新生活を充実させるための「こだわり」を取材!!

大人になっても理解できないままでいます。


よく災害時とか弱者(子供、女性、老人)を優先的に保護しようという意見が出ますよね。

これって「命の重さが平等」という観点では矛盾しています。

実際、私は命の重さの差はあると思っています。

例:認知症で身体障害がある介護が必要な高齢者 と 幼い子供。 
⇒子供の命が優先されるべきだと思います。

例:週6日で1日12時間働くお医者さんと、働く気が全くない毎日が日曜日なニート。
⇒明らかにお医者さんの命が優先されるべきだと思います。


理想郷を作り上げようとした社会主義が崩壊したように、「平等」も理想論だし、「無理」があると
思うのです。

旧世代のような「血」で人を差別するのは間違っていると思いますが、
生き方によって「差別」されるのは当然と私は思っています。

私は平等論というのが究極の理想論に思っています。


敬意を払える人にはいくらでも尊敬の念を感じるし、また私より身分が上であっても何の不満も
ありませんが、そうでない人間(敬意を全く払えない人間)が私と同じ社会で暮らしているのが
納得できません。どうして同じ土俵で発言ができるのか!? どうして同じ土俵で生きていられるのか?

私にはやはり疑問です。
多分、この考え方は10年、20年先も変わらないと思います。

何の罪もない認知症のお年寄りは可哀そうだと思いますが、やはり天秤にかけたら
「若い子供」の命の方がはるかに重いと思っています。

また少年法で保護されているが故に極刑にならないケースも強い違和感を覚えます。
結局、凶悪犯罪(殺人レベル)をする人間は年齢に関係なく、社会から駆除されるべきだと思います。 私はそんな人間の為に命を奉げる気も寛容になる気もありません。
自分の子供がそんな被害(殺されたら)を受けたら、自ら犯罪者になってでも復讐するでしょう。

そういう風に考える私はおかしいのでしょうか?

医者とニートの場合も歴然とした差があります。
自分の大切な時間(人生)を使って人の命や健康を救う医者と
誰にも貢献しない、保護者に迷惑をかけ続けるだけのニートと

命の重さが平等という考えはおかしいと思います。

よく犯罪者(殺人者)が極刑にされない理由の1つとして、更生し社会に貢献する余地があるといった意見も見られますが、

それこそ理想の極致ではないでしょうか?

命の重さが真に平等であるなら、その命を奪った人は、命でしか償えないはずです。

「命の重さは平等」の理想論をあげる一方で、こういう矛盾も多々存在します。

やったもん勝ちというか、生きたもの勝ちというか・・・。
更に「命の重さは平等」だと言うならば、世界的に見てみれば酷い境遇に遭ってる人達はかなりおります。

社会的な利益を優先した場合、犯罪者の更生を期待するよりも駆除した方が有意義だと思います。
同様に弱者である(なぜ、無条件で弱者となるのか疑問だが)お年寄りよりも、バリバリに働いている
現役世代を優遇した方が社会的には意義があると思います。

日本は超高齢者社会になっていますが、今後さらに加速します。
お年寄りを過保護に優遇した挙句、日本の未来を担う子供を育てる現役世代が貧困に喘ぎ日本が更に傾斜していくならば、切り捨てもやむ負えなしと思います。

冷たい考えかもしれませんが、現役引退してから20年30年(8、90歳)と長生きしても社会(利益)
的には何の貢献もしません。「豊かな老後」は理想論だと思います。

私が年寄りの立場なら貯蓄が尽きたり、認知症、重大な介護が必要になった時点で安楽死を希望します。

国は各家庭の問題として避けていますが、介護疲れで両親を殺害し逮捕されるケースは今後さらに
増えるでしょう。


あなたは命の重さについてどのように考えていますか?

確かに現実の社会で私は老人を切り捨てろ!なんて事は口を裂けても言いません。
ですが、直面する現実を考えたら長生きすることが必ずしも本人にとって幸せでないばかりか
家族、社会にとっても大きな負担になることは間違えないと感じています。

教えて!goo グレード

A 回答 (23件中1~10件)

命の重さは平等であって欲しいと思いますが、


それぞれの置かれている環境や、生き方によって変化すると思います。
    • good
    • 3

ん?平等って思ってる方が少数じゃないのかな?

    • good
    • 4

命のことを語っているように思えませんでした


どの価値観が納得できるかという話に思えました

言い方によって価値観は変わってしまうような気がします
社会がルールが決め付けた法律によって弱者にされて
氏ねといわれたら死ねますか?
    • good
    • 1

別に、平等ではないと、思います。

平等うたってないと怒られるから、建前で言ってても、本心では、ほんとのところは、平等でないと思います。
平等言いだしたのも人間なんで困った。仕方ないと思います。

>弱者を優先的に~
は、それもまた仕方ないと思います。
成人男性は、他の立場より、より自分を守る術を持ち合わせています。絶対的ではないですが、そこらへんの子供、老人、(産まれた時から骨格や筋力に差が出る)女性に比べれば、良いのでしょう。


命の重さ、実際何がどうだか、よく分かりません。
とりあえず老人に生きたもん勝ちされないように、若者も団結して抗議活動なりしたいと思います。
が、人が集まらない。若者は行動力ないなー。
    • good
    • 2

