自責点の数え方を教えて下さい。
例えば、2アウトランナー無しでエラーで走者を出し、ホームランを浴びても、自責点がつかないような場合がありました。
どのように、数えているのでしょうか?

A 回答 (3件)

自責点とは投手が責任を持たねばならない失点のことです。


これの定義は「守備側が攻撃側の選手を3人アウトにできる守備機会を
つかむ前に、投手の責任によって取られた失点」ということになります。

そして「投手の責任によって」というところについては、打者が走者となり、
その走者が得点(本塁に達する)までの間に「投手を含む野手の失策」や
「捕逸」による進塁がなかった場合、というように定義されています。
(野手選択は判断ミスなので投手に責任はなさそうですが、自責点となる
 ことになっています)
ちなみにファールフライでアウトになるところを失策によって打者が生き、
その後安打で出塁して、結局その走者が生還した場合は自責点の対象には
なりません。


例で挙げられたケースでは、2アウトランナー無しの状態からの打者がエラー
によって生きているため、「3人アウトにできる守備機会」を過ぎています。
そのためそれ以降の失点は自責点にならなかったのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
たいへんよくわかりました。
つまり、エラーが3つあった回は、その後どんなにピッチャーが打ち込まれても自責点はつかないわけですね。

ただ、いまひとつわからないことが有ります。
ヒットを打たれて(累上にランナーをためて)投手交代をし、リリーフピッチャーが打たれて点が入った場合は、自責点は誰につくのでしょうか?
感覚ではランナーを出したピッチャーですが。

お礼日時:2001/05/30 00:08

No.1で回答した者です。


>エラーが3つあった回は、その後どんなにピッチャーが打ち込まれても自責点
>はつかないわけですね。

 そういうことになりますね。

>ヒットを打たれて(累上にランナーをためて)投手交代をし、リリーフピッ
>チャーが打たれて点が入った場合は、自責点は誰につくのでしょうか?
>感覚ではランナーを出したピッチャーですが。

 これもそのとおりです。
 イニングの途中で投手交代した場合、前任の投手は降板時に塁上にいた走者
の数だけ責任を取らなければなりません。
 ここでポイントになるのは「走者の数」というところです。
 例えば「無死走者一塁で投手交代。続く打者がサードゴロで一塁走者封殺。
しかしゲッツーは取れずに一死一塁になった」場合、この一塁走者に対する
責任は依然として前任の投手にあります。つまり「走者の入れ替わり」では、
前任の投手の責任が残ってしまいます。(走塁死、盗塁死が記録された場合は
「入れ替わり」とは見なされません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
たいへんよくわかりました。

お礼日時:2001/05/30 12:58

このケースだと、もしエラーがなければイニング終了でホームランもうたれなかったということで、自責点はつきませんね。

もしこのランナーが、四死球あるいは安打等投手の責任で出したものなら自責点2がつくことになるとおもいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/30 00:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自責点にならない場合

少し前に自責点に関する質問がありますが、それを見て思ったことを質問させていただきます。

http://mmurayama-senior.ddo.jp/~sinpantyou/jisekiten.htm
このサイトの注二を見る限りでは
「(1)自責点となるべき要素は、安打、犠牲バント及び犠牲フライ、盗塁、刺殺、野手選択、四死球(故意四球)、ボーク、暴投であり、(2)自責点に含んでならない要素は、守備失策、捕手または野手の妨害、走塁妨害、捕逸、ファウルフライ失である。
 (2)の要素で一塁に生きたり、または本塁を得た場合はもちろん、二塁、三塁を進むにあたっても、(2)の要素に基づいた場合には、自責点とはならない。ただし、二塁、三塁を(2)の要素で進んだ走者が得点した場合でも、これらのミスプレイの助けをかりなくても得点できたと思われるときには、自責点とする。(10・18d参照)
 さらに、アウトになるはずの走者が、失策によってアウトを免れた後に得点した場合には、自責点とはならない。
 また、守備の失策があった場合でも、その走者は失策と無関係に進塁したと記録員が判断したときは、(2)の要素で進んだものとはならないで自責点となる。右のニ点に特に注意を要する。」
とありますので、エラー等で出塁したランナーがホームインした場合は自責点にならないとあるように見えます。
私は「エラーが無ければ3アウトになっていた場合、それ以降の失点は自責点とならない」のであって、
エラーで出塁したランナーがそのエラーも含め3アウトになっていなくてホームインした場合は自責点になるものだと思っていました。

