12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

20年程前、10代~20代の初め頃まで、銀塩写真の頃、キヤノンNew F-1、F-1とレンズ一式を揃えて写真を楽しんでいました。
最近、また色鮮やかな世界に戻りたくなり、写真を再開したいと考えております。

以前は独学でアサヒカメラや日本カメラなどのカメラ雑誌や写真集を読み漁り、写真展には手当り次第に観に行き、プロの講習会にも可能な限り参加しておりました。一時は、その世界に入るために、写真界の登竜門の大学の試験も受け、合格しておりましたが、入学しなかったこともあります。

しかし、時は流れ、時代はデジタル写真の時代になりましたので、銀塩写真時代の知識や経験は一旦白紙の気持ちに帰り、写真を基本から勉強し直したいと思うようになりました。
被写体のジャンルも風景・山岳写真に絞り、人生の一日一日を大切に過ごしたいと願っております。

当時の機材は既に全部処分してしまいましたので、マウントの縛りなど一切ありません。
これから機材を揃え、写真を学びなおしたいのですが、それには、

1、Nikon D800 +ニコンカレッジ(東京)
2、Canon 5D MarkIII + EOS学園(東京)

のどちらが良い選択でしょう?

モニターは、EIZO CX-240CNXを導入し、パソコンもグラフィックにNVIDIA Quadro K600 を搭載したタワーワークステーション Lenovo ThinkStation E31 をオーダーメイドしました。デジタル写真環境は少しづつ整えております。

また、プリンターは、
1、の場合 EPSON PX-5V (Lightroom5)
2、の場合 Canon PIXUS PRO-10 or 100 (DPPまたはLightroom5)
  または EPSON PX-5V (Lightroom5)
のうち、どの選択がよいでしょう?

色々な方の多方面からのご意見をいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

二択なら、絵作りの好みで選んだら?


ニコンとキヤノンじゃ180度絵作りの方向性が違います。
こう言う、絵作りって料理の素材と同じで、RAWで弄っても限界があります。
まぁ、私感的には、ニコンは油絵。キヤノンは水彩画かなと感じます。

ただ、デジタルは所詮デジタル。銀塩の持つ表現力・諧調性に於いて遠く及びませんが、解像感は、フルサイズなら、とっくに645どころか6×7に迫ると思います。
それに、今更、銀塩の時代でもありませんのでので、デジタルライフを楽しむでいいんじゃないですか?

個人的には、2番の構成で、RAW現像は、DPPを薦めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答くださいまして、ありがとうございます。

ニコンとキヤノンでは、レンズの描写性能も違いますし、絵も違いますね。
ニコンの絵は嫌いではないのですが、キヤノンの絵のほうが銀塩時代から好みです。

ただ、私は眼鏡をしながらファインダーを見ないといけないのです。
視度補正を入れて眼鏡なしでファインダーを見ることはできない眼なのです。
すると、眼鏡着用でファインダーが明るく見やすいのは、2回程試した時点ではD800ですが、
昨日キヤノンデジタルハウス銀座に行って5DMarkIIIを試しましたら、眼鏡着用でも結構見やすいのです。
キヤノンは水彩画という表現、言い得ていると思います。

そうですね。
今からフイルムの入手がむつかしいことを覚悟で銀塩カメラを選ぶより。デジタルライフを楽しんだほうがよいですね。

昨日キヤノンデジタルハウス銀座に行って、DPPやPIXUS Pro LINE、印刷ソフトも見てきました。
2、の構成を選ぶなら、プリンターもキャノンで揃えて、キヤノンで一貫性を持たせたほうが良さそうですね。
また、EOS学園やキヤノンフォトサークルもかなり充実していて、良さそうに思えました。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/19 05:55

好みだから好きにすればと言っては身もふたもないけど


撮影を仕事にしています
うちの環境は
Nikon・Mac・エプソン
ですこの組み合わせが私にとって使いやすく色のコントロールが確実に出来るからです

この回答への補足

ニコンプラザ銀座と新宿で Nikon D800 とナノクリスタルコートが施された新型レンズ群を試してきました。
D800はCanon 5DMarkIIIと比べる方が多いですが、実機をテストした結果、このカメラはPENTAX 645Dと比較検討するカメラであると感じました。
また、最も驚いたことは、最新のナノクリスタルコート仕様のニッコールレンズが、デジタルレンズとして完全に生まれ変わっていることです。
かつてのニッコールは何を撮影しても、全体に黄色がかった色味が出てしまう傾向がありましたが、テストしたレンズ群は、ニッコール伝統のシャープネスは失わず、キヤノンとペンタックスを足して2で割ったような鮮やかな色が出るようになっていました。また黄色がかった色味も完全に消え、クリアで透明感のあるレンズになっていました。

新型ニッコールに関しては、色調の問題でキヤノンのEFレンズ群を使うためにキヤノンのデジタルカメラを選ぶ必要はないと感じました。
日本人の肌色も、自然で健康的な色に写すことができるのですね。

Nikon・Capture NX2・Lightroom・エプソンの組み合わせ、良さそうです。

ニコンカレッジは、人気のある講座は抽選であることがネックでした。
EOS学園やペンタックスフォトスクールのほうが先着順ですから、熱心な参加者としては、安心できそうな印象です。

補足日時:2013/09/21 21:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答くださいまして、ありがとうございます。

ニコンプラザ銀座で聞いたところ、D800ユーザーには、Mac+EPSON PX-5V の組み合わせが多いと聞きました。
ただ、私は20年以上Windowsを使っていますので、Macも一時期購入して勉強したのですが、馴染みませんでした。
今日、ニコンプラザ銀座へ行って、改めてD800と交換レンズ群を試してくるのですが、最近のニコンの新型レンズは、単焦点レンズもズームレンズもデジタル対応としては、かなり良くなっているようですね。

ニコンカレッジやニッコールクラブのことも含めて、じっくりと聞いてくることにいたします。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/19 06:06

必ずしもフルサイズ一眼にしなきゃならないという決まりはありません。


私も登山をし、写真を撮っていますがAPS-C、APS-H、マイクロフォーサーズと使い分けてますよ。
レンズも17mmから400mmまでズームを中心に揃えました。

プリンターも今となっては古いですがEPSONのG4500という機種を使用しています。以前は4000PXを使用してました。
印刷に関してはA3が使えるというのが条件。
今店頭に並んでいる6色インクのインクジェットプリンターならどれを選んでも印刷品質はかなりいいです。
問題なのは印刷時の設定。これを間違えると100万円のプリンターでも悲惨な結果になります。

Lightroom5も使用しています。


固いことは考えずに気軽に始めましょう。
経験者なんですから、デジタルとフィルムの違いを肌で感じればすんなりと移行できるはずですよ。
私は違和感なく移行出来ました。と言うよりも、フィルム時代は完全機械式のフルマニュアル機だったので最初は露出補正というのが理解できませんでした(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答くださいまして、ありがとうございます。

そうですね。
気軽に再開したいですね。

私も銀塩時代はTTL露出計の付いたCanon New F-1 を使っていましたが、撮影の際は、セコニックのダイヤル式露出計を手放しませんでした。
露出補正?さっぱりわかりません。

山行を考えると撮影機材は1グラムでも軽くしたいです。
富士フイルムのX-Pro1も考えましたが、視野率100%の光学ファインダーはどうしても欲しいと思いました。また、APS-Cにも。PENTAX K-5IIsにFAリミテッドレンズを付けたシステムも考えましたが、これですと、いずれ買い換えたくなるのは明らかですので、最初からフルサイズ以上のシステムにして、迷いをなくそうと思いました。

プリンターは、エプソン PX-5V か PIXSUS PRO-100 が有力です。

ズームレンズの技術の進化は素晴らしいですね。
ものによっては単焦点レンズを超えた描写性能を発揮するモデルまである時代なのですね。
ズーム<単焦点レンズという固定観念にとらわれないシステム作りを心掛けたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/18 23:15

回答にならないかも知れませんが


フィルム写真を真面目に学んだ経験がおありなら いわゆるフルサイズデジタル一眼の吐き出すデータが
「写るんです」でキチンと撮影した写真に少し毛の生えた程度だと言うことがお分かりだとおもいます。
また 写真の作品としての良し悪しは画質ではなく 自分なりのイメージを如何にフレーミングし 光と時間を切り取るか だと言う事も理解していらっしゃるとおもいます。
その上で あえて申し上げれば 何を選んでも50歩100歩だとおもいます。
経験を生かして キチンとした作品を画質にもこだわって作り込むのでしたら 645のデジタルバックをお奨めします。
35mmリバーサルフィルムの表現力と比較するとニコンもキヤノンも 大人のオモチャ の域を出ていません。

この回答への補足

PENTAXの645Dは、評判がよいですね。
米美知子さんや竹内敏信さんも使っておられるようで、風景写真に良さそうです。

銀塩写真時代から熟成を重ね、デジタルカメラになってからも既存ユーザーを大切にしながら改良を重ねるメーカーの姿勢に信頼をおけそうです。

ポイントは、645Dというハードだけでなく、スクールやサークル、コミュニティー、アフターケアなどのソフトの面です。
このあたりも含めて、土曜日の朝に新宿のショールームで色々情報を集めてきます。

補足日時:2013/09/19 06:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答くださいまして。ありがとうございます。

フイルムは、色々使いましたが、最終的にはフジクロームに行きつきました。
フジクロームに比べると、フルサイズデジタル一眼レフの強みは、解像度以外はないような気がします。
竹内敏信さんが、未だにフジクロームのベルビア+キヤノンのフイルム一眼レフにこだわるのも、わかるような気がします。

645のデジタルバックですと、自ずから、PENTAXの645Dですね。
Leica S2 にはとても手が出ませんから、PENTAXです。
でも、PENTAXのレンズの色調は、6×7の時代から大好きでした。
日本の気候風土に合ったレンズだと思います。

土曜日の朝、新宿のショールームに行って、全てのレンズを試してきます。
米美知子さんのような方に、写真を常に批評してもらえるような環境があれば、迷うことはないのですが。
EOS学園とかキヤノンフォトサークルは魅力的なのです。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/18 23:02

カラーマネージメント液晶モニターEIZO CX-240CNX、Lightroom5


ご自分でプリントとなると色評価用蛍光灯も揃えますね。
そこまで揃えると
デジタルはカメラのモニター、液晶モニター、プリントの色合いの調整も必要になります。
superpoko さんならそれも楽しめそうですね。

機種の選択のアドバイスは他の回答者におまかせして。
私はプロジェクターの購入をお勧めします。
風景・山岳写真なら100インチを超えるスクリーンで是非楽しんで下さい。

微速度撮影(タイムラプス撮影)も面白そうです。
http://matome.naver.jp/odai/2133606381285168301

http://www.pronews.jp/column/yosihiro-enatu/1308 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hayasi456さん

ご回答くださいまして、ありがとうございます。
お礼がたいへん遅くなりまして、まことにすみませんでした。

プロジェクター、こんなに素晴らしい世界があるのですね。
微速度撮影のリンクも全て拝見しました。
EIZOのモニターにBOSEのスピーカーシステムで視聴しておりますと、今まで経験したことがない大きな感動に包まれ、とても幸福を感じることができました。

今は100インチスクリーンは設置できる環境にはないのが残念なのですが、いつか必ず100インチを超えるスクリーンで楽しんでみたいと思います。

色評価用の蛍光灯、EIZO製品を設置しております。

こんなに素晴らしい感動の世界を体感できるものであれば、カメラは是非中判カメラまたは中判カメラ相当のカメラを使いたくなってきました。

貴重なことを教えてくださって、本当にありがとうございました。
また色々教えてください。

お礼日時:2013/09/20 21:13

昔アサカメを読んでたのなら、35mmじゃダメ、ってのは理解してるでしょうから



3のマミヤZDですね、これとAPOの300mm、これが基本です (^_^)v


プリンターはどれでもいい、もっと安いのでもいいし
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答くださいまして、ありがとうございます。

Mamiya ZD ですか。しかも、APO 300mm!ヒィー(^^;
良さそうですが、お値段も素敵過ぎますね。
PENTAX 645D なら何とかですが。

前田真三さんみたいに、リンホフ マスターテヒニカ + EBCフジノンレンズ なんて、かつて本当に手を出そうとしたことがありましたが、身の程知らずでした。

独りで写真をやっていても上達しませんから、EOS学園みたいに、基礎から上級、ゼミまであるようなところで勉強できるのが理想なのです。
なら、中判カメラに近いフルサイズデジタル一眼レフで、と考えたのですが。

中判カメラでレベルの高い写真教室なんてあったらいいな、と思うのですが、東京にそのようなところがあるのか?私にはわからないのです。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/18 00:02

あなたが使いやすいと感じた物で大丈夫です。


いくら高性能だとか高画質と言われても、使いにくければ撮影していても楽しくない。

ただ、好みはありますがキヤノンのカメラにはキヤノンのプリンターの方が相性が良いのは言うまでもありませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答くださいまして、ありがとうございます。

先日、キヤノンデジタルハウス銀座に行って、5D MarkIIIと交換レンズを9本ほど試してきました。
FDマウントが廃止された時はキヤノンをうらんだものでしたが、試してみるとEFマウントに変更したキヤノンの先見の明をはっきりと感じました。
使っていて気持ちがよいのです。

ニコンプラザ銀座には、まだ行っていません。
D800でいろいろなレンズを試してみたいと思います。
中でも、大三元レンズの中に、単焦点レンズを超えた性能のものがあるというレビューを見かけることが多い超広角ズームに興味があります。
銀塩写真時代はズームレンズが嫌いで、単焦点レンズばかりを使っておりましたが、技術の進歩に興味津々です。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/17 23:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q風景を撮影するのにオススメのカメラを教えてください

今度、海外へ旅行に行きます。
そのときのためにカメラを買いたいと思うのですが
風景をたくさん撮りたい場合にはどんな機種がおすすめですか?

また、星空も撮影したいと思っています。
星空といっても、天の川のようなものでなく
明るい星がちらほら見えればそれでいいのですが、
その場合でも一眼レフのようなものを購入したほうがいいのでしょうか?

出来るだけ出費は少なくしたいのですが、
どんなものがおすすめか是非教えてください。

Aベストアンサー

http://www.nhk.or.jp/kurashi/doraku/tue/index.html
星空の撮影についてはこの番組の次回放送(第7回)を参考にしてみましょう。

基本を知らなければどうすればいいかなんて想像すら出来ません。


風景を綺麗に撮りたい・・・
今売られているカメラならなにを買っても失敗はしないはずですが、使う人の意識や技量が残念だと結果も残念です。

「一眼レフを買えばだれでも綺麗な写真が撮れる」という程度の認識しかない人だと、携帯電話のカメラと同レベルの写真しか撮れないでしょうね。
だったら、1万数千円のコンデジで十分。
そういうことを再認識するためにデジタル一眼レフを買ってみるのもいいでしょう。
※いわゆる授業料www


本気で風景を綺麗に撮りたいのならRAWで記録し、自宅に帰ってきてからパソコンでRAW現像を行う位の事をしたほうが良い。
必然的にRAW対応した機種が候補となるし、RAW:現像ソフトも必要となる。
で、RAW現像は使う人の技量も問われるのでモチベーションが必要となる。
初めての人には難易度が高いかもしれないが、記憶に残っている印象通りに仕上げることが可能になる優れたツールであることは間違いない。
が、旅行時に漠然としかモノを見ていなければなにを使っても無駄ではあるけど(笑)

結局は、使う人次第。ってことですね。



で、海外旅行で沢山写真を撮りたいならメモリカードにも気を使いましょう。
旅行の途中でメモリカードがいっぱいになり撮影できない!なんてことになったら後悔しますからね。
どのくらいの頻度でシャッターをきるかわかりませんが、1千枚は保存できる容量のメモリカードを買っておいたほうが安心。もしくは複数枚用意する。複数枚用意するならメモリカードを収納するケースもあった方がいい。

そうすると、カメラのバッテリーも予備が必要になってきますね。たいていのデジカメは300枚撮影すればバッテリーが無くなるようなことがカタログに書かれています。
デジタル一眼レフだと、撮影後のプレビューをOFFにしたり、撮影済みの写真をカメラで再生しなければ1回の充電で1千枚くらいはバッテリーが持つはずです。
※デジタル一眼ではなくデジタル一眼レフです。間違えないでください。
 デジタル一眼レフでもEVF使用機は除外してください。

http://www.nhk.or.jp/kurashi/doraku/tue/index.html
星空の撮影についてはこの番組の次回放送(第7回)を参考にしてみましょう。

基本を知らなければどうすればいいかなんて想像すら出来ません。


風景を綺麗に撮りたい・・・
今売られているカメラならなにを買っても失敗はしないはずですが、使う人の意識や技量が残念だと結果も残念です。

「一眼レフを買えばだれでも綺麗な写真が撮れる」という程度の認識しかない人だと、携帯電話のカメラと同レベルの写真しか撮れないでしょうね。
だったら、1万数千円の...続きを読む

Qプロのグラビアカメラマンがほとんどキヤノンのカメラを使っている理由はな

プロのグラビアカメラマンがほとんどキヤノンのカメラを使っている理由はなんでしょうか?

カメラの初心者なのですが、勉強のために写真関係の本を読んだところ、グラビアをとっているプロカメラマンの使っているカメラがほとんど1D、5Dだったのですが、なぜニコンはあまりいないのでしょうか?そんなに不利なのでしょうか?
モデルの写真を撮ってご飯を食べようと思ったらキヤノンの一択なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

不利というわけではなく、キヤノンの方がコンシューマ向け一眼レフのデジタル化へのアプローチが速かった、という理由も存在するんですよね。

D30、D60を経て、1Dに至る間に、ニコンに対するアドバンテージを積み重ねることができたんです。その後、1Dsの高画素化によって、一気に差がついた状況がありました。お試ししてみたい方は10D、20Dで試してからハイエンドを買うということもできましたから。

グラビアもそうですが、広告やファッション関係でも、中判以上のカメラでの撮影を余儀なくされていたのが、高画素化によって1DsでもギリギリOKという状況が生まれることもあったわけです。

で。

こういう機材を仕事で買うと、数年に渡って税金を支払わなければならなかったりするんですよ。また、サブ機も合わせて準備する必要があるため、イニシャルコストが高くなりすぎて、他メーカーで魅力的な機材が出てもすぐには切り替えられない状況も生まれてしまいます。そんなことが積み重なった結果、キヤノンを使う方が結果的に多く残った、というお話もあろうかと。

リースで使う場合もありますが、5年契約などになるわけです。つまり、使い続けなければいけない状況というのは、機材の善し悪しだけでもないってことなんです。


入った事務所がキヤノンなら、必然的にキヤノンを使うことになるかもしれませんが、ニコンだから食えないということではないでしょうね、特に近年は。

こんにちは。

不利というわけではなく、キヤノンの方がコンシューマ向け一眼レフのデジタル化へのアプローチが速かった、という理由も存在するんですよね。

D30、D60を経て、1Dに至る間に、ニコンに対するアドバンテージを積み重ねることができたんです。その後、1Dsの高画素化によって、一気に差がついた状況がありました。お試ししてみたい方は10D、20Dで試してからハイエンドを買うということもできましたから。

グラビアもそうですが、広告やファッション関係でも、中判以上のカメラでの撮影を余儀なくされ...続きを読む

Qデジタル一眼レフ初心者に645Dは無謀でしょうか?

こんにちは。

「風景・山岳写真にはD800?5D MarkIII?」 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8268771.html で質問させていただきましたsuperpokoです。
その節は、ご回答くださいました皆さん、ありがとうございました。

その後、色々検討してみましたところ、5D MarkIIIが良さそうに思えました。
理由は、
レンズの発色が好み(New F-1、F-1を使っていた頃から)
好きな写真家が使っている(竹内敏信さん(5D)、米美知子さん、など)
PIXUS Pro-100(唯一の染料インク高級機)の仕上がりが好きで、この機種との相性がよいこと
EOS学園のカリキュラムや講座内容が非常に優れており、会社員の私にも参加しやすい
EOS学園で竹内敏信さんのお弟子さん(杉本恭子さん)に基礎から上級まで一貫して受け持ってもらえ、その後は米美知子さんの直接指導を受けることができる。
風景写真仲間が沢山できそうで、撮影ポイントなど情報を沢山得ることが期待できる。
です。

ハード6割、ソフト4割の基準で検討した結果、5D MarkIIIになりました。

ただ、ここにきて、ペンタックスの645Dが気になっています。
理由は、5D MarkIIIを超える画質とレンズの発色、扱いやすさです。

しかし、残念なことに、ペンタックスには、EOS学園のようなデジタル一眼レフの基礎から上級まで教えるようなスクールはありません。
米 美知子 風景写真教室 http://school.ricoh-imaging.co.jp/rim_school/201 …
はありますが、これはEOS学園でいえば、撮影テクニック講座I~IVを終えて、その上の「ネイチャーフォト実践講座」を終えた人のみが参加できる作品研究講座にあたる教室のように見受けました。

私はPhotoshopやLightroomを扱ったことはありませんし、RAW画像の処理の仕方やデータの整理・保存の仕方などさっぱりわかりません。(Windows歴は20年以上ありますし、Macも扱えます)
写真友達もいません。ですので、風景写真の撮影ポイントなど仲間を持っている人たちならではの情報も持ち合わせておりません。

でも、辰野清さんなどの645Dで撮影した写真を見ると、素直に素晴らしく、こういう写真を撮影してみたいと思うのです。

Photoshop CS6 の扱い方は、パソコンスクールでもやっているところを見つけてきました。(ただし、そのスクールは、アビバなので、写真専門的に優れた撮影データの扱い方を学べるかは未知数です)
準備しているパソコンもモニターも、もともとD800を使うことを考えて構築しておりますので、パソコン環境としては、645Dでも使えると思います。
銀塩写真時代は独学でしたので、写真の基礎がしっかり身についているか?は怪しいと考えております。

風景写真を極めたい、とするならば、
1、5D MarkIII +EOS学園で、竹内敏信さんのお弟子さん(杉本恭子さん)に基礎から上級までを教わっておいて、米美知子さんの薫陶を受ける。(645Dはあきらめ、キヤノン専門にする)
2、いきなり645Dを買い、ペンタックスの 米 美知子 風景写真教室 に参加する。
3、1で勉強しておいて、最上級レベルの講座を受講するようになったら、645Dを買って 米 美知子 風景写真教室 に参加して学ぶ。
のどれがよいでしょう?

