はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

1人で会社を行っているものです。
従業員は私一人だけです。

慰安という意味あいで、風俗店やキャバクラに遊びに行ったとき、
かかった費用を会社の経費として計上することは可能でしょうか?

もし、可能な場合、

経費の名目はどのように扱えばいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

キャバクラは接待交際費(飲食代)として切ってもらえば、問題ないと思います。


領収書に人数書いてないから大丈夫でしょ。(収入印紙なかったらチェック多い)
カードで払わないこと
よっぽど目をつけてなければ、そこまで調査しないし、
    • good
    • 6

会社役員の慰安のための遊び代は、業務に関係ないものとして、役員報酬または役員賞与(いずれであっても税務上は役員給与)で計上すべきものだ。

    • good
    • 17

それを認めると業務に全く関係のない旅行にかかった費用も「旅費交通費」で必要経費にできてしまうことになりますから、基本はダメです。

とりあえず経費として計上はできますが、税務調査があったときは避妊いえ、否認されるでしょう。

そして風俗店に遊びに行った費用の名目は

「接待交接費」

とすると「なんじゃこれ」と疑われる元になりますから、 

「接待交際費」

のほうがいいです。
    • good
    • 7

業務上の、、、接待でなければ不可。


1人前なら落ちない。
    • good
    • 10

経費として認められるのは「業務上必要とするもの」となります。


従って、「業務に必要な名称」の領収書が必要です。
そういうところでも領収書は発行してくれますので、その旨申し出ましょう。
お店はまた来てくれることを期待し、利用者も経費で、「お互い様」なので、
相手も断る理由はありません。
但し、料金システムが「入店料」と店内支払いの「遊び代」(任意)に分かれていたら、お店の領収書は前者だけです。
後者の「遊び代」について、お相手の方が下記に示す「調査費」名目の領収書にサインはくれないでしょう。

「慰安」と言う名称は、従業員対しての名目ならば問題ありませんが、個人一人の行動だと、単なる「お遊びだろう」と懸念がもたれます。
「市場調査費」とすれば「調査相手を幅広く選んだ一つ」となり、「調査礼金」も経費になります。いずれも支出証明(領収書)は欠かせません。
    • good
    • 2

接待交際費で落ちなくもないとは思いますがダミーの領収書ならばベテラン税務署職員の監査の場合「ん?この領収書見た事あるぞこんな会社あったかな?」となるわけでばれなければ素通りできますがばれる可能性もあります。

    • good
    • 1

パチンコで勝ったら計上しますか?



負けたら経費でおとしますか?

風俗店に頼んで領収書出してくれたらいいけどね。

あくまでも遊行費 交際費で計上しても領収書見せてとなれば無理じゃないの
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q飲食代として領収書で落とす場合

世の中の社長には

風俗にいって領収書を飲食代として
経費で落とす人もいるのでしょうか?

そしてそれは経理上わからずに通過できるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

>では世の中の社長で一人で飲みにいったり、
また風俗にいってもそのように書いて経費で落としている
人も結構いるのでしょうか?<

風俗はともかく、飲食に関してはよくあります。(スナック・バー含む)ましては、家族での飲食も経費で落とされる場合あります。
社員としては、あまり気持ちよくありませんが・・・

>もし相手に電話をかけられた場合にはどのように
なるのでしょうか?<

あまり、聞いたことはありませんが、頻繁に領収書が発行されていると(同じ店から)、そのお店に税務署が入るということは聞いたことがありますので、たぶん憶測ですが、領収書を発行した時点で、お店側も了承している事と思います。

Q飲食代の交際費は誰と行ったかってバレるのか?

個人事業主で食事を行った場合に領収書を貰っているのですが
中には、仕事のパートナーであり、彼女でもあるパートナーとの食事の場もあります。
こういう場合の飲食代というのは、交際費として出来るのでしょうか?個人的な費用になるのでしょうか?実際に仕事の話がメインになる食事です。

誰と行ったか?が重要だと思うのですが、そもそも、人数や誰といったか?
というのはバレるのでしょうか??

Aベストアンサー

取引先との食事でしたら、交際費です。
仕事のパートナーとの食事でしたら、交際費です。
彼女なのだが、仕事のパートナーでもある人との食事なら交際費です。
彼女とラブホテルに入った領収書(が仮にあっても)は、交際費ではないです。
その他でしたら、領収書があっても事業経費とはなりません。

人数はレシートに打ってあればわかります。
個人事業主の飲食代の領収書で税務調査で反面調査がされるケースなどほとんどないでしょう。
その領収書一枚を否認してどうなるものではないからです。
ですから「バレない」です。

一枚の領収書が「事業用の支出かどうか」など、本人に確認しなくてはわからないです。
コンビニでタバコを買ったとします。一般には交際費ではないですが、顧客への手土産として買ったなら交際費です。
実地調査にて領収書を目にしてない状態で「この経費はダメだ」などと言われることはありえません。
ですから、誰と誰と行った、という事が説明できて、調査官が信じれば経費になるのです。
「バレル」「バレない」という問題ではないですね。

次のようなケースが考えられます。
8月15日に家族揃って食事に出かけた。レシートにはお子様ランチとビール2本、その他の料理となってる。
これって「お盆に家族で食事に出かけて、オヤジがビールを飲んだ」領収書です。
まさか、取引先とその子供を連れて接待したわけではないでしょう。
このような領収書の存在は「事業経費とならない食事代をすべて経費計上してる」と判断されて、個別判断せずに「交際費として計上されてる全額」を否認される可能性があります。

全額否認されたらたまりませんので、この日とこの日は取引先誰々と行ったので経費ではないかと主張するわけです。
主張の裏付けとして、記録があることが要求されます。
手帳に「何時から、誰と」と記録してあれば、調査官も認めざるをえないでしょう。

記帳や記録は面倒ですがしておくと、税務調査時には「調査官に対しての唯一の武器」になるわけです。






なお、接待交際を受けた相手は経済的利益を得ますが、所得税法上の事業所得にも雑所得にも該当しません。

「特定の取引先と何回も接待をしていれば、原則からいえば、交際費の相手方はその交際費分雑収入となるわけですからその金額が年間20万円以上である場合、相手方に反面調査を行い、真実であればその相手方の所得税申告を行わせるといったことも考えられます。」という記述がありますが、本当なのでしょうか。

雑収入??
所得税法の所得区分には[雑所得]がありますが、[雑収入]はありません。
雑所得となると言いたいのでしょう?
残念ですが、雑所得にもなりません。

20万円という数字が出てきてますが、おそらく所得税法第121条に登場してる20万円を指してるのだと推測します。
そうだとしたら、サラリーマンが接待交際を年間20万円を超えて受けていたら雑所得として確定申告書の提出をしなくてはいけないんでしょうか。
そんなことありませんから。

「原則からすれば」と言われてますが、その原則とは何なのでしょう。わかりませんね。
食事を何回を相手からおごってもらってるのが「贈与」だというなら、贈与税の問題です。
所得税法は無関係ですから、所得税法第121条の20万円も出てくる幕ではありません。
仮に贈与だというなら年間110万円までは基礎控除範囲内なので、贈与税かかりませんから。

接待交際を受けた相手がそれを雑所得と認められて、税務当局から修正申告等を求められるなどないです。
ひどく説得力のある記述ではありますが、間違いだらけです。
後々この質問を参考にされる方のために、間違ってる回答があることを述べておきます。

取引先との食事でしたら、交際費です。
仕事のパートナーとの食事でしたら、交際費です。
彼女なのだが、仕事のパートナーでもある人との食事なら交際費です。
彼女とラブホテルに入った領収書(が仮にあっても)は、交際費ではないです。
その他でしたら、領収書があっても事業経費とはなりません。

人数はレシートに打ってあればわかります。
個人事業主の飲食代の領収書で税務調査で反面調査がされるケースなどほとんどないでしょう。
その領収書一枚を否認してどうなるものではないからです。
ですから「バレ...続きを読む

Q個人での飲食って経費になりますか?

個人事業者なのですが、例えば出先でコーヒーやお昼を食べたりした時(1人で)、これは経費になるのでしょうか?
以前年末調整をした際に話した青色申告会の人がこれも計上できると言っていたのですが…。
出来るとしたら勘定科目はなにに当てはまるのか教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.基本的には、自営業者個人の食事代や、事業主とその家族だけの食事代は経費にはなりません。
従業員と一緒であれば経費として処理できます。

2.業務上必要な打ち合せの食事代であれば「会議費」・慰労のためであれば「福利厚生費」です。

なお、酒が伴った場合は「接待費」となりますが、法人の場合は、「接待費」が一定額を超えると損金(税務上の経費) に出来ないという制約がありますが、自営業の場合はこの制約が有りません。

3.適用には、「○○他*名 会議のため」等と記入します。

参考URL:http://www.zeimu-soudan.com/report/report01.html

Q領収書の偽造は税務署の方に追求されないのでしょうか?

会社で経費精算を担当しています。
社員で数人の者が以下のように領収書を偽造(?)しています。
(1)白紙の領収書に自分で金額を記入。
(2)お店でもらった領収書に金額を追加している。(例:3,500円の金額の前に2を書き足して、23,500円とする)

うまく作成してくれるのであれば、見てみぬふりをして処理もしやすいのですが、最近では(2)の方法で、誰がみても明らかに金額を足したなと分かるような書き方で領収書を回してきます。(字体も、ペンの色も違うので・・・)上司に相談しても、社内でも役員クラスの人が回して来ているので、追求したくもないのかだまって処理すればよいといいます。

私の気持ちの問題だけなのかもしれませんが、上記のような領収書でも会社としては特に問題ないのでしょうか。教えてください。上司も追求しようとしないということは、税務署の方とかが監査に来てもいちいち領収書などを調べたりはしないものなのでしょうか?
ちなみに上記領収書は雑費と交際費で処理しています。

Aベストアンサー

1 社長以下の役員も、上司の従業員も、実は、本当のところ怖いのは、
 経理の職員です。
2 明らかに偽造とわかる領収証で金額の張る同一の役員のものにつき、
 『税務調査が通らないので再発行して貰ってきて下さるよう』丁重に
 お願いされることをお勧めします。間違っても『この領収証はおかし
 い。』と言ってはいけません。最初は一人のターげットからはじめれ
 ばよいのです。不必要に戦線を広げないで下さい。
3 以前の領収証を経理が見逃していたことを指摘されたら、その件は
 気がつかなくて申し訳ありませんでしたとひたすら謝れば良いだけの
 ことです。謝り方が慇懃で丁重であればあるほど『怖い』と評価され
 大事にされます。経理にはそういう力が要求されます。
4 税務調査で指摘されたら僅かな金額でも増差差額が発生し、法人税、
 消費税、法人市県民税、事業税の上に延滞税等の罰科金が課せられ
 るとともに、税務署の税暦簿に汚点が記されて末永く睨まれ、3年ご
 との定期的調査をされる羽目になり、汚れた会社の常として常にお土
 産を用意しなければ調査がしのげなくなり、税理士からも当然その程
 度の会社と見くびられ、調査立会い料も多分心もち以上要求され、御
 社の社会的評価も下がる…、良いことが何もないことをこの機会にお
 おいに吹聴されれば良いだけのことです。
5 今回、それでも効果がなかったら、1~2ヶ月中にまた同じことを
 繰り返せばよいのです。経理として、会社を守るのは当然の行為です
 という姿勢だけを前面に出して下さい。
6 経理とは、たかだか、この程度のことをあたりまえにこなしてゆく
 仕事です。それ以上の仕事ではありません。上司たちからは感謝をさ
 れても睨まれることはあり得ません。彼らも、そんな経理マンが欲
 しいのです。
7 営業マンが外でする苦労に比べたら、そんなに大層なことではない
 でしょう。ここで泣き言を吐いていたら、開発や営業や…の人々に
 に顔が立ちません。経理の面汚しです。
8 merry_1980様のご年齢やキャリアを無視すれば以上のようなこと
 が言えると思いますが、社会的にも、社内的にもこれから成長され
 る緒についたばかりの方でいらっしゃったら、いま少し機会をお待
 ちになられたほうが良いでしょう。ただし、時間がmerry_1980様を
 汚ないことを祈念します。

1 社長以下の役員も、上司の従業員も、実は、本当のところ怖いのは、
 経理の職員です。
2 明らかに偽造とわかる領収証で金額の張る同一の役員のものにつき、
 『税務調査が通らないので再発行して貰ってきて下さるよう』丁重に
 お願いされることをお勧めします。間違っても『この領収証はおかし
 い。』と言ってはいけません。最初は一人のターげットからはじめれ
 ばよいのです。不必要に戦線を広げないで下さい。
3 以前の領収証を経理が見逃していたことを指摘されたら、その件は
 気が...続きを読む

Q社長が個人の出費を経費でおとします

社員10名程度の株式会社です。経理は社長と奥さんが行っています。
社長のクレジットカード、携帯代、奥さんの車のガソリン代(会社には自転車で来ます)などを経費で落としています。
社長のクレジットカードの明細には、夫婦で食事したものや百貨店での買い物(たぶん、洋服やバッグ)、個人持ちのパソコンなどがぎっしり。

経営状況は決して良いとはいえません。(赤字です)そのため、社員のボーナスはなし。昇給もなし。無理めな売上目標を設定されています。

こんなことって許されるのでしょうか?
法的?に許されない場合は直訴しようと思ってるのですが・・・

Aベストアンサー

法的解釈からだとおっしゃる気持ちはわかるのですが、質問者さまの会社は株式会社とはいえ個人経営の店と一緒の状態だと思います。社長と奥さんはまず会社を作る段階でお金を出しているわけです。その後も運転資金等でお金を工面したりして、社員10名の会社を守っている人なわけです。その資金繰りの部分なのですが、金融機関とお付き合いしていく中で、法人とは言え保障は個人補償なわけで、その基準は代表者に資産がいくらあるかとかで計算されています。つまり、代表者(というか個人補償している人)がたくさんお金(資産)を持っているほうが都合が良いということになるわけです。なので会社経費として落とし、なるべく自分のお金を使わないほう金融機関とのやりとり上、都合が良くなる。そういうケースに当てはまるのかな、と。
実際その中身は様々なんでしょうが、それは他人の家の財布を除くのと同じ行為ですので、慎むべき部分です。
泣き寝入りしろというわけではなく、質問者様の会社は株式とはいえ、社長と奥さんが借金をすることによってまかなわれいる。ということは理解してください。
その上で、もう少し私達のことも考えて下さいと言うことはお互い立場を考えてのことと言えるので悪いことではないと思います。
(いろんなケースがあるので一概には言えませんが、経営者の財産(あえて財産という言葉を使っています)は目減りし、従業員の財産は増えているなんていう会社はたくさんあると思います。最終的に経営者もお金が欲しくてやっているので、その辺を考慮し、ストレートに気持ちをぶつけるのではなく立場を理解した上で話をしたほうがよいと思います。)

法的解釈からだとおっしゃる気持ちはわかるのですが、質問者さまの会社は株式会社とはいえ個人経営の店と一緒の状態だと思います。社長と奥さんはまず会社を作る段階でお金を出しているわけです。その後も運転資金等でお金を工面したりして、社員10名の会社を守っている人なわけです。その資金繰りの部分なのですが、金融機関とお付き合いしていく中で、法人とは言え保障は個人補償なわけで、その基準は代表者に資産がいくらあるかとかで計算されています。つまり、代表者(というか個人補償している人)がたくさ...続きを読む

Qギフトカードは経費になりますか?

こんにちは。税金についての質問です。

私は個人事業の形態で、建築業を営んでいます。
以下のケースで経費として認められるかが知りたいです。

ケース 1
現場を紹介してくれた人に5~10万円くらいの謝礼を、ギフトカードで支払っています。
ギフトカードを購入した時の領収書はありますが、渡した人からは領収書を貰っていません。

ケース 2
現場の近所の方に、工事前の挨拶際に、1000~3000円のギフトカードをお渡ししています。
ギフトカードを購入した時の領収書はありますが、渡した人からは領収書を貰っていません。

ケース 3
郵送でのアンケートを実施し、その際の謝礼として、1000~3000円のギフトカードを郵送しています。
ギフトカードを購入した時の領収書はありますが、渡した人からは領収書を貰っていません。

年間総額で、50万円くらいになります。
現金で渡すとイヤらしいですが、ギフトカードだと粗品として配りやすいのですが・・・経費として認められるのでしょうか?

Aベストアンサー

ケース 1とケース 2は比較的問題はないでしょうね。
ケース 3は、そのアンケートがどういう性格のものかによります。
業務と密接に関係するものなら認められるでしょう。

渡した先からの領収証がないことを心配のようですが、経費とするためには領収証が金科玉条なのではありません。
その支払いが業務用であることが事実であり、現金出納帳をはじめ経費帳や業務日報などで、その支払いが確認できればよいのです。

もちろん、ギフトカードを買ったときの領収証だけでは、私用に使用したとものとの区別が付きませんから、不十分です。
屋号名の領収証であっても、それだけでは事業用の裏付けとはなり得ません。

謝礼などとして渡すとき、のし袋にでも入れるでしょうから、そののし袋の表裏をコピーしておくのです。
そのコピーに渡した先と日付、渡した理由などを簡単にメモしておきます。
これを領収証代わりに保管しておけば万全です。

Q20歳以上の人と援助交際するのも犯罪ですか?

