親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

自律神経失調症の方に質問です。
胸の痛み(肺の辺り)が毎日あり、その場所が左であったり、右であったりします。
レントゲン検査は異常なしでした。

自律神経失調症を患っておりますが、同様の症状は発生するのでしょうか?

自律神経失調症の方や、詳しい方のご回答をお待ちしております。

お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

自律神経失調症に、特に決まった症状ってないんですよ。


身体のどこかが、実際悪いわけではないので。
確かに、よくある症状というのはありますが。

胸の痛みにしても、特に原因は見当たらない。
ずっと痛みが持続しているわけではないなど、身体の疾患が原因とは考えられない場合、おそらく自律神経失調症が原因だろう、ということになるんです。
    • good
    • 0

私は自律神経失調症ではないですが、以前勤めていた会社でそういう方がいらっしゃいました。

胸が痛いとはおっしゃっていなかったですが、ときおり疲れたようになって、体がふわふわするということでした。自室神経失調症は千差万別と聞いています。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自律神経失調症を乗り越えた方、体験談を教えてください。

強いストレスや環境の変化、睡眠不足などが続き、体調をくずしてから、2年になります。それまでは元気でじっとしていることが苦手で、スタミナにはかなり自信がありました。
2年間、病院でいろいろ検査をしました。なかなか原因が分からず苦しみました。半年前に、甲状腺機能がごくわずかに低下していることが分かり、薬を飲み始め、これで少しずつ体調を整えていければ!と希望を持ちました。チラーヂンを飲んで、鬱状態はすっかりよくなり、少し体も楽になったものの、その後も体調を崩してばかり。副腎皮質機能も病気と言うほどではないですが低下ぎみで、血液の栄養状態が悪い、食べる量が少ないのでは?と言われましたがむしろ多いほうで、食欲はなくなるということがなく、39度超の熱が出たときも普通に食べ、おかわりしたくらいです。
今、内分泌代謝内科に通院中ですが、一向によくならず悪化していくので、先生も甲状腺のせいばかりではないと、漢方の専門医を紹介してくださり、3週間漢方薬も飲んでいますが、今のところ改善しません。
一時3ヶ月寝込んだときにものすごく体力が落ち、運動は大事と思い、辛くても通勤時間に歩くようにしていましたが、この一年でだんだん歩ける時間が減り、今では歩けない日のほうが多くなり、仕事も週に1度は休んでしまう状況になりました。
ストレスがかなり強いので、思い切って仕事はやめようと思っています。
しかし、仕事をやめれば治るのか…。不安です。
克服された方、どのくらいの期間でどんなことをして治りましたか?
体験談をお聞かせください。

強いストレスや環境の変化、睡眠不足などが続き、体調をくずしてから、2年になります。それまでは元気でじっとしていることが苦手で、スタミナにはかなり自信がありました。
2年間、病院でいろいろ検査をしました。なかなか原因が分からず苦しみました。半年前に、甲状腺機能がごくわずかに低下していることが分かり、薬を飲み始め、これで少しずつ体調を整えていければ!と希望を持ちました。チラーヂンを飲んで、鬱状態はすっかりよくなり、少し体も楽になったものの、その後も体調を崩してばかり。副腎皮質機...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
私は20歳の時、自律神経失調症にかかりました。症状はnozonozo5さんと殆ど同じです。新入社員で入った職場は新人苛めが酷く、私は1.8ヶ月で辞めたのですが、それでも新人在籍の最長記録…。ストレスは相当でした。これが原因だったので、自律神経失調症の治療に、ストレスからの開放はまず絶対条件だと思います。私の場合、自律神経失調症とわかったのは病気が治癒して、再発した時でした。再発の時の原因も、やはり過度のストレスでした。

効果のある克服方法…で考えたのですが、漢方や針をしても一時的なものになってしまいますし、考え方云々だと変な宗教に走ってしまう場合もあるので^^; まずは、あれこれしようとせず、長い目で回復を考えた方がよいです。私は最初の時は病名もわからず色々と試しましたが、何一つ効果があった克服方法はありませんでした。

一番効果があったのは、「時間とゆとり」です。仕事を辞めて、家事手伝いで半年~1年弱過ごしたことです。それで回復しました。自分が自信のあること、できる事から少しずつ始めて、ストレスや急な環境の変化に自分がついていけるように慣らしていきました。二度目の自律神経失調症の時は、その原因であるストレスから逃げられる状態ではなかったので、友人に悩みを聞いてもらったり、心療内科のカウンセリングを受けながらストレスを自分で解消できるようにしていき、焦らないで日々を過ごすようにして、自然に治癒していきました。

未だにストレスには弱いですが、焦ったり、対策したり克服したりしようとするのが一番治癒には良くないように思います。長い目で、ゆったり、ゆっくり。日々の季節の流れや、道端の草花に目を向けて、ゆったり過ごしてみてくださいね。

こんにちは。
私は20歳の時、自律神経失調症にかかりました。症状はnozonozo5さんと殆ど同じです。新入社員で入った職場は新人苛めが酷く、私は1.8ヶ月で辞めたのですが、それでも新人在籍の最長記録…。ストレスは相当でした。これが原因だったので、自律神経失調症の治療に、ストレスからの開放はまず絶対条件だと思います。私の場合、自律神経失調症とわかったのは病気が治癒して、再発した時でした。再発の時の原因も、やはり過度のストレスでした。

効果のある克服方法…で考えたのですが、漢方や針をして...続きを読む

Q胸部や背中が痛みます。

10日程前から、胸部や背中が痛むようになりました。

<胸部>背中と胸の両側からぎゅっと押されているような
    圧迫感と、何かが詰まってるような違和感があり、
    胸のちょうど中心部からみぞおちの辺りまで痛みます。
    特に食事後(しばらく経っても)や息を吸った時に
    強く痛みます。物を食べている最中も、
    飲みこんだ時に圧迫されているような苦しさを感じます。
    (実際に食べ物が詰まって飲みこめないという事はありません)

<背中>中心部辺りに鈍い痛みとだるさが常にあります。
    食べ物を飲みこむ際に、胸と同様に痛みや
    圧迫感を感じます。

<喉・呼吸>喉の奥から胸にかけて、何かが詰まったような苦しさが
      あります。
      どうやって呼吸をしていたのか分からなくなるような
      息苦しさが度々あり、動悸もします。
      大きくゆっくり呼吸をしても、
      酸素が足りないような感覚です。
      特に夜に強く起こり、寝る時の横たわっている
      体勢になると、胸の圧迫感と苦しさが増して
      呼吸もしづらくなり、眠ることができません。
       
はじめは精神的なものからくる症状だと思っていました。
これらの症状が出るキッカケもありましたし・・・。
でも、とても痛く苦しいので不安になっています。        
体のどこかが悪いのでしょうか?
それとも、健康体でもこのような症状が
出たりするものなのでしょうか?

ちなみに私の年は23歳です。

10日程前から、胸部や背中が痛むようになりました。

<胸部>背中と胸の両側からぎゅっと押されているような
    圧迫感と、何かが詰まってるような違和感があり、
    胸のちょうど中心部からみぞおちの辺りまで痛みます。
    特に食事後(しばらく経っても)や息を吸った時に
    強く痛みます。物を食べている最中も、
    飲みこんだ時に圧迫されているような苦しさを感じます。
    (実際に食べ物が詰まって飲みこめないという事はありません)

<背中>中心部辺り...続きを読む

Aベストアンサー

発症が急であった場合は、皆さんの回答にあるように気胸も考えられるでしょう。ただこの場合は、普通片側性におきますから、症状も左右どちらかに強いのが普通です。これは、胸のレントゲンを撮れば簡単に診断がつきますし、あまり長期間肺が虚脱した状態にあるのは治療したときの合併症の頻度が高くなりますから、早めに検査を受けた方がよいでしょう。

胸の中心部、胸骨の裏側付近の圧迫されるような痛みというのは確かに狭心痛の痛みとして矛盾はありません。左の肩あたりへの放散痛があれば典型的でしょう。しかし、23歳という年齢を考えると、今まで大きな既往症がなければ考えにくいように思います。

食事との関連を考えると、食道炎や胃十二指腸潰瘍などの消化器疾患の可能性もあると思います。胃酸の逆流に伴う食道粘膜のただれなどがあれば、お書きになっているような症状が出てもおかしくはありません。

まずは、胸部のレントゲンと心電図の検査を受け、異常がなければホルター心電図(24時間心電図)や胃の内視鏡検査という手順になるでしょう。
お薬としては、胸部レントゲンや心電図に異常がなければ、胃酸の分泌抑制剤の効果を試してみるということになると思います。

発症が急であった場合は、皆さんの回答にあるように気胸も考えられるでしょう。ただこの場合は、普通片側性におきますから、症状も左右どちらかに強いのが普通です。これは、胸のレントゲンを撮れば簡単に診断がつきますし、あまり長期間肺が虚脱した状態にあるのは治療したときの合併症の頻度が高くなりますから、早めに検査を受けた方がよいでしょう。

胸の中心部、胸骨の裏側付近の圧迫されるような痛みというのは確かに狭心痛の痛みとして矛盾はありません。左の肩あたりへの放散痛があれば典型的でしょう...続きを読む

Q自律神経失調症の体の痛み

自律神経失調症と診断されて2年くらいになります。症状はさまざまです。体の冷え、うつ状態、不眠症、ふらふらするなどですが、一番ひどいのは体の痛みです。主に、首、肩、背中、腰です。それが右半身だけが異常に痛いのです。かなりの痛みがほとんど常にあります。
整体では、右も左半身にも凝りがあると言われましたが、自覚があるのは右側だけです。痛みは2年前に比べると、少しづつはよくなっているようですが、ちょっと疲れたり無理をするととたんに激痛になります。
内臓系の病気かと疑ったことも何度かありますが、そういういう診断もないし、ストレスはこの2年間も続いていましたので自分でも何となくやはり心因性が大きいような気がします。
それにしてもこんなに体が痛いものなのでしょうか。
それも右半身だけ。
同じような症状の方はいるのでしょうか?
またなにかアドバイス等があればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

突然なのですが、整体に通うのはやめたほうがよろしいかと思います。無免許でしょうから。整形外科や、もしくは、マッサージ治療院、接骨院などをお勧めします。

さて、本題に移りたいのですが、神経性の病気で、自律神経失調症という病気は、総称なのです。いくつかの精神性疾患をまとめて、「自律神経失調症」と言っています。本症はほかの病名がついているはずです、

自律神経は、頭のてっぺんから手・足の先まで、皮膚から筋肉・内臓とあらゆるところに分布しています。ですからどこが、おかしくなっても、不思議ではありません、右側だけがおかしくなることもあれば、手・足だけがおかしくなることもあります。偏頭痛などがいい例で、頭だけが痛くなります。あらゆる症状がでます不定愁訴と言います。

心療内科や精神科などの医師に相談し、筋弛緩作用のある薬を処方してもらうのが適切ではないかとおもいます。一般的なのは、テルネリンと言う薬があります。副作用はありません。少し口の渇きがある程度です。

専門医の指示をしっかりを守ることが重要だと思います。

Q自律神経失調症とはずいぶん都合のいい病気だと思ってしまいます

私の会社の30代未婚女性が過労からきた自律神経失調症で2ヶ月近く休んでいます。確かに、休む前はかなり忙しかったです。詳しくは聞いていませんが、耳鳴りめまいがするそうです。
大変だなぁ、大丈夫かなぁ、と最初は思っていました。
しかし休みはじめてから2週間した頃、会社の同僚の結婚式があり二次会へ行くことに。彼女はばっちりおしゃれして来ていて、会社の人達、上司ともきゃーきゃー騒いでいたかとおもうと、「三次会行くでしょ。いこうぜーい!」とみんなを誘導し、その他の来客の方達ともはしゃいで踊ったりを終電すぎるまでしていたそうです(私は少し先に帰りました)。で、翌日からはまた体調不良でずっとお休み。休んでいる間、旅行に行ったりも。最近はたまーに一日だけ会社に来ては、次の日からしばらく休み、この繰り返しです。

言葉は悪いですが、ずいぶんと都合のいい病気だなぁ、あんだけ遊べても仕事はできないんかい、体調悪いならどうして自己管理しようともしないだろう、と不愉快に思うようになってしまいました。
自律神経失調症っていったい何なんでしょうか?

Aベストアンサー

自立神経失調症にかかったことのある者です。

ご質問者様のお気持ちはよくわかります。この病気に私がかかったことがなければ、恐らく同じように思うでしょう。

自律神経失調症は、自分ではどうにもならない症状に苦しみますが、
その症状が軽い時は日常生活を営めます。ですからその女性も終電過ぎるまで遊べたのでしょう。
人にもよると思いますが、「元気ない態度で周りに心配掛けてはいけない」と無理して元気に振舞うケースもありますので
終電まで付き合って帰ったからと言って、その女性が本当に元気だと言うことにはならないのではと思います。
ですので、「都合がいい」と見えるかもしれませんが、その点は、どうとも言えません。
本当に自律神経失調症で苦しんでいるのかもしれないし、それほど苦しんでなく都合よく使っているのかもしれない。

ただ、一つだけ言える事があるとすれば、その女性は配慮が足りなかった、と言うことだと思います。
仕事を休むことで、多くの人に迷惑を掛けてしまっている立場だと言うことは、自覚していなくてはならないことだと思います。
そうした時に、飲み会に出ることが回りの人にはどう見えるのか、彼女は考える必要があったのではないかと思います。
彼女は、そうした配慮を怠った、これだけは事実だと思います。

仕事をしてお給料をもらう以上、現実的にシビアに考えなくてはならない問題ってあると思うんです。
遊ぶだけ遊んで仕事は出来ない、と言うのは、それが本当に症状によるものだとしても、
病気のことをよく知らない人にいい印象を与えないことは、少し社会生活を送ったことがある人なら分かることです。
彼女は自分が客観的にどう見えているのかがわかっていないか、それに配慮するだけの余裕がないか、どちらかですね。

私も実はその女性と同じような失敗をしたことがあります。
病気ゆえに友人とも会えず、久々に他の人と楽しく遊べる、と思うと、無理をしてでも行って、元気に振舞うのですが、
次の日は、何故かいつも以上に症状がひどかったり…。
飲み会には出ないのが一番なんだ、と自分で割り切ることが出来るようになるまでに随分かかりました。
自分では飲み会に参加しないほうが楽だと分かっていても、その後の付き合い等考えると
出たほうがいいのかもしれないと考えてしまって、なかなか割り切れないんです。

自律神経失調症と言うのは、自分では原因はよくわからないのに、常に何らかの具合の悪い状態が続くという症状が主だと思います。
それ自体は、本人にはどうにもならないことなので、都合のいい病気ではないと思います。
ですが、病気だからとそれを免罪符のように何でも自分に都合のいいことだけするという風に見えてしまっては、
世間的に理解されない状況を作ってしまい、よくないでしょうね。
ただ、本当に病気でどうにもならない部分もあると思いますので、
その点は、ご迷惑かもしれませんが、遠巻きにでも多めに見ていただけるとありがたいなと思います。

自立神経失調症にかかったことのある者です。

ご質問者様のお気持ちはよくわかります。この病気に私がかかったことがなければ、恐らく同じように思うでしょう。

自律神経失調症は、自分ではどうにもならない症状に苦しみますが、
その症状が軽い時は日常生活を営めます。ですからその女性も終電過ぎるまで遊べたのでしょう。
人にもよると思いますが、「元気ない態度で周りに心配掛けてはいけない」と無理して元気に振舞うケースもありますので
終電まで付き合って帰ったからと言って、その女性が本当に...続きを読む

Q治らない背部痛、胃痛は自律神経?

37歳 女性です。

昨年の11月くらいから左背部痛(肩甲骨下から肋骨下まで)が続いています。
最初は鈍い違和感?くらいから始まり、今年に入ってからは急激に痛みが増してきました。
ズキズキというより、傷口に薬品を塗っている時のしみるような痛みがあります。
運動時、安静時、関係なく常に痛く、特に背を丸めると痛みが増します。

痛みで仕事も出来ず、6月で退社してしまいました。

退社してから胃痛や食欲不振も始まり、9月に消化器内科で胃カメラをしたら萎縮性胃炎と逆流性食道炎と診断されましたが、どちらもそんなにひどくない状況で組織検査の結果も異常なしでした。
タケプロン15mgとガスチモンを服用していましたが、一向に良くなりません。
(ピロリ菌陽性だったので除菌済みです)

総合病院へ行き、血液検査、エコー、CTをしたところ、子宮筋腫(5cm)と子宮内膜症と診断されましたが、肝臓、腎臓、副腎、胆嚢、膵臓は異常無しでした。
子宮筋腫で背中が痛くなることはまずないので関係ないと言われました。

今も消化器内科に通っており、タケプロンと漢方薬を飲んでいますが、改善されず、今では吐き気や胸部圧迫感、腹痛、腹部の張り、右背部痛などの症状もでてきて、5カ月で5キロも体重が落ちてしまいました。(ちなみに快便です)
結局、消化器内科の医師に、自律神経失調症やウツ症状なのではないか?との事で心療内科を紹介されましたが、自律神経の問題でこんなにはっきりと痛みが出るものなんでしょうか?
いまいち精神的ストレスなどで内臓に痛みが出るという事が信じられず、どの検査も医師の見落としがあったんじゃないか、と考えてしまいます。

確かに、ひどい会社で就業中は常にストレスを感じながら仕事してましたが、自分自身は落ち込んだり、情緒不安定になったりという感情の変化はありませんでした。

自律神経失調症などの経験者の方やお詳しい方がいらっしゃいましたらご返答お願いします!

37歳 女性です。

昨年の11月くらいから左背部痛(肩甲骨下から肋骨下まで)が続いています。
最初は鈍い違和感?くらいから始まり、今年に入ってからは急激に痛みが増してきました。
ズキズキというより、傷口に薬品を塗っている時のしみるような痛みがあります。
運動時、安静時、関係なく常に痛く、特に背を丸めると痛みが増します。

