消費税を、3%、5%とあげてるのに、あげてもあげてもお金が足りなくなる理由はなんでですか?
政府はあればあるだけお金を使うからでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

お金が足らないのは多分、戦後世代への年金受給が原因になってると思う。


1960年頃の老人は、人生で殆ど年金積み立てる事なく年金受給してたから、それが尾を引いてるのではないかと。

それから私らが年金積立してるお金は国債とか株に投資されてて、即時には現金化しにくいものなっていますので、金が無い状態になってる。(資産的にはお金はありまくってて、決して財源が無い訳でもないし、現金化しようと思えばできるが、それが無理そうな振りもできる。)

増税推進に関しては議員の無知のなせるものか、あるいは消費税主体の税システムに変えていきたいかの思惑があるかもしれない。

法人税が高いままでは日本の企業がシンガポール等の税率の安い海外に移転したりして、国内の雇用が消えたり、税収が減少してく可能性があります。(今時点でもその流れで国内から雇用が失われて、更には税収が減ってるかもしれない。そうなると福祉需要増+税収減にてダブルパンチです。)

特に今はグローバル社会です。ソフトウェアやネット産業等のデータビジネスは、パソコンさえあればどこでもできるので、タックスヘイブン地域(無税国)で書類上の会社を作り、日本でビジネスして財務上の処理を無税国でやって租税回避する傾向あります。
最近だとGoogleなんかが税を3%しか支払ってないのが問題になりました。
有名なAmazonも本来の半分以下しか払ってなくて、恐らく日本でも多くのサイバー企業が租税回避してると思います。

他、海外の安い人件費も魅力的で、日本の製造業が中国等に移転していった流れから、日本が法人税収等を回収できなくなって、財源が必要になってる。


また
税率の歴史ですが日本は消費税を上げると、ほぼ同時に法人税とか所得税も下げたりしてます。
国民の税負担率は割と昔から変化してない要素もあります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/19 22:44

★回答



学術検索キーワード; マクロ計量モデル 宍戸駿太郎先生

キーワード; 増税原理主義者 木下康司 勝栄二郎 財務省経済学 軽減税率 

【本題;消費税 あげてもあげてもお金が足りなくなる理由   の回答】


(1)民間企業の成長をさまたげてるから

政府がよく言ってる 成長戦略とかは 言い訳程度。 
正しくは規制緩和と言うものこれは 不景気でも 好景気でもつねにやること
本質は規制緩和です 別名既得権勢力との戦い と言う。

(2)年金運用が 世界の非常識利回りになってるから

GPIF 世界最大 基金と言われるが
運用利益が少ない 利回り最低
http://www.gpif.go.jp/operation/index.html
自民党になり 少しよくなった 株価があがったため

(3)消費税を上げればいいような キャンペーンを財務省がしてるから

具体的にはマクロ経済モデルの改ざんも行われてると推定できます
後進国用の計測モデルを使って 偽装している
ちゃんと 有識者の 解説をきくべし↓

●【宍戸駿太郎氏】消費増税は精神分裂!


●インチキ財務省モデル、インチキ内閣府モデル
http://ameblo.jp/sankeiouen/entry-11355770579.html
日本のモデルを外国人に見せたら、それこそ腰を抜かすんです。
こんなの使って財政政策を立ててんのか、
これでは国民生活が大変なことになるでしょうと言われます。
新聞は、こういうことに余り気が付かないんですよ。

●ポール・クルーグマン、日本への緊急提言

ポール・クルーグマン、日本への緊急提言 2013年10月1日

いいところを邪魔すんな by ポール・クルーグマン(ノーベル経済学賞)

http://econ101.jp/organization/%E3%83%91%E3%83%B …


●民主党の経済通  福田昭夫の国会発言 
自民党税調 甘利よりよっぽどまともだ!なさけねーっ自民党
内閣府の計量経済モデルはいんちきである明言

http://www.youtube.com/watch?v=sMln_GzhE7M

●森永卓郎の「経済“千夜一夜”物語」 二つのオカルト経済学

TVでおなじみの 森永卓郎 教授は以下であると言っている。
安倍総理の経済参謀である浜田宏一イェール大学名誉教授は、消費税引き上げの先送りを進言している。せっかく立ち直りかけた経済に増税の冷や水をかけたら、元も子もなくなってしまうからだ。
通常の経済学でシミュレーションした結果によれば、デフレ脱却期の増税は百害あって一利なしだ。
安倍総理が通常の経済学を採用するのか、それとも財務省 経済学を採用するのか。
私は財務省経済学が勝つ確率が高いと思っている。それは、日銀官僚以上に財務官僚の立ち回り方が上手いからだ。
もし予定通り消費税 増税となれば、景気の拡大は来年春までの短い命になりそうだ。
http://www.dokkyo.ac.jp/profinfo/eco030.htm
http://npn.co.jp/article/detail/05356231/

財務省エコノミクスと普通の経済学 森永卓郎

http://www.dailymotion.com/video/x12znvj_%E8%B2% …


【ネットで調べた私的結論 経済の専門化ではない理系ですの まとめ】

検索キーワード; 増税原理主義者 木下康司 勝栄二郎 財務省経済学 軽減税率 

マクロ計量モデルで、いろんな効果が予測できるんです。
外生変数に、公共投資、医療費支出、所得税の減税、消費税のアップ
長期金利のダウンと、こういうシミュレーションが計量モデルで出来る。

それを改ざんして利用するのが 財務省経済学派といわれる。

財務省経済学と言うのは別名 増税原理主義 とも言われる。

正式の学術的 呼び名じゃないですよWWW

データーを改ざんして 増税にして 消費税率を変更すると

軽減税率の話がでてきて 関連業界に天下りがしやすくなる

これを専務理事政策という。(@_@) 一般人としてはびっくりです。

消費税 あげてもあげてもお金が足りなくなる わけで 
目的がもともと ちがうんだよね。

http://ameblo.jp/sankeiouen/entry-11355770579.html

以上

おまけ ↓アニメでも学習できます。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8283744.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/19 22:44

政府支出を減らそうとしないからです。



財政赤字の最大の要因は、福祉です。
福祉は一度上げてしまうと、二度と減らせません。
減らすと、選挙に負けるからです。
しかし、福祉は上げると選挙に勝てます。
かくして、福祉予算は上がるだけという状態に
なります。
これを福祉の不可逆性といいます。
税金が足りなくなる
理由の最大の原因が、これです。

日本の財政赤字が何故これほどまでになってしまった
のか。

田中角栄政権のとき、長期凋落傾向にあった自民党の
票を増やすために、年金の支給額を大幅に上げたことが
あります。
マスコミは、これを「福祉元年」と絶賛しました。
これにより票を伸ばした自民党は、以降福祉に力を入れる
ようになりました。
つまり支出をどんどん増やしたのです。

このため、官僚の運営ミスも手伝って、財政赤字が
膨大な数字にふくれあがった訳です。

そういうことで、増税して収入を増やしても、出て行く方は
増えるばかりです。
だから、いくら増税してもお金が足りない、という
ことになるのです。

結局は国民が望んだ結果です。
だから、福祉が発達している先進国の財政は、どこも
赤字になっているのです。

英国はサッチャーが、米国はレーガンが福祉を削減した
ので、あの程度の赤字で済みましたが、日本にはそのような
政治家が輩出できませんでした。
それで今日のような天文学的な赤字財政になってしまった
のです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/19 22:44

税金の無駄遣いの代表的なものに以下のようなものがあります。



「喫煙者を減らせば将来の医療費削減に繋がる」という大デマ。



現在、過去の禁煙運動の結果から喫煙者は半分以下になっています。しかし禁煙運動家の主張する医療費削減には全く繋がらず、それどころか医療費は増え続けて今では毎年80億ほどの予算が禁煙関連のために出費されています。
また喫煙人口が減り続けているにもかかわらず肺ガン患者も増え続けてきたという状態です。

喫煙者は半分以下に成っていますので、禁煙運動の観点から医療費も半分以下になっていなくてはなりませんが、なんだかんだと理由をつけて禁煙関連予算は現在では毎年80億と大幅に増大しています。


現在では喫煙率は20%を切っているし、そもそも喫煙者は弱者でもありませんし、禁煙のために税金で補助をしたり保険料で補助する必要性など全くありません。というより喫煙者自体そんなこと望んでいませんでした。



そしてこのような不必要な予算への削減には手を付けられず、一方で必要な医療研究や社会福祉への予算削減が進んでいる状態です。

禁煙運動だけでなくこのような一 見社会正義にかなっているように見せかけた大デマがまかり通っているので、まずは禁煙運動は民間でやってもらって国は予算を一切付けないようにすべきなのですね。

まずは「禁煙外来の廃止」「禁煙運動への予算割り当て廃止」という本当の無駄遣いの廃止を断行すれば、似た様な事例にもドンドン切り込むことが出来るようになります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/19 22:44

税収が上がっていないからです。


なぜ税収が上がらないのかといえば景気が悪いからです。
日本は20年ほど前をピークにその間に消費税増税などしていながら税収が上がっていません。

つまりこの長期に渡るデフレ不況を改善し景気回復しない限り税収は上がらないのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/19 22:44

今回の消費税3%増税では8兆円の増収がありますが、2%分の5兆円のを法人税減税に使います。

国から見れば3兆円の増税で、消費税をたった1%上げるのと同じです。
しかし、個人からお金を取って、法人からお金を取らないようにする。まさに予算のパイの切り方を変えたのです。当然に法人の景気は良くなるが、個人の景気が良くなるのかどうか疑問です。人手不足にならないと賃金は上がりません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/19 22:44

毎年50兆円以上借金を増やしている中、消費税3%分では8兆円に過ぎないので、ぜんぜん足りません。

つまり、政治家や公務員が政官限定バブルを続ける為にも、消費税25%ぐらいまで上げるのは規定路線なのです。

もちろん、あればあるだけ使いますが、無くても使うのがフツーですので、消費税を25%にして収支がトントンになるように思えても、さらに借金を増やしててでも使おうとするので、消費税30%はまず覚悟して下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/19 22:44

はっきりいって、景気がデフレで悪く、日本経済が縮小してきているからです。

これは日銀の金融政策の大失敗といえます。

すなわち、大規模な金融緩和で、デフレをマイルドなインフレに変えてやれば、日本経済が良くなり、消費税を上げる必要はないのです。この金融緩和でアメリカでは大成功を収めています。(図は株価)

非常に興味深いことに、安倍総理自身の発言が下にありますので、挙げておきます。安倍総理は、このことを知っていたのです。また消費税を上げると景気が悪くなることも知っています!!! 今回の8%の増税は、逆に、景気を冷やし、財政状況を逆に悪くします。安倍さんは財政状況の信任を得るため、といっていますが、知っていて、大ウソをついています。8%の増税は彼の大失敗になるでしょう。


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34188?page=5
---
安倍: 安倍政権のとき、平成19年の予算編成では54兆円くらい税収があったんです。これは成長の成果です。もしあの段階でデフレから脱却していれば、これは一気にプライマリーバランスの黒字が出るまでいったんではないかと思うわけです。
---
安倍: 世論調査で5割が増税を支持するというのはね、不思議なことですよ。これではもう、この機会は絶対に逃したくないと財務省は思ってしまう。