20歳以上の人と援助交際するのも犯罪ですか?

自分の周りには結構援助交際してる奴が多いです。
『それって犯罪じゃないの?』って聞くと18歳以上(相手が)だから大丈夫だとか・・・。
それで、みんなが援交で利用するサイトを教えてもらったのですが
確かに援交したい女の子がたくさんいました。
(内容は分からないように投稿してあるけどメールのやりとりしたらそういう意味だった。)

でも自分は興味はあるけどそれが犯罪に関わる事ならしたくないと思います。
援助交際=売春ですよね?
売春をwikiで調べたところ犯罪になるケースは以下の通りでした。
1)公衆の目に触れる方法による売春勧誘等(5条)
2)売春の周旋等(6条)
3)困惑等により売春をさせる行為(7条)、それによる対償の収受等(8条)
4)売春をさせる目的による利益供与(9条)
5)人に売春をさせることを内容とする契約をする行為(10条)
6)売春を行う場所の提供等(11条)
7)いわゆる管理売春(12条)
8)売春場所を提供する業や管理売春業に要する資金等を提供する行為等(13条)

↑を見てみると勧誘、斡旋、仲介的な?人達が処罰受けるようになってますよね?
私の場合だとサイト側が捕まる感じで本人は捕まらない?ように見えます。

本人同士の合意の上で援助したら大丈夫なんでしょうか?

20歳以上の人と援助交際するのも犯罪ですか?

自分の周りには結構援助交際してる奴が多いです。
『それって犯罪じゃないの?』って聞くと18歳以上(相手が)だから大丈夫だとか・・・。
それで、みんなが援交で利用するサイトを教えてもらったのですが
確かに援交したい女の子がたくさんいました。
(内容は分からないように投稿してあるけどメールのやりとりしたらそういう意味だった。)

でも自分は興味はあるけどそれが犯罪に関わる事ならしたくないと思います。
援助交際=売春ですよね?
売春をwikiで調べた...続きを読む

Aベストアンサー

#3です。そうです「グレーゾーン」なんですよ。

『売防法』は、「不特定の相手との性交を対象」としているので、単にセフレに小遣いを渡しているだけなら、売防法違反とはならんでしょう。通常の成人間の金品が絡んだ男女関係では、このセフレもしくは愛人関係に当たりますね。

ただご質問にある「サイトを通して知り合った者同士の援交」の場合。これは都合良く当人たちが、援交と称しているだけで、実際には売防法違反となります(実例や判例あり)。法律上では「援交」とは、『未成年者に関する』を基本にしているのであって、成人間は該当しません。

また補足ですが「買春」も、『未成年者の売春』に対する言葉であり、ご質問のように「成人間」の場合には、例え売防法で捕まったとしても一方を「買春」とは言いません。(判例を検索すれば分かります)

ご参考までに☆

Q食事代は経費で落とせますか?

実務上のことなんですが、個人事業主の食事代について質問があります。


1.事業主が深夜まで仕事になり、やむを得ず1人レストランや弁当屋で弁当を食べなければならなっかたとき経費になりますか?

2.事業主がアルバイトをつれて仕事上のミーティングのためレストランへ行ったとき(もちろんお酒なし)

3.但し書きの書き方について適当な書き方があれば教えてください。「食事代 〇〇名様」とすべきですか?それとも「食事代」だけでよいでしょうか?

Aベストアンサー

金額にもよると思いますが、私は週に1度外食をしていました。仲間と一緒のこともあれば一人のことも。金額にして2000円を越える分はすべて「接待費」にしていました。月にして1万くらいでしたが、特に指摘されたことはありませんでした。

領収書もよくあるレジから出てくるもので「食事代」とだけしか書いていませんでした。

Q授業料は経費になりますか?

1)よく(大)企業では、社員のビジネススクール派遣(修業)がありますが、あのお金(授業料、生活費、渡航費含む)は経費となるのですか?

2)その他、業務に必要な知識を身につけるために会社にお金を払ってもらって社員が専門学校や大学へ行く場合も経費となるのでしょうか?

以上が可能だと仮定して・・・
3)私は個人事業主ですが私も業務に必要な知識や技術を身につけるために大学に通ったら授業料や通学費などすべて経費として落とせるのでしょうか?

4)個人事業主の経営者がアカウンティングスクールやロースクール、ビジネススクール(すべて大学院)に通ったとしても、授業料などそれに関する費用を事業の経費として落とせるのでしょうか?

質問が多く成りすぎましたがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

私も個人事業主です。が、法律の専門家ではないので、経験則です。

以前、税務署の方に同じような質問をしたことがあります。
その際、まず大きな前提として、日本の所得税に対する考え方は
「自己申告」を旨とすること。
ですから、たとえ年商1000万で接待交際費が500万かかったと申告しても、
それが明らかに事業に必要であると証明されれば
通ってしまう、ということです。
(実際に査察が入ればそうはいきませんが、理屈ではそういうことです)

ですから、1)~4)ともに経費として計上できると思います。
もちろんそのためには、それが事業に必要なことであるという証明と、
いくらかかったかの領収書等が当然必要かと思います。

ただし、3)~4)の場合、「事業に必要不可欠である」ということを
しっかりと説明できなければならないと思います。
「そこに通わないと事業が成立しないのか」と突っ込まれたとき、
答えられるだけの説得力が必要でしょう。

Q遊興/娯楽/風俗等の取材費用は経費になる?

遊興や観光、娯楽、風俗に関する取材、費用は経費として認められる?

お世話になります。
ある人物(自由業)が、自分の遊興費を仕事上の経費として計上したいと考えました。
そこで、パチンコ、競馬、映画、観劇、美術館・博物館・遊園地めぐり、温泉めぐり、観光地めぐり、新作TVゲーム(家庭用、ゲームセンター用)、株式・先物取引、飲食店レポート、性風俗レポートに関する数種類のメールマガジンを有料出版しはじめました。

 いくつかのメールマガジンは有料販売の実績ができて、メルマガとしての売り上げが発生したのですが、それと同じぐらい、取材費(交通費、店で使う金、調査のためのインターネット利用料、携帯電話利用料など)が発生しました。(別の言い方をすれば、売り上げが上がるたびに全額、取材と称して遊興費に使ってしまう状態)

さて、税務署の調査員からすれば、
「確かにメルマガの売り上げは上がっているが、これでは取材とはいえない。
 単に自分の遊興費である。
 このように利益をすべて自分の遊興費で使い果たしてしまうのは明らかに節税、
 というより脱税に近く、国民の義務を果たしていない。よってこれらを取材費として経費に認めるわけにいかない」
となるのでしょうが、その人物の視点からすれば
「趣味を仕事にしただけのことである。そのような人はたくさんいる。雑誌のフリーライターはどはほとんどが趣味を仕事にして取材している。私はそれをメールマガジンの形態でやっているだけ。
 実際に自分で取材した迫力あるレポートであればこそ読者の共感が得られ、わずかずつであるが読者数、
 購読数も増えている。これが認められないならば、世の中の取材費というものはすべて認められないのでは?
 もし”やりすぎ”というなら、何円までなら取材費として認めるのか、はっきりした線引きをしてほしい」
と反論するでしょう。

こういう場合、どこまで認められるのでしょうか?

あ、ちなみに競馬の場合は、競馬場までの交通費、競馬場入場料、競馬関連の書籍新聞、文具代として赤鉛筆は認められるでしょうが、「馬券購入費」は認められないでしょうね。(他の公営競技(競輪、オート、モーターボートも)

判例とか過去例、FAQ、国税庁の公式見解などあるのでしょうか?

詳しい方、お願いします。

遊興や観光、娯楽、風俗に関する取材、費用は経費として認められる?

お世話になります。
ある人物(自由業)が、自分の遊興費を仕事上の経費として計上したいと考えました。
そこで、パチンコ、競馬、映画、観劇、美術館・博物館・遊園地めぐり、温泉めぐり、観光地めぐり、新作TVゲーム(家庭用、ゲームセンター用)、株式・先物取引、飲食店レポート、性風俗レポートに関する数種類のメールマガジンを有料出版しはじめました。

 いくつかのメールマガジンは有料販売の実績ができて、メルマガとしての売り上...続きを読む

Aベストアンサー

何円までという線引きはありません。
「取材費」として認めてもらうには領収書だけでなくそれなりの裏付けが必要だと思います。
「取材内容のレポート」とか、出来上がった作品とか・・・・・
仕事との関連が証明できるのであればOKだとは思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング