<暇なとき>
個人売買で現金書留でゲーム機の代金を送っても品物がいつまでも届きません。詐欺です。

1,既に5年以上経過しているのですが、道徳的に許せないので、郵便葉書に「お金返してください:私の住所氏名」とだけ書いた葉書を年に2通程書き続けています。郵便代が商品代を上回っても一生送り続けるつもりですが、問題ありますか?

2,住所(区市町村名まで)と氏名のみをこの人は詐欺を働きましたと、掲示板などで仮に書いたら問題ありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

順を追って、説明させていただきます。

へなちょこな説明ですので、肝心な部分は、他の方の御説明に期待するか、無料相談などでお聞きになることをおすすめします。無責任ですみません。

まず、arufuさんと相手方(X)は、売買契約を締結したものと考えます。
arufuさんはXに対し代金を送る義務(債務)を、Xはarufuさんに対しゲーム機を送る義務(債務)を負う、というのが、その契約の内容です。
ところが、Xは自らの債務を履行しませんでした(債務不履行)。

<ステップ1>
その場合の対応については、民法第541条に規定があります。

第541条 当事者ノ一方カ其債務ヲ履行セサルトキハ相手方ハ相当ノ期間ヲ定メテ其履行
ヲ催告シ若シ其期間内ニ履行ナキトキハ契約ノ解除ヲ為スコトヲ得

旧字体で難しいのですが、つまり、「催告」、いついつまでに送れ、と催促をして、その間までにゲーム機が送られてこなければ、解除する権利を得ることができるわけです。
催告状の書き方については、いろいろな事例がネット上にあります。そのものズバリのものがあればいいのですが、だいたいは借金の催促ですね。
ここで催促するのは、「ゲーム機を送ること」であって、「購入代金を返すこと」ではありません。
「1度目の催促」が「催告」とみなされるかどうか、ということもあるのですが、この点については、よくわかりません。すみません。

<ステップ2>
この「催告」をして、期限まで待って、なおかつゲーム機が送られてこない場合、契約の「解除」をする権利(解除権)を手に入れることになります。
ここで最初の契約を「解除」するので払った代金を返せ、と請求することになります。
なお、解除権の消滅時効が10年ということは、民法167条1項が直接適用されるわけではなくて、判例により民法167条1項が準用されているものです。

<ステップ3>
返してくれればよし、返してくれなければ裁判所に訴えることになるでしょう。

民法の条文については、http://www.houko.com/で無料で見ることができます。トップページから分野別索引又は50音別索引で探してください。
また、債務不履行による解除権の消滅時効が10年と言われていることについては、前の私の回答の参考URL内、大きい2.の下の小さい4.にも書いてあります。

問題としては、「メールでの催促が「催告」に当たるか→すでにステップ2に入っていると考えてよいか」、「書類の書き方」などがあると思います。
不十分な説明で申し訳ありませんが、参考程度になさってください。
下記URLは催告に関する説明です。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~vr5j-mkn/jibunn2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どなたに良回答を差し上げたら良いか非常に迷ったのですが、最終的に全ての疑問をまとめて、さらには条文やそのリンクまで載せていただいたnorth073さんにつけさせていただきました。私の疑問に最後までつきあって頂いてありがとうございます。相手がまずすることはゲーム機を送ることであってお金の返済ではないことや、手順を立てて本当にゼロから始められるようにリンクまで張っていただきありがとうございます。まずは、書類を書いて、「解除権」を指定する事から始めたいと思います。ありがとうございます。

お礼日時:2001/06/06 20:11

 債権というのは「相手に対して、一定の給付を請求する権利」ですので、現金であっても、物であっても成立します。

    • good
    • 0

個人売買は民事ですので、時効は10年です(民法167条1項)。

相手に理由がある場合(品物が届いてない、品物に瑕疵がある)がありますので、掲示板は問題はあります。電話とか郵便は問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えいただきありがとうございます。
電話、郵便で問題ないことが分かってとても安心しました。

そもそも時効が何年なのかが分かって無くて5年と勝手に解釈していたのですが、10年とは思っていませんでした。ただ民法167条1項で、物品の売却金(物を送ったのに金がこない)については10年と載っているページは見つかったのですが、購入金(金を送ったのに物がこない)についてズバリ書かれているページがまだ見つからないためもう少し探してみます。ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/31 19:23