浜田: 財務省の人には悪いけれども、地震があったからみんな支持してくれると、天災を増税の口実にしているかたちです。

安倍: これを機に財務省は増税を進めようとする。しかも日経新聞や、かなりの経済学者もそれを支持している。われわれは相当頑張らないと飲み込まれてし まって、結局財政赤字はさらに悪化していく危険性すらある。税収はそんなに伸びないどころか、ダウンするかもしれません。

浜田: そうですね。橋本龍太郎先生が総理だった時もまったく同じです。

安倍: あのときも増税で、景気が底割れしました。

浜田: 結局、景気が悪くなり、税収も減収した。法人税、個人所得税まで減収していくという状態でした。
「消費税 あげてもあげてもお金が足りなくな」の回答画像8
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/19 22:44

他の方の回答を一通り読みましたが、No.6以外の方はすべて落第です。



理屈の上では正しいのですが、じゃあ政治家が実際に無駄遣いを抑えたり、国債をそもそも発行できないようにできたのかというと、民主主義の国家ではやはりできなかったでしょう。

一つは、為政者が国家財政を強制的に減らそうとしたら、これは独裁者でないとできないということ。
会社で社員が全員社長の言うことを100%よく聞き、会社の経営が傾いているからおまえら給料30%減に協力しろ、不平をいうなといったら、果たしてそれを不満もなく聞き入れるでしょうか。
大企業であれば社員がデモやストライキをするでしょうし、中小企業であれば会社を辞めて去っていくでしょう。

これが成立するとしたら、「おまえら俺の言うことを聞かなかったら、収容所行きだな」と断言できる権力をもった独裁者になるしかなく、そうなったら日本の民主主義は終わりです。
よって、理屈では成り立っても、実際そうできるかというと、そういう人物には首相にはなって欲しくはないので、他の政治家や国民・官僚がこぞって阻止するでしょう。


もう一つは、そういう政治家を国民が支持するのかということ。結論から言えば、国債を減らすために緊縮政治を行えば、早ければ同じ年のうちに、多少ずれても数年のうちに経済が縮小して、失業と貧困がどんどん増大します。
官僚の給料を減らせば彼らがお金を使わなくなるし、福祉を減らせば高齢者など福祉に依存する人たちがお金を使わなくなるし、公共工事を減らせば建設業が不況となり、失業者が増えるということです。

歴史を振り返っても、例えば江戸時代の三大改革(享保の改革、寛政の改革、天保の改革)は、財政政策から見れば緊縮財政です。そして、享保の改革を除けばすべて失敗しています。
享保の改革だけうまくいったのは、主導した徳川吉宗が独裁者であったこと。また歴史の授業では踏み込んで教えてませんが、貨幣改鋳すなわちリフレ政策を併用してためだと私は考えています。


じゃあ、どうすればいいのかということですが、私もまだ明確な答えは見つけていません。
ただ、方向性としては、経済を回復させる、というのが処方箋となります。
つまり、支出を削るのではなく、収入を増やす(税率を上げなくても、母数となるGDPが増えれば自然に増収となります)ことに力を入れるべきです。

具体的には、以下の項目がポイントとなります。
 ・輸入を減らして、輸出を増やす。(純輸出が増えると、GDPがその分増加します)
 ・公共工事など政府支出を増やして、国内経済を活性化する。
 ・リフレ政策(通貨の流通量を増やす)をとって、国内経済をデフレからインフレに導く。
 ・リフレの相乗効果として、物価がインフレになればお金の価値が下がる為、借金の重みも減っていく。

あと、現代経済の特典として、中央銀行の国債買取があります。
これは通貨の流通量を増やすと同時に、日本の場合は日銀が政府の子会社であるため、実質的に政府の借金を相殺する効果があるのです。

上記の内容を如何に成し遂げていくか。成功事例が増えれば、それだけ未来の社会に貢献していくことでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/19 22:44

行政は税収が無くても国債で運営できるし、何をするにしても経費がかかります。

予算確保力が実力として評価されるから使い放題なことも否めません。 赤字国債に頼るのはよくないが法人税収が少ないのは円高による影響が大きすぎます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/19 22:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q増税の理由を教えてください

増税の理由とは

日本の借金が年々増えているためである。その主な原因が、社会保障費の増大である。若い人の数は増えないが、一方でお年寄りが増えてきているため、必要な年金や医療費などが増えてきている。それで、今の税収だとそうしたお金を払い切れない。足りない分は税金で補って、社会保障の質を落とさないようにしようというのが、増税の理由である。

これ以外に増税の理由があれば教えてください!

お願いします!!

Aベストアンサー

一見すると、「100点」と言いたい内容ですが、微妙に違います。

そもそも、日本の借金(そもそもがこの表現は嫌いですが)が年々増えているのは、社会保障が原因ではありません。不景気が原因です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E5%82%B5#.E5.9B.BD.E5.82.B5.E6.AE.8B.E9.AB.98.E3.81.AE.E6.8E.A8.E7.A7.BB

上記はWiki資料ですが、2007年から、2008年にかけて、国債発行残高(つまりmarimo52さんの言う、『日本の借金』の額)が減っています。

これは、別に政府が何か特別な事をしたわけではなく、単純に「景気が良くなったから」です。社会保障の問題が原因で年々国債発行残高が増えているのであれば、このような現象は起きません。

日本でいう「社会保障」とは、すなわち「年金・医療・介護」の3分野です。

この中に「生活保護」を加える人も居るでしょうが、そもそもこの「生活保護」は本来支給する必要のない社会保障費です。その前提の上に、例えば体が不自由で、車椅子がなくては移動できない人、または車椅子があってでもまともに移動することができない人、かつその上で就労することができない人。また、精神的な問題が原因で就労することができない人。こういった人たちに本来支給されるべきものであって、本来経済的事由のみで生活できない人たちには支給されるはずのないものです。

ですが、それでもどうしても就労することができない人たちに現在保護費が支給されています。しかし、これは景気が良ければ、企業に体力があって、人を雇うだけの能力があれば、本来支給する必要のない金額です。

ですから、政府支出全体で考えるのなら、一部金額を省いて、「社会保障費」として同じカテゴリーに加えるべきではないものでしょう。景気が良ければ必要がない金額です。

ただ、増税の理由として、その原因が社会保障費であるのはおっしゃるとおり。既に年金に関してはその国庫負担割合が1/3から1/2に引き上げられており、その財源として「将来の消費税増税分(年間で1%分)が充てられています。民主党は、たちまちのこの財源を「国債発行」でまかないました。

ですが、これは本来の政策では旧国鉄の精算団体が保有していた、1兆円を超える余剰資金(いわゆる埋蔵金)がその資金として充てられる予定だったものが、震災復興のために回されたため、その穴埋めとして国債を発行しました。

まあ、埋蔵金の存在を民主に内緒にする(と入っても、この精算団体の埋蔵金を民主党に教えたのはほかならぬ自民党ですが)自民党もなんだかな~~って感じですけど(この辺は『政局』ですよね。気持ちはわかりますが)、本来は逆。震災復興のために国債を発行し、埋蔵金は本来年金の不足分に充てる予定のもので、事前に準備されていたものだったんですから、そちらに充てるべき。

話が逸れました。今増税が言われているのは、『将来の社会保障が財源不足に陥ることが既に予測されている』ためで、その時に財源不足に陥らないよう、今から準備しておきましょう、というのが増税の趣旨。

その財源として、消費税は過去の実績からも、景気の影響を受けにくく、また増税したら増税した分だけ税収増加が期待できる(3%から5%に上げたときは、ほぼ上げたパーセンテージ分、二倍弱に税収が増し、その税収のまま今でも収入が続いています)。

社会保障は景気がよかろうが悪かろうが、当然にして必要とされる支出ですから、「恒久的」に「安定した」収入が期待できる消費税は最適なのです。

ちなみに将来財源不足に陥ることが想定されている、というのは、時期的には団塊の世代が後期高齢者と成り始める年。2023年の事を意図しています。どんなに景気が良くなったとしても、自然税収増ではとても追いつかないのです。今は団塊の世代、また団塊Jrと呼ばれる世代も社会保障費を負担していますが、現在負担している世代が、一気に受給する世代に変わるのです。(まあ、一気に、というのは言い過ぎですけどね^^;)

私、データとしては持っていないのですが、戦前の「出生者数の推移」なども調べてみるときっと参考になりますよ。(http://www.stat.go.jp/data/chouki/zuhyou/02-24.xls)

みんな、官僚や公務員のせいにしたがりますけど、そろそろ「テレビでこう言ってたから」とか、「有名な人がこういっていたから」「きっとこうであるに違いない」というイメージで物事を判断するのはやめるべきです。

下記は、「じゃあ、増税『だけ』すればいいのね」と単純に発想する人も居そうなので、そういった人のために記します。
(marimo52さんに言っているわけじゃないので、気にしないでください)
自分の頭で考えようとせず、調べようとせず、人から聞いた話だけで物事を判断し、嫉妬や僻み根性で物事を判断する人たちが余りにも多いから今、この国はこんなことになっているんです。

今必要なのは公費削減で支出を削ることではなく、将来速やかに増税の体制に移れるよう、国民の収入を増やすことです。(しかもできるだけ早く)

公費を削減するということは、それだけ国民の可処分所得を減らしているんだということにももっと視点を当てるべきです。公務員で言えば、支出の大枠を削るのではなく、多く摂りすぎている人の給与を削って、公務員の数を増やすことに人件費を充てるだとか、そういう支出構造を変えるべきなのであって、支出そのものを減らすことが必要なんじゃない。

今ある、限られた資産をどうやって有効に国民一人一人の手元に、しかも安定的に至急し、なおかつ消費に回させるのか。そういうアイデアです。

一見すると、「100点」と言いたい内容ですが、微妙に違います。

そもそも、日本の借金(そもそもがこの表現は嫌いですが)が年々増えているのは、社会保障が原因ではありません。不景気が原因です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E5%82%B5#.E5.9B.BD.E5.82.B5.E6.AE.8B.E9.AB.98.E3.81.AE.E6.8E.A8.E7.A7.BB

上記はWiki資料ですが、2007年から、2008年にかけて、国債発行残高(つまりmarimo52さんの言う、『日本の借金』の額)が減っています。

これは、別に政府が何か特別な...続きを読む

Q夏休みの宿題 税についての作文

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろう。」と思ったこともありました。
 そこで、税金の使われ方について調べてみました。
すると、税金は、私たちが毎日学校で勉強するために使われていたり、
私たちの生活や安全を守るために使われていることが分かりました。
また、税金によって、医療費が安くなっていたり、ゴミ処理がされているということも分かりました。
 もし、誰も税金を払わなくなったら、どうなるだろうか。
と考えてみると、
私たちが今まで当たり前のように通っていた学校には通えなくなってしまうし、
私たちはこれから安心して暮らしていけません。
税金がなくなっても、毎日学校で勉強をしようとすると、
私たち中学生は、月々約7万9千円、つまり年間94万3千円を払わなければなりません。
他にも、税金がなくなれば、警察・消防費として、国民一人当たり約4万5百円、
ゴミ処理費用として、国民一人当たり約1万7千9百円を払い、
医療費は今よりも高くなります。
これらは、税金を払っている今は、税金によってまかなわれているのです。
そう考えると、税金は私たちにとって、とても必要なものだと思います。
 今まで、「税について知りたい!」とか「税金は必要だ。」と思ったことは
一度もありませんでしたが、今回調べて、税についてよく分かったし、
税金は必要だと思いました。
私たちは、いつも「勉強したくないなあ。」と思いながら学校に通っていますが、
こうして、当たり前のように毎日学校で勉強ができるのも、
税金があるからできるのだと分かりました。
 私たちはまだ、税金を払う立場ではなく、税金を使う立場の方です。
税金によって、私たちは色々な面で支えられています。
日本全国の人々が、税金を払い、
その税金によって、私たちは支えられています。
だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
他の人たちを支えたいと思います。

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろ...続きを読む

Aベストアンサー

>消費税くらいしかないし、
>よく分かったし、

この「~し、」というのを書き直しましょう。
作文ではあまり使いたくない言葉使いです。

税金というと、一番身近なのは消費税でしょうか。
良くわかりました。

>だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
>他の人たちを支えたいと思います。

この部分が???となる文章でした。
税金を払うことに支えるとありますが、何を支えるのかを書く。
または最後の〆の言葉自体を変更してもいいかもしれません。


これくらいでいいと思います。
中学生なので十分ではないでしょか。

Qなぜ税金制度が必要なの?

昔から疑問に思っていたことがあります。
なぜこの世の中に税金という制度が必要なのかということです。
タバコ税や酒税などはわかるのですが、所得税や相続税はなぜ取られるのでしょう?
もちろん国などを運営する必要経費はあるかとは思いますが、それであれば日本銀行なり造幣局なりでお金を作ればいいのでは?
国民から所得税とかをとるのであれば、ぜひその税収分を日本銀行などから取っていただきたいと考えるのは私だけでしょうか。
ぜひ税金が必要な意味を教えてください。

Aベストアンサー

税金がないなら……と考えてみましょう。

外務省などで私腹を肥やす官僚は一人もいなくなります。天下りもなくなります。
しかし、警察も消防もなくなります。
ということは、警察官も消防車も救急車もなくなるわけですね。
殺人、放火、強盗が日常茶飯事になるわけです。
病人は救われずに死んでいきます。
裁判所もなくなるわけですから、紛争の救済は、決闘でのみ可能になります。
そのとき、生きている日本国民がどれだけいるか……。

最近は、福祉についても税金が必要です。
生活保護、公的年金、健康保険、労災保険、等々、社会福祉に関する税金は税の使い道のかなりの部分を占めます。

所得税、相続税については、「所得再分配」という観点から必要になります。
中には、竹中平蔵のように「国民一律の人頭税にすべき」という意見もありますが、それでは富める者はますます富み、貧しい者はますます貧しくなることは間違いありません。
払える人は払える分を払い、「公共のもの」をみんなで利用していこうとする、それが所得税のあり方です。相続税も、努力しない者には払うことができません。払えなければ物納、つまり土地で納めてもらいますから、一戸建てが持てない人も一戸建てが入手しやすくなるのです。
この点について、経済学者の野口悠紀雄が「相続税率100%」を提唱していました。意義について、賛成です。

ちなみに、日本銀行は「日本銀行法」に基づく法人ですので、税金がなければそれ
をコントロールする立法府・行政府もなくなり、存在意義を失います。
また、お金は日銀が作るものなどではありません。現在出回っているお金は造幣局や印刷局などで作られたものではなく、銀行の信用創造によって作られているものが多くを占めます。信用創造については、中学校の公民でやっているはずなので、省略します。
この手の思い込みが国民の間に多いことも、また事実のようです。

税金を払うぐらいなら日本銀行で、というのは、あまりにナンセンスですね。日本銀行の職員の給与はどうしますか?(まあ、一応はジャスダックに日銀株が登録されているんですが)。
公務員の給与も日銀で払え、ということですか?
そうすると、トラック1台に紙幣を積んでも1日の給料が足りなくなりますよ!
(頭の訓練として、無税国家を描いてみるとよいかも)

分からなければ、
佐藤雅彦・竹中平蔵『経済ってそういうことだったのか会議』(日本経済新聞社)
の第1章の冒頭に、佐藤少年の面白い貨幣の話がありますから、読んでみると面白いでしょう。

なお、宮島洋『税のしくみ』(岩波ジュニア新書)は、中高生向けの書物ながら、大学生以上にもわかりやすく税を紹介してくれています。ご一読下さい。

税金がないなら……と考えてみましょう。

外務省などで私腹を肥やす官僚は一人もいなくなります。天下りもなくなります。
しかし、警察も消防もなくなります。
ということは、警察官も消防車も救急車もなくなるわけですね。
殺人、放火、強盗が日常茶飯事になるわけです。
病人は救われずに死んでいきます。
裁判所もなくなるわけですから、紛争の救済は、決闘でのみ可能になります。
そのとき、生きている日本国民がどれだけいるか……。

最近は、福祉についても税金が必要です。
生活保護、公的年金、...続きを読む

Q「税についての作文」の書き方を教えてください!!

夏休みの宿題で、税の作文が出ました。

さっさと早く宿題を終わらせたいのですが、
何を書いていいのやらさっぱりよく分かりません((泣

私は文法力もないし、税について調べてみても、ちんぷんかんぷんで
全く進みません。。。

なのでよければ、
作文の書き方のコツや、税について(分かりやすく、まとまったこと)を教えてください!!

ちなみに中学生です。

Aベストアンサー

税についての詳しい知識は不要です。

身近にある税を考えてください。
スーパーやコンビニのレシートを見てください。
うち消費税○○とあるはずです。
これは、買い物の時に商品代のほかに5%の消費税をスーパーやコンビニに払っているのです。
スーパーやコンビニは、この消費税を国に収めています。

また、お父さんやお母さんが、会社とかに勤めていらっしゃるのであれば、そのお給料からは所得税や住民税が差し引きされていると思います。
会社とかに勤めていらっしゃるのでしたら、月にどのくらい引かれているのかを聞けば、年間どのくらいの負担があるのかを知ることができます。

また、郵便貯金をされていませんか。毎年利子がついていますが、税金が差し引きされています。通帳で確認されます。

このような、税金があることを知って、これを支払うことに対する感想を書かれればいいと思います。

そして、その使い道を考えてください。


質問者様の学校は、公立の学校でしょうか?
授業料は無償ですね。
学校の建設費用、電気代、先生の給料などは、税金で負担されています。

私立の中学でも、生徒からの授業料のほかに補助金が税金からでているはずです。

また、公立でも私立でも、教科書は税金で負担されています。
(小学校の時に先生に言われた言葉を覚えています。「この教科書、机、○○は、だれがお金を出してくれているのか? 戦争で勉強したくても学校にも行けなかった人たちも、給料や年金の中から税金として負担してくれているのだ。しっかり勉強しろ。」)

ほか、道路、警察、消防署、公園など身近な施設を想像してください。


税金がない世界であれば、今税金でまかなっているものはどうなるのかを想像してください。

そうすると文章が書けると思います。


また、実は、国の収入のうち、半分以上は借金です。
これは、だれが返済するのでしょうか。
今の年寄りは、返済せずにこの世を去ります。
返済するために新たな借金をするなどして、返済を遅らせれば、ご両親の世代も返済せずにこの世を去ります。
そうなれば、返済するのは、中学生である質問者様たちになるかもしれません。

このあたりのことは、書いても書かなくてもいいですが、知っていれば、いろいろ税について考えることができると思います。

夏休みも、あと2週間!
がんばってください。

税についての詳しい知識は不要です。

身近にある税を考えてください。
スーパーやコンビニのレシートを見てください。
うち消費税○○とあるはずです。
これは、買い物の時に商品代のほかに5%の消費税をスーパーやコンビニに払っているのです。
スーパーやコンビニは、この消費税を国に収めています。

また、お父さんやお母さんが、会社とかに勤めていらっしゃるのであれば、そのお給料からは所得税や住民税が差し引きされていると思います。
会社とかに勤めていらっしゃるのでしたら、月にどのくらい引かれてい...続きを読む

Qもしも高校に行かないで中卒で終わったら

もしも高校に行かないで
中卒のまま社会にでたら
いったいどのような職場で働けるのでしょうか?
中卒でも働けるのでしょうか?

それとも通信制であっても、高校は出ておいたほうが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

勉強はどうでもいいけれど高校卒業の資格だけは、いるかな。
高校に行かないという選択は
自分の将来の選択肢を著しく狭める行為ですから。

実は雇用する側にしても学歴なんてどうでもいんんです。
必要なことは社会に入ってから覚えますから。
ただ経営者は経営の合理化、
つまり人件費を安く抑えるのが仕事なんです。
すると学歴で給料は分けやすいんです。

一日に働ける時間は中卒だろうと高卒だろうと
大卒だろうと限られてきます。
同じだけ働いても生涯ではこれだけの賃金差が生まれるんです。
◆学歴と生涯賃金
http://allabout.co.jp/finance/ikujimoney/closeup/CU20031130A/index.htm
非正社員が増加していますから、今では中卒はもっと賃金が低下しているかもしれません。

大学全入時代と言われるよう世の中です。雇用は条件のいい人からですから大学が出て当然となるような中では、
中卒となるとかなり就ける職業も最後の最後に絞られてきますね。
希望職は学歴という条件だけで就けないことが多いでしょう。
高校のアルバイトがちょうど中卒扱いですから同じくらいの見られ方じゃないですか。
厚生労働省 高校・中学新卒者の就職内定状況
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/05/h0512-2.html
職安でも中卒の求人数も少なさそうですね。

昔は手に職は早くからキャリアを積んだほうが有利という側面もありましたが、今では資格をとるにも高卒以上とかになってきています。

もうひとつは社会に出る最終の学校の付き合いが
生涯の付き合いになります。社会では仕事上のお付き合いが多いので。利害が絡まないのは学生のうちなので精一杯、交友関係を広めておくといいと思います。どこで縁となるかもしれませんし、実際社会には職種によっては派閥というものがあり、、学閥というものもあります。コネとか縁ですね。同じ学校のものどうし頑張ろうみたいな。ある意味排他的ですが^^;

あと心無い話ですが、日本は学歴社会ですから
学歴で人(人間性)を差別する人も少なくないです。
そんなことないと言う人もいるでしょうが、そんな人間も少なくないのは確かです。世の中いろんな人がいますから。

なーに、高校なんて
社会に出るための準備期間だと思えばいいんですよ。
勉強しにいくより遊びにいくぐらいの意気込みで^^
頑張るときは人並みに頑張ればいいんですよ。
むしろ人間関係や学業で
いっぱい失敗したり、恥かいておいたほうがいいです。
練習。練習。
社会に出て本番で、失敗するよりはいくらかマシというものです。
それに高校出れば中卒よりは
職業に関してもうちょっと選びようが出てきます。
自分も今よりはちょっぴり賢くなっています。

何が理由で中卒のまま社会に出たらと考えたのかは知りませんが
出ておいたほうがいいでしょうね。

勉強はどうでもいいけれど高校卒業の資格だけは、いるかな。
高校に行かないという選択は
自分の将来の選択肢を著しく狭める行為ですから。

実は雇用する側にしても学歴なんてどうでもいんんです。
必要なことは社会に入ってから覚えますから。
ただ経営者は経営の合理化、
つまり人件費を安く抑えるのが仕事なんです。
すると学歴で給料は分けやすいんです。

一日に働ける時間は中卒だろうと高卒だろうと
大卒だろうと限られてきます。
同じだけ働いても生涯ではこれだけの賃金差が生まれるんです...続きを読む

Q日本の国債赤字の原因は何ですか

国債自体何なのか分らないし、
何故、赤字になったのか分らないので
教えてください。

Aベストアンサー

それはですね。収入が景気の変動を受けやすいのに対し、支出が景気の変動に関係なく固定的だというギャップがあるからなのです。収入の変動に合わせて支出を増減できれば良いけど、実際はそうはならない。収入は法人税、所得税、消費税などの税収がほとんど。これはどれも景気の変動で大きく変わります。ところが支出は、公務員の給料や社会保障費や国債費、地方交付税交付金です。どれも景気に関係なく固定的な費用ばかり。

だから不景気になると、簡単に単年度の財政収支は赤字に転落してしまいます。その赤字の穴埋めに国債を発行する。だから赤字国債というのです。いや、これは冗談だけど。

当初は好景気になれば税収が増えるから返済できるはずだという論理で国債を発行したのです。ところが思うようには税収が伸びなかったのです。増えることは増えたのだけど、それ以上に国債残高が増えるほうが早かった。

国債とはなにかというと国が銀行に借金しているようなこと。銀行は預金者から預かったお金で国が発行した国債を買っています。預金者は国と違ってお金持ちなので、銀行に預けるお金があるのです。

結局は国は国民に借金しているということです。その利子が国民に行くのでなくて銀行の儲けになっているけど。

とりあえず、この辺でわかってもらえるかな。

それはですね。収入が景気の変動を受けやすいのに対し、支出が景気の変動に関係なく固定的だというギャップがあるからなのです。収入の変動に合わせて支出を増減できれば良いけど、実際はそうはならない。収入は法人税、所得税、消費税などの税収がほとんど。これはどれも景気の変動で大きく変わります。ところが支出は、公務員の給料や社会保障費や国債費、地方交付税交付金です。どれも景気に関係なく固定的な費用ばかり。

だから不景気になると、簡単に単年度の財政収支は赤字に転落してしまいます。その赤字...続きを読む

Q国民健康保険制度は、なぜ廃止にならないですか?

国民健康保険て物凄く高いですよね。
社会保険のように傷病手当金もないですし。
なにより異常に高い。
市町村でも違うようですが、たとえば月10万円の収入の方が8千円もかかる。
8千円で1年で9万6千円。
10年で96万円。20年で192万円。
60歳以下の日本人なら、個人差はあるにせよ、そんなに病院に行くとこもないです。
一般の人がかかる病気で1番可能のある盲腸の手術を全額負担すると60万円ぐらいです。
私も通院は過去、数十回ぐらいで殆ど、歯医者でした。
1番高額な治療で全額負担なら3万円ぐらいでしょうか・・・
私は例題より多くの保険料を納めてますが・・・全額自己負担のほうが何百万円も安いですね。

特に今も増えつつあるワーキングプア1千万人の方は、国保ないほうがいいと思います。
入院とかが不安であれば県民共済など1千円代のものほうが安くていいと思いますし、余ったお金は返金されます。しかし、なぜか国の保険制度は返金がありません。
そういう議論が国会でないことが、疑問です。

Aベストアンサー

私も社会保険制度には疑問というより怒りを感じてる国民の一人です。
無駄に徴収しているのは誰が考えても明らかで、その徴収額は国民の大多数の中間層。
自営業等、国民健康保険に加入している人達は年間60万。家族4人で一カ月、25万で生活しなきゃならない。 地方や持ち家のある人達はなんとか生活していけるだろうけど都会暮らしの賃貸生活では何も残らない。 知人は滞納が続き分納していたがとうとう差押え。しかも給料全額。 生存権ってのがあるから役所に
怒鳴りこんでこいとアドバイスしたんだけど滞納分の金額が減らないので当然の行為って言われたみたい。
生活できないくらいの税金を支払うってのが納得できない。税金足りないなら無駄を省け! 使えない公務員なんて早期退職させろ。一般企業なら当たり前。 無駄な施設は閉鎖。一般企業なら当たり前。

Q女は元々クソな生き物(男は本音でお願いします)

失礼なタイトルで反発もあるかもしれませんが…
特に男の皆さん、世間体向けの綺麗事や建前はいいです。
本音では、質問タイトルみたいな事を思うことありませんか?
正直言うと、決して口には出さないものの私はそう思う事が多々ありました。
これって普通の事?皆面倒になるから言わないだけじゃなですか?

例えばクソ女の特徴として…
・女の人は自分はやらない、やれないクセに男には求める自分勝手さ。
・自分の間違いや非を認めるだけの精神力がないので誰かの責任にする。
・「でも」「だって」「できない」「やって」「ウザい」「キモい」が口癖で繰り返す。
・依存心が強くて求めるばかり自分で打開しようとしない。
・誰かに当たり前だと思ったり、甘えるのが当たり前だと思っている。
・女同士の会話も、よく見ると自分の話をすること以外に興味なし。
・思い通りにならないとすぐにヒステリーを起こして暴れる。
・男女平等の意味を自分の都合の良いようにしか理解しない。
・専業主婦なのに男が家事を手伝って当たり前だと思っている。
・恋すると周りが見えなくなり、明らかなバカな男騙される。
・また学習力がないので、同じようなバカ男に、何度も騙される。
・話に論理も結論もない。ただしゃべれば満足するだけ。

などです。このようなクソ女は自分勝手でご都合主義でみせかけの協調性。
人間として未熟なクセして、認めない、自分が理解できないクセに
自分を理解してくれない男はバカだ。と思って居る人も多い気がします。
皆さんはどう思いますか?これが女の本性ではないでしょうか。

皆さんが日頃思って居る女性への不満やエピソードを教えてください。
また、女性に対する不満や反論などのご意見があればお教えください。
逆にそんな女性に、どう対処するのが良いでしょうか。
質問の意図としては、男の立場から女性と言う生き物をどう解釈したらいいのか
間違えて居るなら、考え方をただす切っ掛け、あるいは知る事でより女性の形が
分かることにより理解を深めようと思うのもです。
主に男女間の違いの話ですので、それが良く現れるのは恋愛時だと思うので
広くご意見を頂けると思い恋愛相談で質問する事にしました
恋愛エピソードなどもあれば、男女問わず様々な回答をお待ちしております。

※当たり前ですが前提として全ての女の人がクソ女だと言いたい訳ではありません。
また男にも、このようなクソ野郎は居ますが全体的な女性の傾向の話です。
その当たりは柔軟に考え適当に対応していただければ幸いです。

失礼なタイトルで反発もあるかもしれませんが…
特に男の皆さん、世間体向けの綺麗事や建前はいいです。
本音では、質問タイトルみたいな事を思うことありませんか?
正直言うと、決して口には出さないものの私はそう思う事が多々ありました。
これって普通の事?皆面倒になるから言わないだけじゃなですか?

例えばクソ女の特徴として…
・女の人は自分はやらない、やれないクセに男には求める自分勝手さ。
・自分の間違いや非を認めるだけの精神力がないので誰かの責任にする。
・「でも」「だって」「できない」...続きを読む

Aベストアンサー

再びNo6の者です。お返事ありがとうございます。

そうですね、hope_menthさんが期間限定で女性になれたらいいのにって思います。百聞は一見に如かず。そうしたら女性の気持ちが分かるのに、残念です。

反対に私も、数日間限定で男性に変身して女性とデートしてみたいです。でもなんとなく想像がつきます。大変だろうなって。私が言うのも変ですけど、もし自分が男だったら、女性ってほんと難解な生き物だと思うんです。想像ですけど、何考えてるか本心が見えなさそうだし、どこに地雷があるか分からない。そんな不可解な生き物を、デートでは楽しませなくちゃいけない。これは一体、何の試練なんでしょうね。 ほんとに。男女平等とは言いながら、この構図は今後もなかなか変わることはないのではないでしょうか。

でもね、少しだけ弁解させてください。女性も大変なんです、実は。hope_menthさん批判じゃないので、お気を悪くしないでください。女性にも女性の言い分があって…。

じゃあ、例えばこれ

・女の人は自分はやらない、やれないクセに男には求める自分勝手さ。
・誰かに当たり前だと思ったり、甘えるのが当たり前だと思っている。

これね、逆になんでもきちっとやると、それはそれでかわいくない女のレッテルを貼られるんですよね。苦しい言い訳ですみません。でも実際、なんでもキビキビできる女性って男性が遠のくんです。もてないんですよね。まれにそういう女性が良いって言う男性もいます。今、世の中変わってきてるかもしれません。でも基本的にやっぱり、女は女らしさを求められるのでしんどい立場です。私には出来ないことができる男性ってステキ、ってことにしておかないと、男性もすねる人いるんですよ。いや、これほんとです。
あと甘えるが当たり前だと思ってる女性がいるとすれば、そう思わせたのはその方の周りの男性でしょうねえ、多分。

なので、女性が男性批判をするのは許して欲しいとまで言わないけど、もう仕方ないと思っていただければ…。それじゃ納得できないかもしれませんが。
女性側からしても、男性に対して悪口書こうと思えばいくらでも書けるんだと思いますよ。自分の事を棚に上げればいくらでも。女性同士、このテーマで朝まで語れるかもしれません。あくまで、自分を棚に上げればですけどね。
でもそれって、きっとお互い様ですよね。hope_menthさんは、男性から見た男性についてはよく知ってるかもしれないけど、女性から見た男性のことは知らないでしょう?そういうことです。

あ、もちろん、女性としての甘えを仕事の場まで持ちこむのは良くないです。職場で甘える女性は私も好きじゃないです。給料もらってるでしょって思います。今甘えた分の給料をくれ!って思います。

というわけで、まとまってませんが、すごく面倒な生き物だと思います。女って。
でもなんだかんだ言って、そんな女性という生き物に(特に好きな女性に)にっこり笑顔を向けられると、かなわなかったりするでしょう?むかつくのに、納得できないのに、許してしまうでしょ?
…男性のみなさん、ほんとご苦労様です。
この運命は神様のイタズラか何かでしょう、きっと。

願わくば、hope_menthさんが少しでもマシな女性に多く出会えますように。

再びNo6の者です。お返事ありがとうございます。

そうですね、hope_menthさんが期間限定で女性になれたらいいのにって思います。百聞は一見に如かず。そうしたら女性の気持ちが分かるのに、残念です。

反対に私も、数日間限定で男性に変身して女性とデートしてみたいです。でもなんとなく想像がつきます。大変だろうなって。私が言うのも変ですけど、もし自分が男だったら、女性ってほんと難解な生き物だと思うんです。想像ですけど、何考えてるか本心が見えなさそうだし、どこに地雷があるか分からない。そんな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報