風呂上りでも、チンポがべたついています。
どっちで診てもらえば良いのでしょうか?
間違えるときっと、病院に迷惑がかかり、私も恥ずかしいです。
どなたか、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も先日総合病院に行き、どちらに行くか迷いました。


大きい病院なら、受付で聞けばいいと思います。周りに他の患者がいるようなら
あえて、言葉で言わず受付票などに書き「何処でいいですか?」と聞きました。
特に受付は、若い女性が多いですから恥ずかしいですよね。でも、最終的に診療室では言わなければならないのですから、聞かれた時は症状を正確明瞭に言った方が得策です。
個人病院でも(だいたい個人は両方)初診の時は大体受付票がありますから同じだと思います。どうしても、口頭という場合いは泌尿系だと思いますでいいと思います。詳しい説明は先生に話せばいい事だと思います。それと、皮膚科と迷っているみたいですが、泌尿器科の方がいいと思います。例え間違えても病院には迷惑はかからないと、思いますよ。早い治療が早い完治ですよ。
    • good
    • 0

体の部分に限らず表面に出てくる病気は皮膚科 体の中でおしっこにかかわれ部分は泌尿器科 ただし原因はまちまちですのでとりあえず皮膚科

で問題を切り分けてもらいましょう
    • good
    • 0

これは、以前に経験がありますが、皮膚の問題ではなくて、別の問題のようですから泌尿器科が宜しいです。

    • good
    • 0

どっちかというと、皮膚科のような気がしますが....


でも、診療科が変わっても病院に迷惑がかかると言うことはないですよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「診療情報提供料」について教えてください

診療所から診療所への診療情報提供料のことですが、紹介された診療所の医師が紹介元の診療所の医師に対して、返事を書いてそれを患者に持たせた場合、診療情報提供料は算定できますか。

Aベストアンサー

検査を依頼した紹介状の場合は、検査結果を書き込み患者さんを
紹介元に返す(紹介元に通院してもらう)と
診療情報提供料は算定できるとおもいますが。

Qお風呂上り時などのかゆみ

お風呂からあがった後や運動した後とかに、お腹や胸のあたりに赤い斑点というか、所々が赤くなってすごくかゆみがあるんです。これは何かの病気なのでしょうか?また治すにはどうすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

私もお風呂上りにかゆくなることあります!
状態を見ておりませんし、医師でもないので病名は断定できませんが(というか微妙に禁止ですね)、ポツポツができるのですか?それとも広範囲で赤くなる感じでしょうか?
あくまで素人考えですが、お風呂や運動で温まった体と外気の気温差が原因かなーと思います。それか、やはり乾燥など皮膚の状態によるものかもしれませんね。
お風呂上りは少なからず敏感な状態になると思いますので(質問者さんが特に乾燥肌ではなかったとしても)普段よりデリケートになっているところに何らかの刺激(気温はもちろんのこと、肌に触れるものなど)があると反応してしまうのかもしれません。運動後も熱を持っていたり汗をかいているので然り。

月並み回答になりますが、やはり気になるようであれば皮膚科で診てもらうのがベストだと思います。万一ほかの病気だったとしても、そう判断されれば専門医を紹介してもらえますし^-^
私はとても長風呂なので広範囲でかゆかゆの上ポツポツ出たりしますが、「お風呂上りにカサカサするんです~」といってローションを処方してもらって今はいい感じです。ポツポツは出たり出なかったりなので気にしないようにしています。冷やしたり温めたりもしてみましたが、私は逆効果でした^_^;
ちなみにこれを引っ掻いてしまうと、翌朝斑点状のアザや小さな傷だけが残ります。。。

長文ながらあまりお役に立てそうにありませんが・・・

私もお風呂上りにかゆくなることあります!
状態を見ておりませんし、医師でもないので病名は断定できませんが(というか微妙に禁止ですね)、ポツポツができるのですか?それとも広範囲で赤くなる感じでしょうか?
あくまで素人考えですが、お風呂や運動で温まった体と外気の気温差が原因かなーと思います。それか、やはり乾燥など皮膚の状態によるものかもしれませんね。
お風呂上りは少なからず敏感な状態になると思いますので(質問者さんが特に乾燥肌ではなかったとしても)普段よりデリケートになってい...続きを読む

Q訪問診療の診療報酬と施設基準、届出について

内科・神経内科を標榜する診療所で訪問診療を検討していますが、在宅療養支援(24時間)診療所ではなく、AM9:00~PM17:00の診療時間内での訪問診療を行う場合に何らかの届出が必要なのでしょうか?また、診療報酬請求について、算定基準となるものはどのようなものになるのでしょうか?

Aベストアンサー

訪問診療を行うだけなら特に届け出の必要はありません。
患家の求めに応じてその都度行く往診に対して、計画を立てて定期的に行くのが訪問診療というだけです。

もし在宅時医学総合管理料を算定するということなら、地方社会保険事務局へ届出をして受理されなければなりません。

在宅時医学総合管理料の算定要件は月2回以上の訪問診療で、投薬、検査などの費用が包括になります。
詳しくは青本等でご確認ください。

参考URL:http://www.oomuchi.jp/data/zaiisoukan.htm

Qお風呂上りのかゆみと湿疹

20代女性です。お風呂あがりだけなんですが、(胸元やお腹、それから背中、特にひどいのはうなじから肩甲骨にかけて)皮膚がところどころ赤くなってかゆみがあります。赤いところのところどころには小さな赤い湿疹ができたりしています。でもしばらくすると赤みもかゆみもなくなります。これって乾燥とかが原因なのでしょうか?普段の肌は触ってみると以前のようにすべすべはしていなくて、色はないのですがブツブツしているような手触りです。このブツブツは何が原因なのでしょう?治るものでしょうか?

Aベストアンサー

以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「じんましん」
◎http://www.kusuriyasan.org/byoukitoyobou/jinmasin.htm
(じんましんの種類と原因・発生場所など)

◎http://www.mirai.ne.jp/~seisinc5/fmokuji.htm
(皮膚疾患の分類)
この中で「蕁麻疹・痒疹・皮膚掻痒症」の項で疾患名をクリックすると画像表示されますので参考にしてください。

ご参考まで。

参考URL:http://ww6.et.tiki.ne.jp/~ksaitof/urt.html

Q基本診療料と特掲診療料にの違いについて

基本診療料、特掲診療料、このふたつの診療料は具体的にどう違うんでしょうか?
ふたつ一緒に請求できるのでしょうか?
患者が診療を受けた際、基本診療料は必ず請求することは理解していますが
特掲診療料はどうなのでしょうか?
まだ勉強を始めたばかりで専門用語ばかりのテキストではいまいち正確に理解
ができないのでなるべくやわらかい表現で説明していただけるとありがたいです。
医事関係の方or詳しい方、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

あまり難しくお考えにならないで普通にお考えになれば結構です
「基本診療料は必ずどれかを算定」するものですから
特掲診療料は場合によって算定されるものです
つまり、診察料以外で思いつくほとんどのものはその患者さんごとに違いますから特掲診療料となり
診察時の加算に相当する指導料などや、検査、レントゲン、投薬 注射  リハビリテーション 処置 手術 などのことです
    

Q毎晩風呂上りに虫さされのようなものがでます

毎日お風呂上りに必ず、虫刺されとそっくりなものが両上腕を集中的に、胸や首元にでます。数で言えば20~30個。固まっていたり、ばらばらだったり。
かゆいです。
でも、30分くらいすると綺麗に消えてしまいます。
かゆみ止めの軟膏を塗っていたときもあったのですが、30分しか症状が出ないので、最近は塗っても塗らなくてもすぐに消えるので塗ってはいません。

お風呂に入らなければ大丈夫です。
私はアレルギー体質です。

まあ、一日の30分ほど我慢すればと思っていたのですが、もう、2年近くになるので、どうしたらいいものか…。

痕跡も、何もないので、医者に言っても結局、湿疹ですねと言われて、かゆみ止めの軟膏をくれるだけのような気がして。(今までそういうのが多くて)

なんなのでしょうか?分かる方お願いいたします。

Aベストアンサー

それは体が温まると出る「蕁麻疹」の一種ではないでしょうか?
私もアレルギー体質ですが、冬場の入浴でよく湿疹が膝の裏側とか決まった場所に出ます。(やはりしばらくたつと消えます)
下のページをご覧下さい。

参考URL:http://www.m-nomura.com/der/urticaria.html

Q行政機関に届出しなければならない診療科(歯科)

歯科病院で行政機関に届出を出さなければいけない診療科というものがあります。
これらの診療科は何によって規定されているか知りたいのです。
それと、その届出を出さなければいけない診療科とそうでない診療科の違いはなんなのでしょうか。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 医療機関が標榜できる診療科名は,医療法および医療法施行令で定められています。
 これは,届出の義務というより,むしろ広告の制限と言う観点から定められています。

○医療法
第2節 医業、歯科医業又は助産師の業務等の広告
第6条の5 医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関しては、文書その他いかなる方法によるを問わず、何人も次に掲げる事項を除くほか、これを広告してはならない。
1.医師又は歯科医師である旨
2.診療科名
3.病院又は診療所の名称、電話番号及び所在の場所を表示する事項並びに病院又は診療所の管理者の氏名
4.診療日若しくは診療時間又は予約による診療の実施の有無
5.法令の規定に基づき一定の医療を担うものとして指定を受けた病院若しくは診療所又は医師若しくは歯科医師である場合には、その旨
6.入院設備の有無、第7条第2項に規定する病床の種別ごとの数、医師、歯科医師、薬剤師、看護師その他の従業者の員数その他の当該病院又は診療所における施設、設備又は従業者に関する事項
7.当該病院又は診療所において診療に従事する医師、歯科医師、薬剤師、看護師その他の医療従事者の氏名、年齢、性別、役職、略歴その他のこれらの者に関する事項であつて医療を受ける者による医療に関する適切な選択に資するものとして厚生労働大臣が定めるもの
8.患者又はその家族からの医療に関する相談に応ずるための措置、医療の安全を確保するための措置、個人情報の適正な取扱いを確保するための措置その他の当該病院又は診療所の管理又は運営に関する事項
9.紹介をすることができる他の病院若しくは診療所又はその他の保健医療サービス若しくは福祉サービスを提供する者の名称、これらの者と当該病院又は診療所との間における施設、設備又は器具の共同利用の状況その他の当該病院又は診療所と保健医療サービス又は福祉サービスを提供する者との連携に関する事項
10.診療録その他の診療に関する諸記録に係る情報の提供、前条第3項に規定する書面の交付その他の当該病院又は診療所における医療に関する情報の提供に関する事項
11.当該病院又は診療所において提供される医療の内容に関する事項(検査、手術その他の治療の方法については、医療を受ける者による医療に関する適切な選択に資するものとして厚生労働大臣が定めるものに限る。)
12.当該病院又は診療所における患者の平均的な入院日数、平均的な外来患者又は入院患者の数その他の医療の提供の結果に関する事項であつて医療を受ける者による医療に関する適切な選択に資するものとして厚生労働大臣が定めるもの
13.その他前各号に掲げる事項に準ずるものとして厚生労働大臣が定める事項
2 厚生労働大臣は、医療に関する専門的科学的知見に基づいて前項第7号及び第11号から第13号までに掲げる事項の案並びに第4項に規定する基準の案を作成するため、診療に関する学識経験者の団体の意見を聴かなければならない。
3 第1項各号に掲げる事項を広告する場合においても、その内容が虚偽にわたつてはならない。
4 第1項各号に掲げる事項を広告する場合には、その内容及び方法が、医療に関する適切な選択に関し必要な基準として厚生労働省令で定めるものに適合するものでなければならない。
 
第6条の6 前条第1項第2号の規定による診療科名は、医業及び歯科医業につき政令で定める診療科名並びに当該診療科名以外の診療科名であつて当該診療に従事する医師又は歯科医師が厚生労働大臣の許可を受けたものとする。
2 厚生労働大臣は、前項の政令の制定又は改廃の立案をしようとするときは、医学医術に関する学術団体及び医道審議会の意見を聴かなければならない。
3 厚生労働大臣は、第1項の許可をするに当たつては、あらかじめ、医道審議会の意見を聴かなければならない。
4 第1項の規定による許可に係る診療科名を広告するときは、当該診療科名につき許可を受けた医師又は歯科医師の氏名を、併せて広告しなければならない。
http://www.houko.com/00/01/S23/205.HTM#s2

○医療法施行令
(広告することができる診療科名)
第3条の2 法第6条の6第1項に規定する政令で定める診療科名は、次のとおりとする。
1.医業については、次に掲げるとおりとする。
イ 内科
ロ 外科
ハ 内科又は外科と次に定める事項とを厚生労働省令で定めるところにより組み合わせた名称(医学的知見及び社会通念に照らし不合理な組み合わせとなるものとして厚生労働省令で定めるものを除く。)
(1) 頭頸部、胸部、腹部、呼吸器、消化器、循環器、気管食道、肛門、血管、心臓血管、腎臓、脳神経、神経、血液、乳腺、内分泌若しくは代謝又はこれらを構成する人体の部位、器官、臓器若しくは組織若しくはこれら人体の器官、臓器若しくは組織の果たす機能の一部であつて、厚生労働省令で定めるもの
(2)男性、女性、小児若しくは老人又は患者の性別若しくは年齢を示す名称であつて、これらに類するものとして厚生労働省令で定めるもの
(3)整形、形成、美容、心療、薬物療法、透析、移植、光学医療、生殖医療若しくは疼痛緩和又はこれらの分野に属する医学的処置のうち、医学的知見及び社会通念に照らし特定の領域を表す用語として厚生労働省令で定めるもの
(4)感染症、腫瘍、糖尿病若しくはアレルギー疾患又はこれらの疾病若しくは病態に分類される特定の疾病若しくは病態であつて、厚生労働省令で定めるもの
ニ イからハまでに掲げる診療科名のほか、次に掲げるもの
(1)精神科、アレルギー科、リウマチ科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、病理診断科、臨床検査科又は救急科
(2)(1)に掲げる診療科名とハ(1)から(4)までに定める事項とを厚生労働省令で定めるところにより組み合わせた名称(医学的知見及び社会通念に照らし不合理な組み合わせとなるものとして厚生労働省令で定めるものを除く。)
2.歯科医業については、次に掲げるとおりとする。
イ 歯科
ロ 歯科と次に定める事項とを厚生労働省令で定めるところにより組み合わせた名称(歯科医学的知見及び社会通念に照らし不合理な組み合わせとなるものとして厚生労働省令で定めるものを除く。)
(1)小児又は患者の年齢を示す名称であつて、これに類するものとして厚生労働省令で定めるもの
(2)矯正若しくは口腔外科又はこれらの分野に属する歯科医学的処置のうち、歯科医学的知見及び社会通念に照らし特定の領域を表す用語として厚生労働省令で定めるもの
2 前項第1号ニ(1)に掲げる診療科名のうち、次の各号に掲げるものについては、それぞれ当該各号に掲げる診療科名に代えることができる。
1.産婦人科 産科又は婦人科
2.放射線科 放射線診断科又は放射線治療科
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru_reply.php3?q=4213108

--------------------
>歯科病院で行政機関に届出を出さなければいけない診療科というものがあります。これらの診療科は何によって規定されているか知りたいのです。

・上記のとおり,医療法および医療法施行令で定められていますが,届出の義務というより,むしろ広告の制限と言う観点から定められています。

>その届出を出さなければいけない診療科とそうでない診療科の違いはなんなのでしょうか。

・法令では,「届出を出さなければいけない診療科とそうでない診療科」ではなく,「標榜してもいい診療科名」という考え方です。
 つまり,「勝手な診療科名を作って標榜しちゃだめですよ」という考え方です。

 こんにちは。

 医療機関が標榜できる診療科名は,医療法および医療法施行令で定められています。
 これは,届出の義務というより,むしろ広告の制限と言う観点から定められています。

○医療法
第2節 医業、歯科医業又は助産師の業務等の広告
第6条の5 医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関しては、文書その他いかなる方法によるを問わず、何人も次に掲げる事項を除くほか、これを広告してはならない。
1.医師又は歯科医師である旨
2.診療科名
3.病院又は診療所の名称、電話番...続きを読む

Qしこりを診てもらうには

昨年からお尻の・・・といっても腰に近い部分に直径1センチ弱の、コリコリしたしこりがあります。
見た目は赤く、まれに痒みがあるくらいで、痛みはありません。
虫さされかと思っていたのですが、一向に治る気配がなく、病院で診てもらおうと思っています。
しかし、どこにかかったらいいのかわかりません。皮膚科かなぁとも思いますが、皮膚病ではなさそうだし、どうしたらいいでしょうか?アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

外科でいいと思います。
可能性としては、大きな脂肪の塊ができているのではないかと思います。
うちの妹が背中にポッコリとしこりができたときもそうでした。
切開して脂肪を出せば終わる簡単な手術になると思います。
お尻なので術後病室で休ませてくれるとは思いますが、誰か付き添う人が居たほうが良いかもしれません。

Q混合診療について

混合診療について疑問があります。もし混合診療が認められたとして、保険適用である医療を受けたとします。その場合診療費はもちろん保険適用ですよね。でもその診療によって医師から出された処方薬が保険適用でない薬だった場合、診察費は保険適用なのに薬代は保険適用外となる事ってあるのですか??
混合診療が認められた場合の保険処方箋のあり方について書きたいのですがいまいち混合診療と処方箋とのつながりが分りません。
わかる方教えて下さい(泣)宜しくお願いします。

Aベストアンサー

混合診療は、下記に掲げる一部の例外を除いては認められていませんので、薬を含む治療の一部に保険適用外のものが少しでもあると、初診料を含めすべてが「自由診療」になってしまいます。

つまり、保険適用外の薬を処方した段階で、初診に遡ってすべて、もちろん処方料もすべてが自由診療になってしまうというのが、わが国のルールです。

混合診療が認められる例外は、
1.歯科の材料差額がある場合
2.いわゆる医師上の必要のない「差額ベッド」
3.特定治療材料を使用する場合
4.高度先進医療
など、限られています。

Q症状が治まっても受診るべきでしょうか?

 ストレス性の狭心症かも?と思い共済に慌てて入りました。
 保障期間開始まで、酒、タバコは出来るだけ控え安静にしていました。素人療法なんですが、痛み止めを飲んで、ひどく痛いのがこないよう、気をつけて生活していました。

 五年前に前の主人と離婚後初めてこんな痛みを経験しました。その時も特に受診しませんでした。

 現主人が、明日医者に行こうと言うのですが、症状が治まってから、一ヶ月近くたっています。それでも検査をして、何かわかるものなんでしょうか?主人のせっかくの休みに、病院?!ってかんじなんです。
 どうかよろしくアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

 症状が納まっても原因が残っているのであれば、いつそれが発症するかわかりません。

 部位を取り除いたり、それが無くなれば、再発しないという病気もありますが、ほとんどの場合はそれが潜んでいるだけの状態が多いですから、完全には治癒していないことになります。

 それの確認ですので、症状が出なくなった=完治したと考え無いで、定期的にそれの進行状態がどのような具合なのか検診されることをお勧めします。


人気Q&Aランキング