すみません、sein13さんに質問ですが、


売買契約の担保責任に係る解除権については除斥期間のようですが、債務不履行(売主の履行遅滞)による解除権の消滅時効は債権の消滅時効にかかるのではないでしょうか?(下記URL参照)
そうであれば、少なくとも、民法上の債権に係る消滅時効期間である10年の間は解除権により、契約の解除と原状回復を請求することができるのではないでしょうか。

arufuさんには、やはり無料法律相談などで相談されることをおすすめします。まだお金を取り戻すのは間に合うかもしれません。
手順としては、chewbacca1757さんのおっしゃっているとおりだと思います。

参考URL:http://www5.ocn.ne.jp/~kazama/abukuma/watanabe/w …
    • good
    • 0

法律事務所で事務の仕事をしています。


事務職なので専門的なことはわかりませんが、こんな方法もあるということで。
郵便代が商品代金を上回ってもかまわないと思えるぐらい相手が許せないのなら、
訴訟のことを考えてもいいのではないでしょうか。
弁護士会では、無料の法律相談を行っています。
まずはそこで相談してみるといいでしょう。
その時は、ありとあらゆる資料を持参して下さい。
1に書いてあるように、郵便を送り続けることは問題はないと思います。
ただそのまま何もしないのであれば、本当にお金の無駄と言えますね。
郵便は普通郵便ですか?
書留なら、控えの用紙も持って行って下さいね。
2にかいてあることは絶対にやめるべきだと思います。
相手のことが道徳的に許せないとおっしゃっておられましたが、掲示板に中傷めいたことを書くのは、それが事実であれ、道徳的とは言えないのではないでしょうか。
そして実際に裁判になった場合、掲示板の件を出されて、精神的苦痛という損害賠償を逆に請求されることもありえます。
arufuさんの場合、年に2通郵便を出す程精神的苦痛を与えられたということで、損害賠償請求もできるのではないかと思いますので。
最初にも書きましたが、わたしは時効などの専門的なことはわかりません。
だから一度無料相談に行かれることをお勧めします。
そこで専門家の意見を聞いて下さい。
その後の予想としては、弁護士が受けてくれた場合、内容証明郵便を相手に送り、そこに定められた期限までに商品もしくは代金が返送されない場合、民事訴訟ということになると思います。
くどいようですが、ただの事務員の意見です。
実際とは異なることもありますので、一度無料相談に行って確認されることを強くお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。
当初の目的である、葉書を送り続けても書きすぎなければ問題ないことが分かり安心しております。

精神的苦痛について、
1万6千円と今までの郵送料くらいですので私自身は精神的な苦痛までには至っていないのですが、私の「返してください」という手紙で相手に苦痛を主張されるのではないか思っていたので、これはおもしろい考え方だと思いました。なるほど。確かに、騙された直後は、(バイト禁止の)高校生の1万6千だっただけに年に何回の買い物でしたので結構不信にはなりましたので言えないわけでもないですね。

無料弁護士の紹介や内容証明の手順などとても参考になりありがたく思っています。無知のお馬鹿素人でも広いネット社会で調べれば、どこかにあるはずですので、最低限を確認した後に決めたいと思います。お答えありがとうございました。

2については、絶対やらないようにします。ご助言ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/31 19:10

いきなり詐欺とも言えません。

まず、債務不履行による売買契約の解除、金銭返還となりますが、「お金を返してください」で解除の意思表示ともとれなくないと思います。しかし、問題はこの解除権の除斥期間です。
今回の件は時効の問題ではなく、解除権の行使という除斥期間の問題です。
時効は一定の事実状態の尊重から権利関係を認めようとする制度ですが、除斥期間は一定の権利について法律の定めた存続期間のことです。
さて、条文が無いので、判例の解釈からいくと、解除権の行使については長期の不行使によって解除権は失効します。何年かわかりませんが、法律関係の早期解決の趣旨から、いくら長期でも取消権と同じく5年より上とは思えません。
さらに、除斥期間であれば、時効のように中断という概念はありません。一部例外の判例をのぞき認められません。
ついでに、時効の問題であったとしても、時効の援用は裁判でしか認められていないので、内容証明郵便出したって無駄です。時効ぎりぎりの最後で6ヶ月間だけ延長がききますが、それだけです。

結論。1については一生送り続けても葉書代が無駄なだけです。あきらめてください。

2については、証拠があったとしても、名誉棄損罪(230条)にかかる行為になる場合があります。公共の利害に関することだからと230条の2の適用を主張しても証明の責任を負うことになります。証明ができなくて、相手がゲーム機を送るの忘れていたとか言い張った場合どうなります?事実でなかったら侮辱罪の適用だってされてしまいますよ。
時間と起訴された場合には弁護士費用だって無駄になります。民法上も723条によって損害賠償を請求されます。
悪いこといわないから、掲示板で書くのはやめましょう。
ps.匿名使って、ばれないように・・・むにゃむにゃ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
お金を返してくださいが、解除に当たるというのは全く考えていませんでした。
検索エンジンであちこち参照しながら探しているのですが、解除権や排斥期間は、もとより、そもそも時効が5年なのか10年なのか民法167条1項の条文原文の写しさえも見つからない有様でして、前の方への返信で即内容証明というお答えをしたのですが、もうちょっと自分だけで探してみて無ければあきらめようと思います。

2について、正義の迷惑なんてないので、掲示板に書く気は毛頭ないのですが、もし20万30万と騙されたときに、直接特定出来ない形で書く可能性もゼロではないなと思って書きました。お答えを拝見して尚、いけないことだと認識しております。
ps.匿名使ってもやっぱ明らかにいけないですので絶対やりません…むにゃむにゃ。

お礼日時:2001/05/31 18:51

法的に見ると、当時arufuさんとその人(仮にAとしましょう)との間に契約関係が成立したかどうかがまず問題になります。

契約の成立要件として、双方に売買の意思があったかどうかが審議されますが、まずarufuさんにはその意思がありますよね。で、Aにはその当時にきちんとarufuさんに品物を引き渡す意思があったのかどうか? もしその当時にも品物を引き渡す意思がなければ「詐欺行為」となるでしょう。
 但し、何らかの事情(品物がなくなった、身体的な事情等により社会生活が営めなくなり送れない など)があってarufuさんに品物を送れないのであれば、「詐欺」ではなく、契約不履行になります。詐欺にはあたらないわけですね。
 前者は刑事事件、後者は民事事件になりますから、どちらになるかはきちんと見極めなければなりません。もし後者であるのに、「詐欺だ」と触れ回ると逆に名誉毀損ないし誣告罪に問われる危険性が出てきます。

 Aには確実に連絡がとれているのでしょうか? また当時の郵送における事故という可能性はないのでしょうか? この点を明確にする必要もあるかと思います。
 情報がかなり不足しているのでまず上記の点だけでもはっきりすれば状況も変わってくるかと思います。

 因みにYanchaboyさんも書いてらっしゃいますが、最初の事項失効の日より前からそのようなハガキを送って、かつAが確実に受け取っていれば、時効の中断を請求できます。司法で認められれば当時からの利息も請求できます。そのためにも、Aにハガキを送ることは有効な手段だと考えられます。

 但し、Aが実は品物を送っていて、それをarufuさんのご家族の方が受け取っていた、というような事実があった場合、相手方から逆に脅迫ないし恐喝行為ととられる危険性もあります。(←これだと、‘1’における問題になりますね)

 まずは、
 (1)Aが確実に品物を送っていない
 (2)Aがarufuさんのハガキを受け取っている
 (3)Aが品物を送っていないのは天災・事変などによるものではない(地震で被災したというようなケースでは義務を免れる場合があります。)
 というようなことを確認する必要があります。かつこれは客観的事実による必要があります。

 また、2つめのご質問ですが、ネチケットはもとより、そのような行為はいわゆる人格権の侵害になりますから、不法行為として相手方から損害賠償請求をされる可能性があります。同時に先に述べた名誉毀損(Aが実際に詐欺行為を働いていても)にあたるとして刑事罰を受けることすら考えられます。

 気持ち的に許せないというのはわかりますが、やりすぎてarufuさん自身が傷つくこともありますから、冷静に処理していって下さいね。
 まずはYanchaboyさんの仰るような自治体の無料法律相談、消費生活センターなどへの相談が手軽でいいと思います。その後は 内容証明 → 調停 → 訴訟・・・とパターンはありますがね。

この回答への補足

契約不履行をネットで調べたところ、相手は、この契約不履行を最大の根拠に返金に応じない事が推測されました。私の重大な過失が存在していた事を昨日発見しました。

<取引の内容>
(私の掲示板への書き込み)<私の過失:掲示板の無料取り引きが規約の場所に書いた。(現状として有料取引も多かった。)>
  プレーステーションか、セガサターンを
  1万円で譲って下さい。

(相手からの返答)
 サターン本体(グレー 箱 付属品付き)コントローラー2本パワーメモリーソフト(バーチャファイター2&リミックス ヴァンパイアハンター セガラリーチャンピオンシップ スラムダンク)を¥15000から¥18000でお譲りしたいと思います。メール下さい。ID:***00000

(私の返信の一部)
  さて、サターンですが、送料込みで、¥16000で
  譲り受けたいのですがよろしいでしょうか?

(相手からの返信の一部)
メールありがとうございました。支払い方法ですが、現金書留でお願いします。お金を確認しだい送らせてもらいます。

(私の1度目の催促)文は探し中。

(相手からの返信)
連休明けに送ります。よろしくお願いします。

(以後何度も返金要求の葉書を送る。)=>(回答無し)

以上の取引内容です。双方取引の意思があります。掲示板規約に反していた事は、ログを調べて昨日知りました。私の重大な過失です。

郵送事故について。
私の返信先が書かれているので、戻ってこないことから郵便は届いていると思われます。
何度も返金要求をしているのに無回答のため、商品の途中事故の可能性は低いと思います。
葉書を送った日付を証明できませんし、記憶の中でも(日付は)曖昧です。
最大の証拠。現金書留の控えは現在探し中です。

補足日時:2001/05/30 09:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
細かく詳しく書かれているので相手への取り引き内容の整理ができましたし、時効の中断や利息の請求や訴訟に至る手順など、実に細かく詳しくお答えいただき、ありがとうございます。
buchinekoさんや皆さんのおかげで知恵が付き、動く気も起こりました。
内容証明を送ってみることにします。

お礼日時:2001/05/30 19:04

僕は法律の専門家ではないので正確なことはわからないですけど、年に2通の割で返金の要求をしていれば、民事何とかっていうのでは、問題は継続している事になるんじゃなかったでしたっけ?


多分、詐欺の訴えが有効になると思いますけど?

請求を続ける事自体は相手を脅迫しない限りは問題ないと聞いたことがありますが、手間と費用を考えたらそっちに問題がありそうな気がしますけど....(^^ゞ
道徳的に許せないのをイチイチ付き合ってると疲れますよ。
ちゃんと民事訴訟とかをしてケリをつけたほうがいいと思いますけど....(^^ゞ
やり方は....えっと....市役所とかでやってる無料法律相談なんかで聞いてみると良いのではないかと。
やっぱ専門家に相談が手っ取り早いですよ。

但し、掲示板に書くと下手すっと名誉毀損とかで訴訟を起こされますし、掲示板を見てる他の全く関係ない人に不愉快な思いをさせますからやめたほうが良いです。
「事実かどうか」と「公開していいかどうか」というのはまったく別の問題ですからね。

arufuさんの言う掲示板が街の掲示板なのか、インターネット上にある様々なその手のモノかはわからないですけど、インターネット上の掲示板であれば、まず間違いなく管理者に削除されるかほかの閲覧者から「そんなことをここに書くな」とバッシングされますよ(こっちは僕の専門だから自信がある)。
他の非道徳な行動に憤って自分が(意識してるかどうかは別にして)別の人に対して非道徳的なことをしちゃわないように、ちょっと冷静になって、非道徳な相手を鷹揚に眺めてかかるぐらいのスタンスがいいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
脅迫しない限りは問題ないというのは、良かったです。この一言が一番安心しました。
ストーカーとか迷惑条例とか時効を理由にやられてしまっては目も当てられないと思っていまして。(もっともおそらく両方男ですけど)
一生やるほど恨んでると言うよりは、きっちりしないと気持ち悪いという感じです。無料の相談所があるのですか。これはいいことを教えて頂きました。ありがとうございます。

掲示板は、自分も問題だと思うのでやるつもりは毛頭ないのですが、最近有料化されたオークションサイトでちらっと見かけたもので。

お礼日時:2001/05/30 09:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税金の催告書が届いたのですが、時効に影響がありますか。

 先日、市役所から住民税の催告書というものが届きました。(督促状ではありません)
 たしか、住民税は5年で時効が成立し、払わないですむと思うのですが、催告書が送られたことにより、時効は中断してしまうのでしょうか。
 催告書は市長名もありました。

Aベストアンサー

督促とは違い時効の中断とはなりません。
税金が課せられていることを知っていてなぜそれなりのアクションを起こさないのですか?例えば払えない理由をお役所に届けて分納させてもらうとか...。
まあ後半は余計なお世話ですがきちんと税金を払っている私から見れば少々納得がいかない行為なので。

では。

参考URL:http://www.tax.metro.tokyo.jp/book/2001/11-01.htm

Qオークション詐欺にあい内容証明郵便を送ったら

先日、オークション詐欺にあい、商品が届かなかったので電話をしたところ、IDは電話をした相手のものでしたが出品した覚えがなくてIDを盗まれてまったく知らない人が出品していて、住所と電話番号だけ本当のIDの人のものを使い、口座番号と名前は盗んだ人のものを使っているということになり、実在しなくても内容証明郵便を送ってみることにしました。

そしたら、配達しましたというはがきが郵便局から送られていました。

配達されたということはその人物が確かに存在したということになるのでしょうか?それとも内容証明郵便は、その住所に住んでいる人であれば本人でなくても本人が確かにそこにいることがわかっていれば届けられて、本人が受け取らなくても同居人等でも受け取ることができるのでしょうか?

Aベストアンサー

警察への被害届けは出しましたか?
警察なら、あなたが振り込んだ口座の名義人について調べてくれるはずですよ。
考えられるのは、
1 電話をした相手がうそを言っている。(友人の口座に振り込ませたり・・・)
2 本当にIDを不正にしようした、なりすましの詐欺である。
等など。
内容証明は、オークション詐欺の場合、警察に被害を出すための手続き的なものですよ。なんら犯人の特定にはいたりません。
内容証明は、本人でなくても受取れます。たとえば家族とか。ですから、詐欺のような場合は警察に捜査を出来るところまでやってもらうしかないですね。

Q時効の中断、催告について

教えて下さい。
裁判外で時効を中断させる方法として “催告”というのがありますが、不法行為(時効三年)に対してもこの催告ってできるのですか? 教えて下さい。
現在、病気療養中で裁判を始める気力がありません。

Aベストアンサー

催告は出来ますが、誤解があるかもしれませんので。

時効の中断
請求
「催告」による6ヶ月の時効の伸長について。
ただ請求書を出すという、裁判外での請求をいくら重ねても時効の中断はしません。
 しかし、完成前の「催告」(裁判外の請求、請求書などによる請求が該当しますが相手に届いていることが必要であり、その有無が争われたときは、その点を立証できなければ意味がありません。そのため催告は配達証明付きの内容証明郵便にしておくべき。)については、その催告が到達した日から6ヶ月以内に裁判上の請求等の手続きを取ることを条件に、「その到達後」6ヶ月の期間だけ時効の完成を引き伸ばすという効果が認められています。
たとえば、ある年の4月末日に時効が完成する場合、3月末日到達の催告がなされていれば、その6ヶ月後である翌年の9月末日までに訴えを提起すれば時効は中断します。(本来の時効完成時である4月末日からの6ヵ月後である翌年の10月末日ではありませんので注意してください。)
 催告による時効期間の延長は「時効完成直前の催告について1回限りのもの」で、6ヶ月ごとに繰り返せば時効の完成を引き伸ばせるものではありません。
 不測の事態もありますので、早めに対処するに越したことはないと思います。 

催告は出来ますが、誤解があるかもしれませんので。

時効の中断
請求
「催告」による6ヶ月の時効の伸長について。
ただ請求書を出すという、裁判外での請求をいくら重ねても時効の中断はしません。
 しかし、完成前の「催告」(裁判外の請求、請求書などによる請求が該当しますが相手に届いていることが必要であり、その有無が争われたときは、その点を立証できなければ意味がありません。そのため催告は配達証明付きの内容証明郵便にしておくべき。)については、その催告が到達した日から6ヶ月以内に...続きを読む

Q内容証明郵便を送ろる?送らない?(長文です)

以前働いていた会社の給料の支払いについてのご相談です。
文章にすると長くわかりにくくなるといけないので箇条書きで事実を書きたいと思います。
できましたら、弁護士かその道にお詳しい方のご回答をお願いします。

1.今年3月初旬に会社から解雇予告を口頭・文書で受けた
2.解雇予告の内容は、
 1.3月31日をもって、解雇することを予告する
 2.ただし、給料は4月30日分まで支払う
 であり、日付、私の名前、会社住所、会社名もワープロで打たれた上、
 会社印が押印されている書類である。
3.解雇予告と同時に誓約書を書かされた
4.誓約書の内容は、
 1.一身上の都合により退職
 2.退社後、会社の情報などを漏洩・無断使用しないこと
 3.故意または過失によって会社に損害をかけないことを誓約する
 4.会社に迷惑をかけたときはいかなる処分も異議申し立てしないことを誓約する
5.給料の支払いは、月末締め、翌月25日払い
6.4月25日(3月末日までの給料)は振り込まれ受け取った
7.5月初旬に会社が倒産(弁護士介入)した
8.社長以下幹部曰く、給料を優先的に支払う方向だが、
  今後のことは弁護士と相談してくれと社員に連絡したとの事。
  私はすでにその場にいないので元同僚から聴取。
9.5月25日の給料の支払い(私が受取れる最後の給料)は、2人に聴いたが1円もなく、私にも支払いはない。
  元同僚が弁護士に問い合わせたところ、2.3ヶ月後になる予定との事。

ここで、私の取るべき行動は、本来は会社から弁護士へ私の分の支払いもある旨、
報告されているはずであるが、念のため給与債権者である旨を名乗り出ておく必要があるのではないかと考えた。

そこで、証拠の残る内容証明を送ることを思いついたのですが、
いかがでしょうか?

皆様のご意見を伺えればと思います。
よろしくお願いします。

以前働いていた会社の給料の支払いについてのご相談です。
文章にすると長くわかりにくくなるといけないので箇条書きで事実を書きたいと思います。
できましたら、弁護士かその道にお詳しい方のご回答をお願いします。

1.今年3月初旬に会社から解雇予告を口頭・文書で受けた
2.解雇予告の内容は、
 1.3月31日をもって、解雇することを予告する
 2.ただし、給料は4月30日分まで支払う
 であり、日付、私の名前、会社住所、会社名もワープロで打たれた上、
 会社印が押印されている書...続きを読む

Aベストアンサー

>仮に破産手続き進行中であったとしても、
>弁護士は元社員などに開示するとは思えません。
tax_sosさんはれっきとした債権者なのですから、弁護士に連絡をとれば、今現在どういう状況なのか教えてくれると思います。

>この場合は、4月30日分までの給与を支払うと
>記載されているのは「誓約書」ではなく、
>「解雇予告通知」なのでそれでよろしいですよね?
それで結構です。必ずコピーを送るようにして下さい。

>あと、債権届出書とは自分で作成するものなのでしょうか?
>また、取引先などの債権者ではなく、社員、または元社員
>(私の立場)という直接会社に雇用されていた立場の者で
>あっても、改めて債権届出書は必要でしょうか?
必要です。給料も債権ですので。
破産宣告申立が受理され決定が下されると「破産宣告決定通知書」が裁判所から弁護士に書面で通知されます。
弁護士はこの書面のコピーと「債権届出書」を把握している債権者に送ります(私の勤めていた法律事務所ではそうでしたが他では違うのかもしれません)。
債権者は折り返し「債権届出書」とそれの「証拠書類」を提出します。
弁護士は届いたその書類を帳簿等と照らし合わせ、認否をします。

給料は税金などと同じように優先債権ですので、一般債権(売掛金など)より優先的に配当されるようになっています。
ただ、実際に配当されるまでにはやはり時間がかかると思います。
債権・債務(債務がある場合にはまた手続きを踏んで支払って貰わねばなりません)をひとつひとつ調べ、不動産・動産の処理をし(競売にかけたりします)・・・
私が経験した破産管財の中では3年程かかったものもありました。
ご参考になれば幸いです。

>仮に破産手続き進行中であったとしても、
>弁護士は元社員などに開示するとは思えません。
tax_sosさんはれっきとした債権者なのですから、弁護士に連絡をとれば、今現在どういう状況なのか教えてくれると思います。

>この場合は、4月30日分までの給与を支払うと
>記載されているのは「誓約書」ではなく、
>「解雇予告通知」なのでそれでよろしいですよね?
それで結構です。必ずコピーを送るようにして下さい。

>あと、債権届出書とは自分で作成するものなのでしょうか?
>また、取引先な...続きを読む

Q公示催告中に時効

受取手形を紛失してしまった場合、手形を無効にする為に簡易裁判所に公示催告の申立をし除権判決を得るという手続きが必要になるそうですが、もし手形紛失後、何の対策も講じず1年半以上経過してしまっている場合、公示催告(6ヶ月以上)の間に売掛金の時効(2年)をむかえることになりますが、この場合時効の中断も出来ないのでしょうか?

Aベストアンサー

 売掛金の支払いのために約束手形が振り出された場合には,元の売掛金について,手形とは別個に訴訟を起こすことができます。売掛金の支払いのために手形が振り出されているということは,相手方(被告・手形を振り出したり裏書きした側)が主張すべき事実で,その事実が主張されて裁判所に認められた場合には,手形と引換に売掛金を支払えという判決がされます。

 手形が出ているから,売掛金について,何のアクションも起こせないというわけではないのです。むしろ,手形が出ていても,売掛金は売掛金として,訴訟を起こすことができるということです。

 手形と引換に支払えという判決がされた場合に,手形が除権判決で失権すれば,手形と引換ということもなくなって,売掛金の支払いを受けることができます。

 しかし,売掛金の支払いに代えて手形が出ている場合には,売掛金の債権は残らないとされていますので,この場合には,売掛金の時効自体が問題になりません。手形の時効が問題になるだけです。

 普通,売掛金の支払いに代えて手形を振り出すということはありませんので,基本的には,前者の取扱い(すぐ訴訟を起こす)ができるわけです。

 売掛金の支払いのために約束手形が振り出された場合には,元の売掛金について,手形とは別個に訴訟を起こすことができます。売掛金の支払いのために手形が振り出されているということは,相手方(被告・手形を振り出したり裏書きした側)が主張すべき事実で,その事実が主張されて裁判所に認められた場合には,手形と引換に売掛金を支払えという判決がされます。

 手形が出ているから,売掛金について,何のアクションも起こせないというわけではないのです。むしろ,手形が出ていても,売掛金は売掛金とし...続きを読む

Qワンクリック詐欺、架空請求葉書

ワンクリック詐欺、架空請求葉書の業者はなぜ捕まらないのでしょうか?

あきらかに詐欺をしようとしているのに。

Aベストアンサー

「詐欺未遂」でも犯罪なんですが、
やろうとしているやつが多すぎて、いちいち捕まえるのが追いつかない、という状況でしょう。

(もっとも、詐欺師側も口実を設けて「単に会員募集で会費の振込口座をつくっただけ」なんていう巧みな方法ですから、「実態が伴わない詐欺」であるとみなされないかぎりいい逃れが出来ます。)

>わざと振り込んでどんどん検挙してほしいのですが。。

次々に出てきますから、わざと振り込むのにどれだけ必要でしょうか?(貴方自身、被害届を出すだけのために何万もひりこめますか?)