痛みで仕事も出来ず、6月で退社してしまいました。

退社してから胃痛や食欲不振も始まり、9月に消化器内科で胃カメラをしたら萎縮性胃炎と逆流性食道炎と診断されましたが、...続きを読む

Aベストアンサー

(Q)特に背を丸めると痛みが増します
(A)というのは、整形外科領域で多い痛みの出方です。
なので、整形外科の診察を受けることをお勧めします。

また、痛みが続いていると言うのは、別の意味で厄介ですね。
というのは、人には、慢性疼痛という症状があり、
こうなると、治すのがとても厄介なのです。

(Q)精神的ストレスなどで内臓に痛みが出るという事が信じられず、どの検査も医師の見落としがあったんじゃないか、と考えてしまいます。
(A)質問者様は……
何か困ったことがあったとき「頭が痛い」とか「胃が痛い」
という表現を使うことをご存知だと思うのですが……
実際には、頭や胃が痛くなるわけではないのに、
どうしてこのような表現を使うのでしょうか?
それは、強いストレスがかかると、本当に、痛くなるからです。

そもそもストレスって、何かご存知ですか?
それは、「人間の体が臨戦態勢にある」ということなのです。
人間が動物である証拠みたいなものです。
太古の昔、人は、自分の体一つで、獲物を狩り、危険な動物から
逃げていました。
このとき、「ストレス」がとても役に立つのですよ。
例えば、獲物を槍で付いて、殺そうとしようとしていると思ってください。
槍を地面に立てて、それに寄りかかって、獲物が近づいてくるのを
ぼけーと待ちますか?
そんなことはないでしょう。
槍を構え、いつでも槍を投げたり、突いたりできるように、緊張を高め、
瞬時に全力を出せるようにしませんか?
そう、そういう状態に人間を持っていくシステムが「ストレス」なのです。
もしも、一日二十四時間、そんな状態が続いたら、
「胃が痛くなる」ことが想像できませんか?
手足や腰、背中の筋肉もコリコリになると想像できませんか?
これが「ストレス」なのです。
ストレスとは、人間の体内の非常事態宣言、臨戦態勢状態なのです。
なので、そんな非常事態が続けば、おかしくなるのが当たり前。

さて、痛みですが……
例えば、背骨がちょっとずれていて、痛かったのだとします。
それがわかり、ずれを治したとします。
理論的には、それで痛みが止まります。
実際、早期ならば、それで治りますが、
長期間、そのような痛みが続いていると、ずれを治しても、
痛みが止まらない場合があります。
それが、「慢性疼痛」です。

例えば、「背中が痛い」というのは、
どこが痛いと感じているのでしょうか?
そんなの「背中」に決まっている……のではありません。
痛いと感じているのは、背中ではなく、脳なのです。
脳が背中からの神経を伝わってくる電気刺激を、
「これは、背中が痛いのだ」と判断するから、痛いのです。
だから、局所麻酔で、その神経を麻痺させると
痛みを感じません。

ところが、いつも、いつも痛いと感じていると、
脳がそれを学習してしまうことがあります。
つまり、いつもいつも痛いならば、わざわざ伝達されてくる
神経の電気刺激を分析するのは、面倒だから、
「いつも痛いことにしておけ」としてしまいす。
つまり、刺激があろうがなかろうが、「痛い」のです。
脳が勝手に痛いと判断するので、
神経を麻痺させても、効きません。
原因の病気をなくしても、痛みは治まりません。
これが「慢性疼痛」です。
慢性疼痛ならば、治すのは、心療内科や神経内科です。

人間の体は、不思議なのですよ。

いずれにしても、まずは、整形外科の診察をお勧めします。

(Q)特に背を丸めると痛みが増します
(A)というのは、整形外科領域で多い痛みの出方です。
なので、整形外科の診察を受けることをお勧めします。

また、痛みが続いていると言うのは、別の意味で厄介ですね。
というのは、人には、慢性疼痛という症状があり、
こうなると、治すのがとても厄介なのです。

(Q)精神的ストレスなどで内臓に痛みが出るという事が信じられず、どの検査も医師の見落としがあったんじゃないか、と考えてしまいます。
(A)質問者様は……
何か困ったことがあったとき「頭が痛い」...続きを読む

Q全身のあちこちを移動する痛み

私はここ4ヶ月半程度、全身のあちこちを移動する痛みに悩まされています。
腕や足がにぶく痛んだり、背中や首筋やリンパ節に沿ったするどい痛み、土踏まずの張ったような痛みなど色々です。
痛みの継続時間はそれぞれ数秒から数分と、同じ所が継続して長時間痛む事はあまりありません。
肋間神経痛を患った事があるので、その一種かと思い病院に行っても、ロキソニンを処方されただけで、全然薬は効きませんでした。
痛くなり始めたのが、公私ともに大きなストレスを感じ始めた時だったので、かかりつけの心療内科に行った所、ストレスからくるものかもしれないとの事で、抗うつ剤を処方して貰っています。
ロキソニンなどの痛み止めに比べると、抗うつ剤や抗不安剤を飲んでいるときの方が痛みは和らぎますが、完全に痛みが無くなることはありません。
時間があれば、内科的な検査を十分にしてもらう事が出来るのでしょうが、まだそこまでの余裕がありません。
大きな病気の前兆でなければいいと心配しているのですが、この様な症状についてご存じの方はいらっしゃるでしょうか。

Aベストアンサー

線維筋痛症患者です。
闘病生活は21年を過ぎました。

大きな病気を心配されて生活に支障を起こす状態は
精神に負担をかけて良くないと思います。
それに勝手な自己診断に思い込みによる間違いは避けたいので
線維筋痛症の診断基準(米国1990)を掲示します。

米国は線維筋痛症の先進国。リウマチに分類された疾病です。
【線維筋痛症の診断基準】
線維筋痛症は特定の圧痛点が存在します。
1.指圧で18ヶ所のうち11ヶ所以上の痛み少なくても三ヶ月以上続く
広範囲にわたる疼痛の既往がある。広範囲の疼痛とは左右半身、
体幹中心部(頸~胸~下背)の全てに存在するもの。

2.類似の症状を呈する他の全身性疾患が除外出来る。
3.18ヶ所の圧痛点が確認できる。
【判定】
上記第一項および第二項を満たし圧痛点が11ヶ所以上存在すれば
確実と診断する。
上記第一項および第二項を満たしても圧痛点が11ヶ所に
満たない場合は可能性あり又は疑いと診断。

線維筋痛症を知らない医師は検査データーしか信じない。
基準も知らない。
医療の限界を知らない。線維筋痛症を認めない。医師は
どんな医療上の検査を行っても原因に結び付ける異常数値、
徴候は無く、患者の主訴を精神疾患、気のせいだと誤った診断
を信じ治療が遅れる。医療者の見逃しが重症化に移行する
原因不明の詐欺病です。

私は発症例の極めて少ない組合せでシュグレン症候群を併発。
互いに自己免疫疾患と免疫、血液、内分泌代謝内科にて
線維筋痛症のセカンド、オピニオンを厚生省線維筋痛症研究班、
認定病院にて専門医の診察を受け線維筋痛症と確定。

患者団体、線維筋痛症友の会ホームページ及び、
リウマチ財団のホームページにアクセスするのも良いかも知れません。

http://www.marianna-u.ac.jp/ims/topics/1network.html
難病治療研究センターに線維筋痛症相談窓口が
約一年前、開設。その後、問合せが殺到する。
対応に限界が生じて
【線維筋痛症医療機関ネットワークの構築について】
を掲載した。

全国推定、200万人の線維筋痛症患者が存在して
医師も本人も分らない患者は全国に点在治療を受け
続けている。

有効な治療薬が無い為、痛みの「指圧点」が全身に存在。
私は有効な対症療法を麻酔科にて施術を受けています。
鎮痛補助薬処方も最悪なケースを辿り今日に至ります。

【WHO】 3段階徐痛ラダー;WHO three-step analgesic ladder
の第三段階に基き第三段階の対症療法を受けています。
治療法が見つかる迄、疼痛抑制を麻薬鎮痛剤に依存して生活を
続ける事に承諾して投薬中です。

第一段階---非オピオイド鎮痛薬±鎮痛補助薬、非オピオイド鎮痛薬

第二段階---軽度から中等度-の強さの麻薬性鎮痛薬±非麻薬性鎮痛薬
±鎮痛補助薬。軽度から中等度の麻薬性鎮痛薬。

第三段階---中等度から強度-の麻薬性鎮痛薬
±非オピオイド鎮痛薬±鎮痛補助薬。
中等度から強度の麻薬性鎮痛薬。

第三段階の最終段階まで到達して線維筋痛症と遅すぎる確定診断が
下されるケースから最近、線維筋痛症の医療相談で早期発見。
早期治療を受けて適切な処置を施せば快復するケースもあり
症状が色々で痛みの表現に幅が広くて移動する痛みも含まれる
と思います。痛みが移動する。痛みの感じ方に広範囲の痛みが
治まり今迄、隠れて感じなかった痛みが現れ動いた感じ?

各個人に適合した治療で除痛するのが良いと思います。

現在、前に述べた通り治療(対症療法)に携わる診療科は
麻酔科が除痛の柱。
精神状態を和らげる精神科、痛みの信号は神経に伝わり脳で受止め
疼痛を感じる?神経内科、身体に起る各種症状の改善に
眼科、皮膚科、口腔外科。対症療法で日々の生活。整形外科は
装具の修理、作成のみ関節の保護以外は何も施術しない。
一つの総合病院で複数の診療科により対症療法(投薬)を
受けています。

線維筋痛症患者です。
闘病生活は21年を過ぎました。

大きな病気を心配されて生活に支障を起こす状態は
精神に負担をかけて良くないと思います。
それに勝手な自己診断に思い込みによる間違いは避けたいので
線維筋痛症の診断基準(米国1990)を掲示します。

米国は線維筋痛症の先進国。リウマチに分類された疾病です。
【線維筋痛症の診断基準】
線維筋痛症は特定の圧痛点が存在します。
1.指圧で18ヶ所のうち11ヶ所以上の痛み少なくても三ヶ月以上続く
広範囲にわたる疼痛の既往がある。広範囲...続きを読む

Qレントゲン・CT異常なし、でも胸痛と呼吸の苦しさが治りません。何の病気でしょう?

夫のことで困っています。
以前、胸が痛いと言い、深呼吸すると苦しいというので病院に行ったところ、レントゲンを撮りましたが異常なし、肋間神経痛と診断されました。

1~2週間で痛みは引いた(特に何もせず。痛み止めもなし)のですが、ここ数日、また痛みがひどいようです。今回も肋間神経痛かと思い数日放置していたのですが、日に日に痛みが増しているようです。

胸痛と息苦しさがひどいようなので、昨日もう一度病院に行かせました。
(私自身、何度も気胸をやっていて、症状が似ていたため)
結果、やはりレントゲンも異常なし、念のためCTで造影検査もしましたが異常なしとの診断でした。結局、痛み止めもなく、まだ痛みがひどくなっているようです。

肋間神経痛は、痛みはあるものの特定できる原因が見つからないときの診断とも聞いているので、もしかしたら他の何か大きな病気ではないかと心配です。

これ以上の検査というと、尿、血液くらいしかないかと思うのですが、なにか「この病気では?」「この検査を受けてみたら」などアドバイスお願いします。症状は以下の通りです。
 
 ・中心からやや左の肺(?)あたりが痛い。
 ・うつぶせ・あおむけになって寝ると苦しく、横を向いたほうがいくらか楽。
 ・座っていても、前かがみになったり極端に反ると痛い。
 ・今まで平気だった仕事(デスクワーク中心)がしんどい。
 ・お風呂(湯船はとくに)に入ると苦しい。
 ・上記の苦しい姿勢をとってしまったときに長く咳き込む。
 ・睡眠中、むせたり体がいつもよりもおおきくビクつく。
 ・タバコや食事で苦しいことはない。食欲もある。

夫のことで困っています。
以前、胸が痛いと言い、深呼吸すると苦しいというので病院に行ったところ、レントゲンを撮りましたが異常なし、肋間神経痛と診断されました。

1~2週間で痛みは引いた(特に何もせず。痛み止めもなし)のですが、ここ数日、また痛みがひどいようです。今回も肋間神経痛かと思い数日放置していたのですが、日に日に痛みが増しているようです。

胸痛と息苦しさがひどいようなので、昨日もう一度病院に行かせました。
(私自身、何度も気胸をやっていて、症状が似ていたため)
...続きを読む

Aベストアンサー

可能性としては、1.心臓、2.整形外科的な問題(筋肉)3,心因性、といった所でしょうか。
やはり怖いのは心臓(狭心症など)ですから、心臓の検査を受けておいた方がよいかと思います。今まで、心電図は行ってませんか?採血、安静時の心電図、心エコー、負荷心電図、24時間心電図などいろいろありますが、何を行うかは、担当医の指示に従って下さい。病院によって、内科と大きなくくりになっている所もありますが、循環器専門の先生と指定すれば、診察は受けられると思います。
ある特定の姿勢で症状を自覚されるのであれば、整形的なものも考えられます。レントゲンも撮影条件が、骨を撮るときと肺やを撮るときでは変わってきますので、整形外科未受診でしたら、受診しても良いかと思います。
いずれにしても、総合病院の方がいいでしょうね。

Q自律神経失調症はなぜ治らない?

何年も過度の緊張を感じながらも休まず出勤し、ストレスに動じない人間になるため自己啓発してきました。そのため筋肉痛のように緊張が抜けずにいます。
漢方・自律訓練法・運動・ツボ・ヨガなどを試したものの効果が出ず、心理療法で改善しているものの6ヶ月たった今ようやく治りそうな状況です。
そこで質問ですが、なぜ自律神経失調症の治療法に個人差があるのでしょうか?

Aベストアンサー

自律神経失調症になってしまう原因に個人差があるからです。
自律神経失調症とは基本的にはストレスなどの精神的な理由から起きやすいのですが、最近では身体的な部分に原因があるという説も有力になってきています。
具体的な例を挙げるならば、例えば現代社会ではスマホやパソコンなどの使用のために首を下に傾けて過ごす人が多く知らず知らずのうちに首に普段がかかってしまっています。
首への過度な負担は全身的に病気のような症状を引き起こすことも少なくなく、結果その原因が首にあるということに気付かずにどこも悪くないのに体の調子が悪いということに思い悩み自律神経失調症にまで発展してしまうケースも存在してしまっているのです。
またこれはあくまで自律神経失調症になり得る一例であり、ストレスなど従来の他の理由が原因であることももちろんあります。
原因を取り除くことが自律神経失調症を治す最大の方法なのですが、自分でその原因が何だか判断しにくいというのが最大の要因ではないかと私は考えます。

Qすぐ病気なのではと心配してしまいます

20代です。数年前に母を癌で亡くしました。それ以来、「病気」というものに過敏に反応してしまいます。少し体調に変化があったり、調子が悪くなると「すごく重い病気なのではないか?」と心配でたまらなくなるのです。たとえば、胃の調子が少し悪いと、「胃炎?胃潰瘍?・・もしかして胃がん?いや、実は膵臓とか別の臓器が悪いのでは?」と考えだしてしまい、収拾がつかなくなります。心配なときは病院には行くのですが、調子が悪くなるたびに病院に行っているときりがない気がします。それに一人暮らしなこともあり、「寝ている間に死んでしまったら?」と考えて不安になります。母が夜中に寝たまま亡くなったことが頭から離れていないのだと思います。まったく気にしないのもまずいとは思いますが、そんなことばかり考えてしまって、なんだかいつもいつも病気のことばかり考えてしまう気がします。
そして、考えてしまうようになってからは、「病は気から」の文字通り体調が悪いことが多いです。
病院にもよく行くほうだし、薬もよく飲む方だと思います。
でもみなさん普段はそこまで病気のことばかり心配していませんよね。
どうしたら病気をそんなに心配せずにすむのでしょう。
それともみなさんも実は病気のことばかり心配しているのでしょうか?
自分でも過敏に反応しすぎだとは頭ではわかっているのですが・・。
家族や彼氏を見ていると、めったに病気のことなんか考えてないし、体調が少し悪くても「寝れば治るから」ですましているようで、私だけ心配しすぎなのかなと・・。
どういう心持ちでいたらいいか、どうすればいいか、などもしアドバイスがあれば教えてください。

20代です。数年前に母を癌で亡くしました。それ以来、「病気」というものに過敏に反応してしまいます。少し体調に変化があったり、調子が悪くなると「すごく重い病気なのではないか?」と心配でたまらなくなるのです。たとえば、胃の調子が少し悪いと、「胃炎?胃潰瘍?・・もしかして胃がん?いや、実は膵臓とか別の臓器が悪いのでは?」と考えだしてしまい、収拾がつかなくなります。心配なときは病院には行くのですが、調子が悪くなるたびに病院に行っているときりがない気がします。それに一人暮らしなことも...続きを読む

Aベストアンサー

すみません、極端な言い方をします。人間は病気では死なない、全て寿命で決まる。大病をしようが、生死を境にする事故に遭おうが、寿命があれば生き残る。と私は気持ちの中で思っているものですから、多少の風邪や痛みには耐えてしまうんですね。そうすると2~3日で復帰できるんですわ。まあ多少病院の薬とかには頼りますが、基本的には自己回復力に任せます。病気なんて血を吐いたりとか、余計な所で出血しなければ大丈夫。なかなか死なないものですよ人間なんて、自ら命を絶たなければね。

Q原因のわからない胸の痛みに悩んでいます・・・。

私は2月の終りくらいから胸に時々ですが痛みを感じていました。
はじめは左胸の上のほうがたまにズキズキと痛む程度でしたが、心配だったので病院でレントゲンをとると、特に問題はないといわれました。
その後数日間同じような痛みが続いていたので気にしていたのですが、左胸全体に急に締め付けられるような痛みがしたので再び病院へ行きました。
すると脈にも異常はなく、メンタルな要因で痛んでいるのだといわれ、精神安定剤をいただきました。しかし、現在でもなんとなく胸に違和感があり、痛むこともあります。安定剤はまだ飲んでいますが、胸のことが気になりなかなか安心できません。
私は2月の終わりまで受験生だったので、半年間毎日机で背中を丸めるようにして勉強していたので、その様な体勢も痛みの原因なのではないかと考えましたが、どうも不安です。病院へ行ってもメンタルなものだといわれてしまうので、納得できずにいます。このような症状に詳しい方、どうか回答をおねがいします。

Aベストアンサー

原因不明の胸の痛み、肋骨の痛みというのは
時々ありますね。
そう言うときには、しかたがないので、
寝る前にタイガーバーム(Tiger Balm)を擦り込んで寝ますと、朝起きて、案外けっろと直る時があります。

肋間神経痛じゃないかと思っております。

一度お試し下さい。


人気Q&Aランキング