの購入と推察いたします。


カーセンサーなどの総合中古車サイトでもざっと検索してみましたが(スズキ MRワゴン含む)、同じ条件で車両価格だけでも100万円越えがザラだったので、費用的にもお店の信用度からしてもいい物件だと思います。
唯一きになるのが、このモコのグレードと駆動方式がわからない事です。
現在の新車ではターボモデルは廃止になりましたが、24年式ではまだ健在ですから、グレードによっては価格差も大きいはずですし。

ちなみに、自分でお店に取りに行けば、納車費用の6300円はカットできますよ。
それと、よく吟味して購入を決定したら、「ダメ元で端数(計103万円の内の3万円)をカットしてくれたらすぐに印鑑押します」って言ってもいいかもしれません(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しく、ありがとうございます。
もう少し検討して、100万きれるように交渉できたらしてみます!

お礼日時:2013/09/17 21:17

ミライースですが



安いグレードのLのスマートアシストつきが94万円
なにもオプションつけなくて総額110万ぐらいでしょうか。

見た目はともかく車としてはモコよりもミライースのほうがよくできていますね。

モコはなんだか地に足がついていないような走行感でしたが

ミライースは燃費もよく足回りもしっかりしていて
なんといってもスマートアシストが装備できるのは魅力です。

ただ新車の見積もりには、ボディコート、3年安心パックとかいろんな項目が入れられていて
それが支払金額を高くしています。

ある意味よけいなものは全部断ってもいいかと思います。
    • good
    • 0

ディーラー中古車ですね。


であれば
諸費用は安いです。

メンテプロパックは外しましょう。

手続代行費用(登録・車庫・他) 66150 円
は中古車としては「非常に安い」です。

ただ、個人的には新車を買います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やっぱり新車がいいですよね。
ご意見ありがとうございます。

お礼日時:2013/09/17 21:27

車検つきで諸費用が152,375円ですか・・・



高いと思いますが

車両金額を安めに設定しておいて諸費用を高めにして儲けているのでしょうか・・・

素人ですので95万まで値引きしてほしいと言ってみて
98万で妥協か100万で妥協かってところでしょうか・・・

新車のミライースが105万ぐらいでも買えますのでミライースでもいいような気がします・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

新車のミライース105万で買えるんですか?
もう少し、考えます。
ありがとうございます。

お礼日時:2013/09/17 21:26

新車を買わない理由が分からない

    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当は新車が欲しいんですけど、
まだ免許をとって日にちがたっていないなど
不安があって中古でいいかなと思いまして。

お礼日時:2013/09/17 21:24

手続き代行費用が66150ではなく6610ですよね?


6万は高すぎる気がしますが、
付帯費用ってなんですかね?

妥当かと言えば妥当です。
ディーラーで買うんですよね?
だったら信じましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そこが、やっぱり高いんですかね?
しっかり確認して、検討したいと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2013/09/17 21:19

車両価格も少し高い気がしますが…


それ以上にその他初期費用などボッタクリですね(泣)

普通じゃありませんね。

今回の場合…車両代金+10万円ぐらいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうなんですね、もう一度しっかり確認してみます。

お礼日時:2013/09/17 21:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車の整備費(6ヶ月点検、車検など)を先にパック料金で払いました。

いつもお世話になります。

営業車の整備費(6ヶ月点検、車検など)を先にパック料金で払いました。

この場合の仕訳は、前払費用/現金 でいいでしょうか?

それで、実際に発生した時に、修繕費/前払費用としようと思っているのですが、車検は3年後なので決算時にまだ前払費用が残りますが、構いませんか?

それと、前払費用は資産に計上するんですか?

ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

その通りです。
全く問題ありません。

3年後の車検の分は長期前払費用に計上という考え方もできますが、前払費用でも良いと思われます。

また、車両にかかっている費用をきちんとコントロールしたい場合、修繕費ではなく車両維持費などの勘定で処理すると良いのではないでしょうか。

Q住民票の発行手数料に消費税は課税?不課税?