米美知子さんは、写真をはじめる際に、いきなり645Nを買って写真をはじめられたといいます。
考えすぎて少々疲れてきておりまして、1~3どれが良いか?わからなくなってきました。

皆様の客観的なご意見をいただければ幸甚です。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。

「風景・山岳写真にはD800?5D MarkIII?」 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8268771.html で質問させていただきましたsuperpokoです。
その節は、ご回答くださいました皆さん、ありがとうございました。

その後、色々検討してみましたところ、5D MarkIIIが良さそうに思えました。
理由は、
レンズの発色が好み(New F-1、F-1を使っていた頃から)
好きな写真家が使っている(竹内敏信さん(5D)、米美知子さん、など)
PIXUS Pro-100(唯一の染料インク高級機)の仕上がりが好きで、この機種との...続きを読む

Aベストアンサー

RICOHのサイトを見る限り、米さんの教室の参加資格はRICOHの会員であることだけですね。
キャリアは一切関係無しの先着順20名で、参加者は作品持参、一回完了の講座のようです。
参加者全員の作品に講評を添えての2時間ですから、一人当たり3分の講評でもそれだけで1時間ということで、結構慌ただしい講座かもしれません。
米さんに作品を見てもらうという理由だけで何回も通うというのもアリだとは思いますが、基礎から学ぶという観点ではどうなのかという疑問はあります。

というわけで、風景写真を極められるかどうかは別にして、EOS学園がいいのではないでしょうか。
講座にもよるとは思いますが、みっちり時間をかけてくれるものもあるようですね。
ただ、全ての講座で同じ講師、となると結構大変なのではないですか。
受け持つ講座がある程度決まっているように思えますし、常駐の講師ではありませんから、例えばひとつの講座を終えて次の講座をその講師が担当するまでの間が何ヶ月も開いてしまって、上級終了に辿り着くまで何年もかかってしまうなどいうことにならないですかね。
既に調べられているのかもしれませんが、ちょっと引っかかりました。

米美知子さんは私も好きで著書を読んだりしたのですが、あの方の凄いところは被写体を探し求める情熱の強さと、見つけた被写体をどう見れば美しいかをみつける観察眼の鋭さだと思います。
そういうのは講座を受講して身につくようなものではないですから、あまり難しく考えずに、山でも川でも好みの場所に撮影に行って、自分の撮った写真を見て暗中模索しながら、感性を養うっていうのも必要だと思います。
全くの初心者じゃないのですから、645Dでも5D MarkIIIでも、いい相棒になりそうなカメラと三脚を連れて撮影に出かけて下さい。
「三脚はイーゼル、カメラはキャンバス、あなたはどんな画を描きますか」と米さんは書いておられました。

RICOHのサイトを見る限り、米さんの教室の参加資格はRICOHの会員であることだけですね。
キャリアは一切関係無しの先着順20名で、参加者は作品持参、一回完了の講座のようです。
参加者全員の作品に講評を添えての2時間ですから、一人当たり3分の講評でもそれだけで1時間ということで、結構慌ただしい講座かもしれません。
米さんに作品を見てもらうという理由だけで何回も通うというのもアリだとは思いますが、基礎から学ぶという観点ではどうなのかという疑問はあります。

というわけで、風景写真を極められる...続きを読む

QNikkor Ai 24mm/28mm/35mm 決められません...

Eシリーズの50mm/f1.8を持っています。次は広角レンズをゲットしたいのですが24mm/28mm/35mmのうちどれにすればいいのか決断できません。広角を欲しい理由は50mmでは入りきらない日常のイメージを撮りたいからです。35mm/f2あたりかな?と思うし、イヤイヤ広角ならいっそのこと24mmか28mmにしたほうが...とも思うのです。私が撮りたいイメージは人とそれを取り巻くシュチュエーションであってランドスケープではありません。“ズームにしてしまう”っていう手もあるのでしょうが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問のような内容の被写体ですと、焦点距離よりも明るさのほうが重要かもしれません。
「明るい広角レンズ」を考えられてはどうでしょうか?
そうなると種類は限られてきます。
ニッコールでは35mmF1.4か28mmF1.8、
サードパーティ製ではシグマの20mm、24mm、28mmの各F1.8モデルくらいしかありませんが。

ピントのあった被写体を中心に、広角ならではの背景描写が“甘くボケていく”のは
パンフォーカスでは表現しにくい空気感や臨場感の描写には持ってこいです。

上に挙げたレンズのうち、ニッコールの2本は
価格さえ気にしなければ選んで間違いはありません。
どちらも絞り開放が実用になるレンズです。

シグマ製については、20mmレンズは絞り開放では周囲の流れが多過ぎてちょっと使えません。
それに、焦点距離が短過ぎてボケにくく、単なる“シャッター速度を稼ぐ”意味しかありません。
24mm、28mmについては、どちらも絞り開放が使えます。
特に28mmの描写は純正品と比較しても充分なものです。価格も安いですし。

明るい広角レンズの絞り開放の描写は、ハマれば病みつきになります。
同時に写真の難しさを教えてくれます。
ま、明る過ぎて昼には使えない(笑)事もあって
どうしても被写体が夜の街になってしまうのが問題と言えば問題です。
写真以外のいらん事での出費が増えます。

という事で、私のお勧めは「明るい28ミリレンズ」です。
一歩下がれば24mm、一歩進めば35mmなんて芸当もできます。



ズームレンズは、いつまで経っても「自分の視角」を形成できないレンズです。
撮影を依頼されて、依頼者の視角で撮るのには便利でいいですが
自分の視角で絵づくりをしたいと思う人には不向きです。

ご質問のような内容の被写体ですと、焦点距離よりも明るさのほうが重要かもしれません。
「明るい広角レンズ」を考えられてはどうでしょうか?
そうなると種類は限られてきます。
ニッコールでは35mmF1.4か28mmF1.8、
サードパーティ製ではシグマの20mm、24mm、28mmの各F1.8モデルくらいしかありませんが。

ピントのあった被写体を中心に、広角ならではの背景描写が“甘くボケていく”のは
パンフォーカスでは表現しにくい空気感や臨場感の描写には持ってこいです。

上に挙げたレンズのうち、ニッコール...続きを読む

Q昼間の風景写真でも三脚を使う理由は?

