痔になりやすい生活習慣とは?

2020年のオリンピックは東京で開催されることになりました。
素晴らしいことだと思います。
しかし、開催期間が7月下旬から8月上旬の猛暑期間とのことです。
気象状況を考えると、選手だけでなく観客の健康にも悪影響を及ぼす時期ではないでしょうか?
なぜ、以前の東京オリンピックのように秋に開催しないのでしょうか?
真夏のうだる暑さなの中では健康や防災を無視したオリンピックにならないでしょうか?
秋の最適な天候の中で記録に挑戦するより、あえて真夏の最悪の気温・湿度の中での競技のほうが人間の限界に挑むという点においてスポーツ医学の実験という観点からすればいいデータが出るかもしれません。
しかし、それらは競技前の実験などで医師・看護士立ち会いのもとなされるべきであって、お祭りとして海外の選手、観客を招く側のホストの立場で考えると最悪の季節は避けるべきだと思いますが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

1984年のロサンゼルス五輪を契機に五輪は商業化し、そのため、巨額のテレビ放映権を出してくれるアメリカのNBCテレビの意向を、無視できなくなりました。


夏季五輪は、NBCテレビが視聴率を取り易いように、アメフトなど、アメリカのメジャー・スポーツのシーズンとはズラして開催するようになっているのです。
その時期が、7月~8月なので、「2020東京五輪」も真夏の五輪になっています。
因みに、「2020東京五輪は、「7月24日~8月9日」ですが、これは、上記の裏事情に加え、「子どもたちも観られるよう、夏休みに入ってから開会式を行う」「お盆時期の混雑や渋滞を避ける」という意味もあるそうです。 
また、放送時間も、日本にではなく、アメリカ東部時間に合わせて、「決勝」の時間を決めているようです。
「アメリカのNBCテレビの意向」なんですね。

確かに、日本の夏の暑さを考えますと、五輪の開催時期としては適切ではないですが、事情がそうなので、他の国は、我慢しているのでしょう。
    • good
    • 2

東京だと難しい季節ですよね、


今年は猛暑でしたが、7月後半ギリギリまで梅雨の時もあります。
猛暑がなければ、梅雨が明けカラッとした季節にやりたい、
という願望でもあるのでしょうか。
たぶん前回招致活動した時の開催日程とかえてないんじゃないかな、
前回の選考はたしか2009年で酷い猛暑になったのは2010年なんでその前。
(あと今年2013年だけど招致活動中だったから安易に日程は変えられそうにない)
でももし前もって猛暑の可能性も考えくれてたら9月開催でもよかったかな、と。
前倒しは各学校が試験があるため6月くらいにしないと無理なのかな。

で、本題ですが、最近南半球でもやりますね。
2000年のシドニー、2018年のリオ。ご存じの通り南半球は冬です。
名は「夏季オリンピック」だけど、冬にやるのはこれいかに。
実際はシドニーもリオも一年を通じて気温の変化が小さいので
冬でも暖かいようですけどね。
その中でリオは8月中旬から始めるようですが、
シドニーは9月中旬から始まり10月1日に終わりました。
こういうのを参考にして過ごしやすい季節でやってくれれば
いいんですけどね。

国立競技場も屋根付きになりますし、だいたいのスポーツは
屋内だと思うので分かりませんが参考までに。さて
    • good
    • 1

涼しい頭で冷静に原発問題を捉えられると困りますので。

7年後には、原発を再起動していますし。
    • good
    • 1

 ホストが決める物ではなく、IOCが他の団体のスポーツ大会に影響を与えないような日程ということで、夏になってます。



秋は、サッカーやアメリカンフットボールの決勝とかが多いからですね。
    • good
    • 1

夏季冬季と決まったからです。



以前は秋季でした。
    • good
    • 1

秋は、世界中で、いろいろなスポーツの祭典がありTV放送も枠を確保されているそうです。



この為オリンピックの最大スポンサーである米国のTV局が視聴率を取るために、夏の開催をごり押し?したそうです。

競技の時間も、米国で、視聴者が多く見る時間にするために、日本時間では、おかしな時間に設定されるものもあるようです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ、わざわざ暑い夏に、オリンピックを実施するので

東京オリンピックは2020年7月24日(金)~8月9日(日)に開催されます。期間としては、暑い夏真っ盛りですね。
気候の良い、梅雨前の春や、台風の来襲が一段落した秋を選ばず、わざわざ暑い夏に五輪を実施する、のはなぜですか?

Aベストアンサー

7、8月が一番稼ぎ時だからです。テレビの放映権をもってる局からすれば、この時期が一番視聴率が稼げるのです。日本だってこの時期は夏休みの人が多いですからね。このためIOCもTV局の意向をふまえる形でこの時期を指定しているのです。

詳細は同じ質問がいくつかありますので、こちらを参考に。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2709655.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8258126.html

Qなぜ夏季オリンピックは真夏の暑い時期に行うのか?

開催が決まった2020年東京オリンピックの日程が2020年7月24日から8月9日までと発表された。
この時期の日本の夏は、熱中症で倒れる人が続出するくらいの酷暑で、選手には過酷だ。
前回1964年大会は、涼しい10月に開催したのに。
なぜ真夏の酷暑の時期に開催するのか?

Aベストアンサー

放映権収入が一番見込める「アメリカ&欧州」のプロスポーツの開催時期を避けるには、サマーインターバル中の真夏しかない。

かつての東京五輪の10月10日(元体育の日)に開催なんて言ったら、日本は落選していたでしょう。10月に他のスポーツイベントを見るヒマは、アメリカ人にも欧州のスポーツファンにもありません。そして視聴者数が稼げなければ放映権収入も見込めません。

オリンピックは「アマチュアスポーツの祭典」と思っている方は、50年遅れています。いまや「オリンピックは金が稼げるイベント」です。稼げない要素は徹底的に排除する。今回東京五輪が選ばれたのも、これからの少ない投資(箱物は再利用可能な施設が多い)で大きな収入(いくらBRICs諸国や欧州・アメリカがといっても、スポンサー投資の最も多いのは依然日本)。日本企業はオフィシャルでなくても金注ぎ込んでくれますし。トルコやスペインだと大企業スポンサーは見込めても数と額で見劣りする。

だからこそ、7年後の真夏開催で本当に大丈夫か?という話になっています。もっとも、7年後にトルコとスペインが日本より涼しいという保証もないのですがね。別に日本列島のみが世界の中で珍しく酷暑傾向だったわけではないですし。それに、

「7年も経過すれば今より確実に効果が上がる熱中症・酷暑対策は当たり前に出ているはずですよ?」

ヒステリックな心配はいらないと思います。日本人は、対処技術は世界一ですし。

放映権収入が一番見込める「アメリカ&欧州」のプロスポーツの開催時期を避けるには、サマーインターバル中の真夏しかない。

かつての東京五輪の10月10日(元体育の日)に開催なんて言ったら、日本は落選していたでしょう。10月に他のスポーツイベントを見るヒマは、アメリカ人にも欧州のスポーツファンにもありません。そして視聴者数が稼げなければ放映権収入も見込めません。

オリンピックは「アマチュアスポーツの祭典」と思っている方は、50年遅れています。いまや「オリンピックは金が稼げるイベ...続きを読む

Qなぜオリンピックは7・8月にやるのか?

ここの所オリンピック夏季大会は、7・8月に行われている。
なぜ選手にとって過酷な一番暑いこの時期にやるのか?
1964年東京オリンピックは、比較的涼しい10月に開催したのに。

Aベストアンサー

7、8月なら夏休みで客を集めやすい、という興行的な要素があるかと思います。今までは開催すると赤字になるというイメージがあり、84年のロス五輪は他に立候補する都市がなく無投票で決定したほどです。しかしそのロス五輪が国の力をかりずに入場料収入やTV放映権などで莫大な収入を得てから競って立候補するようになり、TV放映料などがどんどん跳ね上がっていったようです。ちなみに日本も今まではNHKの放送が中心でしたが、放映料が莫大になりすぎたために民放に支援してもらい放送に介入してきたようです。
こういった背景から立候補時の計画として7,8月は集客と視聴率のからみで既定路線になったようです。10月まで開催したのは88年ソウルが最後ですね(開催が決定したのはロス五輪が開催される前の81年)。シドニーは北半球より夏が遅いので9月に開催してますね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E5%AD%A3%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF

Q園芸用農薬(?)スミチオンの使用方法及び注意点

以前ここの質問で、蚊を撃退するのにホームセンターで売っているスミチオンをじょうろに薄めて庭にまくと蚊が居なくなる・・・ってのがあって、早速スミチオンを購入したのですが、説明を見てみると

☆1000倍から2000倍に薄める
☆農薬
☆サングラス&手袋着用
と書いてあり、なんだか恐くて使用できずにいます。

☆じょうろで薄める場合、1000倍から2000倍薄めるには1摘程度スミチオンを入れれば良いのか
☆農薬なのに庭にまいて体に害は無いのか
☆庭に咲いている花等には影響は無いのか
☆使用する上での注意点

などを教えてください。

Aベストアンサー

 蚊とスミチオンの関係はわかりませんが、使用用途外と思いますよ。
 農薬のスミチオンについてだけ解答します。園芸用というよりは農業用の殺虫剤です。 昔よく利用しましたが結構きつい薬です。 
 どちらにしても農薬散布する場合には手袋云々は当然です。スミチオンに限ったことではありません。 それさえ守ればなんら危険性はありません。

*長袖・長ズボン・防止・メガネ・マスク・手袋
*散布終了後は全て手・顔を荒い、うがいをしてから
 すべての服を着替える。

<濃度について>
1000倍というのは農薬の量(CC)*・・・倍ということです。一滴という適当ではなく計れ!。

 スミチオン1ccx1000cc水=1000倍

<体に対する害>
 散布日当日はその場所に立ち入らないこと。
 散布箇所には素手で触ったりしない。何らかの作業 をして農薬に触れた場合にはよく水道水で洗う。
<花についての影響>
 あります。したがって開花時期や咲いている花には養生する。(当然)

<使用上の注意>
  *風の強い日にはやらない。
  *適正濃度で散布する。
  *散布後は他の種類の農薬を使用しない。
  *散布したことはあなた個人だけではなく家族に   も伝えること。

  以上、ちょっと怖くなって使えないような回答していますが、その位注意すれば大丈夫ということです。 よく農薬で被害を蒙る人はよっぽどの素人さんかセミプロです。 ようく注意書きを読みましょうね。 
 この時期草むしりをすると、晴れた日はすぐ蚊がよってくるので事前に周りの草むらに蚊専用の殺虫剤をまいてから、防虫スプレーを手足にふってから作業しています。 藪蚊はかゆい、痒い。
 

 蚊とスミチオンの関係はわかりませんが、使用用途外と思いますよ。
 農薬のスミチオンについてだけ解答します。園芸用というよりは農業用の殺虫剤です。 昔よく利用しましたが結構きつい薬です。 
 どちらにしても農薬散布する場合には手袋云々は当然です。スミチオンに限ったことではありません。 それさえ守ればなんら危険性はありません。

*長袖・長ズボン・防止・メガネ・マスク・手袋
*散布終了後は全て手・顔を荒い、うがいをしてから
 すべての服を着替える。

<濃度について>
10...続きを読む

Q息子夫婦に出産祝いは?

息子夫婦に第1子が10月に誕生し、嫁は産前産後約1ヶ月半実家で過ごします。現在は別居していて、息子1人の給料で生活しています。出産費用等は、自分たちの貯蓄から支払う予定です。
一般に、出産祝いの金額はどのくらいなのでしょうか?
常識知らずで恥ずかしいのですが、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

お返し無しの条件付で、5万で良いでしょう。

それと、お嫁さんが暫くの間、実家に里帰りされるのであれば、息子さんに更に5万ほど渡して、里帰り用のお金として使って貰いましょう。

Qなぜ東京にオリンピック招致したいの?

オリンピックの招致が話題になっています。
そもそもなぜ東京にオリンピックを招致したいのですか?
ただでさえ交通も人も混み合っていて、そこへ大量の外国人が流れ込んできたらどれだけ渋滞などが起こるか心配です。
セキュリティの面でも危ないことこの上ないですよね。テロとか。

いったい誰が何のために東京にオリンピックを持って来たいのですか?

Aベストアンサー

猪瀬知事が副知事時代に自分で言ってましたが、こんなに儲かる事業はない。どんな国でもやりたがるのは儲かるからである、と明言してました。はっきりしてますね。

ただ、もう一つ東京がこだわるのは事情があります。東京には、東京オリンピック時代に整備した巨大なインフラがあります。これらが寿命を迎えています。

こうした施設は国立の施設を除き、東京都に移管されているため、維持管理に莫大なお金がかかります。これを、都が賄うのは財政的に負担が大きいため、国、つまり国民全体で負担してもらおうという腹です。

もちろん、その対価としてオリンピックという娯楽を提供するわけですが。さすがしたたかですね。

Q娘の頭が異常に大きい・・気が狂いそうです。

娘は産まれたときは33cmと標準でした。
しかし生後1ヶ月で39cmになり要観察で病院に何度か連れて行き問題ありませんでした。
1歳の時に48.5cmになり既に3歳児よりも大きい感じでした。
現在は51cmです(3歳半)。
毎日、なるべく気にしないように過ごしてきましたが、昨年から幼稚園の未就園に通園するようになり極度に不安になり始めました。
身長も高い(102cm)ですが、頭のサイズは「大きい」というレベルをはるかに超えています。
「え?」という顔をされて2度見3度見されます。
母子手帳で見ると標準よりも大きいくらいかもしれませんが、見た目は小学校の中学年くらいはあります。
実際に、小学生よりも大きいことはざらで、娘よりも大きい頭の年長児を見たことが無いです。
頭の形も見たことが無いような感じで、とにかく頭の天辺が平らで物を置いてもなかなか落ちないい平らです。両親にも形は全く似ていなくてそれも不安です。どこまで大きくなるのでしょうか・・
本当に不安で怖くて夜中にうなされます。
全身が毛深くて、二の腕は男性のすね毛程濃くて、ホルモン異常かと思い病院には何度も連れて行きましたが、特別おかしな数値では無いと言われました。
肌も両親とも白いほうですが、娘はなぜか色素沈着をおこしたような黒さで病気が隠れていないか不安です。
今は通園の時にいぶかしげに見られるのが堪らないです。悲しいです。
年少にあがるのが怖いです。
どんなことでも構いませんのでご意見ください。

娘は産まれたときは33cmと標準でした。
しかし生後1ヶ月で39cmになり要観察で病院に何度か連れて行き問題ありませんでした。
1歳の時に48.5cmになり既に3歳児よりも大きい感じでした。
現在は51cmです(3歳半)。
毎日、なるべく気にしないように過ごしてきましたが、昨年から幼稚園の未就園に通園するようになり極度に不安になり始めました。
身長も高い(102cm)ですが、頭のサイズは「大きい」というレベルをはるかに超えています。
「え?」という顔をされて2度見3度見されます。
...続きを読む

Aベストアンサー

何度もすみません、No.20,21です。
ご質問を投稿なさってから、少しはお気持ちが楽になられたでしょうか。
今回は別視点から回答させていただきます…。

ご質問者は、この質疑内で娘さんは医者からは高機能自閉症か広汎性発達障害ではないかと言われていると仰っていましたが、その見立てには、かなり正確な根拠があり、娘さんの特徴は全て「広汎性発達障害」で説明できると考えてのことだと思います。

頭囲と広汎性発達障害に関した記述は、この質問サイトにも載っていますし、グーグルなどで検索しても“自閉症 頭囲” で検索するとかなりの数でヒットしますから、頭囲の大きさで発達の仕方の傾向を見極めるというのは以前からあったし、根拠あってのことだと思います。

トゥレット障害も頭囲が大きめであることも、体毛が濃いのも、広汎性発達障害の特徴の一部である、そうとらえたとき、それらが独立した特徴ではなくて、一つの連続体に属する特徴なんだと理解できると思います。
娘さんには複数の障害があると考えるよりも、全ては広汎性発達障害というカテゴリー内に収まる特徴であり、発達のバランスとは、そういう風に一見 無関係に思えるようなことにも影響が出るものと受け入れると、心に掛かる負担が軽減できると思います。そして、水頭症でない以上は、心配なさっているほどにアンバランスにはならないと思いますし、成長すればレーザー脱毛という手段もあります。

ともかく、親が気にしなければ子供はあまり気にしないし、親がいつでも平気だという顔をしていると子供も安心します。
だから、お母さんは例え演技であってもお子さんの前では平気だと振舞っていて下さい。トゥレット障害も、親があまり気にすると、それがお子さんにはストレスになって症状が重くなることがありますので、これに関しても、お母さんが止めようにも止められないことですから、それはお子さんの特徴なんだと、それ以上は考えず受け入れてあげてください。無理に症状を抑えようとか、自分が悪いと思わない、その方が子供の症状は軽減するものだそうです。
______

下記の1は、個人のブログなので直リンクを避けるため “h” を外しての紹介になります。タイトルはアスペルガー症候群になっていますが、広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)について書かれたもので、文章の真ん中あたりに、ちょうど ご質問者が疑問に思っていた娘さんの特徴と符合することが書かれています。
2と3は主に行動上の特徴について書かれていて、3ではトゥレット障害(トゥーレット症候群)が広汎性発達障害に分類される症状であると書かれています。
発達障害全般が未だ研究途上ですが、1~3のどれも参考になると思います。

1)【アスペルガー症候群】ttp://igagami-takeshi.net/document/2011.12.26.html

2)【手をつないで・・・ 自閉症親子のノンビリ成長記録/高機能自閉症とアスペルガー症候群】    
            http://www7a.biglobe.ne.jp/~poyosuke/1koukinou.html

3)【広汎性発達障害とは】http://dditoguchi.jp/b01what-pdd.html
    

障害と考えると辛くなると思いますが、概念に縛られずに生まれつき発達の仕方が定型発達とは違うということ、発達の仕方が違っていても伸びしろもちゃんと存在しているということ、そのことを受け入れ、早期から療育することで当人が社会に適応できる力や可能性がぐっと高まること、このことを信じて娘さんたちに温かく接し、親子の信頼関係を深めて行ってください。

今は下の娘さんのことが気掛かりだと思いますが、上の娘さんも悩んでいるお母さんのことを心配したり不安になったりしていると思います。
同じ経験のない者が言っても心に響かないかもしれませんが、ご質問者が下のお子さんのことで悲しめば、上の娘さんも悲しむし、お母さんの気持ちが解っていても、上のお子さんは愛情が下のお子さんにばかり向かっているような寂しさを持つものなのです。親が、どんなに愛していても。
子供って親が悲しんでいると直ぐに察してしまうもので、辛いけれど、いま出来ることを考えて、気持ちを切り替えて行くことだと思います。
______

発達障害という響きは重い十字架のようで辛いですが、脳を含めた身体上の設計図は親には書き換えは出来ません。設計図の書き換えはできなくても、子供の心の中を豊かにしたり、周りの偏見を取り除けるように働き掛けたりは親にも出来ます。
先の回答では発達障害にまつわる暗く重たいことばかり書いて申し訳なかったと思いますが、当事者の家族である以上、綺麗ごとばかりは書けませんでした。
けれども、出来る努力をすることで報われたこともたくさんあります。
完璧を目指せば辛いことばかりですが、出来ることを一つ一つやっていくことで得られることは必ずあります。

私は息子の幼稚園でも、小・中学校、高校と、どの担任にも必ず息子が過去に髄膜脳炎に罹ったこと、その影響で脳波に乱れが生じ抗てんかん薬を飲まなければならなくなったこと、ADHDとLDを合併するに至ったこと、全てを話しました。今は脳波が正常になり、抗てんかん薬のお世話になっていませんが、小学生の頃は抗てんかん薬の影響で眠気が強く、動作も緩慢になりやすいということを先生に説明して、理解を得るようにしました。

一般の子からみたら どんくさくて、虐めに遭うこともありましたが、ちゃんと仲の良い友達も出来て、「○○君て、面白いね」と慕ってくれる子もいました。
学校を休みがちだった息子を心配して「○○君が、学校に来ないと寂しいねと生徒が言っていましたよ。私も調子が出なくて寂しいです」と言ってくださる先生もいました。「それって、本当のことでしょうか? 気を遣って言ってくださっているのでは…」と、こちらから尋ねましたら「いえ、本当なんです。○○君はムードメーカーなんで、その場が明るくなるんです」と、息子のことをそんな風に温かな思いで見てくださっていたのです。

息子は人生のスタートを切って直ぐに大病をし障害も負いましたから、だからこそ人に優しくできる子なんです。一度友達になった子はずっと友達でいてくれるし、虐めに遭えば助けてもくれるし、虐めをした子もちゃんと謝ってくれました。
手が掛かるし、馬鹿な子ほど可愛いに近い感覚なのかもしれませんが、「先生、お疲れ様ですと言ってくれるのは○○君だけです。○○君にはいつも癒されています」と息子を褒めてくださる先生もいらっしゃって、転校の時は寂しがって別れを惜しんでくださいました。

そんな風に、障害のことをこちらからきちんと話すと、どの先生も理解を示してくださって協力的でした。障害があるからこそ、良いところを見つけよう、伸ばそうとしてくださる先生方がたくさんいて、息子が周りに溶け込めるよう、仲間外れにならないように心配りしてくださいました。

だから、ご質問者も娘さんのことで心配なこと、気掛かりなことは先生たちにどんどん仰って、心を開いて行ってください。応対に疑問があれば、そのこともちゃんと伝えてください。
医療の場でも教育の場でもです。
こちらが真剣であれば、先生たちは熱意をもって応えてくださりますよ。

何度もすみません、No.20,21です。
ご質問を投稿なさってから、少しはお気持ちが楽になられたでしょうか。
今回は別視点から回答させていただきます…。

ご質問者は、この質疑内で娘さんは医者からは高機能自閉症か広汎性発達障害ではないかと言われていると仰っていましたが、その見立てには、かなり正確な根拠があり、娘さんの特徴は全て「広汎性発達障害」で説明できると考えてのことだと思います。

頭囲と広汎性発達障害に関した記述は、この質問サイトにも載っていますし、グーグルなどで検索しても“自閉症...続きを読む


人気Q&Aランキング