住民票の発行手数料に消費税は課税でしょうか、それとも不課税でしょうか?また、印鑑証明書は同じくどちらでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務の提供》の規定により非課税となるのは、次のものであるから留意する。
(1)  法令(法律、政令、省令又は大臣告示のほか条例及び規則を含み、業務方法書又は定款等は含まない。以下6-5-2までにおいて同じ。)に基づいて行われる次に掲げる事務の手数料、特許料、申立料その他の料金(以下6-5-1において「手数料等」という。)で、その徴収について法令に根拠となる規定があるもの。
イ  登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定
ロ  検査、検定、試験、審査及び講習(令第12条第1項第1号イからニまで《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げる事務のいずれにも該当しないものを除く。)
ハ  証明(令第12条第1項第2号《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げるものを除く。)
 (以下略)

・住民票は「ハ」に該当しますから、非課税ですね。

http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務...続きを読む

Q事故による修繕費と受取保険金の課否判定

事故があり、会社で修繕費用を払い、後日保険会社から保険金を受けます。
その時の仕訳と修繕費を払った時、保険金を受けた時の仕訳と消費税の課否
はどうなりますか?

修繕費を払った時
修繕費(税込み) ××/現金 ××
保険金を受けた時
現金 ××/雑種収(不課税) ××

で良いのでしょうか?これでよければ会社としては、仕入税額控除できるの
お得のような気がするのですが。

Aベストアンサー


修繕費を払った時
修繕費(税込み) ××/現金 ××
保険金を受けた時
現金 ××/雑種収(不課税) ××

でOKです。仰る通り、支払う修繕費には消費税が課税され、受取る損害賠償金は消費税不課税ですので、会社としてはお得になります。

Q中古車の車両価格以外の諸経費の相場は?

車両価格以外の諸経費用の相場っていくらぐらいでしょうか?
プランによってまちまちでしょうが、一般的な相場と内訳を教えてください。

Aベストアンサー

中古車のおおまかな諸費用と一般的な相場です。


http://www.aos.ne.jp/visitor/usedcar/usedcar_expense.html

上を見てもらって、税金や保険は業者が変わろうとも、金額に変わりないのでよしとしましょう。

次に整備費用や納車費用という名目で金を取る業者も居ます。
中古車情報誌などでは、整備込みと書いてあればこれはいらないです。
正直、整備費用3万円とか見積もりに書いあっても「何を整備してるねん」って感じです。しっかり本当にしてくれるのなら、払っておいたほうがいいでしょう。その分車両価格が安かったりする場合も多いです。

あとは以下ですかね。

登録費用
車庫証明費用
下取り費用
リサイクル料金

登録・車庫証明も相場のない言い値ですが、両方で3万程度なら問題ないでしょう。
一度行った中古車屋では両方で8万くらいでした。

下取り費用も言い値で、最初の見積もりに乗ってることが多いですが、下取りしたからどうこうする業者の手間はあんまりないので、いえばバブいてくれることが多いです。こんなもの取られても1万以下ですね。

リサイクル料は払っておきましょう。


まとめると税金やリサイクル料など必要分以外は、登録・車庫証明・下取り・整備費用などで全部で4~5万くらいなら常識的な範囲かな。

そこが高額な業者はやめておいたほうがいいです。

心配ならディーラー系の中古車で買うのが一番です。少なくともあまりに常識はずれな金額は出さないです。

中古車のおおまかな諸費用と一般的な相場です。


http://www.aos.ne.jp/visitor/usedcar/usedcar_expense.html

上を見てもらって、税金や保険は業者が変わろうとも、金額に変わりないのでよしとしましょう。

次に整備費用や納車費用という名目で金を取る業者も居ます。
中古車情報誌などでは、整備込みと書いてあればこれはいらないです。
正直、整備費用3万円とか見積もりに書いあっても「何を整備してるねん」って感じです。しっかり本当にしてくれるのなら、払っておいたほうがいいでしょう。その分車両価...続きを読む

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q建設業の貸倒引当金の法定繰入率について

お世話になります。
貸倒引当金にかかる、法定繰入率の中で、建設業は製造業に含まれるのでしょうか。
建設業の率は、何パーセントになるのでしょうか。

Aベストアンサー

貸倒引当金の法定繰入率の事業区分の判定は、法人税基本通達21-2-10により、「おおむね日本標準産業分類の分類を基準として判定する」こととなっています。

日本標準産業分類では、建設業は製造業に含まれませんので、税法上の区分では、「その他の事業」の1,000分の6となります。

なお、判定方法については一部例外もありますが、この件に関しては、該当しないと思います。 

Q運送中に商品が破損。消費税の扱いは?

