どうも!
ブルースギターを覚えたいのですが、
おすすめの教則本やビデオなどを教えてください!
お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

今の人は必ず教本から入るんですね。

私たち(今は40代半ば)の頃はちゃんとした教本なんてなかったですから、レコードを買ってきて、何度も聴いてどうやって弾いているのかわかるまでギターを探り弾きしたものです。なんて愚痴を言っている場合じゃないですね。せっかく教本がたくさん出ている環境に生まれ育ったんですから、それを利用しない手はないですよね。
と前置きが長くなりましたが、あまり最初から難しい本を買うより、簡単でわかりやすい本を買ってきて、あとはCDを何度も聴いて同じようなフィーリングが出せるまで、練習あるのみです。
シンコー・ミュージックから出ている「必ず役立つ ブルース・ギター奏法」が手軽でわかりやすいです。値段も千円ぐらいのものです。
何度もいいますが、ブルースのフィーリングを物にするには、教本に頼るのではなく、本物の演奏を何度も聴いて自分の弾きたいフレーズが頭の中で聞こえるようになるまで聞き込むことです。
昔のアメリカのブルースマンたちは教本どころかコードの押さえ方も知らず、譜面なども見たことさえない人たちばかりだったんですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました!
そうですね・・・なんか教本とかに頼ってしまいすぎもよくないですね。
ブルースだけでなくほかのところにも参考にさせてもらいます。
ぺこ <(_ _)>

お礼日時:2001/06/09 16:38

教本を買う前の予備知識!



一番簡単なのは、ペンタトニックを覚えることですね。
ペンタトニックというのは、KeyがAのブルースなら、ACDEG(ラ・ド・レ・ミ・ソ)の5音のみを使う奏法です。
ブルースは基本的に:
A7を4小節、D7を2小節、A7を2小節、E7を1小節、D7を1小節、A7を2小節。以上12小節の繰り返しプラス、イントロとエンディングという構成で、出来ています。KeyがGなら、2フレット分下げればいいだけですので、まずは、AのKeyで、ラ・ド・レ・ミ・ソの音を適当な順番で弾くだけです。
チョーキングなどを適当に織り交ぜて弾くとそれっぽく聞こえます。まずは、AのKeyで、ハイポジション、ローポジションで、自由に弾けるようになるまで、練習あるのみ。教本はそれからでも、いいんじゃないですか?
私は、昔よく、友人と2台のギターで、リードギター、リズムギターと、交互に入れ替わって練習しました。そういう風にしてペンタトニック以外のスケールも自然に習得しました。
ちなみに、その友人というのは、A♯1の「ブルース大魔人」こと、masmas氏なんですけどね。(笑)
私はその後、HR/HM系の方に行ってしまいましたが・・・(爆笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
ペンタトニック覚えてつかってみます。
いろいろと参考になります。
これから練習してみます。

お礼日時:2001/06/09 16:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジョーパスのギター教則本や教則DVDについて

今ジャズギターをはじめようと思いましてジョーパス
が好きなのでジョーパスをコピーしようと思ったのですがネットで調べてみるとたくさん教則本や教則DVDがあり、またそしてだいたいの商品が輸入品とかであるため楽器店においていないためにどれを買ってみたらいいのか悩んでいます。なにかおすすめの物があれば教えてください。あとやはりジャズギターなどを始めるにあったってタブ譜はやめた方がいいと言われましたのでタブ譜なしではじめようとおもいますがどうでしょうか。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

基本は、コピーですので、「自分がコピーした曲」が採録されている
譜面を探すのが第一だと思います。
タブ譜の是非の問題自体は、なかなか難しいところですが、
仮にコピーされたい曲が、CD「ヴァーチュオーゾ」とかの
ソロ・ギターで、かつ、クラシックギターなどの経験がなければ、
五線譜だとかなり厳しいと思います。
ただでさえ「職人芸」といわれているくらい、かなりなもんなので、
タブ譜であっても(それまでのギター経験にもよりますが)、
なかなか難しい、と思います。
ので、「自分がコピーしたい曲が採録されているタブ譜」で
いいんではなかろうか、と思います。

勿論、アドリブをバンバコこなして行こうと思ったら、
理論とかも触れることになるので、五線譜に通じていることは、
後々有利になりますが、かといって、五線譜を読めなければ、
上達しないかというと、そういうわけでもないので、
その辺りは、臨機応変でよいかと思います。

また、コピーしてみたい曲がバンド編成のもので、
コピーしたいのが、パスの単音ソロ・プレイなら、
「タブ譜or五線譜」よりも、「譜面or耳コピ」で考えるほうが
後々の上達につながると思います。

確かに、タブ譜の「弊害」はありますが、それは「禁忌」であるほど
ではないので、別に、タブ譜でもいいんじゃないかなぁ、
とりあえず、やりたい曲を1.2曲絞って、それが採録されている
譜面を探すのがいいんじゃないかなぁ、
もし、「タブ譜はみたくない。しかし、やりたい曲はタブ付きでしか
譜面が出ていない」ようだったら、タブの上に五線譜があるので、
タブ部分塗りつぶしちゃうこともできるし・・・。
という感じで。

蛇足ですが、タブに関して、コピー対象が、パスのギターソロでなく、
ソロ・ギターだったら、タブの方がボイシングとかリハーモニゼイションの勉強になる、という利点もあるかと。

徒然に書きました。

基本は、コピーですので、「自分がコピーした曲」が採録されている
譜面を探すのが第一だと思います。
タブ譜の是非の問題自体は、なかなか難しいところですが、
仮にコピーされたい曲が、CD「ヴァーチュオーゾ」とかの
ソロ・ギターで、かつ、クラシックギターなどの経験がなければ、
五線譜だとかなり厳しいと思います。
ただでさえ「職人芸」といわれているくらい、かなりなもんなので、
タブ譜であっても(それまでのギター経験にもよりますが)、
なかなか難しい、と思います。
ので、「自分がコ...続きを読む

Qエレキベース初心者です。練習方法やおすすめのベース教則本、ベース教則D

エレキベース初心者です。練習方法やおすすめのベース教則本、ベース教則DVDなどがありましたら教えてください!

何か楽器をはじめたいと思い、30過ぎになってはじめてベースを購入しました。
でも楽器経験もゼロで、近くに楽器をやっている人もいないので教えてくれる人がいません。
また、ベース教室のような音楽教室にも、どうも抵抗があるため、自宅で独学できるDVDや本がありましたら、教えていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ベース歴半年の坊主です^^;

僕が実際に使った中でのおすすめは、

寺沢功一流ベースの極意!DVD&BOOK
 ↓
http://bass-gatsun.com/

これです!
ライダーチップスの寺沢功一さんの個別レッスンを収録
したDVDなので、生徒と先生が上達していく過程が一緒にわかる
ので覚えやすかったです!!
メジャーで活躍してる人の指導はあまり見れないと思うので、
それを期待して僕は買いました!僕的にはとても良かったです。


あとおすすめは、
これからはじめるエレキ・ベース入門
http://www.doremi.co.jp/Doremi/ASC03.do

これは普通に基本事項が記載してあるので、手元に一冊あると
イイと思います。
困ったときに見る辞書的な感じで^^;

でわ、がんばってください!

参考URL:http://bass-gatsun.com/

Qおすすめのギター教則本。

初心者なので(まるっきりの
親切なものがよいのですが
なにかおすすめはありませんか。
回答待ってます。

Aベストアンサー

教則本については、立ち読みなどをしてみて、判りやすいと思える本を選ぶのが良いでしょう。
手始めには、ギターの各部の名称の紹介や、ギターの種類の紹介、チューニングの仕方、弦の張り替え方、楽譜の読み方、ギターの構え方などについて解説してある本を、内容を確認した上で購入するのが良いと思いますよ。特に、メンテナンスに関係する内容をきちんと解説してある本は、いざ困ったというときには便利でしょう。
具体的なタイトルについては、やはり立ち読みして選ぶことをお勧めします。「はじめて」「はじめる」「初心者」「ビギナー」などの言葉を手掛かりにすると、見つけやすいでしょう。個人的には、リットーミュージックの「目で見て確認」シリーズや「これで完璧」シリーズなどはわかりやすいように思います。

なお、教則本については、それぞれにテーマを設けて書かれていますので、知りたい内容を明確にして、それに沿ったテーマの教則本を探すようにするのが良いでしょう。初心者向けのガイドが欲しい時には、初心者向けにかかれた本を、ジャンルごと、あるいは奏法ごとの解説が欲しい時にはそれについて詳しく触れている本を、練習方法についてのテキスト的なものが欲しい時には、練習帳として書かれている本を選ぶのが妥当です。また、教則本に関しては、一冊持っていれば一切大丈夫というものはまずありません。知りたいことに合わせて、いくつかの本を参考にするのが良いでしょう。
例えば、弾き方の基礎についてよりつっこんだ解説などが欲しい時には、「究極のプレイフォーム」「ギターがうまくなる理由 ヘタな理由」などは参考になる部分が多いでしょう。これらは、演奏時のフォームなどについて重点的に解説しています。
それなりにギターの扱いに困らなくなってきて、ステップアップに良い練習方法を知りたいということであれば、「地獄のメカニカルトレーニング」シリーズや、「究極のギター練習帳」シリーズなどは参考になると思います。ただ、これらの本はこれからギターをはじめる人が最初に手にする本としては少々難しいと思います。脱初心者のための練習帳と見たほうが良いかも知れません。
このように、ステップごとに、必要な情報を載せている本を適宜参考にするようにするのが良いと思います。

あと、ギター雑誌などを見てみるのも良いかも知れません。ギター用のスコアを載せているものも多くありますし、練習の参考になる記事なども少なくないでしょう。広告や新製品情報なども有益だと思います。
独学の場合は、関連の情報をどれだけ収集できるかによって左右される部分も多いと思います。教本や雑誌などは、良い情報源になるでしょう。積極的に活用するのが良いと思いますよ。

参考まで。

教則本については、立ち読みなどをしてみて、判りやすいと思える本を選ぶのが良いでしょう。
手始めには、ギターの各部の名称の紹介や、ギターの種類の紹介、チューニングの仕方、弦の張り替え方、楽譜の読み方、ギターの構え方などについて解説してある本を、内容を確認した上で購入するのが良いと思いますよ。特に、メンテナンスに関係する内容をきちんと解説してある本は、いざ困ったというときには便利でしょう。
具体的なタイトルについては、やはり立ち読みして選ぶことをお勧めします。「はじめて」「は...続きを読む

Qおすすめのギター教則本

クラシックギターを少しやっているのですが、そろそろ教則本を買いたいと思っています。ですが、どの本が自分にあったレベルの本なのか側からないので、オススメの本があったら教えてください。自分が習いたいものとしては、ギターコード(詳しく載っているものがいいです)、アルペジオの弾き方をやりたいです。ギターコードは、主要なコード以外を覚えたいと思っています。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

クラギの経験者なら基礎的な楽典は勉強されていると思いますから、詳しいコードの教則本をご紹介します。
リットーから「コンプリートギターコードマニュアル」が出版されています。小生も愛用していますが、単なるコードフォーム一覧表だけでなく、主要三和音やテンションノート、コード進行、ケーデンスなど、コード理論の基本的なところも一通り網羅されている優れた教科書となっています。

Qギターの教則本などについて

こんばんは。
先ほど投稿したつもりだったのですが失敗したみたいなのでもう一度書かせていただきます。
前回の質問でギター選びの質問をした者です。2万円ほどですがアイバニーズのギターを買いました。
回答していただいた方、とても感謝してます。

