同じ部屋に観音様にお参りしたときのお塩とお酒と、出雲大社で御祈祷をしてもらった際に頂いたお札とお守りとお米を祀り、毎日夜に別々に一日のご加護と願いを述べています。
観音様と神様とい うことで、同じ部屋はだめでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

お札(御神札・大麻)って神様じゃないんです。

「依り代(よりしろ)」といいます。これは神を降ろすためのもの。最近の人用にわかりやすく例えれば、神様との通信機。そんな説明をする人も居ます。

神道初期においては山や磐、樹木など。それが神籬(ひもろぎ=地鎮祭などで祭壇に立てる木の枝)や岩境(いわさか=石柱を立てたもの)
要するに意識を集中して祈る「印」であればいいんです。キリスト教の十字架、仏教の仏像や掛け軸も同じことです。

貴方にとって観音様の塩と酒も出雲大社の札も同じ。それ以上の物ではありません。

なのでどこにどう置こうが関係ありません。
それに日本は仏教伝来(公伝より前です)以降、明治に至るまで神仏習合の時代を過ごしてきました。
だから分ける事自体、無意味なんです。
どうぞ、今までどおり、ご信仰ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすい説明をありがとうございました。
安心しました。

お礼日時:2013/10/27 18:05

>毎晩観音経をあげ、ご加護に対するお礼と願を述べています。


なるほど判りました。

『遥拝』といってお札や御神体は無いけど遠く離れた所から
神仏を拝むことですがそれなら特に問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/27 18:06

一向にかまいません。


仏壇と神棚を一つの部屋に置くことはよくあります。
大大的な仏間を持つようなお宅はそうザラにはありません。
ただ、習慣として向かい合わせや隣同士にはあまり飾りません。
観音様のお顔が向かれておられる方向に御祈祷がこないようにします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

少し離れたところに置いておきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/27 18:07

ど、ど、どういうことですか?


出雲大社のお札は判るのですが

>観音様にお参りしたときのお塩とお酒

観音様の供物のお下がり(撤撰)ですよね?
開眼された観音様の像やお札じゃなくって
お塩とお酒にお参りしているんですか?

この回答への補足

お塩とお酒を持って千手観音様にお参りしました。
そこで願をかけ、そのときのお塩とお酒を持ち帰り、安心するような感じがして部屋に置いています。
毎晩観音経をあげ、ご加護に対するお礼と願を述べています。
観音経をあげている途中や10分もしない内に願をかけたことが叶ったり、心が不安定になったときに観音経をあげ、千手観音様に助けを願うと助けてくれたり、不思議なことが続いたので継続しています。

補足日時:2013/10/19 10:34
    • good
    • 0

どうでしょうね。


かまわないという神社と、そうでない神社があるし、
地域の習慣や風習、家系の言い伝え等、様々なケースがあると思います。

出雲大社に直に尋ねてみてはどうでしょうか(遠ければお電話でも良いかと)。
同じ部屋でもかまわないか、どんな位置関係でお祀りすると良いのか、
きっとちゃんと教えてもらえると思います。
うちの近くにも出雲大社があるのですが(東京分祠です)、
些細なことにもいつも優しく丁寧に答えてくれますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/27 18:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q観音様は宗教が異なっても同じ?

浄土宗、浄土真宗、曹洞宗、真言宗、天台宗に出てくる観音様は、みんな同じ観音様ですか?

Aベストアンサー

私は「浄土宗、浄土真宗、曹洞宗、真言宗、天台宗」なるものや、「観音様」を、よくは存じ上げておりませんが、ひとつだけは言えるであろう事があります。

1.想像はできるけれど、(通常の世界では)実体験できないもの、そうして、何かしら名付けられているもの。これを「形而上学的存在」と言うようです。

2.「観音様」も、このような「形而上学的存在」に該当すると思われます。

3.よく「○○様にお祈りしたら、救われた。これは○○様の御蔭だ」と言うことがありますが、○○様が観音様だと「信じる」ことはできても「確かめる」ことは不可能です。○○様は、ご先祖様やキリスト様でもあり得ます。事実は「(お祈りしたら)救われた」であり、「なにがしかの力で救済してくださる方」という概念は、安易に共有可能となるでしょう。

4.その「なにがしかの力で救済してくださる方」を、たとえば、観世音菩薩様とか白衣、葉衣、水月、楊柳、阿摩提、多羅、青頸、琉璃、龍頭、持経、円光、遊戯、蓮臥、瀧見、施薬とかいった名称で呼んでいたのかも知れません。名称が異なっても、「救済してくださる方」という概念が共通していれば、それはひとつの名称で集約されうるでしょうから、「観音様」という名称になったのかもしれません。

5.大切なことは、最初に「形而上学的存在」があるのではなく、「救われた」という事実に対する「思い」(救ってくださった)が最初です。その次に、その事実の向こう側を想定するのです。存在したとしても、存在しなかったとしても、幻想的にでも概念として共有可能な「形而上学的存在」として。。。

したがって、「救ってくださった方」への人々の想いが結集した先に「観音様」というおぼろげながらの像が浮かび上がるのでしょう。

具体的な歴史、名称の変遷、仏教内部での位置付けなどについては
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%B3%E9%9F%B3%E8%8F%A9%E8%96%A9
を参照願います。

私は「浄土宗、浄土真宗、曹洞宗、真言宗、天台宗」なるものや、「観音様」を、よくは存じ上げておりませんが、ひとつだけは言えるであろう事があります。

1.想像はできるけれど、(通常の世界では)実体験できないもの、そうして、何かしら名付けられているもの。これを「形而上学的存在」と言うようです。

2.「観音様」も、このような「形而上学的存在」に該当すると思われます。

3.よく「○○様にお祈りしたら、救われた。これは○○様の御蔭だ」と言うことがありますが、○○様が観音様だと「信じる」こと...続きを読む

Q出雲大社 神等去出(からさで)祭について

お世話になります。
出雲大社で行われる神等去出(からさで)祭について、教えていただきたいのですが、一般の方も神事を拝見することはできるのでしょうか?
また大社内のどの辺りで行われるのでしょうか?
また一縁結大祭のように席があると仮定すると皆さん早くから並ばれているのでしょうか?
初めての神事で詳しい方に教えていただければと思います。

Aベストアンサー

出雲大社 神等去出(からさで)祭で検索してみたところある部分では参加できるようです。↓
URLを貼ろうとしたのですが回答内容を確認するというところでそのURLをクリックしてみたところこのページは表示できませんになってしまいますので質問に関する部分をコピペで貼り付けます。

《八百万の神々が出雲大社を旅立つのが『神等去出祭』。神迎祭(かみむかえさい)から7日後の午後4時。出雲大社拝殿には神迎祭や神在祭(かみありさい)の時ほどではないが、多くの人が待つ。御祓い後、拝殿内でお祭りに参加できるが、終了まで拝殿を出ることはできない。
神職が一列で拝殿へと入って行く。しばらくすると、太鼓の合図とともに御祭りが始まる。まずは「ひもろぎ」を迎えに、ふた手になった神職が十九社へ向かう。神々の宿った「ひもろぎ」は、白布に覆われ拝殿へ。拝殿内の人は、頭を伏せたままそれを迎える。そして再び、御祭りが始まる。神職の祝詞(のりと)に柏手。やがて『神等去出祭』はクライマックスへ。ひとりの禰宜(ねぎ)が本殿へと向かう。拝殿からの柏手と、「ウォー」という神職の声を合図に本殿で待つ禰宜が扉を3回叩きつつ、「おたぁちぃ、おたぁちぃ、おたぁちぃ」と唱える。このとき、神々はまず出雲大社を発っていく。》

もう一つ同じ質問とその回答がYAHOO!知恵袋の方にありました。↓2年前の情報ですが神事の内容が大きく変わることはないと思います。こちらはURLをクリックすれば開きます。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12115569202

