こんにちは、合併比率について教えてほしいのですが、A会社の100%子会社「B会社」とA会社の100%子会社C会社の100%子会社(孫会社)「D会社」が合併する場合、合併比率を同株主とみなして1:1にしても、なんら問題はないのでしょうか?

A 回答 (1件)

誰も答えてないので・・・


合併比率は親会社など関係なく、会社の経営状態や株価をみて(両会社とも1株5万円の額面株として、合併したときにB会社の取引株価とD会社の取引株価の差の比などを考慮)決めるのではないでしょうか。会社合併は株主にとって重要な利害関係をもたらすものだから、商法408条2項が343条を準用(総会議決権2/3以上)しているし、どうしても合併比率に反対の株主がいれば、408条ノ3項によって自己株式取得禁止(210条)の例外として買取請求権が行使できます。

質問に端的に答えるとすると、要するに、1:1にして経営の優位な会社の株主から文句が出るので、問題は出てくると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ぼくは、実は学生のころ勉強もせず遊びまくってたので、今ごろ法律などいろいろな勉強をしています。
sein13さん、本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/06/02 01:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q100%子会社の株主総会への親会社の株主の出席する権利

当社では子会社の株式(100%)を所有していますが、子会社の株主総会にその出資者である親会社の株主は出席する権利があると、親会社の取締役がいいだしました。
本当にそうなのでしょうか??
商法のどこをさがせばいいのでしょう??
既に決議通知を作成しているのにかかわらず、なにか波乱が起こりそうで「わくわく」じゃなかった「どきどき」してます。
その関係に強い方、是非教えて下さい。

Aベストアンサー

↓shoyosiさんの言われるように、親会社株主は、子会社の株主総会に出席することはできません。あくまでも、別の会社だからです。ただし、親会社株主は、裁判所の許可を得れば子会社の株主総会議事録の閲覧等が可能です(商法第244条第4項)。私自身、ある企業の子会社の株主総会の運営事務を行っていますから間違いありません。

Q債務超過の100%子会社を合併

債務超過の会社は資本充実原則に反するため、合併できないですが、100%子会社なら合併できると考えていました。本当のところはどうなのでしょう?
根拠つきでお願いします。

Aベストアンサー

100%子会社であれば債務超過であっても合併できる。

こういう学説がある、ということであって、主流ではないと思います。やはり合併は不可能と考えるべきではないでしょうか。

理屈としては、新株の発行が伴わないこと(マイナスの株を発行する必要がないこと)と、完全支配関係にあるので
厳密には資本充実の原則には反しないから、ということであったと思います。

ただ、現実的に反対株主の買取請求や債権者保護手続きを考えた場合、やはり債務超過会社の合併は困難と考えます。

ここで債務超過というのは時価ベースでの債務超過のことであって、簿価ベースのことではありません。
但し、営業権を認識したりすると、非適格合併となってしまうので注意が必要です。

どうしても合併したいのであれば、増資して債務超過を解消するのが良いと考えます。

Q100%出資の子会社が出来ること

私どもは親会社100%出資(株主が親会社のみ)の子会社(株式会社)を営んでいます。
現在は、親会社のソフト開発部門の委託契約を締結しそれのみで、会社運営を行っております。
 今回、親会社以外の企業とのソフト開発業務を行う予定です。
 そこで、100%子会社は親会社以外の業務を行うことが出来ないと聞き、商法をいろいろ調べましたが見当たりませんでした。
 商法では、この様な制限があるのでしょうか? 制限があるようでしたら対処方法を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

法的な問題はありません。ただし親会社との契約内容が「他社の仕事を引き受けてはいけない」ということだと難しいでしょう。
一般的には親会社の競合他社の仕事はしない(先方も出さないでしょうが)、親会社の業務を最優先で請ける(迷惑をかけない)という程度だと思います。
また、社内の仕事は利益を無視してでもやり、外の仕事で利益をあげる(社内が他社に出したいと思うような価格ではだめ)ということだと思いますよ。

Q私はある上場企業の100%子会社の社員ですが...

この様な身分(在職中)で、下記を実行する事は、果たして可能なのでしょうか?

(1) 親会社の株を保有すること
(2) (1)が可能ということであれば、その株主総会で発言すること

また、この子会社を退職した後、
上記(1)、(2)と同様の行為を行うことは可能なのでしょうか?

実践的識者の方いらっしゃいましたら、詳説戴きたく、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

(1)は可能です。
(2)に対しては、持ち株数が少なくては発言しても何の効力もありません(それじゃ総会屋のやじとかわりません)
株式保有率に対する権限は決まっていますし、少ない株式保有では議題提出も出来ないです。1%以上か300個以上の株式獲得が可能であれば出来ますが、上場企業株を子会社の社員がそれだけ保有するのは不可能に近いと思いますが・・・。
退職後に云々というのも同じです。
また、あなたがそれにより何を目的として行いたいのかがわからないため、実践的アドバイスが出来ませんが、
親会社などに不満がある程度ではやらない方がよいと思います。
ただし、会社が法に触れるなどしている場合は、告発などして
社会的正義を貫くのは当然のことです。

Q二つの会社が合併した場合、合併前に片方の会社とかわしていた契約はどうなるのでしょうか?

 私は、ある契約をA社と1月から12月まで結んでいるとします。ところが6月にA社とB社が合併し、C社になりました。
 こういった場合、私とA社が結んでいた契約はC社が引継ぐのでしょうか? 法的根拠を交えて教えてください。

Aベストアンサー

商法第103条
合併後存続スル会社又ハ合併ニ因リテ設立シタル会社ハ合併ニ因リテ消滅シタル会社ノ権利義務ヲ承継ス(合名会社に関する規定)

商法第147条
合資会社ニハ本章ニ別段ノ定アル場合ヲ除クノ外合名会社ニ関スル規定ヲ準用ス

商法第416条
第96条、第97条、第98条第2項、第102条及第103条ノ規定ハ株式会社ニ之ヲ準用ス


有限会社法第63条
商法第56条第3項、第98条第2項、第102条、第103条、第408条第1項乃至第3項、第408条ノ2乃至第410条、第412条、第413条ノ2、第414条ノ2及第415条ノ規定ハ有限会社ニ之ヲ準用ス 但シ同法第412条第1項ノ規定中最終ノ貸借対照表ニ関スル部分及同法第415条第2項ノ規定中監査役ニ関スル部分ハ此ノ限ニ在ラズ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報