初心者で何でも質問してすいませんm(__)m エンジンとかって載せかえることとかできるんですか?たとえばターボつけなくて、どうしてもNAのフィールディングがいいとおもったらいいエンジン載せるしかないですよね?だからできるのかと思って。暇なときでいいので返答してください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

AZ-3とのことですが??


はじめまして、簡単にかきます。
すごい、パワーupを期待するなら、ナイトロ系チューンが、おすすめ
あちこちを、何度もいじくるより一回ですむ、しかも必要な時だけドカーン
なので、燃費などはあまり、気にしなくていいよ。(雑誌などでNos系取り扱い
店を、調べ必ずアフターを電話ででも確認するよう。)
 乗せ変えのあと、またいじくると・・・・結局・・お金が・・
実際AZ-3は、ミッシヨンが、弱いはずだから軽量化-ブレーキは先に
しておいた方がヨシ。エンジンはマフラー・エアフロ・NOS・点火系で乗せ変えより
パワーと実用性が出るはず。ただし普段からエンジンブレーキは、(要注意)
友達もミッションはかなり、壊してるよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的にAZ-3のことも考えていただいて、ありがとうございました。とても参考になりました。これからよく考えてみます。

お礼日時:2001/06/01 09:53

可能です。


アメリカなどでは、コンバージョンキットなんかが多くみられます。
ただし、みんなV8になちゃいますけど・・・
モノコックな、日本車では無理があるなー
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/01 09:52

エンジン交換は、大きさがはまれば可能です。


GTカー選手権で走っているスープラは2Jエンジンではなく、3Sエンジンが搭載されています。
ですが・・・フィーリングを変えたいのであれば、車を乗り換えた方が安いですね(笑)
しかし注意が必要です。
エンジン交換をする場合は、改造車検を取り直さなければなりません。
これが嫌だからと言って、過給器(ターボ、スーパーチャージャーなど)を取り外す・・・と言う手も不可です。
過給器が無い車に過給器を付ける事は合法ですが、過給器を取り外す事は違法です。
何故かは知りません(汗

エンジン交換をすると言う事は、ノーマルでバランスが良かった車を、バランスを悪くする、と言う事です。
お金もかかりますし、手間もかかりますので、よく考えてからやりましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろと決まりがあるんですねー。参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/01 09:52

時間と費用があれば可能でしょう(笑)



そこまでしてやる価値があるかどうか?
エンジン載せかえも良いと思いますが
ボアーアップとかのチューニングも考えたら
どうですか?

でもホント車種によるとそこまでやる価値があるかどうか
お考えの車種は何ですか?

自分でやるので無ければほんとお金かかりますよ。

この回答への補足

今の車はマツダのAZ-3です。普通のクーペなのでそこまでする価値があるのかは、確かに疑問ですね。そこまでエンジンにお金をかけるなら、新しい車に乗り換えた方がいい気もしますね。

補足日時:2001/05/29 22:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/01 09:50

殆どの車が同一形式車であれば可能です。


できれば車種が判ればもっとアドバイスがもらえるかもね。
珍しい例を一つ。  旧型(初代)セリカにはマツダの12A型ロータリーエンジンが載せられました。

この回答への補足

車種はマツダのAZ-3です。普通のクーペなのでそこまでする意味があるのかはちょっと疑問ですが・・・

補足日時:2001/05/29 22:38
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/01 09:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「NA」と「ターボ」エンジン

お世話になっております。
すごく初歩的な事なのかも知れませんが、「NA」と「ターボ」エンジンとはどう違うのでしょうか?
ご存じの方もおられるかも知れませんが、僕は今度、「ライフ」「ダンク」「ザッツ」この3車種でどれかを購入しようと考えていますが、その中でも「NA」「ターボ」とどちらにすべきか迷っています。
やはりターボエンジンの方がパワーが強く、加速がいいって事なんでしょうか?(ただ・・・ターボになると約12・3万価格が上がるので少し辛いのです(^^;

どうなんでしょうか?
ちなみに、僕はいわゆる「走り屋」さんとかでもなく、走りを追求したいとかはあまり思っていません。(^^;

Aベストアンサー

みなさん、えらく難しいこと言ってるみたいですけど、ターボだからといってそんなに悩まず普通に乗ってもらえばいいですよ。
実際、私も軽のターボに乗ってますが、アフターアイドリングなんて説明書にも記載されてません。
ガソリンも、レギュラーでOKです。カタログとおりのガソリンでいいのです。
そんなに簡単に故障する車なんてメーカーがだすわけありません。 極端な話ですが、私なんか冬場でも暖気運転なんかしたことありません。
一度も故障してませんし、ガンガン走ります!

もし、軽自動車にターボが絶対必要なら、ノンターボは販売しないでしょう。

靴で例えるなら、スポーツするのに、ズック靴をはいてるか、そのスポーツに合ったスポーツシューズをはいてるかの違いです。
街中なら、ズック靴でも問題ないし平気でしょ?

「NA」、「ターボ」と、扱いは同じ要領で乗ったらいいのです。

ターボの場合、エンジンオイルだけは、まめに交換した方がいいですよ!

Qターボエンジンとモリブデン配合エンジンオイルのマッチングについて。

 所有した車は、現在8台目、初めてターボ車に乗っています。
スズキ”Kei Bターボ”です。
オイル交換の目安の短さに驚いています。
なんでも、タービンの軸受け部分がシビアで、NAエンジンよりも早く交換しなければならないとか・・・。
 ところで最近、モリブデン配合の、フラッシングオイルや、エンジンオイルが販売されているようですが、ターボ車との相性はいかがなものなのでしょうか?ご回答のほど、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

通知メールが来てたので答えておきます。
エンジンオイルを排出してもオイルの通路やオイルパン、フィルター内等に古いオイルが残ってますからねえ。当然、新油を充填してもすぐに黒くなる事は有るでしょう。
asabuuさんのフラッシング方法なら安全でしょうね。
只、フラッシング専用オイル等には灯油?に近い物が入っているようなのでオイルシールやパッキンを駄目にしてしまう可能性があるらしいです。
当方が所有してる車も少し古いのでオイルには気を使ってます。
例えばシールやパッキンに攻撃性が少ない鉱物油や合成油(低粘度は避ける)でもACEA A3-??を取得してる物等を使用してます。
暇だったので長々と回答してしまいました。参考程度にして下さい。それでは

QNAでの「電動ターボ」や「ラムエアターボ」の効果について

現在、軽のNAに乗っています。

標題の通りなのですが、
NAエンジンで、
電動ターボ(エアクリ近辺での過給)や
ラム圧を利用した過給を行うのは、実際のところ、効果はあるのでしょうか?

私自身は、
巷にあふれている「ちょっと怪しげなグッズ」みたいな感じで、
効果が出る人もいれば出ない人もいる、そんなものなのかな?
と思っているのですが…。

皆さんの御意見を伺えると嬉しいです、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バイクではラム加給を行っているスポーツバイクは多いです。
上級スポーツモデルの殆どが採用しています。

キャブレターの場合、フロート室にも同じだけの圧がかからないと低速と高速でのキャブセッティングが狂うので、エア導入口からベントホースへ分岐してベンチュリーと同じ圧がかかるようになっているのですが、ヘボメカニック(当時の上司:爆)がそのホースを付け忘れた事がありました。
そうすると、60キロ程度でもセッティングが狂い、走らなくなってしまうんですね。
ということは、60キロくらいからでも(一応、)効き始めるということなんでしょうが、
バイクではなく軽だし。。。
体感できるだけの効果はあるのかな。。。。
どうでしょう。。。。。。

QロードスターNA6を6速ミッションに載せかえる事ってできますか?

ロードスターを中古で購入した時から100キロ以上で走行するとギヤが抜けてしまいます。購入してから1年以上経ちますので自力で直さなくてはいけないのですが、修理工場ではりビルト品の載せかえだと言われました。
ただ交換するのはしゃくなので、もしNBの6速が載せられるならそうしたいのですが可能でしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。OpenMindと申します。
ロードスター専門の季刊誌によるとミッションの載せ替えは可能です。
ただ、セルモーター固定用の穴(3カ所ある)が1カ所合わないそうですが、実際使用に問題はないようです。

Qターボエンジンについて

車屋の営業マンと、車の燃費が悪いという話をしていたら、ターボ車は回転数をあげてターボを使わないと燃費は良くならないと言ってました。ホントでしょうか?

Aベストアンサー

ターボエンジン(ターボチャージド レシプロエンジン ・ いわゆる、車のターボエンジン)は、以外かもしれませんが、燃費の良いエンジンを作るための技術です。

なぜなら、

NAエンジン(普通のエンジン)と比べ、同じパワーを得るためのエンジンの大きさ・重さが、小さく・軽く出来る。これはとっても燃費の良い車が出来ます。

普通は棄ててしまう排気のエネルギーを使って、再利用しているため、例えば、エンジンの力で動くスーパーチャージャーと比べてもさらに燃費がよくなる。

ということになります。

分かりやすく言いますと、同じ加速性能の車(ボディーは同じ)でNA車とターボ車を作ったとしますと、NAの方が断然重くなりますので、ターボ車の方が燃費が良い。ということになります。

例えば、大型トラックなどみんなターボ付きなのはそのためです。燃費を良くするのです。

よって、ターボエンジンを“燃費の良くないエンジン”と決め付けて悪者扱いはしないで下さい。(←すごく重要)

しかし、ターボエンジンの場合、ターボを回してやって初めてうまく設計通りになるようになっておりますため、ターボエンジンでターボを回してやらないと、混合気の圧縮が足りなくて炎のスピードがゆっくりになってしまい、結果「排気バルブが開いても炎が残る」といった、もったいない(燃費の悪い)現象が起きます。

ターボエンジンの場合、ターボを回してやらないと燃費は良くならないのです。

だからといって、ターボ付きスポーツカーや、ターボハイパワーセダンのように、不必要な急発進をしてやらないとターボが回らないような車の場合、不必要な急発進自体が燃費に悪いため、NAと比べて“燃費の良い”不必要な急発であっても、結果“燃費の悪い走行”となってしまいます。
このような車の場合、エコドライブをしてやったとしますと、同じボディーのNA車と比べて、ターボ車の方がほぼ間違いなく燃費は悪くなってしまいます。

ターボエンジン(ターボチャージド レシプロエンジン ・ いわゆる、車のターボエンジン)は、以外かもしれませんが、燃費の良いエンジンを作るための技術です。

なぜなら、

NAエンジン(普通のエンジン)と比べ、同じパワーを得るためのエンジンの大きさ・重さが、小さく・軽く出来る。これはとっても燃費の良い車が出来ます。

普通は棄ててしまう排気のエネルギーを使って、再利用しているため、例えば、エンジンの力で動くスーパーチャージャーと比べてもさらに燃費がよくなる。

ということになり...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報