他にも検索結果いくつかありましたよ。

出雲大社 神等去出(からさで)祭で検索してみたところある部分では参加できるようです。↓
URLを貼ろうとしたのですが回答内容を確認するというところでそのURLをクリックしてみたところこのページは表示できませんになってしまいますので質問に関する部分をコピペで貼り付けます。

《八百万の神々が出雲大社を旅立つのが『神等去出祭』。神迎祭(かみむかえさい)から7日後の午後4時。出雲大社拝殿には神迎祭や神在祭(かみありさい)の時ほどではないが、多くの人が待つ。御祓い後、拝殿内でお祭りに参加できる...続きを読む

Q観音様がなぜ幼なじみ?

高倉健の歌「唐獅子牡丹」の歌詞や東京音頭にも「幼なじみの観音様」のフレーズがありますが、どのような理由から観音様は幼なじみになるのでしょうか?

Aベストアンサー

歌詞はチェックしていませんが、東京で「観音様」といえば、まず「浅草観音」です。
「浅草生まれの浅草育ち」ということを「幼なじみの観音様」という言葉で言い表しているのだと思います。生まれたときから、毎日のように観音様の境内で遊んだと言うことだと思います。
あるタレントが故郷の町内を訪ねたときに、「うわあ、懐かしいお地蔵様! 小さい頃に、よくこのお地蔵様の周りでかくれんぼなどをして遊びました。このお地蔵様は幼なじみって気がします。」
というようなことを言ってましたが、同じようなニュアンスだと思います。

Q神様のお参りの仕方

二拝二拍手一拝をする場合、どのタイミングで祈願をするのでしょうか。
また、賽銭、鈴を鳴らす(縄を振って)との順番はどうなりますか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これには様々な説があります。以前見た神職の方の日誌には、儀礼を決める際にかなり論じ合われたと書かれていました。
基本的に一般人の拝礼様式はありません。今言われているのは神職の儀礼に準じた方法を指導しているのです。祈願は祝詞奏上に準じます。
実はこのタイミングも、拍手の前と後、両方あるのです。だから絶対的なものではないとお考え下さい。
拍手自体も「ここで」というものがありません。以前は手水の前後でも打たれていました。
つまり何かをする前後の全てに打っていたと言うことらしいです。逆に室町以降、殆ど打たなかった時期も度々あるそうです。

現在定着している(神社で見かけたり書かれている)と思われる順番を纏めると以下のとおりです。
1)拝殿前に立ち軽く会釈
2)賽銭を入れる
3)鈴祓いをする(鈴を鳴らす)
4)二拝する(二拝は二度続けて深くお辞儀する事です。二礼はお辞儀の間に一瞬の“間”を空けます)
5)拍手を打つ
6)祈願
7)一拝した後に、軽く会釈(最初と最後の軽い会釈を“揖(ゆう)”といいます)
8)後ろに後ずさり、或いは横に移動し、下がる

賽銭には供物という意味と、祓いの意味があります。供物の場合にはそっと入れ、祓いの場合は投げます。
私は基本、供物を考える方が良いと思っています。捧げ物は最初にあげておくから最初ということです。

拍手と祈願の順番は、先に述べたように、祝詞の前後に打ったり、後に打ったりもするので、どっちが先でも良いと考えます。
私自身は、最近、祝詞奏上後に打つ方がしっくりきています。(私はまだ神職ではありません、念のため)

祝詞は「感謝」「祈願」の二つから構成されています。だから日常の参拝でも、まず参拝に来れた事、守っていただいたことに感謝し、それから祈願を言うのが順序でしょう。
また、願いはその場のものではなく、日常常に欲している事を言います。ですから神前で長々願いを言わなくても通じています。
思いを出している間は神様の気を得る事が出来ません。神前に赴いたら、心を空っぽにして神気を身体一杯にいれる、それが加護や発展の力になると思います。