その他もろもろ、自責点にならない場合についてこのサイトに書いてあることを簡単にまとめますと、

1、エラー、捕逸、走塁・打撃妨害で出塁したランナー、邪飛失策後に出塁したランナーがホームインした場合
2、エラー、捕逸、走塁・打撃妨害によって進塁したランナーがホームインした場合、
それらの要因が無ければホームインしていないと判断された場合
3、エラー等を含め、3度のアウトの機会を得た後、走者がホームインした場合

この3つと考えて良いのでしょうか?
再度書きますが、私は3のみだと思っていたのですが、
3度のアウトの機会を得ていなくても、1・2の場合自責点にならないのでじょうか?

分かりにくい文となりましたが、お分かりの方お教えください。

少し前に自責点に関する質問がありますが、それを見て思ったことを質問させていただきます。

http://mmurayama-senior.ddo.jp/~sinpantyou/jisekiten.htm
このサイトの注二を見る限りでは
「(1)自責点となるべき要素は、安打、犠牲バント及び犠牲フライ、盗塁、刺殺、野手選択、四死球(故意四球)、ボーク、暴投であり、(2)自責点に含んでならない要素は、守備失策、捕手または野手の妨害、走塁妨害、捕逸、ファウルフライ失である。
 (2)の要素で一塁に生きたり、または本塁を得た場合はもちろん、二塁、三...続きを読む

Aベストアンサー

どうも今晩は!
ご質問にあるサイトを貼った回答をした者です。

>…この3つと考えて良いのでしょうか?

その通りだと思います。
引用したサイトは説明が少し複雑で分かり難いかも知れませんが、Wikipediaの
方が簡潔に説明していますので参照して下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E8%B2%AC%E7%82%B9

ご参考まで

Q自責点についての質問ですが例えば アウトカウントツーアウトとワンアウトの状況でヒット連打でランナー二

自責点についての質問ですが例えば
アウトカウントツーアウトとワンアウトの状況でヒット連打でランナー二塁三塁の状況で二塁ランナー投手の牽制に引っかかりましたが二塁ランナーはさまれて結局二塁ランナー逃げ切りの場合は三塁ランナーホームインは自責点どうなりますか?
また二塁ランナーが三塁に進塁で三塁ランナーがホームインの場合はホームスチールと三塁スチールでダブルスチールが記録されますか?

Aベストアンサー

>>アウトカウントツーアウトとワンアウトの状況
って何?

Q自責点について

4月3日の横浜×中日ですが、浅尾投手はなぜ自責点が0になるのでしょう
か?

3回表 横浜の攻撃は
1:山崎 センターへのヒット 1塁
2:三浦 見事送りバントを成功させる 1アウト2塁
3:松本 ブランコ(一)のファンブルにより出塁する 1,3塁
4:仁志 ショートゴロの間に横浜1点をあげる 中1-1横 2アウト2塁
5:ジョンソン 外角の球を打つもショートフライ 3アウトチェンジ
です。
「自責点は、安打、犠飛、犠打、刺殺、四死球(故意四球を含む)、
暴投、ボーク、野手選択、盗塁によって進塁した走者が得点したときに
記録される。」とウィキペディアに載ってますが、これによれば浅尾投手
は自責点が1になると思うのですがどうなのでしょう?

それとも、「野手(投手自身も含む)の失策、捕逸、打撃妨害、走塁妨害
によって出塁した走者、ファウルフライに対して失策があった後に安打な
どで出塁した走者、失策がなければアウトになったはずの走者が得点した
場合は、自責点とならない。」ということでしょうか?
これもウィキペディアに書かれていたことですが。

よろしくお願いします。

4月3日の横浜×中日ですが、浅尾投手はなぜ自責点が0になるのでしょう
か?

3回表 横浜の攻撃は
1:山崎 センターへのヒット 1塁
2:三浦 見事送りバントを成功させる 1アウト2塁
3:松本 ブランコ(一)のファンブルにより出塁する 1,3塁
4:仁志 ショートゴロの間に横浜1点をあげる 中1-1横 2アウト2塁
5:ジョンソン 外角の球を打つもショートフライ 3アウトチェンジ
です。
「自責点は、安打、犠飛、犠打、刺殺、四死球(故意四球を含む)、
暴投、ボーク、野手選択、盗塁によって進塁した走...続きを読む

Aベストアンサー

ブランコのエラーがなければ山崎は三塁に到達しておらず、仁志のショートゴロの間の失点はなかったわけですから、ピッチャーの責任ではないということです。
本来なら(エラーがなければ)仁志のショートゴロで3アウトチェンジと見なされます。

Q内野ゴロ失策の時の「非自責点」となる走者

ノーアウト・走者一塁の時、打者が平凡なセカンドゴロを打ったものの野手が失策をしてしまい、走者一・二塁になったとします。
この場合、失策によって塁上に生きた走者が「非自責点」となる事は分かっているのですが、「非自責点」となる走者を決定するに当たってはどのように処理をしたら良いのでしょうか?

(1)セカンドゴロを二塁手がトンネルまたは弾いてしまい二人とも塁上に生きた時

(2)セカンドゴロを二塁手がベースカバーの遊撃手に送球したがこれが悪送球になった時

(3)セカンド頃であったがエンドランがかかっていたので二塁は無理と判断、一塁へ送球したが悪送球で打者を生かしてしまった場合

それぞれのケースについて「一塁走者をA、打者走者をB」として「自責点」か「非自責点」かを回答お願いいたします。
可能であればそういう解釈をする根拠となる野球規則の条文もお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。
(1)の場合
走者Bは自責点には含まれません。
走者Aは記録員の判断によって自責点になるか非自責点になるかが決定します。

(2)の場合
これに関してはよくわかりません。
走者Aは(1)と同じく記録員の判断によって変わります。
ただ走者Bはもし2塁がアウトになっていたとしてもゲッツー崩れで1塁がセーフになるという可能性があるので、必ずしもバッターランナーがこのエラーによって出塁できたとは限りません。

(3)の場合
これは走者Aは自責点に含まれると思います。
この場合は進塁打を打ったのと同じです。
走者Bはエラーによって出塁しているので非自責点。
よって走者Aは自責点 走者Bは非自責点だと思います。

ただすべてにおいて、後の打者の結果によって自責点か非自責点かが決まるので断言することはできません。
そして記録員の判断によって変わることもあるので一概には言えません。

Q自責点について

自責点についてお聞ききします。
二死無走者の場面で野手がエラーをした場合、その後投手がいくら失点しようが、その回が終了するまでは自責点はゼロなのでしょうか。また、エラーをしたのが野手ではなく、投手自らの場合はどうでしょうか。
それからもう一つ、三塁打を打たれた直後、次の打者の時、捕手がパスボールをして失点。この時点では自責点は無いと思いますが、このあと打者がヒットを打った場合、三塁に走者がいたものと判断して自責点1となるのでしょうか。また、パスボールではなく暴投の場合はどうでしょうか。
ご存じの方がおられたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

【回答1】
自責点は「3つ目のアウトを取る機会を得るよりも前に発生した、投手が責任を負うべき失点」に対して記録されるものですから、失策によってアウトを免れた走者については無条件で自責点の対象外となります。加えて失策による出塁はそれが投手に記録されたものであっても自責点の対象とはしません。
また、3つ目のアウトを得る機会を得たにもかかわらず失策でそのアウトをとることができなかった場合、それ以後はその投手が登板している限りは何点取られようが自責点の対象とはなりません。

ただしイニングの途中で投手が交代した場合は「取ったはずのアウト」の分は消滅しますので救援投手は「交代した時点での実際のアウトカウント」から改めて「3つ目のアウトを取る機会」を獲得し直さなければなりません。
【例】投手Aは1アウトから四球とエラーの連続で走者満塁の場面で投手Bに交代、投手Bは最初の打者を三振に討ち取るも、次の打者に満塁弾を打たれる。
(投手A)自分がとった1アウトとエラーで取り損ねた2つのアウトにより3つ目のアウトを取る機会を得たので自分が四球で出した走者の責任は負う必要がない。従って失点3、自責点0。
(投手B)実際に救援投手が討ち取ったアウトは三振の一つだけ。実際のアウトカウントである1を加算しても2アウトしかとっていないので満塁弾を打った打者が得点した分は責任を負う。従って失点1、自責点1。

【回答2】
日本の野球規則においてはパスボールが直接の原因で本塁に生還した場合はその後の打者の打撃結果に関係なく自責点の対象とはなりません。
大リーグの場合はその後にヒットを打たれたら「結局は得点が入っていた」という理由で自責点の対象となります。

暴投の場合は「暴投は投手の投球上の過失である」という理由で自責点の対象となるプレイですから
「投手が自責点の記録を免れる状態になっている」
または
「その走者そのものが自責点の対象とならない理由による出塁である」場合を除き、無条件で自責点が記録されます。

自責点について詳しく解説しているサイトを紹介するので参考にしてください。

参考URL:http://cgi.sainet.or.jp/~nishizak/baseball_faq/main.html

【回答1】
自責点は「3つ目のアウトを取る機会を得るよりも前に発生した、投手が責任を負うべき失点」に対して記録されるものですから、失策によってアウトを免れた走者については無条件で自責点の対象外となります。加えて失策による出塁はそれが投手に記録されたものであっても自責点の対象とはしません。
また、3つ目のアウトを得る機会を得たにもかかわらず失策でそのアウトをとることができなかった場合、それ以後はその投手が登板している限りは何点取られようが自責点の対象とはなりません。

ただ...続きを読む

Q1アウト1,2塁から2塁走者が飛び出してのランダウンプレー 1塁走者を優先?

先日、スカパーでプロ野球二軍の試合中継を見ていたのですが、
ちょっと不思議なプレーがありました。

1アウト1,2塁で、ピッチャーがセットポジション中に2塁ランナーが飛び出し、
ピッチャーはセットを外して3塁手に送球しました。
3塁手は、ボールを持ったまま、挟まれた2塁ランナーを追って行ったのですが、
一度も送球しないまま、2塁ランナーは2塁に帰塁しました。
2塁ランナーはかなり飛び出していたので、すぐに送球すれば容易に挟めたはずです。
その直後、3塁手は2塁ベース付近にいた2塁手に送球。
2塁付近まで来ていた1塁ランナーは、挟まれて1塁方向へ戻り、
それを少し追ってから1塁に送球した2塁手が暴投、
結局、一人も刺せずに1アウト2,3塁になった、というプレーだったのですが・・。

これは、3塁手が下手くそだったから、せっかく大きく飛び出した2塁ランナーを
深追いし過ぎて帰塁させてしまい、仕方なく1塁ランナーを刺しにいったに過ぎないのでしょうか?
それとも、このケースでは、2塁ランナーを戻して1塁ランナーを優先して刺すのが
セオリーなのでしょうか?

これも含めて、けっこう稚拙なプレーが多発したにも関わらず、
解説者はほとんど無言だったため、単に下手くそだったのか、素人目には簡単そうに見えて
実は難しく仕方のないプレーだったのか、どうも判断がつかなかったため、質問しました。

先日、スカパーでプロ野球二軍の試合中継を見ていたのですが、
ちょっと不思議なプレーがありました。

1アウト1,2塁で、ピッチャーがセットポジション中に2塁ランナーが飛び出し、
ピッチャーはセットを外して3塁手に送球しました。
3塁手は、ボールを持ったまま、挟まれた2塁ランナーを追って行ったのですが、
一度も送球しないまま、2塁ランナーは2塁に帰塁しました。
2塁ランナーはかなり飛び出していたので、すぐに送球すれば容易に挟めたはずです。
その直後、3塁手は2塁ベース付近にいた2塁手に送...続きを読む

Aベストアンサー

「ベースの占有権は先のランナーにある」と言うのがあります。

このケースでは三塁手は二塁ランナーを二塁ベース直前まで追い詰め、そこで殺し、願わくば二塁ベース手前まで来ている一塁ランナーも殺す、というのが理想的な追い詰め方。

で、「なぜすぐに送球し、二三塁間で挟殺プレーにしなかったのか」と言うのは、
すぐに二塁に送球し一度の送球で、しかも二塁ベース付近で二塁ランナーを殺すことができれば、前述の方法で一塁ランナーを殺せる可能性はあるが、
もし、二塁手が三塁に向かって再度追いかける事になってしまうと、一塁ランナーを同時に殺すことは難しくなる。
(正確にはその場合も再度二塁ランナーを二塁ベースまで追い込めば、占有権は二塁ランナーにあるわけですから、二塁ベースに到達している一塁ランナーにタッチアウトにできるのですが、少なくともダブルプレーは難しくなる)

と言った理由で、三塁手のプレーはセオリー通りで、
願わくばダブルプレー、最悪でも1塁ランナーだけを殺す、事を狙ったプレーです。

Q失点、自責点

防御率は自責点で計算されるんですよね?
エラーで出したランナーは自責点に入りませんよね?

そこで思ったんですが、二死満塁で外野へのフライ(ランナーは当然走ってる)で外野手がボールを落としてランナーが3人かえった。
この場合、自責点ですか?失点ですか?

Aベストアンサー

【二死満塁で外野へのフライ(ランナーは当然走ってる)で外野手がボールを落としてランナーが3人かえった。】
もし、落球せずに、フライを捕ってたらスリーアウトでチェンジです。得点も入りません。ですので、自責点0、失点3です。エラーが無ければ点は取られてなかったという意味での自責点0です。。

では次の場面はどうでしょうか?
【一死満塁で外野へのフライで外野手がボールを落としてランナーが3人かえった。】
もし落球せずに、フライを捕っても3塁ランナーはタッチアップして犠牲フライになるシーンが想定されます。その場合、エラーが無ければ2アウトランナー1・2塁になってると仮定されます。つまり外野手が落球しなくとも1点は入ったと考えられます。ですので、自責点1、失点3です。
ただ、そのイニングでさらに点を取られた場合、自責点は加算されます。ただし、外野フライのエラーで出塁したランナーがホーム生還しても自責点は増えません。

Q野球のイニング制は大量得点を防ぐためですか? 3アウトで残塁したランナーは0からとか、27アウト取っ

野球のイニング制は大量得点を防ぐためですか?
3アウトで残塁したランナーは0からとか、27アウト取ってから、攻撃と守備が入れ替わらないのは、見てるほうが楽しむためですか?
国会の法案審議もイニング制ですよね。
会期中に決まらなかった法案は0からやり直しですよね。
あれは法案審議に時間をかけるという意味合いですか?

Aベストアンサー

野球がアメリカから伝わった黎明期は、統一されたルールがなく、イニング制はあるもののリセットされず、前イニングの続きから始まる事も有ったそうな。

国会も会期中に採決に至らなかった時は、国会の意思(例えば法案の議決など)は、会期ごとに独立したものとされ、審議未了で廃案。
ただ、国会法では、「会期不継続の原則」の例外も認めています。これが継続審議で次の国会に引き継ぐ事ができます。
この場合、各議院の本会議で過半数の合意が必要です。

Qこれは自責点になりますか?

同点の9回ウラに、安打、安打、エラーで無死満塁になって、押し出し四球でサヨナラ負け。

この場合、このエラーがなければサヨナラの1点はまだ入っていない筈ですが、この1点は自責点にはなりませんか?

エラー、エラー、エラーで無死満塁から押し出し四球が自責点というのも酷なので、それから類推すると自責点にはならないのだろうと思うのですが・・・。

Aベストアンサー

ほんとうにたびたびすみません。#2です。
ビンゴの説明をみつけました。

http://mmurayama-senior.ddo.jp/~sinpantyou/jisekiten.htm

失策、補逸、あるいは守備側の妨害、または走塁妨害の助けをかりて進塁した走者が得点した場合、このようなミスプレイの助けをかりなければ得点できなかったと記録員が判断したときだけ、その走者の得点は自責点とならない。

例:
A四球、B三ゴロ失で走者一・二塁の後、C、D四球を得て、Aが得点したような場合、失策のためアウトを免れたBがいなければ、AはDの四球によって得点できなかったから、Aの得点を自責点としない。


・・・とあります。

で、日本の場合はその時点で自責点か否かが確定します(回が終了する前に確定する)ので、たとえこれがサヨナラの場面であっても、自責点ではありません。従って、natyさんのご質問の場合には自責点にはなりません。

参考URL:http://mmurayama-senior.ddo.jp/~sinpantyou/jisekiten.htm

ほんとうにたびたびすみません。#2です。
ビンゴの説明をみつけました。

http://mmurayama-senior.ddo.jp/~sinpantyou/jisekiten.htm

失策、補逸、あるいは守備側の妨害、または走塁妨害の助けをかりて進塁した走者が得点した場合、このようなミスプレイの助けをかりなければ得点できなかったと記録員が判断したときだけ、その走者の得点は自責点とならない。

例:
A四球、B三ゴロ失で走者一・二塁の後、C、D四球を得て、Aが得点したような場合、失策のためアウトを免れたBがいなければ、Aは...続きを読む

Q昨日(9月20日)での新庄のホームランを幻にした走者は誰?。

 新庄の打席の時に一塁走者だったの誰ですか?。

Aベストアンサー

たしか田中幸ですよー


人気Q&Aランキング

おすすめ情報