犯罪は摘発できても、お金が返ってくる保証はありません。

みんなが賢くなってだまされないようにならなければ、(カモがいなけりゃ成り立たない犯罪)

もっとも、けちな詐欺師より、国民ひとりあたり800万の「国の借金」を平気で作って、さらに、5%程の金利で国債を買ってる銀行の経営の安定のために公的資金は投入するわ、ライバル減らしのために郵政民営化するわ・・・というK泉のほうがよほど悪いと思うが・・・。

Q消滅時効の中断のための催告の方法

消滅時効の中断(6か月間の延長)のための催告ですが、「・・・・の件での100万円を直ちに支払ってください。」と内容証明郵便で書いて出すだけでよいでしょうか?
それとも、「・・・・の件での100万円を直ちに支払ってください。」に続けて、「・・・銀行の普通預金 口座番号・・・に振り込んでください。」という支払方法まで書かなくてはダメですか?

Aベストアンサー

「・・・に振り込んでください。」と言うようなことは、記載してもしなくても時効中断に影響しないです。
しないですが、催告の趣旨が相手に届かないと効力は発生しないので、内用証明郵便で配達証明付きにします。
なお、「6か月間の延長のため」と言いますが、催告書が相手に届いた日から6ヶ月以内に裁判などしないと中断しないと言うことで、例えば、平成26年4月30日に時効の成立日だとすれば、6ヶ月先の10月30日になるのではなく、明日催告が届けば7月30日までに裁判などしないと、4月30日に時効は成立します。
7月30日までに裁判などすれば、4月30日が7月30日に伸びたことになります。
要は、6ヶ月ごとに何回でも催告すれば限りなく延期になることではないです。

Q普通郵便で現金を送ったり、送ってもらったりするとどんなことになりますか?

例えば、昔の、5銭の場合。
例えば、昔の、千円札の場合。
それぞれ、どんな刑罰があるのでしょうか?
例えば、これに違反すると、会社などを首になりますか?
それとも、前科が付いたりするのでしょうか?
分かる方、どちらでもいいので、教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

元・郵便局員です。

郵便局では、該当の郵便物が発見されると、差出人あるいは受取人の出頭を要請します。(郵便局に呼び出されます)

差出人が呼び出された場合には、書留郵便料金に第19条違反郵便物還付手数料(40円)を加えた金額を請求し、郵便物を持ち戻るか、別途、現金封筒の購入と現金書留郵便料金の納付をもって、正規の取扱いで発送するか選択します。
受取人が呼び出された場合は、書留郵便料金に第19条違反郵便物還付手数料(40円)を加えた金額を支払い、郵便物を受け取るか、受け取りの拒否を行います。

単発では罪に問うということはありませんが、恒常的に行っていたりした場合には郵便法(第八十三条)違反として、送検されることもあり得ます。

Q消滅時効の中断としての催告のイメージ

消滅時効の中断としての催告のイメージがよく湧かないので質問します。

例えば、2011年1月15日に暴行を受けて傷害を負ったことによる不法行為の損害賠償請求の訴訟をしようとする場合、2011年1月15日の暴行の日から3年以内の2014年(今年)の1月13日に、「2011年1月15日の暴行による傷害の損害賠償として金200万円を請求します。」という手紙を内容証明郵便で出して、2014年(今年)1月14日までに相手方に到達させたら、こちら(当方)は、上記の内容証明の到達日から6か月以内の2014年(今年)7月13日までに、相手方に金200万円の損害賠償の訴訟を提起できる、という考え方でよいのでしょうか?

Aベストアンサー

質問者の考え方であっています。

催促による時効中断はあくまで一時的な措置と考えていいです。
消滅時効まじかにとりあえず催促しておけば、そこから6か月以内に訴訟起こさないと時効消滅します。
6か月後にまた催促して延長…ってことはできません(民法153条)。

ただ催促して相手から「支払まってくれ」等の返事がもらえたなら、それは債務の承認ということになり
時効は中断、もしくは時効期間完成後の債務承認となり、相手はその後に時効を援用できなくなります。

Q車のナンバーから住所・氏名の割り出し

運輸局で車のナンバーから、その車の使用者の住所・氏名を割り出したいのですが、地名の横に書いてある番号を覚えていません。
車種からその番号が分かると聞きました。
日産のフーガ、この車種の地名の横の番号教えて頂けませんか。
お願いします。

Aベストアンサー

 頭は「3」ですが、通常登録なら2桁、希望ナンバーなら3桁です。
 それ以上は分かりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報