デジタル一眼レフ初心者です。

最近、手ぶれ補正付きのデジタル一眼レフと三脚を購入しました。

私の場合、夜景や天体撮影がしたくて三脚を買いましたが

風景写真を撮る人達は手ぶれの心配がほとんどない昼間でも
三脚を使う人がけっこういますよね??

どう見ても広角レンズなのに
なぜ三脚を多用するのでしょうか?

初心者の質問ですみません。

Aベストアンサー

以下が主な利用と思います。

(1)風景写真の場合、シャッター速度が遅い露出を多く採用する。
(2)場所取り
(3)じっくりベストな時を待つ。

QSLIKとVelbonの差異を教えて下さい

canon 7Dを使っています。近々白レンズも購入予定です。
それに合わせて三脚を初購入しようと考えています。
しかし下記の2品でどちらにしたらよいのか、困っています。

(1) SLIK カーボンマスター 824PRO N
(2) Velbon ジオカルマーニュ N645M

価格的には(2)、見た感じは(1)。両者の違いが分りません。
そんなに安価なものではないので、買って使ってしっくり来ないから
買い替える、という発想はありません。できれば長く使っていきたいです。

そんなに足元の悪い岩場のような場所での使用はあまりないと思います。
夜景やたとえばダイヤモンド富士の撮影、花火の撮影とかを
考えています。
女子ですが、重さよりも使いやすさ、安定感、のほうが重要視しています。
また、主人もいずれカメラをやるでしょうから、ふたりで一本の使用を
考えています。私のカメラから彼のカメラに据え換える作業が伴われると
想像できます。

両者のメーカーの違いをアドバイして下さい。

Aベストアンサー

三脚は落としどころが非常に難しいアクセサリーなんですよね。
重さよりも使いやすさ、安定感、ということですが、安定感を求めれば重さは仕方ないのですが、重いものが果たして使いやすいのかとなるわけです。

候補の2機種はどちらもいい三脚だと思いますが、7D+白レンズ、つまりボディとレンズで三脚の重量と同等もしくは上をいくので、頭でっかち気味になってちょっとしたことで転倒する危険性が出てきます。
Velbonの4段ならジオカルマーニュ N740SET、SLIKで4段ならカーボンマスター 924PRO Nのほうがベターです。
http://www.velbon.com/jp/catalog/geocarmagnen/geocarmagnen740set.html
http://www.slik.co.jp/carbon-series/c_pro/4906752105733.html

安定感の見地から言えば、3段のN730SETや923PRO Nなら、下の足が細くならない分さらに理想的です。
http://www.velbon.com/jp/catalog/geocarmagnen/geocarmagnen730set.html
http://www.slik.co.jp/carbon-series/c_pro/4906752105726.html

候補の2機種から選ぶなら、Velbon ジオカルマーニュ N645Mから考えます。
理由は他の回答にありますように、最低高に余裕があることと、付属の雲台がクイックシュー仕様(個人的に好き)であることです。

ここからは全くの私見ですので話半分にして下さい。
私はちょっと頭が重いくらいなら、自分の注意・工夫・状況判断でどうにかなると思っています。
実際に検討していらっしゃる白レンズが何なのかにもよりますが、もし私が質問者さんの立場なら候補の2機種より軽くてもなんとかなるのではないか、というあまりほめられないことも考えると思います。
いずれにせよ三脚は使ってナンボで、「使ったほうがいいのはわかっているのだけど、ウチの重いんだよなあ…面倒だなあ…持って行くのイヤだなあ…」となってはどうしようもありません。
軽いのを選んでも重いのを選んでも、それぞれ不安はつきまとう訳ですから、楽しい写真ライフが送れるように、きっちり割り切った上での選択が重要だと思います。

三脚は落としどころが非常に難しいアクセサリーなんですよね。
重さよりも使いやすさ、安定感、ということですが、安定感を求めれば重さは仕方ないのですが、重いものが果たして使いやすいのかとなるわけです。

候補の2機種はどちらもいい三脚だと思いますが、7D+白レンズ、つまりボディとレンズで三脚の重量と同等もしくは上をいくので、頭でっかち気味になってちょっとしたことで転倒する危険性が出てきます。
Velbonの4段ならジオカルマーニュ N740SET、SLIKで4段ならカーボンマスター 924PRO Nのほうがベ...続きを読む

Qポートレートレンズのボケ感について(Canon)

ポートレートレンズについて教えていただきたいことがあります。

屋外で人物撮影をしたいと思っています。

そこで『キヤノン:EF70-200mm F2.8L IS II USM』と『EF85mm F1.2L II USM』のどちらを購入しようか迷っています。



初歩的な質問で申し訳ありませんが、

例えば、焦点距離を同じ85mmにセットし、またF値も2.8にセットした場合、ボケ感など何か大きな違いはありますでしょうか?

