植物のふたばは、なぜ本葉と違う形をしているのですか?

A 回答 (2件)

ふたば(子葉)、というのは、種子の中にすでに入っていて、本葉は発芽後に成長して出てくるから、なんていう答えぐらいしか思いつきませんが・・。



子葉でも、豆みたいに、種子のほとんどが子葉でできているものもあるし、柿みたいに、胚乳の中に隠れているものもあります。
後者の場合は、養分を蓄えているわけでないので、本葉とそんなに目立って違わないと思います。(恥ずかしながら、柿のタネの発芽を見たことがないもんで、自信がない)
    • good
    • 0

ふたば=双子葉植物の子葉ですね。



中学の理科の授業で子葉には発芽直後の生長のための
養分が蓄えられていると習ったような気がします。

・・・・あぁ、もう10年前の話なのね・・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古文の質問なんですが、下二段活用の未然形と連用形はどう見分けるのでしょうか?

古文の質問なんですが、下二段活用の未然形と連用形はどう見分けるのでしょうか?

Aベストアンサー

他の方の回答も出ていますが、できるだけ詳しく述べてみます。「例」として「任す」(まかす)を取り上げます。
未然形も「任せ」・連用形も「任せ」で当然同形です。その場合は後に接続する語をみる。

 未然形に接続する助動詞 「らる」「さす」「ず・ざり」「む」「むず」「まし」「まほし」 同じく助詞 (仮定の)「ば」(打消接続の)「で」。その他は省略。

 連用形に接続する助動詞 「き」「けり」「つ」「ぬ」「たり」「たし」  同じく助詞「て」「つつ」「ながら」「てしか」「にしか」  同じく連用中止法の形「任せ、」及び「任せきり」のように他の動詞がつく形も連用形です。 

 その他に、「任せぬ」のような形の「ぬ」が、完了の助動詞の終止形になるか、「打消」の助動詞「ず」の連体形かの判断が必要になることもある。この場合はさらに「ぬ」の後に接続する語を判断する。「任せぬ」で言い切った場合は結果的に、「完了」と考え「任せ」は「連用形」になる。「任せぬ時」のように続く場合は「ぬ」は打消の「ず」の連体形と考えられ、結果的に「任せ」は「未然形」と決まります。

Aベストアンサー

ちょっと質問の意味が解らない部分があるのですが、

簡単に言えば、魚から人にうつる病気やウイルスはあるか?
という感じで良いのでしょうか?

基本的に、動物から人にうつる病気、ウイルスはもちろんあります。
それらは、「人獣共通感染症」と言われているので
ウィキペディアで調べれば詳細が解ると思います。

魚から感染する病気に関しては、こちらを参考にしてみてください。

http://aqua.yukigesho.com/kansen.html

Q顎下(首の付け根)にボール型?楕円型?のような形をした硬いものがあります。 顎に沿って水平にチョップ

顎下(首の付け根)にボール型?楕円型?のような形をした硬いものがあります。

顎に沿って水平にチョップのような形で手を当てると硬いボコっとした何かが触れます。

女なのですがこれは喉仏なのでしょうか?
又は喉の軟骨?
これは誰にでもあるものなのでしょうか?

ただ、その硬いもの単体であるかんじではなく、下まで繋がっている感じがします。顎下の硬いものの下で一旦細くなってまた少しボコっとした膨らみがもう1つあります。(恐らく甲状腺の位置?)分かりづらいかもしれませんが画像参考にして頂けましたら幸いです><
首全体の絵で、上が顎下で一番下が鎖骨です。

それと関係あるか分かりませんが最近首のあたりが押されているような圧迫感と、顎下から首前面にかけての突っ張り感もあります。

これらの症状で病院にはまだ行っていないのですが最近血液検査をする機会がありその際甲状腺についても調べてもらったのですが異常なしでした。エコー、レントゲンなどはしておりません。

Aベストアンサー

それは軟骨や骨筋だと思いますよ。

Q脱分化の際になぜ植物細胞が要求する植物ホルモンは植物の種類によって異なるのか

植物細胞の脱分化の際になぜ植物細胞が要求する植物ホルモンは植物の種類によって異なるのか解りません。

現在ニンジンを使い、カルスを作ろうとしていますが2,4-Dだけでできるらしいのですが、サイトカイニン系のホルモンが必要ない理由が解りません。

ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

植物については詳しくありませんが、そもそもホルモンとは、
その分子自体のケミカルな機能ではなく、生体の機能の
スイッチングのための“暗号”なので、変化に対する淘汰を
受けにくい(受容体との同時の変化が必要ですが)ので、
交配しなくなると(=種分化しなくなると)多様化しやすい
と言えます。
人類の言語が多様なのと同じです(ホルモンは細胞の言語)。

Q幾何学について教えて下さい。正円に内接した上向きの三角形と下向きの三角

幾何学について教えて下さい。正円に内接した上向きの三角形と下向きの三角形があります。ヒランヤ図形です。ダビデの盾とも呼ばれています。僕の計算によると、正円の中のヒランヤ図形の面積はその円の面積の半分以下になってしまいます。本当に正しいでしょうか?幾何学に詳しい方に宜しく御教授御願い申し上げます。

Aベストアンサー

こんばんわ。

「三角形」は正三角形でいいんですよね?
その前提で考えてみました。

・円の半径を rとします。

・大きな正三角形の一辺の長さは、√3* rとなります。

・添付の図のように補助線を引くと、「ヒランヤ図形」は小さな正三角形 12個分であることがわかります。
そして、小さな正三角形の一辺の長さは、(大きな正三角形の一辺の長さ)× 1/3になります。

・小さな正三角形の面積を求めると、(√3/12)r^2となります。
よって、「ヒランヤ図形」の面積は √3* r^2になります。

・円の面積は πr^2ですから、√3とπの比較になりますね。

半分よりは大きいようです。^^

Qなぜ、昆虫はあんなに洗練された形をしているんですかね? まるで一流デザイナーが作ったような曲線美と、

なぜ、昆虫はあんなに洗練された形をしているんですかね?
まるで一流デザイナーが作ったような曲線美と、実用的に作られ完成された形。
普通の進化であの形状が達成されたとはなかなか考えられない気がします。
生物学的にはどういった認識がされているんでしょうか。

Aベストアンサー

私は専門家でも学者でもありませんが、確かに素晴らしい存在と形態です。
想像、ですが、生きる為、子孫を残す為の進化なのかもしれません。
羽は、より遠くに、食料やパートナーを求める為。
強靭な牙やアゴ、毒針などは、戦う為であり、身を守る為。
擬態や保護色も、身を隠す防御の為。
足が多いのも、たとえ1本失っても生きていける為・・・
骨がなく、硬い外殻で体を覆う構造も、より小型化するのに都合が良いそうで、小さく進化する事で、より少ない食料でも繁栄ができるようです。
形状は、その進化の過程で、よりシンプルに、生き抜く以外のムダを排除した結果なのかもしれませんね。

Q画面の一番下にあった時計の横の音量調節のスピーカーの形をしたアイコンが消えています

画面の一番下にあった時計の横の音量調節のスピーカーの形をしたアイコンが消えています。常時表示表示させたいのですがやり方がわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

スタート
→コントロールパネル
→サウンド、音声・・・
→サウンドとオーディオデバイス
→デバイスの音量の中にあるタスクバーに音量アイコンを配置するにチェックをつける。

Q植物は動物と違って自家受粉が可能ですが、どうしてでしょうか?そんなに細

植物は動物と違って自家受粉が可能ですが、どうしてでしょうか?そんなに細胞も単純ではないと思いますが・・・お詳しい方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

少々興味があったので調べてみました。
自家受粉が可能なものはある程度限られているらしいです。
20世紀ナシでは不能、栽培されるコメでは可能とか。
http://www.sun-inet.or.jp/usr/nao2/public_html/monogatr/jikajufn.htm

とくにヒト食用のコメはヒトの手でヒトにおいしいものが保護されているので、その要因があるかと思います。結局、植物は動けないので、自家受粉の可能性を完全に絶ってしまうと、絶滅してしまう可能性があるということだと思います。自家受粉と他家受粉両方がある程度可能にしておけば、個体の多様性と種の保存のバランスの結果が現在の状況であるといえるかと。