さて、質問のほうへ移らせていただきます。
私は今、初心者用の教則本を見ながら練習をしているのですが、
その教則本には初めにパワーコードから練習するように書いてありました。
そこで疑問に思ったのですが、指のエクササイズなどを最初にやらなくてもいいのでしょうか?
私が買った教則本にはエクササイズの方法が書いていなかったので
もしやらなければいけない場合新しい教則本を買わなければ…とも思っています。

上記のようにまず最初にパワーコードの練習でいいのか。
エクササイズが書いてある本を新しく買ったほうがいいのか。
この二つの回答をお願いしたいと思います。
ギターの腕をあげたいので、是非回答をお願いします。

Aベストアンサー

最初に練習する内容に関しては、何から手始めに身につけていきたいかで左右される内容といえます。何を優先するのか、自分なりに優先順位をつけて判断を下すのが良いでしょう。

ロック系の音楽を志向していて、早い段階で曲らしい練習に着手できるようにしたいというケースであれば、まずはパワーコードに慣れて曲のバッキングを弾けるようになり、曲らしい形での練習を楽しませるという方針もあながち的外れとはいえません。パワーコードは押さえるのが楽なフォームで、手っ取り早く形にするには比較的楽な領域になります。ただし、パワーコードは押さえるのが簡単な反面、運指の練習に対しての効果はあまり見込めません。より複雑な指の運びを必要とするような演奏内容に対応するためには、当然より難しい練習に手をつける必要が遠からず出てくるでしょう。
逆に早い段階から曲を弾く楽しさに短絡的に目を向ける必要はないと捉えるなら、運指の基礎練習から入るのも良いでしょう。基礎練習は、指の動きを鍛えるには効果的で、応用の幅も広い練習といえるので、経験しておいて損はありませんし、早い段階で手をつけておけばそれだけ高い効果も望めると思います。ただし、基礎練習は往々にして退屈と捉えられがちな単純なパターンの反復が主になるもので、それだけではモチベーションが持たないということも考えられます。そうした場合には、何か気晴らしになるような楽しい練習方法を見つけておくのが望ましいとも思います。

どちらの練習を優先するかについては、ご自身で練習メニューやプランを見通して、その方針に適うように具体的な対処を決めるのが良いと思います。基礎練習として有益な運指のエクササイズがより重要と捉えるなら、そうした練習方法を紹介している本などを探すのが妥当でしょう。曲として早くに形になるようにしたいのであれば、パワーコードでの練習を優先するのが良いでしょう。あるいは、いろいろなコードフォームをコードブックなどで調べ、実際に鳴らしてみることで指の扱い方などを鍛えるという方法なども一つの案ではあるでしょう。

なお、ギターの腕を挙げたいのであれば、教則本は一冊に限定せず、複数の本を並行して参考にするのが良いでしょう。一冊の本だけでは情報量はおのずと限られます。上達を目指す上では、できる限り豊富に情報を集めることは重要なポイントになりえますし、情報をたくさん集める上ではたくさんの関連の本、教則本やギター雑誌などに目を通しておく方が有利といえます。
上達を目指すのであれば、はじめに試す練習内容をどちらにするにしても、別途に教則本を購入してそちらにも目を通し、参考にすることをお勧めします。可能であれば、何冊かの本を立ち読みしてみるなり、手元に用意するなりして、情報源を多めに確保すると良いと思いますよ。

参考になれば。

最初に練習する内容に関しては、何から手始めに身につけていきたいかで左右される内容といえます。何を優先するのか、自分なりに優先順位をつけて判断を下すのが良いでしょう。

ロック系の音楽を志向していて、早い段階で曲らしい練習に着手できるようにしたいというケースであれば、まずはパワーコードに慣れて曲のバッキングを弾けるようになり、曲らしい形での練習を楽しませるという方針もあながち的外れとはいえません。パワーコードは押さえるのが楽なフォームで、手っ取り早く形にするには比較的楽な領...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報