最新閲覧日:

先日、山本一力さんの「あかね空」という作品を読んで、時代小説もなかなかいいなあと思いました。ちょっとはらはらしながらも、最後にはほのぼのできるような…そんな作品をご存じの方お教えください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

山本さんのはどちらかといえば「人情時代小説」ですね.そうすると,宇江佐真里さんの全小説です.この人はせつない人間関係をさらっと書けて、それでいてじーんとさせることのできる人です.大物は山本周五郎で,短編がよいです.長編はちと重い。

武家物ですが,藤沢周平用心棒日月抄,よろずや平四郎活人剣,たそがれ清兵衛,蝉しぐれ,は定評のあるところです.乙川優三郎のも武家物が多いですがしみじみとします(ほのぼのとはしない).
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。宇江佐真里さんは読んだことがありません。藤沢さんにしても、山本さんにしても教科書に載るような作品ですからいいですよね。

お礼日時:2004/04/11 22:28

隆慶一郎さんの作品で、「一夢庵風流記」をお薦めします。


最初にこの作品の漫画から読みましたが、後に原作も読みました。
参考に漫画のタイトルは、『花の慶次-雲のかなたに-』です。

もしご購入の際は、読売新聞社(1631円)、新潮文庫(700円)、集英社文庫(700円)と各社から発売されていますので、お好きな物をどうぞ。(私のは新潮文庫です)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl …

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。読んでみたいと思います。

お礼日時:2004/04/11 22:15

隆 慶一郎の、


「一夢庵風流記」
「捨童子 松平忠輝」

豪快で魅力的な人物が主人公で、
ほのぼのというよりは「爽快」です。

「一夢庵・・・」の方は、「花の慶次」というタイトルで
(「北斗の拳」の)原哲夫によりマンガ化もされました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。気分がスカッとしそうな小説みたいですね。

お礼日時:2004/04/11 22:13

こんにちは



王道ですが池波さんの剣客商売はどうでしょう?
全体的にほのぼの系だと思います。
あと三冬、おはるなど、女性の登場人物が面白いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。王道…すぐ読んでみたいと思います。

お礼日時:2004/04/11 22:12

宮部みゆきさんの作品で、


『本所深川ふしぎ草紙』『初ものがたり』を友達に勧められて読みましたが、とても面白かったです。人情味溢れる作品ですので、最後にほのぼのできると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。『本所…』は読みましたが、『初ものがたり』っていうのは、短編でしょうか。

お礼日時:2004/04/11 22:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報