はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

時間外労働について、1日8時間、1週40時間以上の労働で2割5部増しの賃金が発生しますが、例えば1日8時間で6連勤した時の最終日に残業をした場合、両方の条件を満たしているように思えます。
この場合はどのように取り扱われるのでしょうか?

A 回答 (2件)

1日8時間、1週40時間を越えた時点から割増なので


1週で8時間労働を5日して6日目に労働すれば
朝から割増賃金です。
この場合その日に8時間を越えても、既に朝から割増なので
加算はありません。
深夜にかかる22時以降まで労働すれば
深夜労働の割増は加算されます。
法改正があって月の初めからの累積時間が1ヶ月45時間、60時間、60時間超で
更に率が変わります。
http://okayama-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hour …
    • good
    • 2

1日8時間で5連勤の間違いとして解説します。

基本的に1週間に40時間以上で残業手当が発生します。ただし、1日8時間以上働かせた場合も残業手当を払えという趣旨です。したがって、月~木まで休んで金曜日に9時間はたらくと1時間分に対しては残業手当が発生します。つまり、本来は1週間に40時間超えなので、ダブルカウントで割増にはなりません。ただし、残業が深夜(20:00~翌5:00)とか日曜日とかだと通常割増に加え、深夜割増、休日割増が加算されます。
ついでに就業規則に変形労働時間制を採用する旨、記載があると1日8時間超えの条件はなくなり、1週間に40時間以内であれば1日10時間働かせても残業手当を支給する必要がなくなります。
私は、法律の専門家でないですが、元社長ですので一様労働基準法については勉強したので間違いないと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q13日間連続出勤

流通関係の職場に勤務していますが、今日上司から20日と21日を通常の出勤日するので出勤してほしいとの話がありました。元請けの会社が、地震の影響による残個の増加と棚卸しのために会社指定の休日を通常出勤日になったからとの理由でした。しかし休日手当を支払うのではなく3月に代休を付けるとの話でした。地震の影響で作業が1日分くらいは遅れているので、出勤すると返事はしたのですが、カレンダーをよく見ると14日から13日連続の出勤となるので、法的に問題があるのかと思い質問させてもらいました。たぶん13日の内10日間ぐらいは1時間から3時間の残業も発生すると思います。

Aベストアンサー

49700137さん、36協定が労働基準監督署に届け出てあって、その労使協定で定めた(勿論労働基準監督署が受理した)時間外労働時間及び休日労働時間の範囲内であれば、例え、13日連続の出勤となっても法定の割増賃金を支払えば違法とはされません。

36協定について
http://labor.tank.jp/rouki/36_kisairei.html

36協定は49700137さん達にいつでも見られるよう“周知”されていなければなりません。

残業代(割増賃金)は勿論支払請求できます。

詳しくは(具体的には)所轄の労働基準監督署に相談することをおすすめします。

なお、法定休日、(法定外の)所定休日は勿論法的には労働拒否できますし、年次有給休暇を取得することもできます。最悪「欠勤」もできますので、会社が言うまま“過重”労働をしないよう断固たる意思を持つことも必要です。

代休を付けても会社にはメリットはあまり無い筈です。どうしても休みたければ年次有給休暇の取得をおすすめします。


人気Q&Aランキング