毎日の納品は、出入りの運送業者に委託しています。
運送中に商品を壊され、商品価値がなくなりました。
通常、この様な場合、「得意先売上」を「運送業者売上」に切替え、補償して貰っています。
この度、納品量が多いため、有名な大手の運送業者を臨時に使いました。
破損請求を従来とおり行ったところ、消費税分を払ってくれません。

この様な補償の場合は、消費税の対象外になるのですか?
教えてください。

Aベストアンサー

損害賠償金は消費税の課税対象外です。
ただし、その商品が運送業者に引き渡され、そのまま、または軽微な修理で使える場合は課税対象となります。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/phone/6157.htm

Q切手代は非課税なんですか?

切手代等郵便代を税込処理としてきましたが、これは間違いですか?もう長いこと私が担当する前の方からそうしていました。担当の上司もずっと同じですが、今日起票した伝票を見て切手代は非課税じゃ・・・と言ってきました。あんたは今まで何ををみてたんだ?と言いたくなりました。事務処理を外部委託するようになってからも、委託先からは何も言われないし、会計監査の際も特に指摘は無かったので疑問に思わず処理していました。
確か、消費税の制度が導入された当時、60円の切手に消費税が2円係っていたように記憶しています。一円切手なんてのがありましたが、当時と今とでは違うのですか?

Aベストアンサー

切手やはがきについては、郵便局や切手売りさばき所における譲渡については非課税となります。

切手・はがきについては使用時(郵便物に貼付した時)に消費税がかかるのであって、郵便局等での購入時には消費税は非課税となります。

例えば、80円切手は84円で買うわけでも、逆算して76円の切手を80円で買っている訳ではありません。
ただ消費税相当額が額面に含まれているだけです。

しかしながら、経理上は、一々貼ったときに消費税を計上していたのでは、面倒なので、継続適用を前提に、購入時に課税扱いしても差し支えない旨を規定していますが、あくまでも購入時は非課税です。
(消費税基本通達11-3-7、下記サイトを参考にされて下さい)

逆に言えば、上記の場所以外、例えば金券ショップなどでは、売買時点で課税対象となります。

結論が後になりましたが、sagamitoさんの今までの処理方法で間違いはありませんので、大丈夫ですよ!

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/11/03.htm

切手やはがきについては、郵便局や切手売りさばき所における譲渡については非課税となります。

切手・はがきについては使用時(郵便物に貼付した時)に消費税がかかるのであって、郵便局等での購入時には消費税は非課税となります。

例えば、80円切手は84円で買うわけでも、逆算して76円の切手を80円で買っている訳ではありません。
ただ消費税相当額が額面に含まれているだけです。

しかしながら、経理上は、一々貼ったときに消費税を計上していたのでは、面倒なので、継続適用を前提に、購...続きを読む

Q諸費用の消費税

車(新車)を買うときに販売会社に支払う諸費用のうち、消費税がかかるものは何でしょうか?法定費用にはかからないらしいのですが、それ以外とは具体的に何か、お教えください。また、販売会社へ支払う検査・登録費用はどの程度は妥当なのでしょうか、ディーラーによってずいぶんと違った見積もりを出されて疑問に思っています。

Aベストアンサー

こんばんは!
消費税がかかってくるものの代表的なのは、「○○代行費用」「○○手数料」などですね。
一番融通が利くのは車庫証明登録手数料(代行費用)はサービスしてもらえることもあります。(交渉次第)
また、納車費用と言うのも、結局はディーラーから納品場所までの代行運転料です。これはお客側から
取りに来るというのであれば、カットしなければならないと、条例で定められていますので、うんちくを
並べてカットしないようであれば、違法ってことになります。
その代行費用もディーラーによって値段が異なるため、今回のように見積もりに差が生じて来るのです。

<諸費用のうち、消費税がかかるものは…?
ディーラーが行ったサービス(手数)料です。前記のとおり、代行費用・手数料のつくものが、それです。
法定費用(登録料)、自動車税や重量税など、ディーラー経由で、他の機関へ支払われるものは非課税です。

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報