プロが教えるわが家の防犯対策術!

数えるんですか。


発とか号とかも言わない?

A 回答 (5件)

「号」は、元々ものの順序を示す助数詞(1番目=1号)で、「本」のように数の合計を示す用途では使用しません。


「発」は、野球を戦争にたとえた場合の表現(チーム=軍、長距離打者=大砲など)で、報道では使用されますが、公式記録では使いません。

では、何故「本」なのかといえば、それはちょっと分かりません。
しかし、たいていのスポーツで得点が入る可能性のあるプレーを「本」で数えているのが関係しているかもしれません。
サッカーやバスケットのシュート、バレーボールのスパイク、テニスや卓球のショットなど。
    • good
    • 0

ホームランに限らず、野球で安打数の単位が「本」だから


「期間」の前提があって、「本」と数えます

例えば「今日の試合で3本目のヒットで猛打賞」とか
この場合「期間」は「今日の試合」ですね

「号」は単なるナンバリングですね

「発」はホームランの衝撃度を伝えやすいから
    • good
    • 0

ホームランを打たれると 1発を浴びた とか言います



また55号とかも言います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「コント55号」は王の日本記録55号にちなんでいるそうですね、今年更新されましたが。

一年お世話になりました。ファン登録がまた増えて、いつの間にか100を超えましたね。すごい。
来年もよろしくお願いします。

お礼日時:2013/12/31 11:26

なぜ鉛筆を数える時は「本」で、車を数える時は「台」なのか、というのと同じです。



「号」というのはいくつもある中の特定の1つを呼ぶ時の数詞ですね。「全部で57本打った内の30番目が30号」と呼ぶわけです。
    • good
    • 0

剣道、柔道、空手にも「一本」という言葉はある。


ひと勝負ついたことを言う。
57号、つまり、57本とは、57回、投手との勝負に勝ったということ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング