在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

昨年、弘前で津軽三味線の生演奏を聴いてすっかりその魅力のとりこになってしまいました。
そこで、趣味として津軽三味線を弾きたいのですが、
(1)津軽三味線の通信教育はありませんか
(2)京都市あるいはその近辺で教室はありませんか
(3)京都市あるいはその近辺でサークルはありませんか
ご存知の情報があれば、教えて下さい。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

津軽三味線いいですよね。



津軽三味線全国教室情報
http://www.kankosite.jp/kyousitu/index.htm
↑の近畿に京都の教室が1つあります。

津軽三味線奏者 近藤桂子さんの教室
http://www5e.biglobe.ne.jp/~keiwa/
↑の教室案内。

あと、大阪 梅田になりますが
三木楽器 MIKIミュージックサロン梅田
で津軽三味線が開設されています。
http://www.miki.co.jp/pages/index2.html

最初は、バチの持ち方で苦労されると思いますが、楽しいですので是非頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速連絡をしてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/04/15 09:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q津軽三味線の購入について

津軽三味線をリーズナブルに購入できるお店やサイトを探しています。

最近、カルチャースクールで津軽三味線を習い始めました。しかし6ヶ月の期間中、楽器レンタルできるのは最初の3ヶ月のみ。その後は楽器を自分で調達しなければなりません。
教室に出入りしている業者さんに聞いたところ、それなりに使えるものだと30万円~だが、そのぐらいのラインをお勧めする、とのこと。そこまで高いと家計的に厳しいので、もっと安価で練習用にできるものを探しています。

実際に購入するのは3ヶ月後ですが、お金の準備があるので今のうちから目処をつけたいと思っています。
とはいえ楽器のことはさっぱりわからないので、粗悪品の見分けがつかずヤフオクで探すのは危険な気がしています。
信頼できて練習用の安価な商品を扱っているお店やサイトについて、アドバイスお願いします。

それと、調べていてこんなサイトを見つけました。
これって、どうなんでしょう。
http://www.wagakki-ichiba.com/tugaru1.htm
リーズナブルではありますが数万円の品なので、気軽に手が出せません。
使ったことがある方、ご存知の方、ご意見をお聞かせください。

津軽三味線をリーズナブルに購入できるお店やサイトを探しています。

最近、カルチャースクールで津軽三味線を習い始めました。しかし6ヶ月の期間中、楽器レンタルできるのは最初の3ヶ月のみ。その後は楽器を自分で調達しなければなりません。
教室に出入りしている業者さんに聞いたところ、それなりに使えるものだと30万円~だが、そのぐらいのラインをお勧めする、とのこと。そこまで高いと家計的に厳しいので、もっと安価で練習用にできるものを探しています。

実際に購入するのは3ヶ月後ですが、お金の...続きを読む

Aベストアンサー

基本的には、その業者さんの言うとおり、30万円くらいは出さないと、しっかりと「楽器」と呼べるものにはならないんですが、
まあ確かに高いですね。。
先生に相談されてみては。

三味線の良し悪しは、
まずは棹・胴の素材
 紅木>紫檀>花梨
の順に良いと思えばよいです。さらに紅木の棹で「とち」と呼ばれる模様みたいのが入っているものが最高級品です。棹だけでウン百万します。
糸巻きの良し悪しは、
 象牙(白色)>黒檀(黒色)
といった感じですかね。ただし象牙はほとんど新しく手に入らないでしょう。
さらに、胴の中に響きをよくするために、彫りをいれてあるのが高級品です。
 子持ち綾杉 > 綾杉 > 丸胴(彫りなし)
という感じでしょうか。
それから、三味線は棹を分割できるのですが、そのつなぎ目のところに、金ほぞ、といった金具を入れてあるのものは良いです。
あと、三味線の音色は、一の糸のサワリが大きいですが、サワリのところが「吾妻サワリ」というネジ式になっているものにしたほうがよいです。(流派によっては吾妻サワリが必須みたいなところもあると思います)

後は、皮ですは、
津軽三味線は、猫皮は使わないので、基本的には犬皮です。合成皮革は、正直に言えば止めておいたほうがいいとは思います。

それから、棹の太さや胴の大きさなんかは、流派によって決まっていたり、体に合わせて変える場合もあります。

津軽ではない普通の(長唄用の)三味線は、需要がないのかヤフオクなんかだとかなりいいものが信じられないくらい安く出されることがたまにあるのですが、津軽三味線はヤフオクでも相場からずっと安く出ることはほとんどないですね。
長唄の三味線は、芸妓さんなんかが使ってたものが、出てきているのでしょうが、
津軽三味線は芸妓さんなんかは使わないので、そもそも楽器自体の数が少ない割りに、最近、人気が出て需要はそれなりにありますからね。

もし中古品を買う場合には、上の観点にプラスして、勘ベリしてないか、とか、ホゾがしっかりしているか、とかを気にするとよいと思います。まあ、勘べりは削れば直せますが。

ちなみに、その楽器について率直に言えば、まあ値段どおりのモノといった感じです。モノ自体の価値と比べてとくに安いわけではないです。(高すぎるということもないとは思いますが)
ただ、合成皮革のものは止めておいたほうがいいような気はしないでもないです。
とりあえず、やはりまずは先生に相談してみては。

基本的には、その業者さんの言うとおり、30万円くらいは出さないと、しっかりと「楽器」と呼べるものにはならないんですが、
まあ確かに高いですね。。
先生に相談されてみては。

三味線の良し悪しは、
まずは棹・胴の素材
 紅木>紫檀>花梨
の順に良いと思えばよいです。さらに紅木の棹で「とち」と呼ばれる模様みたいのが入っているものが最高級品です。棹だけでウン百万します。
糸巻きの良し悪しは、
 象牙(白色)>黒檀(黒色)
といった感じですかね。ただし象牙はほとんど新しく手に入ら...続きを読む


人気Q&Aランキング