命の重さなんてものは 少なくとも人間の暮らしをより良くつくられた一つの過程に過ぎません。

法律もそれに基づき人権を築き上げてます。人口が日本だけでも二億人ほど居るようですが、もしこの前のように地震があり数万人と多大な犠牲者がふえたら あれだけの人数が病院に押し入れたら病院側がパンクします。すると命平等という方針が変わり 短命を切り捨て長命を治療することが先でしょう。

上記のように一刻も時間の有余が無い限りそういう処置をとらないと犠牲者が増えつづけます。根本的に 命の平等なんて解決なされてないですね。自然界では生きてくために命を頂くように。この世での命平等なんてものは我々人間が考えてる人権とは意味が全く違います。それを勘違いしているのもまた我々。


でも この世にも平等はあります。それは 生死というもの。生まれてから死ぬまでの間時間の流れは皆同じです。一秒でも時間の流れの誤差は生じません。大宇宙の広い世界から観点すると生き物は実は平等かもしれません
    • good
    • 1

命の重さは皆、同じです、ただ立場によって価値は変わります。



これってお金で考えると分かりやすいと思います。
肉親が手術しなければ、確実に命落としますが
手術費用に100万円かかります。

ここでこのケースがAさんとBさんが同時に発生しました。
AさんもBさん100万円用意しましたが、Aさんは年収200万円、
Bさんは年収1億円です。

ここで、このケースしらない人からみれば
Aさん、Bさんが用意した100万円は重さは同じです。
しかしAさん、Bさんの年収を知っている人から見れば
100万円の重さは違ってきます。

だから、重さっていうのは、立場の違いで変わってきます。
これは正義にも言える事です。
価値って、立場によって変わります。
    • good
    • 0

仰る事はわかる気がします。



あなたが仰ろたい事を私の個人的観点で言うと
災害時の弱者からの優先保護なんかは
命の重さ云々ではなく、救助する際の優先順位でしかないです
体力のある成人の若い大人、その中でも男性よりも女性が優先されるのは
至極当然でしょう。
命の重みの順位では無いと思います。

医師やニートとの違いなども
それは一般的な価値観の感じ方
世間に役に立つ価値ある生き方をしているか
親にひたすら面倒をかけて世の役には何もなってない者
前者の方が価値ある命だと誰もが思うでしょうが
それはあくまで客観的な立場から見る価値感であって
ニートの親からすれば自分の子供の命も価値あるものでしょう

少年法の下りに関しては私もその事自体には複雑な気持ちあります
が、復讐するしないはやはり人それぞれで気持ちはそうでも
実行するかしないかは別だし
命を奪って人生を終わらせる事が復讐と感じる人もいれば
この先の人生一生かけて罪を償い反省させるのが復讐と思う人もいると思います
(その後その罪人が心から反省するかどうかはまた別ですが)

安楽死という下りも
私も今現在そう思ってます。
身内に長々と世話をかけるくらいなら終わらせてくれと懇願するでしょうね


命の重さとは、その人個人の命そのものであり
どう生きたか、どう生きてるか、世の為になってるかなってないか
そんなものは関係なく単なる一個の命そのものです。

命が無くなればその人という存在は消えるわけです
個人の存在は世界中、宇宙中にたった一人で人生一回限りです
その重さはすべての人間という生物に関しては平等だと私は思ってます。
あくまで価値という見方に関しては話は別ですがね

個人的な観点ですのでご了承を。
    • good
    • 3

ほぼ同意します



災害時の高齢者・障害者・妊婦・子供優先、これはやむを得ずではないでしょうか?

わかってあげてください

一方、事故をした場合、「男の子」と「女の子」では保険料の給付金額が違いますね?

=女は顔なんです、顔

それより厄介なのが凶悪犯

裁判でどうこうじゃなく、被害者の意見が一番尊重されるべき、と私は考えます

こういう言い方は誠に失礼ですが、今の団塊世代がお隠れになりましたら、日本の人口も1億人切でそこそこ上手く稼動すると思われますがいかがでしょう?
    • good
    • 2

貴方の思いは大雑把過ぎます。



>私は平等論というのが究極の理想論に思っています。

確かにその通りです。現在はそういった誰も平等にいい生活が送れるというまでにはいたっていません。

命を大事にというのは最低限の思想です。人間の生命はは皆ひとしく等価である、ということです。この分はかなり日本では普及してきました。

あとは実力でやってください、ということで、お医者さんは社会で尊敬され高所得をエンジョイします。ニートなどとまったく等価ではありませんね。

>現実の社会で私は老人を切り捨てろ!なんて事は口を裂けても言いません。

本音では言いたいのですね。それはヒトラーの悪魔思想と同じです。

それと

先進社会はおかげさまで余剰資産ができ、かなり余裕を持ってきました。ですから助け合って人間は生きれるのです。高福祉社会です。誰も望んで認知症にはなりません。そうなっても救われる。そういった安心が社会を安定させるのです。
貴方も社会的に不要になっても死ぬ必要はないのです。自分で望むのなら死んでもいいですがね。その代わりそれで他人に迷惑はかけないでくださいね。
    • good
    • 3

命の重さ?



みんな違いますよ。

あたりまえじゃないですか。

みんな同じなんてきれいごとです。

この資本主義で平等はあり得ません。

ちなみに災害の時に子供や老人を優先させるのは、
自力で生き残りにくいからです。

そういうのを実質的平等や公正って言います。

「命は平等だ」って、なんで声高に叫ぶ人がいると思いますか?

命は平等に扱われていないからです。

人は、人を殺す生き物です。

だから、刑法で殺人罪がある。

それと同じことです。

あくまで努力目標ってやつですね。
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング