消費税を、3%、5%とあげてるのに、あげてもあげてもお金が足りなくなる理由はなんでですか?
政府はあればあるだけお金を使うからでしょうか?

A 回答 (15件中1~10件)

お金が足らないのは多分、戦後世代への年金受給が原因になってると思う。


1960年頃の老人は、人生で殆ど年金積み立てる事なく年金受給してたから、それが尾を引いてるのではないかと。

それから私らが年金積立してるお金は国債とか株に投資されてて、即時には現金化しにくいものなっていますので、金が無い状態になってる。(資産的にはお金はありまくってて、決して財源が無い訳でもないし、現金化しようと思えばできるが、それが無理そうな振りもできる。)

増税推進に関しては議員の無知のなせるものか、あるいは消費税主体の税システムに変えていきたいかの思惑があるかもしれない。

法人税が高いままでは日本の企業がシンガポール等の税率の安い海外に移転したりして、国内の雇用が消えたり、税収が減少してく可能性があります。(今時点でもその流れで国内から雇用が失われて、更には税収が減ってるかもしれない。そうなると福祉需要増+税収減にてダブルパンチです。)

特に今はグローバル社会です。ソフトウェアやネット産業等のデータビジネスは、パソコンさえあればどこでもできるので、タックスヘイブン地域(無税国)で書類上の会社を作り、日本でビジネスして財務上の処理を無税国でやって租税回避する傾向あります。
最近だとGoogleなんかが税を3%しか支払ってないのが問題になりました。
有名なAmazonも本来の半分以下しか払ってなくて、恐らく日本でも多くのサイバー企業が租税回避してると思います。

他、海外の安い人件費も魅力的で、日本の製造業が中国等に移転していった流れから、日本が法人税収等を回収できなくなって、財源が必要になってる。


また
税率の歴史ですが日本は消費税を上げると、ほぼ同時に法人税とか所得税も下げたりしてます。
国民の税負担率は割と昔から変化してない要素もあります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/19 22:44

★回答



学術検索キーワード; マクロ計量モデル 宍戸駿太郎先生

キーワード; 増税原理主義者 木下康司 勝栄二郎 財務省経済学 軽減税率 

【本題;消費税 あげてもあげてもお金が足りなくなる理由   の回答】


(1)民間企業の成長をさまたげてるから

政府がよく言ってる 成長戦略とかは 言い訳程度。 
正しくは規制緩和と言うものこれは 不景気でも 好景気でもつねにやること
本質は規制緩和です 別名既得権勢力との戦い と言う。

(2)年金運用が 世界の非常識利回りになってるから

GPIF 世界最大 基金と言われるが
運用利益が少ない 利回り最低
http://www.gpif.go.jp/operation/index.html
自民党になり 少しよくなった 株価があがったため

(3)消費税を上げればいいような キャンペーンを財務省がしてるから

具体的にはマクロ経済モデルの改ざんも行われてると推定できます
後進国用の計測モデルを使って 偽装している
ちゃんと 有識者の 解説をきくべし↓

●【宍戸駿太郎氏】消費増税は精神分裂!


●インチキ財務省モデル、インチキ内閣府モデル
http://ameblo.jp/sankeiouen/entry-11355770579.html
日本のモデルを外国人に見せたら、それこそ腰を抜かすんです。
こんなの使って財政政策を立ててんのか、
これでは国民生活が大変なことになるでしょうと言われます。
新聞は、こういうことに余り気が付かないんですよ。

●ポール・クルーグマン、日本への緊急提言

ポール・クルーグマン、日本への緊急提言 2013年10月1日

いいところを邪魔すんな by ポール・クルーグマン(ノーベル経済学賞)

http://econ101.jp/organization/%E3%83%91%E3%83%B …


●民主党の経済通  福田昭夫の国会発言 
自民党税調 甘利よりよっぽどまともだ!なさけねーっ自民党
内閣府の計量経済モデルはいんちきである明言

http://www.youtube.com/watch?v=sMln_GzhE7M

●森永卓郎の「経済“千夜一夜”物語」 二つのオカルト経済学

TVでおなじみの 森永卓郎 教授は以下であると言っている。
安倍総理の経済参謀である浜田宏一イェール大学名誉教授は、消費税引き上げの先送りを進言している。せっかく立ち直りかけた経済に増税の冷や水をかけたら、元も子もなくなってしまうからだ。
通常の経済学でシミュレーションした結果によれば、デフレ脱却期の増税は百害あって一利なしだ。
安倍総理が通常の経済学を採用するのか、それとも財務省 経済学を採用するのか。
私は財務省経済学が勝つ確率が高いと思っている。それは、日銀官僚以上に財務官僚の立ち回り方が上手いからだ。
もし予定通り消費税 増税となれば、景気の拡大は来年春までの短い命になりそうだ。
http://www.dokkyo.ac.jp/profinfo/eco030.htm
http://npn.co.jp/article/detail/05356231/

財務省エコノミクスと普通の経済学 森永卓郎

http://www.dailymotion.com/video/x12znvj_%E8%B2% …


【ネットで調べた私的結論 経済の専門化ではない理系ですの まとめ】

検索キーワード; 増税原理主義者 木下康司 勝栄二郎 財務省経済学 軽減税率 

マクロ計量モデルで、いろんな効果が予測できるんです。
外生変数に、公共投資、医療費支出、所得税の減税、消費税のアップ
長期金利のダウンと、こういうシミュレーションが計量モデルで出来る。

それを改ざんして利用するのが 財務省経済学派といわれる。

財務省経済学と言うのは別名 増税原理主義 とも言われる。

正式の学術的 呼び名じゃないですよWWW

データーを改ざんして 増税にして 消費税率を変更すると

軽減税率の話がでてきて 関連業界に天下りがしやすくなる

これを専務理事政策という。(@_@) 一般人としてはびっくりです。

消費税 あげてもあげてもお金が足りなくなる わけで 
目的がもともと ちがうんだよね。

http://ameblo.jp/sankeiouen/entry-11355770579.html

以上

おまけ ↓アニメでも学習できます。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8283744.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/19 22:44

政府支出を減らそうとしないからです。



財政赤字の最大の要因は、福祉です。
福祉は一度上げてしまうと、二度と減らせません。
減らすと、選挙に負けるからです。
しかし、福祉は上げると選挙に勝てます。
かくして、福祉予算は上がるだけという状態に
なります。
これを福祉の不可逆性といいます。
税金が足りなくなる
理由の最大の原因が、これです。

日本の財政赤字が何故これほどまでになってしまった
のか。

田中角栄政権のとき、長期凋落傾向にあった自民党の
票を増やすために、年金の支給額を大幅に上げたことが
あります。
マスコミは、これを「福祉元年」と絶賛しました。
これにより票を伸ばした自民党は、以降福祉に力を入れる
ようになりました。
つまり支出をどんどん増やしたのです。

このため、官僚の運営ミスも手伝って、財政赤字が
膨大な数字にふくれあがった訳です。

そういうことで、増税して収入を増やしても、出て行く方は
増えるばかりです。
だから、いくら増税してもお金が足りない、という
ことになるのです。

結局は国民が望んだ結果です。
だから、福祉が発達している先進国の財政は、どこも
赤字になっているのです。

英国はサッチャーが、米国はレーガンが福祉を削減した
ので、あの程度の赤字で済みましたが、日本にはそのような
政治家が輩出できませんでした。
それで今日のような天文学的な赤字財政になってしまった
のです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/19 22:44

税金の無駄遣いの代表的なものに以下のようなものがあります。



「喫煙者を減らせば将来の医療費削減に繋がる」という大デマ。



現在、過去の禁煙運動の結果から喫煙者は半分以下になっています。しかし禁煙運動家の主張する医療費削減には全く繋がらず、それどころか医療費は増え続けて今では毎年80億ほどの予算が禁煙関連のために出費されています。
また喫煙人口が減り続けているにもかかわらず肺ガン患者も増え続けてきたという状態です。

喫煙者は半分以下に成っていますので、禁煙運動の観点から医療費も半分以下になっていなくてはなりませんが、なんだかんだと理由をつけて禁煙関連予算は現在では毎年80億と大幅に増大しています。


現在では喫煙率は20%を切っているし、そもそも喫煙者は弱者でもありませんし、禁煙のために税金で補助をしたり保険料で補助する必要性など全くありません。というより喫煙者自体そんなこと望んでいませんでした。



そしてこのような不必要な予算への削減には手を付けられず、一方で必要な医療研究や社会福祉への予算削減が進んでいる状態です。

禁煙運動だけでなくこのような一 見社会正義にかなっているように見せかけた大デマがまかり通っているので、まずは禁煙運動は民間でやってもらって国は予算を一切付けないようにすべきなのですね。

まずは「禁煙外来の廃止」「禁煙運動への予算割り当て廃止」という本当の無駄遣いの廃止を断行すれば、似た様な事例にもドンドン切り込むことが出来るようになります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/19 22:44

税収が上がっていないからです。


なぜ税収が上がらないのかといえば景気が悪いからです。
日本は20年ほど前をピークにその間に消費税増税などしていながら税収が上がっていません。

つまりこの長期に渡るデフレ不況を改善し景気回復しない限り税収は上がらないのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/19 22:44

今回の消費税3%増税では8兆円の増収がありますが、2%分の5兆円のを法人税減税に使います。

国から見れば3兆円の増税で、消費税をたった1%上げるのと同じです。
しかし、個人からお金を取って、法人からお金を取らないようにする。まさに予算のパイの切り方を変えたのです。当然に法人の景気は良くなるが、個人の景気が良くなるのかどうか疑問です。人手不足にならないと賃金は上がりません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/19 22:44

