高学歴の従業員がたくさんいる企業のほうが、長く続く、売り上げが高い?
でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

世界長寿企業ランキングのTOP10は以下の通りです。



創業年 社名 創業地 業種
578 Kongō Gumi Japan Construction
705 Nisiyama Onsen Keiunkan Japan Hotel
717 Hoshi Ryokan Japan Hotel
717 Koman Japan Hotel
718 Zengoro Japan Hotel
771 Genda Shigyo Japan Paper bags
803 Stiftskeller St. Peter Austria Restaurant
862 Staffelter Hof Germany Wine
885 Tanaka-Iga Japan Religious goods
953 The Bingley Arms UK Pub

ランキングTOP6は日本の企業です。
また200年以上続く会社は世界に5586社あり、そのうちの61%、3146社が日本企業です。2位のドイツが837社、3位のオランダが222社ですから、日本は人間だけでなく企業も長寿国です。
長寿企業の上位にはホテル業、酒造業や外食産業が並んでいます。これらの企業は時代的にも高学歴を必要としたとは思えないので、「長く続く」と「高学歴の従業員数」の相関は小さいと言えるでしょう。

次に売上高について見ましょう。国内企業の売上高TOP10は以下の通りです。

1 トヨタ自動車 20.5兆円
2 NTT 10.4兆円
3 ホンダ 10.0兆円
4 日立製作所 10.0兆円
5 日産自動車 8.4兆円
6 パナソニック 7.7兆円
7 ソニー 7.7兆円
8 JX日鉱日石 7.3兆円
9 JT 6.8兆円
10 東芝 6.8兆円

これらの企業の採用枠に占める高学歴比率は以下の通りです。
なお、ここでは高学歴をMARCH、関関同立以上と仮定します。

1 トヨタ自動車 63.5%
2 NTT 67.7%
3 ホンダ 58.5%
4 日立製作所 66.3%
5 日産自動車 22.4%
6 パナソニック 84.5%
7 ソニー 77.2%
8 JX日鉱日石 71.1%
9 JT 60.8%
10 東芝 56.3%

日産を除けば、確かに売上高と高学歴従業員数には相関がありそうです。
ただこれは、高学歴の従業員がたくさんいるから売り上げが高いというよりも、売り上げが高くなったから高学歴従業員も増えたということです。

企業と言うのは基本的に常に成長しなければなりません。
成長には二つの手段があり、一つは単純にマスを増やすこと。もう一つは付加価値を高めることです。
しかし、マスを増やすのはある程度までは有効ですが、市場に限りがある以上、いずれどこかで均衡します。
したがって重要なのは付加価値を高めることです。
これは産み出す物もそうですが、産み出す手段にも高い価値が必要と言うことです。
単純に言えば、若い企業ならとにかく人を増やせばいいが、成長した企業はより高い能力を持った人間を増やす必要があるということです。
高い能力をどう見分けるかが、今日の日本ではどういう大学に入ったかということを一つの指標にしているということです。
そのため、売り上げが高くなればなるほど、高学歴従業員比率が高いことになります。

学歴=収入。
そもそも多くの中高生はそのために日夜受験勉強をしているのです。
親が子に「勉強しなさい」と言うのも、多くはそういう理由です。
それが一般社会の認識です。
これを否定するのは欺瞞に他ならない。

それと、これは一般論としてはいけないかもしれませんが、近年の低学歴層の劣化が酷すぎる。
いわゆるtwitter騒動では偏差値45前後の高校生が大多数を占めています。
人材供給の問題があるのですぐにどうこうなるとは思いませんが、流れとしては正社員はもちろん、アルバイトでも低学歴層を忌避するようになるでしょう。なにしろ企業にとっては文字通り死活問題となっているからです。
現実に、都内の普通の小売業で、アルバイトには東工早慶の学生のみを採用するというところが存在します。
業務内容としては全く高学歴を必要としていないにも関わらずです。
これなども、高学歴層を狙っているというよりは低学歴層を避けていると考えられます。

学歴と言うとネガティブな印象を受ける人もいるのですが、私は学歴≒知性と解釈しています。
成長と持続を最大目標とする企業がより高い知性を求めるのは必然ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/29 21:15

無きにしも非ずだと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/29 21:15

第二次大戦後日本で一番高学歴を集めた業界は何かをご存知でしょうか。


それは石炭産業です。
当時の日本はエネルギーの多くは石炭に頼っており、国策として発展の中心に石炭を据えて国がバックアップしたのです。
そのため最優秀の学生が多くこの業界に就職しました。
その後その業界がどうなったかはご存じのとおりです。
そして今経済の中心になっているのは当時はほとんどその芽もなかった自動車や電機です。

私はかつて社員数100人以下のベンチャー企業にいました。そこでは有名大学からは全く応募がなく、ほとんどが中途採用の社員でした。でも今ではその会社は有数の高収益企業になっています。ベンチャー企業時代有名大学卒はほとんどゼロでした。

ということで答えは、高学歴だけでは成長は維持できない。それを実現するのは経営者の人の使い方動かし方だという意見です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/29 21:15

高学歴者がいれば安泰か?中身の問題です。

大学の教育課程を卒業した者にITの仕事ができますか?如何に新しい時代にマッチした製品を作り、粘り強い営業力がなければ成功しません。ある自動車会社はヒット商品を買いに来た顧客に「売ってやるよ」と言って苦境に落ち込んでいる会社もあります。やはり企業のトップがしっかりとしていなければ会社は永続できません。S電気会社のように元OBのトップが権力を持ち続けていると今のトップは飾りとなり改革はできません。
要するに技術力と販売力それに社員の意欲を如何に高く継続できるかにかかっています。高学歴者ばかりでは意見の対立もあり、バランスが必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/29 21:15

よく出来たトンカチや釘があっても


良い家が出来るとは限らないと思う。

何を思い描くかだよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/29 21:15

いまどき、そんなことを言う人は珍しいですね。


たとえは、シャープ、パナソニック、ソニーなど好業績なのですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/29 21:15

そんなことはないですよ。



MixiやDeNA等の企業の多くに東大や京大卒の学生が多く入社しましたがごらんの有様です。
学歴と売上、経営能力においては相関関係は低いと思いますけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/29 21:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大企業における出世と学歴の関係

こんにちは。
大阪市立大学経済学部に在籍しており現在、就職活動を行っているものです。

就職活動をする中で、悩んでいることがあります。

実際、大阪市立大学OBの方でも大企業に入社されている先輩はおり、
ほとんどの企業は学歴よりも人間性をみて採用しているのかな、と
思っております。

しかし、学歴がなければ入社はできても、出世はできないのでしょうか。

私は現在、
「スケールの大きなものに携わる」
「顧客との距離が近く、自分の仕事に対して喜ばれる、感謝される(BtoB企業)」
これらを軸にして、企業選びをしています。

その中では
・総合電機メーカー(三菱、日立、東芝等のインフラ系事業)
・総合重機メーカー、(三菱重工、川崎重工、IHI、住友重工など)
・海運大手3社
・物流業界、等を志望しております。
入社することすら困難な企業ばかりだと思うのですが、仮に入社できたとして
出世は望めるのでしょうか。

もちろん、その人の入社後の努力や能力によるところも、大いに関係してくるとは
思うのですが、やはり限界はあるのでしょうか。

私は将来、入社した企業で懸命に働き、出世をし、
責任の大きな仕事を任され、その企業にとって重要とされるような人材に
なりたいと考えております。
実際、私ほどの学歴で、活躍できる可能性がある業界、企業規模は
どの程度のものなのでしょうか。


そもそも私は、まだまだ企業名や年収などに惹かれて
本当に自分のやりたいことを軸に企業選びができていない気もします。


自分で考えるべき問題だとは思うのですが、ぜひ社会人の方に
アドバイスを頂きたいです。
よろしくお願い致します。

こんにちは。
大阪市立大学経済学部に在籍しており現在、就職活動を行っているものです。

就職活動をする中で、悩んでいることがあります。

実際、大阪市立大学OBの方でも大企業に入社されている先輩はおり、
ほとんどの企業は学歴よりも人間性をみて採用しているのかな、と
思っております。

しかし、学歴がなければ入社はできても、出世はできないのでしょうか。

私は現在、
「スケールの大きなものに携わる」
「顧客との距離が近く、自分の仕事に対して喜ばれる、感謝される(BtoB企業)」
これらを軸にし...続きを読む

Aベストアンサー

大企業であればあるほど、
学歴による壁を感じることは多いと思います。
絶対出世はできない訳ではないですけど。。

なんとか東証1部にぎりぎり上場していた会社に勤めていたことがあります。

派閥があるんですよ。
部下として気に入られると、昇級試験とかにアドバイスとか、
推薦とかあるんですよね。
それが、同じ大学出身の偉い人がいると得なんですよね。
昇級試験の合否の審査官に、自分と同じ大学出身者がいると心証が違うみたいです。

職場の親睦会で、よく、
誰と誰がどこの大学だ。という会話をよくするので、
部署が違っても、出身大学を話のネタに偉い人とお近づきになれる可能性も。
同じ大学出身者で、偉い人から新人まで親睦会をやっている人もいました。

もちろん、派閥も出身大学だけでできていくわけではないですよ。
上司と部下として仕事を頑張ってきた実績があるとか。。
人間性で、選ばれることももちろんあります。

就職活動がイヤになってしまいそうな情報を書いてしまいすみません。
あくまで全てではないのであしからず。

Q日本でいうとコングロマリットとは具体的にどの会社のことを言うのでしょうか?

政治経済でコングロマリットという言葉を教わりました。

コトバンクで調べると「複合企業。多種の業種・企業を統合してできた巨大企業集団のこと。近年盛んなM&Aなどを通じて、企業の多角化が進んでいる。技術も市場も異なるような、いわゆる畑違いな事業に参画するために行なわれる、非関連多角化の企業統合形態を指す。主に企業買収によって、自社にはない事業やノウハウを手っ取り早く取得できるという利点から増加している。インターネット関連企業がファイナンスを買収し、金融事業を運営しているのはこの一例と言えるだろう。 」と書いてありました。

日本でいうと上に書かれているような会社は、具体的にどの会社のことを言うのでしょうか?

すみませんが、お教えいただけましたら助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

内容的にはかつての「ライブドア」を意識しているように感じますが、
今も存在している会社でも、「ソフトバンク」や「楽天」はインターネット関連事業に強みを持ちつつ、金融事業をもつ会社と言えます。

いわゆるIT企業以外でも、ソニーなんかも多角経営で有名ですね。一連のエンタメ事業(映画、音楽、ゲーム)はもちろん、銀行、保険、不動産も手がけています。

Q親会社採用→子会社配属って?

早めの就職活動で情報収集しています大学3年生です。
最近気になる話を聞きましたので知っている方がいましたらどうか回答を頂きたいと思います。

『大手電機会社に内定をもらったが、いざ働いてみると配属は大手会社の子会社だった』というオチです。
調べてみると、本田技研工業なども配属先が、本田技研工業(株)orホンダエンジニアリング(株)or…と子会社に配属されることも募集要項に明記されています。

就職四季報などを見る限りは「本田技研工業(株)」一括として待遇などの情報が載っており、採用も一括です。
ここで問題なのですが、子会社配属となった場合、親会社と違って給料や福利厚生などの待遇に違いがでてくるのでしょうか?
またこの場合、子会社配属でも「本田技研工業(株)」で働いているといえるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

事業所の立地や、勤務形態などで全く同じには出来ない部分もあるとは
思いますが、給与形態や福利厚生は基本的に「同じ」で、身分上は多分
「親会社からの出向」という形になるものと思います。

「出向」とは、給与等は親会社から支払うものの(子会社は子会社の規定
に従って、親会社に対応する給与分を支払う)、業務上の指示などはあく
まで子会社のラインに入ることを言います。法的にも実際にも微妙に違う
部分があるのですが、考え方で言えば「派遣」に近いものがあります。

この手の会社はしばしば、「将来の幹部候補生」として採用した人材を、
若いうちに子会社に勤務させ「現場」感覚を身に付けさせるということ
をします。その場合、子会社勤務はあくまで「将来のための布石」で
あって、別に採用時の成績や態度が云々、という話ではありません。

また、「子会社」は親会社より規模が小さいので、親会社からの出向で
あっても、無能な人間を飼っておく余裕なんぞないのが通常ですから、
むしろ有能で「将来有望」な人間の方が「子会社勤務」になる可能性が
高いとも言えます。当然、現場の人間は「将来社長として戻ってくる」
可能性のある人材として対応しますし、その程度の能力を要求される
という面もあります。

ただ、勤務先はあくまで「子会社」ですから、名刺も子会社名になり
ますし、「働いている先」は子会社と言うことになります。出向元は
特段の要求が無い限り言わないのが通常ですよ。

事業所の立地や、勤務形態などで全く同じには出来ない部分もあるとは
思いますが、給与形態や福利厚生は基本的に「同じ」で、身分上は多分
「親会社からの出向」という形になるものと思います。

「出向」とは、給与等は親会社から支払うものの(子会社は子会社の規定
に従って、親会社に対応する給与分を支払う)、業務上の指示などはあく
まで子会社のラインに入ることを言います。法的にも実際にも微妙に違う
部分があるのですが、考え方で言えば「派遣」に近いものがあります。

この手の会社はしば...続きを読む

Q面接の当日に結果とは…(皆さんならどう思われますか?)

他の方のご意見もお聞きしたいので投稿させていただきます。

私は現在転職活動をしていて先日にある会社から内定をいただきました。内定をもらったことはうれしいことはうれしかったのですがいくつか引っかかっている点があります。面接で

「面接の結果は当日の夕方か明日に連絡がする。」と面接官に言われたので、こちらが「他にも面接を受けているので(内定が出た場合、御社に決めるかの)返答は来週まで待って欲しい。」と言ったのですが、「明日に返事が欲しい。」と言われました。結局、返答は面接の一日後に返事をすることになりました。

そして、面接当日の夕方に「内定が決定しました。」という電話をいただきました。少し結果が早すぎる事や返事を急かされた事に疑問や不安を感じましたがせっかくの内定なので一応受理しました。

面接官の感じは特に不愉快になるような発言や態度はなかったのですが
こんなに早く結果が出た事に「とにかく数合わせで誰でもよかったんじゃないか…?」と心配になってきました。また特に急ぎで何日までに人手が欲しいという話も出ていません(*私はこの会社の仕事に関しては全くの未経験者)

出社までまだ時間がありますが、正直不安や疑問が沸いてきています。
皆さんならこういった場合、どのように思われますか?

ちなみ私は26歳の男で受けた会社は30人くらいの零細企業です。
よろしくお願いします。

他の方のご意見もお聞きしたいので投稿させていただきます。

私は現在転職活動をしていて先日にある会社から内定をいただきました。内定をもらったことはうれしいことはうれしかったのですがいくつか引っかかっている点があります。面接で

「面接の結果は当日の夕方か明日に連絡がする。」と面接官に言われたので、こちらが「他にも面接を受けているので(内定が出た場合、御社に決めるかの)返答は来週まで待って欲しい。」と言ったのですが、「明日に返事が欲しい。」と言われました。結局、返答は面接の...続きを読む

Aベストアンサー

小さな会社は、面接官が採用責任者を兼ねていることが多いので
その場で採用の決定を下して内定を出すこともできるんですよ。
私の最初の勤め先は、入社試験と面接がありましたが
面接がいきなり社長面接で、その場で内定でした。
10年勤めましたが、ほんとうに良い会社でした。
小さいところは社長がみんなの顔と名前をおぼえていて、
社員が全員お互いを知っていて、非常に居心地が良いです。
社員のことを本当に考えていてくれている社長さんでした。
私が辞めた理由は、会社への不満では全くありません。

今の会社は大企業ですが、社長面接の最中に内定が出ました(笑)。
まあ……その場に同席した人事担当者も、
その後電話で報告した転職エージェントの担当者もビックリでしたが。

大企業でも中小企業でも、結局、面接結果はその場で決まっているといいます。
なんだかんだと勿体ぶったり、手続き上の問題だったり、
もしくは「他の人全員面接してから」と思っていたり、
そういう理由で時間がかかることもありますが、
落ちる/受かるはその場で既に決まっています。
「要らないな」と思われた人は、応募者がその人一人きりでも、
どんなに人がいなくて困っている会社でも、落ちます。
「欲しいな」と思われた人は、まあ…応募者が大量にいて
欲しい人が沢山いたら、取捨選択されて落ちることもあるでしょうが
そうでなければ(そうであっても)、欲しい人材なのです。

こいつは欲しい/要らない、を決めるのは面接官です。
最終決定は、社長だったり、責任者が下すわけですが、
最終決定者が応募者を面接していない場合には
面接官の判断を聞くしかないのですよ。
面接官が「あれはダメですよ」と言うのを
最終決定者が「いや、取ろう」と言うと思います??
面接官が「これは良いですよ!」と言うのを
「そうか、じゃあ取ろう」となるわけです。
そして、面接官はこの判断を、面接中に(その場で)しています。

判ります??
その場でorその日のうちに内定が出ることは
別段おかしなことではないということを。
あなたが本当に欲しい人材であったということを。

要らない人材ならば、応募者一人でも、落ちるんです。

「その日に内定が出たこと」で不安になるなんてばかばかしい!
会社の仕事の内容に不安になるとか
その会社でやっていけるかどうかで不安になるならともかく。

小さな会社は、面接官が採用責任者を兼ねていることが多いので
その場で採用の決定を下して内定を出すこともできるんですよ。
私の最初の勤め先は、入社試験と面接がありましたが
面接がいきなり社長面接で、その場で内定でした。
10年勤めましたが、ほんとうに良い会社でした。
小さいところは社長がみんなの顔と名前をおぼえていて、
社員が全員お互いを知っていて、非常に居心地が良いです。
社員のことを本当に考えていてくれている社長さんでした。
私が辞めた理由は、会社への不満では全くありませ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報