卒業式を思い出してください。証書を受け取った後、最低一歩は後ずさりしてから向きを変えて離れますよね。目上の方のそばから離れる際は皆同じです。
ただ、神社によっては混んでいたり、十分な空間がなかったりしますので、怪我などしないよう臨機応変に対処しましょう。(参拝者が一歩下がれる余裕を空けるのも順を待つ者のマナーだと思いますけどね)

これには様々な説があります。以前見た神職の方の日誌には、儀礼を決める際にかなり論じ合われたと書かれていました。
基本的に一般人の拝礼様式はありません。今言われているのは神職の儀礼に準じた方法を指導しているのです。祈願は祝詞奏上に準じます。
実はこのタイミングも、拍手の前と後、両方あるのです。だから絶対的なものではないとお考え下さい。
拍手自体も「ここで」というものがありません。以前は手水の前後でも打たれていました。
つまり何かをする前後の全てに打っていたと言うことらしいです。...続きを読む

Q東京湾観音様

今度、千葉県富津の
東京湾観音様を観に行きたいです。


調べたのですが、
少しわからないので
教えて下さい。


・佐貫町駅バスの本数と所要時間を教えて下さい。


・お土産は観音会館で買えるそうですが、
他にも観音様の土産屋は 近くにありますか?


・観音様近辺のレストラン、喫茶店を教えて下さい。


・佐貫町駅前に
スーパーはありますか?

Aベストアンサー

バスについては、すでにすでに回答がありますね。

二年くらい前に車で行きましたが、周辺には何もありません。
小高い場所に車で上がって行くと、ぽつりと現れます。

個人が作ったもので、遠くからも目立ちますし、観音様の中に入って眺めることが出来るので展望はよいのですが、お土産や食事は大したものはありません。

観音会館で食事することは出来ますが、古めかしい「観光地の食堂」というイメージです。
景色はよいし名物の丼物などもあるので、それなりに良いかと思います。


佐貫町駅周辺には、郊外のスーパーはいくつかありましたが、個人商店が多く、あまりみかけませんでした。
駅前スーパーがあるようです。
https://plus.google.com/113695379720221463690/about?gl=jp&hl=ja



少し電車にのりますが、浜金谷の駅近くのザ・フィッシュまでいけば食事もお土産も充実しています。
http://www.thefish.co.jp/

東京湾フェリーの乗り場横で、のこぎり山も近いので、観光もできます。

Q学問の神様と縁結びの神様。

こんにちわ。
すみません、質問なのですが、、、
縁結びの神様のお札や破魔矢をお授けいただき
部屋に飾っていますが、
最近、わがままにも
資格を勉強していて
学問のお守りもお授けいただきたいと思っています。
なんとなく、
でも、、違う神社のお守りやお札を同じ部屋にしていいのでしょうか??
やはり一度お参りした神社はご縁ができるということなので、
失礼のないようにしたいのですが。。

やはり参拝してご縁のある縁結びの神社で学業お守りを買った方がいいでしょうか??

なんとなく、目的に合わせての方がいいのかなともおもったのですが。。縁結びの神様のところには縁結びを頼みに行き、
学問の神様には学問のお願いにいき。。など。。

両親の転勤等で学生時代はすべて北野天満宮にお世話になり、
きちんとお礼まいりもしていましたが、
東京に移ってからはいくのが困難になってしまい。。

みなさん、こういう場合
はどうしているのでしょうか??

学問は本人の努力!っというのはよくわかるのですが、
どうしても受験先に頼るものを持っていきたいような気がしてしまい。。

よろしくお願いします。

こんにちわ。
すみません、質問なのですが、、、
縁結びの神様のお札や破魔矢をお授けいただき
部屋に飾っていますが、
最近、わがままにも
資格を勉強していて
学問のお守りもお授けいただきたいと思っています。
なんとなく、
でも、、違う神社のお守りやお札を同じ部屋にしていいのでしょうか??
やはり一度お参りした神社はご縁ができるということなので、
失礼のないようにしたいのですが。。

やはり参拝してご縁のある縁結びの神社で学業お守りを買った方がいいでしょうか??

なんとなく...続きを読む

Aベストアンサー

 はじめましてMIKIKO33さん。kane_chanと言います。

 最初に、kinsyaさんが書かれたことについて、補足というか訂正というか。
 俗に言う「氏神」様ですが、元々の氏神は、「氏」の神と書くように、その地域の豪族である古代の氏族組織であるウヂが祖神または守護神として祀っていた神のことです。 
 平安時代以降は、血縁関係にある一族だけでなく、その氏族とともに生活を営んでいる者をも含めて「氏子」と称するようなり、中世初期に日本の地域社会で庶民の間でも古代のウヂに仮託したウヂ組織が形成されました。ですから、本来ならば、「氏神」ではなく「産土大神(うぶすなのおおかみ)」がただしいですね。

 本題に入りましょう。
 日本の神様は、八百万の神(やおよろずのかみ)と呼ばれるように、全てをこなせる万能な神様として、崇め奉られてきました。
 ですから、産土神にお願いすればよいでしょう。
 産土神は、その土地の力を一番上手く扱える神様ですから。
 もし近くに産土神の社が無ければ、その産土神を管理する神様がおられますので、そこに詣でられるのが良いでしょう。
 詣でる場合の作法も、しっかり身につけてください。
 神様は上位ですから、肩を露わにした服装で行かない、鳥居をくぐるときは拝する(腰を90度おり頭を下げること)等の事は、行ってくださいね。神社によっては作法が異なりますので、ここも気を付けてください(大体は2拝2拍手1拝)。

 あと、家で神棚にお札を祀る順番も決まっていますので気を付けてくださいね(一社であれば、伊勢神宮さま、その奥に、産土神さま、次にその他の神社のお札。三社であれば中央が伊勢神宮さま、右に産土神さま、左にその他の神社のお札となります)。
 お参りをする際には、神拝詞(しんぱいのことば)
 「掛けまくも畏き、天照大御神、産土大神、天地諸々の大神等の大前を拝み奉りて慎み敬いも白さく、万の禍事、罪穢あらむをば、祓い清めて、心にかかる雲もなく、大神等の御教えのままよに、直き正しき真心もちて、誠の道に違うことなく、負い持つ業に励ましめ給い、家をも身をも健やかに栄えしめ給えと、恐み恐み母 白す」
 (かけまくもかしこき、あまてらすのおおみかみ、うぶすなのおおかみ、あめつちもろもろのおおかみたちのおおまえを おがみまつりてつつしみうやまいももうさく、よろずのまかごと、つみけがれをあらむをば、はらいきよめて、こころにかかるくももなく、おおかみたちのおしえのままよに なおきただしきまごころもちて、まことのみちにたがうことなく、おいもつわざにはげましめたまい、いえをもみをもすこやかに さかえしめたまえとかしこみかしこみも もうす)
 唱詞(となえことば)
 「祓い給え、清め給え、守り給え、幸え給え」
 (はらいたまえ、きよめたまえ、まもりたまえ、さきはえたまえ) 等を唱えると良いでしょう。
 

 はじめましてMIKIKO33さん。kane_chanと言います。

 最初に、kinsyaさんが書かれたことについて、補足というか訂正というか。
 俗に言う「氏神」様ですが、元々の氏神は、「氏」の神と書くように、その地域の豪族である古代の氏族組織であるウヂが祖神または守護神として祀っていた神のことです。 
 平安時代以降は、血縁関係にある一族だけでなく、その氏族とともに生活を営んでいる者をも含めて「氏子」と称するようなり、中世初期に日本の地域社会で庶民の間でも古代のウヂに仮託したウヂ組織が形成...続きを読む

Q観音様と神様

同じ部屋に観音様にお参りしたときのお塩とお酒と、出雲大社で御祈祷をしてもらった際に頂いたお札とお守りとお米を祀り、毎日夜に別々に一日のご加護と願いを述べています。
観音様と神様とい うことで、同じ部屋はだめでしょうか。

Aベストアンサー

お札(御神札・大麻)って神様じゃないんです。「依り代(よりしろ)」といいます。これは神を降ろすためのもの。最近の人用にわかりやすく例えれば、神様との通信機。そんな説明をする人も居ます。

神道初期においては山や磐、樹木など。それが神籬(ひもろぎ=地鎮祭などで祭壇に立てる木の枝)や岩境(いわさか=石柱を立てたもの)
要するに意識を集中して祈る「印」であればいいんです。キリスト教の十字架、仏教の仏像や掛け軸も同じことです。

貴方にとって観音様の塩と酒も出雲大社の札も同じ。それ以上の物ではありません。

なのでどこにどう置こうが関係ありません。
それに日本は仏教伝来(公伝より前です)以降、明治に至るまで神仏習合の時代を過ごしてきました。
だから分ける事自体、無意味なんです。
どうぞ、今までどおり、ご信仰ください。

Q盛り塩とお参りについて教えて下さい

この数ヶ月、家族の体調不良、不仲、夫が何度も大きなトラブルに巻き込まれ、
ついには挙式延期までになってしまい、新婚早々夫婦で参ってきています。

勿論原因がそれなりにあるので、前向きに解決しようと思っているのですが、
やはりこれだけ重なってしまうと何かできる事をと考えています。

それで現在盛り塩と、お参りについて考えております。
無知なところが多いのでご存知の方、教えて下さい。

・盛り塩について
盛り塩についてはルーツを調べてみたところ、どちらかと言うと商売の為のものと言うのが強いのですが、
やはり一般家庭に置いても、あまり良くはないでしょうか?
お塩は粗塩を用意するつもりですが、小さな受皿が用意できなかった場合、何を使えばよろしいですか?
またどれぐらいのタイミングで変えるべきでしょうか?
使用後のお塩はやはり速やかに流すべきでしょうか?
(風水的な意味ではお風呂に入る時使用しても良いと書かれていました。)

・お参り
また現在夫が出張先から戻って来次第、お参りをしたいのですが、
夫は外国人で実家の家族共々、とても信心深いです。
どちらかというと信仰している仏様と言うより、「神様・仏様」に対しての気持ちが強いらしく、
日本の神社仏閣でもお参りに対して抵抗はないそうです。

現在日本の神社へのお参りを考えていますが、大丈夫でしょうか?
(祖母から昔、神様・仏様を並べると喧嘩するからと聞いたので)

ちなみに私の実家は無宗教に近いです。

本来なら先にご先祖様にお参りするべきなのですが、
祖母が離婚しており、ご先祖様らしいお墓を持っていないのです。
祖父は私たちの親類からほぼ絶縁で、お墓があるのかも不明です。

よろしくお願いいたします。

この数ヶ月、家族の体調不良、不仲、夫が何度も大きなトラブルに巻き込まれ、
ついには挙式延期までになってしまい、新婚早々夫婦で参ってきています。

勿論原因がそれなりにあるので、前向きに解決しようと思っているのですが、
やはりこれだけ重なってしまうと何かできる事をと考えています。

それで現在盛り塩と、お参りについて考えております。
無知なところが多いのでご存知の方、教えて下さい。

・盛り塩について
盛り塩についてはルーツを調べてみたところ、どちらかと言うと商売の為のもの...続きを読む

Aベストアンサー

・盛り塩について
 ルーツは諸説あるようですが、神社のお浄め砂にも由来があるようですよ。
 そのため、一般家庭でも問題ありません。お店のように両側に置くのが正式ですが、限られた人しか入らない家庭の場合は1ヵ所で大丈夫ですし、量も少なくて済みます。
 器が無理なら、少し大きくても手近な浅い器で代用しておいて、段々と揃えていけばいいと思います。面倒ですが半紙にくるんで置くという方法もありますよ。
 交換は、運が悪いと思うなら2~3日に1回、通常は1週間~2週間とする風水師さんが多いです。
 処分の方法も諸説ありますが、流すという説が有力のようです。厄を吸っているので使わないほうがよいそうで、もったいない気持ちは分かりますが排水溝の消臭に有効だと思えば気持ちも楽になりませんか?

・お参り
 「神様・仏様を並べると喧嘩する」というのは、格が違うので神棚と仏壇は別々にお祀りするという意味だと思います。
 神仏は人間のように心が狭くないと言いますので、 お参りに関しては、国籍などは関係ありません。むしろ、気持ちのほうが大事なので、日本の文化に理解ある旦那様で良かったですね。
 絶縁状態の親戚からお墓の場所を聞けないのであれば、気持ちで十分だと思いますが、気になるようであれば近くのお寺でどの合同慰霊などの行事があると思うので、檀家でなくても参加できるか問い合わせてみてはいかがでしょうか。

これからも、仲の良いご夫婦でいてくださいね。

・盛り塩について
 ルーツは諸説あるようですが、神社のお浄め砂にも由来があるようですよ。
 そのため、一般家庭でも問題ありません。お店のように両側に置くのが正式ですが、限られた人しか入らない家庭の場合は1ヵ所で大丈夫ですし、量も少なくて済みます。
 器が無理なら、少し大きくても手近な浅い器で代用しておいて、段々と揃えていけばいいと思います。面倒ですが半紙にくるんで置くという方法もありますよ。
 交換は、運が悪いと思うなら2~3日に1回、通常は1週間~2週間とする風水師さん...続きを読む

Q観音様を信仰している父

私の父は現在85歳です。最近足腰が弱ってきたせいで行く末を案じて
葬儀の話や墓の話をよくするようになりました。

父いわく「俺は観音様に縁があるから葬儀は長男がいる実家の天台宗とかじゃなくて
観音様に極楽浄土に導いてもらう事が可能なお寺で葬儀を頼むぞ。」と言います。
母は「でもそんな非現実的な事無理でしょ。近所の天台宗のお寺で挙げて貰うのよ。」
と言い返します。
「俺の死後は仏壇などいらないぞ。観音様の横に位牌を置いて拝んでくれればいいからな。
それで十分だぞ。あと卒塔婆は南無観世音菩薩と書くのかどうか知らないが立派な墓等いらないからな。お盆は普通にやってくれ。」と言い返します。仏教の事は詳しくないので私たちは困ってしまいました。

父は若き日に旅行中に交通事故に遭い奇跡的に無傷で助かったそうです。
その時事故現場の山側にあった巨大な聖観音像が自分を救ってくれたと信じているようです。

そんな訳で父はそれ以来、観音様の大ファンになり父の部屋の茶箪笥の上にはお厨子に
安置された小さな聖観音像を丁寧にお水、御飯、お菓子、お花を供えて
朝夕には蝋燭を灯しお線香を焚きお鈴を鳴らして数珠を持って手を合わせてお祀りしています。

このような信仰をしている父は仏教徒ではあるのでしょうが何処の宗派にも属していない
と思います。しかし父が言うように観音様に極楽浄土に導いてもらうお経を挙げて下さるお寺
というものが存在するのでしょうか?あったとしてもそのお寺の檀家となってそのお寺の宗派の
やり方で葬儀を挙げることになるのでしょうか?もし仏壇を購入したとしても観音様は仏壇に入れて
よいのでしょうか?母は母で別の部屋にある貰い物の帝釈様も新しく買った仏壇に入れてあげなさいとか訳の分からない事を言っていました。これは流石に無理ですよね?
仏像だからって何でも入れていいと考えているようです。

観音様を信仰している父の葬儀の形態はどのようになってくるのでしょうか?
観音様のファンは結構多いようですが父は信仰が篤いので私たちはなるべく父の意向に
沿うようにしてあげたいです。

私の父は現在85歳です。最近足腰が弱ってきたせいで行く末を案じて
葬儀の話や墓の話をよくするようになりました。

父いわく「俺は観音様に縁があるから葬儀は長男がいる実家の天台宗とかじゃなくて
観音様に極楽浄土に導いてもらう事が可能なお寺で葬儀を頼むぞ。」と言います。
母は「でもそんな非現実的な事無理でしょ。近所の天台宗のお寺で挙げて貰うのよ。」
と言い返します。
「俺の死後は仏壇などいらないぞ。観音様の横に位牌を置いて拝んでくれればいいからな。
それで十分だぞ。あと卒塔婆は南無観世...続きを読む

Aベストアンサー

「観音様に極楽浄土に導いてもらう」のが望みなら、むしろ天台宗のお寺で葬儀をしていただくべきです。

阿弥陀三尊といいまして、観世音菩薩は阿弥陀如来の脇におまつりします(脇侍と言います)。
阿弥陀如来は、人が亡くなった時に、極楽浄土に導くために亡者のもとにやってこられるのですが、その時に観世音菩薩と、もう一方の脇侍の勢至菩薩がいっしょにおいでになります。

俗な言い方をすると、阿弥陀如来が上司で観世音菩薩が部下です。いくら、観世音菩薩に極楽浄土まで導いてくださいとお願いしても、上司を差し置いて迎えに来ることはできませんから、お父様の願いは観世音菩薩を困らせるだけです。阿弥陀如来に迎えに来ていただくことがすなわち、観世音菩薩に導いていただくことになります。

宗派によって葬式で導いていただく仏様はさまざまですが、天台宗は阿弥陀如来なので、何も心配はいりません。ちなみに、葬式の時に観音経の読経もありますので、お父様はとても嬉しいはずですよ。

お墓や仏壇は宗派のやり方に従ってください。ルールを守れないようなわがままな人は浄土に連れて行ってもらえません。


帝釈天の話も出ていますが、帝釈天は天部の尊なので、おまつりするのにとても気を遣わなければなりません。天部は粗末に扱ったり、間違ったまつりかたをすると強烈な罰が当たることがあると言われているので気をつけましょう。帝釈天をよく理解した上でおまつりするか、そうでなければ一般家庭におまつりしない方が無難です。
これは、開眼してある(お性根が入っている)場合のことです。開眼してなければ、ただの置物として飾っても差し支えありません。ただし、拝んだり、仏壇に入れたりしてはいけません。変な霊が入り込むことがあるからです。

「観音様に極楽浄土に導いてもらう」のが望みなら、むしろ天台宗のお寺で葬儀をしていただくべきです。

阿弥陀三尊といいまして、観世音菩薩は阿弥陀如来の脇におまつりします(脇侍と言います)。
阿弥陀如来は、人が亡くなった時に、極楽浄土に導くために亡者のもとにやってこられるのですが、その時に観世音菩薩と、もう一方の脇侍の勢至菩薩がいっしょにおいでになります。

俗な言い方をすると、阿弥陀如来が上司で観世音菩薩が部下です。いくら、観世音菩薩に極楽浄土まで導いてくださいとお願いしても、上...続きを読む

Q御祈祷して頂いたお札について

健康と災難除けのご祈祷を神社でしていただきました。
その時に頂いたお札は南向き(北向きを避けて)で自分の目線よりも高いところに白い布か半紙を敷いてお祀りするのが一般的なのでしょうか?
また、お札は2つ頂きましたが壁に立掛けるようなかたちで2つを並べてお祀りしてもいいのでしょうか?
神棚は無いので少し背丈のある棚を購入し、そこにお祀りしようと思っていますが問題ないのでしょうか?
他、何か気を付けた方が良いことがありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

二つならべてお祀りしてもいいとおもいます。
神棚がなければ、タンスの上でも良いでしょう、心が大切ですから、ご健康と、ご無事をお祈りしています。

参考URL:http://www.butudan.co.jp/page068.html


人気Q&Aランキング