もし変わらないのであれば、値が張るのは覚悟の上で、85mmをカバーしている70-200の方を購入したいと思っています。



詳しい方がいましたら、教えていただけるととても助かります。¥

Aベストアンサー

ポートレイト経験者です。

フイルム時代 Eos1nRSと 5で 
 EF80-200mmF2.8LとEF85mmF1.8を使用していました。
(現在 E0s5DmⅡ EF70-200mmF2.8LISⅡと標準ズーム 使用中です)

ボケ具合と言いますか模写は、やはり 単焦点レンズには、かないません
ズームレンズは、被写界深度が浅くなります。ボケにくいという事です。
同じ85mm焦点距離で F2.8での撮影比較すれば 一目瞭然です。
Lレンズのズームレンズは、結構良いですが 単焦点には負ける ましてやLレンズ単焦点は、最高峰のレンズです。

ポートレイト撮影も 友人や 知り合いをモデルに単独撮影なら 撮影スタンス(距離)が自由に
選べて 単焦点レンズ85mmを振り回せますが 複数人で撮影する撮影会などでは、

意図する 画角や背景との構図などが 単焦点では、自由にできずに納得いかない事が多々おきます
なので 自分は、ポートレイト時は、80-200mmF2.8Lズームと 85mmF1.8を付けたカメラ2台で 望んでました。

プロカメラマンは、機材は、助手やスタッフが運んでくれますが 一般人の撮影では自身ですべての機材を持ち運び 撮影をしないといけません そうなると 機材の大きさ重さも重要です。
無理して 高価で重い 85mmF1.2LⅡを買うより F1.8で試らせ 単焦点の使いこなしをした方が 良いかと思います。

70-200mmF2.8LISⅡこれは、ポートレイトZOOMレンズで 何かと万能に活躍するレンズなので 持っていて良いかと思います。CanonEos買ったら 買っとくレンズの1本です。
しかしながら 個人的には、太くて重く持ちにくいレンズです 1キロ超えのレンズの経験が浅い人には、厳しいかも 少し腕を鍛え 重さに馴らす撮影経験を積んでください。

※ どちらか1本購入なら 70-200mmF2.8LISⅡ

85mmF2.8LⅡなら 使いこなせない人 購入したが出番が少なかった人の 程度の良い中古が
結構出てるので 中古を選ぶのも有りです。 ZOOMの中古は、お薦めしません。

※Lレンズとなると 高品質レンスで カビも置きやすく 防湿庫保管も必修です。

ポートレイト経験者です。

フイルム時代 Eos1nRSと 5で 
 EF80-200mmF2.8LとEF85mmF1.8を使用していました。
(現在 E0s5DmⅡ EF70-200mmF2.8LISⅡと標準ズーム 使用中です)

ボケ具合と言いますか模写は、やはり 単焦点レンズには、かないません
ズームレンズは、被写界深度が浅くなります。ボケにくいという事です。
同じ85mm焦点距離で F2.8での撮影比較すれば 一目瞭然です。
Lレンズのズームレンズは、結構良いですが 単焦...続きを読む

QCanonとNikonの描写の違いについて

デジタル一眼購入にあたり、ご多分に洩れずキャノンかニコンかで悩みに悩んでます。

撮りたい写真の一つとして、ほんわかした花の写真、一つの花にピントが合って、前と後ろにボケボケの花を配し超ハイキーに撮った、いわゆる“ゆるふわ”な写真が撮りたいのです。

写真ブログやFlickr、PHOTOHITOなどを見まくり、「こんな写真が撮りたい!」と思ったのは、ほぼ全てと言っていいほどキャノンで撮られたものでした。
ニコンで似たような写真を必死で探したのですが、綺麗ではあるのですがどうしても少しカチっとして、どちらかというと図鑑寄りの雰囲気というか、希望の雰囲気の写真を見つけることはできませんでした。

カメラ店で実機を触ったところ、手に馴染む感じ、シャッター音の好みはニコンだったのですが、自分が撮りたい画を撮れないのであれば意味がありません。

ニコンとキャノンの比較をしているサイトで、ニコンは線がハッキリしていてコントラストが強めで若干平面的、対してキャノンは階調で面を表現していて丸い物が丸く柔らかく写る、みたいなことが書いてあり、やはりニコンでゆるふわは難しいのか?手にしっくりこないしシャッター音は好きじゃないけどキャノンにすべきか?と悩んでます。

当然、加工ソフトでどうにでもいじれるのは承知してますが、極力カメラだけで手順少なく好みの写真を撮りたいです。

考えられるのは二つ。
1.単純に、ニコンユーザーはリアルでカリっとした画を好む人が多く、幻想的なふんわり甘いお花畑の写真を撮ってる人が少ないってだけ。本体の使い心地が気に入ってるならニコン買っとけ!
2.ニコンの画作りの特性としてゆるふわな写真は難しいor苦手なので、そのような写真が撮りたいのであればおとなしくキャノン買っとけ!

どちらでしょうか?

デジタル一眼購入にあたり、ご多分に洩れずキャノンかニコンかで悩みに悩んでます。

撮りたい写真の一つとして、ほんわかした花の写真、一つの花にピントが合って、前と後ろにボケボケの花を配し超ハイキーに撮った、いわゆる“ゆるふわ”な写真が撮りたいのです。

写真ブログやFlickr、PHOTOHITOなどを見まくり、「こんな写真が撮りたい!」と思ったのは、ほぼ全てと言っていいほどキャノンで撮られたものでした。
ニコンで似たような写真を必死で探したのですが、綺麗ではあるのですがどうしても少しカチっとし...続きを読む

Aベストアンサー

う~ん… 「おお…なるほど、そういうものなんだ!」といった感じに、ズバッとツボを突いた回答は出てこないかもしれないですね。
多分に感覚的なことなので…
この質問に対して「キャノンはこういう理由で…ニコンはああいう理由で…」といった分析めいた回答が出てきたら、そのほうがむしろ嘘くさいと私は感じると思います。