Q奥多摩の大岳山の特徴ある山容は、どこから見ても下のリンク先のような形な

奥多摩の大岳山の特徴ある山容は、どこから見ても下のリンク先のような形なのでしょうか?
もし、違う形に見えるのをご存知の方いられましたらお答えお願いいたします。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Otake-san2.jpg

Aベストアンサー

大岳山は山に囲まれていて、開けた東側から見る場合が大半だと思います。それでも奥多摩湖方面、御岳、桧原村、奥多摩周遊道路方面などからも見られますね。色々な方角から見た写真を載せておきます。上手くリンクしないようでしたらリンク先をコピーして別ウィンドウに貼り付けて見て下さい。

まずこちらがよく写真に出てくる大岳山で、至近距離のもの(東側)
http://livedoor.2.blogimg.jp/etouchiryouin/imgs/0/d/0dbbd855.JPG

八王子みなみ野シティより遠方に見た大岳山(南東側)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/8/80/%E4%B8%89%E9%A0%AD%E5%B1%B1%EF%BC%BF%E5%A4%A7%E5%B2%B3%E5%B1%B1%EF%BC%BF%E5%85%AB%E7%8E%8B%E5%AD%90%E3%81%8B%E3%82%89.JPG
私も大岳山の見える位置に住んでいます。近所のおばあさんが、子供の頃よりキューピー人形が寝ているように見えることから「キューピー山」と呼んでいたそうです。

桧原小(南側)から見た大岳山
http://itsukaichi.up.seesaa.net/image2/071115-6.JPG
桧原村、浅間嶺(南南西側)から見た大岳山
http://tokpa.web.fc2.com/seng/bp10.html

↓数馬方面(南西側)から見た大岳山
http://www.geocities.jp/watnohp/yama/sengmatu091103/sengmatu091103_0500.jpg
↓こちらが西南西側(三頭山・都民の森)方向から見た大岳山(左側の山)
http://image.blog.livedoor.jp/terusanyo/imgs/8/9/8951c91f.JPG
↓同じく御前山(左側)を含めて。通常、後に見える御前山が手前に見えます。
http://teel.mimoza.jp/odekake/09/odekake090221.html#(ページ内の下寄り)

奥多摩(北側方面)から見た大岳山(左側の山)
http://www.geocities.jp/yamakoji165/page017.html
御岳山方面(北北東側)から見た大岳山
http://blog-imgs-32.fc2.com/m/7/n/m7n4wfm19541121/20090921231704af9.jpg

日の出山山頂(東北東側)から見た大岳山
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/upimg/3/33965/01113569e984d3bc4bc5e4af8132f78a.JPG

大岳山は山に囲まれていて、開けた東側から見る場合が大半だと思います。それでも奥多摩湖方面、御岳、桧原村、奥多摩周遊道路方面などからも見られますね。色々な方角から見た写真を載せておきます。上手くリンクしないようでしたらリンク先をコピーして別ウィンドウに貼り付けて見て下さい。

まずこちらがよく写真に出てくる大岳山で、至近距離のもの(東側)
http://livedoor.2.blogimg.jp/etouchiryouin/imgs/0/d/0dbbd855.JPG

八王子みなみ野シティより遠方に見た大岳山(南東側)
http://upload.wikimedia...続きを読む

Qよく植物は動物から身を守るために毒を持っていると言いますが、植物に意思は無いのになぜ毒を作り出すこと

よく植物は動物から身を守るために毒を持っていると言いますが、植物に意思は無いのになぜ毒を作り出すことができたのですか?
自然選択によって毒を持つ個体が生き残ってきた事は知っていますが、1番最初になぜ毒を持つ個体が存在したのかを教えて欲しいです。

Aベストアンサー

>1番最初になぜ毒を持つ個体が存在したのか
共進化の一例ですが、初めの個体は非常に弱い毒しか持たなかった、それも他の機能の副作用として偶然現れた。いかに弱い毒でも生存競争の中で他の個体より有利な群れが出来た、群れが出来ると交配でかなり取食者が嫌う毒の遺伝子を複数持った個体が出来る、理由は染色体の交差による。ここまででやっと一段昇った、次の変異が起きるまで待たねばならない、それは木村資生先生の中立説が主張するところで、様々な弱毒植物ができるがほとんどが脱落する。だから猛毒に至るまでにはとてつもない時間がかかった筈だ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報