毎年50兆円以上借金を増やしている中、消費税3%分では8兆円に過ぎないので、ぜんぜん足りません。

つまり、政治家や公務員が政官限定バブルを続ける為にも、消費税25%ぐらいまで上げるのは規定路線なのです。

もちろん、あればあるだけ使いますが、無くても使うのがフツーですので、消費税を25%にして収支がトントンになるように思えても、さらに借金を増やしててでも使おうとするので、消費税30%はまず覚悟して下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/19 22:44

はっきりいって、景気がデフレで悪く、日本経済が縮小してきているからです。

これは日銀の金融政策の大失敗といえます。

すなわち、大規模な金融緩和で、デフレをマイルドなインフレに変えてやれば、日本経済が良くなり、消費税を上げる必要はないのです。この金融緩和でアメリカでは大成功を収めています。(図は株価)

非常に興味深いことに、安倍総理自身の発言が下にありますので、挙げておきます。安倍総理は、このことを知っていたのです。また消費税を上げると景気が悪くなることも知っています!!! 今回の8%の増税は、逆に、景気を冷やし、財政状況を逆に悪くします。安倍さんは財政状況の信任を得るため、といっていますが、知っていて、大ウソをついています。8%の増税は彼の大失敗になるでしょう。


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34188?page=5
---
安倍: 安倍政権のとき、平成19年の予算編成では54兆円くらい税収があったんです。これは成長の成果です。もしあの段階でデフレから脱却していれば、これは一気にプライマリーバランスの黒字が出るまでいったんではないかと思うわけです。
---
安倍: 世論調査で5割が増税を支持するというのはね、不思議なことですよ。これではもう、この機会は絶対に逃したくないと財務省は思ってしまう。

浜田: 財務省の人には悪いけれども、地震があったからみんな支持してくれると、天災を増税の口実にしているかたちです。

安倍: これを機に財務省は増税を進めようとする。しかも日経新聞や、かなりの経済学者もそれを支持している。われわれは相当頑張らないと飲み込まれてし まって、結局財政赤字はさらに悪化していく危険性すらある。税収はそんなに伸びないどころか、ダウンするかもしれません。

浜田: そうですね。橋本龍太郎先生が総理だった時もまったく同じです。

安倍: あのときも増税で、景気が底割れしました。

浜田: 結局、景気が悪くなり、税収も減収した。法人税、個人所得税まで減収していくという状態でした。
「消費税 あげてもあげてもお金が足りなくな」の回答画像8
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/19 22:44

他の方の回答を一通り読みましたが、No.6以外の方はすべて落第です。



理屈の上では正しいのですが、じゃあ政治家が実際に無駄遣いを抑えたり、国債をそもそも発行できないようにできたのかというと、民主主義の国家ではやはりできなかったでしょう。

一つは、為政者が国家財政を強制的に減らそうとしたら、これは独裁者でないとできないということ。
会社で社員が全員社長の言うことを100%よく聞き、会社の経営が傾いているからおまえら給料30%減に協力しろ、不平をいうなといったら、果たしてそれを不満もなく聞き入れるでしょうか。
大企業であれば社員がデモやストライキをするでしょうし、中小企業であれば会社を辞めて去っていくでしょう。

これが成立するとしたら、「おまえら俺の言うことを聞かなかったら、収容所行きだな」と断言できる権力をもった独裁者になるしかなく、そうなったら日本の民主主義は終わりです。
よって、理屈では成り立っても、実際そうできるかというと、そういう人物には首相にはなって欲しくはないので、他の政治家や国民・官僚がこぞって阻止するでしょう。


もう一つは、そういう政治家を国民が支持するのかということ。結論から言えば、国債を減らすために緊縮政治を行えば、早ければ同じ年のうちに、多少ずれても数年のうちに経済が縮小して、失業と貧困がどんどん増大します。
官僚の給料を減らせば彼らがお金を使わなくなるし、福祉を減らせば高齢者など福祉に依存する人たちがお金を使わなくなるし、公共工事を減らせば建設業が不況となり、失業者が増えるということです。

歴史を振り返っても、例えば江戸時代の三大改革(享保の改革、寛政の改革、天保の改革)は、財政政策から見れば緊縮財政です。そして、享保の改革を除けばすべて失敗しています。
享保の改革だけうまくいったのは、主導した徳川吉宗が独裁者であったこと。また歴史の授業では踏み込んで教えてませんが、貨幣改鋳すなわちリフレ政策を併用してためだと私は考えています。


じゃあ、どうすればいいのかということですが、私もまだ明確な答えは見つけていません。
ただ、方向性としては、経済を回復させる、というのが処方箋となります。
つまり、支出を削るのではなく、収入を増やす(税率を上げなくても、母数となるGDPが増えれば自然に増収となります)ことに力を入れるべきです。

具体的には、以下の項目がポイントとなります。
 ・輸入を減らして、輸出を増やす。(純輸出が増えると、GDPがその分増加します)
 ・公共工事など政府支出を増やして、国内経済を活性化する。
 ・リフレ政策(通貨の流通量を増やす)をとって、国内経済をデフレからインフレに導く。
 ・リフレの相乗効果として、物価がインフレになればお金の価値が下がる為、借金の重みも減っていく。

あと、現代経済の特典として、中央銀行の国債買取があります。
これは通貨の流通量を増やすと同時に、日本の場合は日銀が政府の子会社であるため、実質的に政府の借金を相殺する効果があるのです。

上記の内容を如何に成し遂げていくか。成功事例が増えれば、それだけ未来の社会に貢献していくことでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/19 22:44

行政は税収が無くても国債で運営できるし、何をするにしても経費がかかります。

予算確保力が実力として評価されるから使い放題なことも否めません。 赤字国債に頼るのはよくないが法人税収が少ないのは円高による影響が大きすぎます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/19 22:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住民税延滞金の免除についての疑問

旦那が独身だった頃の住民税と延滞金の請求が急にきたので、区役所に問い合わせし延滞金免除できないのか聞いた所、今月中に税金を全額納付すれば延滞金は全額免除してくれるとの事でした。

延滞金免除と口約束をし、税金を完納したにも関わらず、延滞金の請求がきて口約束では効力がないので払わざるおえなかったという話はネットでもよく見かける話なので、効力のある文書が欲しいと言ったら出せないと言われました。延滞金減免通知書を出しても許可通知書等は出せなく、私が住んでる区は申請を出し許可された人全員にそういった許可通知書は出してないとの事でした。
心配ならば私の上司、他にも本件を知ってる者が役所には居て対応するので役所まで支払いしに来て下さいといわれました。
何だか信用できないし、シックリきません。
このような事は電話での口約束で成立するものなのでしょうか?

Aベストアンサー

実務経験者。

公式な通知書は出せません。
徴収できないより本税だけでも払って貰いたい。
延滞金は、最終的には時効を待って徴収不能欠損として事務処理します。

Q消費税3%から5%になって、

かわりましたか?なんかあまり変わってないような気がします。
というより、税金をあげる理由って景気が良くなるからするんですよね?
でも景気が上がったなていう話ここ数年ききません。
なんかお酒やタバコの値段があがる見たいですが、
どうなるのでしょうか?余計景気が悪くなる気がします。
ただでさえ悪いのに、、、
なんでわからないのだろう、、、やすくした方が物はたくさん
売れるのに、、、、、、
お酒をのんでもらった方が、絶対みんなの気分もよくなるはず、
ちょっとした独り言?でした。

Aベストアンサー

Q/税金をあげる理由って景気が良くなるからするんですよね?

A/そうではないですね。税収が予定より落ち込めば、それを補って増税することもありますからね。5%の増税は、確か財政(高齢者福祉の財源など)を多く確保するためのものだったはずですけどね。

それ以上に、不景気から国の財政は今は悪くなっています。(企業収入の低下や相次ぐ倒産による税収の落ち込みから)

今回の増税は企業などへの減税をし、企業への税負担を軽減する代わりに、ある程度の穴埋めとしてタバコなどの増税をするという物です。それでも、減税になり、しかも景気がもっと減速すれば財政赤字が進む計算ですのでなかなか、厳しい舵取りなのは確かですね。

ちなみに財政赤字といえば、現在の赤字国債(国の借金)が700兆~800兆円です。
このままだと、国債の利子だけで凄まじい額を歳出する事になる。何せ、小泉内閣も、年に30兆円前後の国債を新規に発行していますからね。利子が1%として、年間7~8兆円増える計算に、30兆円以上の新規国債を出す。
ちなみに、今国債を全額返済すると、国民一人当たり、200万円~300万円ぐらいの金額ですね。(もちろん、今生まれた赤ちゃんから、亡くなる直前の方も含めてですよ)

もしこのまま景気回復がないと、先に国債処理に手を打たないと、経済より国がね。まあ、日本は自国以外の援助も多いのでそのお金が返ってくればある程度補填できますけど・・それでも今の調子で増えれば・・・


という中で、減税しながら増税しているのですよ。凄いでしょう。だから、増税も仕方ないかどうかは、別ですけど、単純に増税は悪い良いと言える状態ではないのは確かですよ。景気が悪い上に採算も悪いのでどこかで取り、どこかで減税する。それが、今回です。

テレビなどでは悪い良いと一方的ですけどね。まあ、他の場所で減税と増税を考えるべきだったかは議論しても良いでしょうが、増税反対や悪いというのも難しい。

Q/税金をあげる理由って景気が良くなるからするんですよね?

A/そうではないですね。税収が予定より落ち込めば、それを補って増税することもありますからね。5%の増税は、確か財政(高齢者福祉の財源など)を多く確保するためのものだったはずですけどね。

それ以上に、不景気から国の財政は今は悪くなっています。(企業収入の低下や相次ぐ倒産による税収の落ち込みから)

今回の増税は企業などへの減税をし、企業への税負担を軽減する代わりに、ある程度の穴埋めとしてタバコなどの増税をすると...続きを読む

Q破産法・会社更生法上における租税債権の延滞金免除規定

 地方税法上、法第15条に納税の猶予期間における延滞金の免除規定があるのは分かりました。
 それでは、破産法上の延滞金の免除規定があるのか?(あるのなら免除される期間と割合)
 また、会社更生法上の延滞金の免除規定があるのか?(あるのなら免除される期間と割合)
 ※会社更生法上、法第169条に納税・換価の猶予を定める場合は徴収権限がある者の同意を要する…みたいなことが記載されているのは把握できました。
 徴収権の消滅時効の停止事由に該当し、停止している期間と延滞金免除との絡みもよく分かりません。
 どういう場合に延滞金が免除されるのかを勉強しております。
 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

回答になりませんが、
ご質問の内容がかなり専門的かつ一般に馴染みのない分野です。
国税通則法、国税徴収法等をお調べになっては如何でしょうか。
下記URLをご参照。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/chosyu/001030/02.htm

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/tsusoku/mokuji.htm

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S34/S34HO147.html

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S37/S37HO066.html

Q消費税5%から8%になって何か生活が良くなったことってありますか?年間財源6.3兆円はどこに消え

消費税5%から8%になって何か生活が良くなったことってありますか?

年間財源6.3兆円はどこに消えたのでしょう?

Aベストアンサー

消費税5%から8%になって、すでに景気の減速が起こっているように見える。

景気が減速すれば、一般税収が全体としては減り、国の借金は増えると考えられます。(特に所得税と法人税からの税収が減る。)http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20130614/ecn1306140710000-n1.htm

>年間財源6.3兆円はどこに消えたのでしょう?

これから、所得税と法人税からの税収が減った場合、その穴埋めに消えるかもしれない。これでは国民の暮らしはよくならない。

大規模な金融緩和をやっているため、そのプラスの効果と、消費税5%から8%のマイナスの効果と打ち消しあってしまっている。本来なら大規模な金融緩和で景気は絶好調であるべきなのです。

消費税8%増税による経済と国家財政への悪影響は安倍さんがよく分かっていたという証拠がある(!)だけに、自分や高所得者への利益誘導があったのではないかと思っています。以下参照。
―――
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34188?page=5

安倍: 景気はまだまだ厳しいでしょう。これから財政出動しますが、デフレ下で増税をするので、景気を冷やしていく危険性もある。よりデフレが進んでいく危険性もあるでしょう。これは明らかに間違っています。世論調査で5割が増税を支持するというのはね、不思議なことですよ。これではもう、この機会は絶対に逃したくないと財務省は思ってしまう。

浜田: 財務省の人には悪いけれども、地震があったからみんな支持してくれると、天災を増税の口実にしているかたちです。

安倍: これを機に財務省は増税を進めようとする。しかも日経新聞や、かなりの経済学者もそれを支持している。われわれは相当頑張らないと飲み込まれてし まって、結局財政赤字はさらに悪化していく危険性すらある。税収はそんなに伸びないどころか、ダウンするかもしれません。

浜田: そうですね。橋本龍太郎先生が総理だった時もまったく同じです。

安倍: あのときも増税で、景気が底割れしました。

浜田: 結局、景気が悪くなり、税収も減収した。法人税、個人所得税まで減収していくという状態でした。

消費税5%から8%になって、すでに景気の減速が起こっているように見える。

景気が減速すれば、一般税収が全体としては減り、国の借金は増えると考えられます。(特に所得税と法人税からの税収が減る。)http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20130614/ecn1306140710000-n1.htm

>年間財源6.3兆円はどこに消えたのでしょう?

これから、所得税と法人税からの税収が減った場合、その穴埋めに消えるかもしれない。これでは国民の暮らしはよくならない。

大規模な金融緩和をやっているため、そのプラスの...続きを読む

Q税金の延滞金と還付加算金について

 市町村が課税する税金を、納期までに支払わなかった場合の延滞金、還付の際の還付加算金は、実際には決まりどおりに支払ってもらったり、加算金を加えて支払っているのでしょうか。税金を支払うことが出ない事情のある人に、さらに延滞金を上乗せしても支払えないと思うのですが、どうなのでしょう。

Aベストアンサー

 税法上は、納期限後の納付については延滞金を加算して納めてもらうことになっていますし、還付の場合も所定の計算により加算金を付けて還付することになっていますが、実際問題としては、ご質問のとおり税金収めることが出来ないのに、延滞金を上乗せすると益々納付は難しくなりますので、上乗せをしていないのが実態のようです。競売などで交付があった場合には、延滞金も加算している場合もあるようですが、まずは本体分の納付をお願いしているようです。

 還付については、納税者の不利益にならないように、法定どおり加算金をつけているようです。

Q【米とパンの消費量の話】10年間で日本人の米の消費が24%下がって、パンの消費が13%増えたという。

【米とパンの消費量の話】10年間で日本人の米の消費が24%下がって、パンの消費が13%増えたという。

米の24%減からパンの13%増から11%が米とパン以外の消費に流れていることが読み取れる。

日本人は米とパン以外の第3のものを主食としている人が11%いる。

この新たに10年間で出現した主食11%はなんだと思いますか?

Aベストアンサー

はい。ナンだと思います。

Q税金滞納の延滞金について質問です。

税金滞納の延滞金について質問です。

事情があり、1年近く前から市民税、国民健康保険を滞納していました。
先日差し押さえ勧告と共に滞納税、延滞金を記した紙が届きました。

今では生活が落ち着いたのでその紙を持って全額をお支払いしに市役所に行きました。
ですが、何故か延滞金を取られなかったのです。
聞けば良かったのですが、もしかしたら払わなくてもいいのかも と思い聞くのをやめました。
(聞いたことによって延滞金も払えると思われて払うことになったら嫌だったので。。)もちろん滞納したこちらが悪いので、延滞金を払うべきなのは重々承知しております。

そこで質問なのですが、税金さえ払えば延滞金は勘弁して貰えるのでしょうか?
それとも役所の方が延滞金を請求し忘れたのでしょうか?(延滞金が記してある紙を持って行きましたが。。)
忘れていたとしたら今後延滞金だけ再度請求されたりするのでしょうか?
更には延滞金に延滞金が追加されたりするのでしょうか?

教えて下さい!

Aベストアンサー

延滞利息は納付までの期間に関して加算されます
貴方が納付に行った日は 計算日を既に過ぎていた可能性があります
納付日までの計算がされて再度自宅に通知が来る可能性はあります
ただあるとだけ回答致します

※延滞利息だけが納付用紙に記載された納付用紙は無視しても結構です
※よっぽどの事がない限り差し押さえには来ません
※税には国税と地方税の二種類がありますが 貴方の場合は地方税の御質問です

Q消費税 増税 5%から何パーセントに上がる?

税金の無駄遣い、議員数が多すぎるので減らすなど、問題は山積みですが、それでも、足りないということで、消費税増税するらしいですが、何パーセントUPになるでしょうか?
また、食品やすべてのものに現在と同じ税額がかかるのでしょうか?

ハッキリ言って今は物価も上がってるし、5%とっても従来よりは税収は多いはずです。燃料費分をとっても、倍以上取っているはずです。

本当に増税が必要?
という根本的な疑問のが多く、不愉快ですが、
権力を利用して、暫定税率同様勝手に決め込むことでしょう。

その場合のパーセンテージだけでも推測しておきたいので、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

年金医療の改革が停滞・後退しているため、10年以内に少なくても18~19%台に、その後は現状のようなバラマキ型の年金医療制度の改革状況に依存します。
現状維持の場合でかつ消費税のみで賄う場合、2050年に90%後半あたりとなります。

Q税金の延滞金の徴収について

税金の延滞金の徴収について伺います。

(1)税金を、市役所等の役場が徴収する代わりに金融機関(銀行)が窓口で徴収を代行していることがあります。
そこで質問なのですが、
滞納者の延滞金まで金融機関の窓口で、
行員が計算をして徴収する「義務」はあるのでしょうか?
それは法律の中で規定されていますか?
あるとしたらどの法に当てはまるでしょうか?

そして2点目

(2)金融機関が延滞金の徴収を怠っている場合、
延滞金の徴収をするよう命じるのは、
市長なのか、それとも収入役なのでしょうか。
収入役の責務は地方自治法により、
納付された後の公金の保管管理運用であると
規定されますが、税の延滞金の徴収についても
金融機関に命ずる責務はあるのでしょうか…。

以上、2点について伺いたいのですが、お分かりになる方、教えてください!!

Aベストアンサー

(2)の説から市町村税と解します

1・2とも銀行に対して地方自治体(国)の強制力や義務ははありません

納期限が経過していることは金融機関窓口に持参した用紙によりわかる場合もありますが、そうでないこともあります

延滞金を徴収するのは課税権者が当該者に行うべき行為ですので、金融機関が徴収しないからといって窓口(金融機関の担当)が責めをおうことではないことです
(本税と延滞金(確定延滞金)は科目上違うものです)

納付していなかった方(滞納者)が窓口に提出した納付書(納税通知書や督促状などの場合もあります)で収納することは金融機関の業務として行いますが、延滞金が発生(不足)しているかどうかはその結果でありますので課税権者が金融機関に対してどうして全額徴収しないのか疑義を申し出ることは通常行いません

自動車税(都道府県税)などは納期限と税額が確定しておりますのでその当該年度の早見表を作成して各金融機関窓口に配布している場合があります
(納税通知書に納税証明書が付属しているため延滞金を含めた全額徴収した領収印を金融機関が押印するためです)
そのため窓口においては慎重を期すため確認の電話をいたします
※上記理由によりこのときだけは、納税証明書に金融機関が押印しながら未納がある場合解決に困難いたします

その延長として金融機関の窓口で課税者の現在延滞金額を照会して完納収納する場合もありますが、あくまでも窓口の裁量です

すべての税(国・都道府県・市町村)の用紙は備え付けるよういわれますが、基本的には持参した用紙を変更することができません(OCR(自動読取)化)ので実質できない場合もありますから

回答としてよろしいでしょうか
参考まで

(2)の説から市町村税と解します

1・2とも銀行に対して地方自治体(国)の強制力や義務ははありません

納期限が経過していることは金融機関窓口に持参した用紙によりわかる場合もありますが、そうでないこともあります

延滞金を徴収するのは課税権者が当該者に行うべき行為ですので、金融機関が徴収しないからといって窓口(金融機関の担当)が責めをおうことではないことです
(本税と延滞金(確定延滞金)は科目上違うものです)

納付していなかった方(滞納者)が窓口に提出した納付書(納税...続きを読む

Qクルーグマンは消費税を5%に戻せと言ってますが。

本日発売の週刊誌でクルーグマン(ノーベル賞受賞の経済学者)は「日本経済は消費税10%で完全に終わります」「消費増税はとんでもない愚策」「消費税は5%に戻せ」と主張しています。この意見を、どのようにお考えですか。

「国の借金が1000兆円にもなって大変だから」とか「少子高齢化で社会保障財源が必要だから」等の意見があると思います。でもクルーグマンの主張するようにまたデフレに戻ってしまったら、何にもなりません。

そもそも、日銀はお金を毎月7兆円も刷って国債を買っています。刷ったお金は銀行等に日銀当座預金として152兆円も積み上がっています。政府が国債を増発し、このごく一部を吸い上げて消費税減税の財源にすればよいだけだと思いますが如何でしょう。刷ったお金は使った後はまた刷ればよいだけでしょう。

Aベストアンサー

本日発売の週刊誌でクルーグマン(ノーベル賞受賞の経済学者)は「日本経済は消費税10%で完全に終わります」「消費増税はとんでもない愚策」「消費税は5%に戻せ」と主張しています。この意見を、どのようにお考えですか。

★回答

クルーグマンにかぎらず 財務省系 御用学者じゃない 学者はそんなにおかしくないので
比較的に信用できる傾向でしょ

・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「国の借金が1000兆円にもなって大変だから」とか「少子高齢化で社会保障財源が必要だから」等の意見があると思います。でもクルーグマンの主張するようにまたデフレに戻ってしまったら、何にもなりません。

★回答

国の借金が1000兆円にもなって大変だから」とか「少子高齢化で社会保障財源が必要だから」
というのは 財務省の詐欺まがいの宣伝
報道ももち論 偏向されてる
仕組みここ↓
http://elsp.soragoto.net/toushi/shikumi1.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/hardthink/imgs/7/4/746fe32d.png

消費税は想定内とか 言ってるわけ・・・・・そんなこと前から想定外になると言われてるだろ
2013年10月ごろは 御用学者 債権系のエコノミスト は 消費税8パーセントにしないと外人が株売ってくるとか言ってたわけであるが
嘘はばれる  2014年から横ばい 下がり気味だろ


・・・・・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そもそも、日銀はお金を毎月7兆円も刷って国債を買っています。刷ったお金は銀行等に日銀当座預金として152兆円も積み上がっています。政府が国債を増発し、このごく一部を吸い上げて消費税減税の財源にすればよいだけだと思いますが如何でしょう。刷ったお金は使った後はまた刷ればよいだけでしょう。

★回答

そうです そのとうり
正常なインフレ経済では
借金は増えていくもの 減らす必要はない
借金数字はお金の価値が相対的に下がれば いみない数字となる
日本だけ異常国なわけである。
すなわち 貯蓄より投資 物の価値が上がり お金(円)の価値は下がる
http://ameblo.jp/hirohitorigoto/entry-11621833827.html

・・・・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★回答 総合なぜそのように言うかについて


☆馬鹿どもは 以下のように言われてるよWWW

★2014-08 あんのじょう 消費税で崩落 財務省のダニ(中高年官僚)にだまされる奴は馬鹿だった (T_T)/~~~

【森永卓郎】景気は「緩やかな回復」どころか悪くなるばかり!(大竹まこと)

https://www.youtube.com/watch?v=Vo3Pfw8dP00

飯田泰之氏 明治大学政治経済学部准教授

消費税増税から3か月 その影響はどうなの?

https://www.youtube.com/watch?v=L1WUDPjA_bo


<御用学者の罪>2014年4月から消費税増税でも経済は大丈夫と主張し、財務官僚のお先棒を担ぎ続ける面々

http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20140801/ecn1408010830002-n1.htm

 御用学者たちよ、納税者が負担した税金を通じて補助される研究者として、少しは恥を知ったらどうかね。 (産経新聞特別記者・田村秀男)

http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20140725/ecn1407250830002-n1.htm

アベノミクス、今こそ再出発を…狂った「羅針盤」廃棄せよ

当時の報道によると、浜田宏一・エール大学名誉教授、本田悦郎・静岡県立大学教授、宍戸駿太郎・筑波大学名誉教授、片岡剛士・三菱UFJリサーチ&コンサルティング主任研究員が、景気への悪影響やデフレ圧力の高まりを懸念して増税に慎重、または反対論を唱えた。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140806-00010000-jindepth-bus_all#!bBSTxA

http://ameblo.jp/novausagi0116/entry-11908762234.html

消費増税によってアベノミクスが失敗したら・・・増税を推進していた経済学者らを糾弾すべし!!


◆消費増税を「消費増税やむなし」と世論を扇動した マスコミにも責任ありますよ

高橋洋一・嘉悦大学教授が「ポチ」と呼ぶ御用経済学者たちの言動を追跡せよ

ポチとは、今年4月から消費税増税に踏み切っても経済は大丈夫だと主張して、財務官僚のお先棒を担ぎ続ける面々のことである。

その、消費増税断行を後押ししていたのは・・・

伊藤隆敏・東京大学教授
武田洋子・三菱総合研究所チーフエコノミスト
吉川洋・東京大学教授
土居丈朗・慶応義塾大学教

http://ameblo.jp/novausagi0116/entry-11908762234.html

・・・・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やっぱし あたっているな 一般国民としては 聞きたくねーよ 

シロアリ 御用学者が多すぎる 

利権にまみれすぎだろ

現実の日本の馬鹿の序列の傾向は以下である
右にいくほど 非科学的で馬鹿で  利権の調節が得意になる傾向 コンピューター計算不得意馬鹿

理学 工学>>経済学>>法学出の官僚

当事者は 右のがエリートと思っている傾向あり WWW

現実は資源のない日本は 左の人たちに支えられてるわけである。
右のくずはよくきくべきだ。
デフレ気味で 内需で食って行けると思うな 資源ねーんだからね。

★その他 理由となる御参考 Q&A ベストアンサー

消費税増税に伴う駆け込み需要後の反動について

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8524397.html

消費税アップに反対しないのですか?
ベストアンサー

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8257603.html

日本の不況の元凶

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8536491.html

経済の推移を予想できるかた
これからの時代を生きる子供が備えるべき力とは何でしょうか
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8586350.html

経済学者が幾ら集まっても実際に経済を回しているわけではないので経済学って意味がありますかね?

ベストアンサー

http://okwave.jp/qa/q8330967.html

なぜ財務省の中高年官僚は増税原理主義になったか?

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8303469.html


<日本固有の消費税の問題 まとめ>

(1)貧乏人ほど負担が大きい逆進性
(2)事業が赤字でも納税義務のある実質的な直接税(形式的には間接税)
(3)中小零細企業が価格転嫁出来ないケースが多い
(4)輸出戻し税などの輸出大企業への優遇・不公平
アメリカはナゼ消費税を許さないのか?米国が消費税を憎む理由
https://www.youtube.com/watch?v=h9EmClRROYQ
(5)デフレ期に税率を上げるとデフレを促進
(6)税率を上げるのが 目的で 税収は増えない
(税率を変えると 軽減税率の話が出るので 役人が天下りしやすくなるため)
(7)消費税は 財政再建が遠のき時間がかかる効果をもたらす
(8)もともと 竹下政権の時 所得税を O 円にするためだった税金を
社会保障のためですと財務省がごまかして 存続偏向したのが消費税
(9)日本の欠陥消費税と 海外の消費税はまったく別物である
アメリカはナゼ消費税を許さないのか?米国が消費税を憎む理由
https://www.youtube.com/watch?v=h9EmClRROYQ
(10)消費税でデフレ気味にすれば 外為積立金が増やせる
今の120兆円を20兆円程度でいいリフレ派の金融政策は嫌いだ
為替介入がいらなくなり 自分たちで使える国民の税金が減ってしまう
為替手数料で利権を財務省でがっちりいただこう
(11)間違った増税には 愚かな財政支出が必要になるという結果になっている
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37813
(12)すぐ消費税上げないと 国債が暴落すると言う うそ報道による 国民誘導
仕組みは↓ここ
http://livedoor.blogimg.jp/hardthink/imgs/7/4/746fe32d.png
(13)『そんな不確かなもの、信じられない』
と景気回復による税収増を否定 する 単年度でしか考えない馬鹿は存在する
成長を否定する  それは財務省中高年リストラ対象人物(国民のダニ)である
↓ここ
増税しなければ財政再建ができない、社会保障がまかなえない、というのは間違いだ。
経済成長すれば、財政再建は可能である
★内閣人事局の誕生で、キャリア官僚たちが大慌て 2014年06月25日
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39662?page=2

本日発売の週刊誌でクルーグマン(ノーベル賞受賞の経済学者)は「日本経済は消費税10%で完全に終わります」「消費増税はとんでもない愚策」「消費税は5%に戻せ」と主張しています。この意見を、どのようにお考えですか。

★回答

クルーグマンにかぎらず 財務省系 御用学者じゃない 学者はそんなにおかしくないので
比較的に信用できる傾向でしょ

・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「国の借金が1000兆円にもなって大変だから」とか「少子高齢...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報