私も一応、Jpeg撮って出しを前提として考えてはみました。
“キヤノンは階調で面を表現していて丸い物が丸く柔らかく写る”っていうのはピンときませんでしたが、“ニコンは線がハッキリしていてコントラストが強め”というのに対しては、言われてみればそうかなあとは感じました。
ただ、キヤノンのJpegもコントラストはそこそこつけていますし、“線”に関しては使うレンズの影響も大きいはずですし…
更にハイキーにした場合の影響…この辺りまで考えて分からなくなりました。

気がついたことを申し上げますと、リアルでカリっとした画が好まれるのは、もうここ何年も続いている流行で、もはや現在のスタンダードになっていると思われます。
ニコンユーザーに限ったことではありません。
所持する機材のメーカーに関わらず、一部の人が自分の表現で色々やっているというのが現実だと思います。

またFlickrやPHOTOHITOの写真は、何らかの手を加えた上で投稿されているものが大半だと思います。
もちろんJpeg撮って出しのものもあるとは思いますが、FlickrやPHOTOHITOだけでメーカーの傾向として捉えるのは無理があるかもしれません。
コンデジだとJpeg撮って出しがほとんどになると思われますから、ネットの投稿画像はいい比較材料になるのですが、レンズ交換式を使っていて尚且つそういう場所に投稿される方は、多かれ少なかれ何かやってから投稿していると思います。

機材選びですが、キヤノンにするしかないのではないでしょうか。
実際にどういう結果が訪れるかはともかく、一度キヤノンを使い込んでみないことにはモヤモヤがいつまでも解消されないと思います。

う~ん… 「おお…なるほど、そういうものなんだ!」といった感じに、ズバッとツボを突いた回答は出てこないかもしれないですね。
多分に感覚的なことなので…
この質問に対して「キャノンはこういう理由で…ニコンはああいう理由で…」といった分析めいた回答が出てきたら、そのほうがむしろ嘘くさいと私は感じると思います。

私も一応、Jpeg撮って出しを前提として考えてはみました。
“キヤノンは階調で面を表現していて丸い物が丸く柔らかく写る”っていうのはピンときませんでしたが、“ニコンは線がハッキリしてい...続きを読む

Q一脚ってぶれないんですか?

デジタル一眼レフを買いました。K100Dなので手振れ補正が本体についているものの、やはり夜景などをとる場合はさすがに役に立たないと思います。

そこで三脚や、一脚を使いたいと考えています。三脚は持ち運びが不便そうだし、街中で広げるのはちょっと恥ずかしいので、あまり買う気がおきません。

そこで一脚を考えているのですが、一脚ってぶれないんですか?確かに、上下方向には固定されますが、前後左右には動いちゃうんじゃないですか?

夜景とる場合はやはり一脚じゃ不十分でしょうか?それとも何か使い方があるのですか?

Aベストアンサー

一脚は有効ですが、1秒や2秒かけての夜景撮影では確実にブレます。
1/(焦点距離÷5)秒くらいでも、成功率は低いです。
ISO感度や手ぶれ補正を活かしても半々の成功率に持っていくのは結構難しいと思います。

静止したものをじっくり狙う時は、直立で使うよりも、左斜め前などに一脚を出して撮る方が上下左右方向のブレは少ないと感じます。
何かと役に立つので、買って色々と試してみると面白いですよ。
一脚だけでなく、壁や手すりなども併用すると成功するかもしれません。

Qみなさん常用フィルターはどのようなフィルターを使っていますか?

フィルターについて少し教えてください。

色んなフィルターがあることが分かり、青空をキレイに写すならPLフィルターがよいなどは分かってきました。
今使っているフィルターは
kenko pro1 digital
です。
単に一番初めレンズを購入した際に、店員さんからこれがいいと強く勧められたからです。
そのおかげで?今持っているレンズ全てがこのフィルターです。

しかし調べていくうちに、常用フィルターはUVカットの方がいいとか、丹に保護だけのフィルターは無意味という情報が入ってきました。

これからPLフィルターなどを購入するのに、UVカットのフィルターも併せて購入した方がいいのか、フィルターが2枚重ねはよくないからPLフィルターだけでいいのかなど教えてください。

撮影しているのは、鳥・猿・イノシシ・鹿などの野生動物や、風景がメインです。
最近になって人も撮り始めています。
動物は70-300mmのシグマのレンズで、風景・人物は17-70mmの標準ズームと30mm f1.4のシグマの単焦点です。

風景や動物はPLフィルターでいいと考えていますが、間違えてたら教えてください。
よろしくお願いします。

フィルターについて少し教えてください。

色んなフィルターがあることが分かり、青空をキレイに写すならPLフィルターがよいなどは分かってきました。
今使っているフィルターは
kenko pro1 digital
です。
単に一番初めレンズを購入した際に、店員さんからこれがいいと強く勧められたからです。
そのおかげで?今持っているレンズ全てがこのフィルターです。

しかし調べていくうちに、常用フィルターはUVカットの方がいいとか、丹に保護だけのフィルターは無意味という情報が入ってきました。

これ...続きを読む

Aベストアンサー

ども。
フィルターに何を求めるかによって考え方が変わることだと思います。PLフィルターは不要な反射を取り除きますが,その効果を利かせると露出が下がりますので,そういう効果を狙いたい時だけ使ってください。
UVフィルターは風景などで考えるのでしたら常用フィルターでもよいと思います。
単なる保護フィルターが意味が無いかと言えばそういうわけでもなく,レンズに対して特に光線の補正をする必要がなく,安価に保護したいのでしたらそれでよいのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング