コントロールパネルの「フォント」で、インストールされているフォントの一覧を見ることができますよね。
その中の「TT」というアイコンは「TrueTypeフォント」で、「A」というアイコンは「ビットマップフォント」と聞きましたが、これで正しいのでしょうか?
また、正しいのならば何故ビットマップフォントのアイコンは「B」という表示ではないのでしょう?「A」って何の略ですか?
あと、「プロポーショナルフォント」の対義語って何なのでしょう?「等倍フォント」?「等角フォント」?「等幅フォント」?「等幅」ってなんて読んだらいいのでしょう?
何故「プロポーショナルフォント」が英語(?)なのに、その対義語が日本語なのですか?英語バージョンの言い方もあるのでしょうか?またプロポーショナルフォントの日本語の言い方もあるのでしょうか?
どうでもいいことなのかもしれないですが、気になっています。
どなたか教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>>その中の「TT」というアイコンは「TrueTypeフォント」で、「A」というアイコンは「ビットマップフォント」と聞きましたが、これで正しいのでしょうか?


正しいです。

>>また、正しいのならば何故ビットマップフォントのアイコンは「B」という表示ではないのでしょう?
それは元々、フォントにはビットマップフォントしかなかったからです。
TrueTypeはMacのApple社が開発したフォントで、それをMicrosoftが買い取ってWindows95から導入しました。
つまりそれまでWindowsにはTTフォントはなかったんです。
フォントといえばビットマップフォントだったので(実際にはNECの98用WindowsにはFontAvenueというプロポーショナルフォントの一種が導入されていた)、フォントの種類をアイコンで区別する必要がなかった。
そこで安易にも、アルファベットの最初の文字であるAをフォントのアイコンにしていたのです。
Aをもってフォントの象徴とする、という伝統は、現在でも多くのアプリケーションで、文字を入力したりフォントの設定をしたりするボタンが[A]であるところなどに生き残っています。

>>あと、「プロポーショナルフォント」の対義語って何なのでしょう?
「等幅フォント」が対義語です。
「等倍フォント」は単にワープロソフトなどで本文の標準サイズに設定したフォントサイズのこと(倍角や拡大文字から戻すときにいう)。
「等角フォント」という言葉はありません(たぶん…)。

>>「等幅」ってなんて読んだらいいのでしょう?
とうふく。

>>何故「プロポーショナルフォント」が英語(?)なのに、その対義語が日本語なのですか?
等幅フォントは英語では typewriter font といいます。

>>プロポーショナルフォントの日本語の言い方もあるのでしょうか?
あまり使いませんが、「可変幅フォント」ともいいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかり易いご説明ありがとうございました!
多くのアプリでフォント設定のボタンが「A」、というのには
目からウロコでございます。そういえばそうですよね~
なるほど~という感じです。
本当にありがとうございました!!!

お礼日時:2001/05/30 12:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